八方美人…字面をみると、非の打ちどころのない美人ってことで褒め言葉にもに思えますが、実際は皮肉めいた言葉ですよね。

“四方八方どこから見ても完璧である”という意味が転じて、そういう“振る舞い”をする人に使われるようになったそうですが…八方美人の意味としては、“誰からも悪く思われないように、要領よく人付き合いをする人”。

皆さんご存じだと思いますが、人に言うのは悪口になってしまいますので、気をつけましょうね。

でも、人には誰にでも、八方美人なところってあるように思います。

少なからず筆者の私にはありますよ。

「人に嫌われたくない」とか、「誰からも好かれたい」って願望がゼロって言ったらウソになります。

でも、そんな思いが強すぎると、「あの人八方美人だよね」なんて言われて逆に嫌われちゃうんですよね。

️八方美人の特徴17個!

嫌われたくないのに嫌われちゃう…
今回は、そんな八方美人な人について、その特徴やデメリットをまとめてみました。

人に悪く思われたくなくてしている行動や言動が、周囲には良い印象に映っていないのかもしれません。

自分の思いとは裏腹に、避けられる原因になっている可能性もあるのかも!?
一度自分の行動や言動を振り返って、自分の八方美人具合を確認してみましょう!
自分でも気づかないうちに、周囲から「八方美人」というレッテルを貼られているかもしれませんよ?

良い人でありたいがゆえの八方美人には、どんな特徴があるのでしょうか。

自分と見比べながら、その特徴を見ていきましょう!

常に笑顔


八方美人の人は、いつでも笑顔!誰に対しても笑顔を絶やさないという特徴があるようですね。

人との接し方において、常に笑顔でいるのって基本でもあります。

それが感じの良い態度だし、「笑顔でいることは大事」ってよく言われますよね?

