大人になっても、子ども頃と同じように漫画が大好きな人はいますよね。

漫画が嫌いな人はあまりいないのではないでしょうか。

漫画で人気があるといえば、やはりジャンプの作品がかなりの人気を誇っているかと思いますが、その中でもかなりの人気を誇った作品がHUNTER×HUNTERですよね。

こちらは富樫先生が書いている漫画ですが、昔から大人気で今でも人気を誇っている作品ですよね。

こちらのHUNTER×HUNTERですが、たくさんの登場するキャラクターがいますが、その中でも人気なのが幻影旅団という集団です。

ダークな雰囲気で、ミステリアスな集団なのですが、非常に人気のある集団です。

カリスマばかりがそろっている集団の中で、かなりの実力を持っているのが今回ご紹介するフェイタンというキャラクターです。

HUNTER×HUNTERのキャラクターはどれもかっこよいキャラクターばかりですが、是非今回はフェイタンについて知ってみてくださいね。

それでは見ていきましょう。

️さくっと『HUNTER×HUNTER』まとめ

まずはHUNTER×HUNTERを見た事がないという方に簡単にどういう作品なのか簡単にご紹介していきたいと思います。

元々HUNTER×HUNTERは週刊少年ジャンプに連載されていた漫画作品なのですが、富樫義博先生が作者として漫画を書いている作品です。

主人公はゴン=フリークスという少年が主人公となっているのですが、ゴンは両親がおらず、周りから父親は事故で死んでしまったという風に聞かされて育ちました。

ゴンが育った島は大自然に囲まれている島になるのですが、ある日その中で森で獣に襲われてしまうのですが、その時にある青年がゴンの事を助けてくれます。

その青年はハンターという仕事についており、その青年はなんとゴンの父親の事を知っていました。

ゴンの父親もハンターであり、最高のハンターである事、そして父親は生きているという事をゴンはその時初めて知るのです。

そこからゴンの旅は始まり、ゴンは父親に会いたいという気持ち、そしてハンターになりたいという気持ちからその後、成長してハンター試験を受けるために旅立っていくという所からスタートします。

紆余曲折を経て、ハンターになったゴンは、様々な仲間に会い、たくましい力を修行していく中で手に入れていくのですが、様々なライバルや敵とも会っていくのです。

ゴンの冒険を主軸に物語は進んでいくのですが、現在も連載は行われていますが、作者の富樫先生が体調不良という事もあり、なかなか連載が出来ない状態である事も事実で、ファンは心待ちにして連載を待っているという状況です。

少年ジャンプの人気作!アニメ化もした

HUNTER×HUNTERはかなりの人気を誇る作品なので、知らない人はあまりいないのではないでしょうか。

そのHUNTER×HUNTERですが、その人気からアニメ化なども実施されており、YOUTUBEなどでも一部アップされたりしているような人気作品です。

アニメでもしっかりと内容は描かれており、少年漫画にありがちな善悪という感じではなく、様々な人の複数の価値観をしっかりと要素として取り入れられている作品になります。

人間の持つ闇や悪という面にしっかりと表現されている所も人気の所以なのではないでしょうか。

かなりの人気なので、旧アニメと、再アニメ化で二段階で放送された過去をもっています。

あらすじ

先ほどお伝えしたように、ゴンが生まれた村から物語はスタートしていきます。

そこから、ゴンは紆余曲折を経て、ハンター試験に臨んでいくのですが、そこでまた様々なストーリーが待っています。

ハンター試験に受かる為に修行をし、信頼できる仲間を見つけ、仲間と協力しながら様々な試験を合格し、最終的に一人前のハンターになる事が出来ます。

ただ、信頼できる仲間とはそのあと、様々な目的をそれぞれが持っているので、目的を遂行するためにいったん離れ離れになります。

ただ、最終的に共通する目的のために再度集まったりと、それぞれの物語が進んでいく展開になりますので、非常にたくさんのキャラクターの主観で物語を楽しむ事が出来ます。

これもHUNTER×HUNTERが人気な理由のひとつなのではないでしょうか。

️『HUNTER×HUNTER』から今回紹介するのはフェイタン!

