あなたは仕事に行きたくないと思ったことはあるでしょうか?意外と多くの人が仕事に行きたくなくなってしまうことがある様です。

会社での人付き合いや仕事の内容その物に嫌気が差してしまったり、家庭の問題などがありストレスが溜まって仕事をする気が無くなってしまうなど人により理由は様々ですが、実際に仕事に行きたくなくなり、そのまま会社を辞めてしまう人もいる様です。

最近社会問題になっている過度な残業や、無理な仕事量による過労などで仕事に行きたくなくなることは、本人の問題というより会社の問題といえます。

その様な場合は職場環境の改善や転職が必要になって来ます。

しかし特に過度な残業や無理な仕事量があるわけでもないのにも関わらず、仕事に行きたくなくなってしまう人もいるのです。

その場合は本人の問題であることも考えられます。

仕事は収入を得るためのひとつの手段でもありますし、社会との繋がりを保つ場でもあります。

とても大切な仕事ですが、今回は仕事に行きたくない人のために、何故仕事に行きたくなくなってしまうのか、その理由やおすすめの対策法をお伝えしてゆきます。

仕事行きたくないと座り込んでいるそこのアナタ

仕事に行きたくないと座り込んでしまっているアナタ。

今はそれでも生活が出来ると思いますが、貯金が底をつきれば働かなくてはならなくなります。

もちろん仕事以外でも不労収入などお金を得る方法は沢山あります。

しかし、社会との接点である仕事がなくなると、人として孤立してしまいがちです。

また、最悪ホームレスやうつ病になってしまう可能性もありますので、早めの対策が必要といえるでしょう。

イヤイヤ会社に行くことはとてもツラいことだと思います。

反対に会社へ行くことが楽しくなれば、日中の大半を過ごす場所ですから人生も充実してくると思います。

まずはなぜ会社へ行きたくなくなるのかを知り、効果的な解決方法を模索してゆきましょう。

仕事行きたくない時に楽になれる方法

まずは仕事に行きたくない時に、これをすれば楽になれるという方法をお伝えします。

根本的な原因が解決されていなくても、これからお伝えする方法を実践すれば気持ちが楽になることでしょう。

もちろん全ての方法をする必要はありません。

自分に合った方法を見つけて実践すればよいのです。

実践も自分を楽にする方向や、気分が良くなる方向で行ってください。

気分が良くなり楽になれば仕事をする気も出てくるものです。

もちろん根本的な解決には原因を知り、その原因に対して対策を練る必要があります。

その方法は後程お伝えします。

まずはこの章の方法を試してみてください。

軽い症状であればこの章の方法だけで解決する場合もあります。

それではひとつひとつ説明してゆきます。

繰り返しますが全ての方法を行う必要はありません。

ご自身に合った方法をお試しくださいね。

1.朝の時間を充実させる

出勤前の朝の時間、あなたは何をしていますか?
今日の仕事のファイルの整理や予定を立てたりしていますでしょうか?
またはギリギリまで寝ているでしょうか?もちろんギリギリまで寝ていても、その方が一日がスムーズに快適に過ごせるのであればそれはそれで構いません。

