最近ラジコンが再び流行っています。

昔ながらのラジコンカーからラジコンで動かすボート、そして大空を舞うラジコン飛行機やラジコンヘリが大人気です。

きっかけは空撮も可能な無人航空機、ドローンの市販化でしょう。

一般的に市販されているドローンとは、プロペラが四つついた無人の小型航空機で、カメラを搭載して空撮が可能な機器のことです。

無線のリモコンで細かい操縦が可能で、今まで撮れなかった映像を撮影することが出来ます。

また、ある県ではドローンを使用した宅配サービスを検討中で、ドローンの用途や需要は今後ますます高まりそうです。

ただし、航空法の規制もあるので操縦には航空法の知識も必要になります。

それでも機会を操縦する楽しさと空撮が出来る魅力があるドローンの利用者は年々増加傾向にあり、ドローンの操縦士を養成する学校もあるほどです。

そんな最新のドローンブームと共に昔からあるラジコン機器も大きな人気を集めています。

今回はその中でも空や室内でを自由に飛ばせることで大人気のラジコンヘリについてお伝えしてゆきます。

ラジコンヘリの歴史は長く、昭和の時代には多くのファンが操縦してその腕を競い合っていました。

東京の多摩川河川敷などは恰好のラジコンヘリスポットとして人気がありました。

そして現在、価格や機能、デザインが違うバリエーションに富んだ機体が続々と発売されて、ラジコンヘリの新たなファンも増えて再びブームが起こっています。

機体によってはドローンのようにカメラ付きのものもあり、空撮も楽しめます。

そのため空撮ファンにも人気の高いホビーになっています。

ドローンとは違う飛行も出来るので、同じ空撮でも違う映像が撮れるのです。

それではラジコンヘリが持つ魅力を余すことなく伝えてゆきますね。

機能や種類、価格などラジコンヘリの情報を詳しくお伝えしますので、是非参考にされてみてください。

今までラジコンヘリを操縦したことがある方はもちろん、まだラジコンヘリを操縦したことがない方も、是非ラジコンヘリの魅力を知り、実際に操縦してみてください。

きっとその魅力にハマるはずです。

ラジコンヘリの魅力とは

ラジコンヘリの魅力とは何でしょうか?やはり大空や室内を自分の操縦で自由に駆け巡らせることが出来る所が一番大きな魅力でしょう。

独特のプロペラ音を響かせてゆっくりと上昇してゆくスタートの姿から、大空を自由に飛ぶその優雅さまで、全てが魅力といえます。

子供の頃憧れた夢のラジコンヘリが飛ばせることも大きな魅力のひとつです。

同じ航空機のラジコンにはドローンやラジコン飛行機があります。

ラジコン飛行機も昔から人気がありますが、ラジコンヘリとはその魅力が違ってきます。

まずはデザインの違いがあります。

流線型のシャープなデザインが好きで、急旋回や素早い一回転をしたい人はラジコン飛行機が合っているかも知れません。

一方ラジコンヘリにはラジコン飛行機にはない細かい動きが可能です。

空中で旋回したり、ホバリングをして空中で止まることも可能なのです。

さらに滑走する必要もないので小さい機体は室内でも操縦可能で、その場で上昇下降が可能です。

また、これらの機能を利用すれば、より自由度の高い空撮も可能になります。

このように、ラジコン機器にはそれぞれ独特の魅力があります。

ラジコンヘリ独特の魅力にハマり、その世界にのめり込む人が増えているのです。

幼い頃の夢が手に入りやすくなった!

幼い子供の頃、大空を飛ぶラジコンヘリを見て憧れた人は多いのではないでしょうか?

青い空に悠然と飛ぶ美しい期待に憧れて操縦を夢見たり、夕日をバックに飛んでゆくラジコンヘリの機体にロマンを感じていた幼い頃の夢が叶いやすくなりました。

現在のラジコンヘリは性能も良くなり、より多くの人が操縦出来るようになりました。

また価格面でも安い物が販売されるようになり、購入もしやすくなっています。

ラジコンヘリを飛ばす場所さえしっかりと守れば、誰でもラジコンヘリを楽しめる時代になったのです!そのため女性のファンも増え始めているラジコンヘリは、新しい趣味としてもおすすめです。

