普通、ナンパと言えば男性から女性に対して声をかけることが一般的ですが、
逆ナンパの女性から男性に声かけることもありな世の中。

とは言っても逆ナンパなんてされる男性なんて相当イケメンなんじゃないの?
逆にイケメン過ぎるとナンパはされないものです。

逆ナンパされる確率が高くなるコツは、 場所や時間などが70%を占めます。

そして相手の容姿や雰囲気です。

もし自分がナンパする立場になったときに、美少女や誰もが羨むような女性に声をかけるでしょうか? 
恐らく彼氏がいるんじゃないの?

「 声をかけたところで軽くスルーするだろうな」
一般的にマイナスなことを考えますよね。

そうなんです、逆ナンパと言ってもナンパはリスクが伴います。

声をかけて女だからと言って全ての男性が落ちるワケじゃない。

特に女性は逆ナンパに慎重ですから、確率の良い相手にしか声をかけません。

場所、雰囲気、全ての確率が高い相手に声をかけます。

だからこそイケメンに声はかけにくい。

逆ナンパされるためにやりたい6個のことを紹介!

「そっか!逆ナンパはイケメンよりも普通の男性が逆ナンパされやすいのか!
じゃあ、待っていれば声かけてくれるかな!?」と安易に思ってはダメです。

確かにイケメンよりは普通の男性に声をかけやすいのが逆ナンパですが、
それでも場所や時間、雰囲気など全てを備わっているからこその逆ナンパです。

たしかに女性としても人恋しい時間や状況もあり、
誰でも良いから声でもかけてみようかな?と思う方もいます。

ですが、「誰でも良い・・」も微妙なラインなのです。

見るからに怪しい男に声をかけるようなジャンキーな女性は少ないです。

できることなら「あ、なんかイイ感じ」な男性を少なかれ狙っています。

「あ、なんかイイ感じ」は案外ハードルが高い部分でもあるのです。
まず、清潔感、服装、話かけやすそうな雰囲気です。

容姿は普通と言いながらも逆ナンパをする女性の好みも含まれます。

例えばヒゲが好きな女性もいれば、ヒゲだけはカンベン!
色黒系男が好きな女性もいれば、色黒は生理的にムリという女性もいます。

こればっかりは運も20%ほど含まれることで仕方ない。

とは言っても普通でいれば「好み」で左右されるリスクも少なくなります。

逆ナンパをされたいのであれば、少なかれ個性的なスタイルはしないことです。

ごくごく普通のタイプで話しかけやすい表情や雰囲気が大事ですね!
そこに場所や時間がプラスされたら逆ナンパされることもアリと言えるでしょう。

1.逆ナンパされやすい場所を知ろう

まず、ナンパといえば場所ですよね。

通称ナンパ橋なんて言われる場所もあるほど70%は場所で決まると言って良いでしょう。

ナンパされやすい場所は声がかけやすい場所と言ってよいですね。

例えばアルコールが入っている場所や照明が暗い場所などは逆ナンパするのに最適ですね。

また、人数も大きく関係しています。

声がかけやすい場所は基本的に相手も声をかけられることもありかな?
多少の期待はしているものです。

ですから逆ナンパされても多少の驚きがあってもありえなくないのです。

ありえなくないと言うことは逆ナンパが成功する確率も高くなります。

逆ナンパと言うことは非現実的な出来事です。

だからこそ非現実的な場所で解放的な場所が合うのです。

クラブ

クラブは照明も暗いですよね。

そして音楽やアルコールも飲んでいることも多い。

逆ナンパする立場とすれば絶好の場所と言えます。

クラブに来る方もある程度、普段の日常を忘れて弾けたい願望があります。

声をかけられても相手次第ではOK!

