「あの子って本当にリア充だよね〜」
「リア充アピール凄いよね〜」
なんて会話が飛び交った時、あなたはその意味を理解できますか?

今時、当たり前のように使用される「リア充」という言葉。

きちんと理解しておかないと、会話についていけないどころか・・勘違いリア充になってしまうかもしれません。

周囲の人が憧れる本物のリア充になるために、今回はリア充の意味や特徴、リア充になる方法について紹介していきます。

曖昧に言葉を覚えている人は、ぜひ読んで勉強してくださいね!

「リア充」を分析しよう!

リア充なんて言葉、辞書で引いても出てこない!とお困りの方。

そうなんです。

リア充とは正式な用語ではなく、若者が作り出した造語なんです。

なので辞書には掲載されていないでしょう。

そこでまずはリア充の語源や言葉の使い方について説明していきます。

1. リア充の語源


リア充とは、「リアルが充実している」という言葉の略語です。

つまり現実の生活を充実して過ごしている人に向けて使われるものとなります。

正式な定義はありませんが、一般的には下記のような生活がリア充の対象となります。

・恋人がいる
・友達が多い
・仕事が順調
・学歴が高い
・収入が高い
人が羨ましいと思うものを全て手にしているような生活ですね。

もちろん恋人がいなくても充実している!と言う人もいるでしょう。

しかしあくまでリア充とは他己評価になるので、人が見て充実していると認定されなければ、リア充とはいえないでしょう。

また自分と他人の充実度や幸せ度を比較した時に、その度合いを表す時にも使われます。

自分のほうがリア充、相手のほうがリア充と、より充実しているほうをリア充と呼ぶのです。

2. 誰が使い始めた言葉?

ではこのリア充という言葉はどこから始まったのでしょうか。

この言葉はもともとはネット用語で、2チャンネルの大学生活版で2007年頃から使われ始めました。

サークル、飲み会、恋人、就活などといった大学生活が充実している人のことをリア充と呼んでいたのです。

それが徐々に浸透して、翌年頃から大学生以外でも生活が充実していることをさすようになりました。

そしてネット用語だったのが、普通の会話の中でも登場する用語になったのです。

3. どんな場面でよく使われる?


リア充の使い方には、いくつかあります。

・・が、基本的には自分で自分を「リア充」だと表現することは少ないです。

というより、しない方が良いでしょう。

「私リア充だから」
「俺ほんとリア充すぎてさ」
なんて言うと、白い目で見られます。

他人が誰かをさして「あの人はリア充だ」と使うのが正しいんです。

また話していて自分よりも充実している人に「リア充で羨ましいよ」と羨望と嫉妬を込めて使うことも多いでしょう。

他にネットでは、リア充の使い方がちょっと変形してきています。

「リア充爆発しろ!」
これは自虐で使う方法と人へのエールとして使うことがあるようです。

自虐の場合は「どうせ恋人いないし、明日も暇だし!もうリア充爆発しろ!」と、非リア充であることを自虐して皮肉として使います。

人へのエールの場合「幸せそうで羨ましい!もうこのままリア充爆発させて末長くお幸せに!」と、リア充である人に向けてそのままリア充でいてね・・という意味も込めて使います。

造語だからこそその使い方も多種多様。

人によって面白い使い方をしているのも楽しいですね。

リア充だと思われる人の特徴を見てみよう

リア充とは、自分ではなく他人が評価するものとお伝えしました。

では「あの人はリア充だ!」と思われる人には、どんな特徴があるのでしょうか。

リア充だと思われる人の特徴を21個紹介していきます。

1. SNSを頻繁に更新している

Twitter、Facebook、InstagramとSNSが多数ある現代。

SNSってなんのためにあるのか・・というと自分のリア充を皆に知ってもらうため!なんて人もいるのではないでしょうか。

・今日は彼氏とドライブデート♡
・昨日は友達に誕生日お祝いしてもらった〜
・仕事がハードだけどやりがいあり
なんてメッセージとともに、その充実した写真を投稿するのです。

