突然ですが、皆さんは男女の友情は成立すると思いますか?
この事に関しては色々な所で議論がなされていて、様々な掲示板を見てもそのような議論は意見が分かれています。

男女の友情についてOK派とNG派がいるのです。

いろいろと見ていると、男女で意見が分かれることも多いです。

女性は、素直に男友達を友人として感じていることがありましたが、男性の方は恋人候補だからこそ女友達を作るようにしている人が多いです。

もちろん、必ずしも男性皆がそうだと言うわけではありませんが、様々な掲示板を見ているとそのような傾向が伺えます。

では、男女の友情は成立するのかしないのかというのを、さまざまな観点から見ていきましょう。

そもそも友情ってどんなもの?

では、男女の友情についていろいろと見ていく前に、そもそも友情とは何かというのを見ていきましょう。

友情とはウィキペディアの情報によると、信頼などのプラスの感情を持って、肯定し合う人間関係のことをいいます。

このように、そもそもの友情の意味を解いていくと結構身の回りの人にそのような関係の人がいるかと言うと悩んでしまってしてもいいのではないのでしょうか?

結構同性同士でもそのような感情を抱き合う良い関係が難しい人もいる中、男性と女性、つまり異性にそのような感情抱けるのかというと難しいところがあるかもしれません。

著者も大学時代の女友達がいます。

彼女とは良い関係を築けているとは思いますが、やはり妻子がいますし、そんなに頻繁には会えませんし、たまに会うと懐かしいなと思う程度です。

同性同士でも難しいのに、異性だとそのようにお互いに恋人や配偶者ができることで、そこまで親しく付き合わなくなるところもあり、非常に難しいものがあります。

男女の友情は成立する!OK派の意見

先ほども触れたように、男女の友情は成立するかしないかは様々な意見があります。

やはり、中には男女の友情は成立すると信じており、そのような発言をする方も多くいます。

大抵の方は、うまく異性の友人との関係を築けている人が多いようです。

男性は恋人候補の女性を女友達にするところがあると言われていますが、なかには男性であっても純粋に女性の友人がいると言う方もいます。

では、男女の友情は成立すると思っており、実際にそのような関係を築いている人にはどのような特徴があるのでしょうか?

男女の友情は成立すると言うOK派の人の意見を聞いてみましょう。

相手に好きな人ができても心から応援できる

やはり、もし気になる異性だったら好きな人ができたと言われたら、表面上は応援しても心の中は穏やかではありません。

できれば自分がそのポジションになりたいのに、他の人がそのポジションになるのが許せないところがあるのです。

でも、友達だったら相手に好きな人ができても純粋に応援することができます。

中には、そのようなキューピット役を買って出るような人もいます。

もちろん、いつか恋人になりたいと思って、一時的にそのような助けをする人もいます。

でも、それは告白して失敗することを願っており、もしそれで失恋したらなぐさめる役割になって、自分がその恋人のポジションになりたいという下心があるところがあります。

でも、心から応援できる人であれば、そんな下心を抱くことなく、純粋に応援ができるのです。

相手に恋愛の相談ができる

相手に好きな人ができても純粋に応援ができますので、もちろん自分に好きな人ができた時も、相手に相談することができます。

お互いに恋愛感情を抱くことがなく、なおかつ異性の意見が聞ける安心感があります。

とても信頼できる相手だからこそ恋愛の相談ができるところもあり、恋愛においてはそれが非常に役立ちます。

やはり、男性と女性とでは大きく観点が違うところがあり、同性に相談するだけだと気づかなかったことも、異性に相談できればうまく好きな人にアプローチできる可能性もあります。

著者自身も、いろいろな女性の話を聞くと、男性の自分にはわからなかったことを指摘されて驚くことがあります。

例えばですが、とある某芸人の方の奥さんで、とても素直な方がいて.何か指摘されるとすぐに「ごめんなさい。」というのです。

「こういう妻はうらやましい」と思って妻に言うと、「心の奥から謝罪していない。」とか「多分、普段家にいないからそのようにうまく接することができているのだ。

本心は違うところにある。」ということを言っており驚いたことがあります。

このように、男性と女性とでは見方が違うなと思ったものです。

相手を信頼している

やはり、このように恋愛の相談をしあったり出来るのも、相手を信頼しているからこそです。

学生時代もありましたが、好きな人のことをすぐに口外する人はあまり信頼されないところがありました。

自分は男ですので、そのような事はあまりありませんでしたが、周りの女友達などを見ていると、そのようなことをすぐに喋るような人は嫌だと言っており、信頼できない人には重要な話をしないという話を聞いた事があります。

