あなたはどんなマンガが好きですか?私は一時期「ワンピース」にハマっていたことがありますが今回はそんなワンピースに引けを取らず、アニメやマンガに興味がない人でも、一度は必ず聞いたことがあるはずの『HUNTER×HUNTER』の作中に登場するキャラクターを1人ご紹介してみようと思います。

週刊少年ジャンプで1998年から連載が始まると、あっという間に注目のマンガとなり、今では男性のみならず女性からの支持もある、絶大的な人気を誇っているのがマンガ「HUNTER×HUNTER」です。

『HUNTER×HUNTER』を手掛けるマンガ家の冨樫義博(とがしよしひろ)は、それ以外にも『幽☆遊☆白書』や『レベルE』など有名作が多く、どれも読み出すとどんどんマンガの世界に引きずり込まれてしまうような描写が魅力的です。

そんな冨樫義博の作品の中でも、今だ人気が継続している『HUNTER×HUNTER』に出てくる登場人物はみんな個性豊かでどのキャラクターもカッコ良さが詰まっています。

今回は「HUNTER×HUNTER」内でも、見た目とその中身のギャップに男性ファンすら魅了されてしまう”ゴレイヌ”というハンターについて紹介していこうと思います!

️さくっと『HUNTER×HUNTER』まとめ

まずは『HUNTER×HUNTER』を知らない人の為に、知識を増やしてから本題に入っていこうと思います。

そもそも『HUNTER×HUNTER』はマンガにして33巻とかなりのボリュームがあり、途中で読むのを辞めてしまった人もいるはずかもしれないない長期に渡って連載されているマンガです。

ただ、長期に連続して連載があるわけではなく、連載がお休みになる期間も多く、その度にファンは首を長くして「HUNTER×HUNTER」の再開を待っているのです。

「HUNTER×HUNTER」こと通称『H×H』を知ることで、よりゴレイヌというキャラクターの魅力やカッコ良さが伝わるはずなので、最初にさくっと『HUNTER×HUNTER』のまとめをしておこうと思いますので、参考にしてみてください^^!

少年ジャンプの人気作!アニメ化もした

マンガ「HUNTER×HUNTER」は1998年に週刊少年ジャンプから連載が開始しました。

その人気は一気に火が付きマンガだけには留まらず連載開始から1年ちょっとでアニメ化されました。

1年という短い時間でアニメ化が決定すると言うのは余程人気がないと実現しないのではないでしょうか?!また原作の内容に追いつかないようアニメ内ではオリジナルの描写を入れるなどの工夫がされており、マンガを読んだファンでも楽しめるとアニメ版もしっかり人気になっていました。

あらすじ

正直『HUNTER×HUNTER』を全く知らない!って人の為に、簡単なあらすじをご説明しましょう♪
主人公はくじら島に住む少年の”ゴン=フリークス”。

ゴンは幼少期に森で巨獣に襲われた時に助けて貰った少年”カイト”から死んだと思っていた父親”ジン”の話を聞くことになります。

そこで初めて父親がまだ生きていることや優秀なハンターとして活躍していることを聞き、ゴンはハンターという職業に憧れを抱くようになる事からストーリーが始まります。

里親としてゴンを育てたジンの従妹の”ミト”はジンを快く思っておらず、ハンター試験を受けたいと志望するゴンへミトは条件を出すがゴンはあっさりとクリアしハンター試験が行われる会場へ向かうこととなります。

その道中で出会ったのが同じようにハンターを目指す”クラピカ”と”レオリオ”の2人。

また試験開始直後に出会った”キルア”とも親しくなり、4人は信頼関係を築きながら試験の合格を目指していくというストーリーです。

ハンター試験編から始まり、ククル―マウンテン・天空闘技場編・くじら島への里帰り・ヨークシン編(幻影旅団編)・グリードアイランド編(G・I編)・キメラ=アント編・会長選挙アルカ編・暗黒大陸編・クラピカ追憶編と続き未だに完結していない長編になっています。

マンガとすればよくある対戦ストーリーと言え案外普通なのかもしれませんが、ハンターになる為に様々な試験に挑むなかで、出てくる個性豊かで濃いキャラクターは印象が残りやすく、また対戦シーンや登場人物がもつ多彩な能力などはとても読み応えがあり続編が気になる構成に、ついつい読みふけってしまう気持がわかります。

️『HUNTER×HUNTER』から今回紹介するのはゴレイヌ!

