趣味はダイエット!っていうくらい、毎年、毎日しているし知識もそこそこある。

だけど、いつも目標体重までいかなくて、気がつけばモリモリ食べている。

そして深い自己嫌悪に陥る。

こんな悪循環に悩まされていませんか。

他の人のスタイルを見てはため息をついて、挙句の果ては”もういいや”と自分に諦めの烙印を押してしまったあなた!諦めないでください、今ここで諦めてしまっては一生ダイエットが成功しませんよ。

痩せたいのは皆同じ、一緒にどうしたら痩せるか考えましょう。

今度こそダイエットに成功したいあなたへ

ダイエットは「習慣」を正す事で、やせる身体を作っていきます。

だから、今までの自分の生き方を見直すチャンスでもあります。

そしてダイエットは目標体重になれたから、そこで終わりというものでもありません。

厳しく言うと、目標体重に達してからが本番と言ってもいいでしょう。

目標体重まで痩せたからと言ってダイエットの習慣を止めてしまえば、リバウンドが待ってます。

リバウンドした身体は中々減ることができません。

ダイエットをし続けろといっても、ずっと体重を減らせという事ではありません。

自分で「太らない習慣」を作っていかなければなりません。

そのことを心構えとしてダイエットを行っていきましょう。

理想の自分はきっとすぐそこにいますよ。

1. ダイエットに失敗する理由


ダイエットに失敗するたびに、「私って、ダイエットに向いていないのかな?」だなんて、勝手に思っていませんか?ダイエットに向いていない人間なんていないんですよ。

誰もがダイエットを適正に行えばちゃんと体重が落ちていくのです。

人それぞれ、生活スタイルというものはあると思いますが、痩せる為の基本さえきちんと守れば大抵の人は痩せられますし、停滞期などの期間を除いて、痩せられないと言っている人にはやはりなにか守っていないルールや原因があります。

