人間には色々なタイプがいます。

皆違って皆良いという言葉がある様に、人と全く同じである必要はありません。

自分は自分らしくそのまま生きていけば良いのです。

ですが、性格によっては人生を損してしまう可能性もあります。

そんな事態を防ぐ為には、自分自身の事を良く理解しておく必要があります。

自分の事を理解していれば、とっさの時に気を付ける事が出来るからです。

人に合わせて自分を変える必要はありませんが、自分の為には時には注意を払って生きる事はととても大事な事です。

いろいろな性格がある中で、注意が必要な性格の一つが『思い込み』が激しい人々です。

思い込みが激しいと、本当はそんなに大事件では無いにも関わらず大事件のように感じてしまう事があります。

周りの人との温度差が出来てしまい、一人孤立してしまう事もあるかもしれません。

その為、何か行動を起こす前には第三者の気分になって見極める事がとても重要なのです。

そこで今回は思い込みが強い人の特徴やそれを治す為にはどうしたら良いかをご紹介させて頂きます。

思い込みが激しいと人生で損をします!

性格には様々なものがあります。

心配性・勝ち気・前向き・人見知りなどなど。

例を挙げだしたらきりが無い程です。

その多くが『個性』として受け入れられています。

例え同じ年齢で同じ地域に住んでいたとしても、人の性格は全く異なります。

それは兄弟や親子など血の繋がった人同士でも同じ事です。

人間の性格を作り出しているのは、元々の性格は勿論育った環境や出会った人々など、今まで生きてきた全てから作られています。

その為、同じ性格をもって生きている人は一人として居ません。

ですので、私たちは様々な性格の人が居る世界で自分を表現しながら生きていかなければならないのです。

多くの性格がある中で、時には自分自身で注意しながら生きていかなければ注意しなければならないような性格もあります。

その一つが、思い込みの激しい人間です。

思い込みが激しいと言う事は、事態を勝手に大きく捉えたり、全く違った方向に勝手に一人で行ってしまう可能性もあるのです。

その結果、しなくてもいい苦労を一人でしてしまったり周りに迷惑をかけてしまう可能性があります。

最悪、一人で被害を受けるのであれば自分自身で招いた種なので仕方のない事かもしれませんが、他人を巻き込んでしまう事は良くありません。

そのせいで周りから人が居なくなってしまう可能性も否定出来ません。

そうならない為にも、自分自身の性格を理解して対処方法を学んでいく必要があるでしょう。

1. 思い込みが強くなる原因とは?


