幸せになるために必要なものとは?と考えたことがないでしょうか?
幸せは目に見えません。

だからこそ、どうすればいいのか?
今からでもすぐに出来る幸せになりたい人のためのやるべきことをご紹介します。

幸せは「物」ではない

普段の生活の中で、美味しいものを食べたり、良い車や家を買ったり、欲しかったものが手に入った時は嬉しいですよね。

その時「自分は幸せだなぁ」と思うときもあるでしょう。

ですが、物が幸せにしてくれているのではありません。

たしかに物質的な豊かさは幸せの1つだと思います。

でも、その時すごく喜びを感じていても、すぐ慣れてしまいますよね?
物は人を一時的に満足はさせてくれますが、本当の幸せではないのです。

精神的に感じるもの


幸せとは目には見えないです。

ですが、気持ちにゆとりがある時や大切なものに気づいた時の満足感を思い出してください。

愛情や健康などの目に見えないものの価値を知った幸せを感じれるのではないでしょうか?
「心が満たされる」これが幸せです。

幸せになりたい人は15個の習慣を覚えておこう!

幸せになりたいと言っているだけではなれません。

目で見えない幸せをつかむにはどうすればいいの?という方にお勧めの習慣。

幸せになりたいと日頃から思っている方はぜひ試してみてください。

1.よく笑うことを癖付ける


ムスっとしていても幸せは舞い込んできませんよ?
笑わない人と笑う人どっちがいいですか?
ただ単純なことです。

笑顔の人の印象がいいですよね?
先ずは笑顔をつ自然つくることを心掛けてください。

笑顔をつくらないといけないからといって無理に笑う事はありません。

なにごとも自然体が大切です。

笑うと幸福感をもたらすとされる脳内ホルモンが分泌されます。

ただ笑うだけで自然とストレスも溜まりにくくなり健康になる一石二鳥なのです。

さらに美容効果もあるので顔のたるみの予防にもなるので女性には必見です!

辛い時こそ笑顔

辛いことがあった時に泣いてばっかりいてもいいことはありませんよね。

そんなと時こそ思いっきり笑顔になってください!
うじうじしていても気持ちは落ち込むだけ!
「笑う門には福来たる」ということわざがあるくらいです。

笑顔はポジティブな方向へ行きやすいという傾向があります。

ストレス解消には最も簡単でいい方法で、さらに免疫力向上効果やリラックス効果もあります。

「そんなこと言ったって笑えない」という方には楽しかった事出来事を思い出したり旅行の予定を立てたり、お笑い番組をみたりするなどでも何でも構いません。

辛い時こそ笑顔を意識することが幸せに近づく最もいい方法の一つなのです。

【笑うことのメリットについては、こちらの記事もチェック!】

2.感謝をする

なにごとも感謝の気持ちが大切です。

やってもらって当たり前になっている事などありませんか?
なぜ「感謝をすること」が幸せにつながるのかといいますと、感謝をすることによって顔の表情、言葉使い、物事に取り組む姿勢が変わるからです。

