男性に好きな女性のタイプNO1は、容姿以外に「気配り」が出来る人です!この気配りが男性にも周囲にもモテる女性につながります。

なので気配り上手さんの周りにはいつも人が集まってきたり、周囲のことを考えてくれたり、事前に困らないように行動してくれたり、色んな人を見て観察することが出来たり、優しい、謙虚、時間(心)に余裕があったり、察することができるなど、あなたの周りにもそんな人いませんか?またあなたは気配り上手さんでしょうか?自分が実行するとなったら簡単なようだけど難しいですよね・・・。

どのタイミングで、どういうふうに、どんな気配りをすればいいのか・・・。

本当の気配りとはどういうものなのか・・・をこれから考えていきましょう!

気配り上手になるために

辞書での「気配り」の意味は「手落ちや失敗のないように、あれこれと気をつけること」とあります。

でも、本当の気配り上手さんになるには、さりげなさや自然に出来ることが必要になってきます。

さりげなく手伝ったり、自然と声をかけることが出来たりします。

そして、気配り上手さんは行動を伴っていることが多いです。

どうすればそのような人になれるのかというと、常に周囲を見る、観察する、人が好き、色々ことに関心を持つ、時間(心)に余裕を持つ、やりすぎない、自分に対しても気配りする、愚痴や悪口を言わず常に前向き、老若男女、障害有無に関係なく誰とでもまんべんなく接せられる、察する力がある、陰で支えてくれた人たちへの感謝を常に忘れないなど、様々なことが気配りにつながっていくと思います。

では気配りのできない人はというと、すべてその逆です。

でも、すべて行動に移すことは難しいことです。

まずは、自分から挨拶する、聞き取りやすい声で話すなど、自分ができそうなことからやってみてくださいね。

気配りができる人の特徴とは


さて、気配りの出来る人の特徴とはどういったものなのでしょうか?
以下を参考にしてみてください。

何事も率先してする

何事も率先してするということは、まずすぐに返事したり、すぐに行動するということです。

これは、職場先でもプライベートの時でも言えることです。

たとえば、もしあなたに「○○日に食事会を開こうと思うんだけど都合を聞かせて」と言われて、いつまでも返事をしなかったら困るのは相手ですし、信頼も生まれません。

聞かれたことに対してすぐに返事をするということは、相手の立場に立って相手が困らないようにするということです。

ここで相手を確認し、しっかり見ておくということ、そのためには自分の周りを整理整頓してすぐに動けるようにしておくこと。

気づかれる前に動く、ということが必要になってきます。

相手のしてほしいことをすぐに理解する


相手のしてほしいことを理解するということは難しいようですが、ようはコミュニケーションが取れているかどうかです。

これは、相手のことを理解しようという発想から生まれることが多いと思います。

そうすれば相手がどう思っているのか、何が困っているのか、何を手伝ってほしいのか、が理解しやすいですし、もし、分かりにくければ「こういう場合、あなたならどんなふうにされると嬉しい?」と聞いてみてください。

素直に質問するということも十分な気配りだと思うんです。

大事にしたい人の心を知る。

それが相手を理解するということにつながりますし、気配りも自然になっていきますよ。

余計なお世話にならないように注意する

余計なお世話にならないように注意ということは、たとえば、自分では気を配ったつもりなのに、「余計なお世話!」と相手に怒られてしまった・・・という経験はないでしょうか?こんな時はがっかりですよね・・・。

気配りと「余計なお世話」。

違いはどこにあるのでしょうか?何をしてほしいか?それは相手が望んでいることか?その人をよく見て、自分の目線ではなく相手の目線で考える。

それが「余計なお世話」にならないようにするための、ちょっとした秘訣かもしれません。

やりすぎないのも気配りの一つ

やりすぎないのも気配りの一つとは、気配りし過ぎるあまり、自分が疲れてしまうこともあります。

気配りは良いことですが、自分が疲れて余裕がないほどの「し過ぎ」は人との関係を良くするどころか、却って自分が「浮いてしまう」ということもあります。

また、相手からすると違和感を覚えてしまうこともあります。

気配りをしてもありがたく思わない人も中にはいますので、相手をよく見て、「この人には私がやったらおせっかいになるなぁ」と思えば、気配りもほどほどにした方がいいことが分かります。

