物を持たないという理念で生活するミニマリスト達の、驚きの生活スタイルはテレビなどで紹介され一時期話題を呼びました。

しかし、テレビで紹介されているのは視聴者が驚くような極端なものばかり。

実際のミニマリストはとても理にかなった、節約生活などではない豊かな生活をしているのです。

そんな物を持たず、人生を豊かに生きるミニマリストの生き方について見ていきましょう。

その理想的な暮らしと考え方をしれば、あなたもミニマリストを目指してみたくなるかもしれません。

ミニマリストはどういう意味?

ミニマリストという言葉、皆さんも一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。

物資に恵まれ流通が著しく発展した現代社会において生まれた新しいライフスタイルをミニマリズムといいます。

そして、その生き方に共鳴し、実践している方々をミニマリストと呼ぶのです。

自分が本当に必要な最低限の持ち物しか持たず、極僅かな所持品のみで生活をするというミニマリストの生き方は多くの人が感銘を受け、2015年には流行語大賞にもノミネートされました。

自分が本当に必要で、持っていなければならないものを選び、無駄なものを持たないというこのライフスタイルは、不必要なものを持たないことで心や人生が豊かになると考えられています。

お部屋を見渡してみてください。

あっても無くても変わらないものはありませんか?それどころか、最後に使ったのはいつだっけ…?なんて思うものも多くあるのではないでしょうか。

そういう「必要のないもの」を排除していくのがミニマリストの生き方です。

もし今、物に囲まれている生活に少しでも窮屈さを感じているなら、思い切ってミニマリスト・ライフを目指してみませんか?

断捨離を極めよう!

ミニマリストになるメリットは?

ミニマリストの生活は思いついたからと言ってすぐに完成するものではありません。

最初のうちは今まで買い集めた大切な持ち物を仕分けし、処分するという過程がほとんどなので途中で何をしているんだろう、という気分になって挫折してしまうこともあるでしょう。

そうならないためにも、ミニマリストになるとどんな風に生活が変わるのか、
メリットをいくつかご紹介します。

ミニマリストとして生きるためのモチベーションにしてみてください。

気が楽になったり、軽くなったりする

ミニマリストの生活を続けていくうちに、心の中にある思想が芽生えてきます。

それは「人生に絶対必要なものなどほとんどない」という気持ちです。

私たちは社会で生活していく上で、無意識のうちに物を買うこと、消費することが当たり前だと思い込んでいきます。

そして、とにかく自分の周りに物を集めなければ、という一種の強迫観念のようなものを持ってしまう場合があるのです。

その結果、最新の電化製品を持っていることが偉い、おしゃれな服やブランド品をたくさん持っていなければ馬鹿にされる、といった本来あり得ない思い込みに捕われてしまいます。

ミニマリストの生活は、周囲にある不要なものを排除することで自分と向き合い、本当に必要なものだけで生活していく為、そういった思い込みを排除することができるようになります。

すると、人より良いもの、高価なものを持っていなければいけないという焦りも無くなり、とても楽な気持ちで毎日を過ごせるようになるのです。

もちろん、他者に対しても持っているもので判断することが無くなるので、その人本来の魅力や、自分との相性で本当に必要な人間関係を見極めるように変化します。

そうして手に入れた、自分が楽に、気軽に生きられるスペースと対人関係は、貴方の人生をより快適なものに変えていってくれるでしょう。

地球に優しいことをしている気分になれる


ミニマリストは物を捨てるという生き方と聞くと、地球にゴミを増やすエコではない生き方だと思う方もいるかもしれません。

しかし、ミニマリストがものを捨てるのは、その生き方をしようと決めた最初の一定期間だけ。

本当に必要なものを見定めたミニマリストたちは、ものを捨てることすら必要としなくなるのです。

だって、最低限の物で暮らしているのですから、それ以上捨ててしまったら生活に支障が出るレベルになってしまうでしょう?
彼らは持つと決めたものを、自分の体の一部のように大切に使い、修理し、長持ちさせることで長く使用します。

