あなたは、大好きな人に愛情表現をきちんとしていますか?愛情表現は、お付き合いしている人はもちろん結婚してからもとても大切な表現方法の1つなのです。

もし、愛情表現がうまくできなかったり、愛情表現をどのようにすれば豊かにできるのかなど悩んではいませんか?愛情表現すると言う事は、相手にあなたの意思を伝えなくても相手に自分の感情分かってもらえることができるのです。

やはり愛情表現は豊かな方が2人の仲がうまくいくことでしょう。

2人が、さらに良いお付き合いがで来るように愛情表現を豊かにする方法を習得してみてはいかがでしょうか?愛情表現が豊かになれば、今後結婚をしてからも愛情表現がさらに豊かにできるようになると考えられます。

そのため、夫婦仲も良くなると考えられています。

さぁ、あなたも愛情表現を豊かにしてみるチャンスかもしれません。

愛情表現を豊かにするための3個の恋愛行動習慣(男性編)

それでは、ここから愛情表現を豊かにするための恋愛行動について男性の方専用の恋愛行動をお伝えしていきます。

なかなか好きな人や女性に対して愛情表現を豊かにするための行動ができない人が多いかと感じます。

やはり、日本人はなかなか自分の気持ちを伝えにくい面が前面に出ている場合がありますので、女性には愛情表現が伝わりにくい場合があります。

そのため、間違った愛情表現をしないためにも正しい愛情表現を身につけ、彼女や気になる女性または奥さんなどに素敵な愛情表現をしてみてはいかがでしょうか。

また愛情表現を豊かにすることでさらに愛が深まることでしょう。

ポイントは恥ずかしがらずに、しっかりと愛情表現をすることです。

恥ずかしがっていては愛情表現もできません。

しっかりと相手に気持ちを伝える意味で恥ずかしがらずに愛情表現を心がけてみてください。

1.スキンシップを多くする


まずは、スキンシップを多くすることが大切です。

スキンシップを多くすることで愛情表現がいたかになる場合があります。

さらにスキンシップを多くすることで、あなたが相手をどれだけ好きなのかがよく伝わることでしょう。

あなたが、好きな彼女や奥さんを目の前にしても怯むことなく、積極的にスキンシップをしていくことをお勧めします。

戸惑っていたり、もじもじしていては相手から不審に見えますし、何がしたいのか謎に映ってしまいます。

思い切って、スキンシップをしてみましょう。

スキンシップと言っても、どのようにスキンシップをしすればいいのかが分かりませんよね?女性が喜ぶスキンシップは、軽く肩に触れたり、相手が何か失敗した時はポンポンと軽く頭を叩いてあげたり、疲れたーと相手が言うのであれば肩を揉んであげたり、辛いことがあったりあなたが相手を好きだと感じたときには、ぎゅっと抱きしめてあげることもいいですね。

【スキンシップについては、こちらの記事もチェック!】

2.言葉で愛情を表現する

日本人の男性にはなかなか恥ずかしくてできないことなのですが、言葉で愛情表現する事はストレートで何より相手に伝わりやすい表現です。

やはり、目で見たり感じたりすることより、言葉で伝える方が頭や心に届きやすいですよね。

なので、あなたが感じた相手のことを素直に伝えてみてはいかがでしょうか。

マイナスな事を伝えるのではなく、良いことを伝えるようにすると良いでしょう。

さらに、相手を褒めてみたり、髪型や服装が見合っているときは素直に褒めることが大切です。

また、美容院に行ったと気づいてあげることも大切です。

ちょっとの変化に気付ける男性は、女性から考えてみてもよく見られている気がして嬉しいものです。

素直に変化や、あなたの気持ちを伝えてみるようにしてみてください。

3.相手を見つめる時間を増やす


相手を見つめる時間を増やすと一言に言いましても、相手をじーっと見つめるのではなく、相手の内面や好きなこと、また相手の趣味や取り組んでいることにあなたも一緒に参加してみても良いですね。

