運命の人と聞くとどんな人を想像しますか?赤い糸でつながった人という印象でしょうか。

女性なら誰でも憧れますよね。

「早く運命の人あらわれないかな」と健気に待つ人もいるでしょう。

または「運命の人なんているわけない」と諦めモードになっている人もいるかもしれませんね。

いろんな考えの人がいるはずです。

しかし、運命の人はただ出会いたいと思っているだけでは出会えないこともあるのですよ。

どういうことかというと自分から行動を起こすことも大切な時があるということです。

つまり、運命の人に出会うには努力をすることも必要なのですね。

努力というのは何をするにも必要なときはありますが、それは運命の人を探すときにも必要になるのです。

もちろん、運命の人は見つけようと思って見つかるものではないのも確かです。

見つけようと思ってるときに限って、見つからないということも多いでしょう。

しかし、行動を起こせばそれだけ見つかる可能性が高まるのは確かです。

では実際「この人こそ運命の人だ」という人に出会うためにはどうしたらいいのでしょうか。

今回は運命の人と出会うためのやるべきことをご紹介していきますね。

運命の人とは?

運命の人とは一体どんな人でしょう。

会った瞬間にビビっとくる相手のことでしょうか。

赤い糸で結ばれた白馬に乗った王子様のような人でしょうか。

実際の運命の人とはドラマや映画などで出てくるような理想の存在ではありません。

実はその人とはもっと自然な形で確実に一緒になる運命なのです。

それを運命の人と呼ぶのですよ。

「なんだ。

もっと素敵な理想の人を想像していたのに」と思う人もいるでしょうが、これが事実です。

運命の人とはとても自然な出会い方をして自然に結ばれる人のことをいうのです。

一方な片想いは運命ではない


一方的な片想いは運命ではありません。

自分だけが思っているのでは運命とは呼べないのです。

なぜかと言えば運命の人とは出会った瞬間にお互いが何か特別なものを感じるからです。

もしくは「この人とはもしかすると」と言ったビビっとくる瞬間があることでしょう。

無事に結婚をした人の話を聞くと「この人とはなんとなく結婚する気がしていた」と答える人が多くいます。

「この人とは運命だったんだと思う」と答える人もいますよ。

これは間違いなく運命を感じていたということになりますね。

つまり、運命の人とは初めから両方がなんとなくでもお互いの存在を特別なものとして意識している感覚があるということです。

となると、片思いというのは片方だけが何かを感じているわけですから、それは運命とは呼べないのです。

では片思いは意味がないのかと思われますよね。

そんなことはありません。

片思いは片思いで素晴らしいものなのです。

意味がないことは全くありませんよ。

その人は運命の人ではないかもしれませんが、片思いをすること自体にはいろんな意味があります。

いろんな意味で成長することもできるのです。

ですから、「今しているのは片思いだからもうやめよう」などと思わずに、片思いは片思いで楽しんでいってくださいね。

必ずしも運命の相手でなくとも恋をする意味は大いにあるのです。

運命の人との恋は必ず成就するようになっている

運命の人との恋は必ずいい方向へ向かい、最後には成就するようになっているものです。

初めからそう決まっているのですね。

それを聞いてどう思いましたか?「うそだ」と思う人もいるでしょうか。

しかし、運命の人とは特になんの障害もなく、スムーズに流れるように二人の時が進むことが多いです。

例えば出会って2か月で「もうこの人だ」と決めることができてすぐ結婚に辿り着くカップルは運命の相手同士ではないでしょうか。

何も考えてなくてもことが進むのです。

ビックリしましたか?
逆に言えば、何年もダラダラ付き合って結局結婚までいかなかったカップルは運命ではなかったということになりますね。

運命でなければ、いくら長く付き合ったところで、どうにもならないことが多いのです。

「そんなこと言われても」と思うひともいることでしょう。

しかし「この人とはもう10年も付き合っているけれど、一向に結婚する気になれないな」という人との結婚は諦めて、本当の運命の人を探したほうがあっさり結婚にたどり着けるかもしれませんね。

