ビーチで濃厚キス
最近キスをしていますか?

キスっていっても色々なキスの方法がありますよね。

可愛くチュってするフレンチキスから盛り上がってする濃厚なディープキスまで。

男性も女性もその場の雰囲気や盛り上がり次第で自然とキスすることになります。

キスの方法によってお互いの相性を見極めているんですよね

「濃厚キス=いやらしい」ではない

キスの中でも今回は濃厚キスについて詳しくご紹介していきます。

キスによって相手にこの人のキスってなんか癖になりそう…またキスしてみたい…もっともっとキスをしていたいって思わせられるかどうかで、今後の進展は大きく変わってきます。

その為には濃厚キスの本質を学ばなければいけません。

濃厚キス=いやらしいと思っていませんか?

それではいつまでたっても先に進むことはできませんよ。

一方的なキスではなく、お互いの感情の絡み合いから統合させ時に激しく、時に優しくお互いを思いやり求めあうキスこそが濃厚キスなんです!

嫌らしく舌を入れた強引なキスではありませんよ。

では濃厚キスについてもう少し勉強していきましょう。

濃厚キスは恋愛を盛り上げるための必需品

濃厚キスをしようとするカップル
濃厚キスは恋愛感情が盛り上がった時に自然とできるキスです。

恋愛感情が盛り上がっても無いのに強引に濃厚キスに持っていってもドン引きされるか拒否されるだけです。

これでは恋愛を進展させることは難しくなってしまいますね。

自分だけの感情だけで盛り上がっても相手が冷めていては当然嫌がられてしまいます。

恋愛を盛り上げるためには必需品ですが方法やタイミングを間違えてしまうと致命傷になってしまうのが濃厚キスなのです。

まずは軽くほっぺやおでこにキスなどからはじめてお互いの感情を確かめながら濃厚キスに移行しましょう。

その際にイマイチ盛り上がらなければ無理に濃厚キスにもっていかず次の機会を伺いましょう。

代表的なのはディープキス!

濃厚キスと聞くとディープキスを思い浮かべますよね。

代表的なのはディープキスではありますが他にも濃厚キスには種類があります。

『お互いの唇を重ねた長いキス』

『何度も何度も唇を重ねるハムハムキス』

『自然と口を開けて相手にゆだねるお任せキス¥

舌を絡ませ合うディープキス以外にも、濃厚キスには様々な種類があり、いきなりディープキスからはじめてもお互いの感情がまだ盛り上がっていないので拒絶されてしまいます。

それぞれのキスを織り交ぜて強弱をつけながら自然と口が開くのを待って舌を絡ませ合いましょう。

上手な濃厚キスの詳しい方法は後程ご紹介しますね。

ディープキスは雰囲気が大事!