リズムに合わせて開放的になっていますから、気持ち的にもテンション高くなっていますよね。

相手が怪しいとか警戒心も弱くガードが少ない。

とくに男性であれば尚更。

クラブは基本的に常連が多い。

まず1人で初めてのクラブに出入りすることは少ないものです。

『毎週末に来てるよね?』なんて感じで声をかけることも多いと思います。

声をかけられる側も『君も?先週末いたよね?』など案外顔なじみ。

顔なじみじゃなくても普通に『一緒に飲みませんか?』
軽いノリで声をかけることができます。

 
逆ナンパが普通にやりやすい絶好の場所です。

ライブハウス

ライブハウスも同様に照明が薄暗い暗闇で逆ナンパには最適な場所ですね。

ライブハウスは1人で来ている方も多い。
1人であれば余計に逆ナンパがしやすいと思います。

ライブハウスの良いところは話が比較的に盛り上がりやすく、
最初の声かけの言葉も話しやすい。

嫌いなアーティストのライブに行くことはないのですから、共通点が繋がります。

『盛り上がたね!結構 ○○のライブは来てるの?』
『いや、今回初めてなんだよ、やっぱりライブはいいね!』
お互いライブ終わりはテンションも高くなっています。

むしろ、この興奮を誰かと分かち合っていたい気持ちになりますよね。

ライブが縁で結婚まで結ばれる男女も少なくありません。

お互い共通点があることは盛り上がりますし、話しかけやすいと言えます。

逆ナンパもしやすいですよね。

一人飲みができるバーやカフェ

1人でいることはかなりのキーワード。

逆ナンパはグループで声かける方もいますが、1人で声をかけることも多い。

とくに夜のバーやカフェにいることは終電乗り遅れたかな?
きっと時間つぶしかな?など訳ありが多いですよね。

終電終わった時間であれば1人で過ごすよりは、
誰かと飲んでいる方が時間つぶしになります。

多少、好みじゃなくても気にしないものです。

バーやカフェであれば声かけるまでに相手の行動を見ることができます。

相手が待ち合わせなのか?それとも暇なのか?携帯の確認の頻度でわかりますよね。

バーで逆ナンパされても意外ではない。

逆ナンパもありだな?と思える場所です。

また、いきなり声をかけないで、
マスターから遠回しにアルコールを「あちらの女性からです」的なサプライズも。

ま、ベタと言えばベタなやり方ですが、その対応で相手の様子が見ることができますよね。

海は開放的な場所ですよね。

1人でシーズン真っ最中な海に行くような女性は少ないですが2名から3名で海に遊びに行く方は男女共に多いもの。

相手も同人数や近い人数であれば『良かった一緒にビーチボールしませんか?』
声をかけることも海であれば普通てますよね。

海は相手が誰とか関係なく、今、この瞬間を楽しめれば良いわけです。

そもそも海に来ている大半は地元ではなく近隣の都道府県から遊びに来ているわけです。

いきなり声かけるときに『地元ですか?東京ですか?』なんて聞いたりしません。

相手が自分と違う都道府県に住んでいても海で出会えて、
ひと夏を楽しめれば良いだけの話です。

だからこそ、長続きするような関係はあまり期待できません。

女性が1人の場合の逆ナンパは男性が複数の方に声かけることはあまりありません。

どちらかといえば、海の家で働いている方や、屋台など地元の男性に声かけることが一般的です。

居酒屋

居酒屋にもよりますがグループで飲んでいる場合は、
隣の席のグループに声かけることが多いです。

『良かったら一緒に飲みません?』
女性から逆ナンパされて『いや、ごめんなさい』なんて断る男性グループは少ないのでは? やはり居酒屋もノリが大事。

付き合うとかよりも一緒に飲んで盛り上がれば良いかな?それが居酒屋という場所です。

男性同士のサラリーマンもカウンターでたまたま隣同士に座ったお客さん同士で意気投合!
それと同じく居酒屋で1人で飲んでいる女性客と男性、
お互い最初は別々のお客であり会話することもなく飲んでいても、
そのうち居酒屋の主人が交えて自然に会話して仲良くなって行くこともあります。