相手を見つめる時間を増やすという事は、愛情表現をうまくする上で非常に必要な時間だといえます。

そのため、相手をよく見て相手がどのように考えてどのような性格なのか、また相手がどのような表現が好きなのか、どのような言葉をかけられたいのかなどわかるようになれば、かなりの上級者です。

愛情表現が豊かになり、相手へ愛情表現が受け入れられれば、さらにあなたへの愛も深まることでしょう。

愛情表現を豊かにするための3個の恋愛行動習慣(女性編)

それでは、ここからは愛情表現を豊かにするための恋愛行動習慣について、女性の方が男性に対してどのように愛情表現をすればいいのかをお伝えしていきます。

なかなか男性の気持ちに気がつかなかったり、どのように愛情表現をすればいいのかがわからなかったりする場合、ぜひ参考にしていただきたい内容になります。

男性の愛情表現とは違い、女性の愛情表現は内面からの気持ちが重要になってきます。

そのため、相手に自分の気持ちを素直に伝えられない場合は、なぜ相手に自分の気持ちを素直に伝えられないのかをまず考えるようにしてください。

自分のプライドの高いところが原因なのか、相手が自分より上に立つことを怖がるのか、それともただ単に照れ臭くて素直になれないだけなのか?などをよく考え、素直にあなたの気持ちを伝えられるように準備をしておくと良いでしょう。

1.甘える時間を増やす

なかなか会えない恋人や、時間が合わない相手であれば、なるべく空いたときなどに甘える時間を増やすと良いでしょう。

今まで、クールを通してきた女性であれば、男性に甘えることで、相手も驚きとそのギャップにドキドキを隠せないでしょう。

ただ、甘えるのが苦手な人であれば不器用でも構いませんので、どうすれば甘えられるのかを考えてみてください。

自分に1番合ったやり方で良いですので、一度相手に甘えてみてはいかがでしょうか?甘える事は、ぶりっこではありません。

ぶりっ子と言うのは不特定多数の異性に対し色目を使ったり、モテたい願望から色々と下心をうかがわせるような行為をすることではないでしょうか。

甘えることが恥ずかしいのであれば、素直にそのことを伝えて、本当はあなたに甘えたいと言うことを伝えてみてはいかがでしょうか?そうすることで2人がどうすれば彼女自身が甘えられるような素敵な時間ができるのか、考えながら2人の時間を過ごして行ってもいいですね。

2.素直に気持ちを言葉にする

まずは、大前提にあなたの気持ちを素直に言葉にしてみることが大切です。

愛情表現が豊かになると言う事は、あなたの心の中の言葉を相手に伝えるようにしてみましょう。

男性の時と同様、マイナスの言葉は相手を傷つけるだけですので相手の良い面をよく見て、相手のどのようなところが好きなのかまた、相手への普段から優しくしていてくれる姿などを言葉にして感謝を伝えてみてはいかがでしょうか。

素直に気持ちを言葉にすると言う事は、相手にも清々しい気持ちにさせるだけではなく、さらにあなたに対して愛が深まる可能性があります。

あなたが、素直に言葉で相手に表現することで、相手もそのあなたの素直な言葉に心打たれることでしょう。

素直に言葉で相手への気持ちを表現することは、2人の絆を深めることにつながります。

3.我慢せず気持ちをぶつける

いい女を演じるのは簡単ですが、なかなか本音を言えなかったりしますよね。

やはり、あなたが彼に対していろいろ思う気持ちや、我慢していることがあれば、何でも我慢せずに気持ちをぶつけてみることも大切です。

男性は、なかなか細かいところにまで気がつけない場合があります。

私のことをちゃんと見てくれているのかな?なんて思ってしまうこともしばしばあるのではないでしょうか。

また、相手の仕事が忙しく会えない時間が募ると寂しくなりますよね。

そういった時にもあなたの素直な気持ちを伝えてみてはいかがでしょうか?相手に重たく思われないか心配なのであれば、そのことも踏まえ伝えてみてはいかがでしょうか。

相手に「重たく思われるし、仕事が忙しいことをよく理解しているからあなたに寂しい気持ちを伝えられなかった。」など、素直に表現することで、相手からかわいいところがある、そんなこと言ってくれる相手がなおさら好きになったなど愛が深まる場合があります。

何でも素直にぶつけてみることも大切なのかもしれません。

ただ怒ったり、恐怖で相手を支配するのではなく言い方がポイントになります。

悲しいときこそほど静かに話をすることが大切です。

感情的にならないことがポイントなのです。

上手く愛情表現するには?