濃厚キスをする大人カップル
濃厚キスの中でもディープキスは特に雰囲気作りが大切です。

いきなりのディープキスでは嫌われてしまいます。

ただ単に身体も苦的な場合は受け入れてくれる場合もありますが…そうでない場合の大概は拒絶されてしまいます。

ディープキスをするまでの雰囲気作りをしっかりしてから行うことが成功させる方法です。

ディープキスを成功させることができたら今後の進展はもう間違いないですよ。

濃厚キスが恋愛を盛り上げる3個の理由

濃厚キスによって恋愛が盛り上がる理由は沢山ありますが、その中から今回抜粋して3個の大きな理由をご紹介していきます。

1.脳がキスを欲している

私達人間は本能でキスを欲している、脳がキスを欲しているんです。

キスすることで身体が気持ち良く感じることもありますが、脳が好きな相手とキスをしたいと命令を出しているんです。

脳がキスを欲する主な理由は、

『キスをすることで独占欲を満足させる』

『キスをすることで女性に嬉しい効果が…』

『愛しさの再認識』

その他たくさんの理由はありますが主な理由のこの3点についてご紹介していきます。

脳がキスを欲していたなんて何だか不思議な感覚ですね。

キスでマーキングすることで独占した気持ちになる

動物的本能の名残で自分のモノだという印としてキスをするんです。

キスすることで自分の匂いや感覚を相手の脳へも残すことで自分を確実に認識させるんですね。

相手のことも自分の脳へ認識させて自分のモノになったという独占欲を満たすことができます。

動物で言うマーキングと同じ行為なんですね。

マーキングと言っても、犬などのおしっこでのマーキングというより、クマなどが行う木に爪で傷つけてここは自分の縄張りだ!自分のモノだって知らせる方法に近いですね。

キスの場合で言ったらキスマークですね♪

キスマークなんてつけていたらもう誰かのモノなのね、ってよっぽどのことが無い限り違う異性が迫ってくることはありませんよね。

コレが独占欲を満たすことなんです。

脳が命令しているんですね、自分のモノをとられないようにする為に。

キスすることで分泌されるホルモンがある

キスすることで脳が命令を出して分泌を促進するホルモンがあるんです。

そのホルモンは女性にはとっても嬉しいホルモンで女性自身を綺麗にしてくれます。

ということは…女性ホルモン?と思いますよね。

実は脳からは女性ホルモンは分泌…されないんですよ。

では何が分泌されるのでしょうか?

キスすることで脳下垂体へ性的興奮を与え性腺刺激ホルモンが沢山分泌されます。

性腺刺激ホルモンは女性ホルモンでは無いの?と思われると思いますが、この性腺刺激ホルモンとは女性の卵巣機能を調整してくれるとっても大事なホルモンなんです。

この卵巣機能を調整してくれることによって女性ホルモンのエストロゲンが沢山分泌されるようになるんです。

エストロゲンは女性には嬉しい効果がいっぱいで、おっぱいを大きくするための乳腺を発達させてくれたり、お肌の状態をみずみずしく潤いあるハリツヤ肌にしてくれたり嬉しい効果がたくさんありますよね。

濃厚キス以外でも軽いフレンチキスでも性的興奮を脳下垂体に届ける事ができれば、性腺刺激ホルモンによってエストロゲンの分泌が促されますよ。

キスして今以上に魅力的で綺麗になりましょう!

相手が愛しい存在ということを再認識する

キスすることで相手の唇の感覚、匂い、温度など様々な相手の情報を再認識することでやっぱり愛おしいと脳が再認識することができます。

相手を守りたい、守ってあげたい好き…って感情が溢れてくるんですね。

キスをして唇を重ねる毎にお互いにお互いの存在を再認識することでお互いの愛を確かめ合っているんです。

愛おしいと思ったら、キスしたくなりますよね。

私達人間は常に不安なんです…その不安を無くすために確認したくなってしまうのです。

その方法として愛を確かめ合うにはキスをすることなんです。

キスの方法で相手の感情を読み取ることができるんですね。

今日はいける…今日は元気ないな…悩み事でもあるのかな?なんてことまで分かってしまうんですね。

たかがキス、されどキスなんです!キスだけで色々と見えますし相手にも見透かされているかもしれませんね。

2.キスで感情を伝え合う

キスで相手のことや自分のことが分かってしまうのは分かったと思いますが、キスすることで自分の感情を相手に伝えることだってできるんですよ。

あなたの今の思いを相手に受け取ってもらいましょう!

相手の「愛してる」という感情を読み取る

キスされることで相手から「愛してる」、愛おしいといった感情を受け止める事ができます。

キスの仕方で大切にしてくれているんだな。

私…この人に愛されているんだなって幸せな気持ちになる事ができます。

相手からのキスで感情が高ぶって相手からの愛を受けてしまったらもうまわりが見えなくなるぐらい相手に夢中になってしまいます。

特に女性は感情に左右されやすく感情が高ぶってしまうと場所がどこであれもう二人の世界に入ることができます。

逆に感情が冷めている時には何をされても何とも思いません。

例えどんなに濃厚で素敵なキスをされても見たいテレビがあったりしたらテレビに感情が向いているので何をしても邪魔としか思わないです。

相手に自分の感情を伝えることは非常に大切なことですが、キスをするタイミングが最も重要なんです!

