女性専用車両に乗った事がありますか?女性専用車両に乗ったことで、便利に感じたことやまた逆に不快に感じる事はありませんか?今回はそんな女性専用車両にまつわる賛否両論の意見を詳しく解説していきたいと思います。

もし、あなたが女性専用車両について不思議に思うことがあれば、ぜひこのコラムを読んでいろんな意見があることを理解していただけたら幸いです。

また、女性専用車両について男性側の意見や男性側はどう思っているのかなど、詳しく調べてみましたので、こちらも参考に読んでいただければ双方の意見が分かり、女性専用車両の見方が少し変わるかもしれません。

女性専用車両今まで活用していた人も、これから活用したいと考えている人もぜひたくさんの意見を参考に活用してみてはいかがでしょうか。

️度々議論になる女性専用車両

度々議論になる女性専用車両について、ここからは歴史なども踏まえ少し勉強していきたいと思います。

そもそも、「女性専用車両」とはどのようにできたのでしょうか?まず公共交通機関において、「女性専用」として提供されている車両のことを意味します。

時は遡り1912年(明治45年)東京中央線の朝と夕刻のみ「婦人専用電車」ができたのをきっかけに「女性専用車両」が始まりました。

また1985年以降痴漢などの性犯罪防止を訴えられたことがきっかけで2000年に導入が決定されました。

このように、女性専用車両の歴史は2000年から現在まで、約20年の間に導入されたことがわかります。

この事からも、女性専用車両の歴史はまだまだ浅いと言えるでしょう。

️女性専用車両への賛否両論の意見たち


では、なぜ女性専用車両への賛否両論の意見が出るのでしょうか?それには、今までの暦史と様々な女性達の訴えから、本当に女性専用車両は、利用する人たちにとって本当に平等なのでしょうか?また、「男女差別をしてはいけない!」と訴えている女性たちが、そもそも女性専用車両を作ること自体が差別をしているのではないのか?と言う意見も中には含まれます。

女性専用車両を巡り様々な意見がある中、女性専用車両は、一体どこまで進化を遂げたのでしょうか。

ここからは、賛成派意見と反対派意見に分かれて解説をしていきたいと思います。

仮に、あなたの意見が賛成派の意見だったとしても、逆に反対派の意見があるということを忘れないでくださいね。

️賛成意見

では、女性専用車両について賛成派の意見をまとめていきたいと思います。

女性ならではの視点や、経験、考え方などあなたが女性があれば苦労しているところがあるため、よく理解できることが多いかと思います。

しかし経験のない男性からすれば、全く理解ができないところもあります。

最近では、育児に参加する男性も増え、女性の気持ちを理解できる男性が増えてきたため、女性専用車両についても少しずつ理解されてきているように感じます。

あなたは、独身女性であればきっと子供を持つ親の大変さはなかなか理解しがたいところがあるように感じます。

しかし、子を持つおやであれば子供を連れての満員電車や、妊婦さんの体調等考えれば女性専用車両があることで安心できる女性もたくさんいる事は確かです。

「安心できる」理由


女性専用車両に乗ることで、女性たちはどのような思いや感覚になっているのか。

一番の理由が何より「安心できること」です。

女性は、男性と違い受け身の状態が多いのです。

そのため、痴漢の被害にあった人や満員電車なので嫌な思いをした女性にとっては、電車に乗ることすら恐怖に感じる場合があります。

しかし、会社へ出勤するためのツールとして電車に乗らないと言う選択肢は他にない場合があります。

女性専用車両ができたことで、そういった過去に辛い経験をした女性たちが安心して乗ることができるスペースがある事は、とても彼女達にとっては良いことなのです。

では、さらに詳しく掘り下げてどのような意見があるのか見ていきましょう。

痴漢の被害を受けたことがある

まず一番多い理由としては、痴漢の被害を受けたことがある女性が最も多いと言うことでした。

過去に満員電車や、電車などで痴漢行為を受けたことによって、心の傷が深いものになってしまう・・・。

そんなケースが増えたことも理由の一つです。

密室の中には、たくさんの人もいるため、犯罪は犯しにくいと考えられて来たのですが、大きい声も出せず大きい声を出したところで、痴漢をしてくる犯人に証拠も残しにくいため、弱気な女性は泣き寝入りをしてしまいます。

