大人になっても、子ども頃と同じように漫画が大好きな人はいますよね。

漫画が嫌いな人はあまりいないのではないでしょうか。

漫画で人気があるといえば、やはりジャンプの作品がかなりの人気を誇っているかと思いますが、その中でもかなりの人気を誇った作品がHUNTER×HUNTERですよね。

こちらは富樫先生が書いている漫画ですが、昔から大人気で今でも人気を誇っている作品ですよね。

こちらのHUNTER×HUNTERですが、たくさんの登場するキャラクターがいますが、その中でも人気なのが幻影旅団という集団です。

ダークな雰囲気で、ミステリアスな集団なのですが、非常に人気のある集団です。

カリスマばかりがそろっている集団の中で、かなりの実力を持っているのが今回ご紹介するフェイタンというキャラクターです。

HUNTER×HUNTERのキャラクターはどれもかっこよいキャラクターばかりですが、是非今回はフェイタンについて知ってみてくださいね。

それでは見ていきましょう。

️さくっと『HUNTER×HUNTER』まとめ

まずはHUNTER×HUNTERを見た事がないという方に簡単にどういう作品なのか簡単にご紹介していきたいと思います。

元々HUNTER×HUNTERは週刊少年ジャンプに連載されていた漫画作品なのですが、富樫義博先生が作者として漫画を書いている作品です。

主人公はゴン=フリークスという少年が主人公となっているのですが、ゴンは両親がおらず、周りから父親は事故で死んでしまったという風に聞かされて育ちました。

ゴンが育った島は大自然に囲まれている島になるのですが、ある日その中で森で獣に襲われてしまうのですが、その時にある青年がゴンの事を助けてくれます。

その青年はハンターという仕事についており、その青年はなんとゴンの父親の事を知っていました。

ゴンの父親もハンターであり、最高のハンターである事、そして父親は生きているという事をゴンはその時初めて知るのです。

そこからゴンの旅は始まり、ゴンは父親に会いたいという気持ち、そしてハンターになりたいという気持ちからその後、成長してハンター試験を受けるために旅立っていくという所からスタートします。

紆余曲折を経て、ハンターになったゴンは、様々な仲間に会い、たくましい力を修行していく中で手に入れていくのですが、様々なライバルや敵とも会っていくのです。

ゴンの冒険を主軸に物語は進んでいくのですが、現在も連載は行われていますが、作者の富樫先生が体調不良という事もあり、なかなか連載が出来ない状態である事も事実で、ファンは心待ちにして連載を待っているという状況です。

少年ジャンプの人気作!アニメ化もした

HUNTER×HUNTERはかなりの人気を誇る作品なので、知らない人はあまりいないのではないでしょうか。

そのHUNTER×HUNTERですが、その人気からアニメ化なども実施されており、YOUTUBEなどでも一部アップされたりしているような人気作品です。

アニメでもしっかりと内容は描かれており、少年漫画にありがちな善悪という感じではなく、様々な人の複数の価値観をしっかりと要素として取り入れられている作品になります。

人間の持つ闇や悪という面にしっかりと表現されている所も人気の所以なのではないでしょうか。

かなりの人気なので、旧アニメと、再アニメ化で二段階で放送された過去をもっています。

あらすじ

先ほどお伝えしたように、ゴンが生まれた村から物語はスタートしていきます。

そこから、ゴンは紆余曲折を経て、ハンター試験に臨んでいくのですが、そこでまた様々なストーリーが待っています。

ハンター試験に受かる為に修行をし、信頼できる仲間を見つけ、仲間と協力しながら様々な試験を合格し、最終的に一人前のハンターになる事が出来ます。

ただ、信頼できる仲間とはそのあと、様々な目的をそれぞれが持っているので、目的を遂行するためにいったん離れ離れになります。

ただ、最終的に共通する目的のために再度集まったりと、それぞれの物語が進んでいく展開になりますので、非常にたくさんのキャラクターの主観で物語を楽しむ事が出来ます。

これもHUNTER×HUNTERが人気な理由のひとつなのではないでしょうか。

️『HUNTER×HUNTER』から今回紹介するのはフェイタン!

