1987年、全国の子供たちの間で一大ブームとなったミニ四駆。

同年に月刊コロコロコミックに連載されていた「ダッシュ!四駆郎」の漫画の影響でミニ四駆の人気に火が付き話題になりました。

その後何度もブームを重ねて、現在でもミニ四駆の人気は衰える事がなく、世代を超えて子供から大人まで人気があります。

ミニ四駆と言えば、小学生でも簡単に作る事ができ、乾電池2本で動かせるという手軽さがウリ。

車体もコンパクトな手の平サイズです。

でも一番の魅力と言えばやっぱり改造ですよね。

今回はそんなミニ四駆の改造についておすすめのパーツなどをまとめてみました。

ミニ四駆といえば、改造!

ミニ四駆の最大の魅力とも言える改造。

これは男子にとって遊び心とロマンを感じさせるものです。

タミヤ模型が「レーサーミニ四駆」として製品化された当初、まだレースを走らせるには問題があり、コースアウトしてしまう事がありました。

そんな問題を当時の小学生たちがアイデアを出し合って、洋服のボタンをバンパーに付けてローラーに見立てたり、待ち針を束ねたものをバンパーに立てる事によってミニ四駆が転びにくくなるようにするなど、様々な工夫が改造の原点となっています。

これらのアイデアをタミヤ模型が取り入れる事で、実際に標準搭載されるものや、改造パーツとして製品化されたものもあります。

自分で改造できる楽しさ

一見、難しそうに見えるミニ四駆の改造ですが、至って簡単で小学生でもできるものがほとんどです。

改造パーツも全国の玩具店や模型店で手軽に購入できます。

改造の種類も豊富で、見た目だけではなくスピードや馬力を上げてレースマシンとしてグレードアップさせる事もできます。

世界に一つだけのオリジナルミニ四駆を作る事も可能です。

友達同士で改造すれば更に楽しさアップです。

そんなミニ四駆の改造には大人もハマってしまう魅力があります。

改造を重ねてレベルアップ

ミニ四駆の改造パーツは実に豊富です。

その為、改造できる箇所もそれだけ豊富にあり、改造を重ねる事でミニ四駆がレベルアップしていきます。

最初は失敗する事もありますが、コツコツと改造を重ねる事で、改造の知識やテクニックも確実に身に付き、自分自身もレベルアップしていきます。

現在はミニ四駆改造についてのサイトや改造ブックも販売されているのでとても参考になります。

自分のミニ四駆が自分の手によって徐々にレベルアップしていくのはやはり見ていて楽しいものですよね。

パーツ選びも真剣!