女性は特に雰囲気を重んじますのでキスして「愛してる」を伝えるためにはその前に雰囲気作りをすることです。

逆に「愛してる」を相手にキスで伝える

「愛してる」という感情を相手から受け止める事ができるということは…「愛してる」の感情を相手にも伝える事ができますよ。

その為には自分勝手なキスでは無理ですね。

相手に私はこんなにあなたのことを愛しているんだよって優しく濃厚なキスで「愛してる」の感情を伝えましょう。

この時のポイントはキスとキスの間のほんの少しの時間が愛を伝えるための最も有効的なラブタイムなんです。

このキスとキスの間のほんのわずかな時間に相手を見つめてほんのり微笑むことで相手は愛をより深く感じる事ができます。

『キスまでの雰囲気作り』

『キスの間の一瞬の間』

これが愛を育むキスには重要な調味料だったんです!

料理で言ったらキスはメーンの食材でそれ前の雰囲気作りやキスの間の時間などは調味料なんです。

素材そのものももちろん重要ですが、調味料の使い方次第で料理はおいしくもまずくもなってしまいますね。

愛もこの調味料次第で育むことも壊してしまうことも…できてしまうんです。

料理同様に愛も上手に調理しましょう!

男性なら「守ってあげたい」女性なら「守ってほしい」をキスで伝えよう

キスでは愛以外にもお互いに「守ってあげたい」、「守ってほしい」と本能的に感じることができます。

キスするだけでお互いを守ろうとする感情が生まれキスする前よりも大切にしたいと思います。

これは先にもご紹介した独占欲が満たされることで感じる感情でもあります。

自分のモノになったと認識するので自分のモノは守ろうとする…当然のことですよね。

キスする前は何となく好きだから好きになってほしいから努力をしていたのが、キスすることで自分のモノになったと思いより守ろうと思うんですね。

ただ、時間の経過とともに自分のモノになったものはほったらかしになってしまうのも人間なんですね。

モノを買う時にでも最初は好きで買ってもいつの間にか使わなくなってしまったなんてモノ…ありますよね。

そんな風にならないためには常に成長して新鮮に見せなければいけません。

方法としては簡単です。

『流行に敏感でお洒落を意識する』

『キスの方法もマンネリ化しない』

『出かける場所も同じところばかりにしない』

これらの方法を心掛ければキスしたことで守ろうと思った感情がずっと続きます。

いつまでも愛おしく大切にしてくれます。

相手のことも愛おしく大切にしたいと思ったままでいられますよ。

3.その他の理由

キスには他にも沢山のキスしたくなる理由があります。

そんな中でも特に2点のことについてご紹介します。

キスには好きや愛しているなどの恋愛感情とは違う理由もあるんですよ。

ストレス解消

キスすることでストレスを解消することができるんです。

どういうことって思いますよね。

キスするとどういう気持ちになりますか?

愛おしいな、幸せだななんて感じる事ができませんか?

ストレスを感じてイライラしていてもギュっと抱きしめられて優しくキスされたら…イライラなんてどこかへ行ってしまいませんか?

ムスっとしていた顔も自然とニヤケてきませんか?

キスすることでストレスを感じていたことなんてどこかへ吹き飛ばして幸せな感情だけで心を満たすことができますよ。

逆に相手がイライラしていたら優しくほっぺにチュってしてあげるだけでもムスっとしていた顔が…口元からニヤケてきてしまいますよ。

キスすることでお互いがしあわせになれるんですね。

どちらか一方がストレスを抱えてイライラしていると関係ないのにお互いにイライラしてしまいませんか?

そんなことになる前に、もうどうしたの?…別に!…もう!チュってしたら…ニヤケてきますよ。

たったそれだけでその場の雰囲気も良くなって幸せになれますね。

免疫力の向上

キスは医学的に言うと唾液交換又はバクテリア交換とも言います。

お互いの唾液をキスすることで交換して、唾液に含まれるお互いのバクテリアを交換することで、免疫力を付けるための抗体を作り出すことができるんです。

キスしたいなと思えるのもこの唾液に含まれるバクテリアの種類が違うため、交換して免疫力を高めたいと本能で命令が出ているんです。

逆にこの人とはキスしたくないやこの人の匂い…臭いって思うのも自分と同じや似たようなバクテリアが多いため懸念してしまうんです。

より良い子孫を残すため、免疫機能を高めるため本能的に感じてしまうんです。

俗にいうフェロモンも良い匂いと感じる人とは抗体の型が違い臭いと感じる人は抗体の型が似たような型で臭いと思うんです。

人からしたら臭いと思う臭いでも私…嫌いじゃないっていう経験無いですか?