なお、今回ご紹介するのがHUNTER×HUNTERの中でも人気のキャラクター、フェイタンについてご紹介していきたいと思います。

HUNTER×HUNTERを見ている人ならご存知かと思いますが、ミステリアスな雰囲気、そしてダークな雰囲気を併せ持つ屈指の人気キャラクターとなっています。

今回はそんなフェイタンについてスポットを当ててご紹介していきたいと思います。

知っているという方も、是非新たな一面が知れるかもしれませんので、是非みてみてくdさいね。

知らないという方は是非知っていただいて、非常に面白い作品なので、是非実際に漫画を見るきっかけになっていただければ幸いです。

それでは見ていきましょう。

幻影旅団の団員

フェイタンは幻影旅団の団員として作中に登場しています。

幻影旅団とは、HUNTER×HUNTERの世界に存在する、盗賊団なのですが、これがまた曲者ぞろいでみんながみんなかなりの手練れとして登場しています。

団員がクモとして見立てられており、クモの頭が団長、そして手足として12人の団員、締めて、13人で構成されていう盗賊団になります。

活動内容は、窃盗や殺人などをメインで行っており、時には慈善活動をしたりといった、非常に謎が伴っている集団となっています。

また、メンバーそれぞれが非常に危険な存在であり、危険度がかなり高い賞金首で構成されています。

それぞれの団員が非常に強い力を持っているので、かなりの手練れでも迂闊に手を出せないような集団となっています。

メンバーになる条件なども作中では明示されており、現役団員を倒すなどの方法で団員になる方法だったり、団員からの推薦なども必須条件という風に明らかになっています。

この中でもかなりの実力と人気を持っているのがフェイタンなのです。

初期からいるメンバーの1人

幻影旅団は、作中で流れが時の流れが進むにつれて団員が増えたり、減ったりするのですが、その中においてもフェイタンは初期からずっと団員として活動しているメンバーの中の一人です。

初期からかなりの実力、そして怪しい描写が描かれており、非常に強い力と強い残虐性を持った人間である事がわかります。

また、かなり特徴を持った外見や内面を持っており、強い印象も持っています。

フェイタンがどんな特徴を持っているのか、どういう外見や内面を持っているのか後ほどご紹介していきたいと思います。

様々なキャラクターが存在する中で、人気を誇っているキャラなので、是非見てみて、気になったら原作を読んでみてくださいね。

️フェイタンの見た目の特徴

ここでは、フェイタンの見た目の特徴について細かくご紹介していきたいと思います。

原作を知っている方は、ある程度想像できるかと思いますので、是非知らないという方にほど読んでいただき、HUNTER×HUNTERに興味を持っていただけると幸いです。