改造パーツの種類の多さに最初はどれにしたらよいか迷ってしまうかと思います。

誤ったパーツ選びや、装着手順を間違えてしまうと正常に機能しなかったり、最悪の場合はミニ四駆自体が故障してしまう可能性もあります。

数ある改造パーツの中から自分のミニ四駆に合ったパーツを探す事になるので、それだけパーツ選びも真剣です。

ミニ四駆の改造のパターン

一言でミニ四駆の改造と言っても色々なパターンがあります。

自分がどんなミニ四駆にしたいか、目的に合った改造をする事が重要です。

ここからはそんなミニ四駆の改造パターンととして考えられる4つについてご紹介します。

スピードアップ

ミニ四駆のスピードを上げたいという時に行う改造パターンです。

レースなどで勝ちたい時に非常に有効な改造パターンですが、スピードを上げ過ぎるとコースアウトする可能性もアップしてしまうデメリットもあるので注意が必要です。

丈夫さアップ

ミニ四駆をもっと丈夫にしたいという時に行う改造パターンです。

ミニ四駆自体の耐久性が上がる事で壊れにくくなり、走行中に障害物や他のミニ四駆とぶつかっても転びにくくなります。

安定性アップ

走行中のミニ四駆の安定性をもっと上げたい時に行う改造パターンです。

レースではコースアウトしにくくなってゴールまで完走しやすくなりますが、安定性を上げ過ぎると、ミニ四駆のスピードがダウンしてしまうデメリットがあります。

デザイン性アップ

ミニ四駆の見た目を更にアップさせたい時に行う改造パターンです。

自分だけのカッコいいミニ四駆にする為には必須の改造パターンですよね。

また、見た目を改造する事でレース中でも自分のミニ四駆を見つけやすくなるというメリットもあります。

ミニ四駆の改造パーツの主な種類

ミニ四駆の改造パーツは実に様々なものが揃っているので迷ってしまいますよね。

ここからは改造パーツの主な種類についてご紹介します。

電池

ミニ四駆にとって重要なパーツの一つです。

ミニ四駆に使用可能な電池はマンガン電池、アルカリ電池、充電式電池の単三型で二本です。

(ニッケルやニカド等)尚、タミヤ公式のレースで使用できるのはタミヤ製の電池のみという公式のルールがありますので注意しましょう。

電池なんてどれでも良いのでは?と思う人も居るかも知れませんが、電池によってミニ四駆の性能は格段に変わってきます。

幾ら他のパーツを改造しても、電池の性能次第ではスピードが全然違う事が分かります。

注意点として、電池は二本とも同じタイミングで交換するようにしましょう。

片方だけ残量の異なる電池を使用したり、二本とも他社製の電池を使用するとミニ四駆の性能が落ちてしまいます。

また、充電式の電池を使用する場合は、なるべく電池の残量が無くなるまで使用してから交換するようにしましょう。

電池がまだ残っている状態で、充電してしまうと電池の容量が少なくなってしまうのを防ぐ為です。

ミニ四駆で遊び終わったら、電池を抜いて置きましょう。

ミニ四駆への負担が減らす事がきますよ。

尚、基本的な事ですが、電池を交換する際は+と-の向きに注意しましょう。

逆にセットしてしまうとミニ四駆も逆走してしまいます。

モーター

ミニ四駆の心臓とも言えるパーツです。

ミニ四駆のスピードや馬力に影響を及ぼすパーツとなり、使用するシャーシによってモーターの種類も変わってきます。

主に、MS・MAシャーシ専用モーター、それ以外を除いた全シャーシ共通モーターの二つの種類に分かれます。

モーターから左右に軸が飛び出しているものがMS・MAシャーシとなり、片側のみ軸が飛び出しているのが全シャーシ共通のモーターなので見た目で判断し易いかと思います。

更にモーターにはシャーシ別に性能の異なる種類が多数存在します。

モーターの種類によって回転数と負荷トルクと消費電力が異なり、それぞれスピードとパワーと電気消費量を司っています。

自分のミニ四駆をどのようにグレードアップしたいか目的に合わせて改造するのが良いでしょう。

但し、タミヤ公式のレースでは一部使用できないモーターがありますので注意が必要です。

カウンターギヤ

カウンターギヤとはモーターの回転をタイヤに伝える役割を持つパーツです。

こちらも、ミニ四駆のスピードや馬力に影響があるパーツとなっています。

カウンターギヤの種類はそれぞれギヤ比というものがあります。

このギヤ比はモーターの回転とタイヤの回転の比率を表しています。

仮にギヤ比が3対1となっている場合は、タイヤが1回転する為に必要なモーターの回転数が3回という事になります。

つまり、ギヤ比の左の数字が少ない方が基本的にはミニ四駆の最高速度が上がるのですが、馬力についてはギヤ比の左の数字が高い方が上がります。

急な斜面などを走らせたい場合は、こちらの方が実質スピードは上がりますので、カウンターギヤも目的に合ったものを選ぶのが良いでしょう。

ギヤシャフト

カウンターギヤとシャーシを繋げる為のパーツです。

カウンターギヤの回転に影響するパーツとなり、ツバが付いているタイプとそうでないタイプの種類があり、使用するシャーシによって選ぶ事になります。

また、ツバ付きのタイプの方が長く、そうでないタイプは短いのが特徴です。

ミニ四駆の購入時に同梱されているパーツですが、別売りの改造パーツにはフッ素加工が施されていて回転が滑らかになるものや、標準搭載のものより強度が高い種類もあります。