また痴漢の犯罪歴のある犯人は、あえておとなしそうな女性ばかりを狙い、被害女性が黙って被害を受け続けている、というような犯罪も増えてきています。

こういったことから、声を大にして言えない女性たちのために、女性専用車両が設けられたとしております。

男性恐怖症

過去に男性から、何らかの被害を受けた女性たちが、男性恐怖症のため満員電車に乗れず、泣き寝入りをしているというケースもあります。

心の傷は、見た目にはわからないことが多いため男性恐怖症だと言うことを話しても、あまり理解されないことがあります。

被害を受けた女性本人からすれば、辛い経験をし男性恐怖症になってしまった自分を責めてしまいたいところです。

そんな女性たちにとって、女性専用車両と言う空間は、とても安心できるスペースなのかもしれません。

被害者が、泣き寝入りをしてしまわないように、設けられたスペースですので、ぜひ被害女性や、何らかの理由で男性に恐怖を抱く女性であれば、必ず女性専用車両を使用するようにしてほしいものです。

女性の理解が強い妊娠中

また、もう一つの大きな理由が、妊娠中の女性に対し、満員電車など身動きが取れない状況であれば妊娠後期など危険な場合もあります。

まだまだ、妊娠女性の扱いについて理解しがたい男性も多いかと思いますが、少しの間だけでも「妊婦さんに席を譲ってあげて欲しいな」と思うものです。

妊娠している女性も、なかなか自分から「妊娠していますので、席を譲ってください。」などと言いにくいものです。

また優先座席も満員電車の場合、なかなか優先席にたどり着くことすら難しい場合もあります。

女性専用車両があれば、そういったことも気にせず妊婦さんが、車両にも座れるため妊婦さんにも優しい車両になっていると感じるのではないでしょうか。

やはり、女性目線から考えても女性専用車両はありがたい車両なのです。

子どもと一緒に乗れる

小さい子どもを連れて出かけないといけない場合、ベビーカーなどに子どもを乗せ満員電車に乗るなどすると、年配男性なるから嫌な顔されたり、舌打ちされるなどの嫌な扱いを受ける方も多いようです。

なかなか年配男性の世代には「イクメン」のような男性も少なかったため、子どもや母親に対する理解も少ないようです。

そんな子どもと一緒に乗れる女性専用車両は、そんなお母さんも安心して乗れる車両になっているのではないでしょうか。

また、女性専用ですのでスペースも大きく広く使えるため、ベビーカーに子どもを乗せたお母さんや、元気の良いお子さん連れのお母さんに対してはとても嬉しい女性専用車両なのです。

リスク回避するに越したことはない

女性専用車両に乗ることで、男性恐怖症や過去に痴漢行為を受けた女性などが安心する事ができる車両なのですが、「男性がいない」と言う点から男性に対する恐怖や「痴漢をされるんじゃないか」という心配から解放され、リスクを回避することができます。

「女性しかいない車両」と言うことで、安心して電車に乗ることができたり、公共交通機関を利用することが可能になります。

また、満員電車などで身動きが取れない中、自分が身を張ってガードしたり、また痴漢に遭うんじゃないかという不安な思いをしなくて済むため、女性専用車両を利用する女性もかなり増えてきているのではないでしょうか。

このように、リスクを回避したい女性がたくさんいることがわかります。

疑わなくて済む

また万が一、痴漢行為ではなく例えば男性のカバンが女性の背中やお尻に当たっていたとして、女性側からは確認ができない場合もあります。

そのように、満員電車の中では身動きが取れないため、男性側が痴漢をしている感覚はなく、また女性側は痴漢をされていると言うショッキングなこともあるのです。

そうなれば、男性側も自分自身は痴漢をしてないのに疑われる羽目になり、また女性側も痴漢の被害を受けたと悲しい気持ちになります。

このように女性専用車両があれば、疑うこともなく、また疑われることもなくなります。

お互いに、嫌な思いをすることがないので、満員電車時などは女性専用車両を使用する女性が多いようです。

疑わなくて済むと言う大きな安心は、心のリスクも回避できていると言えるでしょう。

何も気にせず電車に乗れる

女性専用車両があることで、男性がいないということが分かりきっていますので、時間や犯罪行為等の心配から逃れるためだけではなく、女性だけと言うことから、例えば身なりや服装を気にすることはなく電車にも乗れてしまうのです。

やはり、男性の目線があると言うことで三成や服装を気にする女性も多い事かと思います。

しかし、女性専用車両に乗ればそういった事も気にすることはなく、車両に乗ることができます。

このように、何も気にすることがなく車両に乗れると言う事は、女性にとって非常にストレスフリーな環境なのです。

これまでの、ストレスばかりの環境から、満員電車時の車両を分けるだけで、女性が安心して車両に乗ることができるのです。

️否定派

ここからは女性専用車両に対して、否定派の考えの方の意見をまとめ、執筆していきたいと思います。

女性専用車両について、賛成意見の方の気持ちや理由はよくご理解いただけているかと思いますが、では逆に否定的な意見の方はどのようなお考えなのでしょうか?賛成派の意見があればもちろん、否定派の意見もあるのです。