逆ナンパと言えば逆ナンパですが、違和感なく関係が深まって行くのが居酒屋かも知れませんね。

2.ムスっとした表情はしない

逆ナンパがされやすい場所は何となく分かりますよね!
でも肝心なことは逆ナンパされやすいタイプかということです。

どんなに場所的に一致していても話しかけにくければ意味がないのです。

話しかけにくい相手とはどんな方でしょうか?
その答えは簡単です。

自分だったらこんな人には声をかけない!と思うような相手ということです。

どんなに美しくても可愛くてもピリピリムードの女性に声をかける方はいません。

ムスッとしているような表情の男性に声をかける女性がいるでしょうか?
いる訳ないですよね!
ピリピリと機嫌が悪い相手であれば極力ちかくにいたいと思いません。

「そう言えば職場にいても話しかけて来ないな・・・」と感じるのであれば、
表情のチェックをする必要があります。

職場でも話しかけやすい相手と話しかけにくい相手はいますよね?
話しかけにくい相手は基本的にムスッと常に面白くない表情をしている方です。

とくに逆ナンパであれば相手の性格を知るよしもありません。
あくまで第一印象、顔のイメージで「この男性なんだか優しそう、ノリが良さそう」
と感じるのです。

表情がムスッとしているけれど心は温かいヤツなんだ・・・
そんなこと逆ナンパで知るワケがないのですから第一印象の表情は大事です。

口角が上がっていて人懐っこい人の方が声を掛けやすい

では、話しかけやすい相手とはどんな表情なのでしょうか?

例えば口角が下がっているよりも断然に口角が上がっている方ですよね!

口角が下がっている方のイメージは「不機嫌そう」「難癖をつけそう」「つまらなそう」
口角が上がっている方のイメージは「優しそう」「明るい感じ」「フレンドリーな感じ」
普通、人間が笑うときは口角が上がるものです。

笑うということは機嫌が良くて楽しいときじゃないと笑いませんよね?
常に口角が上がっている方は基本的にフレンドリーな方が多いのです。

話かけられても何らか言葉で返してくれるような明るさがあります。

しかし口角が下がっていると話しかけても顔を縦に振ったり合図する程度で、
イマイチ意思表示がわからない。

逆ナンパであればフレンドリーなタイプの方が絶対的に声をかけられる割合が高い。

ニヒルな男性に声をかけるということは女性としては相当なチャレンジャー。

もし、自分ならどうしますか?
口角が上がっている女性と口角が下がっている女性が2人並んでいたら、
間違いなく口角が上がっている女性に声をかけると思います。

口角が上がるということは若々しく可愛らしく見える人懐っこさがあります。
しかし口角が下がっている女性は老けていてオバさんくさいイメージがありますよね。

男性も同じなのです。

口角が下がっていることで偏屈なオジサンに見えてしまうことがあります。

自分で思っている以上に口周りの筋肉は緩んで無防備なことが多いです。
逆ナンパされることを期待しているなら表情筋も注意したいところ!

3.ヤンキーのような格好はしない

ちょっとくらい悪い男が好き!
それは昭和の話であり、今の時代はヤンキーは正直モテない。

ヤンキーの良さは性格を知っているからこそ、可愛く見えたりするのです。

逆ナンパのような第一印象が全てのような場所でヤンキーに声をかけるとすれば、
同じ香りがするヤンキーの女性しかいません。

そもそも何故、ヤンキーはもてないのでしょうか?
それは圧倒的にファッションセンスだと言えます。

例えばベロアのジャージやスカル柄は女性が一番キライな服装と言っていいでしょう。

ヤンキーはオーラを放ってこそヤンキーなワケです。

だからこそ「オラオラ系のファッション」を自分から選びますよね?

