知人、友人、職場の人など結婚する際に悩むのがプレゼントじゃないでしょうか。

喜んでもらいたいし、もらって困るようなものは送りたくない。

だけど、どんなものが喜ばれてどんなものがこまってしまうのでしょうか。

また、プレゼントならなんでもいいわけではないので、結婚に縁起が悪いものやお祝い事にはタブーとされてるものなどもあります。

金額などもある程度一般相場をかんがえないとなりません。

さて、そういった結婚のプレゼントについて色々調べてみました♪

知り合いの結婚式、プレゼントは何がいいだろ?

知り合いの結婚式に招待をされることは大人になるととても増えてきますが、皆さんはどんなものをプレゼントに選んでいるでしょうか。

プレゼントに向いてるもの、向いてないもの、喜ばれるもの、困らせてしまうもの。

とても悩むところですね。

あなたはどんなものを選びますか?

結婚式プレゼントの相場は?


結婚のプレゼントを用意しようと思って皆さんはどれくらいの金額を予算にするでしょうか。

実はこの金額、いくらでもいいわけではないのです。

気持ちだからいくらでもいいだろうと思いがちですが、贈られた方の事も考えてプレゼントしないといけないのです。

プレゼントの金額は意外に安めに設定した方がいいと言われています。

プレゼントだけではなく、ご祝儀もあるからです。

ご祝儀は平均3万円くらいと言われています。

大体3000~5000円ぐらい

ご祝儀は平均3万円くらいと言われていますが、ではプレゼントはどれくらいでしょうか。

大体3,000円~5000円前後と言われています。

この金額はご祝儀の金額もあり、プレゼントも高く設定してしまうともらう相手も気が引けてしまうこともありますし、あまり高いものばかりをもらっても使うのに困ってしまうということもあります。

結婚する夫婦は他の方達からもたくさんもらうので、ある程度の高くない金額で使用するものなどをもらうと嬉しいそうです。

高すぎるものはお返しに困るのでNG

プレゼントの金額設定が低い一番の理由は、結婚する夫婦のことを考えてです。

結婚祝いにプレゼントを頂いたら、お返しをしなくてはなりません。

高すぎるものをもらうとその分お返しの金額も高くなってしまいます。

ご祝儀のような現金とは違い、プレゼントはものなのでもらったものが高ければ、その分お返しへの負担も大きくなってしまいます。

そして、もらうプレゼントも一つや二つではなくたくさんいただくので結婚まじかの夫婦の負担は大きくなってしまうのです。

おすすめ結婚祝いのプレゼント【家電編】


結婚祝いのプレゼントに家電は結構喜ばれるものなのだそうです。

結婚をしてこれから二人での新生活では、まだ家電などがそろっていない場合が多いからです。

新生活で使いそうなものをプレゼントすることで、結婚式の資金や新生活を始めるための資金を考えるととても浮いてありがたいものです♪

ただ、色々な人から頂けるので他の方とかぶってしまわないかのリサーチは必要です。

小さいものではないものが多いのでかぶってしまうと逆に困らせてしまうのできをつけましょう♪

トースター

キッチンには欠かせないグッズの一つで他のキッチン家電と比べても比較的手頃にかえるものなのがトースターです。

トースターはパンを焼くだけではなく、あれば色々なメニューで使えるのでもらってあって困らずもらってうれしいものではないでしょうか。

現在は、インテリアとしても見た目がいい感じの色々なデザインのトースターが多く、新生活におしゃれなものをプレゼントしても。

場所をとらないスタイリッシュなものや、枚数が多くやけるもの、トースターといっても色々な機能があるものなど、種類が豊富なのでプレゼント相手の生活スタイルに合わせて選ぶこともできます。