否定派の方々の意見をまとめ、否定派の方々がどのようなお気持ちで女性専用車両を見ているのか、または感じているのか、理解を深める必要もあるのです。

女性専用車両があることが当たり前になっている現代は、女性専用車両を利用する女性側のマナーも指摘をされています。

では、具体的にどのような報告や事例があるのか、ご紹介をしていきたいと思います。

「差別だ」という理由

まずは、「女性専用」と言うことで「差別」と言う意見が多いようです。

本来は、女性専用と言うことで区別をすることに使われることが多いのですが、「女性の権利」や「女性を守る」と言う点から男性側から差別ではないのかと言う意見も出てきています。

「女性ばかり守られて、男性は守られないのか」と言う方も中にはいるようです。

例えば、痴漢とかではなくスリや金銭的な犯罪に巻き込まれる可能性もあるのです。

また、女性のヒールが自分の靴の上に乗っかってきたり、女性の被害が増えることで、痴漢行為をされたと賠償責任を求められるケースも中には増えてきています。

このように男性側も、女性専用車両同様、男性車両を作るべきだと言う意見も中にはあるようです。

男性というだけで乗れない車両があるのは変

何においても「男性」と言うだけで車両に乗れないと言うのは、「完全に差別ではないのか」などの意見もあるようです。

女性専用車両があるために、乗りたい電車に乗れなかったり、会社に遅刻してしまったりするために、苦情のように女性専用車両に対する意見が出てきたようです。

どうしても、女性被害者の方の意見が先行してしまうものですが、全く関係ない男性からすれば、女性専用車両ができたために、いつもの電車に乗る事が出来ない、男性というだけで、車両に乗せてもらえないのは、非常に不公平に感じるようです。

しかし、逆の立場なら当然の気持ちなのかもしれません。

男性専用も作るべき

もう、こうなれば女性専用車両だけでなく男性専用車両も作るべきなど意見が出ているようです。

男性専用の車両と、女性専用の車両があっても、逆に互いに「安心感」があり、いい考えだと筆者は感じるのですが・・・。

男性側も、女性被害者同様、痴漢行為をしていないのに痴漢行為をしたと誤解されたり、女性の後に立っただけで、「痴漢と、誤解されないか?」と気になったりしますよね。

もしかしたら、女性同様男性も不安やリスクを回避したいと感じているのかもしれません。

仮に、男性専用車両ができれば女性が持ってくる事はありませんので、痴漢行為なので誤解されることもなくなります。

女性専用車両と男性専用車両で、事がうまく運ぶのであれば、それはそれで素晴らしい考えなのかもしれません。

男女平等を訴えるのは女性なのに…

また、男女平等を訴えているのは、女性側であるのに対し、「女性専用車両」などの「女性専用」という、キーワードが引っかかるようです。

やはり、男女平等を訴えるのであれば、「女性専用車両」を作るのであれば、男性にも同じように、「男性専用車両」があってこその男女平等では無いでしょうか?やはり、「女性だけの」または「女性のためだけに作られた車両」ですので、男女平等を訴えるのであれば、やはり「女性専用車両」だけ。

と言うのは平等ではないと考える人も多いようです。

このように、男女平等を訴えている割に、男女平等ではない世の中が、不思議に思う方もいるのではないでしょうか?真の男女平等など、人権的な問題になりそうな課題であると、いえるのかもしれません。

時代の流れに逆らっている

「男女平等」、「女性の社会進出」、「イクメン世代」など、時代の流れがあるにもかかわらず、「女性専用車両」は、明治時代から続いている日本唯一の伝統です。

このことからも、時代の流れに逆らっていると感じる方も多いようです。

男女平等、今の世の中の流れとしては当たり前になっている事ですが、よくよく考えると男性・女性と平等にするという事は難しいのかもしれません。

やはり男性には男性の役割、女性には女性に役割などがあるため、それを男性のようにこなす女性、またはそれを女性のようにこなす男性と言うように、性別をも変えなくてはいけなくなります。

「平等」と簡単に言いましても、心に問い「平等」と考えても平等に近づけることができても、完璧に均等に平等に扱う事は、無理に等しいのかもしれません。

「気に入らない」理由

そもそも女性専用車両が、気に入らないと言う理由もなかなか多いようです。

気に入らないと聞くと、身勝手なように聞こえてしまうかもしれませんが、そうでもないようです。

よくよくその理由を伺ってみますと、的を得た答えも中にはあります。

しかし、言葉や感覚も違うため表現が少し乱暴になってしまう場合がありますが、女性専用車両の存在を、端から見ている人たちの意見をまとめてみました。

こちらの意見では、男性ばかりではなく女性からも意見を抽出していますので、「女性専用車両」を利用する女性から男性の方まで、「女性専用車両」について様々な意見を頂ことに成功いたしました。

