節約。

生きていくうえでお金というのは大事ですよね。

だらだら使っても問題ない家庭もまれにあるでしょうが、たいていの家は少しでも余裕が出ないかと思いながら暮らしているでしょう。

しかし私たちは、普段生活していく中で知らないうちに無駄遣いをしていたり、実は無意識にお金を使っている場合があります。

そこで今回は、簡単にできる節約生活術をお教えします。

普段の生活の小さなことを見直すだけで大きな節約になるんですよ!!それでは見ていきましょう。

️33個の節約生活術!

使ってない家電の電源はオフ

普段、家電の電源のことは意識していますか?まともに見ていないテレビの電源をいちいち切らない人は多いのではないでしょうか。

見ていない間にもテレビの電源をつけっぱなしにしているだけで、電気代をどんどん使っています。

また、日中でも太陽の光が届かない部屋ではついつい電気をつけっぱなしにしていませんか?部屋に用事があるときに電気をつけても、用事がすんだら使っていない部屋の電気は消しましょう。

パソコンに向かっていない時間にも電源をつけっぱなしで起動させていませんか?このように、まぁいいかとついつい電源を切るのをさぼってしまいがちな家電や電気。

小さなことですが、これらが積もり積もると、大きな出費になります。

面倒かもしれませんが、使わない間はこまめに電源を切る習慣を身につけましょう。

すぐにできることとして、テレビの主電源を切ることです。

見ていないときは、主電源を完全にオフにするだけで大きく変わってきますよ。

コンセントから抜いておく


冷蔵庫など、一日中稼働させておかなければいけないものは省くとして、コンセントにつなぎっぱなしにしているものの中に、無駄遣いしているものがあることをご存知でしたか?いわゆる待機電力です。

いくら電源を切っていても、コンセントにつないでいるだけで、わずかではありますが電気代を使っています。

音楽プレイヤーなど、電源は切っていてもコンセントまでは意識していないのではないですか?間接照明など、使わない時間帯にもコンセントをさしっぱなしではありませんか?家のコンセントを見て回ると、使っていないのにさしたままのコンセントが多く見つかると思います。

これも面倒ですが、使わないときはコンセントを抜くところまでやると節約になります。

最近はスイッチのついたタコ足コンセントタップもあります。

いちいち抜き差ししなくても、スイッチをオフにすればいいものを選ぶと、ずいぶん楽になります。

いつも抜き差しするのが面倒ならばせめて外出する時だけでもコンセントを抜くようにしてみてください。

冷暖房の温度設定をする

今やエアコンは生活に必須だという家庭も多いと思います。

しかし、暑いからとガンガン部屋を冷やすようにエアコンを運転させると、莫大な電気代がかかります。

暑い部屋を冷やそうとすればするほど運動量が大きくなるわけですから、電気代がかかるのは当然です。

では、どうしたら電気代を抑えられるのでしょうか?答えは、温度を決めて設定することです。

目安の冷房の温度はずばり28度。

28度では暑いと感じるかもしれませんが、工夫をすれば意外と快適に過ごせます。

サーキュレーターなどを使って部屋の空気の循環を良くして、エアコンの無駄遣いを抑えます。

また、温度だけでなく風量も工夫することが大事です。

一見、風量を弱くしたほうが電気代を節約できるような気がしますが、「弱」にして運転させると、部屋を冷やすまでに時間がかかり、結果的には電気代を多く使っていることになります。

最近のエアコンは性能がいいので、風量は自動にしましょう。

効率よく運動してくれて、「弱」よりも電気代が少なくて済みます。

暖房も同じです。

風量は自動にして使ってください。

また、電源をつけたり消したりするのはマイナスです。

エアコンをつけたり消したりを繰り返すのは電気代の無駄につながりますので、続けて稼働させることが大事になります。

電気は全部LEDに変える


家の電球は何を使っていますか?蛍光灯の家庭もまだまだ多いと思いますが、LED電球に変えることで節約になることをご存知ですか?LEDは高いし、そもそも本当に節約できるの?と思う方もいるでしょうが、いろんなデータの中に、LED電球は蛍光灯に比べ電気代は2分の1に抑えられるというものがありました。