電子レンジ

トースター同様、キッチン家電として欠かせないグッズの一つで、できる料理にもかなりの幅がありますし、使いやすい買いやすい商品だと思います。

デザイン性、機能性にも種類がすごく多く、金額もピンからキリまですごい種類があるので、プレゼント相手の生活スタイルに合わせて色々選ぶことができると思います。

空気清浄機

意外に喜ばれるのが空気清浄機です。

空気清浄機はあって困るものではありませんし、風邪やはやり病予防にも大活躍してくれます。

妊娠した時や子供がいる時にも大活躍なので、結婚する時点でもらっても喜ばれます。

もうすでに買っているのではないかと思われがちですが、自分達で購入するなら機能性の高いものを選んで購入していると思います。

そして、その空気清浄機を部屋も移動させて使おうとおもっているでしょうが、大概同じ部屋においたままです。

プラスでもらったら、違う部屋にも設置できて結果、喜ばれることが多いようなのです♪

コーヒーメーカー

結婚祝いのプレゼントとして鉄板と言われる程、メジャーな家電がコーヒーメーカーです♪

朝や夜、コーヒーを飲む方って意外に多くコーヒーメーカーは重宝してくれるのでとても喜ばれるそうです。

コーヒーメーカーとひとくくりにいってもとっても種類があるので意外にコーヒーメーカーを持っていても違うものなどだと違う機能や、違う飲み物が飲めたりとかしてとても喜ばれるものみたいです。

アロマランプ

実はかぶってもらってもうれしいのがアロマランプなのだそうです。

かぶってしまっても部屋ごとにおけるので複数個あっても困るものではなく、アロマはたくさんの香りがあって自分の好きなものにもらった後に変えたり追加して買うこともできるのでうれしいそうなのです。

女性は香りものが好きで、しかもアロマランプは見た目もおしゃれで素敵なものが多いのでとても喜ばれるそう♪

おすすめ結婚プレゼント【キッチン編】

キッチンのものは家電と同じように新生活でまだそろってない可能性の高いものの一つです。

しかも、奥さんも結婚して新生活で料理にあれこれがんばりたいとウキウキしている時なので、キッチンで使えるものを送られるととても喜ばれるものなのだそうです。

普段あまり使ったことのないものでも、これから使ってみようかなとウキウキするそうですし、かぶってしまっても同時に何品か作っているときやのせるときなどに使えるのでそこまで困るものでもないようです。

タンブラー

タンブラーは使用頻度の高いものなので喜ばれます。

また、ペアのものなどでもらうと一緒に使う事ができるのでとても喜ばれるそうです♪

かぶってしまってもデザインや種類がたくさんあるので、使用用途別に使えたり、インテリアとして、花瓶としても使えるのでもらって困るものではないそう♪

金額的にも手軽な値段でたくさんの形、デザインがあるので選びやすさもあります。

おしゃれなお鍋

キッチン用品の中でも、お鍋は使用用途が高いのでありがたいものです。

おしゃれなお鍋ならなおさらです。

せっかく料理するならおしゃれなデザインなものに囲まれたいなんて女性の夢でもあります。

鍋は使用頻度が高く、何個かあれば煮物に炒め物に、煮込み料理に色々使えるので何個かあってもさほど困るものでもなく、逆に何個かあると嬉しいものなので、喜ばれるそうです。

ランチプレート

おしゃれなデザインと機能性の多いランチプレートは結婚祝いのプレゼントの定番ではないでしょうか♪
かぶってしまっても何枚かあっても困らないものだと思います。

ランチプレートはご飯の時の見た目もいいですし、色々な品数を一緒にのせて出すことができるので運ぶ時にもよし、食べる時にも食べやすく、後片付けの時も楽でいいことだらけなのです。

そのうち子供が生まれてからも重宝するのでもらってとてもありがたいものだと思います。

ランチプレートは比較的手軽に買える金額なので、ペアで購入したり、デザイン違い、機能性違いで購入してプレゼントしてもとても喜ばれるものだと思います。

便利な小鉢

意外に使うのが便利な小鉢です。

ちょっとした漬物、煮物、フルーツなどなど、色々な料理を入れるのに小鉢は便利です。

まとめて食休めや色々なものをちょっとずつ食べたい方なども結構いるので小鉢にいれてだしていることって多く、意外にいくつあっても困らないものです。

食べ残しのちょこっとを入れたり、おすそ分けやストックにも使えるのでかぶってもらってしまってもそんなに困らないものだと思います。

食器入れ、ラック

新生活のはじめ、意外にまだ購入していなかったりするのが食器入れ、ラック類だとおもいます。

これからどれくらい食器などが増えるかな、後から購入すればと後回しになりがちなものなのだそうです。

あまり大きいものでなければ、かぶってしまっても別の用途で使用することもできるのでそこまで困るものではないそうです。

デザインや機能性は色々あるので、好みのものを選んだり、聞いてみたりして使用用途に合わせてプレゼントしてあげると喜ばれるようです。

添えるメッセージカードの文章は?