では、ここからはどうすれば上手く愛情表現することができるのでしょうか?そのことについてじっくりと考えて、向き合っていきたいと思います。

あなたがうまく愛情表現ができていないと感じるのであれば、いったい自分の気持ちの奥底にどういった気持ちが隠れているのかをよく考えて、気付くようにしてみましょう。

その気持ちに気づくことで、さらにうまく愛情表現することができるのではないでしょうか。

愛情表現がうまくできるようになれば、さらに2人の愛が深まる絆ができるようになるのではないでしょうか。

すれ違いが多かったりスキンシップが少なかったり、愛情表現ができていなければ2人の愛も乾いてしまうのではないでしょうか。

しっかりと、相手のことを受け止め大切に思うのであれば愛情表現をすることはとても重要なのかもしれません。

ポジティブな感情を言葉にしよう

マイナスな感情ほど、いつまでもイライラしてしまったり相手にぶつけたくなってしまう気持ちもよくわかりますが、そこは大人になり冷静になって心を落ちつかせて、ポジティブな言葉に変換していくことが大切です。

「そんなのストレスが溜まって無理だよ!」なんて、思ってしまいがちですが相手といつまでも仲良くやっていきたいのであれば、できるだけポジティブな感情を言葉にするようにしましょう。

ポジティブな感情を言葉にすることで、あなた自身も前向きになることができたり心の整理がついたりしますので、マイナスな感情があったとしてもそのマイナスをプラスの言葉で表現してみてはいかがでしょうか?

「リラックスできる」「落ち着く」

相手と一緒にいると、なぜかほっとする。

またはリラックスができる、落ち着くなど感じるのであれば、心の中で思っているだけではなくきちんと相手に言葉にして伝えることが大切です。

例えば、「あなたと一緒にいると、私の心がすごく落ち着くの。」「君と一緒にいると何故か心がリラックスできる。」など、普段なかなか言えなくても伝えることで、相手が自分を癒していると感じればいつまでも一緒にいたいなどと考えることができるのかもしれません。

やはり、いつまでも一緒にいたい相手とは、素の自分で居ることができたり、落ち着いた自分を感じられることが大切なのです。

やはり、ずっと一緒にいたいという気持ちも踏まえ、「リラックスできる」や「落ち着く」といった言葉を相手に伝えることで、互いに違いが自分の居場所だよっと言うアピールにもなるのかもしれません。

