社会人になるって、学生時代には想像できるようで出来ない、未知の世界なんですよね。

筆者が新社会人になったのはもう20ほど前のこと。

それでも社会人になって一年目の頃のことって、今でもよく覚えています。

社会人になるための面接をしたことも、当時の面接官の顔も(笑)

筆者は高校を卒業して社会人デビューを果たしたわけですが…社会人になるってどういうことなのかって、やっぱりよく分かっていなかったな~って思います。

高校時代はアルバイトをしていたので、なんとなく働くってどういうことなのか分かっていたつもりでしたが、やっぱりその程度の考えじゃダメなんですよね。

社会人になって約20年。

最初は新人としてがむしゃらに過ごしていたものの、年齢を重ねるごとに、新人を受け入れる立場も経験してきました。

両方の立場を経験してきた者として今回は、新社会人の皆さんへ社会人としての心得みたいなものをお伝え出来たらなと思っています。

もちろん筆者もまだまだ中堅。

社会人とは何たるものかを語れるほどの立場ではありません。

でも、上もいて下もいる、中堅どころだからこそ語れるものもあります!

今迷い、不安を抱えている新社会人の皆さんの参考になれば幸いです。

学生気分よさようなら!新社会人の皆さんへ

学生時代にアルバイトをするのと、社会人になるのとでは全く別物!
これは最初にもお話しましたよね。

働いてお金を得るのに違いはありませんが、学生の立場なのかどうかは大きく違うんです。

学生でいる時には、ある意味保証があります。

絶対に働かなきゃならないわけではないし、基本的には親が生活を支えてくれているのですから。

アルバイトをする理由と言ったら、自分のお小遣い稼ぎのためや、社会経験をしたいためでしょう。

つまり自分のためのアルバイトなんですよね。

ところが学生という肩書が外されると…ちょっとしたお小遣い稼ぎという気軽な気持ちではいられません。

社会経験したくて!なんてことも言えなくて、もう社会の一員として立派にやっていかなければならないんです。

1. いつまでも学生気分ではいられない!


社会人になったら、もう支えてくれるものも、逃げ出す言い訳もないということです。

これは、学生と社会人との大きな違いとなるでしょう。

いつまでも、学生気分ではいられないのです。

筆者の新社会人時代も、社会人としてはまだまだひよっこだったとは思いますが…それでも、近ごろの新社会人と、筆者の当時とでは意識が全く違うように感じたりすることもあるんですよね。

面接では、社会に受け入れてもらえるために、リクルートスーツに身を包み…新入社員として入社するときにも、ノンアクセサリーのリクルートスーツスタイル。

髪もしっかりまとめて、とりあえず身だしなみには最新の注意を払っていたものです。

でも案外、自分が新社会人を受け入れる立場になってみると、ミニスカートで面接に着たり、入社初日にロングヘアーをまとめずに来たり。

もちろんアクセサリーもつけているし、つけまつ毛のついた派手なメイクで来ちゃう子って多いんですよね。

そんな子だとやっぱり、学生気分が抜けておらず、「ちょっと社会経験しにきました」って印象に映ってしまいます。

2. 上司はしっかりと見ています!

