皆さん、「東京にある女子大」と聞いてどのようなイメージが湧いてきますか?東京にある女子大に通っている方はともかく、通っていない方はなかなかイメージが湧きにくいかと感じます。

今回、東京にある女子大について「魅力」であるメリット、またはデメリットなどを独自で調べてみました。

あなたは、どのようなところで東京にある女子大に魅力を感じますか?女子ばかりの場所が安心する方も、勉強に集中したいと考えている女子の方も、専攻したい科目が東京にある女子大にあるなど、それぞれ女子大を選ぶ理由があるのです。

もし東京にある女子大に興味があったり、これから先通いたいと考えている方はご参考に12の大学の特徴などを挙げてみましたので、あなたの気になる女子大をこれを機に、検討してみてはいかがでしょうか?

女子大の魅力とは?

何より男子がいない事。

恋愛や恋がしたい女子大生にとっては、退屈な場になってしまう場所ですが、「女子だけ」という点で身なりなどそれ程気を遣わなくて良かったり、女子ばかりなので、女子同士の会話や交流が増えたり、案外女子会などのプライベートな時には楽しむ事が出来そうですね。

さらに、男子がいない為恋愛などが後回しになる可能性もあるため、勉強に集中しやすい環境になるのかもしれませんね。

また親の気持ちになれば、娘を思う気持ちが強いほど、彼氏ができる事や異性問題など、勉強とは違うところで勉強に集中が出来ないのであれば、高い学費を払っているのに怒りが湧いてくる気持ちにもなるかもしれません。

このように、さまざまな魅力のある女子大ですが、東京という事もあって親としては心配の声もあるようです。

女子大に通うメリット

では、前置きが長くなってしまいましたが、ここからは「女子大に通うメリット」について詳しく見ていきたいと思います。

あなたが、東京にある女子大へ通いたいなら必ず押さえておきたい「メリット」「デメリット」をご紹介していきますので、まずはあなたに女子大へ通えるのかをじっくりと検討する事をおすすめします。

さらに、東京にある女子大のメリットやデメリットを知ることで、あなたの生活スタイルや性格にマッチするのかなど、事前に心構えや準備も出来るので知っておいて損をする事はないでしょう。

