「思わず」とは、突然、予期しない出来事に直面したとき、無意識に反応する“本音”の表われです。

人は、目の前の予期しない出来事に直面すると、頭の中が整理できないまま無意識に自分の立場を守るための“本音”が出ます。

自分自身を守る言葉が無意識のうちに、思わず出てくるのです。

また、突然、予想外の出来事に直面したときに「思わず」発する言葉や表情には、その人の人間性がストレートに表われます。

人は、予想外の物事を突然目の前にすると、自分を取り繕う余裕が無くなるため、人間性が言葉や表情に表れてきます。

「思わず」という状態は、心の動揺の強さを表しています。

突然の出来事に直面し、心が動揺したとき、「思わず」本音の言葉が出てしまいます。

人は、日頃、自分が抱いている価値観では理解し切れない状況に直面すると、冷静さを失うことがあります。

冷静さを失い動揺した心境に陥ると、本音の感情を抑えることが出来なくなります。

動揺した本音の気持ちを抑えきれずに、「思わず」驚きの表情を見せます。

驚きの表情とともに心の動揺を隠しきれないとき、「思わず」言葉を発することがあります。

人は、今までの人生の中で体験したことの無い出来事に直面すると戸惑ってしまい、どのように受け止めてよいのか分からず、不安な心理状態に陥ります。

自分のもつ感性では処理しきれない不安な心理状態に包まれると、自己保身本能が働きます。

自己保身本能が働くと、無意識のうちに「思わず」動揺の言葉や表情を見せるものです。

「思わず」の意味は?


