CoCoSiA(ココシア)(旧:生活百科)

癒しを得るための22個の方法


この時代に生きている人は、これまでにないほどのストレスと情報に囲まれて生活しているはずです。

また、便利になった時代でもあります。

どこかに出かけようと思うとすぐに車で出かけられるし、新幹線や飛行機も自由に利用できるのです。

日本国内だけでなく、世界の国々にも容易に出かけられるようになりました。

都会生活では、24時間利用できるお店も多いし、そこで働いている人もいるのです。

便利になった半面、それが原因でストレスを抱える人も増えてきました。

以前は、ストレスが溜まると旅行に出かけたりスポーツを楽しんだりと結構楽しむこともできましたが、現代では息を抜く余裕がなくなってきたのです。

生活が不規則だったり休暇を取るのが難しくなったりと、働く環境も変化してきました。

唯一のプライベートの時間も、スマホがあるのでこれに夢中になるのです。

時間に構わずLINEで連絡が入り、すぐに返信しないと相手に納得してもらえません。

心身共にゆっくり休める時がなくなっているのです。

ストレスが溜まり過ぎると、身体に変調をきたします。

疲労感が増えて不眠、食欲不振、胃のもたれ、肩こりや高血圧などを引き起こします。

さらに、女性では肌が荒れたり、円形脱毛症、男性ではEDを引き起こしたりと心身症の影響が出てくるのです。

ストレス過多がさらに続くと、うつ病の原因にもなるのです。

こんなに怖いストレスを早めに解消する方法を考えてみたいと思います。

癒しを得るための22個の方法を紹介!

ストレスを解消するための手軽な方法として、リラクゼーションが上げられます。

ずっと座って仕事を続けたり、PCで作業をしたりするときに、背伸びやあくびをしたりすることで身体を休めるのです。

休養や骨休め、くつろぐという動作です。

最近は、ストレスを解消するために、「癒し」というキーワードが目立つようになりました。

「癒す」とは、ストレスから起こる病気や傷を「治す」ことを意味します。

癒すには、脳がα波を出して副交感神経が優位に働いている状態を作ることが必要です。

心身共にリラックスできている状態なのです。

この状態が続くと、ストレスが解消されることになります。

癒しで代表的な事例は、イルカと触れ合うことで自閉症の治療に効果が見られることです。

心に傷を抱えた子供たちを癒して治療してくれるのは、イルカや動物たちなのです。

そんな癒しを得るための方法について、まとめてみました。

1.深呼吸をする


深呼吸は、誰でも手軽にできるストレス解消方法です。

イスに座ったままでの深呼吸の簡単な方法は、まず鼻からたっぷりお腹に空気を吸い込みます。

腹式呼吸になるのですが、お腹が膨らんで来ます。

お腹いっぱいに空気を吸い込んだら、口を小さくすぼませて、息をゆっくりと吐いていきます。

口笛を拭くように、約10秒間ぐらいの時間をかけて最後まで息を吐いていきます。

次にまた同じように、鼻から空気をお腹に目いっぱい吸い込みます。

一杯になると、また口をすぼませてゆっくり息を吐いていきます。

この動作を、3回繰り返してみてください。

片手のひらをお腹の上にそっと当てておくと、吸い込んだ空気で膨らんでくるのが分かります。

吐く時もお腹が凹んでいくのが分かります。

深いゆっくりとした呼吸は、副交感神経の働きを強くする作用があるので、緊張を和らげて気持ちをほぐし、ストレスを減らしてくれるのです。

さらには、深呼吸によって横隔膜が内臓を刺激するので、内臓が活発になって血行を促進するため、血の巡りが良くなって冷え性の改善にも役立つのです。

2.瞑想をする

瞑想は、仏教の世界では修行のひとつになっており、日本人なら一度は経験したことがあると思います。

その瞑想は、脳の働きと関係があるとの科学的な解明もされてきて、リラックスさせる精神的な効果だけでなく、健康や美容にも効果があると言われています。

この瞑想は海外でもブームになって、大企業の経営者のビル・ゲイツ氏やスティーブ・ジョブズ氏や有名な女優さんも取り入れるようになりました。

瞑想の科学的に確認されている効果は、記憶力を向上させてストレスに打ち勝つ心を作ることができると言うことです。

また、幸福や喜び、情熱などの肯定的な感情を司る左前頭葉が活発に活動するため、幸福度を増加させる効果もあることが分かっています。

ではどのように瞑想をするかです。

本格的に瞑想を会得したい人は、今流行りのヨガの教室でレッスンを受けることもできます。

ページトップ