そしてその『HUNTER×HUNTER』に登場するキャラの中でも、今回はグリードアイランド(G・I編)で登場するマニアックなキャラのゴレイヌにスポットを当ててみようと思います^^

見た目とは逆の中身や、能力のギャップに「HUNTER×HUNTER」の男性ファンでも惚れてしまうキャラクターと名高いゴレイヌは、操作系・具現化系・放出系と言われる能力を扱う凄腕なんだとか…ネット上ではゴレイヌのネタで溢れているほど、ファンの間ではかなり有名なキャラのゴレイヌにはどんな魅力があるのでしょうか?

ここからは、いよいよゴレイヌについて詳しく解析していこうと思います!!

プロのハンター

「HUNTER×HUNTER」にはアマチュアハンターと言ってライセンスを持っていないがハンターと名乗り仕事をする人も存在します。

またライセンス取得者にも裏試験に合格しないとプロのハンターとは言えませんし、念能力を取得していないのでハンターとしては半人前としての位置づけになっています。

そしてゴレイヌはゴンの父親同様プロハンターです。

プロハンターとは毎年1度行われるハンター協会主催の「ハンター資格試験」に合格しないとなれません。

「ハンター資格試験」に合格した者は強者であり、高い能力者と言えるでしょう。

さらにプロハンターにも一つ星(シングル)ハンター・二つ星(ダブル)ハンター・3つ星(トリプル)ハンターなどの階級分けされています。

ゴレイヌはプロハンターのみの称号ですが、巷では三つ星ハンターでもイイのではないかなどの話題が飛び交っています。

グリードアイランドのプレイヤー

グリードアイランドとは『HUNTER×HUNTER』のストーリーの中に出てくるゲームソフトをのことを指します。

また、作中ではその世界や島も名称にもなっています。

「HUNTER×HUNTER」の世界の中に存在するゲーム機”ジョイステーション”の専用ソフトで、念能力者が作ったゲームで念能力者にしかプレイが出来ません。

ジョイステーションに練を送ることで体や精神ごとゲームの世界に引きずり込まれます。

ゴン達と同じタイミングでグリードアイランドに参加したプレイヤーの1人が今回テーマになっているゴレイヌです。

ゴレイヌは大富豪のバッテラがゲームの攻略をたくらみ雇ったプロハンターで孤高のハンターとも言われています。

ゲーム内では大抵2人1組などでゲーム攻略に迫るのですが、ゴレイヌはたった1人でゲームの攻略を試みる、怖いもの知らずでかなり勇敢な男と言えるでしょう。

そんなこともあり、ネット上ではゴレイヌが「HUNTER×HUNTER」の中で1番最強なのでは議論されるほど話題にあがる人物で、誰ともペアを組まずに1人でゲームを攻略し、50種類以上の指定カードを集めていたことから、最強説は真実味がどんどん強くなっています。

️ゴレイヌの見た目の特徴

ゴレイヌと聞いてすぐに顔が浮かぶ人はかなりの『HUNTER×HUNTER』通と言えると思いますが、「HUNTER×HUNTER」ファンでも”あれ?ゴレイヌって誰だっけ?!”と言う人もいるでしょう。

でも知っている人からすればゴレイヌの見た目はかなりインパクトがあり、名前を聞けばすぐに思いだす人もいるかもしれません!それくらい印象的なキャラではありますが、『HUNTER×HUNTER』初心者の為に、続いてはインパクトがあり過ぎる「HUNTER×HUNTER」の人気者”ゴレイヌ”の見た目の特徴についてまとめ見ましょう♪

ゴツい

まず最初に第一印象からゴレイヌは全体的にゴツゴツとした男らしい見た目が特徴です。

骨が太そうながっちりした体格はかなり逞しい姿です。

眉毛も立派な太眉で描かれ、体育会系な男性といえるでしょう。

サルというよりはゴレイヌが具現化する念獣同様もはや本人がゴリラに近い見た目なのが特徴です。

筋肉質

本作の中でゴレイヌは黒のタンクトップタイプの洋服姿で腕が露になった洋服がトレードマークとして登場しているのですが、かなかな太くがっちりした腕はかなり男前で、鍛え上げられた腕が強者感を醸し出している感じがします。

肩幅の広さと、このがっちりした腕から想像すると体はもちろん6パック間違いなしと言えるでしょう。

毛深い

作中で腕があらわになったゴレイヌのイラストにはしっかりと腕毛が描かれています。

男性ホルモンが濃そうなことがはっきりわかりますね。

ゴレイヌのゴツさやムキムキな腕と、かなり逞しい印象を受けるゴレイヌは毛深さも自然とそのキャラに合っているから許せてしまいます^^顔の印象に負けないくらい全てが濃く仕上げられていると思います。