でも、そんな話ができるという事は、その相手はとても信頼しているからです。

重要なことを話せる異性の友達は大変貴重なものがありますね。

ちゃんと理性がある

やはり、たとえ友達とは言っても異性は異性です。

ですので、間違いがある可能性もなきにしもあらずです。

でもそのようなことがなく友情関係を続けていられるという事は、きちんと理性があるからです。

女性の方が気づかないかもしれませんが、男性は、女性がそこにいるのに何もしないという事はとても不自然なことなのです。

例え女性が、「私たちは友達だよね?」と言って男性が「うん。」と言ったとしても、男性は本心を言っておらず、その心の奥底ではいつか男女の関係になりたいと思っている事があります。

中には、男性の中には、「女性と友達になるのは、いつか男女の関係に思っているからで、そうでなければ女友達なんて作らない!」とまで言っている人がいます。

このように、男女の友情と言うと大変難しいものがありますが、男性にもすでに妻子がいるなどで、そのような関係が満たされている人であれば、純粋に男性でも女性の友達を作るということが可能なようです。

小さい頃から一緒で家族のような関係

やはり、いかに男性といっても、小さな頃から一緒で家族のような関係となると、そのような女性に手を出すのは大変難しいものがあります。

もちろん、幼なじみから恋愛に発展するということもなきにしもあらずですが、家族のような関係になってしまうと、いざ恋人を作ろうと思ったら、そのような人は除外して、他の人と関係を作ろうとします。

ですので、幼なじみの方たちの話を聞くと、例えば「恋がしたいな~。」と何気にさりげなく「恋人関係になろうよ?」と言おうとしているのに、「じゃあいいヤツを紹介してあげるよ!」と言われて終了ということもよくあります。

確かに、恋人関係になれるケースもあり、幼馴染だから駄目という事はありませんが、少々恋愛に発展しにくいところもあり、仮に恋愛関係に発展しても、お互いのことを知りすぎているがために家族のような関係になってしまって、刺激を求めるために別れてしまったと言うなこともあるようです。

異性として見ることができない

確かに、異性ではあるけれど異性として見れないところがある人もいます。

例えばですが、女性の場合だと、ついついお笑い担当になってしまうと、「あいつは面白いやつだから友達としては最適なんだけど、女としては見れないな。」と言われるようなこともあります。

その他にも、異性として見られない女性の特徴としては、ネガティブ思考であったり、美容の意識があまりないために異性として見られないこともあります。

また部屋やカバンがぐちゃぐちゃな一面もたとえ異性として見てもらったとしても、興ざめされており、ただの友達と見られることもあります。

男性でも、「あの人はいい人なんだけど、いい人止まりなんだよね。」と言われるようなこともありますよね。

いいのか悪いのかは別として、そのように異性として見られない人であれば、純粋に男女の友情を成立させることができます。

体の関係が無理な相手は全て友人

異性の間で大きなテーマである体の関係についてですが、これが無理ということであれば、すべて友人として成立するっていうのが、男女の友情OK派の方の意見です。

皆さんは、異性の友達はどれだけいますか?
女性だと、男性の友達がかなり多い人もいるかもしれませんが、男性側からするとそこまでいないのかもしれませんね。

それは、本能的に男性は女性を強く求めるところがあるからです。

ですので、余程のことがないと、体の関係が無理という事はあまりありません。

もちろん男性であっても淡白な人もいますし、女性にそこまで興味がない人もいるかもしれません。

ただこれは個人差もありますので、男友達の全てがそうとは限りません。

女性の場合だと、「体の関係は無理!」と思う男性は多いと思いますが、案外その男友達は、あなたを同じように見ているとは限りません。

男女の友情は成立しない!NG派の意見

その一方で、男女の友情は成立しないというような意見もあります。

もちろん女性にもそのようなことを言う人がいますが、たいていは男性にそのようなこと言う人が多いですね。

やはり、男性にとって女性は自分の恋人になりうる人ですし、男性たるもの女性を追いかけるものです。

ですので、「友情なんてそんなかったるいことやってられない!」と言う人が多いです。

著者は男性ですのでそのような意見も頷けます。

(もちろんそのような事は、男友達と純粋に友情でつながっていると思っている女性を傷つけるような発言だと思っています。すみません。)