その服装は威圧感を与えてナンボですから、
女性としても男性としても普通に近寄りたくない。

ヤンキーが可愛いとか、モテた話は学生時代だからこそです。

少なくても社会人になってヤンキーがモテるという考えはやめた方が良いです。

怖いと思われたら危険を感じて声は掛けられない

例えば黒系でまとめたファッションはセンスによっては、
カッコ良くも見えたり、怖くも見えたりするところがあります。

黒スーツに白系シャツであれば普通ですよね。

そこに普通の黒髪に肌色であれば不自然な怖さは感じません。

しかし、黒スーツに黒ワイシャツで茶髪に色黒の肌であれば、
どうでしょうか?なんか「水商売系?」と思わず感じてしまいます。

全身黒の服装を選ぶ方は基本的に無駄なアクセサリーを装飾したがる傾向があります。

クロムハーツの指輪やネックレスなどを身につけることでクールな男を演じたがる。

男性は心のどこかで「バカにされないように」と競う感情があります。

とくにバーなどに行けば少し背伸びをしたくなるもの。

全身モノトーン系の服装では女性としては声がかけにくいものです。

だからといって腰履きジーンズにトレンドを取り入れすぎたファッションもチャラさが全身から滲み出ています。

アクセサリーを身につけすぎることは「水商売系」な男性と感じられても仕方ない。

女性に相手してほしいワケで男性が対象なワケではないのです。

男性にバカにされることや威圧感を与えるのではなく、
女性に好かれるような安心できるファッションを選ぶようにしてください。

基本的に指輪やネックレス、ブレスレットは外しておいた方が正解ですね。
また、ワイシャツのボタンも1つ2つ程度が理想です。

3つも開放していると「怪しい」と感じられるポイントになるので要注意!

清潔感がありオシャレな人には声を掛けやすい

男女だれでも清潔感のない人に声をかけようとは思わないもの。

とくに女性から声をかける逆ナンパであれば尚更かもしれません。

清潔感は人によって幅が違うものです。
例えばヒゲが生えている男性を清潔と思えない女性もいます。

でも、それはヒゲが汚いと言うよりは外見的に汚く見えることですよね?

服装からして身なりが汚い、だからヒゲも汚く見える。

おしゃれでヒゲに似合う服装を着ていたら、ヒゲもカッコ良く見るものです。

服装はかなり女性としては厳しく見ている部分もあります。

多少の好みがあるとは言え、最低限のオシャレは身につける必要がありますね。

シャツが中途半端に出ているとルーズファッションではなく、
本当にルーズでだらしない印象にしか見えません。

ケバだっているヨレ感があるスーツも高級だとしてもおしゃれとは言えない。

とにかく清潔感をかんじない男性は女性としてはNGなワケです。

4.整い過ぎていない外見

ではキレイで整った服装が良いのかと言えば、
必ずしもYESとは限らないのです。

カッチリとスーツを着てポケットチーフなんか入れていると、
居酒屋やバーには似合わないスタイルですよね?

大事なことはシーンにマッチしているコーディネートといういことです。

整い過ぎている外見は逆に「自分に声をかけてくれ!」というオーラがでています。

要するに注目されたいために頑張って整えてきました!ということですね。

また、整い過ぎている服装は几帳面に見えたり、堅物なイメージもあります。

きっと難しいような職業をしているのかも?

「几帳面そうでマジメな感じだから話して面倒な感じする」
女性としては立場が違うようなイメージをもってしまいます。

ルーズすぎることも、整い過ぎていることも外見的には難しいところです。

「過ぎる」の調整は自分自身で何処までから何処までかを知るべき。

本当におしゃれな方は基本的にシーンに合わせてコーディネートをしています。

居酒屋やバーであればネクタイを外して、
第一ボタンをあけてラフなスタイルが合います。

ちょっとしたことでも声をかけやすくなり、違和感をかんじないものです。

整い過ぎることが逆にマイナスになっている場合もあるから要注意したいところですね!

声を掛けても断られそうと思われないように

やっぱり逆ナンパをする女性側だって、かなりの勇気が必要です。

断られると凹みますよね。

ですから逆ナンパをする女性は、
基本的に声を掛けても断られないような男性を探しているものです。

例えば1人でいるけれど真剣な顔でPCを長時間作業をしていると、
めちゃくちゃ仕事モード全開なワケで声をかけることに躊躇しますよね。

また、暇だからと言ってスマホでずっと電話をしていることも、
声をかける隙間がありません。

スマホやパソコンは時間潰しにはなりますが、逆に夢中になってしまうことがあります。

声を掛けてほしいのであれば、多少なり暇だな・・・というオーラは必要ですね!