人間の性格が作られる原因は一つではありません。

人生の中で様々な経験をして、その事が自分の中で蓄積し性格と言うものが作られて行きます。

例え同じ経験をしたとしても、人によって考え方や物の味方と言うものは違う物です。

その為、人それぞれ違った形となって自分の体の中に様々な形となって残って行きます。

その為、思い込みが激しい人が作られれる原因もまた一つではありません。

これをしたからと言って、思い込みの激しい人が作られるという事は言えません。

しかしながら、ある程度の理由想像する事もまた事実です。

その為、その原因となる事を防ぐことで思い込みの人を作らない様にする事は出来るかもしれません。

今既に思い込みが激しい人は今更変更する事は出来ないかも知れません。

しかしながら、これから子育てをする人などは、自分自身の子供に対して思い込みが激しい人にならない様に気を付ける事は出来るでしょう。

人は自分の事だけ考えて生きればいいと言うものではありません。

いつの日か、結婚をして、子供を授かる時がやってくるかもしれません。

その時、周りに迷惑をかける事無くその子が生きやすい環境を作って挙げる事がとても大切です。

その為にも、原因を究明しておく事はとても必要な事だと言えるでしょう。

1. 自分の価値観に自信がある

自分に自信を持っている事はとても素敵な事です。

最近では、自分に自信がなく、何事に対しても全て人任せにしてしまうという人も居るでしょう。

それに比べれば、自分に自信があり何事も自分で決める事が出来る人という人は素晴らしく、それだけ自分の人生に責任をもって過ごしている人とも言えるでしょう。

しかしながら、何事も過ぎてはイケません。

どんなに自分自身に自信があるとしても、他人の意見を聞き入れる事が出来なくなってしまってはそれはそれで問題があります。

人は完璧ではありません。

自分では間違いなどありえないと思っているような事でも、気が付かないうちにミスをしている事ってあるかもしれません。

また、多くの人の意見を聞き入れる事によって、自分の中にはなかった新たな考えを手に入れる事が出来る様になるかもしれません。

人として成長して行く為にも、他人の意見を聞く事はとても重要な事なのです。

独りよがりの人の多くは、他人の意見を聞かないという特徴があります。

他人の意見を聞かないからこそ、自分の意見の間違いに気が付く事が無く結果として独りよがりになってしまうという事もあるでしょう。

自分の意見を大事にしつつも、他人の意見をしっかりと聞く事が出来る人間を目指しましょう。

そうする事で、人間としての器が今より更に大きくなる事でしょう。

2. 親の教育の影響


子供の頃、親の言う事は絶対でした。

それが例え理不尽な事であろうと、幼い頃は気が付かない物です。

その為、子供は親の影響をダイレクトに受けます。

大人になってから、自分の家がおかしかったと気が付いたとしても、幼い頃に受けた影響はそう簡単に消えるものではありません。

その為、その時の考え方や行動によって、思い込みが激しく独りよがりの性格になってしまう事があります。

特に、親のしつけが甘く善悪をきちんと教えられて居ない人は往々にしてそういった傾向に陥り易いと言われています。

自分のやる事成す事を全て肯定され、全てを与えられてきて育った人は自分が世界の中心のような錯覚をお越してしまいます。

子供のうちはそれで問題なかったかもしれませんが、大人になるとそうは生きません。

自分が100%ただしなどと言う状況はありえない為、挫折を味わう事になるでしょう。

挫折を味わった事で、自分自身の間違いに気がつく事が出来ればまだ救いようがありますがそれにも気が付かず『周りが悪い』『私は正しいのに』と考えてしまう人は、更に独りよがりが激しくなりどんどんと孤立して言ってしまう事でしょう。