同じ時間、電気をつけていても電気代が2分の1ならお得ですよね。

また、高いと思いがちなLED電球ですが、寿命が非常に長いです。

電気代も節約できて寿命も長いなら、初期投資は高くなっても結果的には得するということです。

暗くなれば絶対につける電気。

この電気も節約できるものに変えて、電気代を抑えましょう。

家中の電球をLED電球に変えるのがおすすめです。

テレビの明るさを調節する

普段何気なく見ているテレビですが、明るさを意識している人はどれくらいいるでしょうか。

設定から明るさを変えることができるのですが、そこまで細かく設定せずに見ている人も多いのではないでしょうか。

見やすいと感じる明るさは人それぞれ違いますが、明るいほうが画面もきれいに見えますし、明るくして見ていたい人も多いと思います。

しかし、明るさを「最大」にしているときと、明るさを「中央値」に設定した場合、大幅に消費電力量は変わります。

テレビを長く見る人ほど、明るさを抑えたほうが消費電力を抑えられるわけです。

また、節約以外にも、テレビの明るさがあまりに大きいと目にもあまりよくありません。

強い光が延々目に入ることで、視力低下などにもつながります。

節電しながら目にも優しい、これなら明るさを抑えない理由はありませんよね。

ぜひ家のテレビの明るさをチェックして、明るさの調節をしてみてください。

ティッシュはサンプリングで貰う

街を歩いていると必ずと言っていいほど遭遇する「ティッシュ配りのお姉さん」がいますよね。

街中だけでなく、お店の入り口などでもティッシュ配りをしている人を多く見かけます。

これらのティッシュはお店の広告などが入った宣伝のティッシュです。

配っている側としては、一つでも多く手に取ってもらって、宣伝をしたいわけですね。

なのでたくさんのティッシュをお客さんに渡します。

このティッシュをもらうのをためらう人もいますが、これらのティッシュは侮れません。

ティッシュって、毎日の生活の中で実はかなり消費します。

ボックスティッシュを使っていると感覚が鈍りますが、お店で買って消費しているのですから、出費につながっているのは間違いありません。

そこで街中や店頭で配っているティッシュが大変役に立つのです。

タダでくれるわけですから自分の懐は痛くないうえに、ティッシュはいくらあっても困りません。

もらうのを恥ずかしがらずに、サンプリングのティッシュはできるだけもらうようにしましょう。

何も、配っているところを何回も往復して何個ももらえとは言いませんので、どうぞ、と差し出されたティッシュを遠慮なくもらう癖をつけるといいでしょう。

試供品は遠慮せず貰う

サンプリングのティッシュと同じですが、新しく出た商品などの試供品を配っていることも多いですね。

女性だと、シャンプーや化粧品など、毎日使うのに重宝するものも意外とサンプルが多く出ています。

通販などでお試し0円でサプリがもらえるなどのサービスもありますね。

試供品ってもらっても使わないし、と受け取らない人も多いですが、例えばシャンプーなどのサンプルは、急なお泊りやプチ旅行などで非常に便利です。

ファンデーションのサンプルなども、一回ではなく何度か使えるものもあり、もらっておいてよかった~と思うものも多いです。

これらのサンプルも、企業が新しい商品を知ってほしくて配っているものなので、遠慮する必要はありません。

ありがたくもらって節約につなげましょう。

パン屋でパンの耳がもらえる?

パンの耳をもらうって、いつの時代の話だよ!と思った皆さん。

パンの耳は馬鹿にできませんよ。

売れない芸人さんが食つなぐためにもらっているイメージだという人は、考えなおしてみましょう。

パン屋さん、特にサンドウィッチを売りにしているお店では、パンの耳が余ります。

廃棄するのはもったいないし、かといってパンの耳を売るわけにはいきません。

そこでタダでくれるお店もあります。

店頭には出ていなくても、「余ったパンの耳ありませんか?」と尋ねてみたら、奥から出してくれるところもあります。

パンの耳をもらうなんて恥ずかしい・・・という人もいるかもしれませんが、パンの耳を使ってお菓子を作ったり、そのまま食事にしたりすることもできるのです。

それがタダなんて、ラッキーと思うほかありませんよね。

工夫次第でなんにでも使えるパンの耳。

たとえばですが、油で揚げて砂糖をまぶすだけで棒状のラスクのようになって、おやつにお勧めです。

料理ができなくても、パンの耳にマヨネーズをつけて食べれば結構おなか一杯になります。

タダでもらえるパンの耳。

試してみてはいかがですか?

