縁結びやパワースポットは目に見えないもので不確かなものかもしれません。

しかし近年そんなパワースポットや縁結びに関係する神社やお寺を訪れる人が急増しています。

そしてその場所を訪れた人の反響も大きいので、テレビや雑誌でも取り上げられたりしています。

人は自然と共存することで古来より生きています。

人間も自然の一部であるからこそ切り離せない存在であり、細胞からその力を感じ取るのです。

そんな縁結びやパワースポットは神聖な場所であることが多いので、訪れるだけでも十分な効果を得られることは間違いありませんし、旅行と並行して訪れると楽しい思い出にもなることでしょう。

日本には八百万の神がいて、神様によっても全く異なった力を持っていることを知る機会にもなります。

地方別の縁結びスポット

縁結びのスポットと呼ばれる場所は全国にたくさん存在します。

その場所によっている神様が違うので、由来や効果もまた異なったものになります。

しかも縁結びだけではなく、パワースポットととしても有名な場所もあるので、行くだけで心も体も癒し清いものに変えてくれます。

その土地の歴史と照らし合わせて意味のある社やお寺が建立されていることもあるので、知るということでも楽しくなってきます。

そんなたくさんある縁結びの神社、お寺などを特色と共に紹介していきたいと思います。

北海道

西野神社

札幌のパワースポットと呼ばれている西野神社は恋愛運がアップすることで有名です。

年間3000人もの女性参拝者が訪れ、お守りはなんと300種類もあります。

西野神社には3種類の神様を祀っています。

豊玉姫命(とよたまひめみこと)この神様は、開運厄除け、縁結び、海上安全の神様です。

鵜草葺不合命(うがふきあえずのみこと)この神様は、縁結び、安産、子育ての神様です。

譽田別命(ほんだわけのみこと)この神様は、出陣祭、戦勝祈願、漢字や文学、裁縫、呉服の神様です。

これだけの神様が揃っているということもあり、特に縁結びと子宝に恵まれる神社としてたくさんの人がお参りにきます。

あの福山雅治が参拝にきておみくじを引いたことでも有名になりました。

北海道神宮

初詣の参拝者は北海道一と言われている神社です。

札幌市にあるこの神社は円山公園に隣接された場所にあります。

北海道ということで開拓民の心のよりどころとして「開拓三神」を祀るようにと明治天皇に言われたことが始まりです。

現在では三神に明治天皇を加えた四神が祀られています。

その御利益としては、商売繁盛、交通安全、金運、勝負事、恋愛運、縁結びなどがあると言われています。

ここには限定品の土鈴(えと鈴)というのがあり、神宮窯で手作業で作られたお正月しか買えない伝統工芸品があり即売り切れてしまうという状態です。

東北地方

蕪嶋神社

青森県八戸市の海の見える場所にある神社で、福の神であり恋の神と言われる弁財天が祀ってあります。

その昔、三代藩主南部遠江守には跡継ぎの子がおらず、蕪島神社に男子出産の祈願をしたところ、一男を授かることが出来たと言われています。

その由来からも縁結び、子宝に良いとされる神社なのですが、参拝の際には気を付けなければならないこともあります。

それはウミネコの糞です。

蕪島神社はウミネコの繁殖の場所でもあるのでたくさんの糞が空から降ってきます。

しかしその糞が付くことで神様から運を付けられるという意味もあり、糞ががつくことで縁起が良いともされています。

岩木山神社

青森県弘前市にある神社で、何と言っても有名なのはまず2体の狛犬です。

1体は上向きで、もう1体は下向きになっていますが、上向きの狛犬は金運アップ、下向きの狛犬は恋愛アップの御利益があると言われています。

その狛犬を触ると運気がアップするかもしれません。

携帯の待ち受け画面にする人もいて、実際にそこを参拝した人がすぐに恋人ができたと言う程の効果があるようです。

パワースポットでもあるので、御神水で手を洗い口をすすいで清めることもおすすめです。

浮木神社

秋田県の田沢湖の湖畔にある神社です。

ここは美容や縁結びといったことに効果のある神社で、女性の参拝客も多いことで有名です。

それもそのはずで、田沢湖には辰子姫伝説というものがあり、美しさを永遠に保ち立と願った辰子がこの湖を築いたとされています。

更に湖を築いた後に大きな龍となった辰子が八郎太郎との愛が成就したことで湖が凍らなくなったとされています。

