「節約してお金を貯めたい!でも、具体的にはどうすればいいのか分からない」また、「昨日はちゃんと節約出来たのに、今日はついつい散財しちゃった」なんて悩みを持つ人は多いと思います。

節約してお金を貯めたい気持ちは皆持っているものですが、実際にそれが出来る人は実はそんなに多くはありません。

では、どうすれば確実に節約生活が送れるのでしょうか?確実に貯金が出来る、そんな節約術をご紹介します!

節約を確実に貯金結果につなげるために

節約と貯金は深く関係しています。

節約をすればお金が貯まる、そんなことは誰でも当たり前に分かっていることですよね。

でも、頭では理解しているのに、実際に行動に移そうと思うとこれがなかなかどうして難しいものです。

何事もコツコツと続けられるタイプの人は、比較的節約してお金を貯めることが上手です。

しかし、三日坊主のタイプの人は、恐らく毎日節約を続けていくことが苦手でしょう。

しかし、だからといって三日坊主の人には節約でお金を貯めることは出来ないのかと言われると、そういうわけではありません。

どんな性格の人でも、きちんと自分で意識することと、正しい方法さえ行っていれば節約して貯金が出来るようになります。

では、具体的にはどのようなことを意識して、どのように行動していけば良いのでしょうか。

以下にご紹介していきます。

1. 漠然とではなく、きちんと目標や夢を設定する


「節約してお金を貯めたい」こんな事は誰でも考えていることです。

しかし、実際に上手くいく人といかない人とでは、明らかな差があります。

それは、どんな目標や夢を持って節約と貯金を行っているか、ということです。

大した目標もなく、ただ漠然と「お金を貯めたいなぁ」と考えている人では、なかなか本腰を入れて行動することが出来ません。

なぜなら、「なんとなく」そう思っているだけなので、気持ちがいまいち本気になれないのです。

一方で、「40歳までに2千万円貯金をして家を建てる!」や、「クリスマスプレゼントの費用として、12月までに15万円貯める!」など、具体的な夢や目標設定のある人では、自分がお金を貯めた先の未来をしっかりと想像出来ているため、それに合わせて節約も行えます。

このように、実際に節約をして貯金をするためには、具体的な目標設定を行う必要があります。

2. 期限を細かく設定する

具体的な目標もなく、なんとなくお金を貯めたいと思っていると、「いつでも出来る」という気持ちでいるため、そのままあっという間に月日が経ち、結局はお金を貯めることが出来ません。

しかし、具体的な目標がある人は、それに向けて努力するため、お金を貯めることが出来ます。

この場合の「具体的」というのは、細かい期限が設定されています。

例えば「6月までに」や「30歳までに」など、自分で期限を設定することで、目標から逆算してそれまでに自分の行うべき節約方法を考えることが出来るのです。

自分の行うべき方法が分かれば、あとは期限に向けて地道に努力をしていくだけです。

もし途中で怠けてしまいそうな時には、あえて切羽詰まった状態になるような期限に設定しておいても良いでしょう。

自分の性格は自分で分かっているはずですので、自分の性格にあった期限の設定をしましょう。

3. きちんと記録する


やる気を持続させるためには、毎日きちんと記録を付けます。

記録を付けることで「記録を付けるために今日も節約をしなければならない」という意識になりますし、また実際に記録を付ける時には「今日も節約が出来た」という達成感を味わうことも出来ます。

記録を付ける作業を面倒臭がっているようでは、実際に節約を続けることも難しいと自覚しましょう。

目標に向けて、一つひとつの作業がすべて繋がっているものと考えるように意識します。

記録も節約と同じように、毎日の積み重ねが肝心です。

4. 常に反省と改善を繰り返す

節約生活を続ける中で、時には失敗もあるでしょう。

毎日自炊を心掛けていたのにサボって外食をしてしまった、などの小さな失敗が何度も続くと、次第にやる気が途切れてきてしまいます。

そのため、一度失敗したら直ぐにそれを反省し、改善していきましょう。

例えば自炊をサボって外食をしてしまったのであれば、外食した費用を自炊で上手に浮かせます。

そうすることで、失敗してもトータルの出費は赤字にならずに済みます。

また、もし自炊を何度もサボってしまうのであれば、自分の気持ちに無理をさせてしまっているのかもしれません。

その場合には、あえて外食の回数を少し増やしましょう。

そして自炊の時には食費をしっかり削るというように、自分に合ったように工夫と、改善を繰り返しましょう。

そうすることで、自分に合った節約方法が見つかることもあります。

5. 時には小さなご褒美も大切

節約は突き詰めればその分貯金が出来ます。

しかし、無理をし過ぎると元も子もなくなってしまいます。

我慢し過ぎた欲求は、ある日突然買い物や食事で爆発してしまうこともあります。

そうなるとこれまでの苦労が水の泡になってしまいますので、定期的に自分に対して小さなご褒美を与えてあげましょう。

例えば食べることが好きな人なら、週に一度は外食で好きなものを食べましょう。

また、買い物が好きな人は、毎月のお給料日に決まった額で好きなものを買いましょう。

小さなご褒美でも、定期的にあればストレス発散になります。

無理をして何もかも台無しにしてしまうより、時には自分を甘やかしてあげることも大切です。

そうすることで、後の自分のためにもなるのです。

6. 周囲の人には節約していることを内緒にする

節約をする上で重要なことは、周りの人にはそれを吹聴しないことです。

周りに言って回れば、その分自分にプレッシャーを与えて頑張れるといえばそうかもしれません。

しかし、人間関係においては少なからずトラブルの原因にもなります。

例えば皆で楽しく食事の計画を立てている中で、一人だけ「節約してるから自分は良い」や「安いところにしようよ」と発言することで、場の空気を乱してしまいます。

また、一緒に過ごしている人に自然と気を遣わせてしまうことにもなります。

自分で勝手に節約していることでも、人間関係では無意識に周りの人に影響を与える可能性もありますので、出来るだけ節約していることは周囲の人には内緒にしておきましょう。