人気キャラ投票でも、かなりの人気を誇っており、非常に人気のキャラクターになります。

怪しいダークな存在、言動、そして圧倒的な力を持っているフェイタンの魅力をたくさんご紹介していきますね。

黒ずくめ

フェイタンのまずはファッションについてご紹介していきます。

フェイタンは黒ずくめの格好をしており、黒一色のファッションに身をまとっています。

この黒い衣装がまさにフェイタンの性格を表しているような、ダークサイドな一面を物語っているといっても間違いはないでしょう。

格好もそうですが、内面もかなりダークな一面を持っているので、漫画のダークなヒーローが好きだという方には非常に好まれる外見、服装なのではないでしょうか。

黒いマスク

まずは、フェイタンが身にまとっている黒いマスクです。

黒いマスクを身にまとっているのですが、こちらのマスクで着目していただきたいのが、黒いマスクにドクロのデザインが施されています。

マスクというよりかは、大きいネックウォーマーを口元まで上げたような見た目となっているので、医療用のマスクのような外見ではありません。

このマスクで隠されている部分から露出して切れ長の怪しい目を輝かせているのも非常に格好良いです。

描写によっては、マスクがなくなった姿などもしっかりと描かれており、フェイタンの素顔が気になるという方は是非原作を読んでみてください。

マスクがなくても綺麗な顔立ちをしており、なお人気を保っているのが現実です。

黒いマント

フェイタンは先ほどご紹介した黒いマスクとは別に、その上から黒いマントをかぶさっています。

足元まであるくらいに長いマントを羽織っており、これがまたダークな印象を付けるような見た目となっています。

つやのある黒いマントですが、こちらは先ほどのマスクと違い、何かしらのポイントもなく、真っ黒な見た目となっています。

首のVネックのラインが若干デザインされているような形ですが、それでも特段こだわったようなデザインは特にはありません。

普段はこの黒いマントとマスクスタイルですが、ある時に幻影旅団がスーツを着る場面があるのですが、その時にはフェイタンも黒いスーツに身をまとって登場しています。

普段のマント姿も非常に格好良いですが、黒いスーツでびしっと決めている時も非常にクールに決まっています。

フェイタンが好きな方にはたまらないと思いますので、気になる方は是非原作を呼んでみてくださいね。

黒いブーツ

黒一色なので、当然履いているブーツも黒色となっています。

こちらについては特段なにかしらのデザインが施されているわけでもなく、黒のブーツを着用しています。

黒一色に統一されたファッションがフェイタンの持っている魅力を最大限に引き出しているといえるでしょう。

長めの黒髪

フェイタンの髪型は黒い髪色で、長めの髪型をしています。

すべてが黒で統一されているので、黒髪が非常に決まっており、髪型はセンター分けになっていますが、髪が長いのでお坊ちゃんのような感じではなく、そこから外はねしているような髪型になっています。

長めの髪型でも、黒髪なのでいやらしさがなく、クールな印象を持っています。

目つきが悪い

フェイタンの顔の印象ですが、なんといってもまずは目ですね。

フェイタンの目は切れ長の細い目をしており、クールな印象をさらにアップさせています。

目つきが悪いので、悪人のイメージがさらに強まり、幻影旅団という背景もさらにフェイタンの魅力を加速させているかと思います。

まるまるした可愛い目でもイケメンキャラクターとして似合いそうですが、フェイタンは切れ長の目が逆に似合っており、フェイタンの性格とも相まって非常に最高のマッチとなっています。

フェイタンが怪しい笑いをした時の目といったら、フェイタンが好きな人にはたまらない描写になるのではないでしょうか。

旅団で2番目に小柄

活字だけで見ると、フェイタンはスタイルが良いようなキャラクターに感じるかもしれませんが、実際はかなり小柄の体系となっています。

原作を見た事がある方は容易に想像がつくかもしれませんが、まだ見た事がない方にとっては以外なのではないでしょうか。

フェイタン自体は小柄ですが、さらに小柄な人物も一人混ざっており、総合してみるとフェイタンは二番目に小柄なキャラとなっています。

小柄ではありますが、持っている力や能力は絶大な力を持っており、旅団のメンバーでも手に負えないと言われているほどです。

一見、怪しい見た目とクールなキャラクターなので、かっこいいと言われていそうですが、小柄な見た目なども含めるとかわいいと思われる場合もあるのではないでしょうか。

️フェイタンの性格は?

これまではフェイタンの外見における特徴を様々ご紹介してきました。

まだフェイタンを見た事がない方にとっては、フェイタンがどのような感じなのかという事がある程度わかってきたのではないでしょうか。

なので、これからはフェイタンの性格なども内面についてご紹介していきたいと思います。

フェイタンの外見、内面を知れば知るほどどんどん魅力に引き込まれていくかと思いますよ。

先ほどからお伝えしていますが、ダークな一面を持っているフェイタンですが、またそれが非常に魅力的なんですよね。

それでは是非見ていきましょう。

粘着質

フェイタンの性格ですが、粘着質な性格をしています。

陰湿な性格をしており、とことんまでに執着する時には終着する性格となっています。

自分が納得できない事にはとことんまで納得せずに、認めたくないものは認めないなどのハッキリとした言い回しをするキャラクターです。

非常に好戦的な性格もしており、気に入らない相手にはとことんまで粘着して戦いを仕掛ける姿も非常に魅力的なキャラクターになっているのではないでしょうか。

嫌味っぽい

フェイタンの普段の言い回しですが、けっこう嫌みっぽく物事に関しては発言をしたりします。

気に入らない相手にはとことんまで嫌みを放ったりもする性格で、気に入らない相手の発言が容認された時には、なぜあいつのわがままを許すのかと団長に抗議する場面もあったりします。