飲食店ではクーポンを使う

皆さんはクーポンを活用していますか?クーポンが一冊の本になった「ホットペッパー」などをはじめ、世の中には飲食店で使えるクーポンがたくさんあります。

10円20円の割引でもお得ですが、よく探せば大きな値引きになるクーポンもあるので、クーポンなんて大した値引きにならないでしょ?と思わずに探してみましょう。

また、新メニューなどは大幅に値引きをされて提供させることもあるので、新メニューが出た店舗にクーポンが出ていないかをチェックするのもいいでしょう。

新しくオープンするお店にもクーポンが見込めます。

また、ファーストフード店などは店舗にクーポンが置いてあるほか、新聞広告に挟んで配ってあったりもするので要チェックですよ。

新聞の広告欄にも値引きクーポンがついているときがあるので、新聞も細かく見ると思わぬお得が転がっている場合があります。

お店ごとに使えるクーポンがないかをチェックする習慣をつけるようにして、節約につなげましょう。

美容院でもクーポンを探す

先に書いた「ホットペッパー」にもあてはまりますが、美容院ではクーポンを使うのが絶対にお得です。

カットやパーマ、カラーなど、内容によって割引をしてもらえます。

高いメニューほど大きな割引になることもあるので、美容院に行く際はクーポンを使いましょう。

美容院のクーポンは、広告と一緒にポストに投函されるものや、クーポン冊子、店頭などで手に入ります。

また、行きつけの美容院が決まっていない場合や、新しい美容院に行ってみたい場合などは、初めての人のみが利用できるクーポンもありますので探してみましょう。

毎日のことではありませんが、美容院はお金がかかるところですので、少しでも安く済むクーポンを使うのが節約への一歩になりますよ。

スーパーのチラシはくまなくチェック

世の中の奥さんは、毎日の買い物に頭を使いますよね。

晩御飯は何にしようかしら、と悩むと同時に、食材をできるだけ安く買いたいと工夫されていることでしょう。

ここで役に立つのがスーパーのチラシです。

新聞と一緒に届くチラシは結構な数に上ります。

決まったスーパーで買い物を済ませてしまいたい気持ちもわかりますが、違うスーパーでは全然違う値段で売られてる場合もあります。

1円単位の違いでも、毎日のこととなると大きな額になるのは間違いありません。

ほしいものがあるのなら、どのスーパーが一番安いのかチラシをくまなくチェックすることをお勧めします。

一日の買い物で5円得したら、1か月で150円の節約、これが1年になると・・・と考えてみましょう。

少し遠くのスーパーに行くことになっても、節約したかったら足を延ばしましょう。

スーパーのタイムセールの時間を狙う

賢い奥さんには常識かもしれませんが、スーパーにはタイムセールがあります。

タイムセールの時間では、いつも買っている値段の数分の1の値段になることも珍しくありません。

スーパーによっては数時間おきに、お買い得品のタイムセールを行うところもあります。

チラシなどで案内があると思うので、タイムセールの時間を狙って買い物に行くのがいいでしょう。

また、多くのスーパーは、閉店時間が近づくと生鮮食品などをセール価格にします。

その日のうちに売り切ってしまいたいものは、時間が遅くなるほど安くなるので、時間的に問題がなければ閉店時間間際のセールを狙うのもいいでしょう。

コンビニは1箇所に絞ってポイントを貯める

急に何か欲しいと思ったときに便利なのがコンビニ。

目に留まったコンビニに入って買い物をすることも多いと思いますが、コンビニの利用も工夫次第で節約になります。

コンビニは、店ごとに貯められるポイントがあるところが多いですよね。

ですので、何も考えず目に留まったコンビニに入って買い物をするより、一か所に絞ってポイントを貯めましょう。

せっかくポイントがもらえるのに分散して買い物をしていてはなかなか貯まりませんので、利用するコンビニは決めておき、ポイントを貯めて有効に使いましょう。

ポイントもコツコツ貯めれば大きな額になります。

コンビニを利用する回数が多い人ほど、利用するコンビニを決めておくのがお得ですよ。

お茶はティーパックでまとめてつくる

お茶が好きな人は、冷蔵庫にペットボトルのお茶を常備していると思います。

普段からお茶が冷蔵庫に入っていると、いつでも飲むことができて便利ですよね。

しかしこのお茶、毎回ペットボトルで買っていては非常にもったいないです。