決めるのはあなたです。

運命ではない人との恋を続けるのか、運命の人を探し始めるのか、どちらも選ぶことが可能なのですよ。

運命の人に会うためにやるべき6個のこと


ここからは運命の人に会うためにできることを6つ紹介していきます。

行動範囲を広げたり、いつもと違うことをすることで運命の人に出会える可能性がUPしますよ。

いつも同じ範囲で同じことしかしないという人はこれを読んで運命の人をしっかりゲットしてくださいね。

1.行動範囲を広げる

いつもより行動範囲を広げてみましょう。

行ったことのない場所に行ってみることです。

そうすることでいつもなら出会うことのない人に出会う可能性もありますよ。

期待を膨らませてやってみてくださいね。

例えばいつも行くカフェより遠いところにあるカフェに行ってみる、いつもより遠くまでドライブして買い物してみるといった簡単なことでかまいません。

少し変えただけでも、出会いの幅は広がりますよ。

いつもと違うところへ行けばいつもと違う人と出会う可能性が高まるからですね。

そうやっているうちに、ひょんなことから運命の人に出会うということも出てくるわけです。

範囲を広げれば広げるほど、出会う確率も高くなります。

思い切って、かなり遠くまで行ってみるのもいいかもしれません。

そこで出会った人が実は自分と同じ町に住んでいる人だったという話もあります。

自分と同じ町に住んでいる人に違う場所で出会うということも、大いに考えられるのですね。

そして二人はいい感じになり、お付き合いするようになるわけです。

スムーズに事が進み、ゴールインする可能性もあります。

運命の人とはいつどんな形で出会うか分かりませんから、どんなことも制限をかけずにやってみることが大切ですよ。

いつもとは違う場所にいってみよう

いつもとは違うカフェ、いつもとは違うレストランに行って見てください。

「何もあるわけないよ」と言わず、試してみてくださいね。

いつもと違う場所にいくことで行動範囲が広がり、それによって出会える可能性も高くなるのです。

諦めずにやってみてくださいね。

2.出会いの場には積極的に顔を出す

街コンや婚活パーティに足を伸ばしてみるのもいいでしょう。

自分から積極的に運命の人を探しに行ってみてください。

「ちょっとすいません」と声をかけられた人があなたの運命の人かもしれません。

もちろん、あなたの方からどんどん積極的に声をかけるのもいいでしょう。

その場合、話してみて「なんとなく」という直感が大事なものです。

「なんとなくいいな」と思える人は印象にも残りますよね。

この「なんとなく」はバカにできません。

なぜならこれは当たる可能性が高いからです。

そのひとは運命の人かもしれませんよ。

「もう何度もいったけれど何もなかった」という人でもあきらめずに行って見てください。

たまたま出会えなかっただけかもしれませんし、次は出会えるかもしれないのです。

大切なのはあきらめないことですよ。

なんでもそうですが、あきらめてしまうとそこで終わってしまいます。

そうするともちろん、運命の人にも出会えないわけです。

本当なら出会えるはずの人にも出会えなくなってしまうこともありますよ。

ですから、本当に出会いたければ何度でも足を運んでみてくださいね。

運命の人を探すのには自分の「気持ち」の持ちようがとても大切です。

「どうせ・・・」という気持ちで探すのと「絶対見つかる」と諦めない気持ちで取り組むのでは全く違った結果が待っているのですね。

できるだけ前向きにガッツを持って取り組めるといいですよね。

出会いがないと運命の人とは絶対に会えない

職場やサークルなど、出会いがありそうな場所に行かなければ運命の人には絶対に会えないのです。

なぜなら、ただ待っているだけでは運命の人はやってこないからです。

運命の人を見つけたいならば、出会いを積極的に求めるようにしてみましょう。

その際、服装に気を付けたりできることはやってみてくださいね。