また、仲間でも平気で文句を言ったりする場面もあり、なぜおまえの命令を聞かないといけないのか、私には従う必要はないという風に発言しています。

このような言い回しなども、フェイタンが好かれる要因の一つになっているのではないでしょうか。

自分自身の力に非常に強く自信を持っているからこそ、このような発言が出来るのではないでしょうか。

残虐的

フェイタンの性格の中で、非常に強い印象を残しているのが、こちらの残虐的な性格なのではないでしょうか。

作中でもその残虐な性格を持っている描写が描かれており、フェイタンが拷問をするシーンがあります。

フェイタン自身が拷問をする事について好んでおり、作中では何度もこのようなシーンは描かれています。

もはやフェイタンにとっては拷問は趣味であり、相手を傷めつける事に関して、何も思っていないほど拷問が大好きなようです。

相手に対しても普段から残虐的な性格ですが、進んで相手を傷めつけようとする性格でもあります。

攻撃的

先ほどお伝えした、拷問が好きな残虐的な性格という事もありながら、非常に好戦的で攻撃的な一面を持っています。

相手に対して一歩も引かずに、どんどん攻撃を仕掛けていく姿などが非常に人気を持っている所以になるのではないでしょうか。

強気な言動であったり、相手に対してものおじしない性格なども自分自身の力強さを認めている証拠であるとも思えます。

️その他、フェイタンの特徴

ここまででフェイタンの外見的な特徴であったり、内面的な性格なども特徴をお伝えしてきました。

なので、ここからは他の特徴についてご紹介していきたいと思います。

内面と外見を知ればある程度フェイタンがどのような人間であるのか、どういう見た目をしているのかという事が分かるかと思います。

その上で、他の特徴を知る事で、もっともっとフェイタンの事が好きになり、原作のHUNTER×HUNTERを見たいと思えるようになるかと思います。

まだ見た事がないという方は是非面白い漫画作品になっているので見てみてくださいね。

それではご紹介していきましょう。

カタコトな喋り方

フェイタン自体の喋り方ですが、こちらはかなり特徴的なしゃべり方をしているといえるでしょう。

他のキャラクターなどと比べても明らかに違う喋り方をしているので、特徴的であり、実際に原作を読めば一発で印象に残るかと思います。

具体的にどういう喋り方かというと、一人称はワタシなのですが、語尾に「ね」を付けたり、小さい発音である「っ」の言語を抜いた喋り方をしています。

例えば、「私強いね」、「私ぜたい負けないね」などの喋り方になります。

なので、エセ中国人のような喋り方をしているキャラクターになります。

普段からこのような喋り方なので、小柄な体系と合わさって可愛いという印象を持つ方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ただ、切れた時にはこのようなしゃべり方から一変して、かなり怖い喋り方になります。

