皆さん、「東京にある女子大」と聞いてどのようなイメージが湧いてきますか?東京にある女子大に通っている方はともかく、通っていない方はなかなかイメージが湧きにくいかと感じます。

今回、東京にある女子大について「魅力」であるメリット、またはデメリットなどを独自で調べてみました。

あなたは、どのようなところで東京にある女子大に魅力を感じますか?女子ばかりの場所が安心する方も、勉強に集中したいと考えている女子の方も、専攻したい科目が東京にある女子大にあるなど、それぞれ女子大を選ぶ理由があるのです。

もし東京にある女子大に興味があったり、これから先通いたいと考えている方はご参考に12の大学の特徴などを挙げてみましたので、あなたの気になる女子大をこれを機に、検討してみてはいかがでしょうか?

女子大の魅力とは?

何より男子がいない事。

恋愛や恋がしたい女子大生にとっては、退屈な場になってしまう場所ですが、「女子だけ」という点で身なりなどそれ程気を遣わなくて良かったり、女子ばかりなので、女子同士の会話や交流が増えたり、案外女子会などのプライベートな時には楽しむ事が出来そうですね。

さらに、男子がいない為恋愛などが後回しになる可能性もあるため、勉強に集中しやすい環境になるのかもしれませんね。

また親の気持ちになれば、娘を思う気持ちが強いほど、彼氏ができる事や異性問題など、勉強とは違うところで勉強に集中が出来ないのであれば、高い学費を払っているのに怒りが湧いてくる気持ちにもなるかもしれません。

このように、さまざまな魅力のある女子大ですが、東京という事もあって親としては心配の声もあるようです。

女子大に通うメリット

では、前置きが長くなってしまいましたが、ここからは「女子大に通うメリット」について詳しく見ていきたいと思います。

あなたが、東京にある女子大へ通いたいなら必ず押さえておきたい「メリット」「デメリット」をご紹介していきますので、まずはあなたに女子大へ通えるのかをじっくりと検討する事をおすすめします。

さらに、東京にある女子大のメリットやデメリットを知ることで、あなたの生活スタイルや性格にマッチするのかなど、事前に心構えや準備も出来るので知っておいて損をする事はないでしょう。

