あっという間に桜のシーズンが終わり、強い陽射しの日が増えてくるともうすぐ夏が来るなぁと感じますね。

どんどん日が長くなり仕事終わりにまだ明るいと、なんだかそのまま帰るのは勿体なく少し寄り道をしてみたくなります♪
そんな季節は頑張った1日を癒してくれる美味しい料理やお酒を楽しみたくなりますよね!またデートでも、寒い時期にはなかなか外に出かけるのも面倒になってしまっていましたが、これから暖かくなる季節は、ちょっとディナーでオシャレにバーに行くのもいいかもしれません♪
バーと聞くとなんだか敷居が高そうと感じたり、自分にはまだ早いのではないかと尻込みしてしまう人もいるのではないでしょうか?そんな人はまず、行ってきたいバーの情報を仕入れてから出向いてみる方がいいかもしれません^^そのバーの特徴や雰囲気を知っておくことで初心者など関係なくバーを楽しむ事が出来るでしょう♡
と言う事で今回は、池袋にある素敵なバーを10選ご紹介していこうと思います♥出会いの増えるシーズン、オシャレなバーをチェックしておくと良いことがあるかもしれませんよ☆

1.BAR Too

池袋のバーとして”知る人ぞ知る”と隠れ家的な名店のBAR Tooは南池袋の閑静な住宅街の一角に存在します。

オリジナルのカクテルの種類が豊富で仕事帰りのサラリーマンや地元のお客さんが通うオーセンティック・バーです。

コンクリートの外観になんの看板も出ていないので、初めて行く人は気が付かずに通り過ぎてしまうかもしれないほど、シックな入口はなんだか別の空間に行くようなワクワクとした感覚があります。

店内はこれぞバーと言った雰囲気を味わうことが出来るので、初心者さんにはぜひ1度行ってもらいたいバーです!女性バーテンダーが腕を振るって作るオリジナルカクテルは、見た目からしてもうっとりさせてくれ、くつろぎの時間を演出してくれます。

日曜・祝日定休、17:30からの営業でラストオーダーは1:30です。

居心地のいいバー


「BAR Too」は女性のバーテンダー達が腕を振るって様々なカクテルを作ってくれます。

オススメは季節のフルーツを使ったオリジナルカクテルで、口当たりのよさや女性バーテンダーだからこその繊細な味わいに定評があます。

女性ばかりのバーテンダーが珍しいBAR Tooは男性客が中心なのも納得が出来ます。

店内は7~8個のカウンター席と、テーブル席というオーソドックスな造りですが、身体を包み込ような椅子は男性が座ってもゆとりがあり、居心地が良いでしょう。

カウンター越しにはバーテンダーの背面に、ぎっしりとリキュール類が並び、棚の下段には人形などがディスプレイされています。

店内全体は適度な明るさでカウンターに置かれたクリスタルの光が、カクテルグラスを浮かび上がらせる演出もとてもオシャレです。

池袋のバーと言えばまずは、Bar Tooを押さえておきたいところです!

基本情報

・店名:BAR Too(バー ツー)
・住所:東京都豊島区南池袋2-8-1 エバーグリーンハイツ 1F
・電話番号:03-5979-1822
・URL:http://www.h3.dion.ne.jp/~bar_com/compass/too.htm

2.ヘルメスワインコーナー

半世紀の間語りづかれる老舗の有名店「ヘルメスワインコーナー」は、大きな白髭のおじさんが目印の看板はデザインからして老舗と言った雰囲気があります。

店名にワインと付いていますが特別ワインを押しているバーと言う訳ではなく、昔海外のお酒を全てワインと呼んでいたことにちなんで、ワインバーと言う名前がついているそうです!
欅の木で出来たカウンターは温もりを感じ、オリジナルカクテルはもちろんお客様をイメージしたカクテルが人気です。

また、バーだけの要素には留まらない、オープンキッチンでシェフが腕を振るうフードメニューの豊富さやその味はお酒が苦手な女性も喜ぶでしょう♪デートにもピッタリなバーとなっています。

