CoCoSiA(ココシア)(旧:生活百科)

徹夜が体や脳に与える10個の悪影響とは?


社会人の方であれば、仕事が忙しくて残業続き、仕事が終わらないから徹夜をしてしまう。

また学生の方であれば、受験勉強やテスト勉強などで徹夜をしてしまう。

それぞれ、徹夜をしてしまう理由がたくさんありますよね?

どうしても徹夜をしなくてはいけない時、または気が付いたら徹夜をしてしまっていた、これは何かのゲーム等に熱中してしまった時に起こる事ではないでしょうか。

今まで徹夜の経験をした人は、意外と多いはずです。

今回は、この徹夜について掘り下げて考えていこうと思います。

あなたが徹夜をしてしまう、または徹夜をしてしまった時はどのような状況でしょうか?

子供の頃、よく大晦日に徹夜をするなんていう子供も多いはずです。

しかし、イメージ的に徹夜って何か体に悪影響を与えそうな感じがしますよね?

正にその通りで、徹夜をすることによって人間の身体には悪い影響を与えてしまいます。

学生時代など、勉強をするがために徹夜をしていた方も、現在進行形でしている人もいますが、若い頃はそこまで影響を与えないかもしれません。

若さというのは、素晴らしいもので多少の身体への負担も、あまり感じさせないですからね。

しかし、年齢を重ねるごとにどうしても人は衰えてしまいます。

なので、身体を大事に考えるのであれば、徹夜などせずに規則正しい生活を心掛ける事が大切になってきます。

自分から進んで徹夜をしているような生活をしている人であれば、それは自分が選んでいることなのでなんとも感じませんが、致し方なく徹夜をしなくてはいけないという状況に追い込まれている方にとっては、本当に徹夜というのは辛いことですよね?正直、徹夜に関してもメリットで実は少しもないのではないかとも感じます。

そんな方に伝えるのは非常に辛いことなのですが、やはり徹夜には身体に悪影響を与えてしまうことがたくさんあります。

徹夜が体や脳に与える11個の悪影響を紹介!

徹夜なんてしたくはないけど、するしかない、しないと追いつかないなんて人は多いはずです。

しかし徹夜は身体へ悪い影響を与えてしまいます。

もし、自分から進んで徹夜をしている人がいるのであれば、ここは理解してほしいところです。

朝までゲームやテレビをしていたり、朝までお酒を飲んでいたり徹夜をしてしまうシチュエーションというのは、数多く存在しますからね。

人間には睡眠時間というのは非常に大切なものになります。

子供なんて特に、寝る事によって身体がどんどん大きく成長していきます。

大人にとっての睡眠は、回復の時間です。

なにかケガをしてしまったり、病気になってしまったりしても寝なくては回復させることはできません。

人は寝ている間にどんどん身体が治っていく生き物なのです。

昨日はかなり辛いことや悲しいことがあったけど、1日寝たら気持ちがおさまったなんて方も多いのではないでしょうか?

体などだけではなく、気持ちの回復もすることができます。

こういったことから、寝ないということは身体の回復もできなければ、気持ちの回復もできないということになります。

気持ちの回復というのは、疲れた心を1度リセットすると考えた方が良いでしょう。

身体の病気よりも、心の病気の方が重傷ですし回復しずらいと考えられています。

徹夜が人間に与える悪影響というのは、こういった心へもダメージを与えることでしょう。

そう考えると、やはり徹夜はしない方が無難だともいえるでしょう。

体への影響

まずは徹夜が体に与える影響を見ていきましょう。

思っている以上に悪影響を与える様で、驚いてしまいますね。

1.お肌に影響がある

女性の方がよく徹夜は美容に大敵といいますが、まさにその通りです。

徹夜を続けていくと、どんどん肌が荒れてしまい大きく肌に影響を与えてしまいます。

もちろん、女性だけではなく男性も同様です。

むしろ肌は、しっかりとした睡眠と、食生活を続けていく事できれいな肌を持続していくことができます。

十分な睡眠時間を確保できなかったり、バランスの取れた食生活を送る事ができなければ、どんどん肌は荒れてしまうということですね。

1度や2度の徹夜では、その変化に気づく事はできないかもしれません。

しかし、そういった徹夜癖や週に何回も徹夜をしてしまうことにより、確実に肌へは大きなダメージを与える事になるでしょう。

化粧のノリも悪くなりますし、吹き出物やニキビなどができてしまいます。

そんな肌を見ると、余計ストレスが溜まってしまい、全てが悪循環な流れになってしまうことでしょう。

女性の肌を見れば、大抵その女性がどのような生活を送っているのかもわかります。

キャリアウーマンというと、バリバリ仕事をして綺麗な女性というイメージがありますが、本当に忙しすぎる女性というのは、生活リズムがバラバラなので、肌が汚い人が多いイメージがあります。

ページトップ