いつも前向きな言動をしている

いつも前向きに話している人って素晴らしいですよね。

でも、もし相手に悩みがある人で前向きになれない相手からすれば、やっかみに近い気持ちになったりするものです。

やはりここでも、前向きに考えながらも相手をよく見ること、そして、もし相手が「困っている、助けて」のサインを見向くことができたら声をかける。

その時も、相手の立場に立って話を聞く。

しんどいと思っている人には「頑張って!」と言わない。

何故なら相手は頑張っているからこそ悩んでいるのに、こちらが「頑張って」というのは無責任だからです。

声をかけたいなら「私はあなたのことよく見てるよ。よくやってるよ。」と言ったほうが、相手も素直に話しやすいと思いますよ。

これは思いやりにもつながります。

一緒に居るとポジティブになれる

ポジティブな人の周りには、ポジティブな人が引き寄せられるように寄ってきます。

これは、その人と一緒にいると楽しいから、時間も共用して話したぃから、安心して話せるからです。

それは、その人に相手の話をよく聞き、相手のことをよく理解できる力があるからだと思います。

愚痴や悪口をいわないことも安心できますよね。

逆にネガティブな人は、一緒にいても楽しくない、愚痴や悪口ばかりで「もしかしたら自分も他の人に悪口を言れているのではないか・・・?」と思って不安になる、もう近づきたくないと思ってしまう、または自分だけ外れるのは怖いから仕方なく一緒にいる、など、マイナスの人間関係を続ければなりません。

つまりはポジティブな人=安心出来る人、ネガティブな人=不安な人とのつながりということだと思います。

相手をよく観察していて褒め上手

自分も褒められると嬉しいですよね。

気配りの出来る人は、相手をよく観察しているので、心から褒めることができます。

相手の長所を見抜いているんですよね、「褒め上手」は、同性からも異性からもモテモテ!どうしたら褒められるのか?というと、たとえば、「今日の洋服決まってますよね、髪型と合っていてオシャレ!」、「あなたのこういう○○な気持ちのところが素晴らしい!」、「○○が得意というだけあって、さすが上手いですよね!」などは相手をよく観察しているから出来ると思います。