例えば、感謝の気持ちを持ちながら人を恨むことはできませんよね?
感謝をすることによって顔の表情、言葉使い、物事に取り組む姿勢が大きく変わります。

「ありがとう」は幸せを呼ぶ魔法の言葉だと言われています。

その言葉があるくらい「感謝をする」という事は幸せにつながるのです。

感謝をする習慣を身に着けることで見返りなどを求めず心の平安という幸せを感じれるようになっていくでしょう。

些細なことでもありがたさを忘れない

感謝の気持ちを持って行動すると今まで当たり前だったと言う事にもありがたさを覚えると思います。

「失ってから気付くありがたさ」なんて言葉があるくらいに今目の前にあるありがたさに気付けていないから失ってから気付くのです。

失ってからではもう手遅れなのです。

そうならない為にも、日ごろから些細なことでもありがとうの気持ちと、今ある幸せに気付く事が大切なのです。

3.睡眠をしっかりとる

睡眠にはストレスを和らげ解消する効果と身体能力の向上効果があります。

昼に約15~20分のお昼寝タイムを取っている会社もあるくらい睡眠はそれだけ大切だと言う事です。

人間の脳は昼間に得た情報をいるものといらないものに分けて、寝てる間にその情報を整理します。

その為睡眠が少ないと大切な約束を忘れたり、覚えていないなどの原因にもなります。

寝たいが眠れないなどの方はこんなことをしてませんか?
夜寝る前のパソコンやテレビをみ見るなど。

スクリーンが発する光によって脳が夜だとういう事を忘れてしまう為、目が覚めてしまい寝不足になってしまいます。

寝る前のお風呂も目が覚めてしまうので、できれば1時間~2時間前に入るのいいです。

それでも寝れない方、眠りにつきにくい時にオススメな寝る前の方法
・柑橘系なのどリラックス効果のあるアロマをたく
・安らかな音楽をかける(安眠CD)
・ゆっくりと体をのばすようなストレッチ(マッサージ)
・柚子茶などの温かいのみものを飲む
などが効果的です。

眠りにつけない時は無理に睡眠薬を飲んだりすると、今後それが無いと眠れなくなる可能性があるので出来るだけ自然に寝れるように心がけるのが一番です。

睡眠不足はストレスを増やす

睡眠を取ることでリラックスができ気分を安定させる効果があります。

反対に睡眠不足の場合ストレスが溜まってしまう原因になります。

睡眠不足の時イライラするや思い出せないや体がだるいなど・・・健康に悪影響も与えます。

睡睡眠不足で起こりやすいからだへの影響
・免疫力の低下
・肩こり、頭痛、腰痛、吐き気、めまいなどの体への影響
・体が歪む
・便秘になりやすい
・月経周期(生理)の乱れ
・食欲の増加で太りやすくなる
・肌トラブル(ニキビ、しわ)などがあげられます。

1.2日ぐらいの睡眠不足では大したことはありませんが、それが続くと健康を損なう場合もありますので、出来るだけ昼寝も含め睡眠はとるようにしてください。

                                         

4.他人と比較しない

比較をするという事はもともと動物の本能として備わっている為生活から取り外すことはできません。

野生動物の場合「自分よりも強いかどうか」を察知し、自分より強い場合は逃げようとします。

この本能が人間にも備わっており「自分よりも相手が優れているかどうか」という点を見て比較してしまいます。

これは本能なので意識して辞めることはできません。

自分と他人を比較することによってネガティブになったり嫉妬してしまいます。

「○○さんは顔が良くていいな」
「あのこはお金持ちでいいな」
なんて思っていませんか?
お金があってもどれだけ顔が良くてもその人が幸せかどうかは分かりませんよね?
比較して自分自身を低評価するより、ポジティブになって自分の良いところを探してみてください。

自分が劣っていると感じて批判してしまう

自分自身が劣っていると思っている人は一度なぜそのように感じるのかを考え直してみてください。

他人より劣っていると思ってしまうのは自分に自信がないからです。

まずは自分を見つめ直してください。

自己否定ばばかりしていても落ち込んでしまい、気持ちが満たされることはありません。

今すぐそれをやめて、今の自分を認めてあげるところからスタートしてみてください。

他の人がどんなに優れていようが、その人とあなたは関係ありません。

自分の事を最優先にして今の自分を認めてあげることが大切です。

そして自分自身の良い所をのばしていくことでさらに自信がついてきます。

5.他人の幸せを分けてもらう

例えば結婚式など幸せオーラ全開の空間などがありますよね?
結婚式を見ていると自分も「結婚したいとか」「幸せそう」「すてき」などの感情が出て来てドキドキワクワクした気持ちになったことはないでしょうか?
幸せそうな笑顔を見ているとこっちまで優しい気持ちと笑顔になりますよね?
「結婚式行く予定がない」「周りに幸せそうな人がいない」などはちょっと視点を変えてみて、普段笑顔の素敵な人との会話でもいいでしょう。