それこそがあなたとは違う抗体の持ち主だからこそ臭く感じないんです。

キスをすることで免疫機能がアップしたんですね。

ただ、風邪をひいている時や体調が悪い時にはキスはしない方が良いです。

抗体を作るどころか逆に相手のバクテリアによってやられてしまいます…元気な時にキスをしましょう!

濃厚キスの仕方とは?

濃厚キスをするまでには準備など濃厚キスをする為には必要なことがあります。

濃厚キスの仕方を順番を追って紹介しますね。

▼【関連記事】相手がキスしてOKなのかの見極め方はこちらをチェック!
キスしたいなら見逃さないで!相手がキスしてOKな10個の兆候 →

まずは雰囲気作り!

先にもご紹介していますがいきなりキスを強引にしては、身体目的だけの関係になってしまい嫌がっても無理やりなんて嫌なイメージしかうえつけません。

そんな事では変態かストーカーなどになってしまいます。

そんなキスがしたければ、お金を払ってそれなりのお店でして下さい。

愛を育んで幸せな気持ちになる濃厚キスをするためには、キスをするまでの雰囲気作りは必ず必要です。

というより逆に雰囲気作りさえできてしまえばその場の雰囲気で自然とキスしたくなりキスをすることになります。

雰囲気が作れてキスすることができたからといって、いきなりのディープな濃厚キスではせっかくの雰囲気が台無しになってしまいます。

場合によってはドン引きされてもうチャンスは二度とこなくなってしまうこともありますよ。

ここではまだ焦らないで次のステップへ進みましょう!

いきなり舌を入れないこと!

雰囲気作りが出来てキスをすることになってもいきなり舌を入れてディープなキスはしてはいけません。

雰囲気を作れたからと言って全てをいきなり受け入れる準備はまだできていませんよ。

徐々にキスする時間を増やしていくことが重要です。

まずはフレンチキスからでその時にも唇にする必要はありません。

ほっぺやおでこなどにキスするだけでも良いんです。

雰囲気作りからほっぺ、その他の場所から唇までまずは目標にキスを重ねていきましょう。

優しくゆっくりと進めること!

キスの方法も強引に自分のやりたいように無理やりキスしては絶対にダメですよ。

いやらしい感情よりもまだ良い雰囲気でお互いを愛おしいキスしたい。

このお洒落な環境でキスしたい、この雰囲気のまままだ余韻に浸っていたい。

大切にされているんだなって感じたいと思っています。

男性も女性もお互いに感情が一致するまで焦らずにゆっくりと愛を育んで優しくゆっくりとキスを進めて下さい。

お互いのOKの受け入れサインは唇が自然と開いて舌を入れても良いよ受け入れる準備が出来たよって状態です。

この状態まで持っていくことができたらあとは感情に任せてあなたのテクニックを駆使して虜にして下さい。

ここまでの道のりをより短くしたい人は女性の場合唇が適度に濡れることで脳内の性的興奮が高まることができます。

ホルモンの分泌量も増えてきます。

そうすることでより相手を求めやすくなります。

女性の唇を濡らすように優しくなめてあげることで性的興奮を促すことができますよ。

緊張しないこと!