なお、今回ご紹介するのがHUNTER×HUNTERの中でも人気のキャラクター、フェイタンについてご紹介していきたいと思います。

HUNTER×HUNTERを見ている人ならご存知かと思いますが、ミステリアスな雰囲気、そしてダークな雰囲気を併せ持つ屈指の人気キャラクターとなっています。

今回はそんなフェイタンについてスポットを当ててご紹介していきたいと思います。

知っているという方も、是非新たな一面が知れるかもしれませんので、是非みてみてくdさいね。

知らないという方は是非知っていただいて、非常に面白い作品なので、是非実際に漫画を見るきっかけになっていただければ幸いです。

それでは見ていきましょう。

幻影旅団の団員

フェイタンは幻影旅団の団員として作中に登場しています。

幻影旅団とは、HUNTER×HUNTERの世界に存在する、盗賊団なのですが、これがまた曲者ぞろいでみんながみんなかなりの手練れとして登場しています。

団員がクモとして見立てられており、クモの頭が団長、そして手足として12人の団員、締めて、13人で構成されていう盗賊団になります。

活動内容は、窃盗や殺人などをメインで行っており、時には慈善活動をしたりといった、非常に謎が伴っている集団となっています。

また、メンバーそれぞれが非常に危険な存在であり、危険度がかなり高い賞金首で構成されています。

それぞれの団員が非常に強い力を持っているので、かなりの手練れでも迂闊に手を出せないような集団となっています。

メンバーになる条件なども作中では明示されており、現役団員を倒すなどの方法で団員になる方法だったり、団員からの推薦なども必須条件という風に明らかになっています。

この中でもかなりの実力と人気を持っているのがフェイタンなのです。

初期からいるメンバーの1人

幻影旅団は、作中で流れが時の流れが進むにつれて団員が増えたり、減ったりするのですが、その中においてもフェイタンは初期からずっと団員として活動しているメンバーの中の一人です。

初期からかなりの実力、そして怪しい描写が描かれており、非常に強い力と強い残虐性を持った人間である事がわかります。

また、かなり特徴を持った外見や内面を持っており、強い印象も持っています。

フェイタンがどんな特徴を持っているのか、どういう外見や内面を持っているのか後ほどご紹介していきたいと思います。

様々なキャラクターが存在する中で、人気を誇っているキャラなので、是非見てみて、気になったら原作を読んでみてくださいね。

️フェイタンの見た目の特徴

ここでは、フェイタンの見た目の特徴について細かくご紹介していきたいと思います。

原作を知っている方は、ある程度想像できるかと思いますので、是非知らないという方にほど読んでいただき、HUNTER×HUNTERに興味を持っていただけると幸いです。

人気キャラ投票でも、かなりの人気を誇っており、非常に人気のキャラクターになります。

怪しいダークな存在、言動、そして圧倒的な力を持っているフェイタンの魅力をたくさんご紹介していきますね。

黒ずくめ

フェイタンのまずはファッションについてご紹介していきます。

フェイタンは黒ずくめの格好をしており、黒一色のファッションに身をまとっています。

この黒い衣装がまさにフェイタンの性格を表しているような、ダークサイドな一面を物語っているといっても間違いはないでしょう。

格好もそうですが、内面もかなりダークな一面を持っているので、漫画のダークなヒーローが好きだという方には非常に好まれる外見、服装なのではないでしょうか。

黒いマスク

まずは、フェイタンが身にまとっている黒いマスクです。

黒いマスクを身にまとっているのですが、こちらのマスクで着目していただきたいのが、黒いマスクにドクロのデザインが施されています。

マスクというよりかは、大きいネックウォーマーを口元まで上げたような見た目となっているので、医療用のマスクのような外見ではありません。

このマスクで隠されている部分から露出して切れ長の怪しい目を輝かせているのも非常に格好良いです。

描写によっては、マスクがなくなった姿などもしっかりと描かれており、フェイタンの素顔が気になるという方は是非原作を読んでみてください。

マスクがなくても綺麗な顔立ちをしており、なお人気を保っているのが現実です。

黒いマント

フェイタンは先ほどご紹介した黒いマスクとは別に、その上から黒いマントをかぶさっています。

足元まであるくらいに長いマントを羽織っており、これがまたダークな印象を付けるような見た目となっています。

つやのある黒いマントですが、こちらは先ほどのマスクと違い、何かしらのポイントもなく、真っ黒な見た目となっています。

首のVネックのラインが若干デザインされているような形ですが、それでも特段こだわったようなデザインは特にはありません。

普段はこの黒いマントとマスクスタイルですが、ある時に幻影旅団がスーツを着る場面があるのですが、その時にはフェイタンも黒いスーツに身をまとって登場しています。

普段のマント姿も非常に格好良いですが、黒いスーツでびしっと決めている時も非常にクールに決まっています。

フェイタンが好きな方にはたまらないと思いますので、気になる方は是非原作を呼んでみてくださいね。

黒いブーツ

黒一色なので、当然履いているブーツも黒色となっています。

こちらについては特段なにかしらのデザインが施されているわけでもなく、黒のブーツを着用しています。