まずは切れた時には、「クソが調子にのりやがって」というような喋り方に変わったりもします。

普段の言い回しとは全く違う、普通の発言にかわりますので、普段が可愛い喋り方をしてるので、切れると怖い喋り方になったように感じますよね。

また、最終的には漢字のみの表現となり、何を言ってるのかわからないような喋り方になります。

もともとこちらの漢語が主言語だったようなのですが、明らかにはまだされていません。

趣味は拷問

先ほど記載した通りですが、趣味が拷問なので、進んで拷問をしたがる傾向にあります。

作品の中で、拷問をするシーンがあるのですが、しっかりと作品にも拷問をしようとする描写があります。

指詰めをするシーンがあり、指詰めは爪をはがしたり、その後には骨が砕けるまで手をはさみこんだりする拷問です。

これはフェイタンにとっては序の口で、いつも行っているような言動を放っています。

拷問をするのが好きなのは、フェイタンの能力にも若干反映されているのは、彼が本当に拷問が好きなんだという裏付けにもなるのではないでしょうか。

フェイタンの能力に関しては後ほど記載させていただきますので、気になる方は是非読んでみてくださいね。

小柄なのに強い

先ほど冒頭でも記載した通りですが、フェイタンは小柄な体系をしています。

小柄な体系ながら、圧倒的な強さを誇っており、それがまたフェイタンの魅力のうちのひとつなのではないでしょうか。

ただ、小柄だからといってあなどってはいけません。

作中のシーンでも表現されているのですが、フェイタンは小柄ではありますが、体が引き裂かれてきている服が破けるシーンがあるのですが、しっかりと筋肉が描かれており、引き締まった体系である事がわかります。

また、強さは体形だけでは因果関係がないような世界なので、フェイタンの能力自体がかなり強い物であるという事がわかります。

厨二っぽい

若干、フェイタンは厨二っぽいようなキャラクターになっています。

まずはご紹介してきた見た目ですが、長い髪に黒いマントなどを羽織っている事から、厨二っぽいといわれると否定できないような見た目となっています。

また、言動なども含めて、強気でありながら、ニヒルな感じがどうしても厨二っぽいような、憧れてしまうようなキャラクターとなっているので、あまりにも意識しずぎると現実世界では若干引かれてしまう可能性がありますので、注意が必要だと思います。

くれぐれも現実世界ではこのような発言などはしないようにしましょう(笑)

イケメン

フェイタン自身がイケメンなので、やはりイケメンキャラっクターは強いですね、女性圧倒的な人気を誇っています。

イケメンな顔立ちであり、さらにニヒルな性格、そして好戦的であり、圧倒的な力を持っているという事が強い人気の理由のひとつなのではないでしょうか。

格好なども黒一色など、クールさを引き立たせるような格好や喋り方をしているので、それも強い人気の理由だといえます。

武器は傘

フェイタンは武器は傘を使っており、どのような傘かと思うかと思います。

フェイタンの使っている傘は赤色の傘を使っており、傘の先には刃物が装着されています。

なので、傘を使って人を殺めるような剣のような使い方をしています。

また、傘の模様ですが、傘にはドクロの模様が描かれており、まがまがしいような見た目をしています。

傘と聞くと、あまり格好良いようには見えないかもしれませんが、不思議とフェイタンが持つと非常に様になっており、格好良い武器になっています。

また、戦闘中に傘を使って、身を守ったり、傘に隠れて作戦を練ったり、起こしたりといった便利な使い方が出来るのも特徴的で、フェイタンが頭を使ってしっかりと戦闘をしてい9る描写にもなっています。

頭が切れるのも非常に強い魅力なのではないでしょうか。

️フェイタンの能力とは

HUNTER×HUNTERの世界では、特殊能力を使って戦っている姿が主です。

その特殊能力というのが、念能力と言われる能力になります。

これは人それぞれが違う念能力を持っており、オリジナルの能力となっています。

また、人それぞれの性格にもよってこの念能力は表現されており、例えば、嘘が得意なキャラクターはウソをモチーフにした能力を持っていますし、幻影旅団の団長は盗賊団の頭という事もあり、相手の能力を盗むなど、それぞれのスキルに特化した能力を会得している場合がほとんどです。