「学生気分が抜けてないな」って第一印象を持ってしまうと、上司としてはガッカリ。

「まずは社会人としての最低限のマナーから教えなきゃいけないのか」って…仕事がひとつ増えた思いなんですよね。

それはもちろん、お金を払ってひとりの人間を育てていく会社としてもマイナスです。

普通の人より時間がかかる…つまりお金がかかるのですから。

筆者が新社会人になった頃の会社の新入社員で、そういった人がいた記憶はありません。

同期の社員たちもみんな、最初はド真面目なスタイルで、2ヶ月、3ヶ月と空気に慣れてきてから、「このくらいのオシャレはしても大丈夫かな」ってみんなで探り探り。

次第に会社の雰囲気に溶け込んでいった感じでした。

筆者が新社会人を受け入れるようになったのは、また別の会社なので…会社のレベルによっても入ってくる新人の質は違うのかもしれません。

それでも、最低限の身だしなみが出来ていない人は、年齢が上がれば上がるほど理解に苦しむ存在なのです。

社会に受け入れてもらおうという気持ちが、見た目からして感じられないのですから。

「リクルート活動をする上で、誰かに教えてもらわなかったのかな?」「親はどんな教育をしてきたのかな?」って、どうしたって思ってしまいます。

最近の子はそれよりもなによりも、自分のおしゃれのほうが大事なように思えることが多いんですよね。

おしゃれと身だしなみは全く違うということも分かっていないと…第一印象はいきなりマイナススタートです。

その身だしなみによって、新社会人が波乱の幕開けになることだって、無きにしも非ずです。

3. 学生と社会人の違いとは?