自分の子供は可愛いものです。

自分の手の届く範囲に居るうちは出来るだけなんでも与え幸せに過ごさせてやりたいと思うのが親心と言うものです。

しかしながら、愛情でやっていた事が実は将来子供を困らせてしまう事にもなるかもしれません。

その為、心を鬼にしてしっかりとしつけを行う事も人を育てる上では重要なポイントです。

2. 人間関係をうまく構築出来なくなる

思い込みが激しい人は、それだけ自分の世界で生きていると言う事にもなるでしょう。

その為、周りの人の迷惑などに気が付いていない場合があります。

何か問題が起きた時も『自分は悪くない』と逃げ出してしまう事だってあるかもしれないのです。

そんな事を続けて居れば間違いなく周りから人は離れて行く事でしょう。

子供の頃は、多少変わった性格であったとしてもそれなりに友人関係を作って行く事が出来たかもしれません。

しかしながら、大人になるとそうはいきません。

付き合う人間は、何も友人ばかりでは無いからです。

心を許した友人であれば『いつもの事だね』と流してくれるような事も、仕事ではそうは行かないからです。

ドンドン孤立していき、仕事がまわらなくなってしまうかもしれません。

自分に被害が来るだけならまだしも、ママ友などで浮いてしまうと子供にも影響が出る可能性があります。

思い込みの激しい性格は、人間関係を円滑に進める為にはとても厄介な存在です。

それによって自分のみならず、家族にまで影響が出てしまう可能性がある事を忘れてはイケません。

人間関係は生きていく上で、切っても切れない物なのです。

3. 周囲の人が注意してもなかなか治らない

思い込みが激しい人というのは、それだけ自分に自信がある事の現れでもあります。

その為、他人の意見を聞き入れることが出来にくいという特徴があります。

例え、思い込みが激しい性格について誰かが指摘を指摘してくれたとしてもそれを受け入れる事が出来ないのです。

最近の日本は、他人を怒る事が少なくなりました。

虐待や体罰・パワハラなど度を越えた注意をする人が多くなってしまった事もあり、世間が『注意』する事に対してとても敏感になっています。

その為、なかなか他人に怒る事が出来なくなってしまっているのです。

勿論、虐待や体罰・パワハラなどはあってはならない事です。

周囲がそのような状況にならないようにしっかりと目を光らせておく事はとても大事な事でしょう。

しかしながら、だからと言って全く怒る事が無いというのもまた、問題です。

自分の欠点は、自分では分からないものです。

他人に指摘されて初めて気が付くと言う事もあるでしょう。

その為、注意される事全てが悪い事とは限りません。

もしあなたが何かに注意を受けたら、意地悪として捉えるのではなく、自分の為に伝えてくれた言葉として前向きに捉えて見てはいかがでしょうか。

そうする事によって、自分自身を成長させる事が出来るかもしれません。

4. 自分で気付くことが一番の処方箋

思い込みが激しい人の大きな特徴は、自分に絶対の自信を持っている事です。

自分に自信があるからこそ、思い込みが激しくなると言っても過言ではありません。

その為、自分に自信があり過ぎる余り、つい人の話を真面目に聞かないような態度をとってしまいます。

その為、例え誰かが注意をしてくれたとしてもそれについて受け入れる事が出来ず、態度を改める事が出来ないでしょう。

もし、思い込みの激しい人を改善させようと思うのであれば自分自身で気が付かせる事がもっても効果的な方法です。

自分の中にある絶対の自信が間違ている事に気が付かせ、その自信を打ち砕くのです。

そうする事で、他人の意見も素直に聞く事が出来る様になるでしょう。

思い込みの激しい人は、他人から何を言われても気にしないという強靭な精神をもっています。

その精神に働きかけを行う事は注意する側が疲れてしまうでしょう。

その為、そんな時は無駄な努力を止め本人が気が付くのを待ちましょう。

自分自身を変えたいと思った時、初めて思い込みの激しい性格を治すチャンスがやってくるかもしれません。

思い込みが強い人の特徴6選