ギヤシャフトの回転がミニ四駆のスピードにも影響してくるので、意外と重要なパーツです。

ギヤシャフトが劣化してくると、回転が空回りする事もあるのでグリスを塗ったり、研磨剤などでメンテナンスが必要になる事もあります。

ホイール

ホイールはミニ四駆の走り方に影響を与えるパーツです。

大きく分けてミニ四駆購入時に同梱されているノーマルタイプと、モーターの先に付けるピニオンギヤを内蔵したワンウェイホイールタイプの二種類があります。

ノーマルホイールは可もなく不可もないといった、目立った特徴はありませんが、その分使う場所を選ばないというメリットがあります。

ワンウェイホイールはカーブの時に、内蔵されたピニオンギヤが外側のタイヤを空転させる事によってブレーキ効果を生み為、スピードをそれほど落とさずにカーブを曲がる事ができます。

また、タイプごとにホイールの大きさにも種類があり、小径と中径と大径という種類があります。

小径のホイールの方がミニ四駆の重心が低くなる分、安定した走りと加速力は期待できますが、一回転で進む事ができる距離は短くなるので最高速度は落ちます。

反対に、大径のホイールはミニ四駆の重心が高くなる為、安定して走りと加速力には期待できませんが、一回転で進む事ができる距離は長くなるので最高速度が上がります。

中径ホイールは小径と大径の間くらいの性能となります。

ホイールシャフト

ホイールシャフトはミニ四駆の左右のタイヤとホイールを繋げる棒状のパーツです。

こちらもミニ四駆購入時に最初から同梱されているノーマルタイプがありますが、より強度が高くで丈夫なブラックシャフトに改造するのがおすすめです。

その他にも、棒の中身が空洞になっている中空シャフトと呼ばれるタイプがあります。

こちらは中身が空洞になっている分、ミニ四駆の重量を軽くする事ができるのでスピードアップに繋がります。

また、ミニ四駆の種類によってはホイールシャフトの長さが異なるものがありますので、交換する際は事前にチェックしておきましょう。

タイヤ

タイヤはホイールと共にミニ四駆の走り方に影響を与えるパーツです。

主にスポンジタイプとゴム製の種類に分かれ、それぞれタイヤの幅の広さが異なる種類があります。

スポンジタイプはゴム製タイプと比べて軽いので、直線では特にスピードが上がりますが、コーナーではスピードが落ちるという特徴があります。

また、スポンジタイプは柔らかい為に変形し易く、ホイールから抜け落ちる可能性が高いというデメリットがありますので、予めホイールとタイヤを粘着テープなどで固定する事をおすすめします。

ゴム製タイプはスポンジタイプと比べて重く、直線でのスピードは落ちますが、コーナーは安定して走る事ができるのが特徴です。

尚、ゴム製タイプには更に強度、接地面が異なる種類が存在します。

タイヤの強度が高いものは固い為にグリップ力が低いですが、あまりスピードを落とさずにコーナーを滑るように走る事ができてカッコいいです。

タイヤの強度が低いものは柔らかいので、グリップ力が高く直線ではスピードが上がりますがコーナーでのスピードは落ちるという特徴があります。

接地面の違いについては、タイヤの中心が均等に地面に接地するノーマルタイプ、樽のような形をしている為、接地面積が少なくコーナーでのスピードが落ちにくくなるバレルタイプ、タイヤの形状が並行ではなく斜めになっており、ホイールにセットする向きによって性能を変える事ができるオフセットトレッドタイプのものがあります。