また、決まった科目や専攻したい学科が東京にある女子大にしかない場合、メリットやデメリットについても考える事すら出来ないのかもしません。

その為にも、女子大の魅力について知っておく事は非常に大切な事なのです。

勉強に集中できる

女子大の最大の魅力と言えば、やはり勉強に集中できると言う点でしょう。

なぜ、勉強に集中できるかといいますと、やはり異性のことで悩む時間が、かなりの確率で低いからでしょう。

そのため、彼氏との時間を割いたり、好きな人のことを考える時間も非常に少ないと考えられますので、勉強に集中しやすい環境と言えるのではないでしょうか。

さらに、自分の習得したい科目や学科があるなら、女子大を優先して考えるのも1つの手かもしれません。

これまで、彼氏や好きな人がいる女性でも、女子大なら親ばかりでなく彼氏も安心なことでしょう。

さらに女子大は、男性がかなり少ないので恋愛関係になったりお付き合いするということもないに等しいのかもしれません。

このように、勉強に集中したいと考えている女性であれば最適な環境と言えるのかもしれません。

校舎が綺麗

女子大の大きな魅力の1つとしては、後者がとてもきれいなところが多いのが特徴です。

やはり女性ばかりの環境ですので、美意識が高いところも1つの要素なのかもしれません。

また、女子大を決めるにあたり後者がきれいな大学を選ぶ女性も少なくないようです。

校舎が綺麗ですと、「ここで学びたい」と意欲が増したり、「学校に行きたいなぁ」などと言う気持ちになることもあるようですね。

東京にある女子大のほとんどが後者が綺麗なのではないでしょうか?また、1つのステータスにもなるようです。

つまりどういうことかと申しますと、きれいな校舎に通っていることで周りの女性たちに自慢ができると言う利点もあるようです。

やはり、女子たちはきれいな校舎に憧れるような一面もありますので、きれいな校舎に越したことはないでしょう。

教職員が親切

さらに、女子大の大きな魅力の1つには教員が親切であると言うことも多いようです。

年配の先生はもちろんのこと、若い教員の先生方もやはり女性を相手にしますので、自然と物腰が柔らかくなったり言い方が丁寧になる人も多いのではないでしょうか。

さらに、高校の思春期を得て大学へ入ってくるわけですから、親切な教職員が多い事はもちろん、身なりや服装などもきちんと整えている教職員の方も多いのではないでしょうか。

校舎が綺麗で、教職員の方々も親切かつ身なりや服装などもきちんとしているのであれば、預ける親側としても非常に安心して娘を大学入れることができるのではないでしょうか。

昔のように、生徒を怒鳴ったりするような教職員もかなり減ってきているようです。

時代の背景からも、教員と生徒の関係も少しずつ変わってきているのではないでしょうか?

就職率が高い

勉強に集中しやすい環境のためか、就職率が高いのも女子大の魅力になります。

女子大のためか、やはり異性との関係性やごちゃごちゃした紛らわしい人間関係などに左右される事はなく、勉強に集中できる環境がかなりの強みになると言えるでしょう。

このことからも、女子大を卒業した女性の方々の就職率が高いのも勉強に集中できたり、就職の事について調べる時間や就職先でのマナーや勉強などもできる時間が確保できるので、一般大学に比べると就職率が高い場合もあるのかもしれません。

勉強に集中ができ、学校の校舎も綺麗で教職員が親切、さらに就職率も高ければ女子大へ行った女性本人も大変満足になることでしょう。

少し目標設定が高くとも、女子大へ行く事であなたの可能性を引き出してくれる場所になるかもしれません。

親が安心する

何においても、親が安心するのが女子大の大きな特徴になります。

小学校、中学校、高校と男女共学に通わせていたご家庭ですと、やはり男性との関係やお付き合いなどとても気になる親御さんも多かったのではないでしょうか?そのため、女子大と聞くと安心する親御さんも多いのではないですか。

やはり、娘のことを考えない親などいませんので勉強に集中ができ、学校の校舎が綺麗で、さらに教員が親切、また異性とのトラブルやお付き合いなど時間を無駄に割かれる事はありませんので、安心して親御さんも学校側に娘を預けることができるのではないでしょうか。

このように、女子大には親御さんが安心するポイントがたくさんあるのです。

そのため、わざわざ女子大に入れたがる親御さんが見えるのも事実です。

子にとられがちな役割も担える

女子大には、女性ばかりがほとんどですので、生活面や勉強面、さらに学校での問題にも進んで取り組むことが可能になります。

さらに女性だけの生活が多くなりますので、自然と男性の役割も担えるようになっていくのかもしれません。

ですので、女子大と聞くとお上品やお嬢様または女性らしい人が多くいるようなイメージに陥りがちですが、女子大に通うことで男性のするような役割や生活面での太対応などもできるようになるため、たくましい女性に成長する方もみえるのも確かです。

ですので、女性ばかりの生活する学校で女子力が上がっても、逞しさがないなどと言うような考えは既に古いのかもしれません。

むしろ、女子大に通わせたほうがたくましくなって帰ってくる女子も多いのではないでしょうか。

女子大に通うデメリット

これまでたくさんの女子大に通うメリットを執筆して参りましたが、ここからは女子大に通うことで怒ってしまうデメリットについてご紹介していきたいと思います。

女子大に通うデメリットもよく考えればたくさんありそうな気がしますが、心を落ちつかせてよくよく読んでみるようにしてください。

その中で感じるデメリットやあなたに合わないようなことが出てくるかもしれません。

やはり何事にもメリットやデメリットは必ず存在します。

メリットよりデメリットがあなたにとって多いようであれば、女子大はあなたに向いていないのかもしれません。

しかしメリットが多くデメリットが少ないのであれば、むしろデメリットが少ないと感じるのであればあなたは女子大に行っても、気持ちよく学校生活を送れるようになるのかもしれません。