それなのに感じよく受け取られなかったりするのが、八方美人。

…それは、状況とアクションが一致していないのが原因なのかもしれません。

どう考えても辛い状況に見えるのに満面の笑顔だったり。

そんなに楽しいか?って思えるようなことでも…とっても楽しそうに笑顔を作っていたり。

周囲から見て、「いやいや絶対ウソでしょ」と思えるような状況でも笑顔でいると、ある意味怖かったりもします。

きっと、八方美人の笑顔には、周囲から見て違和感がある時があるのでしょう。

そのため、「笑顔しか見たことない」というような人は、「笑顔を振り撒いて、誰からも好かれたい人なのね」…つまり、八方美人な人だと言われてしまうんです。

他人の意見に賛同する

いつでも他人の意見に賛同し、Noと言わない…というのも、八方美人な人の特徴のひとつ。

極度に人に嫌われることを怖れていると、人の意見に対して反対意見なんて言えないですよね…それが、八方美人の心理なのでしょう。

もちろん人は、意見に賛同してもらえた方が嬉しいし、賛同してくれる人は自分の仲間だとも認識します。

ただし、それが本心だった場合です。

八方美人の人の笑顔に違和感があるように、いつでもだれの意見にでも賛同している人は、本心がまるで見えません。

周囲から見ると、「あなたの意見はないの?」って思ってしまうものです。

八方美人の人は結局、“意見”に賛同するのではなく、嫌われたくないがために賛同していることになります。

だとしたら、ちょっと論点がズレていますよね?
その人の意見はどうでもよくて、嫌われたくないのが目的ということ。

人は、自分の“意見”に賛同してもらえたら嬉しいのであって、無条件に賛同してもらいわけではありません。

物腰が柔らか


物腰が柔らかく、人当たりがいいのも八方美人。

もちろんツンケンしているよりは、物腰が柔らかい方がいいし、人当たりがいい人とは付き合いやすいですよね。

決して悪い特徴では無いのですが…八方美人の人はやっぱりそこに、「嫌われたくない」とか「悪く思われたくない」という気持ちが透けて見えてしまうのでしょう。

自分を良く見せようという気持ちが見え隠れしていると、周囲の人は、その物腰の柔らかさにさえも、違和感を持ってしまいます。

きっと、“物腰がやわらかい人”を演じきれていないのでしょうね。

本当に物腰が柔らかい人は、もともとそういう性質を持っているのであって、「人にどう思われるか」や、人の目を気にする素振りはありません。

八方美人の人には、焦りや不安があるのでしょう。

その気持ちが周囲にバレてしまっているのです。

誰にでも優しい

また、誰にでも優しいのも八方美人の特徴になりますよね。

嫌われたくないし、良く思われたいのだから、当然誰にでも優しくするはずです。

いつも笑顔でいるのと同じですよね。

でも、いつも優しい人って、周囲から見て逆に不思議だったりもするんです。

「優しさ以外の感情ないの?」って。

人にはいろんな感情があるはずなのに、それが全く見えてこない。

となると、やっぱり「本心が見えない人」ってなってしまいます。

確かに、優しいに越したことは無いんだけれど…優しさのみじゃ信用出来ないのが人間なんです。

「絶対に隠してる!」って思ってしまうもの。

これでは、表面的には良好な関係が築けても、深い信頼関係は生まれません。

争いを嫌う平和主義者

八方美人の人は、もちろん争いも好みません。

自分から仕掛けるようなことはもっての外だし、仕掛けられてもそこはイエスマン。

相手の意見に同調するので、争いに発展することはありません。

これももちろん、いつも人とぶつかってばかりじゃ気性の荒い人って言われちゃうし、平和主義者が悪いわけではありません。

でもやっぱり…人と心から分かり合う為には、時に争うことも必要なんですよね。

お互いに意見をぶつけ合ってこそ、仲が深まるときだってあるんです。

その点、徹底的に争いを避ける八方美人の人は、周囲からすると「自分の意見ってないの?」とも思えるし、「熱くなることってないの?」とも感じて、なんだかバカにされたような気さえしてしまいます。