一人で酒を飲みながら適度にスマホをチラ見したり、
さりげなく周囲を見渡してみることも大事ですよ。

周囲を見渡しているときに女性と目をが合うこともありますよね。

そんなときはさりげなくニコッとすることも効果的かもしれません。

「あ、この人なら話しかけても大丈夫そう?笑顔で返してくれたし」
と相手にアクションを与えることができます。

5.暗い雰囲気は出さない

ニヒルと暗いは全く違うものです。

「あの人、ダンディーな感じでニヒルでカッコイイ」と、
一瞬的に物静かな男性は大人のムードを感じさせて素敵なものです。

しかし、物静かもヒトツ間違えると「暗い雰囲気」に魅せてしまいます。

例えば1人でアルコールを飲んでいるとします。
そのときにグラスを回しながら「はぁ~」思わず考え事をしていて溜息をこぼす。

溜息は1度こぼすと自分では気づかない間に何回か繰り返していることが多いものです。

溜息をこぼすような男性は何か問題があり、疲れているように見えます。

「今の現状につまらない」そんなオーラを感じさせてしまいます。

それでなくてもバーなどは照明も暗いもので、黙っていると暗い雰囲気に見られがちです。

もちろん、1人でいてヘラヘラしていることも逆に気持ち悪いものですが、
溜息は絶対にNGですよ。

ノリが良さそうな相手には声を掛けやすい

男女共にノリが良さそうな相手はどこでも声を掛けやすいものです、
ノリが良さそうな方は普段から職場でもプライベートでも人が集まっているもの。

モテているものです。

自分の周囲には人があまり集まらないな・・・と感じている方は、
もしかしたらノリが良さそうに思えないオーラがあるのかも知れませんね。

ノリが良さそうと感じるポイントはグループでいたら会話に率先して溶け込んでいるタイプで発言も多い方ですね。

常に全力なイメージがアクティブでポジティブなイメージです。

1人でいるなら基本的にヒトツの物だけを見ていない方です。

スマホなど集中していることでノリが良さそうに思えません。

チラッと周囲に目を向ける、少し落ち着かない雰囲気に逆に必要かもしれません。

もちろん逆ナンパは女性から声をかけてもらうからこそ逆ナンパですが、
声をかけやすい雰囲気を作ってあげることもノリの良い人間のやること。

だからこそ、ノリが良い性格は思っている以上にエネルギーが必要なのです。

6.暇そうにする

暇そうにすることは絶対的に必要なことですよね!
忙しそうな方に声をかける女性なんて絶対にないのですから。

暇そうにしていることで「暇そうだから声かけたら喜びそう」という自信に繋がります。

暇そうにすることは基本的にさりげなく人間観察をしていること。

あまりにキョロキョロすると誰かを探しているようにも見えてしまいます、
待ち合わせの人なのかな?と感じさせてしまうと声をかけにくくなりますよね。

さりげなく目で人間観察をしていると逆ナンパしようとしている女性とも目が合わせやすくなりますから、目でアクションを起こすことができます。

軽く会釈をしても良いかもしれませんよ?

逆ナンパをする女性も自分が好かれている?
自分に興味を示してくれるほうが、リスクなく声をかけることができます。

笑顔や軽い会釈をすることで避けられている感はゼロですよね。

せっかく目が合ってもサッと目を逸らしてしまうと避けられている感があります。

忙しそうな相手には声を掛けずらい

逆ナンパの最初の一言は「今、暇ですか?」という言葉が多いものです。

ですから相手は暇そうな男性を探していることは絶対です。

仕事をしていたり、スマホで会話に夢中だったり、声をかける隙間がありません。

またメールやLINEに夢中すぎると待ち合わせしているのかもしれない?
逆ナンパする女性も断られない男性を探しています。

せっかく声をかけても「今から人が来るんだ」なんてベタな状況は避けたいですよね。

そもそも声をかけて不発だった場合は一緒にいる空間も居にくいものです。

だからこそ失敗はしたくない。

忙しそうに見えないようにする方法は簡単です、
何もしなければ良いのです。

とは言っても人間は暇な時間にボッーとしていることが案外苦手です。

できればバーのモニター映像を見ていたり、新聞や雑誌程度を見ているといいかも。

でも集中していないように時折、チラリと周囲を見渡すこともポイントですね!