怒ることや怒鳴ることはすぐできるのに、褒めることはなかなか難しいと思うのなら、相手の短所ではなく長所をよく見てみるようにしましょう。

子育て中のママさんが、子供に怒ってばかりで褒めることが出来ない・・・ということがよくあると思います。

話は少し違うかもしれませんが、「ママは怒ってばかり・・・」と思っている子供も多いと思います。

そういう時は、「あなたが大好きで、これから大きくなっていくあなたに困って欲しくないからママは怒るんだよ」と、フォローを入れると子供は納得しやすくなりますよ。

相手のいいところに気づけるのは心に余裕があるから

心に余裕がある人は、気配りも難しいものではないと思います。

自分に余裕があるから周りをよくみることができ、自然と相手の欲求を受け入れることができるのですね。

ですので、気配りは自分の心に余裕がないとできません、そのためには、自分自身のストレスを溜めない、自分で解決できない゜場合は人に頼ることもよいと思います。

自分自身の気配りを大切にするということも大切で、相手のいいところを見て気づけるのは自分を大切にしているからできることだと思います。

ついつい人と比べてしまい劣等感に落ち込んでいるなら、「自分は自分」と思えるように癖付けしましょう。

縁の下の力持ちの存在に気づいて感謝する

縁の下の力持ちとは、「陰で動いている人」。

すなわち勝者や成功したとされる人を陰で支えている人」のことです。

つまり、この人たちがいて自分は成功したということを知り感謝すること。

なぜなら、どんなに勝者や成功を収めた人でも、気配りのある人は、1人で成り立って勝ったり成功したりしないことを知っているからです。

その陰の人がカバーしてくれ、フォローしてくれたりしながら自分は生かされていることを知って感謝の心は芽生え気配りが生まれます。

「陰で支えててくれている人」をよく見ておきましょう。

まんべんなく人を見ることができる

まんべんなく人を見るというのは、老若男女、障害有無に関係なく、自分が好意を持つ人以外にも関心を持って話を聞き行動する。

つまり、全員に気を配ることができます。

自分はそんなに大したことをしていないつもりでも、された人にとったらありがたく受け取ってもらえるでしょう。

そんな人は老若男女、障害有無問わず友達と呼べる人がたくさんいます。

それは、まんべんなく誰からも好かれるので、見知らぬ人からも「あの人と一緒にいることができたらいいのになぁ」と、楽しい雰囲気の中で楽しい人を引き寄せてくれます。

つまりはモテモテ度アップに自然とつながるんですよね。

気配り上手さんになるためにしたい、具体的な10個のこと

それでは、「気配り上手」になるためたはどうすればいいか、10項目を具体的に説明していきましょう。

1.空気の読み方を覚える

「KY」という略語がありますが、これは、「空気が読めない人」で結構知られていると思います。

では、空気が読める人とはどんな人なのでしょうか?心が読み取れない場合は、言葉に出して「相手の表情を見て望んでいることを見つけ出す」というのも大切です。

ちょっとした変化を逃さず行動!で気配り上手さんになれると思います。

2.一つのことに集中しない

一つのことに集中して没頭し過ぎると、周りが見えにくくなります。

精神統一で皆がそれに向かっているならともかく、そうでなければ、様々な場所や人に目を向けることが「気配り上手」につながると思います。

3.周囲の人の様子を観察する

周囲の人の様子を観察するとは、たとえば「自分の子供の様子がおかしい」と感じることと一緒で、周囲の人にも「何かいつもと違う」と、常に観察している気配り上手さんには、表情を見て観察できる力を持っています。

観察するということは大事なことだと思います。

動物と接して「何を言おうとしているの?」か、を考えるのもいいかもしれません。

4.人のことを自分の身に置き換えて考える

人のことを自分の身になって置き換えるということは、「自分だったらこういうタイミングと、こういうことを人からしてもらうと嬉しいなぁ」と思うように考えることです。

ここで、大切なのが想像力。

想像することで人の立場に立った考えや行動ができるようになりますよ。

5.その人の流儀や性格を考える

人の流儀や性格を考えるとは、難しいですよね。

これを意識し過ぎておせっかいになっては、元も子もありません。

無理をせず自分ができる範囲で、おせっかいにならないように注意しながら「気配り上手さん」になりましょう。

6.時間に余裕を持つ

時間に余裕を持つとは、自分の用事をサッサッと済ませて、時間に余裕があることから周囲の気配りも自然とできるようになっていきます。

時間に余裕がない人は、自分のことで精いっぱいとなり疲れ果て周囲への気配りもできなくなるので、ホッと、一息つく心の余裕を持っていく習慣をつけてください。

自分のやるべきことの時間管理を徹底する

自分がやるべきことの時間管理を徹底するとは、たとえば、今日は○○時頃に子供を送って職場に行き終了○○時のあと、子供を迎えに行き食材の買い出し、、○○時に帰宅して調理、○○時頃に主人が帰宅して夕食・・・というように、自分の時間帯の管理を徹底すれば、時間を無駄なく使うことが出来ますし、余裕が出来て気配り上手になれます。

残りの時間を最善のことをする時間に使う

残りの時間を最善なことをする時間に使うとは、、上記の自分がやるべきことの時間管理をして、あとの時間は自分時間として好きなことをする時間に費やせば、余裕が出来て気配り上手さんになれます。