男性との出会いが少ない

やはり、ここでの大きなデメリットは異性との出会いが少ないと言うことでしょう。

高校時代の思春期が終わらないまま大学に入学する女性も多いので、もちろん男性に興味がないと言う女性は本当に少ないのではないでしょうか?男女共学の大学に憧れている人もいたり、同じような年頃の男性との出会いを密かに夢見ている女性も多いのが一般的な考え方ですよね。

しかし、その青春時代に男性のいない学校で過ごすわけですから、そこでは1番大きなデメリットとなるでしょう。

しかし、1部では女子大に通うことで選ばれた男子と合コンができたり、友達に紹介をしてもらったりなどと言う話もよく聞きます。

なので、男女共学ばかりが良いとも限りません。

確かに、日常から知っている異性は安心できますが知らなくてもいい部分まで知ってしまう場合もありますので、付かず離れずの関係が楽なのかもしれません。

世界が狭い

女子大は、女子ばかりの学校ですので考えが偏りがちなところが見受けられます。

そのため、世間への考え方や世界観が狭い方など多いのかもしれません。

さらに、柔軟な考え方や自由な物の見方と言うものができにくいのも女子大の生活の中で起きてくる現象でもあります。

女子は、基本的に受け身の考えの方が多いので、男性のように突き進んでいく女性も最近が増えてきたと聞きますが、なかなか自ら前に進んで物事を進めていったり、周りと歩幅を合わせながら何かをこなしていくと言うこともしにくいのかもしれません。

そのためか、社会に出たとしても柔軟な考えができなかったり、想像力が乏しかったりするためなかなか社会に馴染めないような女性もいるのではないでしょうか。

やはり男女共学の女性に比べれば、女子大に通った女性の方々には偏った考えや世界が狭い方が多いのも特徴かもしれません。

自主性が身に付かない

女子大ですので、中には目立つ事を許せないと感じる女性もいたり、突出して何か才能がある人に嫉妬する女性もいるのかもしれません。

そのため、集団行動や集団生活の限られた中でしか生活ができない可能性も高いといえます。

なので、毎日やっていることや毎日のルーティンなどはこなすことができていても、自ら何かを起こそうとか、自分にはこれしかない!などと言うハングリー精神のような戦う気持ちや、何かことを起こしたい気持ちに駆られることが少ないのも現状です。

そのためか、自主性がなかなか身に付かなかったり創造性が欠けていて相手の気持ちを考えることが難しかったりする場合も起こってきます。

女子大で学業を学ぶ際にも、しっかりと自制を身に付けるように意識をしていかないとなかなか、自主性を身につけることが難しいようです。

就職先の幅が広がらない

女子大に入ると、凝り固まった考え方や考えの幅が狭いため、就職先の選択幅も自ら狭めてしまう可能性が高いといえます。

自らの考え方や選択の幅を狭めてしまっていては、この先の就職や社会に出てから考え方が狭かったり、相手の気持ちがわからなかったりするために人間関係でのトラブルや仕事先でのトラブルになってしまうことが多いのです。

そうならないためにも、普段から自分で選択することを積極的に行い、人との違いを堂々と認め周りの環境に流されないことも大切なのかもしれません。

特に女子大は、変わった考え方や少し違ったものの見方をするだけで集団行動をしにくくなる場合があります。

しかしだからといって、自分の個性を押し殺したり「こうしないと周りについていけない」などと洗脳されてしまいがちですが、やはり社会で生きてく上ではあなたの個性も必要になって来る場合が多いのです。