もちろん、そのような発言をするのは男性ばかりではありません。

女性もまた、男女の友情は成立しないという意見であったり、そのような友情は大変難しいことであるという意見を言う人もいます。

では、男女の友情は成立しないとNG派の方の意見を見ていきましょう。

理性よりも本能が勝つ

基本的にこれは男性に多い意見ですが、やはり女性を目の前にすると友達として接するのは難しい所があります。

それは何故かと言うと、やはり男性は特にそのようにプログラミングされているのです。

男性は、なるべく自分の遺伝子を持つ子孫を多く残したい本能があります。

ですので、女性が目の前にいるという事は、そのチャンスをつかめるのです。

だからこそ、そのように理性を持って友人関係をと大変難しいものがあります。

このような例えも良くありませんが、よく、女性関係で失職しているような人を目にすることはありませんか?身近にはいなくても、ニュースでそのようなことを見ることがあるかもしれません。

女性から見たら、「なんで一生を棒に振るような大きなリスクがあるにもかかわらず、女性に手を出してしまうのか?」と不思議に思いますよね。

裏を返せば、そのような大きなものを失うリスクがあるにもかかわらず、本能部分で抑えることができないのです。

一緒にいる時間が長くなるとお互いの異性としての魅力に気付く

やはり、幼馴染だと恋愛関係に発展しにくいとはえらい言われていますが、それと同時にずっと一緒にいるからこそ、意外な異性の魅力に気づくこともあるのです。

ですので、友達としてずっと一緒にいることで、異性としての良さを感じることができ、そこから恋愛感情に発展することがあります。

それは、女性にとっても同じことが言えるかもしれません。

ですので、幼なじみであったり友達である一方で、恋愛関係を感じ始め、そのギャップで辛い思いをしている人というのは多いですよね。

小説などにもよくあるパターンです。

でも、一方が我慢している関係は長くは続きません。

例えばですが、「誰かいい人紹介してよ!」と言われ続けて辛い思いをしたり、実際にどちらかに恋人ができることによって、恋愛感情を抱いている方が辛くなり、距離を置くことがあるのです。

そのようなことから、男女の友情の成立は難しいという意見を持っている人がいるのです。

体の関係を求められた

これも、異性の友達のあるあるです。

男性からしたら、女友達を作る理由としてはいつか恋人にしたいという動機がある人もいます。

ですので、「友達とは言いつつ、恋人関係でもまんざら悪くないと思っているからこそ、この女性は友達でいてくれているのでは?」と思っている人もいます。

でも、女性にとってはどちらかと言うと純粋に友達だと思っていることが多く、そのキャップから友情に亀裂が入ることがあります。

やはり、男性の自分から見ても、本能部分ではそのような関係になりたいと願っていて、ついついそのような関係に発展させたいというのは気持ちとしてはわかります。

でも、女性としては純粋に友達関係を保ちたかった気持ちも同時に分かり、だからこそ、男女の友情は、そのような危うさもあるのが非常によくわかります。

人は近い相手に恋心を抱くケースが多い

やはり、人が近い相手にこそ恋心を抱くところがあります。

遠距離恋愛になると、もちろんその恋愛を貫ける人もいますが、たいていの人は遠距離になった途端にうまくいかなくなっていきます。

やはり人はなく接するからこそいろいろな感情が芽生える傾向にあるのです。

ですので、異性の友達として長くいる時間が増えると、だんだんと恋愛感情が芽生えてくるということもあるのです。

そこもまた、異性の友達が成立しにくいところです。

ですので、「男女の友情は成立しない!」と言っている人は、この距離の近さもその理由として挙げているところがあります。

ギャップにドキッとしてしまう

やはり、友達と言うことになると女性もサバサバとしているところがあり、純粋に友情として成立すると思ってしまいますよね。

でも、その異性に女性らしいところがあるとドキッとしてしまうところもあります。

著者は男性ですので詳しくはわかりませんが、女性もそのような一面があるのではないのでしょうか?