この章ではラジコンヘリが手に入りやすくなった理由をお伝えしてゆきます。

手が届きにくいと思っていた人も、意外と手に入りやすいものだったと納得してもらえるはずです。

安さ

まずは価格の安さです。

昔のラジコンヘリは高いものは10万円を超えるものもあり、中々趣味として手軽に始めるには高価な物でした。

しかし、最近のラジコンヘリは、安いものでしたら3000円を切るものも出てきています。

もちろん価格が安い物は可能な操縦方法や室内向けであるなど使用範囲も限られて来ます。

しかし、デザインも格好良く、また安いといってもラジコンヘリですからしっかり飛ばすことが出来ます。

初めてラジコンヘリを趣味として始める方にはおすすめの機体です。

まずは安い機体から購入して操縦になれ、段々とグレードアップすることも可能です。

意外と安い値段から始められることが、ラジコンヘリをおすすめする理由の一つです。

手軽さ

手軽な所もラジコンヘリをおすすめする理由の一つです。

ラジコンヘリの操縦は、ラジコンヘリ本体とバッテリー、コントローラーがあれば誰でも始められます。

大きさも本体の機体が数十センチほどですし、重さも200g以下のものが多く、持ち運びもしやすいのです。

そのため気軽に屋外へ持ち運ぶことも出来て、すぐに操縦することが出来るのです。

この手軽さもラジコンヘリが趣味として人気があることの理由になります。

簡単さ

本物のヘリコプターを操縦するには複雑な操縦方法を覚えなくてはなりませんし、費用も沢山かかります。

しかし、ラジコンヘリであれば簡単に操縦することが出来ます。

一番簡単なものは、上昇と下降の二つの動作を操縦することが出来れば誰でもラジコンヘリを飛ばすことが出来るのです。

他の操作も一度覚えれば後は簡単に操縦出来ます。

自動車の運転も慣れると考えずとも運転出来るように、ラジコンヘリの操縦も慣れると簡単です。

しかも自動車と違い、客観的に機体を見ることが出来るので、より簡単に操縦が可能です。

例えば今右に傾いているから左に傾けて安定させよう、という操縦が期待を確認して出来るのです。

本体とバッテリー、コントローラーがあれば他に用意するものはありません。

オプションでパーツを追加することは出来ますので、自分の機体をカスタマイズしたい人にはカスタマイズの楽しさも味わえます。

簡単に始められて、簡単に操縦出来、カスタマイズの楽しさや、仲間と腕を競い合うことも出来るラジコンヘリはとても魅力的な趣味といえるでしょう。

新しい趣味にうってつけ!

ラジコンヘリは新しい趣味としてうってつけといえます。

気軽に始められますし、屋内、屋外と機体によっては色々な場所で飛ばせます。

さらに操縦を覚える楽しみがあり、どんどん操縦が上手くなるとますます楽しくなってきます。

自分の機体をカスタマイズして性能を上げたり、塗装をしてオリジナルな機体にするなど色々な楽しみ方があります。

またカメラ搭載の機体を購入すれば、ドローンのように空撮も楽しめます。

空から地上を空撮して動画をアップするなど操縦以外の楽しみも増えるのです。

気軽に始められて奥が深いので、色々な人におすすめ出来る趣味になります。

お子さんがいる家庭では、家族でラジコンヘリを趣味にすることもよいでしょう。

お父さん世代が子供の頃には手が届きにくかったラジコンヘリも、今ではゲームソフトと同じくらいの価格から購入出来るようになりました。

親子でラジコンヘリを飛ばして楽しい思い出作りをすることも出来ます。

このように、ラジコンヘリは新しい趣味としてうってつけなのです。

練習するのも楽しい!

ラジコンヘリは購入してから操縦出来るようになるまである程度時間がかかります。

しかし、その練習する過程もまた楽しいものです。

初めて手元にラジコンヘリが届き、初めて動作させる時の喜びから、操縦する喜びを味わい、どんどん自由に操縦出来るようになる喜びが味わえるのです。

練習は自分の体力を使うものではないので激しいスポーツのようなツラさはありません。

上手くなってゆく喜びと自分の機体に対する愛着が増してゆく趣味なのです。

そのため大人から子供まで幅広く楽しむことが出来るのです。

もちろん女性も十分に楽しめます。

気持ちの良い屋外で大空の下、楽しく練習をしながらラジコンヘリの世界を楽しみましょう。

最近話題の空撮もできる!