尚、見た目がトゲトゲのスパイクタイヤという種類もありますがオフロード用となり、特殊なレース以外ではあまり使用する事はありません。

プロペラシャフト

プロペラシャフトはモーターの回転をミニ四駆のタイヤに伝えるパーツです。

ミニ四駆の性能に大きく影響するパーツとなる為、なるべく早い内に強度の高いプロペラシャフトに交換した方が良いでしょう。

プロペラシャフトの中には、ホイールシャフト同様に棒の中身が空洞になっている中空タイプがあります。

軽量になるだけでなく、材質もノーマルタイプより良質で滑りもなめらかになり、ミニ四駆のスピードアップが期待できます。

どのタイプも使い続ける事によって軸が伸びたり、他のギヤとの接着が緩くなってくるので早めに交換をするようにしましょう。

尚、シャーシのタイプがMS・MAタイプの場合は、モーターから飛び出している両軸が前後のタイヤに動力を伝える仕組みとなっているので、プロペラシャフトは不要となります。

ターミナル

ターミナルはモーターと電池の間にある板状の金属パーツです。

家電製品の電池交換の時にも見た事がある人が多いのではないでしょうか。

ミニ四駆購入時に最初から同梱されているのは素材が銅タイプのものとなっています。

改造パーツには金メッキを施してあるゴールドターミナルタイプがありますが、銅と金では電気伝導率に違いがあります。

基本的には、銅の方が金と比べて電気が伝わりやすいのですが、酸化し易い性質があります。

酸化すると電気抵抗率が上がってしまい、結果的には金よりも電気を伝える効率は落ちてしまいます。

その為、銅タイプを使用する場合は、酸化を防ぐ為にメンテナンスをこまめに行う必要がありますので上級者向けかも知れません。

特にこだわりが無い人や、初心者の人にはゴールドターミナルをおすすめします。

ガイドローラー

ガイドローラーはミニ四駆のバンパーやウィングなど車体の外側に取り付けるパーツです。

障害物や他のミニ四駆と衝突した時の衝撃を和らげたり、ミニ四駆のスピードが落ちるのを防ぐ効果があるので、レースに出場する際は必須となるパーツです。

尚、ミニ四駆発売当初はガイドローラーは付いていませんでした。

上の記事でご紹介した、ミニ四駆で遊んでいた小学生が洋服のボタンをローラー代わりにしていたというエピソードの元になったのがこのガイドローラーです。

現在ではミニ四駆購入時に同梱されているガイドローラーですが、種類が豊富です。

主な種類として、軽くて摩擦抵抗の少ない標準的な性能のプラスチックタイプや、ローラー部が金属になっており、プラスチックより重くなりますがローラーの回転がスムーズでハイスピードでコーナーを走る事ができるベアリングタイプがあります。

更に、ローラーの大きさにも種類があり、ローラーの面積が小さいほど摩擦抵抗が少なくなるので、コーナーでも減速せずに走りやすくなり、大きいほど摩擦抵抗が大きくなりコーナーでのスピードは落ちますが安定性がアップします。

形状にも種類があり、中にはローラーが二段重ねになっているガイドローラーもあります。

重量が増える代わりに、安定性がかなりアップします。

ガイドローラーだけでも種類が豊富で、取り付ける箇所によって使い分ける事もできるので組み合わせのパターンも様々。

事前にパーツショップやサイトで確認しておきましょう。

個性を出すにも有効なパーツかも知れませんね。

上記以外にも補助パーツはたくさん!

改造パーツの中には上記以外にもミニ四駆を補助するパーツが幾つかありますのでご紹介します。

グリス

ミニ四駆購入時に同梱されているグリスよりも、別売りのグリスの方が格段に性能が良いです。

特にフッ素樹脂が含まれているグリスは、滑りが良くて低温になっても固まりにくいというメリットがあります。

但し、誤った箇所にグリスを塗ってしまうとかえってミニ四駆の性能を下げてしまう可能性があります。

グリスに付属の説明書の通り、正しい箇所にグリスを塗るようにしましょう。

クーリングシールド

モーターに直接取り付けるパーツです。

ミニ四駆を走らせているとモーターは熱を帯びてきてきます。

モーターが熱くなると性能が落ちるだけでなく、モーターの破損する原因にもつながります。

クーリングシールドを取り付ける事で若干重量が増えてしまいますが、熱を逃がす効果があるのでモーターの寿命が伸び、ミニ四駆のスピードも保つ事ができます。

ブレーキ

ブレーキはミニ四駆の背面側に取り付けるパーツです。

公式のレースなどではいかに早く走らせるかがポイントであるのにもかかわらず、ブレーキとはちょっと信じられませんよね。

しかしながら、最近のレースによっては、ジャンプ台からのコースチェンジが含まれるコースがあり、坂道などでミニ四駆が傾く時に車体より先にブレーキを当てる事によって、わざと減速させてコースアウトするのを防止する効果があります。

