みなさんは「あなたっておおざっぱね」と言われたことはありますか?

このように言われて「ありがとう」と思える人は少ないと思います。

なぜならイメージ的にはあまり良くないですよね。

今回は、おおざっぱな人の10個の特徴と恋愛傾向についてお伝えします。

自分はきめ細やかな性格だと思っていても、周りから見ればおおざっぱだったりもします。

周りからの視点と、自分から自分を見た視点では大きく異なりますので、これを機に自分がおおざっぱかどうか、この記事を読んでチェックしてみてくださいね。

そして大ざっぱな人の恋愛傾向や、大ざっぱな人を振り向かせるための方法なども書いていますので、気になる方はぜひ参考にしてみてください。

おおざっぱな人ってどんな人?


「おおざっぱ」とは実用日本語表現には、細かい部分への注意が省かれ、大きな部分だけが扱われているさま。

注意が行き届いていないさまや、敢えて細部を省略するさまなどを表す表現。

とあります。

これを聞いて「わたしのことかな?」と思い当たった人は多いのではないでしょうか。

この意味だけ聞くとイメージは良くないのですが、このおおざっぱな性格が功を奏して良い方向へ進むこともあります。

今までおおざっぱな性格で損してしまったという人は、まずは特徴を読んでみてください。

きっと大きな発見がありますよ。

おおざっぱな人の特徴

それでは早速、おおざっぱな人の特徴をお伝えします。

これを読んで、もし自分がおおざっぱな人間だったらどうしよう!などと構える必要はありません。

例えおおざっぱだと言われたとしても、それは性格のほんの一部です。

ここで紹介する、おおざっぱな人の特徴を読めばわかりますが、悪いところばかりではありません。

1.広い視野で物事を考える

おおざっぱな人は、考えが雑だと思われがちです。

「まぁそれくらい大丈夫でしょ」とか「なんとかなるよ」とあまり困った様子がなく、近くにいる人は本当に大丈夫なの?とイライラしてしまうこともあるでしょう。

しかしこれは、彼らなりにちゃんと計算されていることなのです。

おおざっぱな人たちは、広い視野で物事を考えています。

そこには、目標に向かうために余計なものは何か瞬時に分かるのがおおざっぱな人たちなのです。

彼らは取捨選択をしていると言ってもいいでしょう。

彼らなりに根拠があるので「まぁ大丈夫でしょう」と言っているのです。

ただその辺は周りには伝わりづらいため、おおざっぱと言われてしまうのかも知れませんね。

2.ポジティブで楽観的


ポジティブで楽観的な人は、おおざっぱな人が多い傾向にあります。

ところでよく聞く「ポジティブ」という言葉は、本来は積極的という意味ですが日本では多くの人が「明るく」「元気な」と捉えています。

そして楽観的は、自分自身の行動や能力などを実情よりも緩く捉え、危険や脅威などを軽視する心的傾向。

とあります。

おおざっぱな人は、大きく2つに分かれます。

安心できる根拠があるので、おおざっぱになれる人。

根拠があるおおざっぱは良いタイプです。

悪いタイプのおおざっぱは、楽観的で何の根拠もないのに、自分のスタイルであるおおざっぱを貫こうとする人です。

悪いタイプのおおざっぱで、悪い結果を招いたとしても一人きりなら別に問題はありません。

ただ、周りに迷惑をかけてしまうようではいけません。

もし皆さんのそばに、おおざっぱな人がいたら、どんな根拠でおおざっぱであるのか観察してみてください。

3.集中力がある

おおざっぱな人は、イメージ的に適当に物事をしているように見えがちですが、全ての人がそうとは限りません。

中には実はとても集中力がある人もいます。

先ほど、おおざっぱな人は取捨選択をしているとお伝えしましたが、それと同じで集中したいことがあれば、余計なことはしないようにしている人もいます。

多くの場合、何か集中したくても横から誰かに頼まれごとをされたら、そちらに心がよそ見してしまうでしょう。

しかしおおざっぱ人は、そこでバッサリと「出来ない」と答えられるのです。

今してることが最重要なことだと分っているからです。

人から見れば「あの人冷たい」とか思われるかも知れませんが、そんなことを気にしないのが彼らなのです。

4.細かいことを気にしない

「おおざっぱ」と言われる人たちですから、細かい事は気にしない傾向があります。

しかし彼らはみんな最初からおおざっぱだった訳ではありません。

育った環境などもあるでしょうが、紆余曲折を経ておおざっぱになったのでしょう。

彼らにそんなストーリーがあるのか?と思われるかも知れませんが、意外と彼らは繊細だった過去をもっています。

おおざっぱな人になるまで、彼らは細かい事をとても気にしていました。

人の顔色をうかながったり、1時間後にする仕事の前準備、毎日のご飯にたくさん野菜を入れるにはどうしたら良いだろう?などなど、おそらく多くは自分以外の事に気を遣ってきたと思われます。