友達だと思っていたり、異性として意識していなかったけれど、あるギャップを見て突然異性として意識するようになってしまったというようなことです。

やはり、長く一緒にいればいるほどに分かることがあるかもしれませんが、色々と分かったと思っていたけどキャップがあったことで驚きとトキメキを感じてしまう人も多いようです。

お互いの価値観が違う

やはり、友達関係として成立するにはそこそこ価値観が一致していることが望ましいです。

先程、友情について何かを見ていきましたが、お互いを信頼しあうプラスの感情を抱き合う関係と言われています。

女性の場合は、比較的男性とあっさりした関係を築くのはさほど難しくないかもしれません。

でも男性にとっては本能的に女性を強く求めるところがありますので、その女友達を恋愛対象として見て、異性として見るようなところがあれば、価値観がずれてしまうところがあります。

もちろん、そのような価値観ばかりではありません。

他の事でも、価値観のズレと言うものはあります。

同じようなものを見ても、感じ方が全く違うので、それが争いのきっかけになってしまうことがあります。

著者は様々な営業所のある会社に勤めています。

ですので、その営業所に出張に行くことがあり、そこで飲み会などを開くことがあります。

とある営業所の方たちとの飲み会の一幕だったのですが、男性がとある女性のことを身体的な特徴を含めて談笑し合っているのを事務員の女性が不快そうに見ていました。

男性にとっては「面白い!」と思ったことが女性には「不快!」ということもあるのです。

男と女である以上いつお互いが異性として意識するかわからない

やはり、たとえ友達だといっても、やはり男と女です。

いつ異性として意識してしまうかは分からないところがあります。

そして、意識してしまった以上、友情関係を成立させていくのは大変難しいものがあります。

それは男性が初めにそのような感情持ち始めてもそうですし、女性がそのような感情持ち始めてもそうかもしれません。

誰か、「いい人紹介してよ。」と言われたりして、異性として意識し始めた方が心が傷つくようなこともあります。

どちらかが相手を異性として意識していると、相手の恋愛相談なども聞いていて大変辛いものがあるでしょう。

そんなことから、2人の関係は崩れていきます。

距離をとることで離れていくこともあるかもしれませんし、喧嘩別れもあるかもしれません。

とにかく、2人がお互いを友人として認識しなければ、異性の友達関係は長くは続きません。

好みじゃないと交流すらしたくない

このような事は、特に男性に多いのではないのでしょうか?
意外と男性の中には女性を友達として求めていない人もいます。

やはり、好みでとゆくゆくは恋人になりたいからこそ、友達関係としてまずは関係を築くところがあるのです。

人にもよりますが、そのような友情関係は価値が一致するからこそ付き合いたいと思っており、異性で全く感性の違う人とそこまで付き合いたくない人もいます。

(もちろんそれは男性と一口に言っても人それぞれですので一概には言えません。

)

やはり、いろいろなサイトを見ても、男女の友情の事について色々と悩んでいるの圧倒的に男性が多いようです。

それは、どちらかと言うと、女性は友達と恋人の区分がしっかりと付いているのです。

でも男性は、どちらかと言うとその女性が異性として好みで、ゆくゆくは恋人になりたいという思いを抱いているからこその葛藤があるのです。

男女間は何が起こるかわからない

たとえ女性側は純粋に友人だと思っていて、これからも友人関係だと思って付き合っていくものと思われますが、男性は心の中で何を思っているかわかりません。

ゆくゆくは恋人になるからこそ、友情としての関係を成立させているところがあるのかもしれません。

安心させるために、「君を異性として見る事はできないよ。」と言うかもしれませんが、心の奥底では何を持っているかわからないのです。

それほどに男性の女性に対する本能は強いものがあります。

だからこそ特に男性はその関係の危うさに気づいていることが多いです。

ですので、女性側も、男性が本心では何を思っているのかというのをいろいろな情報を得てから、あまり思わせぶりな態度を示さないなど、「この人とは恋人関係になる事はないな。」とをしっかりと気づかせてあげることが大切です。

男女間の友情でのいいところ

このように、男性と女性の間で友情を成立させるのは大変難しいものがあります。

やはり、それは男性の本能的なところもあるのである意味仕方がないところがあります。

でも、もし男女の友情で良いところがもあります。

やはり、同性の友達がたくさんいるのも良い事ですが、性別が同じという事は必然的に価値観もほぼ似ているようなところがあることから、なかなか1つの相談事をしても堂々巡りになってしまうことがあります。

でも異性の観点があるという事は、良い事ですね。

もちろん、この良い所はほんの一例です。

では、男女の友情で良いところはどのようなところでしょうか?