顔が濃い

ゴレイヌは列記としたソース顔と言えるでしょう。

端正な顔立ちとは違いますが、マンガでもわかるのは鼻がでかい事や、眉毛のインパクト。

また大きいわけではないけれど力強い目目元は今どきのイケメンではないけれど、なかなか古風な雰囲気を醸し出しています。

ソフトモヒカン

ゴレイヌの髪型は真っ黒で短髪のひと昔前の雰囲気がたっぷり漂うソフトモヒカンへアですが、それもまたゴレイヌの顔立ちにはぴったりだと思います。

筋肉質な体格と濃い顔やヘアスタイルなど一貫してぶれないキャラ設定を感じ取ることが出来ます。

️ゴレイヌの性格とは

外見はムキムキのゴツい腕や毛深さが目立ち、見るからに体力勝負なキャラのように感じますが、ゴレイヌは実力はそれだけではありません。

確かに、見た目はかなりギャグっぽいけれどゴレイヌがネットでもかなりネタにされている理由には、実はしっかりとした理由があるからなのです!
ゴレイヌの中身を知ると、興味が無かった人もゴレイヌを好きになってしまうかもしれません。

それだけ男気溢れ、稀に見る二枚目な部分を持ったカッコよさを感じるのがゴレイヌのと言えるでしょう^^
では、次はゴレイヌの性格をまとめてみました!これを読めばゴレイヌに惚れてしまうこと間違いなしです^^

頭がキレる

ゴレイヌは見た目からしててっきり体力だけが自慢のハンターかと思いきや、実は頭脳面でもかなり優秀というのは『HUNTER×HUNTER』ファン内ではかなり有名な話でしょう。

ゴンと一緒にプロハンターを目指す切れ者のキルアですら気が付かなった「存在自体のトラップ」にゴレイヌだけがいち早く気付くなどごつい外見とは裏腹に、鋭い勘があったり案外切れ者な一面を持っています。

洞察力があり頭もよく、さらに体格もよければ学生時代ならモテ男子グループに決定するような男性ですが、そこはゴレイヌの見た目が勝つのか、叶わないよう夢のようです。

人情味がある

ゴレイヌは本作の中で、他のプレイヤーとすぐ打ち解けるような人間性があります。

また、グリードアイランドにおいて最もゲームクリアに近いと言われているハンターの”ツエヅゲラ”がゲームをリタイアせざるを得なかった、その想いを遂げたいと願うゴレイヌの優しさは人情味の溢れる性格なのだと伝わってきます。

人の気持ちを察することが出来る男性は、信頼されるし人懐っこい性格は同性からの警戒心を解くことになります。

結果、ゴレイヌは1人でグリードアイランドにいたのに最後にはゴン達と行動を共にするなど、チームとしての活躍も出来ることがわかります。

気前が良い

作中で念能力者しかプレイ出来ないゲームソフトを買い占めた大富豪のバッテラがゲーム攻略の為に雇ったハンターの一人がゴレイヌですが、バッテラとの交渉で獲得した違約金を何のためらいもなくゴン達と山分けしてしまうなど、かなり男気のある性格のようです。

また、子供たちのゴンに対しても見下すようなことはせず素直に”スゴイ”と認める器の大きさが魅力的です。

キャラとして良心的存在

『HUNTER×HUNTER』の作中に登場するキャラの中で群を抜いてい優し過ぎる男がゴレイヌなのです。

また、仲間をとても大切に思う心優しいキャラで、自分だけで得られた報酬ではないからと4人で山分けすることを自ら提案するなど、超イイ男っぷりに気が付くといつの間にかゴレイヌに惚れてしまうくらい良心的なキャラクターなのです。

見た目はもはやゴリラのような風貌なのに、これだけイケメンな性格のギャップに多くのファンがゴレイヌのことをカッコいいと賞賛するのも納得頂けたでしょうか?
では、ゴレイヌはハンターとしての腕はどうなのでしょうか☆ここまででも、かなり最初の印象とは違った面を見ることが出来るゴレイヌですが、ハンターの能力につていを知ることで、さらにゴレイヌの魅力にハマってしまうかもしれません^^続いては、ゴレイヌの能力につて詳しく見ていこうと思います!

️ゴレイヌの能力とは

さて、ここまではゴレイヌの見た目や性格的な部分をご紹介しましたが、ゴレイヌは作中でのドッジボール対決で球を顔面に受けて気絶してしまうという、なんともダサい結果に終わってしまったのですが、実はゴレイヌの能力はかなり高いのではないのか?という意見もあるほど、ゴレイヌの能力が優れている事を知っていますか?