ここまでは、思い込みが激しくなってしまう原因についてご紹介させて頂きました。

それにより、今後もしあなたがが子育てをする時などの参考にする事が出来るようになるかもしれません。

しかし、思い込みが激しい性格に育ってしまってからでは、後から改善しようにもそう簡単には行かない物です。

思い込みが激しい人は、それだけ周りの人にも迷惑をかけています。

その為、出来るだけ関わりたくないと思うのが本音です。

そこで、次は思い込みが激しい人の特徴についてご紹介させて頂きます。

あなたの周りに居る人の中には、どれくらい当てはまる方が居るでしょうか。

そのすべてが思い込みが激しい人とは言えませんが、その可能性が大いにあると言えるでしょう。

出来上がってしまった性格を治すのにはとても時間がかかる物です。

大事な人であれば、一緒にそれを改善しようというような気持ちにもなるかもしれません。

しかしながら、さほど親しい間柄の人でなければ関係を断ち切ってしまう事も一つの手段かもしれません。

深い中になってしまうと、なかなかな関係を断ち切る事は出来ません。

警戒をしておく為にも、思い込みの激しい人の特徴を掴んでおく事は自分自身の為にも大切な事でしょう。

1. 気が短い

気が短いと言う事は、それだけ相手の意見を聞いていないと言う事になります。

もし本当に相手の意見をしっかり聞いているのであれば気が短いとは言われないでしょう。

しかし、何かのきっかけによて勝手に怒りだしてしまう人は、相手の話を半分しか聞いていないと言う事にもなります。

また、気が短い人の特徴として自分の意見が正しいと思っている所があります。

これも思い込みが激しい人の特徴とリンクしています。

自分の中で正しい意見があるからこそ、それに合わない意見を言われて怒りだしてしまうのです。

自分の意見を持つ事は大事な事ですが、相手の話を聞く事を忘れてはいけません。

2. 喜怒哀楽が激しい

人間には様々な感情が備わっています。

それは、喜怒哀楽として分類されており動物の中でもそれほどまでに細かく感情を使い分けるのは人間しか居ないと言われています。

その為、喜怒哀楽がある事は人間として当たり前の事と言えるでしょう。

しかしながら、何事も過ぎてはいけません。

喜怒哀楽が激しすぎる事で、周りに居る人間を振り回して居る事に気が付きましょう。

そこに思い込みが激しい性格が加わってしまう事で、更に周りは混乱します。

実際は大したことが無いにも関わらず、本人だけが大きな出来事のような気持ちになって大騒ぎを初めてしまうのです。

そんな事が何度も起こるようでは、周りの人がウンザリして離れて言ってしまったとしても当たり前と言わざるを得ません。

もし、あなたの周りに居る人の中で喜怒哀楽が激しい人がいるのであればイチイチ相手にするのは止めましょう。

それをしてしまうと、あなた自身の心が疲れてしまいます。

『そういう性格の人なんだ』とたかをくくり聞き流す事も重要です。

身を守る為には、相手の性格を理解し受け流す事も大事なポイントです。

3. 自己中心的

思い込みの激しい人の多くは、自己中心的でもあります。

自分の事しか考える事が出来ないからこそ、思い込みの激しい人間になってしまうのです。

どんな場面においても、自己中心的な人は周りの人から嫌われてしまう傾向にあります。

その為、ドンドンと人間関係を築いて行く事が難しくなってしまうでしょう。

もし、自分の性格が自己中心的だと思うのであればそれを改善する努力をして行きましょう。

それをしなければ本当に一人になってしまうかもしれません。

周りの人が分かってくれない。

こうなってしまったのはあの人のせいだと思う事すらも、あなたの思い込みかもしれません。

思い込みが激しいと言う事は、それだけあなたを生きにくくしていると言う事でもあります。

自分の思うとおりに生きる事は一見気軽な様にも見えますが、その代償は以外にも大きく結局は自分自身を苦しめる事にもなってしまうかもしれません。

自分の為にも、自分の性格を冷静に判断し、出来るだけ改善する様に勤める努力をして行きましょう。