当然、坂道が無いレースではブレーキは必要ありません。

ミニ四駆のパーツおすすめ商品12選

ミニ四駆とは言えど、パーツの種類が多くて慣れない内はどんなパーツを改造したら良いか迷ってしまいますよね。

ここからはこれからミニ四駆を始めてみようという人におすすめのパーツをご紹介します。

タミヤ グレードアップパーツシリーズ No.420 GP.420 ニッケル水素電池 ネオチャンプ

タミヤ製の充電式電池です。

ミニ四駆でレースに出場する場合は、タミヤ製の電池でなければ出場できません。

この電池さえあれば、繰り返し使用可能な上にパワーもあるのでおすすめです。

https://www.amazon.co.jp/gp/aw/d/B00475AQM6/ref=pd_aw_sim_21_of_5?ie=UTF8&psc=1&refRID=YB87EE2XA9GAARATG8XE

タミヤ ミニ四駆限定シリーズ ハイパーダッシュ3モーター J-CUP 2014 スペシャル

ミニ四駆全日本選手権「ジャパンカップ2014」の大会記念品として誕生した限定モデルのモーターです。

その為、入手するには困難ですがレースでも通用する高い性能を持っています。

https://www.amazon.co.jp/gp/aw/d/B0043RWDW4/ref=pd_aw_sim_21_3?ie=UTF8&psc=1&refRID=V6EACD21P826YWFBXJ18&dpPl=1&dpID=41qYhCFnPGL

タイヤ ミニ四駆限定シリーズ ミニ四駆 カーボンホイールセット (ローハイト)

ホイールにカーボンファイバーを施した強度が高いホイールセットです。

こちらも限定シリーズで入手するのが難しいかも知れませんが、通販やオークションでも購入できる場合がありますので是非チェックしてみましょう。

https://www.amazon.co.jp/タミヤ-ミニ四駆限定シリーズ-カーボンホイールセット-ローハイト-94834/dp/B0043ROBZQ

タミヤ グレードアップパーツシリーズ No.459 GP.459 ARシャーシ サイドマスダンパーセット

ARシャーシの安定性をアップさせるパーツです。

サイドプレート、マスダンパー、スタビポールなどがセットになっているのでおすすめです。

https://www.amazon.co.jp/gp/aw/d/B00ABW5J08/ref=pd_aw_sim_21_2?ie=UTF8&psc=1&refRID=6MWD7FJJYN053Q5VYF81&dpPl=1&dpID=41L0HYmLbHL

タミヤ グレードアップパーツシリーズ No.450 GP.450 ARシャーシ ファーストトライパーツセット

異なるサイズのガイドローラーが付いているだけでなく、プラローラー、マスダンパー、スタビポールも付いているお得なパーツセットです。

取り付けに必要な工具も同梱されているので安心です。

https://www.amazon.co.jp/gp/aw/d/B0087YJTY4/ref=pd_aw_sim_21_1?ie=UTF8&psc=1&refRID=9MYCK5VWHDHS3E868GZY&dpPl=1&dpID=71pWj%2BZxdjL

タミヤ グレードアップパーツシリーズ No.456 GP.456 ARシャーシ セッティング ギヤセット

5種類のギヤ比が異なるカウンターギヤが入っているパーツセットです。

その他にも、中空プロペラシャフト、ギヤシャフト、ボールベアリングも付いているお得なセットです。

https://www.amazon.co.jp/gp/aw/d/B009WJG2ES/ref=pd_aw_sim_21_2?ie=UTF8&psc=1&refRID=E20GWAPSC4Y9WMWGZVX2&dpPl=1&dpID=71-qytK94vL