新商品が欲しいから、とまだ使える冷蔵庫を捨てたり、去年買ったスカートが流行遅れだからゴミに出すなんてことはしません。

基盤が壊れて使えなくなるまで、裾がほつれて雑巾に変えてぼろぼろになるまで、資源を大切に、物の命を尊敬して使い倒すのです。

そして結果的にゴミを出す量はとても少なくなっていくのです。

今地球上には、人間が生み出したゴミが溢れかえっています。

世界中の人が全員、毎日捨てるごみを半分にできたら、地球環境の崩壊は今よりずっとゆっくりになるのではないでしょうか。

そんなちょっとしたエコ活動を実践できるのが、ミニマリストと地球を繋げる大切なメリットなのです。

出費が減る

毎日を普通に過ごしていると季節ごとに最新の流行品を買ったり、定期的に家電を買い替えたり、とにかく1年中何かしらの出費が発生しているでしょう。

ミニマリストの生活ではこういった生活での出費が大幅に減少するのもメリットとして挙げられます。

ミニマリストが手元に残すものは、日々の生活を普通に暮らせる最低限の物だけ。

つまり、それ以上買い足さなくても毎日暮らしていくのに何ら支障はないのです。

そんな彼らが物を買う時には、まず十分それを吟味して、本当に今の生活に必要なのか、買ったとして100%活用できるのかを考えます。

普通の人々は欲しいな、と思ったら深く考えず物を買ってしまうでしょう。

しかし、ミニマリズムを掲げる人々にとって物を買う、ということは自分の人生に何か増やすべきなのか自問自答するとても重要なイベント。

購入することで自分の人生がより良いものになる、という結論を得て初めてお金を支払うのです。

物を買うことに価値を見出しているからこそ、余分な物は買わない。

そして余分な出費も怒らない。

そんなミニマリストの生活は結果的に質素倹約を無理なく続けられる究極の節約術なのかもしれません。

引っ越しやおでかけのフットワークが軽くなる

旅行の時、大きなトランクケースがいっぱいになってもまだまだ足りない、なんて方もいらっしゃるでしょう。

折角リフレッシュできる旅行に行くのに常に重い荷物を引きずって移動するなんて、ちょっと気が滅入ってしまいますよね。

引っ越しの時などもあまり物が多いと、次の引っ越し先に持っていく荷物が多すぎていつまでたっても片付かず、引っ越し費用も高額になってしまいます。

新しい生活をする部屋の中にあっという間にものが溢れてしまっては引っ越しの新鮮さも半減です。

そんなとき、ミニマリストとして生きている人はとっても身軽。

いつだって必要なもの以外は持っていない彼らは、旅行に行くにも引っ越しをするにも、さっと自分の必需品をまとめてフットワークも気持ちも軽く、新しい町、新しい世界へ飛び出していけます。

過去に捕われず、いつでも気軽に移動できる奔放な旅人のような生活、ちょっと憧れる気がしませんか?

異性や家族に部屋を見られた時、「デキる人」と思われる

一人暮らしをしていれば、気になる異性や訪ねてきた家族を家に招くこともあるでしょう。

そんな時、部屋の中が雑然として散らかっていてはだらしないという印象を持たれてしまいます。

折角いい雰囲気になって異性を招いても、生活感のあふれる散らかった部屋では甘いロマンスも生まれないのではないでしょうか。

家族からも、1人でしっかり生活できているのか不信感を抱かれてしまいますよね。

ミニマリストをしていくと、部屋の中は必然的にすっきりと片付いて洗練された印象になっていきます。

物が無いから、というのももちろんですが、物が無い分床や壁が広く見え、掃除もマメにするようになるので汚れも目立ちにくく、常にきれいな状態で部屋をキープできるからです。

ドラマのワンシーンに使われる部屋が綺麗なのは、あるべきものがあるべき場所に整えられて掃除が行き届いているから。

そんな、まるでドラマの世界に入り込んでしまったかのような清潔な部屋なら、どんなタイミングで誰が訪ねてきても堂々と迎えることができるでしょう。

雑念が減る


人は1日を通して、色々なことを考えています。

しかし、そのほとんどは毎日変わらず考えている変化のない雑念で、本当に大事なことはごく一部だと言われています。

にもかかわらず、雑念があまりに多いと余計なことに脳みそが圧迫されて、本当に大事なことを真剣に考えられなくなってしまうのです。

物を減らす、ということはこの雑念を減らすこととに繋がります。

想像してみてください。

冷蔵庫の中に使いきれない食材が沢山あったら、とにかく腐らせないように効率的に使おうと思考を巡らせますよね。

クローゼットの中にしまってある多くの洋服は毎朝の着こなしに悩む時間をいたずらに増やしてしまいます。

買って読まないまま積み上げた雑誌は、いつ読もうかと悩ませ、読んでない本に出費してしまったという無駄遣いを意識させますし、衝動買いした化粧品や美容グッズは後悔と使わなきゃ、という義務感を訴えかけてくるはずです。