また、決まった科目や専攻したい学科が東京にある女子大にしかない場合、メリットやデメリットについても考える事すら出来ないのかもしません。

その為にも、女子大の魅力について知っておく事は非常に大切な事なのです。

勉強に集中できる

女子大の最大の魅力と言えば、やはり勉強に集中できると言う点でしょう。

なぜ、勉強に集中できるかといいますと、やはり異性のことで悩む時間が、かなりの確率で低いからでしょう。

そのため、彼氏との時間を割いたり、好きな人のことを考える時間も非常に少ないと考えられますので、勉強に集中しやすい環境と言えるのではないでしょうか。

さらに、自分の習得したい科目や学科があるなら、女子大を優先して考えるのも1つの手かもしれません。

これまで、彼氏や好きな人がいる女性でも、女子大なら親ばかりでなく彼氏も安心なことでしょう。

さらに女子大は、男性がかなり少ないので恋愛関係になったりお付き合いするということもないに等しいのかもしれません。

このように、勉強に集中したいと考えている女性であれば最適な環境と言えるのかもしれません。

校舎が綺麗

女子大の大きな魅力の1つとしては、後者がとてもきれいなところが多いのが特徴です。

やはり女性ばかりの環境ですので、美意識が高いところも1つの要素なのかもしれません。

また、女子大を決めるにあたり後者がきれいな大学を選ぶ女性も少なくないようです。

校舎が綺麗ですと、「ここで学びたい」と意欲が増したり、「学校に行きたいなぁ」などと言う気持ちになることもあるようですね。

東京にある女子大のほとんどが後者が綺麗なのではないでしょうか?また、1つのステータスにもなるようです。

つまりどういうことかと申しますと、きれいな校舎に通っていることで周りの女性たちに自慢ができると言う利点もあるようです。

やはり、女子たちはきれいな校舎に憧れるような一面もありますので、きれいな校舎に越したことはないでしょう。

教職員が親切

さらに、女子大の大きな魅力の1つには教員が親切であると言うことも多いようです。

年配の先生はもちろんのこと、若い教員の先生方もやはり女性を相手にしますので、自然と物腰が柔らかくなったり言い方が丁寧になる人も多いのではないでしょうか。

さらに、高校の思春期を得て大学へ入ってくるわけですから、親切な教職員が多い事はもちろん、身なりや服装などもきちんと整えている教職員の方も多いのではないでしょうか。

校舎が綺麗で、教職員の方々も親切かつ身なりや服装などもきちんとしているのであれば、預ける親側としても非常に安心して娘を大学入れることができるのではないでしょうか。

昔のように、生徒を怒鳴ったりするような教職員もかなり減ってきているようです。

時代の背景からも、教員と生徒の関係も少しずつ変わってきているのではないでしょうか?

就職率が高い

勉強に集中しやすい環境のためか、就職率が高いのも女子大の魅力になります。

女子大のためか、やはり異性との関係性やごちゃごちゃした紛らわしい人間関係などに左右される事はなく、勉強に集中できる環境がかなりの強みになると言えるでしょう。

このことからも、女子大を卒業した女性の方々の就職率が高いのも勉強に集中できたり、就職の事について調べる時間や就職先でのマナーや勉強などもできる時間が確保できるので、一般大学に比べると就職率が高い場合もあるのかもしれません。

勉強に集中ができ、学校の校舎も綺麗で教職員が親切、さらに就職率も高ければ女子大へ行った女性本人も大変満足になることでしょう。

少し目標設定が高くとも、女子大へ行く事であなたの可能性を引き出してくれる場所になるかもしれません。

親が安心する

何においても、親が安心するのが女子大の大きな特徴になります。

小学校、中学校、高校と男女共学に通わせていたご家庭ですと、やはり男性との関係やお付き合いなどとても気になる親御さんも多かったのではないでしょうか?そのため、女子大と聞くと安心する親御さんも多いのではないですか。

やはり、娘のことを考えない親などいませんので勉強に集中ができ、学校の校舎が綺麗で、さらに教員が親切、また異性とのトラブルやお付き合いなど時間を無駄に割かれる事はありませんので、安心して親御さんも学校側に娘を預けることができるのではないでしょうか。

このように、女子大には親御さんが安心するポイントがたくさんあるのです。

そのため、わざわざ女子大に入れたがる親御さんが見えるのも事実です。

子にとられがちな役割も担える

女子大には、女性ばかりがほとんどですので、生活面や勉強面、さらに学校での問題にも進んで取り組むことが可能になります。

さらに女性だけの生活が多くなりますので、自然と男性の役割も担えるようになっていくのかもしれません。

ですので、女子大と聞くとお上品やお嬢様または女性らしい人が多くいるようなイメージに陥りがちですが、女子大に通うことで男性のするような役割や生活面での太対応などもできるようになるため、たくましい女性に成長する方もみえるのも確かです。

ですので、女性ばかりの生活する学校で女子力が上がっても、逞しさがないなどと言うような考えは既に古いのかもしれません。

むしろ、女子大に通わせたほうがたくましくなって帰ってくる女子も多いのではないでしょうか。

女子大に通うデメリット

これまでたくさんの女子大に通うメリットを執筆して参りましたが、ここからは女子大に通うことで怒ってしまうデメリットについてご紹介していきたいと思います。

女子大に通うデメリットもよく考えればたくさんありそうな気がしますが、心を落ちつかせてよくよく読んでみるようにしてください。

その中で感じるデメリットやあなたに合わないようなことが出てくるかもしれません。

やはり何事にもメリットやデメリットは必ず存在します。

メリットよりデメリットがあなたにとって多いようであれば、女子大はあなたに向いていないのかもしれません。

しかしメリットが多くデメリットが少ないのであれば、むしろデメリットが少ないと感じるのであればあなたは女子大に行っても、気持ちよく学校生活を送れるようになるのかもしれません。