もしかしたら『HUNTER×HUNTER』内で1番最強なのはゴレイヌなのではないのかと、ファンの間でいろいろな話が飛び交っているゴレイヌにはどんな能力が備わっているのでしょうか?
ゴレイヌの持つ能力で1番有名な、ゴリラの念獣を具現化する能力とは一体どのようなものなのか解析してみようと思います。

ゴリラ型の念獣を具現化する能力

ゴレイヌの能力には”賢人を作り出す能力(仮称)”が備わっており、白と黒の2体のゴリラを具現化することが出来ます。

また、具現化したゴリラ2体を操作・放出するという別の能力もあり、合わせて3つの複合系の能力があります。

また白の賢人(白ゴリラまたの名をホワイトゴレイヌ)と黒の賢人(黒ゴリラまたの名をブラックゴレイヌ)はそれぞれ違った動きをするのが特徴で、うまく操作することで敵を見事に倒すことが可能になるのです。

具現化する能力を使うと3人のゴレイヌが完成し、ゴレイヌ本人が意識を失うと念獣も消滅してしまいます。

またゴレイヌ本人は左利きですが、2体の賢人(ホワイトゴレイヌとブラックゴレイヌ)は右利きとのことです。

実際ゴリラを具現化する能力を使い、ドッジボール対決ではゴレイヌが敵を攻撃しようとした瞬間に敵とゴリラの場所を入れ替えれば、何が起きたのかわからない間に相手に確実に攻撃をヒットさせることが出来ます。

念獣を具現化し操作することで、まるでワープしているような動きになり敵のレイザーもボールを避けることが出来ませんでした。

白の賢人

白の賢人(ホワイトゴレイヌ)は、能力者(ゴレイヌ)本人と一瞬で位置を入れ替わることが出来ます。

黒の賢人

黒の賢人(ブラックゴレイヌ)は、他者(対戦相手など)と一瞬で位置を入れ替えることが出来ます。

系統はハッキリしていない

ゴレイヌの能力がどの系統に当てはまるのかも、ファンの中で色々と盛り上がっているのですが、まずはゴリラの念獣を具現化する能力、そして具現化した念獣を操作する能力や放出する能力と3つの能力をまとめて使うことが出来るゴレイヌは、放出系に属するのではないか、いや具現化系に属しているなど様々な憶測があるようです。

マニアックなファンでは、マンガの描写から推測して具現化系の線は薄いと考えている人もいるようですが、はっきりとした系統が不明な状態のままです。

謎が残っている状態だからこそ、みんなが気になってしまうキャラクターなのかもしれません。

️ネタにされがちなゴレイヌ

「HUNTER×HUNTER」には多くの登場キャラクターが存在するのにも関わらず”ゴレイヌ最強説”なるものまでネット上にあがるほど「HUNTER×HUNTER」ファン内ではなにかとネタにされるゴレイヌですが、なぜそこまで話題になるのでしょうか?
ゴリラのような外見は野性的な雰囲気が漂い、カッコいいと言われる要素は全く感じることが出来ないのですが、念獣を2体具現化する能力に加え同時に放出・操作する能力はかなり高度技術を持っていなければ出来ないのに、それをこなして見せるという見た目以上の念能力の凄さなどで実は隠れた優秀ハンターなどの推測が飛び交っています。

性格だけを見ればかなりイケメンなのは間違いないでしょうが、イケメン過ぎる性格に似使わない外見はオチの様なモノでしょうか?
次は、ゴレイヌがネタにされる要因を詳しく探ってみたいと思います^^

「えげつねぇな………」

「HUNTER×HUNTER」G・I編の作中では、カードを集めるために行われたイベントへ参加するのですが、このイベントへ参加するためには仲間を最低で15人集めなければならないという条件がありました。

だた入手できるカードの枚数は3枚しかないことを知ったゴレイヌは発した一言が「えげつねぇな」だったのです。

確かに、3枚のカードを15人が取り合う事になるとはかなりの競争率ですし、えげつねぇなの言葉は的を得た的確な発言です。

見た目とは逆のゴレイヌの洞察力が感じられる描写になっています。

「えげつねぇな」の名言は、かなり多用して使え用途も多いせいかネット上では決まって、ゴレイヌのスレッドに書き込まれているフレーズです。

ある意味「HUNTER×HUNTER」ないでの流行語と言っても過言ではないのかもしれません!きっと私が男なら友人同士で「えげつねぇな」と連呼している気がします。


ゴレイヌのキャラに名言をしっかり作っている冨樫義博(とがしよしひろ)はやっぱり天才なのかもしれません。

とにかくゴリラ

そもそもゴレイヌの見た目はギャグなどと、かなり酷評されがちなキャラなのは否めないのが特徴で、作中でもところどころにゴリラ要素が発揮されていたり、ドッジボールを顔面で受け止めてしまった時の表情はまさにインパク大と言っても良いでしょう。