このように、生活に対してプラスにならない雑念を生み出すのは、買ってしまった人生に必要のない物の存在なのです。

物を捨てることによって、そのものに対する余計な想いを持たなくてすむようになり、今まで使っていた思考を他の自分を高める行動に充てることができるようになります。

それは人によって、いつもよりゆっくりと眠る睡眠であったり、パートナーと語り合うコミュニケーションの時間であったり、おいしい食事をするディナーであったり様々でしょう。

どんな時間の使い方でも、物に支配されて雑念ばかり思い浮かんでいる時間より、ずっと素敵で満ち足りた時間になるのではないでしょうか。

集中力が増す

部屋の中で仕事をする時、周りに余計な物があるとついつい手に取ってしまい作業が思った程はかどらなかった、なんて経験はありませんか?休憩のつもり手に取った本を読みふけってしまったり、買ったばかりの洋服を整理しているうちに一人コーディネートショーを始めてしまったり…。

雑念を呼ぶ余計な持ち物は仕事や作業を本気でするときには常に悪魔の誘惑となり得るのです。

喫茶店で仕事をするといつもより集中してできると思いませんか?それは、周りに暇つぶしをする余計な物が置いていないから。

同じように、自宅も余計な物を置かないで、すっきりと片付けておけば目の前にある仕事だけに集中して作業することができるでしょう。

ミニマリストな持ち物と言えばコレ!


世の中のミニマリスト達はどんな持ち物を選んで持っているのでしょうか。

初めてミニマリズム生活を始める人は、捨てることに対してハイになってしまい、必要なものまで捨ててしまうことがあります。

どうしても必要なものを捨ててしまうと、結局それを買いなおす羽目になり出費もかさみますし、なんとなく損した気分になりますよね。

実際にミニマリストとして生きている諸先輩が持っているものを見ることで、最低限捨ててもいい物、捨ててはダメなものを確認し、断捨離の基準にしてみましょう。

薄い財布

見逃しがちなお財布もミニマリスト的な使い方があります。

まず、ミニマリストに一番合わないお財布はポイントカードやレシートがぎっしりつまった分厚い財布。

いつ使うのかも分からないポイントカード、かすれて読めないのにお札の邪魔をするレシート、誰が見ても一目瞭然の要らない物がつまったお財布は、ミニマリストの生活にふさわしくないどころか、居心地が悪くなってお金もどんどん逃げ出していってしまいます。

ポイントカードは使えば使うほどポイントがたまってお得に還元される、というイメージな上にレジで簡単に作れてしまうので、ついつい数が増えてしまいがちですよね。

けれど、大抵のポイントカードはお得に使えるようになるまで何万円も買い物をしなければならなかったり還元率が悪かったり、持っている意味が無いものばかりです。

さらに、ミニマリストになることで今までよりもっと物を買わなくなるのですから、ポイントがたまるスピードも遅くなっていくはず。

ポイントカードはなるべく処分して、すっきりと薄いお財布を持ち歩きましょう。

どうしてもポイントを貯める喜びを感じたい!という方は、色々な提携店舗で同じポイントを貯められるカードを1枚作っておくと欲求も解消できていいかもしれませんね。

クレジットカードやキャッシュカードに付属させればお財布がかさばることもありません。

最低限の衣服

ミニマリストに必要な最低限な衣服類を選ぶには、私服のユニフォーム化をめざしてみましょう。

流行に乗った洋服は、その時はおしゃれで選ぶのも着るのも楽しいものですが、翌年にはもう流行遅れとなり着る気分で無くなってしまう場合があります。

また、個性的な服装は年齢などにも大きく影響されるので、洋服を選ぶ時にはシンプルで着回しの利く最低限の枚数をそろえ、それを着まわすことでユニフォーム化し、余計なものを増やさないようにするのです。