学生と社会人。

新社会人にとっては、いまいち違いの掴めないところかもしれません。

これは、社会に溶け込む中で身につけていくものでもあるのですが…

筆者が思うに社会人とは、“自分の責任で生きる”ということだと思っています。

もちろん社会人一年目では、まだまだ教わることばかり。

そういった学ぶ姿勢でいると、学生時代の延長のようにも思えるかもしれません。

ただ、社会人になった以上、教わったり学んだりしているその時間にも、お金が支払われているんです。

会社はまだお金を生み出すことの出来ない人材を、お金をかけてゼロから育ててくれているんですよね。

人はそうやって、会社の恩恵を受けて成長していくんです。

そしていずれ、会社や社会に還元していくことが求められています。

こうして社会は成り立っていて、社会人をゼロから受け入れる会社は、社会の一員としての役割を果たしている企業でもあるんですよね。

新社会人になった以上、お金をもらって学ぶ機会を貰っていることにプレッシャーを感じなければならないし、責任をもって取り組まなきゃならないんです。

1. 仕事をして報酬をいただく

仕事をして報酬をいただくとはどういうことか。

学生時代のアルバイトでは、自分の時間と労力の提供をすることで、そのぶんを時給としていただいていたことでしょう。

でも、時給分働くという意識では、社会人としては足りません。

もちろん、時間と労力分の報酬をいただくことは最低限の保証です。

でも、社会人になった以上は、自分の為だけを考えて働くのでは不十分なんですよね。

その仕事において、自分がどれだけ会社に利益を生み出せるか、またその利益を得るにあたって、お客様にどれだけの満足を提供できるか。

また、社会にどれだけ貢献できるかというのも、社会人のもつべき自覚なんです。

社会に出て、その一員になった以上、社会全体を支えていく一役を担っているのですから。

2. 取引先やお客さんに対する責任がある

新社会人の頃には、まだ自分の代わりに責任を負ってくれる上司もいます。

かといって、新人に責任がないかといったらそうではありません。

社会人にはひとりひとり、担うべき責任があるんです。

自分が仕事をして、商品や価値を提供する以上、そこに責任があります。

取引先や、お客様に対する責任はもちろんのこと、社会人として大人として、責任を果たさなければなりません。

責任という重責を感じるのがまず、社会人としての第一歩であり、学生との違いとなるでしょう。

事のしだいによっては、会社に大きな損失を与えることにもなりかねませんし、何より先様への大きな損害を与えることにもなってしまいます。

大きな責任は会社が負ってくれるかもしれませんが、責任感の無い社員ばかりだったら、会社はあっという間に潰れてしまいます。

3. 時間の拘束

仕事をして報酬をいただくということは、時間と労力の提供によるものだけではないとお話しましたが…それは決して、時間は提供しなくていいということではありません。

時間の提供は、最低限求められるところであり、その分は基本給として最低限保証されているのですから。

学生時代のアルバイトでは、ちょっと遅刻をしても怒られなかったとしても…社会人になって遅刻をするようじゃ、信頼は失ってしまいます。

もちろん、アルバイトだって最低限遅刻をしないように心がけないといけませんけどね。

でも、社会人になってからは、「授業が長引いた」なんて言い訳も出来ません。

仕事が一番に優先されるべきことであり、言い訳も甘えも通用しないのが社会人になるということです。

筆者が抱えていた新社会人に対する悩みのひとつにも、遅刻はよくありました。

5分10分の遅刻を毎日してくる新人がいて…やっぱりそういう人に対しては、仕事に対する姿勢を疑わずにはいられません。

5分10分なら、意識をすれば遅刻しないように出来るはずなんですから。

社会人一年目ならまだ、自分が怒られるだけで済むかもしれませんが、2年目にもなれば今度は新社会人を迎える立場。

それにアルバイトを抱えているような会社なら尚更、示しがつきませんよね?
日本では特に、時間の厳守は絶対。

これが出来ない以上、能力があっても信頼を得ることは出来ません。

4. ビジネス上の人間関係が広がる

社会人と学生アルバイトの違いにはもうひとつ。

ビジネス上の人間関係が広がることにもありますよね。

その会社の一員として名前を背負い、社会の一員として認められれば、ビジネス上での人間関係がどんどん広がっていきます。

それは、社会人として認められた証でもあり、自分の責任において生きている証拠。

あなたをただのアルバイトさんではなく、新入社員でも無く、ひとりの人間として見てもらえるようになるんです。

そうやって、時間と労力の提供だけに留まらないビジネスチャンスを広げていく。

それが、社会人になって仕事をするということなんです。

社会人が学生と違って求められる18個のこと

ここまで、社会人と学生の違い。

そして、社会人になるとはどういうことなのかをお話してきました。

最低限のマナーと心構えをもって社会に出ていくことは、とても大事なことなんですよね。

そんな意識を持ったうえでも、実際に社会に出てみれば、自分が想像できる範囲のことには治まりません。

あとは社会に出て、経験の中で成長していくしかない部分も多くあります。

それでも、ひとつひとつ経験し成長していく中で、いつか社会人として社会に受け入れられ、認めてもらえる日がくるんです。

教わるという受け身の学生時代から、学ぶという積極的な姿勢で取り組むこと。

社会人になったら、自分の成長も自分の責任において取り組まなければなりません。

ここからは、社会人が学生と違って求められることを、もっと細かくご紹介していきます。

学生時代の甘えから、社会人としての自覚へと切り替えるヒントにしてみてください!

1. 自分の発言に責任を持つこと

社会人が学生と違って求められることはまず、自分の発言に責任を持つこと!
これまでも、責任責任と口酸っぱくお話してきましたが、やはり社会人としては責任を持つことが何よりも求められることです。