それでは、「女性専用車両」について気に入らない、と感じられる理由を見ていきましょう。

男性に申し訳ない

こちらは、女性専用車両を利用したことがある女性の意見ですが、「男性に対して、申し訳ない」と言う気持ちがあるようです。

その大きな理由としては、やはり「女性専用」と言うことで、男性が普段使用している車両も、男性のみが入って来れなくなるため、それにより会社に遅刻をしてしまったり、女性専用車両が空いているにもかかわらず、男性だけ満車量に詰め込まれ大変な思いをして通勤をされていると感じているようです。

やはり、最近ではそのように感じている女性も増えてきているため、女性専用車両のあり方について少し考えなければならない分岐点に来ているのかもしれません。

このように、女性専用車両のあり方は女性にとって良い面ばかりではなく、男性に対し少し引け目に感じている女性も増えてきているのではないでしょうか。

ブスやデブが乗ってるとムカつく

こちらは、少々言葉が乱暴でありますが、伝えたい事は何となくわかる気がいたします。

確かに、朝の通勤ラッシュに加えて、仕事で疲れて帰りの帰宅ラッシュに揉まれながら疲れきって帰ってくる男性も多いわけです。

その中で、唯一車両で座れる時が一番ほっとする時間なのかもしれません。

しかし、女性専用車両ができたためになかなかその一息つく時間がなかったり、体や心を休める場所がない男性もいるわけです。

そんな中、男性が感じるブスな女性やデブな女性が乗ってくると、イライラしてしまうのでしょう。

非常に、言葉が悪いですが確かに女性専用車両と言うだけあり、すべての女性が守られていますので、そのことにも腹立たしさを覚えているのかもしれません。

レズやバイの場合もある

また、女性専用車両に乗車出来たとしても、痴漢行為の被害に遭う可能性も100%ないとは言い切れません。

中には同姓愛者の方も見えますので、レズビアンの方やバイセクシャルの方も中にはいるわけです。

そのような方たちが、痴漢をするとは考えにくいのですが、気になる女性を見ると、ついつい近寄り触れたくなったり、または仲良くしたいと考えたりしてしまうのかもしれません。

結果的に、そのレズビアンの方やバイセクシャルの方たちが、女性専用車両にいることで、気になる女性にナンパをしていたり、お誘いをしているようであれば、それはそれでどうなのだろう?と言う意見も中にはあります。

同姓愛者が悪いとか、同姓愛がダメとかそういうことではなく、女性同士が恋愛をしていれば良いのですが、片方の愛を押しつけるような愛の形としては、いくら女性専用車両に乗っていたとしても、被害を受けたと感じる女性がいるのであれば、それは女性専用車両の意味がないのかもしれません。

「女性専用車両」と言うネーミングが、そもそもおかしいのかもしれませんね。

自意識過剰だと思う

中には、非常に厳しい男性の意見として、痴漢行為に会うなど被害妄想や、自意識過剰なのかもしれないと感じている男性も中にはいるようです。

やはり、少し寂しい話になりますが、男性と女性とでは少し考え方や、物事に対する感じ方などが、少しずれているのかもしれません。

そのため、痴漢行為などをしない男性側からすると、女性の、痴漢行為に会うかもしれないと言う考え自体が、腹立たしく思ってしまうこともあるのかもしれません。

確かに、痴漢行為や犯罪行為を犯す人は、ほんの一番部かもしれません。

しかし実際に被害にあった女性も中にはみえますので、その被害女性の方達の事を思うと、なかなか「デブ」や「ブス」または「自識過剰」と言う言葉は適切な表現とは、言い難いでしょう。

全男性が敵だと思われている気がする

これはなかなか多い意見なのですが、女性専用車両を設けることにより、男性全てが敵のように思われていると感じる男性が多いようです。

女性の不安や心配または、犯罪や被害などの側面から考えれば、女性専用車両がある事は良いことなのかもしれませんが、平等や差別または男性自身の気持ちなどから考えると、女性専用車両があることで、すべての男性がシャットアウトされ、敵のように感じられているまたは思われていると、思ってしまう事は当然なのかもしれません。