それだけでも全然違ってきますよ。

3.普段からの格好にも気に掛ける

普段の恰好を適当なものにしていると、いざ運命の人に出会ったときに困ることになります。

例えば、ジャージ姿などで近くのコンビニに行ったときに出会ったとしてもジャージ姿を見ては相手も躊躇してしまうかもしれません。

ですから、普段から格好には気を付けた方がいいでしょう。

「めんどくさがりだから」という人でもできるだけ心がけるようにしてみてくださいね。

そうすることでせっかくある出会いのチャンスをつぶすことはなくなるのです。

近くのコンビニだとしても、必ずジーンズを履くなどしてみてはどうでしょうか。

これなら、ジャージを着て行くよりはちゃんとした見栄えになりますよ。

また、髪形もぐちゃぐちゃでは見つかるものも本当に見つからなくなるかもしれません。

それくらい、相手に与える見た目の影響は強いものなのです。

少しでもいいので、努力をしてみてくださいね。

女性ならメイクがめんどくさい場合はマスクをしていくなどして対策をしてみるといいでしょう。

すっぴんで眉毛もない姿よりはマスクをかけていた方が安心ですね。

異性の目を意識した格好

異性の目を意識した格好を心がけましょう。

例えば女性でいえば、スカートスタイルやワンピースを着てみたりします。

足元もピンクのハイヒールを履いたりして女子力UPです。

花柄やピンクは男性うけもいいでしょう。

、男性で言えばおしゃれな白いパンツを履いてみたりするといいのではないでしょうか。

それに楽しみながら、おしゃれしていると、魅力もどんどんでてきます。

その魅力に運命の人が引きつけられてやってくる可能性もあるかもしれません。

しかし、おしゃれと言っても、あまりに派手すぎたり奇抜なものだと逆に運命の人が遠ざかる可能性もあります。

もちろん、自分らしい格好がしたいのは分かりますが、運命の人を探すときだけでも異性の目を意識した格好を心がけてみましょう。

普段から異性はどんな格好を好むのか、雑誌を読んだりして研究していくのが大事かもしれませんね。

普段は雑誌なんて読まないと言う人も一冊でいいので買って読んでみてくださいね。

読んでいるうちに楽しくなってきて、おしゃれに目覚める可能性もありますよ。

4.色んな人との出会いを大切にする

いつも同じ仲間だけで集まらずに、たまには違った仲間と仲良くしてみるといいかもしれません。

それに、行く先々で出会う人一人一人との出会いを大切にしていけば、運命の人につながっているかもしれませんよ。

どんな出会いも粗末にしないようにしましょう。

その一つの出会いがどこにつながっているか、分かりませんよ。

普段は喋らない相手が運命の相手だったりする

会社で普段話さない人は誰しもいるでしょう。

しかし、そんな人こそ運命の相手だったりするものですよ。

「そんなわけない」と初めは思っているでしょうが、後から運命の人だったんだと気づくこともありますよ。

「そんなわけない」と思わずに「もしかしたら、この部署の誰かが私の運命の人かもしれない」と少し期待してみることもいいことです。

そうすると、会社に通うのも楽しくなるかもしれませんね。

また、同じ部署にいるけれど、席が遠いしほとんど話したことのない人に声をかけてみるのもいいかもしれませんね。

なんとなく話しかけてみたら、意外と話が盛り上がるという可能性もあります。

どこに運命の人がいるかは分かりませんので、話さないからといって「この人はないな」と決めつけないようにしてくださいね。

話しかける機会がないならば、アイコンタクトを送るというのもいいでしょう。

ときどきその人を見ることによってその人と目が合う可能性も高まります。

そうすると、あちらも「こっちを見ているな」と意識し始めるのです。

それが出会いにつながっている可能性もありますよ。

5.休日を大切にする

運命の人に出会いたいなら貴重な休日を大切にしてくださいね。

与えられた一日を丁寧にすごしましょう。

そのように心がけるだけでも、出会いをひきよせる可能性がUPしますよ。