洋服を最低限にそろえると、朝、どれにしようと悩む時間も無くなるので忙しい早朝の一時を優雅に過ごすことができるようになりますよ。

最低限の食器


可愛い柄やデザインのものが多く、値段も手ごろなためついつい買い足していってしまう食器類。

買ったはいいけれど使い道が分からず食器棚に置きっぱなしになっているものも多いのではないでしょうか。

ミニマリストにおける食器の断捨離は、最低限の数を見極めることが大切です。

食器類は1人につき、どれくらい必要なのでしょうか。

まず、日本人ならお箸は必需品ですよね。

さらに、スプーンとフォーク、ナイフも1つづつあればどんな料理でも間に合うでしょう。

次に、食器の必要枚数です。

本格フレンチを自宅で作る、なんて方以外にとって食器を一番多く使う料理は和食になるので、和食で使う食器の数を基準にそろえていくのがおすすめです。

和食には、一汁三菜なんて言葉がありますよね。

それに習うと必要なお皿の数はお茶碗、お椀、お皿が2枚と小鉢が1つ、それに醤油皿などで十分でしょう。

お皿の大きさを違うものにしておくことで、色々な料理に使いまわすことができます。

そして、飲み物を飲むグラスとマグカップを足せば、最低限の食器「和食ver」の完成です。

これを基準に、基本洋食だ、という方はお椀をスープカップに変えてみたり、焼き魚をよく食べるというときには角皿を買い足すなど、自分に一番ぴったりな最低限の食器を見つけてみてください。

最低限の調理器具

調理器具は、自炊派、外食派、家族の人数などで大きく必須量が変わる難しい用具です。

1人暮らしでほとんど外食派の男性と、5人家族で毎日3食作っているお母さんとでは使うものも量も大きさも全く違いますよね。

調理器具を断捨離するポイントは、恥を捨てて見栄をはらないこと!今持っている調理器具を並べて、自分の1年以内の生活を思い浮かべてみましょう。

料理は頻繁にしていますか?凝った料理を手際よく作れるほど?毎日簡単なご飯を作って過ごしてはいませんか?それなのになぜかある圧力なべや多機能ミキサー、本当にキッチンに必要ですか?
こんな風に、自分のキッチン事情と持っている調理器具を見比べてみるのです。

いつかやろう、と買った高性能の調理器具は今必要なものではありません。

使い方すらあやふやなら、思い切って処分してしまいましょう。

高価なものだからもったいなないと思っている方は、フリーマーケットやネットオークションで出品すれば案外良いお小遣いになるかもしれませんよ。

家電は、冷蔵庫・エアコン・プラスアルファくらい

家電もミニマリストを始めるのには選別が難しいジャンルですよね。

もうすでに持っている場合は、無理してリサイクル料を払って処分するのも悩んでしまうもの。

家電を断捨離するなら、引っ越す時や新生活を始める時がおすすめです。

家電の断捨離基準は、絶対必要なものを見極めること。

それが、冷蔵庫とエアコンなんです。

例え完全に外食するといっても、家に飲み物1本すらおかないなんてことはあり得ませんよね。

休みの前の日にはお惣菜を買いだめして、家でダラダラしようなんてこともあるでしょう。

冷蔵庫が無ければ、飲み物だってすぐに傷んでしまいますし、買いだめなんて不可能に近い無謀な行動になってしまいます。

夏だけではなく、冬も暖房を入れていればあっという間に腐ってしまうでしょう。

時には食中毒を引き起こすなど生命の危機にも関わる家電なので、冷蔵庫は絶対に用意しておきましょう。

同じく、エアコンも命に関わる家電なのでぜひ用意してください。

夏場には室内で熱中症をおこし、重傷となって運ばれるケースも珍しくありません。

エアコン自体は壁の上の方に付けるものなので、部屋を圧迫する心配もありませんし、断捨離から除外しても問題ないですよね。

この2つをキープしたら、あとは生活に必要なものを順番に確認していきましょう。

洗濯機や電子レンジなどはあれば便利なので、購入する、処分しないという選択をする方が多いのではないでしょうか。

一人暮らしの方には、オーブンや炊飯器まで用意する必要はないかもしれません。

今ではオーブンにもレンジにもなるオーブンレンジが多数売り出されていますし、レンジで炊き立てご飯が食べられる容器もあるので、自炊頻度に合わせて購入を検討しましょう。