異性の意見が聞ける

やはり、最も良い例としては異性の意見を聞くことができることです。

例えば恋愛関係の相談ともなると、異性と接するわけですので、異性の意見を聞けることによって、恋愛関係はとてもやりやすくなります。

やはり、性別が違うだけで、考え方がこんなにも違うのか?と驚かされるような事はあります。

著者は男性ですが、やはり、女性のきめ細やかな思いを聞かされるたびに驚くことがあります。

男の自分はそこまで深く考えなかったようなことでも、女性にとってはとても重要なことであったりと言うことがあり、女性と接するときは気をつけないとなと思うようなことが多々ありました。

女性の方に話を聞いても、男性がこんなこと思っているのかと驚くことが色々とあるようですよ。

妻は、色々と(妻の)兄の話を聞いて驚くことが多かったようです。

例えばですが、「若いお嫁さんを!」と思っていたけど、そのような若い嫁をゲットできるのは金持ちの男ばかりということを兄から聞いて驚いたようです。

男性がこのような見方をしているのかと驚いたようです。

気を遣わない

やはり、異性として接するとなると色々と気を使うかもしれませんが、友達となるとそこまで気を使うことがなく、付き合いやすいところがあります。

とある掲示板で女性の意見を見ましたが、やはりそのような男友達が多い女性は、中には女性の複雑な関係に嫌気がさしている人も多いようです。

著者も学生時代にそのような女友達がいました。

その人は自分のことを「俺」といい、8割は男友達と言うような人でした。

結構サバサバとしており、あまり異性として見る事はなかったのですが、中にはその彼女のことが好きだった人も多いようです。

自分は男ですので詳しくはありませんが、やはり女性は非言語のコミュニケーションも結構あるようで、それがあまりうまくない子ははじかれてしまうところがあるようです。

その点、男ははっきりとものを言うところがあるので、そのような女性同士の付き合いが苦手な女性も付き合いやすいようです。

もちろん、男性でも、女性に気を使わずに接することができる人もいるかもしれませんが、著者の周りではそのような人はあまり見ませんでした。

自分の悪い所や良い所を教えてくれる

もちろん関係性が長く続いたというのが限定なのかもしれませんが、自分の長所や短所を教えてくれるのも良い所です。

特に男性であればはっきりとものを言うところがありますので、女性もそのようなことを教えてもらえることがとても貴重なのではないのでしょうか?

女性はあまりはっきりとあれこれ言う事はないかもしれませんが、さりげなく教えてくれることもありますので、もし今後誰か好きな人ができた時に、そのような異性の目から色々と教えてもらった事はとても参考になると思われます。