他人から分けてもらえる幸せは自然に伝わってきますので今の周りの環境で幸せそうな人と会話をしてみると言うのでもいいでしょう。

気持ちを共有することによって幸せを分けて頂けるでしょう。

幸せは伝染する

幸福感は他人に伝わりやすく、家族や友人などの社会団体の中でさざ波のように広がるが、職場では同僚の感情にあまり影響を受けない。

このような結果が英医学誌【ブリティッシュ・メディカル・ジャーナル】で取り上げられています。

ハーバード大学医学部のニコラス・クリスタキス教授とカリフォルニア大学サンディエゴ校のジェームズ・フォーラー教授による共同研究で誰かの幸福感に変化が起きると「幸福」または「不幸」な人々の社会的又は地理的な集団が形成される。

充足感は個人がそれぞれで感じるものだけではないという結果が出ております。

6.いつもと違うことをする

いつもと違う事をするという事は自分自身のなかで少しの変化を与えることになります。

初めての道を通ってみるなどやいつもとは違う服装をしてみるなど様々な事があると思いますが、すべてそれは脳へのいい刺激となります。

いつもと違う物事の考え方を持つことで気付けなかったことに気づくチャンスでもあります。

いきなりなれない事をしてみると言うよりは、少しのチャレンジ感覚で違ったことをしてみてください。

新たな発見が幸せにつながるかもしれません。

日常が幸せであることを確かめる

何となく過ごしてる日常に幸せを感じたことはありますか?
食べ物に困らない事、欲しいものが買えること、寝る場所があること。

当たり前に生活していると、これらの事もあって当然と思っていませんか?
何不自由なく生活できる幸せな環境があることに気づいてください。

この世の中には、食べるのもやっとの人や、勉強だってしたいのにできない人だっています。

自分自身の当たり前に生活してきている環境に感謝して生きていくことで何事も大切にしていけるでしょう。

7.完璧主義をやめる

完璧主義な人は自分以外にも完璧を求める傾向があります。

そういった場合人間関係が壊れてしまったり、周りがついてこなくなったりしてしまいます。

自分が出来るから相手もできるという考えはやめましょう。

そして自分自身が完璧に出来なかったときイライラしたりストレスを溜めこんでしまいます。

完璧主義聞こえはかっこいいですが、度がすぎてもよくないのです。

人間である以上、全てを完璧にこなすのは不可能です。

自分の思い通りの結果が出せない時に自信を失ってしまったり、思いがけない出来事が起きた時にミスをしたりなどからうつ病などの精神病にかかる可能性が高いようです。

ではそうすれば完璧主義をやめれるのか?
自分の中で物事に優先順位をつけ合格ラインを見つけてください。

この量の仕事をするにはいつまでにどこまでできていたらいいなど。

ミスをしてもここまでの範囲なら大丈夫と。

自分で自分を追いつめてもそれが全てプラスの結果になるとは限りません。

甘やかすわけではないですが追い詰めすぎるのもよくないですね。

8.自分に素直に生きる

自分に素直に生きることによって自分自身をまず理解してあげてください。

今何がしたいのか?何が欲しいのか?そして自分に何が出来るのか。

素直になることで本当の自分が見えてきます。

自分の事を考えて生きるという事は自分自身を信じることにつながります。

自分を一番に考えて、幸せになることやワクワクすることによってその幸せを周りに広げていくこともできます。

自分らしく生きられるようになると周りの環境もだんだんといい方向に変わって行きます。

全て相手に合わせる必要はない

人は考え方も捉え方も人によって異なります。

自分が正しいと思っていることも、相手からすると違う場合があります。

相手に合してばかりではストレスもたまりますよね?