プレゼントを渡すときに必要となるのが、添えるメッセージカードではないでしょうか。

せっかくプレゼントと一緒に添えるメッセージカードには気持ちを込めて書きたいものです。

また、「重ねて」や「重々」、不吉なことを連想させるような言葉を使わないようにしましょう。

自分のおめでとうと言わってる気持ちも込めて、相手にも喜ばれるようなメッセージを贈るためにはどんな文章を書いて贈ったらいいのでしょうか♪

まずは「ご結婚おめでとう」

まずは、当然のことながら「ご結婚おめでとう」とお祝いの気持ちを書きましょう。

メッセージの一番最初にはお祝いの気持ちの「ご結婚おめでとう」を入れることで相手にもお祝いのプレゼントだということと、お祝いの気持ちがあることが伝わります。

途中や、最後の方に「ご結婚おめでとう」とお祝いの言葉を入れる方もいますが、途中や最後で読み進めていくうちに書いてあるよりも、初めに書かれている方が、読み手には読みやすく、素直に喜ぶことができるそうです。

今後の幸せを祈る

結婚という始まりのおめでたいことへのメッセージですので、最後には必ず、これからの二人の幸せを祈る文章を添えましょう。

・末永くお幸せに
・幸せな家庭になりますように
・楽しい家庭になりますように
・お二人の末永い健康とご多幸を願っています
・お二人のご多幸をお祈りしています
・笑顔溢れる幸せな家庭を

などなど、言い回しは様々ですが最後にいれることで幸せになってほしいという気持ちを込めて添えることが大切なのだそうです。

上司や部下なら、日ごろの仕事への感謝を込めて

結婚祝いを贈る相手が仕事場の上司や部下であれば、マナーや言葉遣いも気を付けながら、日頃の仕事での感謝を文面にはさんでいくといいようです。

・お世話になり感謝しています
・憧れです
・〇〇さんのおかげです

などなど、文面の中でお世話になっていることや、感謝していることを含めて書くことで、本人とそのお相手にもいい印象を与えます。

友達ならちょっと面白い文章でもOK

仲のいい友達であれば文面中にちょっと面白い文章や気持ちをはさんでもよろこばれると思います。

・幸せのおすそ分けを貰いに新居にも遊びに行かせてね
・旦那様にはかなわないなと実感しています
・遂にこの日がきたなんて、私もうれしい
・ぜひ私の相手を紹介してください
などなど、面白いことや、仲のいい友達だからこその思いなどを添えても相手へ心からお祝いしてる気持ちが伝わるとおもいます。

絶対NGな結婚プレゼントはこれ!

さて、ここまで結婚祝いのプレゼントに喜ばれそうなものや、プレゼントに添えるメッセージなどをご紹介してきましたが、なんでもいいものばかりではないのでダメなの物もご紹介させて頂こうと思います。

結婚などのお祝いの時に、贈ってはいけないタブーとされているものも存在します。

幸せな結婚生活を送ってほしいからこそ、結婚という門出に不吉なことや縁起の悪いことは避けた方がいいと贈るにはむかないと言われている物達です。

そんなの迷信、関係ないし本人達の好きな物なら何でもいいと思うかもしれませんが、そういったものを贈ることで、常識のない人だと思われたり、もしかしたらいやがらせなのかもしれないと思われてしまうこともなくはない話なのだそうです。

せっかくの気持ちのこもったお祝いを無駄にしないためにもぜひ読んで、選ばないようにきをつけてください。

包丁、ナイフなどの刃物

新婚生活で役立ちそうなものに感じる包丁やナイフですが、この包丁やナイフは結婚祝いにプレゼントするのはタブーとされています。

包丁やナイフ、ハサミなどの刃物類の「切る」ことが役目なのでタブーなのです。

せっかく結ばれた夫婦の縁を「切る」ということに繋がってしまうので縁起が悪いとされている為、結婚のプレゼントにはNGと言われています。

ここ数年で、「災いを切る」、「未来を切り拓く」という意味があるので縁起が悪いものではないという風に言われていたり、宣伝などでも書かれていることが出てくるようになってきてはいますが、世間ではまだそこまで浸透されている感じではないので、送ってしまうと、受け取った夫婦や、家族はいい気はしない場合も多いので、避けておきたいところです。