最近、ドローンを使用した空撮が話題です。

ドローンを使用して、今まで撮れなかった撮れなかったような映像も撮影が可能になりました。

映像のブレもなく、とてもきれいな映像が楽しめます。

そしてラジコンヘリにもカメラ搭載型の機体があり、ドローンと同じ様に空撮が楽しめるのです。

さらにラジコンヘリは旋回や推進のスピードの調整も細かく出来ますので、よりスリリングな映像も撮影出来ます。

まるで本物のヘリコプターに乗って撮影しているかのような臨場感ある映像が味わえます。

話題のVRで見られるようにすれば、正にヘリコプターに搭乗しているかのような映像体験が出来るでしょう。

 

ラジコンヘリのパターンとは?

ラジコンヘリには操縦方法やローターの仕組みの違い、そしてチャンネルの違いによる様々なパターンがあります。

それぞれ特徴があり、自分のニーズにあった機体を見つけることがラジコンヘリライフを楽しむためのポイントでもあります。

自動車にマニュアル式やオートマ式があるように、ラジコンヘリにも操縦方法に違いがあるのです。

この章ではラジコンヘリの操縦方法の違いによる特徴をお伝えします。

自分に合った操縦方法のラジコンヘリを選びましょう。

また、ローターの仕組みの違いも紹介します。

ローターの違いによる性能の違いもこの章で紹介しますので、参考にしてみて下さい。

さらにラジコンヘリのチャンネルについても説明してゆきます。

ラジコンヘリにチャンネル?と、初心者にはどのようなチャンネルがラジコンヘリにあり、どのような役目があるのか分からないと思いますので、ラジコンヘリのチャンネルの意味とその機能について説明してゆきます。

これらのラジコンヘリ独特の様々なパターンの違いを知り、最適な機体に出会うようにすれば、スムーズにラジコンヘリを導入して楽しいラジコンヘリライフを始めることが出来ます。

ショップやサイトで表示される専門用語も以前より理解出来るようになるでしょう。

実際にラジコンヘリを購入し、飛ばした際のイメージもしやすくなるので自分の思い描く飛び方が出来る機体を見つけることが出来ると思います。

それではラジコンヘリの操縦方法、ローターの仕組みの違い、チャンネル数による違いによるパターンの違いについてひとつひとつ説明してゆきます。

操縦方法の違い

それではまずは操縦方法の違いについて説明してゆきます。

ラジコンヘリには大きく分けてふたつの操縦方法があります。

ひとつ目はリモコン式の操縦方法です。

そしてふたつ目は電波式と呼ばれる操縦方法があり、どちらの機体も沢山の種類があります。

リモコン式はその名の通り、リモコンを使い操縦するのだとイメージ出来ると思います。

ですが、初心者には電波式という操縦方法がどのようなものか、ちょっとイメージがしずらいのではないでしょうか?ここではリモコン式、電波式それぞれの操縦方法の特徴や長所、短所などについて説明してゆきます。

初心者にはリモコン式

初心者におすすめの操縦方法は、こちらで説明するリモコン式の操縦方法になります。

おすすめする理由は価格が安く、小型のものが多く軽量のためにお子さんや初心者にも扱いやすいことが挙げられます。

ただし、このリモコン式のラジコンヘリは赤外線を利用して信号を飛ばして操縦するので、日中の強い日差しがある屋外では飛ばすことが出来ません。

また人や建物の陰に機体が隠れると赤外線が遮断されてしまい、操縦が不可能になってしまいます。

赤外線が届く距離も7メートルほどなのでそれ以上遠くへは飛ばせないことになります。

もちろん障害物の無い室内では自由に操縦が出来るので、室内で操縦を楽しみたい人向けの機体になります。

慣れている人は電波式

そしてラジコンヘリの操縦経験者や慣れている人にはこちらで説明する、電波式の操縦方法をおすすめします。

実際経験者の多くが電波式の機体を操縦していると思います。

しかし、初心者には電波式の操縦方法はどのようなものか分からないでしょう。

ラジコンヘリの世界における電波式の操縦方法の特徴とは、電波が障害物で遮断されないために屋外でも自由に飛ばすことが出来るところにあります。

また、日中の強い日差しの影響も受けずに操縦出来、電波の届く距離も短いものでも十数メートルはあり、高価な機体はかなり遠距離まで電波が届くので、その分遠くまで飛ばすことが出来るのです。

本格的にラジコンヘリの世界にハマり、より高度で十な操縦を楽しみたい方にはこの電波式のラジコンヘリが向いているでしょう。

見分け方はコントローラーを見よ!

いかがでしたでしょうか?このリモコン式、電波式の機体の違いは、もちろん商品の情報欄に記載されていますが、簡単な見分け方があります。