女性はどんなときに逆ナンパをしようと考えるのか

女性から声をかける逆ナンパ。

普通なら男性から声をかけることが一般的なイメージがありますよね。

逆ナンパをする女性は何故、男性に声をかけようとするのでしょうか?
やはり男性の心理と同じく女性だって単純に遊びたいのです。

まじめな女性ばかりではありません、アッチコッチと男クセの悪い女性もいます。

またイライラすることがたまっていると非現実的な世界を感じたいときもあります。

お酒を飲んでいると人恋しくなり電話をかけまくる方いますよね?

結局のところ女性の逆ナンパは男性のナンパよりは少ないように感じますが、
求めていることは男性と何の違いはないのです。

今や女性も社会進出をする時代で男女平等の世界です。

むしろ男性の方がスィーツや手作り弁当に興味を持ち女性化していき、
女性の方がアルコール好きになり、DYIをしたりと男性化してきています。

だから逆ナンパなんて驚くことでもなく普通のことなのかも知れないですね!

単純に遊びたいとき

男性でも1人に一途なタイプもいれば、
途切れなく色々な女性と付き合うタイプもいますよね!

女性も1人の特定男性と付き合うよりは複数と遊んでいる方が楽しい方もいます。

基本的に単純に遊びたいときに逆ナンパをする方は馴れていると言えます。

普段から男性友達も多く声をかえることも何となくサラッとできる。

だから逆ナンパをしても失敗はあまりないでしょう。

遊び馴れている人は基本的に声の掛けかたも上手で、
違和感なく声をかけることができます。

また、「この男性はムリだな」という見極めも出来ているのです。

単純に遊びたいと思っていて逆ナンパをしてくる女性は、
後腐れもなくて男性としても普通に遊ぶことができるかも知れませんね。

彼氏とうまくいっていないとき

彼氏とうまくいってないときにヤケになって逆ナンパしてくる女性は、
結構キケンと言えばキケンかも知れません。

とにかくストレスが溜まっているからこそ逆ナンパという行動にでるわけです。

でもスッキリと別れるのかと言えば彼氏とは別れない。

だけど逆ナンパをしてきた相手と今後も連絡をとりたい、
要するに彼氏とケンカしたときようにキープしたいだけかも知れません。

逆ナンパをしてきて「彼氏の不平不満」を話はじめる女性は、
基本的に彼氏と本気で別れるつもりはありません。

ただグチを聞いてほしい気持ちや、彼氏も浮気したから私も浮気する!
みたいな一時的な感情と思って相手した方が良いでしょう。

彼氏がいるのに連絡交換する逆ナンパ女性は完全にキープ男性を探しています。

ま、キープでもいいかな?と思えるなら連絡効果をするのも良いでしょう。

しかし最悪、彼氏に見つかり「彼女をそそのかした野郎」なんて言われないように、
注意も必要ですよ。

お酒に酔っているとき

お酒に酔っているときは人は大胆になれるものですよね、
また何故か人恋しくなります。

お酒の勢いにまかせて酔ったふりして相手を誘うことで、
シラフで声をかえるよりもグッとハードルや気持ちが下がることができます。

普通にシラフのときに「一緒に飲みません?」と誘って、
相手の男性がマジに「いや、ちょっと彼女がいるのでゴメン」なんて言われると、
かなり凹んで、その場にいることが恥ずかしくなります。