お茶

日本茶が好きな方は多いので、量があっても日持ちがするから結婚祝いのプレゼントにいいかなと思う方もいるかもしれませんが、この日本茶は結婚祝いにはタブーとされているんです。

日本茶は、香典返しとして使われることがとても多いのです。

悲しいことは続かないという意味を込めて後に残らず飲み干してしまえる、日本茶がとても多く使われているのです。

そういう意味合いが込められて香典返しに使われている為、結婚祝いにプレゼントするにはタブーとされています。

どうしても飲み物を贈りたいのであれば、コーヒーや紅茶を選んで贈ることをおすすめします。

日本では数字の4、6、9にちなむ言葉が使われているものは喜び事には使わない方がいいとされています。

4は「し」の音が「死」、6は「む」の音が「無」、9は「く」の音が「苦」に聞こえるとされているからです。

その為、櫛(くし)は苦、死を連想させてしまうということと、櫛は歯がかけてしまう事があるとしてタブーとされているそうです。

手作りだけど出来の悪い置物

手作りのものは意外に喜ばれることも多いですが、出来の良さあってのものです。

出来がよくないあげくに置物となると、押しつけているだけの可能性が高くなってしまいます。

インテリアなど飾るものなどはそれぞれ好みもありますし、ある程度の見栄えがないと置くのも嫌なものとなってしまいます。

なにより、置物でも陶器など割れてしまうようなものに関してはなおよくありません。

割れてしまうものは縁起がよくないとされているので結婚祝いのプレゼントとしてはタブーとされています。

性的なもの

結婚祝いのプレゼントに性的なものをプレゼントをするのは失礼にあたりますし、人によっては不快な気持ちになりやすいものです。

とても仲のいい友人であったとしても結婚するお相手の方は知らない人だったりもしますし、知っている人であっても結婚祝いは基本的に夫婦に二人で使用するものとしてプレゼントされているので、奥さんや旦那さんになる人の友人から性的なものをプレゼントされるのは気分のいいものではないとおもいます。

また、頂いたものは記録に残していたりする場合も多いので、記録に残ることも親族など、誰かにみられてしまうことも考えるとよくないと思います。

贈ってしまったら「常識のない人」と思われる!

結婚する方を思ってよかれと思ってプレゼントしても、結婚祝いのプレゼントにNGとされているものをプレゼントに贈ってしまうことによって、あなた自身が”常識のない人”と思われてしまいます。

すごく仲のいい友達であっても、本人だけではなく、親族などにもみられてしまう事も考えましょう。

知らなかったから、知っているけど縁起が悪いとか気にすることないと贈ってしまうと、”常識のない人”や”もしかしたら”いやがらせなのかと、せっかくプレゼントしたのに思われてしまうのはいやですよね。

その他、体験談から見る困ったプレゼント!

今までご紹介した他にも、縁起が悪いと言われていたり、もらって困るものは意外に結構あるようです。

その他のもらって困ったプレゼントを少しご紹介させて頂きます。

ハンカチ

よく使うものなのでいいかなと思いがちですが、ハンカチは「てぎれ」とも言うので、手切れを連想させてしまい、縁切りや「もう会いたくありません」というイメージを連想させてしまうそうです。

特に白いハンカチはよくないそうです。

ご遺体にかける白い布を連想させてしまうそうなのです。

割れ物

割れ物はその名の通り割れてしまうものなので、別れてしまうや割れてしまうを連想させてしまうのでよくないそうです。

大皿

夫婦二人では使いづらく、収納にも困ったという意見が多かったです。

石鹸、タオル

とてもプレゼントされることが多く、数が多くなりすぎて困ってしまうようです。

既にもっているもの

既に持っていたり購入したものがかぶってしまってそれが、大型のものだったりするとよかれと思って買ってくれたのはわかるが困ってしまうようです。

結婚プレゼントはマナーを知ってよーく選ぼう!

さて、ここまでお話させて頂いてきた「結婚祝いのプレゼントについて」ですが、いかがだったでしょうか。

せっかくの結婚祝いのプレゼントですから、結婚する友人、知り合いに日頃の感謝とお祝いする気持ちを込めて、喜んでもらいたいものですね。

その為にもまず、一般的な結婚祝いのプレゼントのマナーとルールをよく知って、結婚する本人達の生活スタイルや好みを考えて、喜んでもらえるものを考えて選びましょう。