自ら、就職の幅を狭める事は非常にもったいないと言うことに気づけるといいですね。

卒業後、男性が多い職場で働きにくい

女子大での生活が長かったためか、卒業してから就職先での男性との関わりや、男性との対応、または同僚や上司に至るまで働きにくいと感じる女性が多いようです。

女子大では、男性がほとんどいなかったため女子だけの生活に慣れてしまい、中には身なりや服装または女性としての品格やマナーなどにおいてもなかなかできていない女性の方が、目立つようです。

やはり、女性としてきちんと身なりや服装を整える事は大切なのですが、もっと大切な事は職場で働く方との関係性や付き合い方などを学べないと言う点がデメリットになってしまうのではないでしょうか。

男女共学や、男性のいる大学にも通っていた女性に比べれば、男性に対する扱い方や対応の仕方もかなり違うと言えるでしょう。

女子大での4年間は短いようでかなり長いため、吸収できる時間や時期に男性と接することができないと言う事は、やはり大きな落とし穴なのかもしれません。

学費が高い

女子大は、親御さんが安心できる大学ではあるものの学費が高いと言うことで、親御さんを苦しませるケースも多いようです。

現代では、学費を自分で払ったり、学資保険に入っていたりまたは、就職してから女子大に通っていた本人がローンを組んで支払いをしていくと言うご家庭も多いようです。

そのため、女子大に行きたくてもなかなか行けなかったり、諦めたりする女性も多いのではないでしょうか?学費が高い面から、女子大に通うこと=お高い感じがするなどと悪いイメージにつながる場合もあります。

女子大に通う本人や親御さん達は全くそのような考えにはならないのですが、やはり世間一般的に見ると学費が高い大学や学校に通わせると言う事は、お金持ちに見えたりお高くとまっている感じに見えたりしてしまう場合もあるようです。

さらに、ローンを組んで学費を就職してから払う場合、給与からローンを引かれるので支払いに苦しむ方も多いと聞きます。

なので、大学に通う際は自分の行きたい学科や選考が第一条件でしょうが、きちんと支払いのできる学費の学校に通うことも視野に入れておくといいですね。

部活動が盛んではない

女子大は、男女共学の一般の大学に比べると部活動がほとんどなかったり、部活動が盛んでは無い大学が多いようです。

そのためか、家に帰ってからも引きこもりになってしまったり、学校がお休みの日はバイトにあけくれたり、または友達と遊びほうけてしまう可能性が高いといえます。

確かに、女子大で勉強に集中できる環境にはあるのですが、勉強以外にあまり頑張ろうと言うことが少ないですので、女子だけでできる部活や女子だけの部活に対しても取り組むと言う意欲が少ない女性が多いのも確かです。

例えば、部活をしていても男子と対決をしたりまたは男子の部活動に参加するなどといった部活動を行ったとしても、なかなか部活動として成り立てていく事は難しいのかもしれません。

その大きな理由の1つとしては、大学になってまで部活をがんばりたくない、または勉強が忙しすぎて部活などしている時間がないなどと理由が挙げられるのではないでしょうか。

お洒落競争、見栄の張り合いがすごい

女子大と言われる位ですので、女子同士の争い事が起きてしまうのは当然の事のように感じます。

例えば、服装1つにしてもおしゃれで見栄えの良い子が目立ってしまったり、ブランド物や高価なものに憧れる女性も多いのではないでしょうか。

そのため、おしゃれを競争してしまったり、高額なブランドを買い漁り見栄の張り合いをしてしまうようなケースも多いようです。

大学の、学費だけでも女子大はかなり高いですので、さらにブランドやおしゃれの幅などを要求されれば親御さんも呆れたくなる気持ちはよくわかります。

なので、学費は支払ってもらえてもおしゃれやブランド等の支払いは自分でしている女子大生の方も多いのです。

そのためアルバイトや派遣のお仕事なども掛け持ちでしていたり、高額な深夜バイトまでしていたりするため、勉強がおろそかになってしまったり学生時代に借金を抱えてしまう場合もあるようです。