4. 自分を客観視できない

人は大から少なかれ、自分本位で生きています。

結局、最後に可愛いのは自分なのです。

それは、人間の本能であり当たり前の事かもしれません。

自分が死んでしまうかもしれないという時、よっぽど大切な相手では無い限り、他人を助けようとは思わない物です。

その為、自分を大事にし自分を一番に考える事は悪い事ではありません。

しかしながら、自分を大事にするあまりついつい自分自身を見失ってしまってる人も多くいます。

他人から見れば滑稽な事も、自分では気が付く事が出来ず大真面目におかしな事をしている事だって十分に考えられるのです。

その為、生きていく中で自分自身を客観的に見る事が出来るかどうかはとても重要な事です。

どんなに自信がある人でも、時には間違いを起こしてしまう事もあるでしょう。

そんな時、自分を客観的に見る事が出来れば、誰かに指摘される前に自分でその間違いに気が付く事が出来ます。

しかしながら、自分を客観視するこ事が出来ない人は、その間違いに気が付く事が出来ずそのままつぱしってしまう事になるでしょう。

自分の間違いに気が付く事は以外にも難しい事かもしれません。

しかしながら、他人に言われて気が付くよりも、自分自身が気が付く事の方がよっぽど人間を成長させる効果をもっています。

その為同じ事に気が付くのであれば、自分自身を成長させる方が良いとは思いませか?その為にも
自分を客観視する事はとても需要な事なのです。

5. 人に厳しく自分に甘い

世の中には、色々な人がいます。

時には理不尽な行動を取る人も居る事でしょう。

その人に対して自分の意見をいう事は、悪い事ではありません。

最近では、他人に注意する機会が減っています。

その為、何か言いたいことがあったとしても言わずに過ごしてしまう事もめずらしい事ではありません。

自分の意見を相手に伝える事で、分かり合える事もあるでしょう。

しかしながら、相手を注意するのであればまず自分の行動を改める事が重要です。

自分自身が出来て居ないにも関わらず、相手に正論を述べた所で相手には気持ちは伝わる事は無いでしょう。

そればかりか、反対に言い返されてしまう事だってあるかもしれません。

相手を注意した異と思う時は、まずは自分がしっかりしましょう。

人に厳しく自分に甘いという人は、どの世界にも居るものです。

そんな人が周りに居るとついイライラしてしまう事もあるでしょう。

そういう人たちは、他人には理解する事が出来ない、独自のルールで生きているのです。

他人には分からなくとも、自分がそのルールに沿って過ごす事が出来て居るので、間違っていないと自信を持っているのかもしれません。

こういったタイプの方は、年配の人や目上の人に対してよく見られる光景です。

その為、なかなかその事を指摘する事が出来ずより一層モヤモヤしてしまう事でしょう。

そんな人とは関わらない様にするのが一番です。

いきなり関わらない様にと言っても難しいかもしれませんが、相手にしないのです。

心にバリアを張る事で、自分自信が無駄に傷つく事をさける事が出来まず。

6. 人をあまり信用しない

人をあまり信用しないという人は、それだけ他人を信用していないと言う事にもなります。

人は、自分を信用してくれる人に心を開く物です。

その為、自分に心を開いてくれない人には誰も心を心を開こうとは思わず次第に孤立して行ってしまう事でしょう。

今の世の中は、素直に生きている人程、騙されたり利用されたりします。

その為、自分の身を守る為にも他人を信用する事無く過ごす事は大事な事なのかもしれません。

しかしながら、本来人は支え合って生きる生き物です。

その為、自分の周りにいる全ての人間を拒絶し生きる事はとても寂しい事だとも言えるでしょう。

全ての人を信用する必要はありません。

しかし、自分が必要だと思う相手には是非心を開いて行きましょう。

自分が心を開く事によって相手も好意を抱いてくれる事もあるかもしれません。

生きやすい環境は自分自信が作り出す物です。

その事を忘れずに行動して行きましょう。

思い込みの強さを治すためには?