7. ケチケチし過ぎてはいけない

いくら節約しているからといって、あまりケチケチし過ぎていると、人間関係でトラブルの原因となってしまいます。

また、自分の心にも我慢を強いると、どこかでタガが外れてしまう恐れもあります。

短期間で大金を貯金したいと考えていたとしても、あまりケチケチし過ぎると、自分の日常生活に少なからず支障や悪影響が出てしまうかもしれませんので、節約は適度に自分に合った方法に留めておきましょう。

8. 知恵とアイディアで賢く実践する

節約生活にはある程度の知恵とアイディアが必要です。

「毎月の食費を抑えつつ、楽しく食事をするためには?」「インテリアを買いたいけどお金を節約したい時は?」など、自分が生活していく中で、必ず自分のしたいことと節約しなければならないことがぶつかることがあります。

そんな時には、頭を捻って知恵とアイディアを搾りだしましょう。

自分で分からなければ、インターネットに助けを求めても良いでしょう。

食事が好きな人は、安い食材で美味しい料理のレシピを検索すれば、節約しながらも楽しく食事が出来ます。

室内にインテリアが欲しい人は、材料を安く手に入れて自分で何か創作することは出来ないか調べてみましょう。

少しでも節約してお金を貯めるために、あらゆる知恵とアイディアを駆使して頑張りましょう。

9. 楽しんで節約貯金をする気持ちを大切に

節約生活は想像以上に大変です。

だからこそ、途中で挫折してしまう人もたくさんいます。

長く節約貯金を続けていける人は、自分なりに「どうしたら楽しく節約貯金が出来るか」ということを常に頭で考えています。

食事にせよ遊びにせよ、自分が楽しく続けることが出来るように、節約方法を工夫しています。

もし、あなたが節約して貯金したいと考えているのなら、まずは目標と期限を定めた上で、どうやったら自分が長く楽しく節約生活を続けていけるかを考えましょう。

それは、「明日楽するために今日努力する」という考え方と似ています。

しかし、今日の努力が明日も続かないと思ったら、どうしたら明日も楽しく続けられるかをしっかり考えましょう。

10. ネットで他の人のアイディアも上手に取り入れる

自分一人の頭では、いずれ節約方法や工夫の仕方にも限界が来てしまいます。

そんな困った時には、遠慮せず他の人にアイディアを聞くなり、インターネットで調べてみるなりしましょう。

他の人が実践している方法で、自分にも出来そうだと思えば、どんどんそれを積極的に取り入れていきましょう。

節約は工夫の繰り返しです。

より効率的で楽しく節約生活が出来るように、いろんな場所から情報を入手しましょう。

11. 本当に必要なものか、一呼吸おいて考えてから買う

ウィンドーショッピングなどをしていると、つい「あ、これ欲しい!」と思うものが出てきて、買おうか悩んでしまいますよね。

しかし、それが本当に今の自分にとって必要なものかどうか、一度真剣に考えてみましょう。

出来ればその日は購入せず、そこから三日間はじっくりと考えてみます。

その上で、それでもどうしても欲しいと思えば買っても良いでしょう。

しかし、買ったからには後悔しないようにします。

そうやって、一呼吸おいて考えてから購入することで、節約に関係なく賢い買い物が出来るようになります。

節約して貯金するためにやりたい17個の方法

節約をする上で基本的な方法や心構えについてご紹介してきました。

ここからは具体的な節約方法について17個ご紹介していきます。

一つひとつの行動が積み重なることで、きっとあなたの目標とする金額を貯めることが出来るようになるはずです。

17個の方法の中で、自分にも出来そうなものがあれば早速今日から実践してみましょう。

1. 先取り貯金は効果的

お給料が入ったら、一月分の必要な生活費だけを分けて、残りは貯金してしまいます。

これが、先取り貯金の方法です。

最初に自分で決めた額を貯金してしまうことで、残ったお金で一ヶ月を生活しなければなりません。

使える金額が最初から決まっていれば、自然と無駄遣いはしなくなります。

これは、財布にお金が入っていると、入っている分だけ使ってしまう性格の人にはピッタリの方法です。

毎月先に貯金をしてしまえば、嫌でもコツコツ貯金は貯まっていきます。

とはいえ、あまりに生活費の設定を低くし過ぎてしまうと、後になって少しずつ貯金した額を引き落とすことになりますので、自分に無理のない程度の生活費は残しておくようにしましょう。

また、貯金を下ろしてしまう不安のある人は、あえてキャッシュカードを自分で持たないようにしましょう。

そうすることで、受付窓口まで行ってわざわざ下ろすのを面倒に感じるため、お金を下ろしてしまう可能性が減ります。

2. 休日はお金のかからないレジャーを

休日には、出来るだけお金のかからないレジャーを楽しみましょう。

家族であれば公園に行くだけでも楽しい時間を過ごせますし、県や市が運営しているレジャー施設は安く利用することが出来ます。

安い金額で楽しめるスポットはたくさんありますので、工夫して安く楽しみましょう。

3. お茶は買わずに作って持参


スーパーに行けば、1本百円未満でお茶を購入出来ます。

しかし、それも毎日何本も購入していると、塵も積もれば山となる状態で意外な出費となってしまいます。

それならば、数百円出して茶葉を購入して、毎日お茶を作ってあちこちへ持参する方がかなりの節約になります。

時々炭酸飲料やジュースが飲みたくなる時には何も我慢する必要はありません。

しかし、日頃飲むお茶は出来るだけ自分で作って節約しましょう。