日曜定休で17:30から営業しています。

ラストオーダーが23:30と少々早めですのでご注意を!席料がないのですが、その分10%のサービス料が掛かりす。

それでも250円で楽しめるお酒とおつまみをちょっと頼んでも、4000円あれば十分足りてしまうところが長く愛されるバーの由縁でしょうか♪

老舗のバー


これぞ老舗のバーの代表と言えるのが1954年に創業したサントリー指定の優良バーであるヘルメスワインコーナーです。

池袋の西口から徒歩3分の場所に位置し、内観は重厚感のある石造りの壁や、艶やかで使いこまれたけや木のカウンターが目を引きます。

サントリー系列と言う事でウィスキーが1杯250円から楽しめ、良心的なバーでウィスキー好きにはもってこいでしょう。

カウンターとテーブルを合わせて25席の店内は、バーよりレストランのような空間にも近くフードにはつまみやオードブルから、特製ステーキサンドやピザまで揃いお腹も満たすことが出来ます。

ゆったりと落ち着いた店内は、くつろぎある大人の時間を過ごせるでしょう^^季節のオードブルはとても人気のようで売り切れになってしまう事もあるそうです、訪問した際にはぜひ注文のしてみましょう☆

基本情報

・店名:ヘルメスワインコーナー
・住所:東京都豊島区西池袋1-34-3 矢島ビル B1F
・電話番号:03-3985-1350

3.バー オリエントエクスプレス

ヨーロッパを駆け抜ける豪華特急をイメージした空間でお酒が楽しめる「バー オリエントエクスプレス」の店内は見るからに高級感が溢れ、いつも飲むお酒でもなんだか特別な気持ちにさせてくれます。

東京メトロポリタンホテルの2階にあるオシャレなバーで、女性同士でも背筋を伸ばしピンヒールを履いて入店するようなハイクラスで上品なバーです。

店名と同じカクテルのorient express(オリエント エクスプレス)はゴールドラムをベースにしたオレンジの香りが爽やかで飲みやすく女性にオススメの1杯です。

お酒も料理も両方を味わえる池袋でも数少ないセレブリティなバーです。

バーテンダーさんの腕もよくカクテルも定評があり美味しいお酒が飲める、高級がバーと言った感じです!ですのでオリエント・エクスプレスに行くにはお財布に余裕を持っている時にしましょう☆17:00から営業が始まりラストオーダーが23:00と仕事終わりにちょこっと贅沢を味わえ、定休日がないのも嬉しいですね☆

ヨーロッパ似の高級バー

1920年代から黄金期と呼ばれる時代に、ヨーロッパを中心に豪華列車の黄金時代が栄え、その代表的な列車の名前が由来となっているのが「バー オリエント・エクスプレス」です。

当初、パリからイスタンブールまでの路線を走っていた、まさに西洋と東洋をつなぐ画期的な鉄道でした。

オリエント・エクスプレスは豪華という言葉そのものが詰まった列車で、バー オリエント・エクスプレスはそんな雰囲気やそれに引けを取らない高級なお酒が楽しめる場所です。

オリジナルカクテルが1150円から、ソーセージ盛り合わせが1900円とお値段もそこそこ高級ではありますが、豪華列車オリエント・エクスプレスをイメージした車内で楽しむお酒は格別と言えるでしょう。

まさに勝ち組と言ったオーラを感じる店内では、美味しいお酒に身を委ね高揚感を味わうことが出来ます。

デートだけではなく、特別なイベントの時にもぴったりの雰囲気です。

基本情報

・店名:バー オリエント・エクスプレス
・住所:東京都豊島区西池袋1-6-1 ホテルメトロポリタン 2F
・電話番号:03-3980-1111
・URL:http://www.metropolitan.jp/restaurant_list/orient/

4.ビーボ! ビア アンド ダイニングバー

国内クラフトビールを中心に海外の輸入ビールや、よなよなリアルエールなど20種類のビールが揃っておりビール好きにオススメのバーが「ビーボ!ビア アンド ダイニング」です。

地下にあるお店の看板は大きくとても目立つので、すぐ見つけることが出来るでしょう♪
白と黒で統一された店内は、仕事帰りのサラリーマンやOLでとても賑わっています。

ビールの種類も豊富ですが、フードメニューも女性が喜びそうなピザやパスタはもちろん、ピクルスや専門店手作りジェラードなどもあり、1000円前後とお手頃なのも魅力です♡なんと土・日は15:00から営業しているビール好きにはたまらないサービスもあり、天気のいい週末には明るい時間から賑わいを見せています♪また閉店時間も26:00とたっぷり満喫が出来るので、最後の最後までビール党な人たちを満足させてくれる大人気のバーと言えるでしょう^^定休日なしのその気合も、リピーターの多さに繋がっているように思います!