朝の時間はそれぞれに与えられた自由な時間です。

その時間を有効に活用することで充実感が生まれます。

この出勤前に充実感や幸せな気持ちを感じることが出来れば、仕事への意欲も高まることでしょう。

結果として仕事に対する姿勢が変わり、仕事へ行きたくない気持ちが解消されることもあるのです。

また解消とまでいかなくても軽減されることもあります。

心に余裕が出来れば仕事へ行きたくないことへの対策法も立てやすくなります。

それではおすすめの朝の時間の過ごし方をお伝えしてゆきます。

半身浴

時間がある方には半身浴がおすすめです。

時間は自分で決めて良いのですが、20分から1時間の間がよいでしょう。

半身浴のやり方は、いつものお湯よりも少しぬるめのお湯に入るようにします。

普段41℃くらいのお湯に全身浸かっている方は39℃くらいのお湯がよいでしょう。

慣れてきたら好みの温度のお湯で構いません。

そして湯船を浅くするか椅子を湯船の中に置いて腰かけるようにします。

その際のみぞおちより上が湯船から出るようにしましょう。

両腕も湯船から出します。

つまり上半身は全て湯船から出すのです。

このままの姿勢で20分から1時間ほど浸かるようにするのです。

しばらくすると汗が滲んできますので、タオルを持っていると便利です。

また半身浴中に汗も沢山かきますから、水分補給用の水やスポーツドリンク、経口補水液なども持ち込み、汗が出てきたらゆっくりと飲むようにしましょう。

ただし緑茶など利尿作用がある飲み物は水分補給に適さないので、他の飲み物にっしましょう。

この半身浴には普段の全身浴よりも血行を良くする作用があります。

脳の血行もよくなるので朝の目覚めの習慣に最適です。

また汗を沢山かけるのでデトックス効果期待出来ます。

更にリラックス効果もあり、落ち着いた精神状態を得ることも出来ます。

心臓への負担も全身浴より少ないので安心です。

ポイントは気持ちよい程度で終えることです。

その方が心身に負担がかからずに、血行促進などのよい効果を得ることが出来ます。

朝に時間の余裕がある方は半身浴をお試しください。

趣味の時間にする

忙しい社会人には週末しか自分の時間がとれない人もいるでしょう。

そうすると中々プライベートや趣味の時間が楽しめないのでストレスも溜まり、仕事への意欲も落ちてしまいがちです。

その様な場合は朝の時間を趣味の時間にしてみましょう。

出勤前に趣味のジョギングや散歩をする、または奥さんと料理を一緒に作る、趣味の工作やアートの制作をしてみるなど色々な使い方が出来るでしょう。

趣味は誰でも自分の好きなことをするものです。

その趣味の時間を朝に作ることで、自分の時間を作ることになります。

そして存分に楽しむ時間にするのです。

そうすると人生に生きがいと喜びを感じることが出来るようになり、仕事にも意欲が出てくるようになるでしょう。

仕事にも生きがいを感じられることがベストですが、まず趣味の時間を充実させることで気持ちに余裕を持つことが出来るのです。

また、趣味に熱中すると脳を活性化させることにも繋がります。

そのため新しいアイディアや行動力が生まれやすくなり、仕事の現場でもやる気に繋がる打開策や革新的なアイディアが生まれることも十分あり得ます。

また趣味で気分転換が出来ているので、仕事とのメリハリが付き仕事自体が楽しくなることも考えられます。

朝の時間を趣味に使うことは充実した人生を送る第一歩になる可能性を秘めています。

運動をするのもGOOD

朝の運動の定番といえばウォーキングやジョギングでしょう。

この二種類の運動は昔から多くの人に親しまれてきた運動です。

実際朝の運動は血行や体の機能を高める効果があるといわれており、実際その効果を実感している人が多いからこそ多くの人々に今も親しまれているのです。

仕事へ行きたくないと思っている人も朝の空いている時間で汗をかけば、身も心もリフレッシュされて気分もよくなるでしょう。

結果として仕事への意欲もわき、仕事へ行きたくない気持ちが改善することもあります。

もちろんウォーキングやジョギングだけでなく他の運動もおすすめです。

ウォーキングやジョギングほど汗をかきたくない人や、自宅の周りに走れる環境がない場合は屋内での運動がおすすめです。

自宅で出来る運動にはヨガやピラティスなど狭い空間でも出来るものがあります。

またストレッチなどゆっくりと出来る運動が多いことも特徴です。

それらの運動は体を目覚めさせる効果と共に柔軟性を高めてくれる効果もあります。

また体幹を意識して使う運動が多いのでバランス感覚も養われます。

