突然ですが、皆さんは男女の友情は成立すると思いますか?
この事に関しては色々な所で議論がなされていて、様々な掲示板を見てもそのような議論は意見が分かれています。

男女の友情についてOK派とNG派がいるのです。

いろいろと見ていると、男女で意見が分かれることも多いです。

女性は、素直に男友達を友人として感じていることがありましたが、男性の方は恋人候補だからこそ女友達を作るようにしている人が多いです。

もちろん、必ずしも男性皆がそうだと言うわけではありませんが、様々な掲示板を見ているとそのような傾向が伺えます。

では、男女の友情は成立するのかしないのかというのを、さまざまな観点から見ていきましょう。

そもそも友情ってどんなもの?

では、男女の友情についていろいろと見ていく前に、そもそも友情とは何かというのを見ていきましょう。

友情とはウィキペディアの情報によると、信頼などのプラスの感情を持って、肯定し合う人間関係のことをいいます。

このように、そもそもの友情の意味を解いていくと結構身の回りの人にそのような関係の人がいるかと言うと悩んでしまってしてもいいのではないのでしょうか?

結構同性同士でもそのような感情を抱き合う良い関係が難しい人もいる中、男性と女性、つまり異性にそのような感情抱けるのかというと難しいところがあるかもしれません。

著者も大学時代の女友達がいます。

彼女とは良い関係を築けているとは思いますが、やはり妻子がいますし、そんなに頻繁には会えませんし、たまに会うと懐かしいなと思う程度です。

同性同士でも難しいのに、異性だとそのようにお互いに恋人や配偶者ができることで、そこまで親しく付き合わなくなるところもあり、非常に難しいものがあります。

男女の友情は成立する!OK派の意見

先ほども触れたように、男女の友情は成立するかしないかは様々な意見があります。

やはり、中には男女の友情は成立すると信じており、そのような発言をする方も多くいます。

大抵の方は、うまく異性の友人との関係を築けている人が多いようです。

男性は恋人候補の女性を女友達にするところがあると言われていますが、なかには男性であっても純粋に女性の友人がいると言う方もいます。

では、男女の友情は成立すると思っており、実際にそのような関係を築いている人にはどのような特徴があるのでしょうか?

男女の友情は成立すると言うOK派の人の意見を聞いてみましょう。

相手に好きな人ができても心から応援できる

やはり、もし気になる異性だったら好きな人ができたと言われたら、表面上は応援しても心の中は穏やかではありません。

できれば自分がそのポジションになりたいのに、他の人がそのポジションになるのが許せないところがあるのです。

でも、友達だったら相手に好きな人ができても純粋に応援することができます。

中には、そのようなキューピット役を買って出るような人もいます。

もちろん、いつか恋人になりたいと思って、一時的にそのような助けをする人もいます。

でも、それは告白して失敗することを願っており、もしそれで失恋したらなぐさめる役割になって、自分がその恋人のポジションになりたいという下心があるところがあります。

でも、心から応援できる人であれば、そんな下心を抱くことなく、純粋に応援ができるのです。

相手に恋愛の相談ができる

相手に好きな人ができても純粋に応援ができますので、もちろん自分に好きな人ができた時も、相手に相談することができます。

お互いに恋愛感情を抱くことがなく、なおかつ異性の意見が聞ける安心感があります。

とても信頼できる相手だからこそ恋愛の相談ができるところもあり、恋愛においてはそれが非常に役立ちます。

やはり、男性と女性とでは大きく観点が違うところがあり、同性に相談するだけだと気づかなかったことも、異性に相談できればうまく好きな人にアプローチできる可能性もあります。

著者自身も、いろいろな女性の話を聞くと、男性の自分にはわからなかったことを指摘されて驚くことがあります。

例えばですが、とある某芸人の方の奥さんで、とても素直な方がいて.何か指摘されるとすぐに「ごめんなさい。」というのです。

「こういう妻はうらやましい」と思って妻に言うと、「心の奥から謝罪していない。」とか「多分、普段家にいないからそのようにうまく接することができているのだ。

本心は違うところにある。」ということを言っており驚いたことがあります。

このように、男性と女性とでは見方が違うなと思ったものです。

相手を信頼している

やはり、このように恋愛の相談をしあったり出来るのも、相手を信頼しているからこそです。

学生時代もありましたが、好きな人のことをすぐに口外する人はあまり信頼されないところがありました。

自分は男ですので、そのような事はあまりありませんでしたが、周りの女友達などを見ていると、そのようなことをすぐに喋るような人は嫌だと言っており、信頼できない人には重要な話をしないという話を聞いた事があります。

