一人っ子にはどのような特徴があるのでしょうか。

ここでは最終的には、その性格が世界共通なのかどうかまで探ることにしたいと思います。

その前に日本の一人っ子はどのくらいいるのでしょうか。

ニュースで話題として頻繁に取り上げられる合計特殊出生率とは、結婚をしていない人、結婚しても子どもを作らなかった人もデータに含むため、少し実態とはかい離があります。

もう少し正確な子供を作った夫婦に限って、彼らが最終的に何人子どもを生んだのかというデータがあります。

国立社会保障・人口問題研究所の行っている出生動向調査(2015年)の中にある完結出生児数です。

これによると子どもの数はは1.94人となっています。

2010年の調査で初めて2人を下回る1.96人となり、今回はさらに下がっっています。

もう少し1.94人について詳しく見ていきます。

すると2人以上の子供を産んだ夫婦は全体の54.1%となっています。

これに対し子ども1人だけという夫婦は18.6%でした。

この数字は2010年調査の15.9%からかなり上昇しています。

さらにさかのぼって2005年のデータを見ると11.9%でした。

つまり一人っ子の比率は2005年までの長い間10%前後だったのが、この10年で急速に増加しているということがわかります。

これからますます多くなるのでしょうか?どうもその可能性は高そうです。

こうした中、一人っ子の傾向と対策について、予め分析しておくことは有意義なことに間違いありません。

️今回は一人っ子の性格について学ぼう!

一人っ子の性格は、比較的明確でわかりやすいと思われています。

そのイメージの多くは男の子のそれに依っているように思えます。

男の一人っ子に限れば全体の5~10%のはずです。

絶対数はそれほど多くありません。

その割に一人っ子の男子は世間には特に強い印象を与えていると言ってよいでしょう。

その理由はなぜでしょうか?女児の場合は甘えているととられやすいから?それらの疑問も含め、これからいろいろ探っていきましょう。

️一人っ子の性格、21個の特徴!