「思わず」とは、自分の立場を守るために働く、自己保身本能を意味しています。

人は突然、予期しない出来事を目の前にして驚くと、無意識のうちに自分の立場を守るために、自己保身本能が働きます。

驚きで心が動揺すると、「思わず」発する言葉や表情には、その人の本心が露わになります。

また、人は想定外の状況に直面すると心の余裕を失い、本心が露わになります。

「思わず」には、露わな心境を表す意味もあります。

職場やプライベートの人間関係の中でも、予想外の状況に直面すると、「思わず」本音が出るものです。

「思わず」発した言葉が本音であったために、その後の人間関係に影響を及ぼすケースがあります。

日々の生活を歩む中で育まれる人間性が、突然の場面で「思わず」発せられる言葉に表れてきます。

日々の生活を大切に過ごすことは、自分を大切にすると共に、他の人も大切にする心が育まれます。

自分と共に他の人も大切にする人が、突然の出来事に「思わず」言葉を発しても、他の人を傷つけることはありません。

「思わず」発する言葉や表情には、その人の人間性が如実に表れます。

そのつもりではないのに

人は予期しない物事を目の前にすると、驚きのため、冷静さを失い気持ちが動揺します。

気持ちが動揺すると焦りが出て、思わず、自分の立場を守る言動をします。

咄嗟の言動が、時には、周りの人の気持ちを不快にさせることがあります。

人は予想外の出来事を目の前にすると焦ってしまい、自分の立場を守ることで精一杯になります。

突然の出来事に驚いて、無意識のうちに自分を守るための言動をすることがあります。

自分を守るための言動が、そのつもりではないのに、「思わず」発した言葉で他の人を傷つけることがあります。

考えもなく

職場環境によっては、複雑な人間関係のために、ストレスがうっ積することがあります。

ストレスが溜まることで、精神的な疲労感に包まれると、集中力が欠けてしまいます。

集中力がなくなることで考えもなく、相手の気持ちを傷つける言葉を思わず言ってしまうことがあります。

また、人間関係が複雑な職場では雰囲気が明るくないものです。

職場の雰囲気が心の負担となることで精神的に余裕がなくなり、周りの人への気遣いの気持ちが失われてきます。

気持ちの余裕が無くなることで、集中力が散漫になります。

集中力が低下してくると考えもなく思わず、周りの人に不快感を与える言葉が無意識のうちに出てくることがあります。

考えもなく出てくる言葉には、本心が含まれているものです。

しかし一方、職場の雰囲気が良いと、お互いのコミュニケーションがスムーズに交わされます。

コミュニケーションが快く交われる雰囲気に包まれている職場では、考えもなく思わず、不快な言葉を発することはありません。

意識せずに

人は、日々の生活の中で気になる物事があると、気持ちが落ち着かなくなるものです。

気持ちが落ち着かないと集中力がなくなるため、落ち着かない気持ちを払拭しようとします。

落ち着かない気持ちから解放されたくて、意識せずに思わず言葉が出てくることがあります。

意識せずに思わず出てくる言葉には、気持ちを解放させたい本音が含まれています。

また、自分にとって大切な物事が常に気になっていると、次第に無意識のうちに固定観念として定着していきます。

無意識の中に固定観念として定着していると、キッカケがあると表面に出てきます。

固定観念が表面に出てくるときは、言葉とともに表情や行動が伴います。

常に抱いている固定観念は、気持ちが動揺したときには、意識していなくても自然と表に出てきます。

意識せずに自然に出てくる心境のとき、思わず発する言葉に本音が表われます。

意図しないで

人は、突然の出来事を目の当たりにすると戸惑ってしまい、冷静に判断できなくなります。

戸惑った心境に包まれてくると、気持ちが動揺します。

自己保身の強い人は、動揺した気持ちを周りの人に気付かれないように、冷静さを装うことがあります。

冷静さを装うことで頭の中がいっぱいになり、意図しないで思わず、周りの人を不快にさせる言葉を発してしまうことがあります。

また、自己中心的な考えを持つ人は、自分の弱点を他の人に気付かれることを避けようとします。

自分の弱点を覆い隠そうとして、思わず出てくる言葉が、周りの人間関係に影響を及ぼすことがあります。

うっかり


人は、忙しさに追われる日々を送っていると精神的な疲労が溜まり、集中力が散漫になるものです。

集中力が低下すると仕事中に、うっかりミスをして、他の人に迷惑を掛けることもあります。

他の人に迷惑を掛けたことで、周りからの信頼を失ったとき、信頼回復のために一生懸命に取り戻そうとします。

一度失った信頼を回復することは、一朝一夕で達成できることではありません。

信頼回復を目指すことに焦ってしまうと、気持ちの余裕が無くなり、うっかり思わず弱音を漏らすことになります。

気持ちの余裕が失せたときには、忙しい場面から距離を置いて、心を休ませましょう。

心を休ませることで、うっかりミスや弱音を吐くことは無くなります。

思いがけず

人は、自分が期待していたこととは裏腹に、思いがけずに期待に反した状況に直面することがあります。

期待が大きければ大きい程、裏腹な状態に陥ると精神的なショックは大きくなります。

精神的なショックを受けると、心の平静を保とうとして思わず、強がりの言葉が出るものです。

人生を歩んでいく中では、物事が思い通りに成らずに、精神的な疲労感に包まれることがあります。

また一方、物事が自分の期待通りに運ぶと、遣り甲斐や充実感を味わえます。

物事の達成が困難なとき、思いがけずに期待通りの結果を出せたときは、思わず歓喜の言葉が出てくるものです。

思いのほか

自分が期待していた以上に良い結果を出せたとき、「思いのほか上手くいった」という喜びの気持ちに包まれます。

期待していた以上に物事を達成できると、喜びの心境から思わず、嬉しさを表す言葉が出てきます。

また、思っていた以上に良い結果を出せたことで、自信を回復させるキッカケにもなります。

自信を回復することで積極性が高まり、物事が上手く運ぶ頻度が多くなります。

良い結果を出して自信を回復させることは、人生を好転させることに繋がっていくのです。

思いのほか人生が好転していくと、思わず自分自身を褒める言葉が出てきます。

期待が外れて気に入らない

人は期待していたことが外れると落胆し、無念の言葉が思わず出てきます。

抱いていた期待が大きければ大きい程、落胆の気持ちも深くなります。

期待が外れて気に入らない心境に包まれると、無念な気持ちを抑えきれずに、思わず叫びたくなることがあります。

一方、日々の生活で直面する様々な出来事の中には、自分の思い通りに事が進み満足感に満たされることがあります。

しかし、自分の思い通りに進まずに、期待が外れて気に入らないときは、不満が溜まってきます。

期待が外れて気に入らないときに感じる落胆した心境のため、思わず出る言葉で不満を発散させることもあります。

「思わず」の読み方は?