「嬉しい」「楽しい」

ちょっとしたことでも構いません。

「嬉しい」、「楽しい」などと言うキーワードは相手を喜ばせるだけではなく、相手にあなたの好意を伝えることもできますので一石二鳥と言えるかもしれません。

ただし、この場合に注意が必要ですがお世辞や、相手が喜ぶからといって嘘をつくのは絶対にやめておきましょう。

「楽しい」「嬉しい」時は素直に顔や体で表現しても可愛いですね。

さらに、嘘を言ってしまったところで顔に出てしまっていては同じ事ですので、やはり嘘をついてしまったりお世辞はやめておいた方が良いと言えるでしょう。

素直にあなたが楽しい嬉しいと感じたらそれを表現するようにすれば、相手への愛情表現もうまくできるのではないでしょうか。

「おいしい」

相手が、手料理を作ってくれた場合や相手がおすすめするレストランに行った時、本当に美味しければ素直に「おいしい」と表現してみてもいいですね。

しかし先程の話と同様に、お世辞やまたは、相手が喜ぶからと言って嘘をつくのはやめておきましょう。

帰って、相手を傷つけてしまう場合がありますので、こちらの場合には「○○くんが好きそうな味だよね。」などと言ってごまかすことも大切なのかもしれません。

相手のプライドを傷つけないように、そこはしっかりと守り相手にどのようなところが良くて、自分にはどのようなところが良かったのかを伝えるといいかもしれません。

また、男性の場合には女性が手料理などを振る舞ってくれた場合に、本当においしい味付けならあなたが感じたように伝えて表現することがとても大切です。

しかし少し味が濃かったり、あなたの思っていた時と少し違うようであれば、例えば「俺の味覚がおかしいのかな?もう少し使用辛いほうが好きなのかもしれない。でも、君が一生懸命作ってくれたお料理だから僕は嬉しいよ。」などと伝えるようにするといいかもしれません。

たとえそれで、相手がすねてしまったとしても手料理を作ってくれた事がうれしかったと言うことを強調して伝えるようにすれば、相手も納得してくれるのではないでしょうか。

相手を思いやる気持ちを持とう

愛情表現を豊かにするために何より大切なのが、必ず相手を思いやる気持ちを持つことです。

それができなければ愛情表現をすることは難しいと言えるでしょう。

さらに、愛情表現を豊かにするために自分の気持ちばかりを考えるのではなく、相手の気持ちをよく考え相手がどのようにされれば嬉しいのかを見極めなければなりません。

そのためには、あなたが相手をどれだけ好きなのかまたはどれだけ愛しているのかまた相手があなたのことをどれだけ思ってくれるのかが重要になってきます。

愛情表現を伝える事は2人の絆や愛情も深まる行為ですので、ぜひ進んで愛情表現をしてほしいと考えています。

もし、愛情表現ができていないのであれば、相手から愛情不足と感じられる場合もありますので注意してくださいね。

少しのことでも「ありがとう」を言う

少しのことでも「ありがとう」が言えれば、相手からすれば「そんな細かいところまで見てくれているなんて嬉しい!」なんて思わせることができたりするでしょう。

また、少しのことでも「ありがとう」と言える行為は、恋人だけの表現ではなく、社会に出ても大切なことかといえるでしょう。

もし、自分がささいなことにもありがとうは言えない人間であれば、そこを見直すようにすればいいのです。

ささいなことにも気がつけない人間は、大きなことにも気が着けない可能性がありますので、少しの変化やささいなことも大切に生きていけると後々、大きな幸せにもありつけるのではないでしょうか。

まずは小さなことからコツコツとありがとうを言える自分を作り上げてみてはいかがでしょうか。

相手のことを最優先に行動

仕事の残業が長引いてしまったり、営業に振り回されて帰りが遅くなったり、デートに遅刻をしてしまったりなどなかなか仕事が優先で、相手を優先に行動ができなくなっていませんか?確かに、仕事が大切です。

しかし、会社はあなたの体が壊れてしまえば一生面倒みてくれるのですか?もし、目の前にいる相手があなたと結婚しあなたのことを介護してくれたり、いつもそばで癒してくれるような存在であれば、間違いなく仕事より恋人選びたくなることでしょう。

仕事はきっちりとこなし、できるだけ恋人との時間を優先したり、またデートに遅刻しそうな時であれば早めの連絡をし相手に持たせる時間を少なくさせることも大切です。

女性の場合、彼に綺麗と思われたいがために時間をかけてメイクや洋服選びをしている事かと思いますが、遅刻しているのであれば、彼との大切な時間をすり減らしてしまっているわけですからそれまでに支度は済ませておくようにしましょう。

時間にだらしがない女性は、結婚してからも様々なところにだらしがないと思われてしまいますので、何事もきっちりとこなせられるように、相手の気持ちを考えて行動するようにしていきましょう。

相手を笑顔にする

よく、年配のご夫婦で喧嘩ばかりしている夫婦を見かけたりしませんか?男性も、相手の奥さんに対して言いたい放題、また相手の奥さんも旦那さんに対して、言い返したりしている姿を見ると、結婚が不安になってしまう若者も多いのではないでしょうか。