それに争うのって、面倒くさいし疲れることでもありますよね。

それを避けて平和主義者を名乗られることに、周囲は納得がいかない気持ちもあるのかも。

結局、“自分の身を守ることだけに徹している”のが八方美人なんです。

みんなに好かれる

みんなに好かれているというのも、八方美人の特徴ですよね。

いつも笑顔だし、人当たりもいいということは、誰にでも好かれる人の特徴でもありますから、みんなに好かれているのも当然です。

ただ、一見誰とでも仲が良く、好かれていそうに見えても、実は心を許していないのが八方美人な人だったりします。

自分も心を許していないし、周囲も表面上の付き合いだけで、心までは許していません。

八方美人の場合は、みんなに好かれているように“みえる”だけだったり。

誰とでも仲良く出来るのは長所でもありますが、その反面深い付き合いを出来る人がいないというのは短所にもなります。

みんなに好かれていても、本当に困った時に相談できる人がいなかったり、助けてくれる人がいないのなら、八方美人だからかもしれません。

先生や先輩からの評判がいい

みんなに好かれるというのと同じで、先生や先輩からの評判がいいのも八方美人。

誰とでも仲良く出来て、人当たりもいい。

そういう人は、通信簿のコメント欄も評価が良かったりするでしょう。

また、先輩に可愛がられやすいのも、特徴です。

上司や先輩から評判が良いのは、やっぱりイエスマンだから。

目上の人の、支配欲を存分に満たしてあげられるんですよね。

気に入られて当然です。

お互いに気持ち良くなれる、持ちつ持たれつの関係。

上昇志向のある人は、こんな手を使うのもひとつ。

それが、世渡り上手と言われたりもします。

ただ、そのぶん同僚たちからは嫌われやすい。

「結局自分の為にやってるんでしょ」って思われちゃうのが、八方美人な人なんです。

気配りができる

そして当然、八方美人の人は気配りも忘れません。

周囲にやたら気配りをしてくる人がいたら、それは八方美人な人かもしれませんね。

気配りは、人に良い印象を植え付ける一番の近道です。

もちろん、八方美人の人はそれをよく理解しているのでしょう。

気配りできる人は好かれる人でもありますし、「気配りができるね」っていうのは、褒め言葉でもありますよね。

でもやっぱり、それが過剰だと印象はマイナスになっていきます。

わざわざ自分の身を削ってまで気持ちを配って…「そんなに気に入られたいの?」って思われることも。

さらっと、気が利く行動が出来る人は好かれるんだけど、わざわざ気を配ってまわるのは、受け取る側としても重かったりもします。

結局アピールに映っちゃうんですよね。

筆者もあまり気を配ってくる人とは仲良く出来ません。

こっちも気を配らなきゃならないような気がして疲れちゃいます。

八方美人な人との付き合いは、気を配ってくれているわりに、疲れてしまったりするものです。

気を配っているんだか、逆に気を使われているんだか…それが、八方美人な人なんです。

その場の雰囲気を壊さない

その場の雰囲気を壊さないのも八方美人で、平和主義者であるのとも繋がる特徴ですよね。

また、先生や先輩に気に入られやすいのも、いつも雰囲気を壊さないように振る舞うからでしょう。

雰囲気にもイエスマンであると言えますよね。

雰囲気を壊すような行動をすれば悪目立ちしてしまいますので、八方美人な人としては当然の行動です。

でも、そのぶん自分の主張がない人とも言えますので、もしみんなで悪いことをしようという雰囲気になっていても、それを止めることなく流されてしまうでしょう。

例えば、みんなで学校をさぼろうとか…そういったことも、嫌でも自分だけ別の行動はとれません。

そのうえ、それがバレて先生に怒られるような状況で、自分だけ上手くその難を逃れてしまえるのも、八方美人と言えます。

日ごろから先生に気に入られていることで、悪いことをしたのは周囲に唆されただけってことで許されちゃったりするはずです。

こんな部分も、八方美人が嫌われてしまう理由だったりするでしょう。

怒らない

八方美人な人は、いつも笑顔で優しい…つまり怒らない。

これも特徴ですよね。

いつも怒ってばかりの人も困りものですが、全く怒らないのも問題。

周囲から見れば、感情が見えなくて逆に怖いんです。

掴みどころがないし、何を考えている人なのか分からないと思ってしまいます。

それが八方美人だと判明すれば、「なるほどね」ってなると思いますが、そう気づくまでは不思議な人と見られている可能性が高いです。

筆者の以前の職場でも、いつも物腰が柔らかくてイエスマン。

感情が露わになったところを見たことがなくて、嫌いな人もいないという…掴みどころのない子がいました。

その子の場合は、八方美人ではなくて、大人しい性格で主張が苦手なだけだったんですが…
それもせっせと色々質問してようやく、つかめた感じ。

やっぱり感情を見せない人って、謎なんです。

