人生には様々な出来事があります。

その中には、自分が予期していなかった事が起こる事もあるでしょう。

その為、何も準備をしていないとその時になってあたふたしたりして慌ててしまう事があるかもしれません。

その為、どんな事がおきたとしても対応する事が出来るようにあらかじめ多くの事を気負付けておく必要があります。

とはいえ、いきなり人生を生きる為に気を付けた方が良いと言われたとしても何を気を付ければ良いのか分からない人も多いのでは無いでしょうか。

その子で今回は、人生をより良い物にする為に『気を付けるべきポイント』をご紹介させて頂きます。

いきなり気を付けた方が良いと言われても、何から手を付けたら良いのか分からない事もあるでしょう。

これから紹介する事を参考にして頂ければ、今より必ずや良い人生にして行く事が出来るかもしれません。

これからの人生を充実させるために

人生を決める事が出来るのは自分自身です。

その為、自分が思い描くような人生を進む為にはどんな準備をして行ったら良いのかを常に考えながら行動する必要があるでしょう。

また、より良い人生を得るためには、時として危機管理を行う事も重要です。

その為には様々な事を考え行動していく必要があります。

どんなに恵まれた環境で生きている人でも、自分の人生を他人の意見に任せるような人は本当の意味で幸せになる事は出来ないでしょう。

本当に幸せを望むのであれば、自分の意思をしっかりと持ち行動して行く必要があります。

自分の人生を切り開く事が出来るのは、他の誰でもなく自分自身です。

その事を忘れる事無く、行動していきましょう。

1. 経験者から学ぶことは大切


素晴らしい人生を歩む為には、経験者の意見を聞く事はとても重要なポイントです。

長い人生の中には、様々な出来事が起こります。

それは楽しい事もあれば悲しい事もあるでしょう。

様々な困難にぶち当たった時、人はどうにかしてその状況を打破しようと考えます。

しかしながら、人生経験が浅いとその状況をどうやったら回避する事が出来るかどうかを考えるすべを持ち合わせて居ません。

その為、状況を改善する事が出来ず落ち込んでしまう事も大いにあるでしょう。

しかし、多くの人生経験を持っている人はそれだけ多くの知識をもっています。

その為、その状況を打破する為の素晴らしいアイディアも持ち合わせて居るかもしれないのです。

どんなに悪い状況だと感じるような出来事であったとしても、100%逃げ道が無いと言う事は、本来はありえない事です。

例え当時は八方ふさがりに感じてしまうような事でも、時が経てば解決策を見つける事も出来るでしょう。

経験者に学ぶ事が出来れば、その状況を打破するすべを短時間で手に入れり事が出来るのです。

最近では、核家族が進んでいる事もあり年上の人との関りがある事も少なくなってきました。

しかし、本来は人間は年長者から様々な知識を受け継ぎ生きてきた生き物です。

多くの文明の利器が発達した事で、人間同士のコミュニケーションがすたれてきつつありますが、本当に良い人生を歩んでいきたいと考えて居るのであれば、年長者の意見をしっかりと聞く必要があるでしょう。