キスの際には緊張をしないことが必要です。

緊張して硬くなっている人もかわいく思えますが、かわいいと思うだけで愛おしいや性的感情は受け止め辛くなります。

キスまでが目的ならばそれでも良いのですが、それ以上のことも求めたい場合は緊張して力が入ったままではぎこちなく感情の高ぶりを促すことはできません。

緊張しないようにシミュレーションや感情のコントロールや自然に任せることです。

固くなって進めても気持ちは伝わらない

固くなってキスを進めて行っても感情は相手に伝わりません。

相手に自分の感情、気持ちが伝わらなければ相手も感情も伝ってきません。

そうなっては一向に先に進むことはできません。

愛を確かめ合って先に進むためには固くならずに自然に任せて力を抜いて自然に任せてみましょう。

一気にスムーズにいって距離がグンと縮まって先に進むことができますよ。

力が入らないように気を付ける

キスしたいとばかり感情が先走ってしまうと力が入ってしまい少々強引なキスになってしまいます。

強引なキスでは一方的なキスとなってしまうためお互いの感情を確かめることはできません。

キスするのは当然緊張をしますがあなただけではないはずですよ。

お互いが緊張していると思って力を抜いて軽くほっぺにチュっとするだけでも良いので力を抜いて徐々にキスを重ねていきましょう。

無理やりすると相手も冷めてしまう

力任せに無理矢理キスをしてしまうとそれまでの雰囲気を一気に壊してしまい、相手の感情が一気に冷めてしまうことがあります。

特に女性の場合は一度冷めてしまうと、もう一度感情を盛り上げることは難しくなってしまいます。

逆に一度感情が盛り上がってしまえば、周りのことも見えなくなってしまうほど、あなたのことしか見えなくなるほどに感情移入ができます。

雰囲気作りから感情をどんどん高めてまわりの環境や存在すら忘れてしまうぐらいの盛り上がりをお互いに感じる事ができたら、もう幸せ以外の何ものでも無くなりますよ。

お互いの愛を確かめ合って幸せの絶頂をむかえることができます。

その為には無理やり力任せに行わずに自然に任せて雰囲気を味方につけて徐々に優しくゆっくりと育んでいきましょう。

ここまで来たら無理に焦って急ぐ必要は無いですよね。

どちらかというと、「この時間が永遠ならいいのにな」と長ければ長いほど良いのです。

焦らずゆっくりと今のその一時をお互いで楽しんでゆっくりと味わいながら進めていきましょう。

相手を思いやることを忘れない

キスすることは自分一人ではできませんよね。

ということは必ず相手がいることです。

相手を思いやることで素敵なキスにも嫌なキスにもどちらにもなってしまいます。

折角キスをするのなら素敵なキスの方が良くないですか?

その為には自分の感情だけ、自分のした様にしているだけでは当然だめですよね。

相手の事も考えてこうしたら嬉しいのかな?

自分だったらどうなんだろう?

と考えながらお互いの感情を受け止め合ってはじめて愛のある素敵なキスにすることができます。

思いやりの気持ちはキスだけでなく常日頃から持ち合わせていたい気持ちですね。

相手のことを思って考えることは簡単なようでとっても難しいです。

思いやりとお節介を混同してはいけませんよ!

例えば、相手が困っている時に手助けしてあげようとしますよね。

ここまでは思いやりまなのですが、相手が自分でやってみると言っているのに無理やりやってしまってはお節介となってしまいます。

相手からしたら自分でやるって言っているのにされたって…思いやり、矢佐久でした事なのに嫌な気持ちになりますね。

他にも自分でやるからって断った場合はどうでしょう?

手伝おうとした人からしたら困っていたから優しさでしてあげたのに何なのその態度!って頼んでもいないことを勝手にして勝手に怒ってしまいますよね。

これがお節介なんです。

思いやりとお節介は似て非なるモノですよ。

なんとなくで理解していませんか?

今まで優しさだと思ってお節介をしていませんか?

お節介は自分では気づかないことも多いですよ。

いつのまにか周りから人が少なくなっている原因はお節介かもしれませんよ。

キスも思いやりを大切にしてお節介と勘違いしないことです。

絶対舌を入れて強引にキスして欲しいと思ってるからしてあげるなんて思いやってるつもりでも、実際は舌は入れないで優しく長いキスが好きなのかもしれませんよ。

酷くなると、ストーカーと同じ感情にもなりまねませんよ。

そんなこと思っていないってことでも絶対にそう思っているその方があの子は幸せなんだって…

怖いですよ!気を付けましょうね。

思いやりを正しく理解して相手を思いやることを忘れないようにしましょう。

状況と場面によって使い分けよう!

キスの方法も沢山の方法がありますのでその場、その雰囲気に合わせてキスの方法も選んでしましょう。

お互い見つめ合って軽くおでこにチュってだけでも十分に幸せを感じることができますよ。

濃厚キスはお互いに求めあったときだけ

濃厚キスを毎回毎回する必要は無いですね。

軽いフレンチキスでも十分に相手に好きって伝えることができます。

はじめての…あのキスを思い出して下さい。

ドキドキして、唇が少し触れただけでもドキドキが止まらなくなりませんでしたか?