朝の時間の運動で気持ち良い汗をかき、気分を良くすることで仕事へ行きたくない気持ちを和らげる効果が狙えます。

また健康効果も高いので健康維持にもおすすめの習慣になります。

2.朝食をしっかりと食べる

午前中のエネルギー源である朝食をしっかりと食べるようにしましょう。

一日の始まりにしっかり胃腸を働かせることで交感神経が活発に動き出します。

仕事で使う脳のエネルギーになる栄養素もしっかりと摂ることが出来ます。

おいしく頂けるのであれば何でも良いのですが、おすすめは納豆にみそ汁、ご飯におかず一品の日本の伝統食です。

これらの日本の伝統食には体に必要な三大栄養素や必須アミノ酸がしっかりと含まれています。

そして納豆や味噌汁の原料である大豆は、古くから日本人の食卓に欠かせない食材です。

そのため日本人の体に合った食事を摂ることが出来るのです。

納豆に含まれる納豆菌は整腸効果がありますし、味噌汁には必須アミノ酸が含まれていて健康な体作りに役立ちます。

朝食をとると胃もたれがしてしまう人や、一日一食健康法などを実践して朝食を抜いている人以外はしっかりと朝食を食べて体にエネルギーを満ち溢れさせましょう。

そのエネルギーが仕事に対するモチベーションアップを後押ししてくれるのです。

私たちの心は体と密接な関係にあります。

体が栄養をしっかり摂れて満たされると心も落ち着いて元気になります。

そうすると仕事へ行きたくない気持ちも解消されるか軽減されることになるのです。

3.音楽を聴いて陽気な気分になる

音には感情や気分を変える力があります。

誰でも好きな音楽を聴いてテンションを上げた経験や、気分を落ち着かせた経験があるのではないでしょうか?
一日の始まりにお気に入りの曲を聞くことは、良い気分で一日を始めることになり、仕事への心構えやモチベーションを上げる効果もあります。

特に陽気な気分にさせてくれる好きな曲を聞くことは良いことです。

良い気分になれる曲を聞くと、脳波もアルファ波になります。

この脳波はリラックスしたり気分が高揚した時に現れます。

仕事の能率も上がる脳波なので一日の始まりに良い栄供養を与えます。

是非一度朝の時間に大好きな曲を聴く習慣を持ってみて下さい。

朝の気分が良くなれば一日の始まりも良くなり、仕事へ行きたくない気持ちも解消されてゆくことでしょう。

有名なアスリートも本番前は自分の好きな曲を聴いて気分を落ち着かせたり高揚させて試合前の気持ちのコントロールをしている場合が多くあります。

彼らも自分なりの方法でプレッシャーや緊張に対処しているのです。

あなたも良い気分になる曲を聞き、仕事に対するプレッシャーを軽減させてみましょう。

4.仕事が終わった後のことを考える

子供も頃、宿題が終わったら遊びに行けることやお家の手伝いが終わればおやつがもらえるなど、ご褒美が楽しみでしていたことはあるでしょうか?そんな楽しみがあった方は、ご褒美がもらえることが楽しみで少々嫌な宿題やお家の手伝いをしていたことでしょう。

ご褒美がなくても嫌なことも出来ることは素晴らしいことですが、このご褒美をもらうために何かをする習慣も、仕事に行きたくない時に楽になる方法のひとつとして活用出来ます。

その方法は仕事が終わった後のことを考えることです。

仕事が終わって後にどんな楽しいことをするのかを考えることで仕事をするためのモチベーションをキープすることが出来ます。

そのためには自分で自分にご褒美を上げることもおすすめです。

仕事が終わったら大好きな料理を食べに行くや、見たかった映画を見に行くなど自分を喜ばすことが出来るご褒美を仕事終わりにすると決めておくのです。

こうすることでそのご褒美を目指して仕事を続けることが出来るでしょう。

もちろん根本的な解決ではありませんが、仕事へ行きたくなくなっている気持ちを軽減させる効果があります。

その内そんな気分も解消される場合もありますし、解消されなくても気分が良くなることは確認出来るので、その軽減されている間に根本的な対策を立てるとよいでしょう。

5.1日の目標を立たてみる

前向きな人におすすめの方法もあります。

朝に時間を使い、その日1日の目標を立ててみるのです。

目標を立てると意識がその目標を達成しようと働き出しますのでやる気が出てきます。

そのため仕事にも充実感を感じることが出来るようになるのです。

例えば仕事上で1件以上の契約を取ることや新しい会社へ営業をかけてみるなど、仕事の成績にダイレクトに関わって来ることでもよいですし、気になる女性社員さんを食事に誘う、などのプライベートな目標でももちろん構いません。