2. 気を付けるだけで人生は好転する

人間には様々な癖があります。

それは人生全体に対しても言える事です。

その為、いきなり自分自身の人生を良いものにしようとしたところでそう上手くは行かないかもしれません。

変化をすぐに感じる事が出来ないので、考える事を止めただただ流れに身を任せてしまうようになってしまうかもしれません。

しかし、人間の気持ちと言うのは以外にも簡単に変化をする物です。

その為、何かについて『気を付ける』だけでも自分自身の人生を良い方向に向ける事が出来るでしょう。

例えば、無理やりでも笑顔を作って居る人が、体の免疫力を上げる事が出来る様に例えそれが無理してやっている事でも、結果はきちんと出てくるのです。

最初は無理やりやっていたような事でも、時が立てば自然と出来る様になる事もあるでしょう。

最初はなかなか変化を感じる事が出来ずに、辞めたくなる事もあるかもしれません。

しかし、長い時間をかって行く事でそれは確実に自分の力になっています。

すぐに変化を求めるのではなく、ゆっくりと成長して行く事を望んでみてはいかがでしょうか。

人生で気を付けるべき21個のこと


長い人生色々な事があります。

それらに対応して行くには心の準備が必要でしょう。

また、自分の人生をより良い物にして行く為には、様々な心構えをもって行動して行く必要があります。

それらに気を付けながら行動をする事が出来れば、人生は今より確実に好転して行く事でしょう。

人生を決める事が出来るのは、他の誰でもなく自分自身です。

より良い人生を歩む為には、時には様々な事を気を付けなければ行けない事もあるでしょう。

一見面倒に感じるような事でも、それらを意識して行動する事が出来れば、人生は大きく好転して行く事でしょう。

今までなかなか自分の人生が思うように行かないと感じて来た方も、気を付けるポイントをしっかりと押さえる事で今後の人生を変えて行く事が出来る様になるかもしれません。

是非参考にしてみてください。

1. 嘘をついてはいけない

人は、自分を信用して話をしてくれる人に対して心を開く物です。

その為、ウソばかり付いている人に対しては自分も心を開こうとは思わない物です。

本当に自分の事を相手にも分かって欲しいと言う気持ちがあるのであれば、まずはうそを付かずに素直に相手に対して話をする事がとても大切です。

今の社会は、真面目に生きている人程悲しい思いをする機会が多い世の中となってしまっています。

その為、自分の気持ちを守る為にも本心を人に話さないと言う人も多く居ます。

しかし、皆が皆それをしていては、次第に国中が険悪なムードになってしまう事でしょう。

例え傷つく事があったとしても出来るだけ人には誠実で居るべきです。

常に誠実な行動を取る事が出来ていれば、周りの人たちも自然とその気持ちに答えてくれる様になるでしょう。

自分が変わる事で、相手を変える事が出来る様になるのです。

その為には、まずは嘘をつかずに行動する事がとても重要です。

1. 優しい嘘は仕方がない

『ウソを付く』と聞くと誰しもが悪い事を想像します。

確かにウソを付く事によって誰かを傷つける事になってしまうとすれば悪い嘘です。

しかしながら、嘘は必ずしも100%悪いものではありません。

中には優しい嘘と呼ばれる物も含まれて居るのです。

優しい嘘と言うものは、本音を言う事で相手を傷つけてしまうような時につくウソの事を指します。

例えば、自分の為に作ってくれた料理がまずかったとします。

その事に対して本音を言うのではなく『美味しかった』と言ってあげる事は、ある意味嘘と言えるかもしれません。

しかし、その事によって相手の気持ちを大事にする事が出来るのです。

自分の為につく嘘は、多くの場合さほど良いウソとは言えないでしょう。

しかし、他人の為につく嘘は多くの場合が優しい嘘の場合が多くなっています。

子供の頃は、どんな状況であったとしても嘘は行けないと教えられてきました。

しかし、大人になるにつれ時には嘘も必要だと言う事に段々と気が付いて行くのです。

2. 一度嘘をついたら負のスパイラル

ウソをつく事は、基本的にはいけない事です。

これは、誰しもが子供の頃から言われてきた事でしょう。

子供の頃の嘘は、まだ可愛い物です。

すぐに親にばれてしまう事もあり被害を広げる事はありませんでした。

しかし大人になると嘘はドンドン巧妙になっていきます。

その為、真実を知らなえればその嘘を見極める事が出来なくなってしまうでしょう。