その他、生活に関わらないいわゆる黒物家電はなるべく揃えないで生活を始めてみましょう。

高画質な映像や迫力ある音響などは望めませんが、パソコンが一台あればテレビの役割も、プレーヤーの役割も担ってくれます。

黒物家電を買うときは、なるべく1台で色々な機能がついている質のいいものを購入することをおすすめします。

洗剤、ボディーソープなど最低限の生活用品

洗濯洗剤や、身体を洗うボディーソープも新商品が出るとついつい集めたくなってしまいますよね。

香りが華やかでリフレッシュできるものが多数あるので、その気持ちはとてもよく理解できます。

しかし、あの大きなボトルがたくさん置いてあるのは見た目も美しくありませんし、いずれ中途半端に使って置きっぱなしのボトルも出てきてしまうでしょう。

洗剤やボディソープ、シャンプーなどは自分に一番合うものを探して、それ以外はなるべく買わないようにしましょう。

どうしても気分転換したい場合は各社から発売している旅行用の小分けパックを利用すれば1回分をすっきり使用できてものが増えませんよ。

こういうものはミニマリストにはいらない!

テレビや余計な家電はいらない!

テレビはミニマリストにとって最も必要が無い、と言っても過言ではない家電かもしれません。

もちろん趣味がテレビ鑑賞で、テレビを見ている時間が一番リフレッシュできるという人にとっては必需品でしょう。

しかし大抵の場合、部屋にテレビがあると何となくつけっぱなしにしてだらだらと過ごしてしまう、というタイプの方が圧倒的に多いでしょう。

さして観たくない番組を流して無駄な時間を過ごすより、いっそテレビを無くして他の有意義な趣味や、自分磨きに時間を割いた方がより一層洗練された暮らしを送れると思いませんか?
どうしても見たい番組があるときには、地デジチューナーが内蔵されているパソコンを買ったり、別売りの地デジチューナーを用意しておくことで見たいときだけテレビを見ることも可能ですよ。

他にも、あったら便利かもしれないけれど使用頻度の低い家電、というのは案外たくさんあるものです。

例えば、DVDやブルーレイのレコーダーもパソコンについていればわざわざ購入する必要はありませんよね。

扇風機とサーキュレーターは兼用の物を1つ買えば1年中使いまわすことができます。

周りを見渡して、無くても生きていけるな、と感じた家電はもしかしたらあなたの人生に不要なものなのかもしれません。

インテリアはいらない!

物を持たない生活を続けていると、自然と室内には余計な物が無くなっていきシンプルな部屋が出来上がります。

ミニマリストの部屋に、ごてごてとした装飾のインテリアは必要ありません。

ものを持たない生活で見せるのは、シンプルで物のないおしゃれな空間。

インテリアも最低限の物を利用して、部屋のデットスペースをなるべく少なくしていきましょう。

家具が無い部屋は隠れた場所に汚れが溜まりにくいため、清潔に保つことができて衛生的なのもうれしいポイントです。

基本は、迷ったら「捨てる」「買わない」こと

物を持たない生活を行うのは、何も難しいルールを守らなければいけないわけではありません。

「捨てる」と「買わない」という2つのルールさえ守っていれば、自ずとミニマリストの生活に近づいていくことでしょう。

まずは、家の中のものを全て持ち出して、いらないものや使わないであろう物をかたっぱしから「捨てて」行きましょう。

もちろん、時間をかけて構いません。

というよりも、断捨離は1年通して長期スパンで行うことが成功への近道です。

四季が巡る1年という単位で断捨離を行うことで、シーズンそれぞれで最低限の必要なものが揃っていくでしょう。

そして2年目からは、「買わない」というステージに移行しましょう。

1年目で各シーズンの最低必需品を厳選したのですから、同じ季節が巡ってきたときには買い足さずに過ごしていけるはずです。

もし、どうしてもそれが無いと生きていくことが難しいというものがあったり、洋服を減らし過ぎて着回しが持たない、なんてときにはその都度よく吟味して買い足していってください。

さらに、3年目からは1年目に捨てた残り、2年目に買った物をもう一度見直して、古くなって買い替えた方がいい物や、残しておいたけれどやっぱりいらなかったものを捨てたり買い足したり、行動を効率良く行っていくことで貴方の周りには本当に必要な物だけがしっかり準備されていくことでしょう。

持ち物を断捨離して、最高のシンプルライフを!!