タミヤ グレードアップ No.347 GP.347 MSシャーシ用 ギヤベアリングセット

ベアリングとギヤシャフトをこのセットに交換して使用します。

ベアリングギアに交換する事によって、ギヤの回転がスムーズになってミニ四駆の性能がアップします。

https://www.amazon.co.jp/gp/aw/d/B001VZE9U0/ref=pd_aw_sim_21_1?ie=UTF8&psc=1&refRID=BAH3DCR68QWP2Y754SRB&dpPl=1&dpID=41VTz1oJL-L

タミヤ ミニ四駆限定シリーズ スーパーハード ローハイトタイヤ

標準搭載されているノーマルタイプのタイヤよりもグリップ力が低い為、コーナーが曲がりやすいタイヤです。

また、ハードな素材なのでジャンプからの着地の際も跳ねにくいというメリットがあります。

そして何より、タイヤの外側に描かれたタミヤのロゴがカッコいいです。

https://www.amazon.co.jp/タミヤ-ミニ四駆限定シリーズ-スーパーハード-ローハイトタイヤ-94921/dp/B00A46BGEE

タミヤ ミニ四駆特別企画商品 軽量 13mm オールアルミベアリングローラー

アルミ素材のベアリングローラーです。

10箇所の穴が空いている事で軽量化されており、レースでも有効なパーツです。

但し、取り付けには別途工具が必要になります。

https://www.amazon.co.jp/gp/aw/d/B06X9VPXXC/ref=pd_aw_sim_21_3?ie=UTF8&psc=1&refRID=RVTWVBZXBBKNTZFC59MJ&dpPl=1&dpID=712-BognI6L

タミヤ ミニ四駆 グレードアップパーツシリーズ No.206 GP.206 2.0mm 中空軽量プロペラシャフト タイプ

標準搭載されているノーマルタイプのプロペラシャフトと比べて、中空で軽量化されているプロペラシャフトです。

軽量パーツを使用する事は、ミニ四駆のスピードアップに繋がりますのでおすすめです。

https://www.amazon.co.jp/gp/aw/d/B01MRV3ZPM/ref=pd_aw_sim_21_of_39?ie=UTF8&psc=1&refRID=6N64B0KNWH1BAR43HGRD

タミヤ ミニ四駆特別企画商品 HG 大径ナローアルミホイール

大型のナローアルミホイールのセットです。

強度が高いので障害物にぶつかったり、コースアウトしても変形しにくいというメリットがあります。

そして何よりアルミの高級感がミニ四駆の見た目をよりカッコよくさせます。

https://www.amazon.co.jp/gp/aw/d/B0043RNNYG/ref=pd_aw_sbs_21_2?ie=UTF8&psc=1&refRID=SYNJ22RNQMEY0AA1HCAS&dpPl=1&dpID=81V-U1bIRAL

タミヤ グレードアップ No.360 GP.360 MSシャーシ ゴールドターミナル

標準搭載されている銅タイプと比べて、錆びにくくて変形しにくいゴールドメッキのターミナルです。

交換も簡単なので初心者にもおすすめのパーツです。

https://www.amazon.co.jp/タミヤ-グレードアップ-No-360-ゴールドターミナル-15360/dp/B001JCOZQI

ミニ四駆の改造、ハマったら抜け出せないかも?

これまでミニ四駆の改造にについてご紹介してきましたがいかがだったでしょうか。

これからミニ四駆を始める人に少しでも今回の記事が参考になれば幸いです。

ミニ四駆ブームは一時期波がありましたが、現在でも全国の子供から大人まで人気があります。

それも年々ミニ四駆の見た目や性能もアップし、改造パーツも実に様々です。

あれこれ試行錯誤しながら自分のミニ四駆をいじってみるのは楽しいものですよね。

タミヤ公式のレース大会も定期的に開催されているので、腕に自信がついたら参加してみるのも良いかも知れませんね。

昔、遊んだ事がある大人の方もこれを機にまたミニ四駆を楽しんでみてはいかがでしょうか。

改造にハマったら抜け出せないかも知れませんよ!