思い込みの激しい人の性格の特徴をご紹介させて頂きましたが、いかがだったでしょうか。

あなたの周りにも当てはまる人が居たのでは無いでしょうか。

さほど関係の深くない人なのであれば、その人との関りをさけ、関係を解消してしまう事も一つの手です。

しかしながら、もしそれがあなたにとって大事な人なのであればそうも言っては居られません。

何とか性格を改善させなければと思う事でしょう。

そこで、今度は思い込みの激しい性格を治す為のポイントをいくつかご紹介させて頂く事にします。

人間の性格は、一つの出来事によって決まる訳ではありません。

いくつもの原因が重なり出来上がって行く物なのです。

その為、治す方法もまた一つとは限りません。

働きかけを行ったとしてもなかなか効果が現れずにがっかりした気持ちになってしまう事もあるでしょう。

しかし、変化が目に見えなかったとしても、何もしないよりは確実に何かを変える事が出来て居るでしょう。

自分の周りに居る人の性格は勿論、自分自身を変えたいと願う方もすぐに効果を求めるのではなく出来るだけ気長に行う事が重要です。

『性格を治したい』そう思う事がまず大きな一歩となるのです。

1. 自覚をすることが第一歩

思い込みの激しい人の特徴として、自分自身が全て正しいと思っている節があります。

その為、自分の意見に絶対の自信を持っており、他人の意見には余りみみを貸さないというタイプの人が本当に多くいます。

しかしながら、人間は間違える生き物です。

どんなに優秀な人であったとしても、時には間違えてしまう事もあるでしょう。

間違える事は悪い事ではありません。

問題は、間違った事を自分自身で受け入れる事が出来るかどうかという点です。

自分の間違いを受け入れる事が出来れば、自分が完璧な人間では無い事を理解するきっかけになるのです。

また、他人の意見を聞き入れる事が出来る様になると人間としての成長にも繋げて行く事が出来るでしょう。

自分に自信を持つ事は大切な事ですが、それが間違っている事もあるかもしれないと思っておく事もまた必要な事です。

自分の性格を理解して、意識する事が出来るようになれば思い込みの激しい性格もある程度コントロールする事が出来るようになるかもしれません。

自分自身を変える事が出来るのは結局は自分です。

自分の意見を大事にしつつも、多くの事を受け入れる事が出来る心を持ちましょう。

2. 物事に完璧を求めないようにする

この世の中にある物で、完璧な物など一つもありません。

完璧に見えている物でさえも、どこかに間違いなどがあるものです。

思い込みが激しい人の特徴の一つに、完璧主義というものがあります。

完璧主義だからこそ、自分の意見だけを信用しておりそれが上手く行かないと他人のせいにしたくなってしまうのです。

完璧主義は諸刃の剣です。

一見良い性格の様にも感じますが、現状では融通が利かずに他人と上手く接する事が出来ないという特徴にもなってしまう事もあるでしょう。

自分の中での基準が崩れてしまうと、対応する事が出来なくなってしまうのもこの性格の人の特徴の一つです。

物事には完璧な事は一つも無い事をまず理解しましょう。

その上で、例え間違ったとしても問題ない。

やり直せばそれで良いと言う事を自分自身に言い聞かせてあげてください。

そうする事で、自分自身も絶対に失敗できないというプレッシャーから解放されるかもしれません。

3. 何でも人のせいにしない

思い込みの激しい人は、何かにつまずくとすぐに人のせいにします。

これは、自分自身は100%正しいという思い込みが根底にあるので、何か悪い事が起きた時は全てが他人のせいだと思ってしまうのです。

中には、他人の性で不利益を被る事もあるかもしれません。

しかしながら、自分が原因で何か悪い事が起きてしまうと言う事も十分に考える事が出来ます。

それなのに、全てを他人の性にしてしまっては、それをなすりつけられた人はたまったものではありません。

物事には必ず原因があります。

その中には、自分自身ではどうする事も出来ないような事もあるかもしれません。

思わず人のせいにしてしまいたい気持ちになる事も分かります。

しかしながら、人生の中で起きるありとあらゆる事の全てが他人のせいであると言う事はありえません。

必ず自分自信にも問題があるのです。

起きてしまった事を、今後の人生の糧に使用と思うのであればまずは現実を受け入れる事がとても重要です。

自分自身の非を認める事が出来れば、人間として大きくなれること間違い無しです。

4. 感情的にならず冷静に考える

人には感情というものがります。

その為、ついカっとなってしまったり悲しくなって泣き出したりしてしまう事があるかもしれません。

それは人間として当たり前の反応です。

ですが、感情に振り回されてばかり居ると冷静な判断が出来なくなり、見えるべきものが見えなくなってしまう可能性も大いに想像出来ます。

感情は時に思考回路を遮断します。

自分の良いように物事を考えるようになってしまうかもしれません。

それでは、冷静な判断が出来ず、周りの人に八つ当たりをしてしまうかもしれません。

自分自身が思い込みが激しい方だと気が付いて居る人は、まずは冷静になる方法を身に付けましょう。

冷静になる方法は、人によって様々です。

深呼吸をして心を落ち着かせる人も居れば、お茶を飲んだりお菓子を食べたりして意識をそらす人も居る事でしょう。

方法はどんな物であったとしても構いません。

まずは自分の心を落ち着かせる方法を知る事が重要なのです。

感情的になって居る時には見えなかった物も、冷静になってもう一度しかりと見る事で新たな一面が発覚し、全く違ったアプローチをする事が出来る様になるかもしれません。

感情に飲み込まれる事無く、自分自身の心をコントロールする事が出来る様になれば今までとは全く違った人生を歩む事が出来るようになるでしょう。

5. 人の話しをよく聞く

思い込みの激しい人の多くは、他人の話を聞きません。

話を聞かないからこそ、自分自身の考えの間違いに気が付く事が無く、暴走してしまうとも言えるでしょう。

自分の意見に自信を持つ事は良い事ですが、だからと言って他人の意見を聞かない理由にはなりません。

自分の意見に本当に自信を持っているのであれば、その意見を他人と語り合って見てはいかがでしょうか。

他人と意見交換をする事が出来れば、時には自分が間違って居る事に気が付く時がやってくるかもしれません。

人生は、間違えない様にする事が大事なのではなく、間違えてしまった時に、いかにその状況を打破する事ができるかが大事なのです。

他人の話を聞かない人は、それによって不利益を被る事もあるでしょう。

他人の意見を聞かない事は、結局は自分にとって良くない事が起こると言えるでしょう。

その為にも、まずは人の意見を聞き入れるよう努力をしましょう。

例え反論したくなったとしても、他人の意見を最後まで聞く事が出来れば心にも余裕が生まれ、より冷静に話し合いをする事が出来るようになるかもしれません。