「自分の意見が言えない」「他人に合わせてしまう」「いつも我慢するのは自分」などこのように感じてしまうこともあると思います。

これは自信のないことからきているといえます。

自分自身に自信がない為、他人との衝突を恐れたり、意見することもできなくなっているのではないでしょうか?
自分の中で譲れるところと譲れない事の線引きしてみてください。

全て合せ無くてもいいのです。

思ったことは言ってみるのもいいでしょう。

自分のしたいようにすることによってストレスもたまりにくいですし、気持ちも楽になります。

9.好きなことをしよう

あなたの好きなことを心から全力で楽しんでみてください。

こんな好きなことばっかりしていていいのだろうか?と不安に思うかもしれませんが、おもいっきり取り組むことが大切なのです。

「時間がない」「忙しいから出来ない」などもあるでしょう。

ほんの少しずつでもいいので取り組んでみてください。

休憩時間や寝る前などでも構いません。

出来るところから、自分の好きなことをする時間を少しずつとってみてください。

時間の取れる方は自分の好きなことを思いっきりするようにしてください。

好きなことをしているだけなのに、それがいつしかあなたの才能や知識になり自信にも変わっていきます。

楽しむ人生を送ることが大切

人生を輝かせている人は自分の好きなことにとことんのめり込んでいます。

好きなことを心から楽しむことで生き生きした人生を歩めます。

人生を楽しんでいる人とただただ生活しているだけの人と顔つきからして違いますよね?

何事も楽しみながら生活することによってそれが幸せに変わっていきます。

10.「今」を生きよう

過去の失敗にとらわれていても仕方がないです!
失敗は成功の素ということわざもあるように、過去の失敗はそれだけいろいろなことを経験してきた証です。

失敗して苦労してきた分今のあなたの能力の一部になっていますのでなにも恥ずかしい事なんてありません。

過去があるから、現在のあなたがいるのです。

今を生きることによって未来につながっていきます!

11.何事もポジティブに考える

ポジティブ思考になると言う事はメンタルを鍛えることにつながります。

比較したり落ち込むことがあったり難題をつきつけられることだってあります。

無理だからといって諦めるのは簡単ですが、そう思っている限り成長も出来ません。

ネガティブになっても良いことはなにもないです。

落ち込むことがあっても「次はこうしよう」「あれも取り組んでみよう」などと言ったように何でもプラスに考えていく習慣をつけてください。

そうすることによって、性格自体も明るくなっていき自分にも自信がついていきます。

もし落ち込むことがあっても「その失敗のおかげで今がある」とポジティブなとらえかたをしてあげてください。

ポジティブな考え方が出来ればできるほどメンタルも鍛えられていきます。

愚痴を言わない

愚痴を言いたくなってしまう事ありますよね?
仕事の不満や、人間関係などなど・・・いろいろ言いたくなってしまうのも分かります。

やあなたが愚痴を聞いたとき、いい思いはしないはずでしょう。

愚痴を言わない人の方が他人からも好かれますし、居心地もいいですよね。

しかし、愚痴の多い人からは人もはなれていきますし、自分もいわれているのではないか?とおもいますよね。

愚痴を言っているとあなたの評価も下がってしまいます。

「でも・・・いわないとやってられない!」という人は多いと思います。

そういう時は「ストレス解消法」やほかに「夢中になれる事」をみつけてください。

時々ガス抜きをしてあげることで、あなたのメンタルも保たれます。

「でも、あの人とうまくいかない」や「人間関係」の場合は他人は自分の好きなように他人がコントロールが出来ないと言う事を理解しましょう。

自分自身はコントロールできても、他人は違います。

他人をコントロールしようと思えば思うほどストレスもたまり愚痴が言いたくなります。

それを理解するだけで自分自身も楽になり、ストレスを溜めこむのも回避できるというわけです。

12.健康に気をつける

健康でないと幸せではないですよね?