やはり、悪いところを言われると嫌な気持ちになることもあるかもしれませんが、そのようなことを教えてくれるという事は、良くなって欲しいと言う思いがあるからです。

ですので、もし悪いことを指摘されたからと言って、カッとなったりせずその話じっくりと耳を傾け、改めていくことが大切です。

友情関係を保つには

やはり、男性と女性の友情は、同性の友達と比べて友情関係を築くのが大変なところがあります。

特に男性にとっては、女性との友達関係を保つのは大変難しいものがあります。

ですので、女性側も、その彼と長く友情関係を長く続けようと思ったら、ぜひとも気をつけてほしいことがあります。

やはり、男性は女性を求める部分を改める事は本能的な部分であることからできません。

ですので、ぜひとも女性側に色々と気をつけて欲しいのです。

では、その気をつけるべき特徴についていろいろと見ていきましょう。

勘違いさせるような言動はしない

まずは、「もしかしたらあなたの恋人になるかもしれない」ということを感じさせるような言動はしないようにしてください。

男性は基本的に女性と恋人関係になり、関係を結ぶことを望んでいます。

ですので、そのような言動があればすぐ「この子は自分の女性になってくれる!」と思い、一気に女性に恋愛感情を抱くようになります。

例えばですが、普通に接する女性よりも、距離が近いとなると、どきっとししてだんだんと異性として見るようになってしまいます。

また、人によっては目をじっと見てくる人もいるかもしれませんが、「もしかしたらこの子は俺に気があるのではないか?」と勘違いさせるようになります。

中には、目が悪いがためにじっと見てくるって言う人もいるのかもしれません。

ですので、目が悪い人もこのような点に注意しましょう。

また男性は、基本的に女性に頼られると嬉しいものがあります。

ですので、「これを手伝って。」とか「助けて。」とお願いをしてどんどん頼られると、だんだんと女性として意識してしまうところがあるのです。

このように、女性が距離感を間違えると、男女の友情は一気に崩れます。

素の自分をさらけ出す

もし、彼と友達として長く続けたいのであれば、異性として意識することなくその自分をさらけ出すようにしてください。

それは、女性として幻滅するようなことでもいいのです。

そうすれば、彼はあまりあなたは女性として見ないかもしれません。

でも、そのようなその自分をさらけ出しても、「やっぱりこいつと付き合っていきたい」と思ってもらえれば、友達関係として長く続くこともあるかもしれません。

みんなの前で友達であることを公言する

後は、みんなの前で友達であることを公言してください。

こうすれば、男性側も、「この女性は友達なんだ」と納得できます。

やはり、自分の女性になってくれる可能性があると思うからこそ、友達の枠を超えようとするのです。

ですので、友達以上になる事は無いということが分かれば、彼も友達らしく振る舞うことでしょう。

ネットで調べていると、役割を与えられると、その役割に合うような行動するということが心理学上証明されているとの情報を見つけました。

なんと、とある学生に看守役と、受刑者役でグループ分けをして検証して実験があるのです。

そうすると、監視役の学生は監視らしくなり、受験者の役の学生は受験者らしい行動をとるようになったようです。

もともとは、学生と言う立場であったのにこのような役割分担をすることで、その役割に合った行動するようになったという結果になったのですね。

少々話がそれましたが、それは男女の友情においても同じようなことが言え、「あなたは友達だ!」という役割を与えることで、その行動にあったような行動するようになると言うのです。

対等な立場で接する

もちろん、恋愛関係においても対等な立場というのはありますし、多くの方はそのような立場で接している事でしょう。

でも、男性は女性に頼られると嬉しいところがあり、多くの恋人関係や夫婦関係においては、女性が男性に色々と頼るような形も多いのではないのでしょうか?

男女の友情においては、相手に多くの負担をかけるようなことをしてはなりません。

例えば、一緒に食事をしたとしても、割り勘を貫いてください。

そうでないと、多くのことを負担している方が負担になります。

恋人関係であれば、男性が奢ると言うのもありますが、やはりその裏にはかっこいいところ見せたい気持ちあります。

もし、男女の友情が崩れ続きに、「何々をしてやったのに!」という気持ちになってしまっては、男女の友情は成立しません。

ですので、基本的に男女の友情においては、何でも対等にということが大切です。

最後に

このように、男女の友情は同性の友情よりも難しいところがあります。

それは、異性となると、恋人関係に発展することもあり、特に男性はそのような男女の関係になりたい願う本能が強いところがあります。

ですので、男女の友情においては色々と気をつけるべき点があります。

もし、このような上記の事について気をつけることが出来るようになり、対等な関係を築ければ男女の関係はクリアでき、いろいろな観点を持った友達を持つことができる事は、人生をより豊かになりします。

どちらにしてもどちらかに恋人が出来れば友人関係を続けるのは難しくなる

もし、上記のように男女の友情を成立させるような条件が整ったとしても、やはりどちらかに恋人ができればそのような関係を続けるのは難しくなります。

それは何故かと言うと、やはり恋人は異性の友達に関して良い目で見ないところがあります。

それこそ男女の友情は成立しないという考えを持っている人だと、特にそのような友人関係を続けることに難色を示します。

自分の恋人関係や相手の恋人関係を崩さないようにするためにも、いざと言う時は無理に友人関係を続けないことも視野に入れましょう。