休みだからといって無駄に過ごしては運命の人も逃げてしまうかもしれません。

いかに休日を有効活用するかが大切なのです。

ダラダラしたい気持ちは分かりますが、そこをぐっとこらえて運命の人探しに出かけてみてはどうでしょうか。

休みをダラダラ過ごしても運命の出会いは訪れない

休みの日だからといって、ダラダラしていては運命の人には出会えません。

おしゃれをして出かけてみてください。

最初は気が乗らなくても、買い物したりしているうちに気分が上がってきます。

そして、びっくりするような出会いが待っているかもしれませんよ。

例えばおしゃれして出かけた雑貨屋さんになぜか小学生のとき両思いだった人が表れるということもあるかもしれないのです。

あなたは「え!」と一瞬びっくりすることでしょう。

そして心の中では「どうしよう。

声かけたいな」と思うことでしょう。

しかしその次の瞬間には「でもな、彼女や奥さんがいたら」と思うわけです。

でもここで諦めてしまうのはなんとももったいない話ではないでしょうか。

せっかく偶然にも会えたのです。

これは声をかけない手はないでしょう。

あなたは勇気を振り絞って「○○君、だよね?私○○です」と声をかけてみます。

そうするとあちらもあなたのことをしっかり覚えていて、意気投合!ということもありえるのですよ。

ですから「どうせでかけてもな」と思わず、前向きな気持ちで外を歩いていればあなたから素敵なオーラがでて、出会う確率も高くなることでしょう。

むしろ、このように誰かと出会う楽しい妄想をしながら出かけるということもいいのではないでしょうか。

さらに、せっかくなので、思い切りおしゃれして出かけてみましょう。

そして、思い切り楽しんでみましょう。

その楽しそうな雰囲気に運命の人が気づくかもしれませんよ。

楽しんでいてキラキラしている人からはオーラがでますから、男性もそれに気づくわけです。

一人で出かけるのがいやなら、誰かを誘ってもいいでしょう。

例えば、友達と一緒にレストランに入ったところそこに昔の男友達がいて一緒にいた男性と運命の恋に落ちるなんてこともあるかもしれません。

可能性は無限大にあるのです。

自分が制限さえしなければ、いつなにが起きるか分かりませんよ。

6.新しく趣味を始めよう

新しく趣味を作ってみてはどうでしょうか。

なんでもいいのです。

例えばスポーツが好きなら、フットサルのサークルに入ってみる、英会話が好きなら英会話サークルに通ってみるのもいいかもしれません。

同じ趣味を持つ人とは、話もはずみやすいですし、簡単に仲良くなれる可能性が高いです。

これはチャンスです。

なんでもいいので話してみれば、盛り上がることもあるでしょう。

趣味を一緒に楽しみながら、趣味の話から始まり、お互いのことを話しているうちに、「この人が運命かも」と思うかもしれませんよ。

運命の人とは何かしら好きな物が似ている

運命の赤い糸でつながっている人とは、好きな物が似ているものです。

スポーツが好きなら、相手もスポーツが好きだったり、共通して好きな物があります。

同じものを好きということは、二人はとても似ているということであり、相性が合うということです。

そんな二人が運命の人同士である確率は高いですよ。

好きな食べ物が同じということも多いかもしれません。

そして、それはとても重要なことなのです。

なぜなら、デート中にどこで何を食べるかを決める際に意見が分かれずに済むからです。

「本当は○○が食べたかったのに」などと思う必要もありませんよね。

このように、食べ物の好みが似ているのは重要なことなのですよ。

逆に好きな物が全然違うと、一緒に同じものを楽しむことができないので、不満が出てきたり少し物足りなく思えるかもしれません。

ですから、好きな物が同じということは運命の人を探す上で重要になります。

運命の人かどうか見極める方法

それではここから、相手が運命の人かどうか見極める方法についてご紹介していきますね。