また、見た目だけではなくゴリラを具現化するための修行を行ったと言う事は、ゴリラをよく観察したりたっぷりと触れ合ったりとかなりの時間をゴリラと過ごす必要があるが、ゴレイヌはその修行を行ったからこそゴリラを具現化することが可能になった訳です。

要するに、ゴレイヌは見た目だけではなく中身すらゴリラに近い部分があるのかもしれません。

また、作中ではゴレイヌがゴリラの念獣を放出する際「俺が三人分になる」と言って出現させたわけですから、マンガ内での登場人物からもゴレイヌがゴリラのような容姿であることを認識しているのが伝わってきます。

強くて優秀だからこそネタにされる

ゴレイヌは「HUNTER×HUNTER」に登場するキャラの中で実は1番強いのではないかと言われています。

その理由に具現化・操作・放出の高度な技術を必要とする念能力を1人で使いこなすことが出来たり、またキルアよりも早くゲームの裏側に隠されたえげつねぇ真実を見抜く洞察力もあります。

コミュニケーション能力も高く、そのくせとても優しい男のゴレイヌは、見た目のギャップに誰しもがいつの間にか惚れてしまうそんなキャラなのです。

能力や性格のどこをとっても優秀過ぎるからころゴリラのような外見と愛されキャラでネタにされるのかもしれません。

️ゴレイヌにモデルがいる!?

「HUNTER×HUNTER」ファンなら知っていて当然の話かもしれませんが、ゴレイヌにはモデルになったとされている有名な芸人がいます!
確かに、その人物とゴレイヌを比べてみても確かに納得するような点がいくつもあります。

また、ゴレイヌの念獣ですらそのモデルを意識しているように思えてしまうほど、似ているオーラを感じてしまいます。

もしかしたら、「HUNTER×HUNTER」を知らない人でもその風貌から推測するのは簡単かもしれないくらいですが、一体、ゴレイヌのモデルになったと噂される人物とは誰なのでしょうか^^?

ガレッジセールのゴリ

実は(?)お笑いコンビ”ガレッジセール”のゴリこそゴレイヌのモデルになったと言われている人物なのです。

確かに、ゴリの見た目はゴツく、かなり男性ホルモンが濃そうなタイプですのでゴレイヌに近いと思ってしまうのは当然かもしれませんが、それ以外にもゴリは運動神経が良くまたコミュニケーション能力も優れているようなイメージがありませんか?
優しいイメージもあり、今まで見てきたゴレイヌのキャラにぴったりハマっていると感心してしまうのは私だけではないはずです!
見たとは違い、話すと案外気さくな雰囲気だったり、また心の優しそうなギャップを持っているゴリはゴレイヌのモデルになったと噂が出ても不思議ではないように感じます☆
実際、ゴレイヌのモデルになったと噂されているだけなので真実は作者の冨樫義博(とがしよしひろ)に聞くしかないようです。

️アニメ版ゴレイヌの声優は?

連載から1年でアニメ化された「HUNTER×HUNTER」ですが、アニメ版はマンガとはまた違った面白みがあるとファンの間でも好評でした。

そんなアニメ版ゴレイヌの声には一体どんな声優が選ばれたのでしょうか?
ゴリラのような見た目とその見た目以上のカッコ良さを兼ね備えたキャラクターで、ファンの心を掴んで離さないゴレイヌの声がもし似あっていなければかなりショックですよね。

でも、アニメ版もかなり好評だったことから察するに、声優選びにも力を入れたに違いありません!「HUNTER×HUNTER」内で最強説の名を持つゴレイヌに引けを取らない声優とは誰なのでしょうか?

ゴレイヌの声は鳥海浩輔さん!

アニメ版のゴレイヌの声を担当した声優は鳥海浩輔さん(1973年5月16日生まれ43歳、神奈川県出身)で、この鳥海浩輔さんはなんとプロのイラストレーターとしても活躍するなどかなり多才なようです。

数多くのアニメに声優として参加しており代表作はテニスの王子様(千石清純)やPandoraHearts – パンドラハーツ(ギルバート=ナイトレイ レイヴン)また、ワンピース(ジム)やNARUTO(犬塚キバ)、トリコ(マッチ)などかなりマンガやアニメに縁遠い人でも知っているような、有名作品にいくつも抜擢されているほどの実力派と言えます。

そんな鳥海浩輔さんがゴレイヌの声優を担当したアニメ版「HUNTER×HUNTER」は、とてもヒットしました♪