そういったところには充分注意して、女子大生活を送りたいものです。

校則が厳しい

女子大は、男女共学の一般の大学に比べてかなり高速が厳しい面があります。

そのため、夢に思い描いていたような華々しい女子大生活ではないと言う現実に、落胆してしまう女性も多いのも確かです。

さらに、校則が厳しいことに耐えられない女性も中にはいるようです。

校則が厳しすぎると、かえってやる気をなくしてしまったりする場合もありますよね。

やはり、程良い高速の下楽しい大学生活をエンジョイできる環境がベストと言えるでしょう。

そういった点では、校則が厳しいと感じる環境と言うのは、1つの枠に囚われた非常に環境が狭く感じる場合があります。

なので、他の大学に通う子が羨ましく感じたり、自主性が身につきにくかったりする原因にもなるのかもしれません。

東京にある女子大7選

では、ここからは東京にある女子大を12校、ご紹介していきたいと思います。

それぞれの大学の特徴や、専攻学科等できるだけ詳しく調べていきたいと思います。

なので、女子大をお考えの女性の方々はぜひ、比較してみてあなたに合った女子大を選んでみるようにしてみてはいかがでしょうか。

1. お茶の水女子大学

2,004年の国立大学の法人化に伴い、大学憲章を「お茶の水大学は、学ぶ意欲のある全ての女性にとって、真摯な夢の実現される場として存在する。」を定めています。

大塚キャンパスが東京都文京区にあります。

また付属高も全てキャンパス内に併設されているため大きな移動がないのも嬉しいですね。

学部や学科も文教育学部の中には人文科学科、言語文学学科、人間社会化学科、芸術表現行動学科などがあります。

また理学部の方には、数学科、物理学科、化学科、生物学科、情報科学科があり、生活科学部には食物栄養学科、人間環境化学科、人間生活学科等があります。

さらに大学院には人間文化創成科学研究科などがあるのも有名です。

また、附属学校園には幼稚園、小学校、中学校、高校に至るまで大学までお茶の水で学ぶことができます。

さらに、去年2016年に創立されました「文京区立お茶の水大学こども園」大学が運営する保育所方認定こども園が設立されました。

こちらはちなみに共学になります。

2. 昭和女子大学

昭和女子大学は東京都世田谷区にあります私立大学になります。

女子大の中でも就職率が高いのが特徴になります。

また経済社会の発展を引率するグローバル人材育成支援への取り組みにも注目したいところです。

昭和女子大学の学科コースは、人間文化学部、人間社会学部、生活科学部、グローバルビジネス学部、国際学部(2017年4月より新設)などがあります。

さらに、2017年度のデータになりますが学費が、1,350,000から1,458,000円と学科により異なりますが、納入金になっております。

さらに奨学金制度も設けられておりますので、学費が心配な方にも少し安心ができる制度も活用できます。

また、スマート出願と言う出願で受験の選択肢が広がりインターネットの出願も可能だそうです。

さらに、同一入試学科併願と言うことで、複数学会の併願できる入試が多数あります。

また、同時出願併願割引と題しまして同一入試に同時出願した場合は美嘉も公実子の検定料を割引してもらえる制度なども嬉しいですね。

3. 津田塾大学

津田塾大学は、少人数で徹底した教育方法を確立しています。

理念の1つには「学生の個性を重んじ、少人数教育を貫くこと」があります。

一人ひとりに目の行き届く教育体制により、基礎学力と高度な専門性を身に付けることを目標にしています。

また、津田塾の英語教育は「聞く、話す、読む、書く」の4技能を集中的に身に付けることで考えて話しながら文章で伝える総合的な英語スキルを養える教育環境にあります。

さらに、就職決定も96%と言うように毎年就職決定率が97から99%の範囲で決定されているのも特徴です。

また86%以上の就職者が第一もしくは第二志望で行きたい就職先いけているのも特徴になります。

4. 東京女子大学

東京女子大学では、来年の2018年に100周年を迎えるにあたり現代教養学部を語学科12選考へ改組を予定しております。

大学のモットーとしては、国際性や女性視点、実践的な学びを重視した教育で、自身と社会の良い未来を築くための推進する力(リーダーシップ)を身に付けることをモットーとしています。