でも、そんな話ができるという事は、その相手はとても信頼しているからです。

重要なことを話せる異性の友達は大変貴重なものがありますね。

ちゃんと理性がある

やはり、たとえ友達とは言っても異性は異性です。

ですので、間違いがある可能性もなきにしもあらずです。

でもそのようなことがなく友情関係を続けていられるという事は、きちんと理性があるからです。

女性の方が気づかないかもしれませんが、男性は、女性がそこにいるのに何もしないという事はとても不自然なことなのです。

例え女性が、「私たちは友達だよね?」と言って男性が「うん。」と言ったとしても、男性は本心を言っておらず、その心の奥底ではいつか男女の関係になりたいと思っている事があります。

中には、男性の中には、「女性と友達になるのは、いつか男女の関係に思っているからで、そうでなければ女友達なんて作らない!」とまで言っている人がいます。

このように、男女の友情と言うと大変難しいものがありますが、男性にもすでに妻子がいるなどで、そのような関係が満たされている人であれば、純粋に男性でも女性の友達を作るということが可能なようです。

小さい頃から一緒で家族のような関係

やはり、いかに男性といっても、小さな頃から一緒で家族のような関係となると、そのような女性に手を出すのは大変難しいものがあります。

もちろん、幼なじみから恋愛に発展するということもなきにしもあらずですが、家族のような関係になってしまうと、いざ恋人を作ろうと思ったら、そのような人は除外して、他の人と関係を作ろうとします。

ですので、幼なじみの方たちの話を聞くと、例えば「恋がしたいな~。」と何気にさりげなく「恋人関係になろうよ?」と言おうとしているのに、「じゃあいいヤツを紹介してあげるよ!」と言われて終了ということもよくあります。

確かに、恋人関係になれるケースもあり、幼馴染だから駄目という事はありませんが、少々恋愛に発展しにくいところもあり、仮に恋愛関係に発展しても、お互いのことを知りすぎているがために家族のような関係になってしまって、刺激を求めるために別れてしまったと言うなこともあるようです。

異性として見ることができない

確かに、異性ではあるけれど異性として見れないところがある人もいます。

例えばですが、女性の場合だと、ついついお笑い担当になってしまうと、「あいつは面白いやつだから友達としては最適なんだけど、女としては見れないな。」と言われるようなこともあります。

その他にも、異性として見られない女性の特徴としては、ネガティブ思考であったり、美容の意識があまりないために異性として見られないこともあります。

また部屋やカバンがぐちゃぐちゃな一面もたとえ異性として見てもらったとしても、興ざめされており、ただの友達と見られることもあります。

男性でも、「あの人はいい人なんだけど、いい人止まりなんだよね。」と言われるようなこともありますよね。

いいのか悪いのかは別として、そのように異性として見られない人であれば、純粋に男女の友情を成立させることができます。

体の関係が無理な相手は全て友人

異性の間で大きなテーマである体の関係についてですが、これが無理ということであれば、すべて友人として成立するっていうのが、男女の友情OK派の方の意見です。

皆さんは、異性の友達はどれだけいますか?
女性だと、男性の友達がかなり多い人もいるかもしれませんが、男性側からするとそこまでいないのかもしれませんね。

それは、本能的に男性は女性を強く求めるところがあるからです。

ですので、余程のことがないと、体の関係が無理という事はあまりありません。

もちろん男性であっても淡白な人もいますし、女性にそこまで興味がない人もいるかもしれません。

ただこれは個人差もありますので、男友達の全てがそうとは限りません。

女性の場合だと、「体の関係は無理!」と思う男性は多いと思いますが、案外その男友達は、あなたを同じように見ているとは限りません。

男女の友情は成立しない!NG派の意見

その一方で、男女の友情は成立しないというような意見もあります。

もちろん女性にもそのようなことを言う人がいますが、たいていは男性にそのようなこと言う人が多いですね。

やはり、男性にとって女性は自分の恋人になりうる人ですし、男性たるもの女性を追いかけるものです。

ですので、「友情なんてそんなかったるいことやってられない!」と言う人が多いです。

著者は男性ですのでそのような意見も頷けます。