しかし、相手の気持ちを優先し相手の笑顔を考えられる人であれば、いつまでたっても幸せな夫婦でいられるのではないでしょうか。

必ずしも、2人の間に喧嘩や不安になるような場面が訪れないとは言い切れませんが、落ち込んだ時があるからこそ相手の良い面にも気づくことができたり、改めて相手のことを愛していると感じたりすることもできるのではないでしょうか。

相手を笑顔にすることを心がけるだけで、2人が仲良く過ごしていける大切なポイントになるのではないでしょうか。

相手を笑顔にさせるだけではなく、あなた自身も笑顔でいることも大切です。

男女別!愛情表現の仕方

ではこちらのコーナーからは男性と女性で愛情表現の仕方について説明していきたいと思います。

なかなか相手を思う気持ちをうまく表現できなかったり、「そんなはずじゃなかった!」なんてことになってしまわないように、じっくりと以下の項目を読み、できるだけ行動を心がけるようにしてください。

いつものように、癖でついつい愛情表現をすっ飛ばしてしまうことがないよう、たとえ疲れていたとしても愛情表現を忘れないよう丁寧に、優しい気持ちでいるように気をつけていきたいものです。

男性編

では、ここからは男性編の特集に入っていきたいと思います。

男性はなかなか愛情表現を言葉にすることが難しいため、行動で示すことも大切です。

ときには、あなたが心の中に秘めている相手の思いを言葉にしてきちんと伝えることもとても大切なのです。

まずは、あなたができることから1つずつコツコツと愛情表現を積み重ねていってはいかがでしょうか。

さらにそのコツコツと積み重ねと愛情表現は、いつしか2人の大きな絆や愛情となって結ばれていくことでしょう。

まずは、何もしないのではなくあなたから動き、相手を喜ばせたり、安心させたりできる行動をとることが大切なのです。

相手を思う気持ちが行動に出る

相手を思う気持ちが行動に出るという事は、例えばデートの時に、彼女が好きな食べ物やお菓子などを持っていってあげたり、彼女に好きなものをおなかいっぱい食べさしてあげたいと言う気持ちから、彼女の好きなレストラン連れて行ってあげたり、また彼女が好きなことや喜ぶことを積極的にしてあげることが大切です。

まずは、相手をよく思い出し、どのようなところに興味がありこういうよせているのかをよく知ることも大切です。

また、趣味や好きなことがわからない場合、相手に直接質問してみても良いのではないでしょうか?もっと君のことが知りたいと言う行動を見せることも1つの表現なのかもしれません。

相手を守りたくなる

あなたは、今お付き合いしている方のことを守りたいと感じたり思ったりしていますか?その心があるからこそ、彼女と一緒にいたいと思ったり、結婚を考えたりしているのではないでしょうか?相手を守りたくなる気持ちがあるからこそ、仕事やプライベートも頑張ることができるのではないでしょうか。

つまり、彼女があなたの活力になっていると言うことです。

彼女があなたのエネルギーやエンジンをかける原動力になっている可能性があります。

そんな彼女に対し、あなたは言葉にして彼女に君を守りたいと伝えても良いのではないでしょうか。

そうすることで、彼女側もあなたに対し未来のことを考えたり、あなたが人生において必要不可欠な存在だということに気づくのかもしれません。

このように、互いに互いを思いやることで絆が深まり愛情が深まることにつながるのではないでしょうか。

なかなか言葉では表現し難いのですが、やはり相手を守りたいと感じるのであれば、その気持ちをストレートに彼女に伝えてみてもいいのかと感じます。

連絡をマメにとる

彼女のことを思うのであれば、こまめに連絡をとってあげることも大切です。

今何しているの?などいちいち連絡が入ってくるのはめんどくさいのですが、「行ってきます」や「ただいま」または、天候が悪く自宅に帰れないような状況にあるのであれば心配して連絡をしてあげたり、何か彼女が弱っていることがあれば彼女の元へ駆けつけることも大切です。