「思わず」は「おもわず」と読みます。

「思っていない」という意味になります。

しかし言葉の意味を考えると、「思わず」は、「考えもせず」と読み替えることも出来ます。

「思わず」とは、突然の出来事に直面し、気持ちの余裕を失くして、無意識のうちに「考えもせず」に出てくる言動を意味します。

「思わず」本音の言葉が出ることもあり、あ然とした表情を露わにすることがあります。

「思わず」とは、冷静さを失い、気持ちが動揺している心理状態を指しています。

また、自分の心で受け止めることの出来る許容範囲を超えると、オーバーフローを起こして、冷静な気持ちで対処できなくなります。

自分の感受性の許容範囲を超えると冷静さを失い、心が不安に包まれます。

不安に包まれると「思わず」、不安を払拭する言葉が出ることがあります。

「思わず」=「おもわず」

「思わず」=「おもわず」とは、咄嗟の出来事に戸惑い、心で「思う」前に言葉が先に出てしまう、動揺した心境を表しています。

人は冷静な時には、頭の中で考えを整理してから言葉を発します。

しかし突然の出来事を目の当たりにして冷静さを失うと、「おもわず」咄嗟の言葉が出てきます。

思わず出てくる言葉には、自分の立場を守ろうとする本心が含まれていることが多々あります。

「思わず」を使う場面

人は、予期しない突然の出来事に直面すると気持ちが動揺し、驚きを表す言動をします。

驚きを表す言動には、咄嗟の感情と共に言葉が出てくることがあります。

このときは、頭の中で考えて整理された言葉ではありません。

「思わず」には、「考えもしない」という意味があります。

「思わず」を使う場面は、予期しない出来事を目の前にして、驚きを表す言葉を発する心理状態を指します。

無意識で物事を行ったとき

人は、目の前の忙しさに追われて気持ちに余裕が無くなると、無意識のうちに行動することがあります。

考えが頭の中で整理できていない状態で、無意識に物事を行ったとき、本能的な言動となって表れてくるものです。

また、無意識で物事を行ったときに、思いがけない結果に至ったことで我に返り、思わず驚きの感情を表すことがあります。

物事に意外さを感じたとき

物事の判断基準は、人それぞれ様々で“十人十色”です。

人が今まで歩んできた人生経験により身に付いた判断基準から外れる物事に直面すると、動揺することがあります。

人それぞれがもつ判断基準の“枠”を超えると意外さを感じて、冷静に判断することが出来なくなります。

目の前の物事に意外さを感じて、冷静に判断できないとき動揺を隠せず、思わず驚きの言動をします。

物事に意外さを感じるキッカケは、人それぞれの人生経験によって異なってきます。

人生経験の浅い人が“意外”と感じる物事であっても、人生経験の豊富な人にとっては、“当たり前”と感じることもあります。

物事に意外さを感じるキッカケは、その人の人生経験や価値観により育まれてきた判断基準により異なってきます。

予想外の出来事に驚いたとき

人は日々の生活の中で直面する様々な物事を乗り越えながら、経験知を積み重ねていきます。

経験知を積み重ねながら、その人の価値観や判断基準が育まれてきます。

人生経験の中で育まれた判断基準は、その人の“物差し”となっていきます。

人それぞれの判断基準が異なることで、目の前の出来事に直面したときの反応も違ってきます。

ある人にとっては、“予想外の出来事“であっても、別な人にとっては、”想定内の出来事“として受け止めるケースがあります。

人それぞれに、“予想外の出来事”として感じられる物事が違ってきます。

ですから、予想外の出来事に驚いたときに、思わず発する言葉も多岐に渡ります。

心外、面白くないと感じたとき

「心外」とは、その人にとっては「不快」に感じる物事です。

人は心外に感じる物事を目の当たりにすると、動揺を隠せずに思わず、不快感を露わにした言動をすることがあります。

また、目の前の物事が面白くないと感じたとき思わず、不満な表情をすることがあります。

不快感や不満を抱いたとき、平静さを保てずに、気持ちが動揺する心理状態になる人がいます。

人は、心外、面白くないと感じたときは、不快な感情を露わにする言動をすることがあります。

このような心理状態のとき、些細な物事であっても、心の平静さを失い、思わず動揺の言葉を発するものです。

また一方では、些細な物事には反応せずに、平静さを失わない人もいます。

人それぞれの“懐の深さ”の違いにより、同じ物事であっても、“心外、面白くない”と感じる人と、“普通で当たり前”と感じる人がいます。

同じ物事であっても、人それぞれの反応を観ることで、“懐の深さ”の違いを知ることができます。

心外、面白くないと感じたとき、思わず振る舞う言動を観ることで、その人の経験知が“広い”のか“狭い”のかを見分けることもできます。