東京女子大学の学部、学科、コースとしては現代教養学部がございます。

この中には、国際英語学科、国際英語専攻、人文学科、哲学専攻、日本文学専攻歴史文化専攻、国際社会学科には、国際関係専攻、経済学専攻、社会学専攻、小峰ティー構想先行、また真理コミニュケーション学科には(2018年4月に名称変更予定)心理学専攻、コミニケーション専攻。

さらに数理化学科には、数学専攻と情報理学専攻があります。

こちらの大学は東京都杉並区前福地にあります。

さらに、学費に関しましては、2018年度の入金の予定では現代教育学部では1,220,000円となっておりますが国際英語学科では1,300,000円、心理学専攻は1,245,000円、コミュニティー構想専攻やコミニケーション専攻または数理化学科に関しましては1,240,000円が納入金額になっております。

5. 白百合女子大学

東京都調布市にある私立大学白百合女子大学には文学部、人間総合学部がございます。

また文学部には、国語国文学科とフランス語フランス文学科、英語英文学科がございます。

また人間総合学部には児童文化学科、発達心理学科、初等教育学科がございます。

学費に関しましては2017年度度納入金額につきましては1,450,000円になっております。

ただし発達心理学科のみ1,480,000円になっており、その他諸経費が必要になるようです。

またこちらの大学でも奨学金や教育論も充実しておりまた海外の協定校や認定校へ留学をしたり所定の単位を修得した学生とする奨学金制度があったりするので、よく調べるようにするといいかもしれません。

またこちらの白百合女子大学の特徴としてはカトリックの精神、奉仕の精神による人格形成や社会的必要な価値観、またキリスト教を学び感受性や視野を広げるため自分自身の存在や使命を探し出すことを目標にしておりますまた少人数教育や自立した女性を目指す「ライフ・デザイン」など、キャリア教育だけではなく女性として豊かな人生を送るためのライフデザインを重視した教育も特徴になります。

6. 学習院女子大学

東京都新宿区戸山にあります、こちらの学習院女子大学では日本と海外などの文化会の国際理解を深める教育を下に、グローバルに活躍できる女子のリーダー等を育成することを大学のモットーとしております。

さらに「日本を学び、世界を知り、英語で伝える」と言うような教育方針ですので、海外でもリーダーとして活躍できるような人材を育成することを目指す、大学の教育方針になるようです。

さらに留学制度や就職に強い子またオープンキャンパスなどに力を入れているようですので、この学習院女子大学が気になる方はぜひオープンキャンパスに参加してみてはいかがでしょうか。

詳しくは、学習院女子大学のホームページをご覧下さい。

さらに、f-Campusでは学習院大、日本女子大学、立教大学、早稲田大学等と協定を結んでいますので他の大学に直接出向き多くの科目を履修する事が出来るのも魅力です。

7. 青山学院女子短期大学

青山学院女子短期大学は、東京都渋谷区渋谷にあります私立短期大学になります。

こちらの大学では「人間の力)をモットーに、自分を様々な視点からとらえる力、人間関係の調節をする力、社会で行動する力やコミニケーション能力、分析判断力など豊かに生きることと他者と社会を形成していく力など育成していくことを目指しています。

また、2016年3月の卒業生の就職率は97.1%また4年生大学への日入学は101名と言うところも魅力ですね。

またキャンパスには自然がたくさんあり、緑で癒されるところも魅力的です。

こちらの学科では子ども学科と現代教育学科がございます。

現代教育学科には日本専攻、国際専攻、人間社会専攻の3つがございます。

さらに学費は2017年度の入金としては日本先行、人間社会専攻では1,362,500円、国際選考では1,372,500円、子ども学科では1,401,500円が納入金になっております。