しかしお酒が入っていて実は差ほど酔っていないとしても、
酔ったフリをしつつ「一緒に飲もう~ね?」なんて甘える口調もできます。

もし断られたとしても「ちょっと酔いすぎだよ~大丈夫?」と
相手も笑いながらスルーすることが多いです。

やんわりと逃げている感がわかり、傷つくことも少ない。

お酒が入っているときは普段は見せない姿もさらけ出すことができるのです。

ですが、本気でお酒に酔っている場合は朝になり「あんた誰よ?」と、
後悔することも少なくはないので、こちらも注意が必要ですね。

テンションが上がっているとき

テンションがあがっているときはアルコールが多少なり入っているもの、
陽気な気分でいると気分も楽しくなるものです。

気分が楽しいということはマイナスなことを考えない、
とにかく自分の思うように事が進んでいるように思えるのです。

これが妙な自信につながり逆ナンパをしてしまうことになるのです。

テンションも高いし!このテンションのままで逆ナンパしちゃおう!
テンションが高い場合は1人でいるときよりも複数で行動しているときが多いですね。

例えばフェスや海など女友達と2人でいるときに、
「男がいた方が盛り上がるし!」みたない感じで声をかけます。

1人でテンション高い場合であれば1人に見に行ったライブや、
あとはプライベートなど仕事で成果がでたときに誰かに話したいときですよね。

好きなタイプの人をみつけたとき

逆ナンパと言えど、基本的に自分の好みなタイプに声をかけます。

とくに「わぁ。

ドストライク!」的な男性を見つけたら、
声をかけたくなるのは当然ですよね。

相手が暇そうにしていたり、話せる隙があれば思わず声をかけてしまいます。

また、複数でいる場合も友達同士で「あの人、めちゃくちゃタイプだわ。

声かけちゃおうか?」なんて感じで盛り上がることがあります。

逆ナンパといえ、好きなタイプの人を見つけたときは結構本気モード。

一時的な遊びの出会いと言うよりは今後も付き合って行きたい!という気持ちが強い。

声をかえた後も「めちゃくちゃタイプなんですよ」とテンション高く会話してくるでしょう、それは男性としても気分よくなる瞬間ですよね。

マイナス面としては、
逆に外見で惚れているので「話してみたら何か違うな・・・」なんてこともあり。

熱しやすくて冷めやすい部分もあります。

一度、自分の手に入れたら満足した!ということだってあるかもしれません。

「めちゃくちゃ私のドストライク」と言われて浮かれすぎると、
後で突き落とされることもあります。

逆ナンパされるときに注意すること

男性がナンパしてくることよりも女性から逆ナンパされることは、
まだまだ一般的ではないから「怪しい」と少し勘ぐることも大事です。

怪しいと疑うべき行動は、あなた自身に声をかける意味です。

例えば水商売の勧誘や女性が働いているべき店に連れて行かれるなんてことは、
案外よくある話ですよね。

もっと酷い場合は結婚詐欺やデート商法もあるかもしれません。

でも、それはある程度の声かけてくる女性の雰囲気を見れば、
「この女性は商売系だな」など想像はつくことができます。

安易に「こんなキレイで若い女性が逆ナンパしてくるなんてラッキー」と
喜ぶよりも「何かあるのでは?」と少し勘ぐることも大切ですね。

ホストの勧誘の可能性がある

よくある街中でキャバクラなどホステスの勧誘。

それと同じようにバーや居酒屋などでホストとして働けるような男性を、
物色していることもあります。

基本的にホストの勧誘であれば専用のスカウト女性か、
またはオーナー的な女性である場合があります。

ホストの勧誘目的あれば必要なことを聞いてくるのも早いです、
あまり思わせぶりな会話で長々と時間をとることはありません。

ホストの仕事に全く興味がないのであれば断ることもできますし、
そこまでしつこくグイグイくることもないでしょう。

ただ、「絶対にホストにしたい」という気持ちが強いと、
断ることも結構難航するかもしれません。

また、自分が働いているお店に連れて行かれないように注意!

自分が働いているお店に連れて行くことは、
かなりの割合で多いかもしれない。

イチバン注意したい怪しい逆ナンパですね。

自分が働いているお店に連れて行くような理由であれば、
基本的に水商売の女性と判断しやすいと思います。

やたら声をかけてくる口調が上手い、
服装や化粧なども派手であれば水商売の女性と思って良いでしょう。

最初の20~30分程度は、たわいものない話をしているのの、
途中から「場所を変えない?」や「連れて行きたいイイ場所がある」など、
男性の態度を見ながら話の内容を変えてくるものです。