SNSを頻繁に更新するということは、それだけ投稿する充実した内容があるということ。

反対に充実していない人はSNSに更新する内容がないんです。

つまりSNSを頻繁に更新すると、それを見た人はリア充であると認識されるのです。

2. 常に交際相手がいる

リア充であるために必要なのは、やはり恋人の存在です。

常に交際相手がいるというだけで、その人がどんな状況であってもリア充であると思われるのです。

ポイントは「常に」というところ。

付き合っている人と別れた・・と思っていたら、すぐに別の恋人ができているのです。

そしていつでも恋人と幸せそうに過ごしている。

これはまさにいつでもリア充である証拠です。

いつでも途切れることなく交際相手がいる人は、その羨望の意味も込めてリア充だと周囲が認めるでしょう。

3. 友達が多い

リア充に欠かせないのは恋人ともう一つ、友達です。

この友達が多ければ多いほど、リア充であるといえるでしょう。

昨日は地元の友達。

今日は高校の友達。

明日は大学の友達。

いつも色んな友達と飲んで騒いでいるのです。

そして1人でいることがほとんどない人。

もしかするとその人は広く浅い付き合いをしているだけで、本当に友達と呼べる人はいないかもしれません。

それでも狭くて深い交友関係の人よりも、広くて浅い交友関係の人の方が友達の多さからリア充であると思われるのです。

4. 服飾費にお金をたくさん使う

自由に使えるお金がたくさんある=リア充
という方程式もあります。

いつもお金がなくて節約生活。

新しく服飾を買うお金の余裕もない。

だからいつもプチプラな洋服を使い回しているという人は、本人がそれで満足していても周囲からは「自由に使えるお金もなくて可哀想」と思われます。

いつもお金を気にせずに欲しい服飾を買い、ブランド物も気にせずに買う。

自分が欲しいと思った物はなんでも買えるお金の余裕のある人は、それだけリア充になれます。

「あれ?また新しい洋服買ったの?」
「そのバック新しい?」
なんて周囲から聞かれて、いい気分になるのです。

5. 性格が明るい

いつでも明るい性格の人はリア充になれる素質を持っている人です。

いつも明るく快活に過ごしていると、自然に人が集まってきます。

常に周りには人がいて、その中心でニコニコと楽しそうにしている。

そんな姿を見ていると、人に愛されるリア充な人だと認定されるなのです。

性格が大人しかったり暗かったりすると、あまり人に囲まれるということはありません。

どちらかというと1人でいることの方が多いでしょう。

そうすると、なんだか寂しい生活に見えてしまい、どうしても非リア充だと思われてしまうのです。

6. 趣味や特技が多い

趣味や特技が多い人は、それだけ毎日を充実させることができます。

・料理
・スポーツ
・映画
・旅行
このように自分の好きなことを自分の生活に取り入れている人は、生き生きとしています。

また趣味や特技を通じて知り合う人も多く、そこで学ぶことも多いです。

趣味や特技が多いとそれだけ自分自身を高めていくことができるのです。

そんな人を見ると、やはりリア充であるといえるでしょう。

しかし同じ趣味や特技でも趣味上記のようなものではなく、読書・ゲーム・アニメなど家に引きこもって1人でするようなものであるとリア充であるとは言われません。

人間関係から逃げてしまっているようなイメージがある引きこもりな趣味は、充実していないからこそ家で遊んでいるのだと同情されてしまうでしょう。

7. お洒落で流行に敏感

いつでもお洒落!そして流行に敏感である人!
このような人はどこにいても、その場で目立つ人になるでしょう。

学校にいても職場にいても友達の中でもカリスマ性のあるような憧れられる存在になるのです。

このように目立つ人は、どんな生活をしていてもリア充であるかのように感じますよね。

例えば芸能人なんかがそうです。

芸能人は男性も女性もいつもお洒落で流行に敏感です。

それをテレビや雑誌やSNSなどで公開しています。

そんなお洒落で流行に敏感な姿を見ると、キラキラしたオーラのようなものを感じて、「きっとこの人はリア充なんだろう」とそれだけで感じるでしょう。

いつでも自分の身だしなみに気をつかっているお洒落で流行に敏感な人はリア充だと思われる大きな要因になるのです。

8. 外食率が高い

外食率が高い人には「外食をしている」という行為から、その他の充実していることも読み取れます。

・一緒に外食をする相手がいる
・外食をするお金の余裕がある
・色々なお店を知っている
そうです。

外食率が高いということは、外食をする相手もお金も情報もあるということなんです。

今日は美味しい焼き肉!
今日は噂のカレー屋さん!
今日は行列のできるパンケーキ!
こんな外食情報をSNSでアップしたり、周囲に話していると、その外食の内容だけでもリア充であることがうかがえるのです。