しかしある日、その気遣いがストレスとなり精神的に参ってしまい、おおざっぱとなったのです。

だから彼らは何かを成し得るために、もしくは自分のために何が必要で、何が必要で無いかを明確に判断できるようになったのです。

おおざっぱな人は、余計なものを省いた、進化した人間ともいえます。

5.基本的に優しい

大らかで何かミスをしても「いいよいいよ、大丈夫だよ」って言ってくれたりして、みなさんもおおざっぱな人に心を救われたことがあるのではないでしょうか。

実際におおざっぱな人は優しい傾向があります。

細かいことを気にしない人が多いため、許容範囲が広いということでしょう。

先ほど、おおざっぱな人には過去のストーリーがあるとお伝えしましたが、彼らの優しさも基本的には同じです。

過去に人と揉めてしまったり、嫌な事があったので、導き出した答えが「おおざっぱな人間になる」だったのでしょう。

小さな事で攻撃的になり、相手を責めてしまったり、その逆に自分も誰かいろいろ言われてきたり。

そして結局は人間関係が上手くいかず苦い思いをしてきたのです。

小さなことを気にしても、どうしようもないと彼らは割り切れるので人に優しくなれるのでしょう。

しかし、別な言い方をすると、人に期待していないとも言えます。

本当は言いたいこと、注意したいこともあるのですが、そうすると面倒くさいことになるから、やめておこうと思っている人もいるのです。

6.マイペース

マイペースな人は、おっとりしていて、チームなどの中にいたらちょっと邪魔な存在ですよね。

おおざっぱな人はマイペースな傾向があり、周りが振り回されてしまうこともあります。

誰にでもマイナスな面がありますが、おおざっぱ人は「マイペース」という短所を持ち合わせています。

しかしマイペースな人は、集中力がある人です。

我が道を行く的な所があり、周りを振り回すこともありますが、逆を言えば自分の世界に入り集中することができます。

だから会社にいても、「あいつ、マイペースだけど、あいつしか出来ない得意な仕事があるんだよな」と一目置かれることもあるでしょう。

7.常に冷静

おおざっぱな人は、見た目は適当に見えることもありますが、実は冷静だったりもします。

それは効率よく仕事をこなせるように、冷静に物事を見極めているからです。

冷静と言えば人間的に冷たいですが、心が安定していて常にフラットで心が揺れたりしない傾向があります。

しかし彼らは少々損な部分があります。

それは、おおざっぱ+冷静で「ぶっきらぼう」に見られてしまうこともあります。

みなさんの周りにもいると思いますが、仕事が出来る人ほどおおざっぱで少し冷たい感じだったりしませんか?本人実は、この冷たく見られる感じを自覚しています。

でも目の前の仕事を淡々とこなすことを重要視してるので、どうしてもぶっきらぼうになってしまうのです。

8.リーダーシップがある

おおざっぱな人は、リーダーシップがある傾向があります。

職場や何かのサークルやグループなどで、誰が何をするかの役割を決めたり、何をするかなどを決めるとき、リーダーシップを発揮します。

おおざっぱな人は、「早く終らせたい」一心で皆の先頭に立つこともあるのです。

そして彼らはたまに、損な役回りも買って出ることもあります。

それも誰もやってくれないなら、自分がやればいいかとつい先頭に立ってしまうのです。

9.計画性がない

計画性が無い人は、特におおざっぱな人に多い傾向があります。

神経が細かい人に、計画性が無い人は滅多にいません。

それにしてもなぜ、計画も無しに行動出来るのでしょうか。

それは彼らなりの根拠がちゃんとあるからです。

計画がなくても「なんとかなるさ」の精神で動いている彼らは、今までなんとかなってきたのでしょう。