怒らなくても、何だか怖い…それが、八方美人な人なのです。

我慢強い

八方美人な人は、我慢強いのも特徴のようですね。

いつも笑顔でいられるし、どんな時でも怒らない!それを貫き通せるってことは、相当な我慢強さの持ち主です。

人は誰だって、嫌われるのは嫌だし、良く思われるのならそのほうがいい。

でも、押えきれない感情が噴き出す瞬間ってあるし、それが人間らしさと言うものです。

そんな人間としての当たり前の感情すら押えてしまえるような人は、同じ人間として理解が出来ないというのが、周囲の人の意見。

だから、謎だし怖くも感じてしまうんです。

我慢強さは確かに必要で、長所なんだけど…少しは人間らしさも見せてくれませんか?って思われているのが、八方美人な人なのでしょう。

ちょっとした嘘が得意

ちょっとした嘘が得意なのも、八方美人。

イエスマンなのも、いつでも笑顔を作れるのも、誰にでも優しいのも…ある意味全部嘘をついていると言えますよね。

本当の自分の意見を押え、人に良く思われたいという感情を隠し、良い自分を演出しているというのは、人に嘘をついていることにもなります。

全ては、悪く思われないための行動なので、相手に悪く思われるくらいなら嘘をつく。

それが相手の為にならないことでも、嘘で誤魔化す。

人に「これってどう思う?」と何かを聞かれても、「いいと思う!」と賛同しかしないし、指摘した方がいいようなことでも、自分が嫌われないことが優先。

たとえそれが今後の相手の為になるようなことであっても、今、目の前で一瞬でも傷つくなら言わない。

それが、八方美人のやり方だったりします。

結局相手の為じゃなく、自分の為なんですよね。

他人の表情を気にする

八方美人の人は、他人の表情を気にしているのも特徴として挙げられますよね。

もちろん、人に悪く思われないようにしているので、不快にさせていないか、良く思われているか…それを常に気にしている事でしょう。

人の表情が曇ることに敏感だし、ちょっとでも気になる態度を相手が見せたら、すぐに「ごめんね」とやたら謝ってきたりもするでしょう。

少しでも嫌われることが嫌で、とっても臆病な一面を持っていると言えます。

それに、相手の表情を見るとともに、実際に確認してくることも多い気がします。

「今の気に障った?」とか「機嫌悪くなってない?」とか、自分の感情は見せないけど、相手の気持ちの確認をしつこくして来たり…
人がどう思っているか気になって仕方ないのが、八方美人なんです。

すぐ謝れる

先ほども触れたように、八方美人の人はすぐに謝っちゃう。

これも特徴的な行動だと思います。

とにかく相手の機嫌が気になってしまうので、理由がわからなくても「なんか、ごめんね」なんて謝ったり。

相手が「え?」ってなっても、「なんか機嫌が悪かったのかなぁ」なんて言ったりして、自分が悪くなくても謝っちゃったりします。

これだと逆に相手の方が、「なんか感じ悪かったんだ。

ごめん」って気を使いますし、悪くもないのに謝ってこられると、「っていうか、なんであなたが謝るの?」って、かえって不快だったりします。

「謝ってるけど、実際は自分が悪いなんてこれっぽっちも思ってないよね?」って、思われてしまうのが普通です。

訳もなく相手の機嫌が悪そうだったら、逆に怒ったっていいんだし、声をかけるなら、ごめんねじゃなくて「どうしたの?」でいいはずです。

あまりに自分を守りたい気持ちが見え見えだと、かえって逆上させてしまうことも。

自分が悪くもないのに謝るなんて、ちょっとやりすぎです。

誘いには喜んで乗る

誘いには喜んで乗る♪というのも、八方美人の特徴。

みんなに好かれたいのだから、もちろん誘ってもらえるのは嬉しい!
誘われることで、好かれている実感も持てますし、さらにみんなと仲良くすることが出来ますね。

これに嫌な印象を持つ人は居ないと思いますし、誘っているのだから乗って欲しいとも思っているでしょう。

誰かに嫌な気持ちをさせることもないし、win-winになれそうな良い特徴と言えます♪

ただもしかしたら、「八方美人で誘えば断れない人だから」…と、人数合わせに誘われている場合もあるかもしれませんね。

普段から表面上の付き合いをしている八方美人は、都合よく使われる存在になってしまっているかも…。

困っている人を助けたがる

八方美人は気配り上手なだけに、困っている人を助けたがる性質もあるようですね。

人が困っていたら、気配りを発揮するチャンスでもあります。

ここぞとばかりに、八方美人ぶりを出してしまうのかもしれません。

失恋したての人に優しくして、あわよくばものにしてしまおうっていう心理と同じ状況ですよね。

落ち込んでいる時や、困っている時に助けてくれる人は、天使のように見えちゃいますし、実際助かる!
それなのにもし、八方美人だと思われてしまうとしたら…気にかけているよ!というアピールが過ぎるのかもしれません。