男性との出会いが少ない

やはり、ここでの大きなデメリットは異性との出会いが少ないと言うことでしょう。

高校時代の思春期が終わらないまま大学に入学する女性も多いので、もちろん男性に興味がないと言う女性は本当に少ないのではないでしょうか?男女共学の大学に憧れている人もいたり、同じような年頃の男性との出会いを密かに夢見ている女性も多いのが一般的な考え方ですよね。

しかし、その青春時代に男性のいない学校で過ごすわけですから、そこでは1番大きなデメリットとなるでしょう。

しかし、1部では女子大に通うことで選ばれた男子と合コンができたり、友達に紹介をしてもらったりなどと言う話もよく聞きます。

なので、男女共学ばかりが良いとも限りません。

確かに、日常から知っている異性は安心できますが知らなくてもいい部分まで知ってしまう場合もありますので、付かず離れずの関係が楽なのかもしれません。

世界が狭い

女子大は、女子ばかりの学校ですので考えが偏りがちなところが見受けられます。

そのため、世間への考え方や世界観が狭い方など多いのかもしれません。

さらに、柔軟な考え方や自由な物の見方と言うものができにくいのも女子大の生活の中で起きてくる現象でもあります。

女子は、基本的に受け身の考えの方が多いので、男性のように突き進んでいく女性も最近が増えてきたと聞きますが、なかなか自ら前に進んで物事を進めていったり、周りと歩幅を合わせながら何かをこなしていくと言うこともしにくいのかもしれません。

そのためか、社会に出たとしても柔軟な考えができなかったり、想像力が乏しかったりするためなかなか社会に馴染めないような女性もいるのではないでしょうか。

やはり男女共学の女性に比べれば、女子大に通った女性の方々には偏った考えや世界が狭い方が多いのも特徴かもしれません。

自主性が身に付かない

女子大ですので、中には目立つ事を許せないと感じる女性もいたり、突出して何か才能がある人に嫉妬する女性もいるのかもしれません。

そのため、集団行動や集団生活の限られた中でしか生活ができない可能性も高いといえます。

なので、毎日やっていることや毎日のルーティンなどはこなすことができていても、自ら何かを起こそうとか、自分にはこれしかない!などと言うハングリー精神のような戦う気持ちや、何かことを起こしたい気持ちに駆られることが少ないのも現状です。

そのためか、自主性がなかなか身に付かなかったり創造性が欠けていて相手の気持ちを考えることが難しかったりする場合も起こってきます。

女子大で学業を学ぶ際にも、しっかりと自制を身に付けるように意識をしていかないとなかなか、自主性を身につけることが難しいようです。

就職先の幅が広がらない

女子大に入ると、凝り固まった考え方や考えの幅が狭いため、就職先の選択幅も自ら狭めてしまう可能性が高いといえます。

自らの考え方や選択の幅を狭めてしまっていては、この先の就職や社会に出てから考え方が狭かったり、相手の気持ちがわからなかったりするために人間関係でのトラブルや仕事先でのトラブルになってしまうことが多いのです。

そうならないためにも、普段から自分で選択することを積極的に行い、人との違いを堂々と認め周りの環境に流されないことも大切なのかもしれません。

特に女子大は、変わった考え方や少し違ったものの見方をするだけで集団行動をしにくくなる場合があります。

しかしだからといって、自分の個性を押し殺したり「こうしないと周りについていけない」などと洗脳されてしまいがちですが、やはり社会で生きてく上ではあなたの個性も必要になって来る場合が多いのです。

自ら、就職の幅を狭める事は非常にもったいないと言うことに気づけるといいですね。