物を持たないという理念で生活するミニマリスト達の、驚きの生活スタイルはテレビなどで紹介され一時期話題を呼びました。

しかし、テレビで紹介されているのは視聴者が驚くような極端なものばかり。

実際のミニマリストはとても理にかなった、節約生活などではない豊かな生活をしているのです。

そんな物を持たず、人生を豊かに生きるミニマリストの生き方について見ていきましょう。

その理想的な暮らしと考え方をしれば、あなたもミニマリストを目指してみたくなるかもしれません。

ミニマリストはどういう意味?

ミニマリストという言葉、皆さんも一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。

物資に恵まれ流通が著しく発展した現代社会において生まれた新しいライフスタイルをミニマリズムといいます。

そして、その生き方に共鳴し、実践している方々をミニマリストと呼ぶのです。

自分が本当に必要な最低限の持ち物しか持たず、極僅かな所持品のみで生活をするというミニマリストの生き方は多くの人が感銘を受け、2015年には流行語大賞にもノミネートされました。

自分が本当に必要で、持っていなければならないものを選び、無駄なものを持たないというこのライフスタイルは、不必要なものを持たないことで心や人生が豊かになると考えられています。

お部屋を見渡してみてください。

あっても無くても変わらないものはありませんか?それどころか、最後に使ったのはいつだっけ…?なんて思うものも多くあるのではないでしょうか。

そういう「必要のないもの」を排除していくのがミニマリストの生き方です。

もし今、物に囲まれている生活に少しでも窮屈さを感じているなら、思い切ってミニマリスト・ライフを目指してみませんか?

断捨離を極めよう!

ミニマリストになるメリットは?

ミニマリストの生活は思いついたからと言ってすぐに完成するものではありません。

最初のうちは今まで買い集めた大切な持ち物を仕分けし、処分するという過程がほとんどなので途中で何をしているんだろう、という気分になって挫折してしまうこともあるでしょう。

そうならないためにも、ミニマリストになるとどんな風に生活が変わるのか、
メリットをいくつかご紹介します。

ミニマリストとして生きるためのモチベーションにしてみてください。

気が楽になったり、軽くなったりする

ミニマリストの生活を続けていくうちに、心の中にある思想が芽生えてきます。

それは「人生に絶対必要なものなどほとんどない」という気持ちです。

私たちは社会で生活していく上で、無意識のうちに物を買うこと、消費することが当たり前だと思い込んでいきます。

そして、とにかく自分の周りに物を集めなければ、という一種の強迫観念のようなものを持ってしまう場合があるのです。

その結果、最新の電化製品を持っていることが偉い、おしゃれな服やブランド品をたくさん持っていなければ馬鹿にされる、といった本来あり得ない思い込みに捕われてしまいます。

ミニマリストの生活は、周囲にある不要なものを排除することで自分と向き合い、本当に必要なものだけで生活していく為、そういった思い込みを排除することができるようになります。

すると、人より良いもの、高価なものを持っていなければいけないという焦りも無くなり、とても楽な気持ちで毎日を過ごせるようになるのです。

もちろん、他者に対しても持っているもので判断することが無くなるので、その人本来の魅力や、自分との相性で本当に必要な人間関係を見極めるように変化します。

そうして手に入れた、自分が楽に、気軽に生きられるスペースと対人関係は、貴方の人生をより快適なものに変えていってくれるでしょう。

地球に優しいことをしている気分になれる


ミニマリストは物を捨てるという生き方と聞くと、地球にゴミを増やすエコではない生き方だと思う方もいるかもしれません。

しかし、ミニマリストがものを捨てるのは、その生き方をしようと決めた最初の一定期間だけ。

本当に必要なものを見定めたミニマリストたちは、ものを捨てることすら必要としなくなるのです。

だって、最低限の物で暮らしているのですから、それ以上捨ててしまったら生活に支障が出るレベルになってしまうでしょう?
彼らは持つと決めたものを、自分の体の一部のように大切に使い、修理し、長持ちさせることで長く使用します。