持ち歩ける500ミリのペットボトルも、冷蔵庫に入れておける2リットルサイズも、毎回買っているとお金は出ていくばかりです。

そこで、お茶はティーパックを使って作るようにしましょう。

大きな容器にティーパックでお茶を作っておけば、いつでも飲めますし、何より安くて済みます。

持ち歩きたいなら、空いているペットボトルにティーパックで作ったお茶を移し替えて持ち歩けば問題ありません。

今はわざわざ煮だしたりしなくても、お水に入れるだけでおいしいお茶ができます。

自分好みのお茶のティーパックを見つけて、出費を減らしましょう。

スポーツドリンクは粉末でつくる

お茶と同じで、スポーツドリンクが手放せない人も多くいると思います。

そして、これも飲みたいときについコンビニなどで買ってしまいがちですが、やはり無駄遣いになります。

スポーツドリンクも、粉末で作れるものがありますので、できるだけ粉末を買って作るようにしましょう。

粉末で作るようにすれば、何本分ものペットボトルを節約することができます。

面倒だと思うかもしれませんが、節約のためだと思ってひと手間かけましょう。

毎日一本ペットボトルを買うとして、一年あたりで考えてみてください。

きっと「毎日買うのはあほらしい」と気づきますよ。

節約には多少の手間も必要です。

定期券は使用期間を長めに

毎日通勤や通学で定期券を使うかたは、どれくらいのサイクルで買っていますか?ここにも節約できる技があります。

毎回同じ距離の定期券を買うなら、数か月分まとめて買うほうがお得になります。

長期間定期券にお世話になっているかたはご存知でしょうが、知らないかたもいるかもしれませんね。

1か月ごとに買うのと半年まとめて買うのでは数百円違ってくることもありますので、ご存じなかったかたは、これからは期間を長めに購入するようにしてみましょう。

一駅分なら徒歩か自転車で

若いころならなんてことなかった歩くことが、大人になると億劫になりますよね。

通勤だけでなく、ちょっとした買い物も電車に乗ってしまったり車を使ってしまったりすると思います。

しかしここも、節約のためには少し考え直しましょう。

距離が一駅くらいの距離なら、思い切って歩くか、自転車を使いましょう。

たった一駅なら、歩くのもそんなに苦痛ではないはずです。

たった一駅分を電車に頼っていると、交通費が馬鹿になりません。

毎日のこととなると相当な金額になります。

天気が悪いなど、歩きや自転車が無理な場合を除いて、できるだけ歩くようにしてみてください。

天気がいい日は歩くのも気持ちいいですし、適度に歩くことで運動にもなり、健康的な体になります。

お金を節約して体にもいいなら一石二鳥ですね。

歩いていないな~と思うかたは是非、一駅分を歩いてみてください。

賄いのあるアルバイトをする

学生がアルバイトをするのは、当然ですがお金が欲しいからですね。

お金が欲しくてアルバイトをするなら、アルバイトも節約につなげましょう。

それは、賄いがあるアルバイトをすることです。

飲食店の中には、賄いが出るアルバイトも多いです。

自分で食事を用意しなくて済むので、食費が浮きます。

バイトをしながら食費まで浮かせることができるのはかなりうれしいですよね。

飲食店の賄いなので味もおいしいものが食べられる可能性も高いですし、料理の勉強にもなるかもしれません。

賄い目当てでアルバイトをするわけではありませんが、どうせなら賄いが出るアルバイトを探してみてはいかがでしょうか。

賄いがおいしければ、アルバイトの時間が楽しみになるかもしれませんよ。

小さい石鹸はネットで長持ち

固形石鹸は当たり前ですが使っていくうちに小さくなります。

小さくなると使いにくく、泡立てるのも苦労します。

そこで、小さくなった石鹸はネットに入れて使い切りましょう。

みかんを売っているオレンジのネットをイメージしてもらえたらいいですね。

ネットに入れて使えば小さくても使いにくいこともないですし、表面をこするだけで泡立つので苦労もしません。

最後まで使い切ることができるので、無駄にすることがありません。

小さくなって使いにくくなった石鹸を捨ててしまっていた人は、ネットを活用してみてはいかがでしょうか。

歯磨き粉は振って最後まで使う

歯磨き粉は、使い終わりが近づくとなかなか出てこなくなってイライラしますよね。

後ろから絞ってみたり、チューブをひねってみたりと頑張っても、最後まで使った!とすっきり捨てることができる人は少ないのではないでしょうか?ここで、これはほんの数回分の量ですが、歯磨き粉を思いっきり振ってみてください。