9. あまりくよくよ悩まない

リア充である人は、あまりくよくよと悩まないという特徴があります。

なんでもプラス思考にポジティブに考えることができるからこそ、自分の生活を充実させていくことができるのです。

例えば、仕事で失敗して怒られたとします。

・マイナス思考な人
今日は仕事で失敗して、すごく怒られた。

もしかすると、この仕事に向いていないのかもしれない。

何をしても上手くいかない。

誰かに迷惑をかけてしまう。

この先どうしよう。

・プラス思考な人
今日は仕事で失敗して、すごく怒られた。

本気で怒ってくれる上司は有り難い。

これも自分のステップアップになる。

同じ失敗をしないように肝に銘じて、更に仕事頑張ろう。

同じことが起こっても、思考が違うだけでこんなにも変わるのです。

くよくよ悩まない人は、何があっても自分のいいように切り替えることができるので、例え失敗して怒られてもそれを自分のプラスにしていけます。

だからいつでも何があってもリア充でいられるのです。

そして周囲もそのリア充ぶりを認めるのでしょう。

10. 目立ちたがり屋

目立ちたがり屋の人は、自分に自信がある人です。

自分に自信があるからこそ、人に注目されたいという思いが強くなるのでしょう。

このような人は自分に自信のある部分や誇れる部分をたくさん主張して目立とうとします。

そうすると自然と人の中心にいる人物になるのです。

目立ちたがり屋は、つまりは目立つ人になれるわけです。

目立つ人にはやはり輝きを感じるものです。

目立っているというだけで、リア充であると人は認識するのです。

11. 自分大好きで自己主張が激しい

自分が大好きなナルシストは、自己主張が激しい人です。

誰とどんな話をしていても「自分は」「自分が」と自分中心の話に変えて、自分の主張を始めます。

ある意味では自己中心的で呆れてしまいますが・・。

しかしここまで自分が大好きでいられるというのは羨ましいことでもあります。

他人と比較することなく、自分が一番だと素直に信じている人は、幸せな思想なのですね。

そんな自分大好きで自己主張が激しい人は、その嫉妬と皮肉も込めてリア充でいいねと言われる対象となるのです。

12. 褒められるのが大好き

褒められるのが大好きな人は、素直で単純な人でもあります。

小さな子どもって褒められるのが大好きですよね。

「〇〇ちゃん、良くできたね。偉いね!」と子どもを褒めると、嬉しそうな笑顔を浮かべます。

そしてルンルンのご機嫌になるのです。

これは子どもが素直だからですね。

その真意や裏側を深読みすることなく、褒めてもらえたということを単純に喜ぶことができるからです。

大きくなっても褒められるのが大好きな人は、子どものような素直さと単純さがあるのです。

人が褒めてくれると素直に嬉しくなり、単純に喜ぶことができるのです。

社交辞令かな?なんか裏があるのかな?なんて深読みしてしまう人よりも、この素直さと単純さで喜ぶことのできる人の方が、幸せで充実した日々を過ごせるのです。

13. いつもテンションが高め

朝から「おはよー」と高いテンションで挨拶されると、何か幸せそうでいいな・・と思いますよね。

反対に小さな声でボソボソと「おはよう」とテンション低く挨拶する人は、人生に悩んでいるのか?と心配にもなります。

その人のテンションは、その人の充実度合いを示しているかのように受け取られるのです。