新商品が欲しいから、とまだ使える冷蔵庫を捨てたり、去年買ったスカートが流行遅れだからゴミに出すなんてことはしません。

基盤が壊れて使えなくなるまで、裾がほつれて雑巾に変えてぼろぼろになるまで、資源を大切に、物の命を尊敬して使い倒すのです。

そして結果的にゴミを出す量はとても少なくなっていくのです。

今地球上には、人間が生み出したゴミが溢れかえっています。

世界中の人が全員、毎日捨てるごみを半分にできたら、地球環境の崩壊は今よりずっとゆっくりになるのではないでしょうか。

そんなちょっとしたエコ活動を実践できるのが、ミニマリストと地球を繋げる大切なメリットなのです。

出費が減る

毎日を普通に過ごしていると季節ごとに最新の流行品を買ったり、定期的に家電を買い替えたり、とにかく1年中何かしらの出費が発生しているでしょう。

ミニマリストの生活ではこういった生活での出費が大幅に減少するのもメリットとして挙げられます。

ミニマリストが手元に残すものは、日々の生活を普通に暮らせる最低限の物だけ。

つまり、それ以上買い足さなくても毎日暮らしていくのに何ら支障はないのです。

そんな彼らが物を買う時には、まず十分それを吟味して、本当に今の生活に必要なのか、買ったとして100%活用できるのかを考えます。

普通の人々は欲しいな、と思ったら深く考えず物を買ってしまうでしょう。

しかし、ミニマリズムを掲げる人々にとって物を買う、ということは自分の人生に何か増やすべきなのか自問自答するとても重要なイベント。

購入することで自分の人生がより良いものになる、という結論を得て初めてお金を支払うのです。

物を買うことに価値を見出しているからこそ、余分な物は買わない。

そして余分な出費も怒らない。

そんなミニマリストの生活は結果的に質素倹約を無理なく続けられる究極の節約術なのかもしれません。

引っ越しやおでかけのフットワークが軽くなる

旅行の時、大きなトランクケースがいっぱいになってもまだまだ足りない、なんて方もいらっしゃるでしょう。

折角リフレッシュできる旅行に行くのに常に重い荷物を引きずって移動するなんて、ちょっと気が滅入ってしまいますよね。

引っ越しの時などもあまり物が多いと、次の引っ越し先に持っていく荷物が多すぎていつまでたっても片付かず、引っ越し費用も高額になってしまいます。

新しい生活をする部屋の中にあっという間にものが溢れてしまっては引っ越しの新鮮さも半減です。

そんなとき、ミニマリストとして生きている人はとっても身軽。

いつだって必要なもの以外は持っていない彼らは、旅行に行くにも引っ越しをするにも、さっと自分の必需品をまとめてフットワークも気持ちも軽く、新しい町、新しい世界へ飛び出していけます。

過去に捕われず、いつでも気軽に移動できる奔放な旅人のような生活、ちょっと憧れる気がしませんか?

異性や家族に部屋を見られた時、「デキる人」と思われる

一人暮らしをしていれば、気になる異性や訪ねてきた家族を家に招くこともあるでしょう。

そんな時、部屋の中が雑然として散らかっていてはだらしないという印象を持たれてしまいます。

折角いい雰囲気になって異性を招いても、生活感のあふれる散らかった部屋では甘いロマンスも生まれないのではないでしょうか。

家族からも、1人でしっかり生活できているのか不信感を抱かれてしまいますよね。

ミニマリストをしていくと、部屋の中は必然的にすっきりと片付いて洗練された印象になっていきます。

物が無いから、というのももちろんですが、物が無い分床や壁が広く見え、掃除もマメにするようになるので汚れも目立ちにくく、常にきれいな状態で部屋をキープできるからです。

ドラマのワンシーンに使われる部屋が綺麗なのは、あるべきものがあるべき場所に整えられて掃除が行き届いているから。

そんな、まるでドラマの世界に入り込んでしまったかのような清潔な部屋なら、どんなタイミングで誰が訪ねてきても堂々と迎えることができるでしょう。

雑念が減る


人は1日を通して、色々なことを考えています。

しかし、そのほとんどは毎日変わらず考えている変化のない雑念で、本当に大事なことはごく一部だと言われています。

にもかかわらず、雑念があまりに多いと余計なことに脳みそが圧迫されて、本当に大事なことを真剣に考えられなくなってしまうのです。

物を減らす、ということはこの雑念を減らすこととに繋がります。

想像してみてください。

冷蔵庫の中に使いきれない食材が沢山あったら、とにかく腐らせないように効率的に使おうと思考を巡らせますよね。

クローゼットの中にしまってある多くの洋服は毎朝の着こなしに悩む時間をいたずらに増やしてしまいます。

買って読まないまま積み上げた雑誌は、いつ読もうかと悩ませ、読んでない本に出費してしまったという無駄遣いを意識させますし、衝動買いした化粧品や美容グッズは後悔と使わなきゃ、という義務感を訴えかけてくるはずです。

このように、生活に対してプラスにならない雑念を生み出すのは、買ってしまった人生に必要のない物の存在なのです。

物を捨てることによって、そのものに対する余計な想いを持たなくてすむようになり、今まで使っていた思考を他の自分を高める行動に充てることができるようになります。

それは人によって、いつもよりゆっくりと眠る睡眠であったり、パートナーと語り合うコミュニケーションの時間であったり、おいしい食事をするディナーであったり様々でしょう。

どんな時間の使い方でも、物に支配されて雑念ばかり思い浮かんでいる時間より、ずっと素敵で満ち足りた時間になるのではないでしょうか。

集中力が増す

部屋の中で仕事をする時、周りに余計な物があるとついつい手に取ってしまい作業が思った程はかどらなかった、なんて経験はありませんか?休憩のつもり手に取った本を読みふけってしまったり、買ったばかりの洋服を整理しているうちに一人コーディネートショーを始めてしまったり…。

雑念を呼ぶ余計な持ち物は仕事や作業を本気でするときには常に悪魔の誘惑となり得るのです。

喫茶店で仕事をするといつもより集中してできると思いませんか?それは、周りに暇つぶしをする余計な物が置いていないから。

同じように、自宅も余計な物を置かないで、すっきりと片付けておけば目の前にある仕事だけに集中して作業することができるでしょう。

ミニマリストな持ち物と言えばコレ!


世の中のミニマリスト達はどんな持ち物を選んで持っているのでしょうか。

初めてミニマリズム生活を始める人は、捨てることに対してハイになってしまい、必要なものまで捨ててしまうことがあります。