さかさまにして全部使った!と思っても、振るとニュルっと出てきてくれることがあります。

そして次に磨く時までさかさまに置いておき、また振ってみてください。

きっとまた、ニュルっと出てきてくれます(笑)本当に少しのことですが、これも節約です。

そして、最後の最後まで使ってやったぞ、と思うと何となく気持ちいいものです。

歯磨き粉のなくなりかけでイライラしていた人は、振ってみてください。

靴の消臭は10円玉で!

靴のにおい、気になりますよね。

靴の消臭には専用のものがありますが、これも家にあるもので代用できます。

それは10円玉です。

10円玉の原料は、ご存知でしょうが「銅」です。

銅には殺菌作用があり、靴のにおいのもとになる菌をやっつけてくれます。

そこで、靴に10円玉を入れておくことで消臭できるのです。

1枚では効果が出にくいので、数枚入れるのがいいと思います。

とはいっても完全ににおいを消すのは10円玉だけでなく専用のものでも難しいので、靴はローテーションして履くようにして、履かない靴は天日干ししておくとにおいも取れますよ。

春日流、ジュースは飴玉で作る

皆さんご存知、オードリーの春日といえば超が付くほどケチケチ生活をしていますよね。

そんな春日が考案した?飴玉で作るジュースを試してみてはいかがでしょうか。

作り方は簡単。

ペットボトルに水を入れて、そこに好きな味の飴を入れるだけです。

しかしお味はどうなのでしょう??好みは別れそうですが、意外といけるという人もいるようです。

また、味の異なる飴ジュースをブレンドすると、あら不思議!パッションフルーツ風味になり、おいしくなるという意見もありました。

ジュースも毎日買うとなると高いですので、試してみたい人は一度やってみてはいかがでしょうか。

野菜や果物は家庭菜園

毎日の食卓に欠かせないのが野菜です。

果物を食べる習慣がある人もいるでしょう。

しかし、時期的に野菜が高かったり、気候に左右されて不作だと値段が高騰したり、お財布には厳しいことも多いです。

そこで、毎日食べる野菜や果物は、自分で作ってみましょう。

大げさな畑がなくても、ベランダでだって家庭菜園をすることはできます。

種なら安く手に入りますし、見事に実がなった時は案外うれしいものですよ。

毎日水やりをしたり、成長を見ることで楽しみにもなります。

家庭菜園で賢く節約しましょう。

パンやご飯は冷凍保存

筆者もよくやってしまうのですが、安いからとまとめて買ったパンを、結局期限内に食べきれずもったいないことをしてしまう人もいるのではないですか?こういった場合は、冷凍保存がおすすめです。

冷凍しておけば腐らせることもないですし、食べたいときに温めればいいので経済的です。

また、ご飯を一度に炊いて小分けして冷凍しておけば、電気代の節約にもなります。

食べたいときに食べたい分だけ温めれば、炊き立てのご飯が食べられます。

こういった細かいことも節約になりますので、試してみてください。

書き損じのハガキは郵便局へ

ボールペンで書いていたのに、うっかり書き損じてしまったハガキ、どうしていますか?もったいないけど間違えてしまったし、修正するのも失礼だからと捨ててしまう人が結構いるのではないでしょうか。