運命の人とは言ってもどんな人なの?と思っている人も少なくないはずです。

そんな人たちのために詳しく説明していきます。

一緒にいると居心地がいい

運命の人とは一緒にいると、とても居心地がいいものです。

お互いに気を使わなくて済みますし、一緒にいるだけで空気のような感覚もあることでしょう。

長く一緒にいたとしても、全く疲れないのです。

「そんな人なかなかいないでしょ」と思う人もいるかもしれません。

しかし、運命の人に出会えばその感覚が分かるはずです。

「この人といると落ち着くな」と感じるならば、運命の人という可能性が高いですよ。

なぜかと言えば、お互いが発している周波数が似ているからです。

周波数が似ているということは一緒にいてとても楽なことを表します。

もっと言えば、家族や兄弟のような感覚かもしれませんね。

もちろん、付き合い始めはお互い緊張もするでしょうが、慣れてくるとそのような感覚になるわけです。

家族や兄弟のような居心地のよさを味わえる人は運命の人に間違いないのではないでしょうか。

無理に会話をしなくても落ち着いて入れる

運命の人と会話するときに、無理に会話を続けようとしなくても疲れずに落ち着いていることができます。

普通は沈黙が続くと居心地が悪くなってしまいますが、運命の人とはそのようなことはありません。

これは重要なことですよね。

一緒にいてなんだか疲れるという人とは会話が途切れたら「何か話さないと」と考えるので疲れてしまいます。

それでは長くは一緒にいられないですよね。

無理に会話を続けようとせず、沈黙が長くなってもお互いに気にしない、そんな関係は運命の関係とも言えるでしょう。

素の自分が出せるかどうか

素の自分が出せるかどうかも大切です。

自然体で飾らない素の自分。

それが出せる相手なら、運命の人という可能性が高いでしょう。

逆に言うと、素の自分を出せない人とは疲れてしまいどこかで続かなくなります。

続かなくなるということは運命ではなかったということなのですよ。

「そんなの残念だ」と思う人もいるかもしれませんが、それは仕方のないことなのです。

自然体でいられない相手とは続けることは難しいからですよ。

例えばあなたは本当は元気で明るくよく話す人だとします。

しかし、素が出せない相手だと偽りの自分を演じ続けねばなりません。

とても大人しくて口数が少ない人を演じなければいけないのです。

それはあなたにとってとても苦痛なことではないでしょうか。

少しの時間なら大丈夫でも、何時間も、何日もとなると厳しいですよね。

このように自分の素が出せない相手とは続きませんし、運命の人でもありません。

本当の運命の人なら、自分の素が出せて自然体で過ごすことができるのですよ。

運命の人と出会うと浮気をしようとする気さえ起きなくなる

本当に運命の人と出会えば、浮気をしようとする気もなくなり、その人一人だけで十分満たされるのです。

逆を言えば、浮気をするのではその相手は運命の人とは呼べないのでしょうね。

運命の人は「この人さえいれば、もう何もいらない」というような、感覚にしてくれます。

それはとても満ち足りて、心地のいい状態です。

そんな状態を与えてくれる運命の人が一人いれば十分なわけですね。

また、それまで浮気ばかりしていた人も運命の人が表れた途端に、浮気をしなくなったという例も多々あります。

もう浮気をする必要がなくなったと潜在的に感じたのでしょう。

初めて会ったのに初めての気がしない

「前にどこかで会ったことある?」と感じる人はまさに運命の人の可能性が高いです。

なんとなく、始めて会った感じがしないのです。

懐かしいような不思議な感覚になります。

そんな風に思えるのはその人が運命の人だからかもしれませんよ。

将来一緒にいるイメージが湧く

その人と一緒に過ごしていて、「この人となら将来も一緒にいれそう」と思えるならば、運命の人という可能性が高いでしょう。