テンションが高めの人は充実度合いが高く、テンションが低めの人は充実度合いが低い。

そう思われるために、いつもテンションが高めの人は、いつでも充実しているリア充な人だrと思われるのです。

14. 良い学校を出て良い会社に就職している

良い学校を出て、良い会社に就職する。

これってまさに勝ち組コースですよね。

生まれてから幼稚園、小学校、中学校・・と勉学に励んできたのも、全ては良い学校を出て良い会社に就職するためともいえます。

良い就職先とは、最高のゴールなんです。

この勝ち組コースを進んでいると、それがどんな生活だとリア充であると思われるのです。

良い会社で辛い思いをしていても、毎日残業で大変でも、それでもリア充であると周囲は思ってしまうでしょう。

何がともあれ勝ち組!努力して得られるレッテルともいえるでしょう。

15. 旅行に頻繁に行っている

まとまった休みがとれると、すぐに旅行に行く人がいます。

年に1回しか旅行しない人よりも年に10回旅行している人の方がリア充であると思われるでしょう。

またその旅行が人が羨むような場所だと、さらにそのリア充度は高いです。

ハワイやニューヨークやニュージーランド!海外に頻繁に行く人は、もうリア充マックスです。

旅行に頻繁に行く人は、やはりそれだけの交友関係とお金があるということです。

また知識や経験も豊富になっていきます。

同じ人生でも、様々な場所で様々な景色を見て経験を積めるというのは、充実以外の何者でもありませんね。

16. 好奇心旺盛

好奇心旺盛な人は、考えるよりも先にまずやってみよう!という思考になります。

あれはなんだろう?
あの人はどんな人だろう?
これは自分にできるかな?

そう思うと居ても立っても居られないのです。

そして深く考えずに行動します。

色んな物に興味があり、そのたびに行動を起こします。

そのため好奇心旺盛の人は、それだけ色んなことを経験しているのです。

いつでも色んなことや人に興味を持って行動できる人を、毎日が充実しているように感じる人が多いのですね。

そのため好奇心旺盛である人は、リア充な人だと思わるのです。

17. KYな発言が多い

自分の生活があまりに充実していると、人の状況や気持ちを考えられなくなることがあります。

自分がハッピーなら皆もハッピー!そんな感覚になってしまうのでしょうか。

例えば女子会をしたとします。

リア充な人は彼氏と順調で同棲の予定まで出ています。

しかしその女子会のメンバーには彼氏と別れたばかりで落ち込んでいる人もいます。

普通であれば空気を読み、自分の話は心に秘めて友達を励ます会にしますよね。

しかしリア充な人は、落ち込んでいる友達の前でも自分と彼氏が部屋を探して幸せだということをペラペラと話してしまうんです。

KY!リア充であるあまりにKY発言!頭が完全にお花畑である証拠です。

リア充であると思われる代わりに、KYであると認定されてもう女子会には呼ばれなくなってしまうでしょう。

18. 実は敵が多い

幸せである人を誰もが微笑ましく思うわけではありません。

リア充で幸せな人には、嫉妬や羨望を抱く人も多いため、実は敵も多くいるのです。

またここまで紹介したようにリア充な人はナルシストやKYである場合も多く、自分でも気が付かないうちに敵を増やしてしまっているのです。

凄く性格が悪いわけではないのに、なぜか嫌われている?なんだか悪く言う人が多い?敵が多くいる?
そんな人はリア充であるがゆえに、敵がどんどん増えてしまったのですね。