幸せと健康は相関関係にある

一日たった数分でもいいので運動を。

携帯のアプリでも7分運動アプリもあるくらいです。

うつ病などの治療法にも運動がストレスに効くと言う事で勧められている治療法です。

運動やストレッチで体を動かすことによってリラックスした状態をたもてるようになり、脳の働きが良くなります。

それにより身体満足度が上がるので健康にもなれます。

13.自分を好きになろう

自分の事を好きでないと幸せにはなれません。

「自分はなんでこうなんだろう」
「こんな自分は嫌だ」
などネガティブなことばっかり考えていても気持ちは落ち込むばかり。

悪い所ばっかり見すぎて自分のいいところに気付けていないのではないですか?
コンプレックスに感じるものは人それぞれ違いますが、少し視点を変えるだけで色々な良いところがあるということです。

そのままの自分自身をすきになってあげてください。

まずは自分の事を知るところからはじめてみてください。

性格や好きなことなど。

あなたの個性を知って、それを受け入れると自分自身をもっと好きになれるでしょう。

自分を好きになるということで自然と自信がつき、さらに顔つきも生き生きしてきます。

自分の長所を見るようにする

例えば
「思ったことが言えない」
「頑固すぎる性格」
「飽きっぽい」
自分自身の短所なら浮かぶのに・・・

短所は長所という言葉があるように、視点を替えてみてはいかがでしょうか?

「思ったことが言えない」であれば気を使うことのできる優しい性格。

「頑固すぎる性格」であれば芯があってぶれない性格。

「飽きっぽい」であれば好奇心旺盛な性格。

自分が短所だったと思っていたところが視点をポジティブに考えるだけで長所へ変わります。

自分の良いところにきずくことが大切なのです。

あなたの長所を見つけてそこを伸ばしていくことによってさらに素敵な人になれるでしょう。

14.動物と遊ぶ

「アニマルセラピー」という言葉があるくらい動物は人間の心の癒しや病気の治療まで幅広く効果があると言われており、一緒に遊ぶことによって心と体の健康を高めるといわれるくらいです。

動物とと暮らす人の方がストレスが少ないと言う研究結果も出ているくらいです。

動物と言っても種類は色々ですが、飼えないかたは猫カフェなどのふれあいの施設に行っても効果はあります。

好きな人と苦手な人がいるとはおもいますが、苦手でなければ行ってみることをお勧めします。

15.嫌な仕事をするくらいなら辞めてしまおう

「給料が良くて嫌な仕事」と「給料が低いが好きな仕事」であればどちらを選ぶべきか・・・
転職や就活などでこういった場面に面したことはないでしょうか?
給料が多ければ生活は楽かもしれません。

でも、残業が多いやパワハラがある出張が多いなど色々嫌な部分や呑み込めない事もありますよね。

給料が良いからと嫌な職を選択してしまうと実は幸せから遠のいてしまっています。

なぜなら仕事にやる気を感じられなくなったり、自分を磨きたいなどといったやる気自体がかけてしまいます。

やる気はないが給料の為に仕事をするだけになってしまいます。

せっかく仕事をするなら、嫌な仕事より好きな仕事をするべきです。

好きなことをして稼ぐお金のありがたみや、その楽しさがまた生きる希望につながります。

好きという気持ちがあれば、最初は上手にできなくても取り組もうという姿勢や培ってきた経験が必ずあなたの武器になるでしょう。

人生は一度きりですので、仕事も自分に合った後悔しないものを選んでください。

最後に

幸せは自分の持っている物や置かれている環境や条件ではありません。

どれだけ人にうらやましがられる生活をしていたからと言って幸せを感じないのであれば幸せではありません。

幸せとは「自分の感じ方」であり、心の状態が幸せという事です。

幸せを無差別に探すのではなく、あなたの内側から見つめ直してみてください。

何に幸せを感じるかは人それぞれ

自分の心が満足という気持ちに満ち溢れているときがあなたにとっての幸せなのです。

頑張って見つけるのではなく、自然と気付くものなのです。

それに気づいたとき、何気もない日常がキラキラして幸せを感じることが出来るでしょう。

自分にとっての幸せとはなにか考えよう

人のモノサシで自分をはかるのではなく、幸せを自然に感じられる自分の気持ちが大切です。

「自分自身は何はしたいのか?」「どうしたら居心地がいいのか?」「どうしたら楽しくなるのか?」自分に素直になって受け入れるのが幸せへの第一歩になります。

やりたくない事はやらなくていい!自分のやりたいことに時間を使うと自ずと答えが見えてくるでしょう。