ディープキスなんて考えられなかったと思います。

それでも十分にドキドキしてますます大好きになりませんでした?

あの感覚を思い出して下さい。

もっと言えば間接キスでもドキドキした時期もありましたよね。

キスでも沢山のキスがありますね、どのキスをするのかを的確に判断して独りよがりのキスはやめましょう。

特に男性はところ構わずできる物ならディープキスをと考えがちです。

そうでは無いですよ!上手なキスはその場の雰囲気に合ったキスです。

ディープキスよりも軽くチュってされた方がより魅力的に感じる場合もあります。

キスの見極めができるようになりましょう!

基本的にはディープキスはお互いが求めあった時だけです。

軽いキスで様子見して唇を開いて迎え入れる準備ができた時だけですよ。

無理矢理舌をねじ込んではいけません!

相手の気が散っているときは控えよう

いくら自分がキスをしたいと思ってもキスは一人でするものではありませんよね。

相手の気持ちもあります。

相手が他のことに集中している時には様子を伺って下さい。

キスするタイミングを見つけるんです。

他に気を取られて集中している時にキスを急にしたりしたら…邪魔でしかありませんよ。

邪見にされてふてくされるのがおちです…タイミングを見計らってチュってしましょう。

そうしたら相手もその気があれば答えてくれます。

それでも他に集中しているようならもう少し待ってキスする雰囲気を作っていましょう。

雰囲気にのまれて寄ってきてくれますよ。

キスはお互いの思いが重なってはじめて本物のキスになります。

強引にした一人よがりのキスでは拒否されて相手に嫌われることもあります。

キスを強引にしたあなた自身も断られたり冷たくされて相手のことを嫌いにすらなってしまいます。

キスするまではあんなに好きだったのに強引にしてしまったことでお互いに嫌いになってしまうこともあるんですよ!

キスしたいなと思ったらあなたからする場合はほっぺやおでこなどに軽くキスしてあとは相手を待って下さい。

お互いが求めているのならばキスが継続して唇を重ねることになります。

おでこやほっぺのキスだけでも良い!

濃厚キスは恋愛感情を濃厚にしてお互いを求めあう最高の方法ですが、その方法や家庭を間違えてしまうと一気に嫌われてしまう諸刃の剣でもあります。

果敢に濃厚キスを狙いに行くのではなく、おでこやほっぺのキスだけでも十分に好きの気持ちを伝えることができます。

軽くチュってだけでとっても幸せな気持ちになれますよ。

周りから見てもディープな濃厚キスよりもほっぺなどに軽くチュってしている方が周りも幸せな気持ちになれます。

濃厚キスは場所によってはこんなところで…子供には見せたくないな…常識無いな…なんて思われることもあります。

濃厚キスの前に必ず軽いおでこなどにキスすることからはじめてみましょう。

二人だけのプラベ―トな空間で二人だけの秘密って思ってしてみましょう。

その方が二人だけの秘密の共有となりより深く濃い愛を深めることができますよ。

まとめ

いかがでしたか?キスと言っても色々なキスがあることを再確認できたかと思います。

最後にディープキスの上手なやり方をこっそり教えちゃいますね♪

まずは雰囲気作りから口が自然に開くまで優しくソフトに育みますよね。

その後のディープキスの仕方…実際相手とかみ合わないやどうしたら良いか分からないことないですか?

まずは舌を優しく相手の口に入れてみます。

ここで相手も舌を出して来たらお互いの下を絡めあい身を任せます。

ある程度身を任せていると…自分が今度は責める番になりますよね。

この時相手の口に舌を優しく入れて上のチョットざらざらした場所…分かりますよね。

その場所を優しくなでるように舌で刺激します。

自分の口で試してみて下さい。

チョットくすぐったいぐらいのソフトタッチでしてあげて下さい。

濃厚キスをして盛り上がっている感情下では最高のキスになります。

他にも沢山のテクニックはあります。

まずはこのテクニックをマスターして、あなたのディープキスを相手に忘れないディープキスと思わせることです!

愛を育むためキスをマスターして相手のことを虜にしてしまいましょう。

『あなたの恋愛運は大丈夫?不幸の原因はこれかも』

記事下_無料でオーラ鑑定_0718