最初は自分の為についた嘘だったとしても、それは次第に自分自身を苦しめる事に繋がります。

というのも、一度ウソをつくとその嘘を隠す為にまた新たにウソを重ねる事になります。

ドンドンと嘘を塗り固めて行く事で、次第に本当の事を言う事が出来なくなってしまうのです。

また、最初は可愛い
小さな嘘だったものが、いつの間にか大きくなり後に引き返せなくなってしまう事もあるでしょう。

その為、一度嘘をついたら負のスパイラルに入ってしまう事も珍しい事ではありません。

嘘をつけば、その場しのぎにはなるかもしれませんが、それを繰り返して居ては何も解決する事は無いでしょう。

例え、自分に不利益がおきようと嘘をつかずに過ごす事の方がずっと大切な事なのです。

2. 不倫はたくさんの人を不幸にさせる大罪

最近では不倫の話を聞かない日はないと言っても過言ではない程、不倫の話を良く聞きます。

一般人の人は勿論ですが、近年では芸能人の方型不倫や浮気が大きく撮りだたされています。

有名俳優や有名ミュージシャンからアイドルに至るまで、ありとあらゆる人が不倫をスクープされました。

その中には、オシドリ夫婦として知られて居るような方々も居た事から、大きな話題となりました。

日本は一夫多妻制ではありません。

その為、一度婚姻を結んだ場合例え他に好きな人が出来たとしても先に結婚した人と別れなければ次の人と付き合う事は認められて居ません。

しかし、人間は本能で生きる生き物です。

例え、倫理上は認められて居ないような事でも気持ちが動いてしまえば突き進んでしまう事もあるかもしれません。

不倫で得る事が出来るのは一時の幸福感です。

しかし、その不倫がばれて閉まった時その後に残るものは一体何でしょうか。

家族が崩壊し、全てを失ってしまう事も感がられます。

また、子供が居る人の場合は確実に子供を傷つける結果となるでしょう。

不倫をする人は、意思が弱い人と言わざるを得ません。

また、自分自身の事しか考えて居ないからこそそんな軽率な行動を取る事が出来るのでしょう。

相手の気持ちや将来の事・子供の事などを考える事が出来る人はそう簡単に不倫などしません。

より幸せな人生を歩みたいという思いがあるのであれば、不倫をしない事をお勧めします。

3. 世の中はあなた中心に回ってはいないことを自覚しよう

子供の頃、誰しも自分は世界の中心だと思っていた時期があるのでは無いでしょうか。

それは奢りや過信などではなく、それだけ視野が狭く周りの事を見る事が出来て居ない為に起こる志向です。

その為、それは悪い事ではありません。

そこから様々な事を経験して行く中で、自分の存在と社会都の繋がりを学んで行く事が出来る為です。

しかしながら、大人になってもごくまれに世界の中心は自分自身だと勘違いしているような人がいます。

そんな人が周りに居ると、そのワガママな言動から周りの人がウンザリしてしまう事間違い無しです。

更に、横柄な態度を続けて居ては次第に周りから人が離れて言ってしまう事でしょう。

友人は大人になってから作る事はとても難しく、なかなか心を開いて話をする程の人には出会う事が出来ないでしょう。

その為、そんな大事な友人達が離れてしまわないようにする為にも、自分自身の考えをしっかりと改めておく必要があるでしょう。

4. 自慢話や人の悪口は厳禁!

人間は、醜い部分を持った生き物です。

その醜い部分の中には、相手を嫉んだり羨んだりする気持ちがあるでしょう。

その気持ちを大きくしてしまうと、円滑な交友関係を築く事は出来ません。

『人は人。

自分は自分』そう考える事は簡単なように見えて、とても難しい事です。

しかし、それを行う事が出来るかどうかであなたの人生は大きく変わって行く事でしょう。

人と話をする時は、自分の自慢話は勿論他の人の悪口を絶対に言わない様にしましょう。

他人の話は、時として盛り上がる事があります。

『他人の不幸は蜜の味』と言う言葉がある程、人間は本来人の悪口が大好きな生き物です。

しかしながら、それを率先して話す事は自分を言われる可能性あがあると言う事を指します。

あなたがおもしろおかしく話していた事を、噂された本人が聞いたらどうでしょうか。

必ず、仕返しとして自分自身も悪口を言われるようになってしまいます。

負の感情は連鎖します。

人にされて嫌な事は自分自身もしては行けないのです。

安定した人生を歩む為には、他人との関係性も大変重要なものがあります。

周りの人と、より良い関係を築いていこうと考えるのであれば、他人の悪口は自分の心の中だけに留めておく事をお勧めします。