誰かに助けてもらったり、タイミングが良かったり、持ち前のキャラで困難をクリアしたりと乗り越えてきたり、理由は色々です。

計画性が無いのはあまり望ましいことではありませんが、おおざっぱで計画性が無い人は、困難があっても乗り越えられる力があるということでしょう。

おおざっぱな人の恋愛傾向

ここでは、おおざっぱな人の恋愛傾向をご紹介します。

自分がおおざっぱだと思ってる人も、好きな人がおおざっぱだという人もぜひ読んでみてくてください。

1.一途

おおざっぱな人は一途な傾向があります。

彼らは、同時進行が苦手です。

したがって浮気もあまりしないでしょう。

もしおおざっぱな人で浮気をする人がいれば、とても器用な人なのでしょう。

でも本人は一途なのが当たり前だと思っているし、もしかすると浮気なんてことすら考えていないかもしれません。

おおざっぱな人は心が大らかですから、恋人と多少の喧嘩をしても、別れるとはならないでしょう。

疲れないタイプの恋人を選ぶなら、おおざっぱな人がいいでしょう。

2.束縛が激しめ

おおざっぱだから、恋人がどう行動しようと気にしていなさそうですが、意外とそうでもありません。

普段はおおざっぱでも、恋人のこととなると別です。

特に普段無口でぶっきらぼうな人は言葉が少なめなため、愛情表現が十分に出来ないという自覚があります。

そのため、恋人に逃げられたらどうしようと思い、束縛が激しくなってしまう傾向にあります。

恋人にしてみたら、「いつもはあんなにおおざっぱなのに…なんで?」と思うこともあるかもしれません。

でもそのギャップがちょっと可愛かったりもしますよね。

3.不器用

おおざっぱな人は不器用な傾向があります。

特に言葉に関しては不器用です。

なぜなら普段彼らは、無駄を省こうと言葉を出すことが少ないからです。

言葉で言うより行動で示した方が早いと思っています。

だから彼らは、ぶっきらぼうな人と思われがちです。

本人達もそれを自覚しているので、恋となると、とたんに引っ込み思案になる人が多いです。

そして異性と付き合っても、言葉が上手く出てことないことも多く見受けられます。

でも言葉が足りない分、行動で熱い情熱を見せてくれることもあります。

いつも「愛してる」と言葉が欲しい人には、おおざっぱな人は向いていませんが、不器用な分、誠実な行動を示してくれるでしょう。

4.素直になれない

おおざっぱな人は、キャラが定着してしまったせいか素直になれない事もあります。

彼らは意地っ張りな所があり、可愛いとかカッコいいと言われても素直に、「ありがとう」といえません。

心の中では嬉しいのですが、いつものクセでついついぶっきらぼうな対応をしてしまいがちです。

5.相手のことをいつも考えている

不器用で言葉が足りなくて、素直になれない彼らですが、心の中は相手のことでいっぱいです。

見た目がぶっきらぼうな感じなので、好かれている方はまさか自分が、いつも思われてるとは夢にも思わないでしょう。

でも恋をすると意外とホットな部分もあるのです。

おおざっぱな人は言葉が足りないこともありますが、メールなどは自分を上手く表現出来たりします。

なので耳元で愛を囁くような事はしないけど、メールでは赤面するような甘い言葉ならぬ、甘い文字を読めるかもしれませんよ。

6.記念日を大切にする

おおざっぱな人は、普段ぶっきらぼうな自分を穴埋めしようと記念日を大切にする傾向があります。

記念日だけでなく、小さなさサプライズをしてくれたりもします。

しかし中には、真性のおおざっぱな人もいて記念日はおろか誕生日さえも忘れてる人もいます。

そういう人には、自分からあらかじめ伝えていく他ありません。