19. 人に嫉妬しやすい

リア充な人は、自分がリア充であることを人にアピールしようとします。

このような人はどこかでリア充である自信がない人なんです。

本当は自分はリア充ではない。

けれど、リア充であると思われたい。

そんな思いから自分と他人を比較して、よりリア充である人に嫉妬心を持ちます。

自分よりもリア充?
あの人はなんであんなに幸せそうなの?
そう思うとメラメラと勝手にライバル心を持ち、負けたくないとリア充アピールをするのです。

しかしリア充とは競うものでなければ、アピールするものでもありません。

そう思ってしまった時点でリア充ではなくなってしまうことも多いのです。

20. 自己中である

リア充である人は、自分中心に物事を進めようとします。

自己中だからこそ、満たされる部分もあるのかもしれません。

自己中でない人は、人への気遣いや周囲への配慮をきめ細かくします。

そうすると自分よりも他人を優先させてしまう傾向があるので、100%自分が満足して充実しているといえることが少ないのです。

一方で自己中な人は、何よりもまず自分。

人よりも自分。

自分!
なので自己欲を満たすことが多くできるのです。

そのため充実感を得られることも多いのです。

ただしこれはあくまで自己満のリア充。

周囲の人はそんな自己満のリア充であることに呆れて離れていってしまうでしょう。

21.プライドが高い

リア充アピールをしている人は、プライドが高い人です。

人から幸せそう!と思われることで自分のプライドを保っているのですね。

そのため少しでも自分のリア充が薄れてくると、それを繕うために必死になります。

人から羨望の眼差しで見られるために、リア充である自分を演じているともいえるでしょう。

リア充のアピールを自ら発信している人は、とにかくプライドが高いというのが特徴です。

そのプライドを傷つけないように注意した方が良いでしょう。

本物のリア充になるためには

ここまでリア充の特徴を紹介してきましたが、リア充には本物のリア充と作られた偽リア充があります。

実際にリア充でないのに、そう見せるなんて・・なんだか虚しく悲しいですね。

せっかくだったら本物のリア充になるべきです!