しかしこの書き損じのハガキですが、郵便局で手数料を払えば、新しいハガキや切手に交換できるのです。

郵便局に行くのは手間かもしれませんが、ハガキも安くありません。

代えてくれれば無駄にしなくて済みますので、書き損じたハガキはぜひ郵便局へ持っていってください。

服は古着屋で買う

皆さんは洋服をどこで買っていますか?今はリサイクル店が豊富で、古着と言ってもかなりきれいなものが古着屋で手に入ります。

知らない人が着ていたものなんて・・・と敬遠せず、一度古着屋をのぞいてみてください。

もしかしたら掘り出し物があるかもしれません。

また、子供の服なども古着屋で見てみるといいですね。

すぐにサイズアウトしてしまう子供の服は普通に買うより古着屋で安く買ったほうが断然お得です。

また、子供はすぐに服を汚してしまいますが、古着だと思えばそんなに気になりません。

自分の服だけでなく子供服を古着屋で買うのはお勧めですよ。

本は古本屋か図書館で

服と同じですが、本も古本屋で買うとかなりの節約になります。

古本屋にはきれいな状態の本もたくさんありますし、あまり状態を気にしなければかなり安く購入することが可能です。

昔出版されて手に入りにくい本などが、古本屋で見つかることも多いので、じっくり探しながら古本屋で過ごしてみてください。

また、近くに図書館があれば利用しない手はありません。

上限があるところもありますが、読みたい本が無料で好きなだけ借りられるのですから、本をたくさん読む人には図書館は天国です!今は機械で館内の本の在庫を調べることもできるので、図書館を活用して節約しましょう。

ゲームは中古で買う

たくさんのゲーム機が存在する現代。

ほしいゲーム機をそろえようと思ったら結構な額になります。

ソフトも同じです。

毎回新品を購入していてはもったいないです。

そこで、ゲーム機やソフトは中古で買いましょう。

一度遊んでしまって飽きた人などが売ってしまったものなので、壊れているわけでもありませんし、格段に安く買うことができます。

よく新しいゲームを買う人は、少しだけ待って中古で買いましょう。

大きな節約になりますよ。

学割を駆使する

学生さんにやさしい「学割」。

今は何かと学割をうたっているサービスが多いです。

学生さんは余すところなく学割を駆使しましょう。

大人から見るとうらやましい学割もたくさんあります。

自分が普段利用するもので学割があれば、迷わずに利用してくださいね。

会社の福利厚生施設を利用する

社会人の皆さんは、福利厚生施設を活用していますか?今や就職先を選ぶ際に、福利厚生が充実しているかを重視する人もいるほど、福利厚生は大事なことです。

会社によってさまざまなものがありますが、契約しているスポーツジムがお得に使えたり、食堂などで安く食事ができるメリットがあります。

自分の会社で利用できる福利厚生施設はどんどん利用しましょう。

映画は〇〇デーで!

映画が好きな人は普通にやっているかもしれませんが、映画館には映画を安く観ることができる日があります。

たとえばレディースデーなどは、1800円の映画が1000円で観れたりします。

レディースデーを選んで3回映画を観れば、1回分得することになります。

これは非常に大きな節約です。

日によってさまざまな○○デーがあるので、調べてから映画を観に行きましょう。

とりあえず100均にないか見る

昔は100均って貧乏くさいイメージがありましたよね?しかし今や100均は、生活に欠かせないものであふれています。

こんなものが100均にあるの?とびっくりしてしまうものが今の100均にはあります。

むしろ100均でしか手に入らないものがブームになり、品切れが続出することもあるくらいです。

これがほしいけど少し高いなぁと思ったら、まずは100均で探してみましょう。

大きなお店ほど品物が豊富で、100均から離れられなくなりますよ。

買い物はディスカウントストアで

100均だけが節約ではありません。

ディスカウントストアが近くにあったら、一度行ってみてください。

日常品がものすごく安く売られていることがあります。

食品が1円でも安くなったらいいのでスーパーのタイムセールを狙うといいと書きましたが、ディスカウントストアは時間関係なく、常に安く物が買えます。

ピンポイントでほしいものが見つかるかはわかりませんが、覗いてみて損はありませんよ。

️節約生活術を身につければ少しのゆとりが?

いつもお財布とにらめっこしていると、生活もですが精神的にも余裕がなくなってきます。

しかしいくつか節約術を身に着ければ、間違いなく少しずつ余裕が出ます。

面倒と思わずとりかかれるようになれば、きっとゆとりが出てきますよ。

️長い目で見れば断然お得!

LED電球など、一見高い買い物のように感じるものも、長い目で見れば結果的にお得になるものもありますので、気が進まなくても初期投資と思って試してみてください。

お茶のティーパックや飴ジュースは面倒だし、一日1本のジュースくらい、と思うかもしれませんが、長期間で見れば絶対に節約になります。

ひと手間を惜しまないでください。

️節約生活術お試しあれ!

いかがでしたか?様々な節約術を紹介しましたが、試してみたいものはありましたか?少し手間になるものもありますが、日ごろの生活の中で簡単にできるものが多いです。

何気なくしていたことを少し変えるだけで節約になると思ったら、やってみようと思えますよね。

ぜひ生活に取り入れて、ガンガン節約しましょう!