好きなカフェに行く、友達とショッピングを楽しむ、趣味のことに没頭するなど、そうすれば充実した日々が送れストレスフリーになりますので、気配りも芽生えてきます。

逆に「あとからする、あとでもできる」と後回しにする人は結局、そのやるべきことを忘れたり急いでやることで時間の余裕は生まれにくくなっていきます。

7.観察力を身につける

観察力を身につけるとは、相手に対して「観察力」を身につけると、自然と相手のやって欲しいことが分かって来ますし理解も出来ます。

人をよく見て、「何がこの人はして欲しいのか」を考えられると気配り上手さんになります。

相手が何をしようとしているかを観察する

「観察力」を身につけるといっても、最初は難しいかも知れません。

ですので、まずは相手が何をしようとしているのかよく見てみて下さい。

じっくり観察してみて「あ、分かった!」と理解出来たら行動に移しましょう。

何をしてほしいのかを「察する」練習をする

何をしてほしいのか「察する」ということは、日本独特のものです。

相手を察する、すなわち、「あうんの呼吸」や「以心伝心」とも言われます。

これが出来る人は自然と気配りが出来ています。

気が利く、気が回る、気を利かすなど、私たちの日常でも自然と使われています。

俳優の故 高倉健氏は、この「察する」ということが当たり前のようにできる人でした。

それは映画の中でも随所に表れています。

8.幾つものことを同時に何個も見る

幾つものことを同時に何個も見るということは、たとえば乗り物に乗っていて窓を眺めていると色んな景色が変わっていくことを見ることが出来ます。

それと同じように、日常でも、行くところをいろいろと同時に見てみましょう。

最初は難しいかもしれませんが、歩きだしたら見える景色が変わっていくことに気づき気配りというものが分かって来ます。

24時間みんなが平等に与えられた時間、有効に使って幾つものことを同時に見ることのできる気配り上手さんになりましょう!

一つのことに集中してしまうと余裕がなくなる

一つのことに集中してしまうと余裕がなくなるとは、どんなときにも言えることですが、没頭しすぎるあまり周りに気づけなくなります。

気配りとは周りの目に気を配ること。

それが気配り上手さんの第一歩です。

いろんな場所へ行っていろんな人たちを、よく見てみましょう。

想像力と時間でモノを測る

想像力と時間でモノを測るとは、たとえば「こんなことを言ったら相手は喜ぶのかな?」、「○○のことを相手の心地よい言葉にして伝えるには?」など、タイミングを考えながら伝えられるかどうかで気配り上手さんになれます。

難しいように思いますが慣れればきっと出来ますよ。

9.考えるより行動!

「気配り」をいくら頭で考えても行動しないと何も始まりません。

つまり、失敗を恐れていては何も出来ないということです。

「よし、まずやってみよう!」を習慣にしましょう。

失敗したら失敗した時に考える。

行動すれば未来は広がります。

相手にとって良いことかどうかは自分ですぐに見極める

相手にとって良いことかどうかを自分で見極めることがも気配りには必要です。

しかし、ちょっと最初は難しいかもしれません。

難しいと思うなら、「コレ、私は良いことと思うんだけど、あなたはどう?」と聞いてみるのもいいかもしれません。

自分がされてうれしいかどうかが判断基準

自分がされてうれしいかどうかは、たとえば、真夏に誰もが欲するのは冷えた飲み物。

そんなタイミングで相手がよく冷えた飲み物を自分のために用意してくれたら、嬉しいのはもちろん、「なんて気配りが出来る人なんだろう!」と胸も熱くなりますよね。

こうして、自分がされて嬉しいことを考えることが重要です。

10.相手のストレスにならない程度にする

相手のストレスにならない程度とは、ストレスの原因のほとんどが人間関係から生まれます。

その人間関係が上手くいけばストレスも減ります。

気配りは、空気を読んだり察したりということでなかなか自分には難しいと思われがちですが、そんなことをしなくても出来る気配りはたくさんあります。

いきなり普段しないことをしようとすると、自然ではなくなったり、ぎこちなさが出て上手くいかないこともあります。

ですからまずは、自分から人に挨拶するなど、出来ることから始めてみてはどうでしょうか?

おせっかいと気配りの区別をしておく

おせっかいと気配りの区別とは、たとえば、相手にいつの間にか無視して「コレ、やってあげるね!」とか「貴方のことを考えて言ってるのよ」というようなことは、おせっかいのなにものでもありません。