とにかく、彼女を不安にさせないよう普段からこまめに連絡をとることが大切なのです。

そうすることで、彼女のささいな変化に気づくことができたり、また彼女が安心できる存在になるのではないでしょうか。

連絡がマメな男性は、女性から好かれるものです。

連絡がマメな分女性は男性から思われていると感じる人も多いため、うれしい行為だと言えるのではないでしょうか。

サプライズ演出をする

記念日や、誕生日またはクリスマスなどサプライズ演出をすることもとても大事です。

愛情表現において、彼女の喜ぶ顔が見たいまたは彼女の笑顔が見たいなどと言うことを考えているのであれば、サプライズ演出をすることがとても効果的だといえます。

女性は、サプライズに弱い面もありますので、サプライズを計画するなら、中途半端にするのではなく思いっきり彼女驚かせてみてはいかがでしょうか?彼女も、その気持ちがこもったサプライズ演出に、きっと感動してくれることでしょう。

サプライズ演出は思いっきりやって欲しいのですが、サプライズをにおわしてしまうと、女性はカンガ鋭いですので気がついてしまう場合があります。

なので、サプライズをする時は全く気づかれないよう注意しておきましょう。

女性編

それでは、ここからは女性編についてリサーチしていきたいと思います。

女性は、感情的になってしまったり、変に我慢をしてしまうためストレスが溜まったりしてしまう場合があります。

特にいい女を演じることが、良いとは限りません。

ありのままの等身大のあなたを表現することが大切なのです。

そのため、彼に対してきつい態度をとってしまったり、愛情表現がなかなかできなかったりする場合が見られます。

いつも、大切に思っている彼であればやはり大切にしてあげられることが大前提で愛情表現もすることは、2人の関係を深めることに必要不可欠なのです。

そのことを忘れず、普段自分がわがままになりすぎてないかを振り返りながら行動するようにしていきましょう。

相手に気になって欲しい行動をする

こちらは、やり過ぎに注意な行動ですが、相手に気になって欲しいような行動すると、可愛らしく見える場合があります。

内容や、頻度にもよりますが可愛らしく「今あなたに会いたいな」ど伝えることも大切です。

また、「今何しているの?寂しいなぁ」などと素直に気持ちを表現することも大切です。

しかし先ほども伝えましたように頻繁にこのようなこと言われてしまえば、男性も重たく感じたり、あなたと接することが億劫になってしまったりする場合がありますので必ずやり過ぎには注意が必要です。

愛情を表現するのが男性には伝わりにくい

あなたが、愛情表現をしているつもりでも彼にはなかなか伝わりにくかったり、愛情表現をしているのかがわからなかったりする場合があります。

その場合には、はっきりと言葉で伝える方が伝わりやすいと言えるでしょう。

あなたの感覚と、彼の感覚が違いすぎればやはり、言葉以外の愛情表現は難しいのかもしれません。

さらに、男性側も細かなことに鈍い人がいるため、やはり言葉ではっきりと伝えることが良いかもしれません。

言葉で愛情表現をする

やはり、素直に言葉で愛情表現する方が男性には受け入れやすいかもしれません。

言葉で愛情表現すると言う事は、恥ずかしくて言えない女性も多いかもしれません。

また、プライドが高い女性には言葉で愛情表現をすると言う事は考えられないのかもしれません。

しかし彼を大切に思うのであればきちんと言葉で愛情表現することが大切なのです。

さらに、言葉で愛情表現をし彼があなたの愛情を受け取ったらさらに2人の関係や絆も深まることでしょう。

スキンシップをとる

女性は、男性の甘い言葉に弱いのですが、男性は案外スキンシップに弱いようです。

ボディータッチやスキンシップを多めにとることで、彼への愛情表現を表すの1つなのかもしれません。

男性は、体に触れられることで感じるところもありますので、スキンシップを取ると言う事は男性に対しての最大の愛情表現になるのかもしれません。