それは、自分の発言もそう。

ついうっかりでは済まされない場合があるんです。

そのうっかり発言によって、会社やお客様に損失を与えることにも成りかねません。

自分に責任があることを自覚していなければ、発言も適当になりがちなんですよね。

自分で判断しきれないことを、自分の考えで答えてしまったり。

約束してしまったり。

それが間違っていた時、自分で責任を負う覚悟が出来ているかどうかです。

また、上司に判断を仰いだことであっても、それを自分の口からお客様に伝える以上、そこには自分の責任も発生しています。

事実、お客様と話しているのはあなたなのですから、お客様はあなたに責任を求めるはずです。

何かあった時、「私が言ったことじゃないので」って…言われたお客様の立場になって考えてみてください。

そんな無責任なことってありません。

社会人になったら、自分の発言には要注意。

責任を持って発言をしましょう。

2. 自分の仕事を責任をもって最後までやり遂げること

また、社会人になったら、自分の仕事を責任をもって最後までやり遂げることも大切です。

また責任…ですね。

それだけ大事なことなんです。

アルバイトなら、時間内にやりきれなかったことを「終わりませんでした」で済むかもしれません。

それにアルバイト相手なら、会社側も時間内に出来るところまでの仕事をしてもらうことしか、期待もしていません。

でも社会人になったら違います。

任された以上、途中で投げ出したり、誰かに引き継ぐことは出来ません。

自分の責任として、最後までやり遂げなければならないんです。

先ほどの、発言に責任を持つという点でもそうですが、時に出来もしない仕事を「出来ます」と言ってしまう人がいます。

そう自分で発言したのなら、その発言に責任を持たなければなりませんよね?
しっかり部下を見ている上司なら、本人が出来ると言っても、上司から見て出来ないと思える仕事は任せなかったり、どこまで出来るか任せてみて判断したりしています。