海外の輸入バー

夏い季節はやっぱりビールですよね「とりあえず生ビール」なんてこのお店では邪道です!数多いビールの中から最初の1杯を選ぶのですら悩んでしまうほど目移りしてしまう豊富なメニューはビール党は絶対行くべきでしょう♡
ビーボ!ビア アンド ダイニングは色合いや味わいの違うビールが生樽で用意され、ビールのメニューには細かく各ビールの産地や香りなどの特徴が書かれおり、どれにしようか迷ってしまうこと間違いなしです^^真のビール好きが集うバーの雰囲気はビールが進みます。

また、ドイツやベルギー産のフルーツビールを取り扱っており、食事メインの方やお酒が苦手な人にもお酒を飲むだけではない楽しみを見つけることができ、女性同士でも気軽に立ち寄れそうです。

広くはない店内にはビール好きが集まり、池袋の中でも輸入ビールにこだわった人気のバーです♡ビール好きばかりなので、隣の席の人とも話が盛り上がりそうなお店です!

基本情報

・店名:ビーボ!ビア アンド ダイニング
・住所:東京都豊島区東池袋1-20-5 七富久ビル B1F
・電話番号:03-3987-1588
・URL:http://vivo-beer.com/

5.バー・ザ・クレイン

池袋西口に店を構える「バー・ザ・クレイン」ではクラッシックミュージックの掛かる店内で飲むカクテルもオシャレに決まりいいのですが、オススメはスコッチシングルモルト(所謂オールドボトル)などなんだとか。

19世紀のボトルや30年以上前のボトルが店内の壁面にずらーっと並んでいる姿は、古酒が好きな人にはお宝にも見えることでしょう^^モルトにあうシガー(葉巻)をマスターが選んでくれるなど、大人の階段を登るのにぴったりなバーと言えます。

シングルモルト以外にもグラッパなども置いてあるそうなので、バー・ザ・クレインは本当にお酒が好きな人が訪れ満足の出来るお店として名高い有名店です。

大晦日はお休みになりますが、基本年中無休でさらに営業時間は夕方17:30から翌日の5:00までやっているというのが驚きです!日曜のみ翌日4:00と少々早いもののそれでも十分すぎる営業時間で、とことんいいお酒に浸れる時間が味わえます♡

のんびりとしたクラシックに癒される

バー・ザ・クレインは大人の男が通うに相応しいと言えるバーです。

店内のクラッシュな雰囲気とそれを引き立てるクラッシックミュージックはこの店だけの時間が流れているようなそんな気持にさせてくれます。

それに見合ったオールドボトル類は、シガーとも相性が抜群がよく特別な時間を味わうことが出来ます。

池袋の繁華街から一歩店内に入るとそこはモルトやその他のお酒がずらっと並ぶ酒好きにはたまらない本格的なバーです。

1杯1万円近いモルトを片手に、お酒についてマスターと語りたくなるような大人の世界がそこにはあります。

古酒のことを知らない人でも、自分の今回の予算をあらかじめマスターに伝えておけば、その予算内でオススメのモノをいくつか見繕ってくれるので、初心者さんも安心して楽しむ事が出来ます!