以下のことがあなたに当てはまっていませんか?
もし当てはまっていてたら、自分の生活を見直してみてください。

1. 運動が面倒くさい

運動はぜひやってください。

食事だけで痩せようだなんて絶対に思わないでくださいね。

食事だけでも確かに痩せるのですが、運動をしないと筋肉が付かずに体重が落ちても、痩せたように見えないからです。

もしくは体重が10キロも落ちたのに筋肉が無い為に「おばあさん」みたいな身体のように見えてしまうのです。

これではせっかくダイエットしても淋しい結果になってしまいますよね。

それと運動をしたほうがいいと言われている理由に、食事制限+運動で、食事制限だけのダイエットより体重の落ち方が早くなります。

確かに運動は面倒くさいです。

でもよく考えてください、その面倒くさがりがあなたを「デブ」にしてしまったのです。

もし最初から運動がスキだったら、ダイエットする必要もそんなになかったでしょう。

大げさな事はしなくても良いのです。

ジムにかようとか、今流行の結果にコミットするような所に行かなくても大丈夫です。

いま自分がいる場所で可能な限り頑張ればよいのです。

ウォーキングしたり、近所の市民プールに行ったり、家の掃除を汗をかきながらすみからすみまでするとか。

動く方法はたくさんあります。

とにかく動いてカロリーを消費しましょう。

2. 生活が不規則で体内時計が狂っている


人間の身体には「体内時計」があります。

時計なんか見ていないのに、朝になれば自然と目が覚めたりしますよね。

これは自分の中の体内時計がそうさせているのです。

この体内時計が狂ってしまうとダイエットを一生懸命していても上手くすすまない場合があります。

人間には本来生まれもった体内時計のリズムがあります。

これを正常化することでダイエットしやすい身体になれます。

生活が不規則でそれが習慣となってしまている人は、仕事や学校が休みの日でよいので前の日に早く寝て、次の日の朝の七時までに起きる練習をしましょう。

こうすることで、脳がリセットされて内臓も動くべき時間に動いてくれるので、昼間の間は腹八分目のバランスのとれた食事なら太ることがなくなるのです。

3. 食事の時間が遅い

仕事でどうしても遅くなってしまい、食べる時間も当然遅くなる。

現代の忙しい日本ではそんな人が多いでしょう。

おまけに同僚と呑みにいってそのあとラーメンを食べてしまったり。

わかります、夜中に近い食事ほど美味しいんですよね。

でもダメです、絶対に。

でもこれは誰に言われなくても皆知っていることですよね。

夜遅くの食事は太るという事実。

しかしいま一度、どうして遅い時間の食事が太る原因となるのか、それは夜遅くに食べてしまうとカロリーを消費する時間が足りなくなるからです。

この一言に尽きると言ってもいいでしょう。

一日仕事をして疲れて帰ってきてご飯を食べたら、眠くなるでしょう。

この間、三時間もないはずです。

たった三時間足らずでは、食べたものを消化できないどころか、脂質や糖などが脂肪として体内に溜め込まれて体重がどんどん増えていくという仕組みなのです。

どうしても遅くに食べたい場合は消化の良いカロリーの少ないものにしましょう。

4. 朝食を食べない

なぜ朝食をとらないと太ってしまうのか、一食食べないってことだから逆に痩せるんじゃないの?って思われがちですが、朝食はダイエットに必要です。

朝食を抜いてしまうと、その反動で昼食をたくさん食べてしまう可能性が出てくるからです。

いっぺんにカロリーをたくさんとってしまうと体重増加につながります。

朝食を食べたくない人は胃もたれをしているのかもしれません。

そういう人は、前日の夜の食事が遅かったり、消化の悪いものを食べていたり、生活が不規則な可能性があります。

いつも朝食をとっていない人は、一度生活習慣を見直すことをおすすめします。

5. 意志が弱くダイエットが続かない

ダイエットに精神論は必要か否か。

そう問われたら当然、イエスと答えます。

まずは「痩せたい!」という強い思いがなければこのダイエットという偉業は果たせません。

世の中には甘い誘惑がいっぱいですからね。

でも一番、甘い誘惑を出しているのは自分自身です。

「チョコ食べる?」と聞かれて、食べるか食べないか決めるのは自分だし、限られた時間の中で時間をやりくりして空いた時間で運動をするか、ゴロゴロするか決めるのも自分。

何をどうするか決めるか、決定権は全て自分にあるのです。

とはいえ、「付き合い」を断りきれない場合もあるでしょう。

だから普段から、なにか不測の場合が起こったときのために、「痩せ貯金」をしておくのです。

今夜、飲み会がある、たくさん料理が出て誘惑に負けそうと思うなら、朝からカロリーを控えた食事にしておくとか、飲み会の次の日は運動でカロリーを消化するとか、どこかで体重や接種カロリーを帳尻合わせられるようにしておくと、食べた後でも罪悪感に苛まれることは少ないでしょう。

痩せたいなら試したい22個のダイエット方法

ダイエットをするなら方法は一つに絞らなければダメ。

なんてことありません。

ダイエットは複合型で頑張ると、ダイエットに飽きることなく続けられます。

ここでは22個のダイエット方法をお伝えします。

好きなものを選んでぜひ実践してみてください。

きっと楽しくていつの間にか痩せていますよ。

1. エレベーター禁止ダイエット

エレベーター禁止!これは効きそうですね。

学校でも職場でもどこにでも階段はあります。

ついついいつもの感じでエレベーターに乗りそうですが、そこはぐっと抑えて階段をテクテク登りましょう。

階段を利用すると脚に筋肉が付きふくらはぎがダルンダルンにならずに引き締まるし、足首もキュっとなってカッコいい脚になりますよ。

どんなに痩せていても脚が大根のように真っ直ぐだったら色気がありません。

それと階段を利用するのはダイエットに限らずとてもいいことです。

人間の身体は脚から衰えると言われており、脚に筋肉を付けておかないと、自分では脚を上げて障害物を避けているつもりでも、ちょっとした段差で躓いてしまったり、最悪何も無いところで転んでしまうなんてこともあります。