筆者の学生時代には、一人っ子は2010年以降の最新データよりさらにに少なかったはずです。

記憶をたどってみると、確かに少数だったと思いますが、やはりその存在はよく目に付きました。

何しろ性格が鋭角で、とてもわかりやすかったのです。

今でも一人っ子たちにはとんがった性格がつきまとっているのでしょうか。

一人っ子イコールわがままいっぱいに育った人というイメージでいいのでしょうか。

そして本当に一人っ子の性格は共通点が多く、バリエーションを欠いているのでしょうか。

これらもまた興味深い点です。

連想されるイメージを一つ一つ検証していきましょう。

我慢ができない

一人っ子にはあまり我慢強いイメージはありません。

たった一人の子供に対し、どうしても両親は甘くなってしまいがちです。

プラス父方、母方4人の祖父母が競うように甘やかした日にはどうなるでしょう。

一人っ子は、世界は自分のためにある、と思いようになるに違いありません。

おとなりの中国は、2015年まで続いた一人っ子政策のため、圧倒的に一人っ子の多い社会です。

実際に中国の"富二代"と呼ばれる金持ちの一人っ子たちは、そのように育ちました。

不始末をしでかしてもみんな権力者の親が始末をしてくれます。

そのため子どもはいつまでたっても親のペットにすぎません。

彼らの出来の悪さは想像を絶しています。

その将来はすでに絶望的です。

周りの顔色を伺う


一人っ子は兄弟と競う必要がありません。

つまり寵愛争いをしなくてもいいわけですから、これは大きな心の余裕につながります。

しかしその分、ライバルを念頭に頭を働かせたり、実際に行動で試したり、という人生最初の社会経験を積むことができません。

周囲の顔色さえうかがっておけば、そう大きな間違いは起こらない平和な環境です。

何らかの決断を迫られる場面もほとんど生じません。

兄弟のいる家庭より社会性を学習する機会の少ないのは明らかです。

一人遊びが得意

一人っ子は遊びも一人でやることが多くなります。

TVゲームなどにはまりやすいのは一人っ子の方が多いのではないでしょうか。

一人で何事も完結している子どもは、周囲にあまり手間はとらせません。

しかしチームプレーで物事を成し遂げることは苦手となっていることでしょう。

斜にかまえて作業の進行状況を見つめているイメージです。

将来職業を選ぶときにはこのことを考慮した方ほうが良さそうです。

一人っ子には独立して生計を立てられる職が理想的でしょう。

高いレベルでいえば医者や弁護士などです。

マイペース

一人っ子はマイペースを守る印象があります。

しかしだからといって集中力に優れ、良い仕事をするとは必ずしも限りません。

家庭では何ごとにおいても邪魔の入ることが少ない環境だっため、他人の干渉やアドバイスを受け入れられないのかも知れません。

ただ人をはねつけているだけ、という気もします。

実際に気が散りやすい一人っ子もよく見かけるからです。

マイペースを守ることだけでは、柔軟性、協調性を書くという評価になりかねません。

集中力をも高めたいものです。

頑張り屋さん

一人っ子には、あまり邪魔が入らないため、始めたことは最後まで完結する、つまり自分だけのプロジェクトを成し遂げたという経験は多いのかもしれません。

その過程が傍目には、集中してよく頑張っている、と映るのだと思います。

大いに結構なことですが、一人っ子の課題はやはり他人とのかかわりです。

一人プロジェクトの完遂だけでは社会性が身に付いていきません。

この部分の経験不足は、人格形成に何らかの影響を与えずにはおかないはずです。

落ち着いている

一人っ子は比較的落ち着いているように見えるのことがあります。

おそらく気のせいではではないでしょう。

一人っ子には、愛情はだまっていても山のように降りかかってきます。

争う必要はどこにもなく、精神的なゆとりがありました。

落ち着いて見えるのはそのせいでしょう。

しかし本当に同年代の子どもたちに比べ、落ち着いているのかどうかはわかりません。

他人の感情に鈍くなって、固まっているだけの可能性もあります。

これを確かめるには、子どもたち同士で遊ぶ機会を作ってあげることが大切です。

それ以外に、一人っ子が本当に落ち着いているのかどうか、確かめるすべはなさそうです。

大人と対等に話せる

一人っ子は家に帰ってくると、もう同年代の子どもと話す機会はなくなってしまいま。

大人とばかり話すことになり、そうした状況には場なれしているといえます。

そうかといって大人になったわけではありません。

一番心配されることは、一人っ子が知らず知らずのうちに、"大人好みの子ども″を演じてしまうことです。

相手の意を汲むことばかりしていては、早いうちから純心さが枯渇してしまうかもしれません。

一度こういうくせがついてしまうと大変です。

演技ばかり続ける偽りの人生になってしまいかねません。

大人たちはよく注意して見守るべきでしょう。

満たされてきたので物欲がない

一人っ子には、両親と祖父母などたくさんのポケットとその中のお金があります。

おもちゃレベルを超えないものならたいていは手に入ったことでしょう。

物欲に苦しんだ経験はあまりなさそうです。

その結果、モノに対するこだわりが少なくなっていったと考えられます。

物欲の強くないのはいいとしても、他に夢中になるものを持たなければ、すぐに心が漂流してしまうタイプでしょうから、この点はよく注意しなければなりません。

人と違う金銭感覚

一人っ子は兄弟のいる子より、お小使いの額も多かったことでしょう。

ある中小企業の社長から次のような話を聞いたことがあります。

彼の高校生の三男が、「うちって裕福だったんだな。」としみじみ語ったというのです。

高校生となって初めて世の中の不平等に気が付いた、というところでしょうか。

小学校、中学校のうちはおそらく考えたこともなかったのでしょう。

このケースは金持ちの息子の話です。

しかし経済的に恵まれている点では、一人っ子にも当てはまりそうです。

庶民でありながら庶民とは違う金銭感覚となってしまう危険は、十分にあり得ます。

平和主義

一人っ子は争いの少ない環境で育ってきました。

わがままであっても攻撃的という要素はあまり持っていないようです。

他人の支持や協力を得て、自分のやりたい構想を実現するという政治的な活動も得意ではなさそうです。

挑みかかってくるイメージは薄く、あまり危険性のない一匹狼タイプとでも言えるでしょうか。

ただし闘争心の不足は、将来において重大な欠点ともなり得ます。

このバランスの取り方は難しいところです。

人と張り合わない

一人っ子はあまり他人とは張り合わず、少し斜にかまえ様子を見ている印象があります。

他人のもめごとに介入したり、リーダーシップをとって解決に導く、といった積極的な社会派のイメージはありません。

本来の気質が内向的にできているのでしょう。

他人に気を使っているというのではなく、鷹揚にかまえている感じがします。

他人に対する認識の方法が多少変わっているのかも知れません。

あまり他人を疑ってかかるようなことはなく、騙されやすいという可能性も否定できません。