例えば将来はこの人と結婚して子供を何人作って・・・ということが素直に考えられる相手であれば運命の相手という可能性が高いのです。

そしてその通りになっていくことでしょう。

逆に「この人のことは好きだけれど、将来は無理」と思うならば、それは運命とは呼ばないのです。

この先、一緒にいるイメージが涌く相手は運命の人と言えますよ。

運命の人とは偶然が重なる

運命の人とは偶然が重なることがあります。

例えば、お見合いパーティで出会った二人。

その日はカップルにならなかったけれど、次のパーティにも二人同時に行っていたということもあります。

そして、その後結婚するという流れです。

これは偶然にもパーティで二度会うということが二人の運命を表しています。

運命の人に出会う前の前兆とは?

では、運命の人に出会う前に前兆などはあるのでしょうか。

それがわかればあなたも「もしかして」と構えることができますよね。

「ぜひ知りたい!」という声も聞こえそうです。

それでは詳しく説明していきますね。

何か大切なものを失う

あなたの何か大切なものを失ったときはその前兆と言えるでしょう。

例えば、大切な元彼からもらった指輪を無くした、などです。

これは大切だった元彼への思いを断ち切り、新しい人が現れるという意味を指します。

「失う」と「入ってくる」と聞きますが、本当にそうなのです。

お金も、使うと入ってくると聞きますが、それと似たような原理ですね。

大切なものを失うととても悲しい気持ちになるかもしれませんが、それは大切な何かが次にやってくるためのことと思ってみてくださいね。

最近会っていない人からの連絡

最近ぜんぜん会っていなかった友達から連絡が来たりするとそれは運命の人に出会うサインかもしれませんよ。

「久しぶり。どうしたの?」と話した数日後にその友達が男性を連れてきて、その人と交際に発展するなどということもあるのです。

このように、今までとは違った変化があるときは前兆かもしれませんよ。

最近会っていない人からなにかお誘いを受けたときには迷わずにそのお誘いを受けてくださいね。

チャンスを逃してはいけませんよ。

何か夢中になるものを見つけた時

今までは夢中になれるものなんてなかった・・・そんな人が夢中になれるものを見つけたときは前兆かもしれません。

例えば文章を書くことにすごく夢中になれるようになったり、本を読むことに夢中になったり、またはおしゃれに夢中になることもあるでしょう。

このような場合は前兆と言えるかもしれません。

夢中になっているうちにいつのまにかそばに運命の人がいたなどということも考えられますよね。

意識がその夢中になれるものに向かっているので知らず知らずのうちに運命の人がよってきているのかもしれません。

最後に

いかがでしたでしょうか。

運命の人について説明してきました。

運命の人は自分から何もしなければ、出会うことができません。

ですので、行動範囲を広げたり服装に気を付けたり行動を起こしてみてくださいね。

それをしたからといってすぐに見つかるかどうかは分かりませんが、何もしないよりは運命の人に近づけるはずです。

自分から動かない人に運命の人はやってこないかもしれません。

ぜひ、自分からどんどん動いていってくださいね。

あなたが頑張っていれば運命の人は意外と近くで見つかるかもしれませんよ。

運命の人は見つけようと思って見つけるものではない

自分からいろいろしても、見つけられないときもあります。

残念ですが、タイミングが大切なのも事実なのです。

つまり何も行動していなくても見つかることもありますし、何か行動しても見つからないこともあるのです。

「じゃあ行動を起こすのは意味がないじゃないか」と思う人もいるでしょう。

しかしやはり、行動を起こした方が見つかる確率としては何もしていないよりは少しでも高くなるはずです。

あまり見つけよう見つけようと意識しすぎずに自然体で行動しているのが大切かもしれませんね。

「見つかったらラッキーだな」と思いながら、楽しんで行動を起こしていってくださいね。