足腰は普段から絶対に鍛えておくべきです。

2. ダイエットスリッパを活用

ダイエットスリッパってなに?って思っている方、最初にこのスリッパを見たらビックリすると思います。

だってとても小さいから。

踵がないんですよ。

幅は普通なんですけどね。

どうして踵がないのかといいますと、このスリッパを履くと爪先立ち状態になり、前にかかった重心を元に戻そうとバランスをとるため、本来の正しい姿勢になるのです。

もちろん利点はこれだけじゃありません。

むくみ解消

爪先立ち状態になることで、ふくらはぎの筋肉の運動量がふえて血行がよくなりむくみを改善してくれます。

全身に適度に力が入る

爪先立ちになり、自然と正しい姿勢を保とうとする事で背中やお尻にも意識せずに力が入り、引き締め効果が出てきます。

美脚効果

爪先立ちになっているので、脚からつま先まで力が入り筋肉が作られて美しい曲線の脚を作ることができます。

脚の鍛え方はたくさんありますが、これなら家にいて気楽に鍛えられることができますよ。

3. バランスボールを椅子にする

ホームセンターでも売られているのをよく見ますよね。

でっかいボールにポヨンポヨン乗って楽しいそう!そんな風に見えますが、実はこれ結構ハードなんですよ。

でもバランスボールは利点がいっぱいです。

まず、インナーマッスルを鍛えられます。

インナーマッスルとは、骨の内側、身体の内側に付く補助的な筋肉のことで、これを鍛えると見た目が美しく締まり、基礎代謝量も増えて体脂肪を燃焼してくれやすくなるのです。

腰痛持ちの人にもおすすめで、バランスボールで鍛えると腰を支える腹筋や背筋も鍛えられて腰痛が楽になります。

その他にも、椅子代わりに使うのも良いでしょう。

テレビを見ながらでも鍛えられるのでとても手軽です。

バランスボールのエクササイズ方法はたくさんあります。

もし初めてバランスボールを買う場合は、エクササイズ方法がわかるDVD付きのを買うとスムーズに楽しく始められるでしょう。

4. 1食置き換えダイエット

一食置き換えダイエットとは、三食のうち一食を低カロリーなものにする方法です。

ファスティング、いわゆる断食などは敷居が高いし、意思を貫けるかどうかわからないしルールを守らなければリバウンドしてしまうから怖いと思う方は、この置き換えダイエットをしてみると良いでしょう。

この方法でダイエットをすると、三食を摂取したカロリーよりも300カロリーくらい減らせますので、一ヶ月ではだいたい1キロぐらい減るでしょう。

ん?1キロしか減らないの?と思ってしまうでしょうが、これは置き換えだけをした場合です。

一ヶ月にもう少し痩せたいと思う方は、運動をプラスしてください。

効率よく減らすことができますよ。

5. 夜8時以降食べないダイエット

みなさんの就寝時間は何時ですか?夜8時以降に食べないダイエットは、就寝時間が成功のカギと言えます。

食事をしてから寝るまで3時間はおいてください。

だから、7時に食べて9時に寝るのはダメです。

食後から三時間経つと胃に負担がかからないし、安眠効果も出てきます。

それに対して、食べてから寝る時間が早いと、胃袋のものを消化しようとずっと胃腸が動いている状態なので身体が休まらず新陳代謝も悪くなり太りやすくなります。

それと、夜遅くに何か食べようとする人がチョイスする食べ物は何故か高カロリー物が多いのです。

寝るまでにカロリーを少しでも消費できると良いのですが、寝る時間まで短ければそうもいかないでしょう。

なので、もし夜8時以降に何か食べたいのであれば、消化の良い物にしてください。

でも、一番いいのは「我慢」することです。

食べる我慢を身につけることが、これからのダイエットに大変役立ちますよ。

6. 夜ヨーグルトダイエット

夜ご飯の変わりにヨーグルトを食べるだけです。

ダイエット効果は、22時から2時の間が腸がとても活発に動く時間帯なのです。

この時、善玉菌の餌である乳酸菌が少ないと腸内環境が整わず翌朝、スムーズな排便を促す事ができません。

そこで登場するのがヨーグルト。

このヨーグルトダイエット、いくつか守ってもらいたいルールがあります。

・プレーンヨーグルトにすること
・ハチミツや果物を入れないようにする、糖分は入れない
・200グラム食べる
・出来れば電子レンジで1分ほど温める

そんなに難しくないルールなのですが、
普段プレーンヨーグルトを食べなれていない人は、200グラム食べきるのは辛いと思います。

だからといって、食べやすいようにハチミツや果物を入れてしまうと糖分の摂りすぎで逆に太ってしまうリスクが出てきてしまうので、やはりそのままで食べるのが良いです。