その中で、フェイタンがどのような能力を持っているのかをこれからご紹介していきたいと思います。

かなり格好良い能力なので、是非気になる方は原作でフェイタンの能力を使っている描写を見てみてください。

きっと一発でフェイタンのファンになりますよ。

変化系の能力

念能力は様々な種類がありますが、大きく分けて系統別に分類する事が出来ます。

強化系、放出系、操作系、特質系、具現化系、変化系といったように大きく6つに分類する事が出来ます。

そして、こちらのそれぞれの特徴ですが、名前の通り、強化系は肉体を強化したり、威力を増す技を使う事が出来るというものです。

そして、放出系は自身が持っているオーラを放出した攻撃をする事が出来、瞬間移動など、応用した技として使う事も出来ます。

また、操作系は物質や生物などを操ったり、相手を操作したりする事が出来るといった能力に特化しています。

次に特質系ですが、こちらは少し変わった能力となっており、分類されている他の系統の能力では実現が不可能な事を可能にするような能力となっています。

そして具現化系ですが、こちらは武器であったり、物などを作ったり、念能力を使う事によって、念獣という獣を召喚したりするなど、具現化に特化した能力となっています。

そして最後に変化形ですが、こちらは炎や電気など、様々な性質を持った物を念能力で再現するなど、形状変化をさせたりなどの特徴を持った能力となっています。

フェイタンが持っているのは、最後にご紹介した変化形の能力となっています。

許されざる者

フェイタンが持っているのは、変化形の能力であり、その能力は主に炎を使った能力となっています。

こちらの能力はペインハッカーと呼ばれていて、名前の通りですが、痛みをまとめるものという意味がこめられていると考えて間違いはないのではないでしょうか。

能力の内容としては、こちらが相手に与えられた痛みをそのまま返すという技になっており、こちらがたくさんのダメージを受けていればいるほど、相手に対してそれ以上の痛みを返すという技になっています。

なので、こちらがやられていれば、やられているほど、相手に対して大量の痛みを伴わせる事が出来るという能力になります。

こちらはフェイタンがある程度やられて、切れた時に発動する技の可能性が非常に高く、普段は傘を使って相手を倒すなど、白兵戦などを繰り広げている可能性が高いでしょう。

太陽に灼かれて

こちらの技は、先ほどご紹介した許されざる者からの変化になるのですが、こちらの技は許されざる者から、その怒りを灼熱に変えた変化形の能力です。

灼熱に変えて、いままで受けたダメージを相手に返している技なのですが、幻影旅団の仲間の口ぶりからは、他にも変化させることが出来るような表現だったので、灼熱以外にも変化する事が可能な様子です。

こちらの技はライジングサンという名前の通り、灼熱の太陽の高熱で相手にダメージを与える技となっています。

相手は灼熱によって身を焦がれ、最終的には骨になってしまうという最強の技です。

自分がダメージを受ければ受けるほど、相手にも相応のダメージが食らう為、フェイタン自信が耐えることによって、さらに相手にダメージを与える事が出来る、使い勝手が難しい技になっています。

拷問好きなフェイタンの能力が多少なり反映されているという技になるのではないでしょうか。

️アニメ版フェイタンの声優は?

HUNTER×HUNTERはアニメでも公開されていたという話をさせていただきました。

HUNTER×HUNTERのアニメバーションでは、フェイタンの声優は誰が演じているのでしょうか。

非常に人気の高いキャラクターという事と、ダークサイトなキャラクターなので、どういう人が演じているのか気になる人も多いのではないでしょうか。

今回はアニメの声優さんについても軽くご紹介させていただきたいと思いますので、気になる方は是非見て頂き、アニメもご覧いただければ楽しめるかと思います。

それでは見ていきましょう。

フェイタンの声は山口勝平さん!

フェイタンの声優さんはなんと今年51歳になる山口勝平さんが演じています。

フェイタン自体が幼い年齢なので、役柄に合っているのか気になる方も多いのではないでしょうか。

今までに演じてきた役はかなり多く、ベテラン声優さんとして活躍している山口さんは、らんま1/2での早乙女乱馬役でデューしており、犬夜叉やONEPIECEのウソップなども演じています。

幅広い演技力でキャラクターの個性を演出しています。

是非気になる方はアニメを見てみてくださいね。

️フェイタンにハマってしまう女子多し!

何度も言うように、HUNTER×HUNTERが超人気作という事もありますが、それだけでなく、あふれんばかりのキャラクターの魅力が女性ファンを多く作っています。

クールな感じと、若干ダークな感じがなんとも言えない魅力を醸し出しているといえるでしょう。

アニメが好きな方で、HUNTER×HUNTERをまだ見た事がないという方は是非ご覧になってください。

フェイタンの魅力に引き込まれてしまうかもしれませんよ。

大人も子どもも引き込まれるような漫画となっているので、読んでみて損はないかと思いますよ。