そこでやってのければ評価も上がるかもしれませんが、やり遂げられなければ信頼を失います。

責任をどれだけ負えるかっていうのは、社会人と学生の大きな違い。

社会人には、責任が求められるんです。

3. 指示待ちするのではなく自分から進んでやること

社会人が学生と違って求められることには、指示待ちするのではなく自分から進んでやるという姿勢にもあります。

これも、学生時代のアルバイトなら、指示されたことをやればいいだけだったかもしれません。

学校の授業では、受け身の姿勢で良かったかもしれません。

でも社会人になったら、受け身の姿勢でいたら自分の成長は望めません。

先ほどもお話したように、自分の成長も自分の責任においてやるべきこと。

積極的に学びに行く姿勢、自分から仕事を獲得していく姿勢が大事なんです。

新社会人の時はまだ、社内の仕事を進んでやる程度にとどまるかもしれませんが、その攻めの姿勢がやがて、大きな仕事を得ていくことにも繋がっていくのです。

社内では、待っていても仕事がやってくるかもしれません。

でもそれは、上司から与えられる仕事ですよね。

その上司がどこから仕事を持ってくるかといったら、社外にいるお客様や取引先からです。

社外から得る仕事は、待っていてもやってきません。

いずれは自分が、自ら仕事を獲得していかなければならないんです。

社会人になったら受け身の姿勢は捨てることです。

4. 同じ失敗を二度しないこと

社会人になったら、同じ失敗を二度しないよう意識しておくことも大切です。

学生時代の勉強では、テストで同じところをミスしても、それは自分の学びが進まないだけ。

でも社会人には責任がありますよね?日々、社会人として成長していくことが求められているんです。

社会人になってからの失敗は、自分だけではなく、そのまま多方面に影響を及ぼします。

お客様や会社への損害。

もしくは、自分の評価にも影響してくるでしょう。

自分の評価に影響するということは、得られる報酬にも、違いが出てくる可能性もあります。

新社会人なら、失敗をしても会社や上司がカバーしてくれるかもしれません。

でも、2度目は無いと思って取り組まなければならないんです。

5. 一度失敗してもそれをバネにちゃんと成長すること

社会人になって求められる、同じ失敗を二度しないこと。

それは、一度した失敗がちゃんと身になっているかどうかが問われているんです。

一度目の失敗は仕方がないこともあります。

でも、その失敗をバネにちゃんと成長することが、何より求められていることです。

人は、失敗の経験から学び、それを改善することで成長していくものです。

それは、上司も会社も織り込み済み。

経験を積んで成長していくことを、期待しているんです。

だから、一度目の失敗はちゃんとフォローする。

だけど二度目はありません。

6. 自分中心ではなく会社のためを思って行動できること

自分中心ではなく会社のためを思って行動出来ることも、社会人になって求められることです。

学生時代のアルバイトなら、自分の時間を提供し、自分の為になることをやるだけでも成立します。

でも、一つの会社の社員として働く以上は、その会社の名前を背負うということです。

あなたの行動次第で、会社の評価にも影響してくるのです。

社員一人が会社の意にそぐわない行動をするだけで、会社のイメージはがた落ちです。

少し前に、ある宅配業者の社員が、荷物を乱雑に扱っている映像がTVで流れて話題になりました。

それだけで、その業者を使うことを不安に思いますよね?
そうやって顧客の信頼を失い、仕事を失っていくこともあるんです。

会社に所属する以上、会社を背負っていることを忘れないこと!これも、社会人になって求められる意識です。

7. 公私をしっかり区別すること

社会人になったら、公私をしっかり区別するっていうことも、当たり前に求められることです。

プライベートで嫌なことがあっても、それを仕事に持ち込むことは出来ません。

仕事は仕事、プライベートはプライベートです。

特に携帯が普及してきてからは、この境目を曖昧にしてしまいがちだと思うんですよね。

筆者が社会人になった頃も、すでに携帯は普及していましたが、職場に携帯電話を持参しているなんてことはありませんでした。

出勤したら携帯はロッカーにしまい、お昼休みや仕事が終わってからしか見ませんでした。

今は個人の携帯が仕事の連絡に使われたりもすることから、そこに入ってくるプライベートな電話やメールも、仕事中に気軽に見られる環境になっていたりするんですよね。

それが、プライベートと仕事の境目を分からなくさせているとも思うんです。

仕事では本来、会社から与えられた連絡ツールを使って仕事をするべき。

これは会社の問題でもあるのかもしれませんが…。

8. 守秘義務をしっかり守ること

個人の連絡ツールを使って仕事をするということは、本来個人が持つべきではない情報を、個人が得ることにも繋がってしまうんですよね。

社会人に求められる守秘義務。

個人でお客様との直接のやり取りをすることは、守秘義務を犯す可能性だってあるんです。

個人のスマホに入っているお客様の情報。

もし、そのスマホを無くしてしまったら?
謝って済まされる問題ではありません。

スマホの問題だけではなく、仕事上で得た情報を漏えいすることは、犯罪にも繋がる可能性があります。

公私を区別するということは、守秘義務を守ることでもあるんです。

9. 自己管理や体調管理をしっかりして周囲に迷惑をかけないこと

自己管理や体調管理をしっかりと行い、周囲に迷惑をかけないようにすることも、社会人に求められることです。

これも責任の話になりますよね。

自己管理が出来ていないと、会社での自分の責任を果たせません。

そして、自分の責任で生きていくという面においても、社会人としての自覚が足りないことになってしまいます。