相手のことを考えた上で、相手目線で単なるおせっかいにならいように注意することが「気配り上手さん」には必要です。

相手に気配りを押し付けるのはやめよう

気配りの押しつけとは、「親切の押し売りにならないこと」です。

相手のことを考えて行動するのが「気配り上手さん」です。

すべて自分目線ではなく相手目線で高度えすることが大切です。

気配り上手さんの行動例

では気配り上手なことを行動を具体的な例にしてみましょう。

相手に気配りだと気づかれない気配り

居酒屋などに行って座敷なら皆の靴をサッと揃えてくれる人。

注文したものをさりげなく取り分けてくれる人。

帰り際にもさりげなく忘れ物をチェックしてくれる人。

エレベーターで降りる人がいるとき開くボタンを押してくれ自分は最後に降りる人。

お店の入り口のドアを自分の後から入った人のために押さえていてくれる人。

電車で車いすの人やベビーカーの人を見かけたら黙って前輪を上げてくれる人、乗りものなどで気分が悪い時にサッと席を譲ってくれる人。

疲れて居眠りしていたらソッと毛布をかけてくれる人。

次は、ちょっと変わって、こんな人が彼女だといいなぁ・・・と思うことを挙げます、芯は強くてしっかりしているけど自分が悩んでいるときに何も言わずそばにいてくれる。

仕事で疲れて帰ってきたらずらりと晩御飯を準備してくれていた、など、さりげなく自然な行動だから、気づかれにくい気配りです。

相手が隠していても気づくほど細かい気配り

「刺身が食べたいから醤油が欲しい」と思っていたら「はい、どうぞ」と渡してくれる人。

ビールがなくなりそうな時に「ビールはいりますか?」と声かけをしてくれる人。

いかにも困っている人がいたら「何かお手伝いしましょうか?」と笑顔で言ってくれる人。

怪我をした時に「大丈夫ですか?」と自分のカバンからバンソウコウを出して手当てしてくれる人、職場先で休んでいる人がいたら気にかけてくれるメールをくれる人。

上司が分の帰り際に「今日もありがとう。

お疲れさん」と声をかけてくれた。

忙しく接客していた時に「大丈夫か?」と上司が声をかけてくれた。

自分の良いところを伸ばしてくれ逆に弱点をコントロールして強みに変えてくれた。

こちらもちょっと変わって、こんな人が彼女だといいなぁ・・・と思う編です。

仕事から帰ってきたら、笑顔で「おかえりなさい!」と元和声で迎えてくれる。

病気になった時、優しく看病してくれる、お互い仕事で忙しくあまり会えないけれど、優しく思いやりのこもったメールや電話をタイミングよくしてくれる。

あまりお金に余裕がなく車で送ったり食事に行ったりした時に、「もっとお金を貯めてほしいから」とワリカンに!将来のことも考えてくれているんだなぁと思った。

など、恋人には自分がしてあげたいなと思うことをやって相手が「嬉しい!」と感じてくれたら、こちらも嬉しくなりますよね。

このように、言葉をかけるので相手は気付くけれど、声かけも気配りには必要です。

相手を選ばず、誰にでも公平に気配りをする

自分が好意を持っている人にだけの気配りは、本当の気配りといえません。

それは相手に好かれたいだけの行動だからです。

老若男女、障害有無に関係なく誰にでも公平な気配りが出来る人が本当の気配りの人といえます。

まとめ

ちょっとした心がけで、自分自身の幅が広がったり、目に留まったすべてがキラキラと輝いて見える。

「ありがとう」という言葉を言われると自然に笑顔になれる。

前向きに「よし、今日も頑張ろう」という気持ちになれる。

それが素晴らしいことなのです。

でも気配りが出来る人は断りにくい人でもありますから、そんな時はイヤな顔をせず、笑顔で「ありがとう、でも、そこには用事があっていけません。今度機会があったらいきたいですね。」と、誘ってくれたことに感謝しながら断ることも実は気配り上手なんですよ。

モテモテ度アップになる「気配り」をもう一度チェックしてみましょう。

  • 何事も率先してやっているか?
  • 相手のしてほしいことをすぐに理解出来ているか?
  • 余計なお世話にならないように注意しているか?
  • やりすぎないのも気配りの一つであることをわかっているか?
  • いつも前向きな言動をしているか?
  • 一緒に居るとポジティブになれると周囲は思ってくれるか?
  • 相手をよく観察していて褒め上手になっているか?
  • 自分の心に余裕があるか?
  • 縁の下の力持ちの存在に気づいて感謝しているか?
  • まんべんなく人を見ることができるか?
  • うまく空気の読み方ができているか?
  • 一つのことに集中していないか?
  • 人のことを自分の身に置き換えて考えているか?
  • 自分のやるべきことの時間管理を徹底しているか?
  • 残りの時間を最善のことをする時間に使っているか?
  • 何をしてほしいのかを「察する」練習をしているか?
  • 幾つものことを同時に何個も見ることができるか?
  • 考えるより行動!をしているか?
  • 相手にとって良いことかどうかは自分ですぐに見極めているか?
  • 相手のストレスにならない程度にしているか?
  • おせっかいと気配りの区別がわかっているか?
  • 相手に気配りを押し付けていないか?
  • 相手に気配りだと気づかれない気配りをしているか?
  • 相手が隠していても気づくほど細かい気配りをしているか?
  • 相手を選ばず、誰にでも公平に気配りをしているか?