現に、被害女性のことを思い、協力をしてくれる男性もたくさんいることは事実なのです。

しかし、そういった善意ある男性方を締め出すことに関しても、「少し違うのかな?」と感じることもあります。

元々女性専用の車両部分に乗っていた

もともと、乗車した時は女性専用車両ではなく、普通に乗車したのですが、時間帯により、女性専用車両になってしまい、泣く泣く席を譲る男性も中にはいるようです。

朝の通勤ラッシュに揉まれ、仕事では汗水流して働き、帰りの帰宅ラッシュの電車で、運良く座れたと感じていたのもつかの間、女性専用車両になったことで、せっかく座る事ができた座席を泣く泣く譲らないといけなくなると言うことになれば、疲れも倍増しそうですよね。

このように、もともと女性専用車両の時間帯以外の時間に乗車したにもかかわらず、時間帯により女性専用車両になってしまったため、座席を譲らなくなってしまったと言うことです。

そこで、男性側もこのようなシステムや女性に対して、イライラしてしまう人も多いのかもしれません。

女性専用車両だけ空いている

また、女性専用車両を設けたにもかかわらず女性専用車両に女性があまり乗車していないと言う状況を見てしまえば、さらに腹立たしさがふつふつと湧きあがってくることでしょう。

時間帯にもよりますが、女性専用車両に女性がいないと言う事は、「本当に女性専用車両を設置した意味があるのかな?」と、感じる男性も多いはずです。

女性専用車両が、何のためにあるのか。

または、誰のための車両なのかが分からなくなりそうですよね。

このように、時間帯にもよりますが、女性専用車両だけ空いてしまっている状況を、女性専用車両を配置している会社側にも責任があるのかもしれません。

徹底して、女性専用車両が空いている時間を調べ、無駄がないように、男性も車両に入れるよう、きちんとした時間設定と配置をするべきでしょう。

実際に被害が減っていないなら無意味

「女性専用車両設けたところで、被害が実際に減っていないのなら、意味がないのではないか?」と言う意見も中にはありました。

やはり、女性専用車両思うけどことで、女性としての弱い立場を守ろうとする傾向にもありますので、それが守られていないのであれば、女性専用車両を設ける意味がないと言うふうに考える方もいるようです。

確かに、女性専用車両を設置したところで、乗車する女性が少なかったり、女性専用車両になったことをわかっていない女性たちも中にはいるわけです。

そのようなことがないように、会社側もしっかりと利用する側にアピールをしなければなりません。

また、痴漢行為や犯罪行為を減らすように乗車している人の目や、犯罪が起きないように会社側からも何らかの対策もいるわけなのです。

強制では無いのにそういう風潮がある

また、実を言えば女性専用車両は強制では無いのです。

あくまでも「ご協力お願いします」と言うような感じでアナウンスも、流れていることを思い出してほしいのですが、なかなかそういった風潮に逆行したり、逆らえなかったりするわけです。

そのためか、女性専用車両のアナウンスが流れだすと、席を移動する男性の姿がよく目立ちます。

男性が朝しぶしぶ席を譲るような態度をよく見かけます。

間違えて乗っただけで鬼のような目で見られる

たまたま、女性専用車両と知らずに乗車してしまった男性が、間違えて乗ってしまっただけで女性ににらまれたり、鬼のような目つきで見られることがあるようです。

確かに、女性側からすればなぜ女性専用車両になったのに、男性が乗ってくるの?と疑問に思ったり、にらんだのではなく、女性専用車両に飛び乗ってきた男性をふと見たことをが、男性側からしたらにらまれたと感じている場合もあります。

また、女性側も男性が乗車してきたことで、女性専用車両ではないのかと一瞬判断を迷ってしまう傾向にもあるようです。

そのため、間違えて乗っただけでにらまれてしまったと感じる男性も中にはいるのです。

時間帯やルールを、乗っている女性が知らない

そもそも、女性専用車両になる時間帯や、ルール、または女性専用車両の存在すら知らないなどと言う女性も中にはいるようです。

そのため、女性専用車両には乗らず普通の満員電車に乗ってくる若い女性もいるわけです。

確かに、時間帯やルールを知らない女性が悪いと言われればそれまでなのですが、知らない女性がわかるように何らかの広告や、アナウンスなどを頻繁に入れることも大切なのではないでしょうか。

そうすることで、女性専用車両の存在に気づいた女性は女性専用車両に移動するだけでも、1人分のスペースが確保できますので、男性側も常に苦しい思いをしなくて済むのかもしれません。

️知ってましたか?女性専用車両は男性も乗れるんです

わざわざ女性専用車両に乗る男性はいないと思いますが、あまり知られていないのが、女性専用車両にも実は男性も乗車が可能なのです。

しかし、様々な縛りや条件はあることを忘れないでください。