断捨離で物を無くしていくミニマリストの生活は、確実にあなたの人生を豊かで満ち足りたものにしていきます。

人間は物を持っているから価値があるのではありません。

その気持ちを胸に、自分が本当に大切にできるものだけを愛する最高のシンプルライフを送りましょう。

こんなミニマリストのブログも参考になりますよ♪

断捨離やミニマリストの生活を実践している方の中には、ブログを付けることで自身のミニマリズム・ライフの健忘録にしたり、ちょっとした断捨離テクニックを紹介している方がたくさんいます。

現在進行形でミニマリズムを追求している皆さんのブログには、これから断捨離を始めよう!ミニマリストになろう!と決意した方にとても役立つ情報がたくさん詰まっているので、ぜひ参考にしてみてください。

cozy-nest 小さく整う暮らし

http://www.cozy-nest.net/

東日本大震災をきっかけに、物を持たずシンプルに生きる生き方を選んだ3児の母が綴るブログ。

「3人子持ち 働く母の モノを減らして 家事や家計をラクにする方法」という本も出版されています。

生活に追われるお母さんたちには目から鱗な内容ばかり。

持たない暮らし、使い切る暮らし。

http://www.setuyaku-life.net/

沖縄で、2LDKの部屋に引っ越し暮らしている4人家族のミニマル・ライフを描いたブログです。

作者さんはもともと、片付けられない女だったんだとか…ミニマルを目指したいけどものが溢れている人は共感できることが多いのでは?

ミニマリストと呼ばれたい

http://haru501227.hatenablog.com/

人生のものや事柄を断捨離し、無駄なことを排除する生活を始めた主婦の方が書くブログです。

物だけではなく、本当の自分を隠す生き方も断捨離しようとする姿勢は見習う部分が沢山ありそうです。

少ない物ですっきり暮らす

http://yamasan0521.hatenablog.com/

家族4人で3LDKに暮らすやまさんが書くブログは主婦の目線に立ってミニマリズムを行う、家族がいる家庭なら共感できるブログ記事が沢山。

ブログでは実際に生活に役立っている家電の紹介もあるので、新生活を始める時の購入の参考にしてみましょう。

Minimal&ism

http://minimalism.jp/

こちらのブログでは、様々なミニマリズム、断捨離に関わる本を紹介しています。

どんな本を読んだらいいか悩んだときは、レビューを参考にしてみてはいかがでしょうか。

もちろん、ご自身のミニマリスト生活についても書かれており、部屋の写真などもアップされているのでミニマリストへのイメージを固めるのにぴったりです。

ミニマリスト日和

http://mount-hayashi.hatenablog.com/

夫婦そろってミニマリストというおふみさんは、「掃除が行き届いていないと運気が下がる」という言葉に感銘を受けてミニマリストになった女性。

そんな彼女の書くミニマリスト日記は、共感や感心するところが多く読み応えのある内容。

ブログと同じ名前の著書「ミニマリスト日和」は韓国語版が発売されるなど、ワールドワイドに人気な1冊です。

ミニマル・ライフログ

http://kurashimania.blog.fc2.com/

生活の様々なことを綴るブログを書いているクラタマキコさんのブログ。

ワンフロア賃貸で気持ちよく暮らすためのちょっとした小技や、そのほか生活の色々な役立ち情報を優しい語り口調で紹介しています。

「もっと自分を好きになれるお片づけのキセキ」、「ラクして片づけ」という2冊の著書も出版されています。

ミニマリストの友人の部屋が衝撃的だったので、特徴を7つにまとめて紹介する

http://www.jimpei.net/entry/minimam

こちらは、やぎろぐという個人のブログに掲載されている記事の1つです。

やぎぺーさんというブロガーがミニマリストの友人宅で受けた衝撃をわかりやすく紹介。

紹介されている友人のお部屋は、マットレスと机のみ、服は10着という究極のミニマリストっぷりを発揮しているので、とことん突き詰めたい人の目標にはぴったりかも?