素直に水商売で働いていると言ってリーズナブルな価格で迫ってくるケースもあります。

また、オフの日に客となる相手を物色し連絡交換させて、
のちのち自分の働いている店に連れて行くこともあるので注意してください。

お金目的の可能性がある

いかにもキレイで若い女性が逆ナンパをしてきた!
そんな出来事があると浮かれるよりも男性側も怪しいと感じると思います。

まして居酒屋やバーに行くことが多い男性であれば見る目もあります。

何故、若くてキレイな女性が逆ナンパをするかと言えば、
お金目的だからかも知れません。

とくに怪しいと疑いたくなる状況は年の差ですよね。

40代~50代の男性に20代の女性が逆ナンパすることは不自然な感じがします、
もちろん単純に年上男性が好きな女性かもしれません。

お金目的であれば会話もチョイチョイとお金に関係するような内容に繋がってきます。

「仕事は何しているの?」「車は持っているの?」などは分かりやすいですね、
また、見せてないのに「時計、●●だね?」など腕時計に目が行く女性も、
お金関係が目的と考えていいかもしれません。

お金目的な可能性があるとグイグイと質問して行くタイプが多いので、
やたら質問攻めだな・・・と感じる場合は正直に全て話さないように注意しましょう。

車種をすぐに聞き出そうとする女性には注意!

車種を聞けば収入は検討がつきやすいです。

外車や高級車を所有していて独身であれば家が金持ちか、
仕事である程度収入を貰っていることも想像できますよね。

車種で相手の財布状況を見る女性は基本的に「私、趣味がドライブなの」
「車が大好きで・・・」と車に興味あるような話を振ってきます。

でも基本的には車というよりは遠まわしに金銭面を探っているのです。

「仕事は何をしているの?」「時計」などで話を広げると収入が気になる?
なんて勘付かれてしまう場合も多いです。

ですが車であれば単純に趣味と疑われないと分かっているのです。

車種は案外仕事よりも相手の財布事情がわかるもの、
「えーベンツとか乗っているの?すごいねぇ」なんて女性から言われると、
「いやいや、親の所有だし」なんて謙遜して言ってしまう男性もいます。

遠まわしに実家がそこそこ裕福だということもわかりますよね。

車種のことを詳しく聞いてくる場合は怪しいと思ってもいいかも、
よくよく考えてみても男性がどんな車に乗ってようが女性にとっては関係のないことですからね?そこを詳しく聞いてくるのであれば何かあります。

最後に

逆ナンパをされると男性としては嬉しいものですよね、
思わず二つ返事でOKしちゃうことも多いと思います。

ですが、やっぱり逆ナンパは何かあると考えてみることも忘れてはいけない。

とくにクラブや街中であれば、お金目的の援助交際的なこともあります。

援助交際であれば堂々と最初から声をかけてくることも多いので、
わかりやすいかもしれません。

イチバン、タチが悪いことは結婚詐欺的な逆ナンパです。

結婚詐欺的な逆ナンパであれば長期戦が考えられます、
逆ナンパをしつつも一線を越さないピュアな部分で相手の心を吊る。

連絡交換やデートは繰り返すけれど付き合おうと言わない・・・など不自然なことも多いのが結婚詐欺やお金を目的とした逆ナンパかもしれません。

何らか不自然な態度や会話を感じるのであれば、その直感は当っています。

長く付き合えば付き合うほど相手は怪しくないと感じてしまうものです。

最初の頃に感じる「不自然さ」「怪しさ」を信じると、
逆ナンパでカモになることはありません。

誰にでも逆ナンパされる可能性はある!

悪いこともある逆ナンパですが、良いこともある逆ナンパ。

本当に単純に遊びたい!ストレス発散的に弾けたい!と感じている女性もいます。

明るくて可愛い女性が逆ナンパなんて・・・と頭から疑うことは、
自分から出会いのキッカケをなくしてしまっていることと一緒です。

逆ナンパで大事なことは自分の見る目であり、直感です。

「自分のような男が逆ナンパなんてされるワケない」と思う方もいますが、
逆ナンパはカッコイイ、イケメンだからするわけではない。

むしろ話やすそうな相手と感じるからこそ逆ナンパをするものです。

逆ナンパで容姿よりも雰囲気が大事ということです。

誰にでも場所や時間がマッチすれば逆ナンパされることはあるのです。

逆ナンパされてすぐに疑うのではなく、
とりあえず相手の行動を見るためにも逆ナンパされたら乗ってあげましょう!