「大丈夫?どうしたの?」と優しく声をかけてきてくれる割には、難しいことや解決できない内容だと、さーっと引いていってしまったり。

だけど、いつまでも声だけはかけてくる。

気にはかけてくれるけど、実際に何かをしてくれるわけじゃない。

そんなところから、「結局、助けてくれるの?くれないの?」って思われちゃうのかもしれませんね。

頼まれごとをされやすい

頼まれごとをされやすいというのも、八方美人の人の定め。

頼まれたら断れない事を分かっていて、嫌でも引き受けてくれることを分かっていて、周囲の人に、都合よく使われちゃうところがあるんですよね。

「あの人八方美人だから、なんでもやってくれるよ」なんて、八方美人に対する嫌がらせのようなこともあったりするのかも。

そんな風に思われていたら、悲しくなっちゃいますが…
それも、自分の八方美人さが招いた結果とも言えます。

そうやって、自分の首を絞めてしまっているとしたら、もう要領よく人付き合いが出来ているとは言えないですけどね…。

️八方美人のデメリットとは

ここまで、八方美人の特徴を見てきましたが、みなさんご自身はいかがでしたか?
特徴を見てもわかるように、どれもこれも一見性格の良い人の特徴でもあるんですよね。

もちろん、そのような立ち居振る舞いをしているのだから、当然と言えば当然。

しかし、特徴と共に説明してきたように、周囲は性格の良い人とは思わず、八方美人だと思っていることが多いということ。

そして、嫌われたり都合よく使われたりしてしまう結果になっているんです。

八方美人の最大のデメリットは、「自分の思いとは裏腹に嫌われていること」だと筆者は思いますが、それ以外にも沢山のデメリットがありそうです。

ここからは、八方美人のデメリットにスポットを当てて、お伝えしていきます。

「八方美人」と思われる

まずは、「八方美人」と思われること。

八方美人は褒め言葉じゃなく、悪口です。

これまでにも解説してきましたが、誰にでも好かれようと必死に頑張って行動しているはずなのに、そうはなっていないということです。

もちろん、特定の人には好かれもしますが、逆に強い嫌悪感を抱いている人もいるということです。

八方美人の人の願いは、“誰にでも”悪く思われない事ですが、「八方美人」と思われているということは、結局、自分の行動によって、悪く思っている人も生んでいるということになります。

親友ができにくい

そして、誰にでも同じ態度で接するぶん、誰とも打ち解けられないのも八方美人。

要領よく付き合うことは出来ても、心を許して付き合える親友が出来にくいんです。

人付き合いは多くても、全部表面上の付き合いになってしまうんですね。

普段はそれでよくても、困った時、誰かに頼りたい時に…誰もいない。

そんな親友が出来ないというのも、デメリットですよね。

嘘を重ねて動きづらくなる

八方美人の特徴としても挙げた“嘘をつく”ということ。

そんな嘘を重ねたことで、自分の首を絞め動きづらくなることもデメリットです。

あっちにもこっちにも良い顔をして、それぞれに嘘をついて、その場その場の人間関係を取り繕っていると、いつかその嘘がばれた時に痛い目をみます。

筆者もひとつ、そんな人が居たことを思い出しました。

私と敵対する立場の人との間に立って、それぞれどちらにも賛同し、それぞれで相手側の良くない情報を流していた人がいたんです。

それぞれの相談に乗る振りをして、自分はどちらにも好かれる状況を作っていたんですよね。

筆者は、陰口をそのままにしない性分で…陰で言っていたことも、いつかは直接本人にぶつけます。

その結果、間に居た人が言っていたことの食い違いに気づいたんです。

むしろ煽るようなことを言われていたりも。

最終的には、その人がまた嘘をつかないよう3人で話すことに。

3人で話すことを拒絶してはいましたし、逃げようとしたりも…。

往生際の悪さは今でも印象に残っています。

自分の首を絞めた、分かりやすい例が身近にありました。

個性がなくなりがち

個性がなくなってしまうのも、八方美人のデメリット!
誰にでも賛同してしまう八方美人は、自分の意見や主張がない人に映ります。

広く浅く、感じの良さそうな人には見られても、個性が無いと印象にも残りません。

嫌われることが無いとしても、スポットを浴びることも無さそう。

「この仕事なら、あの人が得意だから任せよう」とか「そういうことなら、あの子に相談してみたら?」というような時に、思い出されることがない。

それってなんだかさみしいですよね?都合よく使われるだけでいいんでしょうか?