そんな辰子を象徴するかのように湖畔には金の辰子像が神社を見守るように置かれています。

浮木神社には伝説となった鏡石や辰子姫が飲んだとされる霊泉など縁に係わる品が供えられています。

縁結びだけではなく、豊漁の神様ともされているので、地元の人からも愛される神様です。

熊野大社

山形県南陽市にある、日本で最古と言われる初めてプロポーズをして結ばれたという縁結びに強い神社です。

ここには伊弉諾尊(いざなぎのみこと)と伊弉冉尊(いざなみのみこと)が祀られていますが、この神様は神話の中でも一番最初に結ばれた男女の神様です。

そんな神様がプロポーズをして結ばれたというのだからすごい神社とも言えます。

「月」「うさぎ」「縁結び」という縁結びに重要なものを掛け合わせた、縁結び祈願祭というものがあり「月に一度の満月の夜に月の光とうさぎに導かれ御縁が結ばれるように」と願いを込めて行われています。

更に縁結び祈願祭や月結び参列者限定のお守りで「たまゆら守」というものがあります。

この「たまゆら」という言葉の意味は「魂を掘り起こす」という語源からきているそうです。

一つ一つ丁寧に心を込めて手作りしてあります。

円通寺

宮城県松島市にあるこのお寺は、伊達正宗の嫡孫である光宗公の霊廟(れいびょう)として建立され開山されたお寺です。

こちらのお寺にある三慧殿は東北地方でも数少ない霊屋建築として国の重要文化財になっています。

そしてお寺なのに縁結びが注目されています。

それは山門すぐ左手にある観音様は男女の縁はもちろん、今まで縁のなかった人を引き寄せる力があるとされているからです。

1体500円の縁結びこけしというものがあるので、それにペンで恋愛成就や願いなどを名前と共に書き込むと良いでしょう。

それから御本尊様に祈願奉納することで願いが成就されると言われています。

その他にも数珠づくりなどもあり、こちらは天然石で作るパワーストーンのブレスレットのようなものです。

4000円ほどで出来上がり、ストーン専門店で購入するのと比べてもさほど違いはないか安いぐらいの感じですが、神聖な場所で作るということで石自体の効力も絶大と言えます。

関東地方

東京大神宮

元々は明治13年に伊勢神宮の遥拝殿として日比谷に創建されましたんで、呼び名も初めは「日比谷神宮」と呼ばれていました。

それから現在の飯田橋に移り「飯田橋大神宮」になり戦後に「東京大神宮」と名前を変えました。

伊勢神宮所縁の神社であるので、伊勢神宮を参拝したのと同じ御利益が受けられるとされています。

そしてここは縁結びの神社として有名ですが、それは祀られている神様からきています。

「造化の三神」と言われる3人の神様がいるのですが、天地が初めて別れた時に現れた神様だといわれています。

天地万物の生成化育という「むすび」に関する働きをしたということです。

その他にも日本で初めて神前結婚式が行われた場所ということもあり縁結びの由縁の一つとなっています。

常陸国出雲大社

茨城県にあるこの神社は島根県にあるあの出雲大社から分霊を賜り御鎮座されました。

そのため本殿建築も出雲大社と同じ大社造りでその効力も出雲大社と同じ縁結びです。

拝殿にある大柱連縄も有名で長さ16m、重さ6tの日本一で関東の「縁結びのおやしろ」として有名です。

ここには隠れ縁結びのスポットがあり、建物の角にある金箔の梁のカバーや紋の中にみられるハートの文様を携帯の待ち受けにすると良縁が舞い込むとされています。

他にも「えんむすび守」もありこちらも大人気でネットでも購入することができます。

葛原岡神社

鎌倉にある縁結びでテレビや雑誌などでも取り上げられている注目を集めている神社です。

祀られている神様は縁結びの神様である大黒様です。

大黒様は七福神の中でも縁結び、子宝でも有名です。

縁結び石というものがあり、「男石」「女石」と二つの石が並んで祀られています。

社務所に行き縁結びのお守りを授かると赤い糸のついた五円玉をもらうことができます。

それを自分の手で縁結びの石のしめ縄に結びます。

そして結ぶ際に縁を持ちたい人のことを想うことが大事で、しっかりと気持ちを込めるということをしなくてはなりません。

ただ単純に神様にお願いをするのでは願いが成就するのではなく、前向きになれたり、勇気を持って行動できたりと自分の力を引き出すことで願いの成就に繋がるのです。

その他にも「縁むすび絵馬」「恋みくじ」など縁結びに関係するグッズがたくさんあるようです。