普通、ナンパと言えば男性から女性に対して声をかけることが一般的ですが、
逆ナンパの女性から男性に声かけることもありな世の中。

とは言っても逆ナンパなんてされる男性なんて相当イケメンなんじゃないの?
逆にイケメン過ぎるとナンパはされないものです。

逆ナンパされる確率が高くなるコツは、 場所や時間などが70%を占めます。

そして相手の容姿や雰囲気です。

もし自分がナンパする立場になったときに、美少女や誰もが羨むような女性に声をかけるでしょうか? 
恐らく彼氏がいるんじゃないの?

「 声をかけたところで軽くスルーするだろうな」
一般的にマイナスなことを考えますよね。

そうなんです、逆ナンパと言ってもナンパはリスクが伴います。

声をかけて女だからと言って全ての男性が落ちるワケじゃない。

特に女性は逆ナンパに慎重ですから、確率の良い相手にしか声をかけません。

場所、雰囲気、全ての確率が高い相手に声をかけます。

だからこそイケメンに声はかけにくい。

逆ナンパされるためにやりたい6個のことを紹介!

「そっか!逆ナンパはイケメンよりも普通の男性が逆ナンパされやすいのか!
じゃあ、待っていれば声かけてくれるかな!?」と安易に思ってはダメです。

確かにイケメンよりは普通の男性に声をかけやすいのが逆ナンパですが、
それでも場所や時間、雰囲気など全てを備わっているからこその逆ナンパです。

たしかに女性としても人恋しい時間や状況もあり、
誰でも良いから声でもかけてみようかな?と思う方もいます。

ですが、「誰でも良い・・」も微妙なラインなのです。

見るからに怪しい男に声をかけるようなジャンキーな女性は少ないです。

できることなら「あ、なんかイイ感じ」な男性を少なかれ狙っています。

「あ、なんかイイ感じ」は案外ハードルが高い部分でもあるのです。
まず、清潔感、服装、話かけやすそうな雰囲気です。

容姿は普通と言いながらも逆ナンパをする女性の好みも含まれます。

例えばヒゲが好きな女性もいれば、ヒゲだけはカンベン!
色黒系男が好きな女性もいれば、色黒は生理的にムリという女性もいます。

こればっかりは運も20%ほど含まれることで仕方ない。

とは言っても普通でいれば「好み」で左右されるリスクも少なくなります。

逆ナンパをされたいのであれば、少なかれ個性的なスタイルはしないことです。

ごくごく普通のタイプで話しかけやすい表情や雰囲気が大事ですね!
そこに場所や時間がプラスされたら逆ナンパされることもアリと言えるでしょう。

1.逆ナンパされやすい場所を知ろう

まず、ナンパといえば場所ですよね。

通称ナンパ橋なんて言われる場所もあるほど70%は場所で決まると言って良いでしょう。

ナンパされやすい場所は声がかけやすい場所と言ってよいですね。

例えばアルコールが入っている場所や照明が暗い場所などは逆ナンパするのに最適ですね。

また、人数も大きく関係しています。

声がかけやすい場所は基本的に相手も声をかけられることもありかな?
多少の期待はしているものです。

ですから逆ナンパされても多少の驚きがあってもありえなくないのです。

ありえなくないと言うことは逆ナンパが成功する確率も高くなります。

逆ナンパと言うことは非現実的な出来事です。

だからこそ非現実的な場所で解放的な場所が合うのです。

クラブ

クラブは照明も暗いですよね。

そして音楽やアルコールも飲んでいることも多い。

逆ナンパする立場とすれば絶好の場所と言えます。

クラブに来る方もある程度、普段の日常を忘れて弾けたい願望があります。

声をかけられても相手次第ではOK!

リズムに合わせて開放的になっていますから、気持ち的にもテンション高くなっていますよね。

相手が怪しいとか警戒心も弱くガードが少ない。

とくに男性であれば尚更。

クラブは基本的に常連が多い。

まず1人で初めてのクラブに出入りすることは少ないものです。

『毎週末に来てるよね?』なんて感じで声をかけることも多いと思います。

声をかけられる側も『君も?先週末いたよね?』など案外顔なじみ。

顔なじみじゃなくても普通に『一緒に飲みませんか?』
軽いノリで声をかけることができます。

 
逆ナンパが普通にやりやすい絶好の場所です。

ライブハウス

ライブハウスも同様に照明が薄暗い暗闇で逆ナンパには最適な場所ですね。

ライブハウスは1人で来ている方も多い。
1人であれば余計に逆ナンパがしやすいと思います。

ライブハウスの良いところは話が比較的に盛り上がりやすく、
最初の声かけの言葉も話しやすい。

嫌いなアーティストのライブに行くことはないのですから、共通点が繋がります。

『盛り上がたね!結構 ○○のライブは来てるの?』
『いや、今回初めてなんだよ、やっぱりライブはいいね!』
お互いライブ終わりはテンションも高くなっています。

むしろ、この興奮を誰かと分かち合っていたい気持ちになりますよね。

ライブが縁で結婚まで結ばれる男女も少なくありません。

お互い共通点があることは盛り上がりますし、話しかけやすいと言えます。

逆ナンパもしやすいですよね。

一人飲みができるバーやカフェ

1人でいることはかなりのキーワード。

逆ナンパはグループで声かける方もいますが、1人で声をかけることも多い。

とくに夜のバーやカフェにいることは終電乗り遅れたかな?
きっと時間つぶしかな?など訳ありが多いですよね。

終電終わった時間であれば1人で過ごすよりは、
誰かと飲んでいる方が時間つぶしになります。