仕事も生きていくことも、身体が資本。

その身体の管理をするのは、自分の責任においてやるべきことなんです。

10. 目標意識をしっかり持つこと

社会人になったら、目標意識をしっかり持つことも求められていることです。

学生時代のように、受け身のままでは社会人としては不十分だとお話しましたよね?
そして、成長していくことも、社会人には求められています。

そのためには、目標をしっかり掲げること。

それを意識して日々仕事に取り組むことが大切です。

目標も無くただ与えられた仕事をしているだけでは…社会人としての責任を担っているとは言えません。

自分の目標も、会社の目標も、日々意識していかなければならないんです。

11. 売上や利益ということをしっかり意識すること

会社の目標というのは、売り上げや利益の目標として示されている事でしょう。

それが会社が成長していくための目指すべきところであり、会社の一員である以上、社員ひとりひとりの目標でもあるんです。

新社会人でも中堅でも、会社としての目標は共有していかなければなりません。

一丸となって取り組み、会社を進化させていくことは、自分の成長や対価となって帰ってくるんです。

売り上げや利益目標は、会社の目標であり、個人に与えられた目標としても意識すべきところです。

12. 思いやりを常に持って行動すること

社会人になったら、学生とは違って自分のことだけを考えていてはダメなんです。

思いやりを常に持って行動することも大事なことです。

会社に勤めていれば、多くの社員と一緒に仕事をしていくこととなります。

同僚、上司…また、取引先やお客様との関わりもありますよね。

この社会で、人との関わりなくして生きていくことなんて出来ません。

思いやりをもって人と接し、良好な関係を築いていくことは、生き抜く上でとても重要なこと。

自分たった一人で仕事をすることも、生きていくことも出来ないのですから。

13. 謙虚な気持ちで頑張ること

新社会人の時は特にですが…謙虚な気持ちで頑張ることも、求められていることのひとつです。

学生時代にその業界について勉強したことがあったり、アルバイトで関わったことがあったとしても、責任があるのと無いのとでは全く違います。

実際に社会人になって働くということは、頭の中にある知識だけでは成立しないものです。

業界について専門学校にいって学んだことであっても、それは知識を得たに過ぎません。

その知識は活かすものであって、ひけらかすものではないんです。

「頭でっかちな新人ほど、扱いづらいものはない」とは良く聞く話だし、筆者も実際に感じたことです。

謙虚な姿勢っていうのは、仕事を円滑に、人間関係を良好にしていくものですよ!

14. 先輩に対する尊敬の気持ちを忘れないこと

謙虚な姿勢を持つということは、先輩に対する尊敬の気持ちを忘れないことにも繋がりますよね。

社会ではそうやって、良好な人間関係を築いていくものです。

それは、一見仕事の能力とは関係ないように思えても、仕事をしていくにあたって大切なことなんです。

先輩に対して尊敬の気持ちを持ち、謙虚な姿勢でいることで、仕事はスムーズに進んでいきます。

やっぱり先輩だって人間。

そういう部下のほうが可愛いですから。

それに、少し仕事が出来るようになってくると、途端に先輩を見下し始める人もいますよね。

仕事が分かってくると、先輩の仕事の能力も見えてくるんですよね。

それで「自分の方が出来る」と勘違いしてしまうことも…。

本当に仕事の出来ない先輩がいる場合もあるかもしれませんが、先輩には新人にはない経験があります。

自分より早く社会にでて、社会人としての経験を積んできた人に、かなう訳がありません。

また、先輩と新人とでは背負っている責任も、やるべき仕事内容も違います。

自分の目線では、先輩の良し悪しを判断することなんて出来ないんです。

目上の人は敬うべき存在。

これは社会人としてのルールです。

15. 身だしなみや清潔感を大事にすること

社会人としての最低限のマナーとして求められるのが、身だしなみや清潔感を大事にすることです。

最初のほうにもお話したことですよね。

おしゃれではなく身だしなみ。

そして清潔感。

これは、社会人として受け入れてもらうために意識しておきたい、最低限のマナーなんです。

人は見た目が9割とも言われています。

見た目の印象が、仕事にも影響するんです。

最低限のマナーが出来ていれば、まず信用をしてもらえます。

仕事を任せる側からしたら、信用出来る人間かどうかが大前提なのですから。

16. 公共のマナーを守ること

社会人になったら、公共のマナーを守ることも求められることのひとつです。

みんながマナーを守ることで、気持ちよく過ごすことが出来るんです。

特に日本では、マナーを守ることが、社会人に求められていますよね。

子供たちの模範となり、よりよい社会を社会人ひとりひとりが作っていく。

それが、社会人の責任なんです。

17. 感情のままの言動をしないこと

感情のままの言動をしないことも、社会人に求められる資質ですよね。

出来ていない大人も多いような気はしますけど…。

感情のままに言葉を発したり、行動をしたりするのは、子供と同じです。

社会人なのですから、大人であることは必須です。

そして大人なら、自分の感情に踊らされているようじゃ…人として未熟としか言えません。

冷静に、広い視野をもって、言葉も行動も選ぶべきです。

18. 時間厳守

これもお話したことではありますが、社会人になったのなら時間厳守は絶対です。

遅刻しても、やるべき仕事が終わればいいという問題ではないんです。

決められた時間に出勤し、決められた時間内に仕事を終わらせること。

これが、仕事をする上で最低限求められていることであり、これが出来てようやく社会人として認めてもらえるんです。