そこでここから本物のリア充になるための方法を紹介していきます。

本物のリア充とは他人の評価ではなく、自分が感じることができるというのが一番です。

「誰がなんと言おうと自分は充実している」その自信があれば、きっと周囲もいつかあなたをリア充な人だと認定していくでしょう。

1. 人のために時間を使うことに喜びを感じる

リア充になるため、自分のために時間を使おうとする人は多くいます。

自分の好きなことをして、自分を磨くために時間を費やす。

これは確かに、自分の欲を満たすことができるので一時的にリア充だと感じることはできるでしょう。

しかしこれでは、気付いた時に1人きり。

なんだか虚しく感じてしまうのです。

本物のリア充になるためには、人のために時間を使うこと。

そしてそれに喜びを感じることです。

家族や友達が困っている、落ち込んでいる時、悩んでいる時。

見返りを求めずに、その人のためにあなたの時間を使ってください。

そうすることで、その人は救われることがあるでしょう。

そしてあなたに感謝と好意を抱くでしょう。

自分の存在が誰かに元気を与えたという事実は、あなたの中の気持ちまで満たしてくれます。

自分にもできることはあるのだと自信にも繋がります。

またいつかあなたに何かあった時には、同じように時間を使ってくれるでしょう。

人のために時間を使い、自分のために時間を使ってもらう。

そうやって人との関わりを深く築いていくことで、本物のリア充になることができるのです。

2. 時間を無駄遣いせず有効に使う

1日お休みができた時、あなたはどのように過ごしますか?
久しぶりの休みだから、お昼まで寝ていよう!なんて思っているようではリア充ライフは送れません。

時間ができた時こそ、その時間をいかに有効に使うかが大切なんです。

まず時間を無駄にしているとは、どのようなことなのか。

それは何も感じていない時間のことです。

楽しい。

面白い。

綺麗。

素晴らしい。

悲しい。

辛い。

このようにどんな感情でも、自分で何かを感じている時間は無駄にはなりません。

そこから発見できることや学べることがあるからです。

何も感じていない「無」の時間は無駄です。

自分にとってなんのためにもなりません。

散歩をして綺麗な空気を吸い「気持ちいい!」と感じる。

それでも良いのです。

時間を無駄にせずにリア充になるための時間を過ごすように意識してみましょう。

3. スキルアップのための努力や勉強を惜しまない

自分を高めていくことは、リア充の第一歩です。

スキルアップのための努力や勉強を惜しまないようにしましょう。

仕事も趣味も経験も・・なんでも現状維持で満足しては、そこで全てがストップします。

今のままで良いと思えば、そこから変わることも学ぶことも高めることも何もありません。

いつかそんな自分が退屈になってしまうはずです。

いつでもスキルアップしようという意識を持って努力や勉強をしていると、常に新しい自分や世界に出会えることができます。

今まで知らなかったことを知り、今までできなかったことができるようになり、そんな新鮮な毎日に満たされるのです。

これは本物のリア充には欠かせない大切なことなのです。

4. いつも笑顔で前向きである

生きていると様々なことがあります。

イライラすることもあれば、落ち込むこともあります。

そんな時でも、まずは笑顔を心掛けること。

これには大きな力があります。

どんな時でも笑顔でいることは自分自身の気持ちを前向きにコントロールする力があるのです。

深呼吸して無理にでも笑ってみましょう。

そして一つの物事を多方面から見て、良い部分を取り上げて前向きな気持ちになれるように考えてみるのです。

例えば、好きな人からメールの返事がこないという時。

何故返事がこないのか。

嫌われたのか。

と落ち込んでしまいますよね。

しかしそんな時でも一度深呼吸して笑顔を作ります。

そして返事がこないのは、忙しいだけかもしれない。

返事の内容を考えているのかもしれない。

そう切り替えましょう。

ダメならダメでその時考えればいい!そう前向きな気持ちをもって過ごしましょう。

悩んで落ち込んで過ごすよりもずっと楽しい毎日が送れるはずです。

5.周りに流されない意志やスルースキルを身に付ける

常に人に配慮をしたり、場の空気を読む人は、自分を疲れさせてしまう場合もあります。

いつでも自分の気持ちよりも周囲のことばかり気にしてしまうからです。

きっと優しくて真面目な人なのでしょう。

しかし時には自分を貫くことも大切です。

人に流されない意志を持ち、どのようなことがあっても何を言われていても右から左へと流させるようなスルースキルを持つのです。

そうすることで、自分自身が自信をもって毎日を過ごすことができます。

そして心に余裕を持つことができることで本物のリア充になれるのです。

6.過去や人と比べない

リア充とは現実が充実しているという意味。

それは自分が今現在幸せだと思えれば、リア充であるわけです。

でも人はすぐに幸せを何かと比較しようとしますよね。

昔の自分と比べて、今の自分は?
友達と比べて、自分は?
比較した結果劣っているところを見つけて、自分は幸せではない。

充実していない。

と思い込んでしまうんです。

しかし比較をすればキリがありません。

上には上がいるし、下には下がいます。

また幸せの基準なんて明確なものはありません。

だからこそ過去や人と比べてはいけないのです。

今は今。

自分は自分。

今の自分がそれなりに満たされていれば、それはリア充であるといえるのです。

7.自分のフィールドでベストを目指す

良い学校に出て、良い会社に入る。

これは周囲からリア充と思われる特徴です。

でも良い場所にいるから本当にリア充であるかはわかりませんよね。

例えば良い学校にいても、成績がいつも下位で劣等感しかないかもしれません。

例えば一流企業に入っても、倉庫整理しかやらせてもらえてないかもしれません。

良い場所にたどり着くことは大切です。

でももっと大切なのは、今いる自分の場所でベストを目指すことです。

一流企業でなくても、その会社でやりがいのある仕事を信頼できる仲間とできれば、それはリア充です。

高いところにいくことだけが全てではありません。

自分のフィールドでベストを目指しましょう。

リア充って素敵な言葉

リア充とはどういう意味?若者が使う言葉の用語解説!を紹介しました。

リア充とは、若者から生まれた造語です。

そこには皮肉や嫉妬など、マイナスな意味もあるのかもしれません。

しかしリア充だと思うことって良いことでもありますよね。

リアルが充実していると自分で感じることって凄く難しいことであり、大切なことでもあります。

だから意識してリア充を目指すんです。

そうすることで満たされることも多いはずです。

リア充って素敵な言葉!だからこそ世間に浸透した言葉なのかもしれません。