基本情報

・店名:バー・ザ・クレイン
・住所:東京都豊島区池袋2−3−5 曙ビル1F
・電話番号:03-5951-0090

6.itten Bar

itten Barと書いてイッテンバーと読むこちらのバーは池袋東口側の雑居ビル8階にあります。

レトロな雰囲気の椅子やテーブルが独特な空気を醸し出す本格派バーです。

入ってすぐ、大きな水槽にはアロワナが泳ぐ迫力の店内は薄暗く、落ち着いた大人の雰囲気が漂っています。

ドリンクはもちろんですがフードのレパートリーの多さや味にも定評がありお腹もしっかり満たしてくれます。

結婚式の2次会でも利用出来る広さのある店内で、美味しい料理とマスターが腕を振るったカクテルを味わいながら窓からは池袋の夜景が楽しめ、ジャズが流れる店内で普段の疲れを癒すひと時を送ることが出来るでしょう♪複数でテーブル席で楽しくおしゃべりをしながら飲むお酒に向いているそうです。

年中無休で営業しており、18:00から月~土曜は翌日5:00と始発まで営業しているので平日休みのライフスタイルをお持ちの人も夜景が明るくなっていく姿を眺めながら贅沢な時間を過ごす事が出来るでしょう☆

アンティークな雰囲気が最高のバー

itten Bar(イッテンバー)の店内にある家具は、どこか懐かしくレトロなモノが溢れています。

こういったアンティークな雰囲気が好きな人は絶対ハマるインテリア達に囲まれながらオシャレなカクテルを味わうなんてとても贅沢に思えますね♪
古き良き時代を連想させるアンティークな空間は、文豪の書斎をイメージしていると噂があり、落ち着く大人の時間を楽しめます。

インテリアや家具だけではなく、お酒に花を添えるグラスなどの細部にもこだわりを窺うことができ、itten Barの空間が好きで通っている人もいるほどこの店ならではの世界観を楽しむことが出来ます。

接客の良さが好評で、複数人でもデートでも、もちろん1人でまったり楽しむ事もでき、細かな気配りをしてくれる店員さんは居心地の良さを与えてくれます。

ついつい長いをしてしまうバーなので、いろいろなシーンで足を運ぶことが出来ますし満足度も高いと言えるでしょう♪

基本情報

・店名:itten Bar(イッテン バー)
・住所:東京都豊島区南池袋1-17-13 ゴールデンプラザビル8F
・電話番号:03-3981-0018
・公式サイトURL:http://www.itten-bar.com/

7.ティップトップ

コンクリートの打ちっぱなしのオシャレな外観から見える半地下の店内は、それに引けを取らない重厚感あるデザイナーズビルならではの上質な空間を演出しています。

ショットバーとして好きなカクテルを1杯2杯と楽しむにの最適なのがティップトップです。

28年間続くバーの店内には、巧みに施されたミラーとライティングで落ち着いた仕上がりになっています。

600種類以上の銘酒やレアウィスキーが味わえる本物の大人に相応しいバーと言えるでしょう。

ティップトップはショットバーとして立ち寄るのがオススメで、ちょっとしたおつまみにレーズンバターや自家製のピクルスなどが用意されています^^
定休日は基本なしの年中無休のバーで、18:00から翌日5:00まで営業しています。

またラストオーダーは閉店の30分前なので、最後に1杯飲みたいという方にもおすすめです♡

ショットバーといえばここ

池袋はバーが多い地区ですが、その中でも古くからある老舗のバーの1つがティップトップです。

本格的なバーを求めるのなら1度は行ってみることをおススメします。

また、バーにもお店によっていろいろと特徴があり、その日の気分や一緒に行く人によって使い分けれるようになると上級者という感じになりますが、ティップトップの特徴はショットバーとして利用するといいでしょう。

ボトルキープというよりはその日の気分で自分の好きなカクテルを頼んだり、季節モノのカクテルを頼んだり、また飲んでみたいカクテルがあるのならバーテンダーに注文してみましょう^^オーダーからスマートにシャイカーを振りカクテルを作る姿は見ものでしょう♪色鮮やかでカラフルなカクテルが楽しめるので、女性を連れて行っても喜んでもらえるでしょう♡カウンター向いの酒棚にはぎっしりリキュールやレアボトルが並び、自分好みのカクテルを楽しめる事間違いなしです。

基本情報

・店名:バー ティップトップ
・住所:東京都豊島区池袋2-53-10 フラグメントMIB B1
・電話番号:03-3590-5017