本当の自分が分からない

また、周囲から個性がないと見られると同時に、自分でも本当の自分がわからなくなっているのかも!?
自分の主張をせず人にあわせてばかり、感情を見せずいつでも笑顔。

そんなことを続けていたら、自分を見失ってしまうかもしれません。

悪く思われないように…と言うことだけに囚われて、本当の自分の感情を無くしてしまったら?周囲にとっても、自分にとっても、本当に何を考えているか分からない人になってしまいます。

本音で話せなくなる

八方美人を演じ続けていると、自分の本音を出す機会も失っていきますよね。

本当は抱えている気持ちがあっても誰にも理解されないし、完璧な自分を演じ続けなければならないので、弱みを見せることも出来ません。

また、本音をいって、相手を困らせるようなことも出来ないんですよね。

「本音を言ったら嫌われる」って思いがあるのでしょうけど、それを続けていたら心がこわれてしまうかもしれません。

自分の意思が言えなくなる

また、本音が出せないのと同じで、自分の意思も言えなくなります。

人は、自分の意思があって当然なのに、自分の意思を表に出す方法も、わからなくなってしまうのかもしれませんね。

自分の意思を隠し、嘘の気持ちで相手に賛同しているうちに、自分の意思すら無くしてしまっているのだとしたら…自分にとってメリットなんてないし、むしろ心に大きなダメージを負っている可能性も…

自分の評価が気になって仕方ない

自分の評価が気になって仕方ないという、デメリットもありますよね。

人は多少なりとも、他人からどう見られているかは気になるモノです。

でも、必要以上に自分の評価が気になって仕方ないのが八方美人。

常に、悪く思われていないかどうかが気になって、怯えているのかもしれませんね。

また、気にしすぎるあまり、身動きもとれなくなってしまうかも。

怖くて何も発言できなかったり、行動出来なかったり…
これだと、仕事や生活にも支障が出てきちゃいます。

本気で心配してもらえない

八方美人は表面的な付き合いになりがちなので、何かあった時に本気で心配してくれる人がいないのも、デメリットですよね。

いつも自分は、周囲を気にかけているし、気を配っているはずなのに…それが、自分に返ってこないんです。

それはやっぱり八方美人だから。

自分は周囲が困っている時に助けてあげていたつもりでも、心配からきた行動じゃないことが伝わってしまっているのでしょう。

その結果が、本気で心配してもらえないことに繋がっていきます。

心配する“ふり”くらいはしてくれても、本気で心配してくれる人はいないのです。

断れなくて利用されやすい

八方美人だと、断れない。

結果利用されるというのもデメリット。

周りの人も分かっていて、都合よく八方美人を使うんです。

「誰かの役にたてることなら」と、引き受けてしまうかもしれませんが…都合よく利用されることに納得出来るんでしょうか?
利用されているのなら、相手も特に何も考えていないということ。

頼まれごとを引き受けたからと言って、相手に良い印象が残るわけでもありません。

結局、メリットはひとつも無いということですよね。

やめたくてもやめられない

八方美人ゆえに、自分で自分の首を絞めている事もわかっている。

八方美人が嫌われるのもわかっている。

なのに、やめたくてもやめられなくなる!のも、デメリットですよね。

もう、八方美人でいることが癖になっていて、いつでも笑顔がでちゃう。

怒りも、感じることすらほとんどない。

意思や主張の出し方もわからない。

自分をコントロールしすぎて、元に戻せなくなってしまうんです。

感情を失ったままで、意思を失ったままでは、必ず心が悲鳴をあげます。

八方美人を演じてきた代償は、大きいかもしれませんよ。

️八方美人はやめたほうがいいかも

八方美人…その気持ちもわからなくはありません。

それに、本来性格の良い人を演じているのに、どうしてこんなにも嫌われてしまうのか…と同情する気持ちもあります。

人に害を与えるようなことはしていなくても、嫌われてしまう。

それはやっぱり、自分を守りたいがゆえの行動だからなのでしょうね。

人に親切にするのも、賛同するのも自分の為。

それを周りの人も感じて、結局は嫌な気持ちにさせてしまっているんです。

行動に気持ちが伴っていないのって、周りの人は敏感に感じるものです。

いくら表面的には行動を起こしてくれていても、相手には違和感にしかなりません。

八方美人が上手く行っているときは良くても、きっといつか辻褄が合わなくなって、生きづらさを感じてくるはずです。

結局、八方美人は意味が無いことになる気がします。

案外やめてみたほうが、人との関係際は良くなるかも。

自分が臆病になっているだけかもしれませんよ?

もし、自分が八方美人だと気付いたのなら…やめてみませんか?