あなたは自分のことを前向きな人間だと言えますか?私は自分自身のことを非常にネガティブな人間だと思っています。

現代社会の風潮として、ネガティブ思考な人が増えていますよね。

前向きな人を見ていると、「羨ましいなあ」と思うのは私だけではないはず。

私のように今ネガティブな思考をしている方も、前向きになりたいと思ったことがあるはずです。

前向きでいると、ネガティブ思考よりも、断然物事が楽しく感じられるんですよね。

損な性格、得な性格とよく分けられたりもしますが、得な性格をしている人のほとんどが前向き思考に当てはまると思います。

あなたの周りの、得な性格をしている人をぜひ思い浮かべてみてください。

「自分も前向きになれたらいいのになあ」そう思っている方のためにも!前向きになる習慣をご紹介していきたいと思います。

前向きな人がしている習慣はどのようなことなのでしょうか。

前向きになるための3個の習慣

前向きになるためには、どのようなことを取り入れれば良いのでしょうか。

前向きになりたいと思った時にできることはあるのでしょうか。

前向きな人の考え方を知りたいですよね。

前向き思考になれば、今悩んでいることも解消するヒントが思い浮かぶかもしれません。

「こんなことで悩んでいたのか!」と気持ちが軽くなれるかもしれません。

「こんな考え方もあったのか」と初めて思うこともあるでしょうし、「自分にできるのかな?」と不安に思うこともあるでしょう。

しかし、考え方を前向きにもっていくことで、今まで見たことのない自分に出会える可能性大!です。

どうしても後ろ向きに物事を捉えてしまう人は、自分の考え方とどこが違うのかを探してみると良いですね。

1.自分を肯定する


まず大事なことは、自分のことを否定的に捉えないということです。

「どうせ私は…」などと自分を卑下するような思考はシャットダウンしましょう。

自分だからできる!自分にしかできない!私ならできる!というように自分に自信をもつことが大事なポイントです。

実際には難しいかもしれないという事柄であっても諦めないことです。

「難しいかもしれない、でもできるかもしれない」この「できるかもしれない」という部分に焦点をあてて物事を捉えると、自然と前向きに行動をすることができます。

自分で自分のことを否定せずに、プラスになる発言をするということも大事ですね。

言霊があるように、否定的な言葉ばかりを発しているとそれが本当になってしまいます。

どうせなら自分を肯定し、前向きな言葉を発する方が精神的にも安定するでしょう。

自分を褒める

「今日という日を頑張って過ごした」「仕事を頑張った」「好きな人をデートに誘えた」なんでも良いのです。

今日頑張った自分を認めて、褒めてあげましょう。

「今日は頑張れたけれど明日は…」なんて先のことはひとまず置いておきましょう。

何も頑張れていないと思っても、頑張れなかった自分を責めるのではなく「そんな日があったって良いんだよ」と自分を認めてあげましょう。

褒める事柄は何でも良いので、朝早く起きれたことや、ちゃんと仕事に行けたこと、掃除をしたこと、些細なことで良いので見つけてみましょう。

自分を褒めることは、自分の自信にも繋がります。

自分のマイナス面ばかりを見つけるのではなく、プラスの一面を探すようにと思考がそちらに向くと、自然と行動もプラスに向いていくもの。

些細なことでも良いので自分で自分を褒める習慣を持つことです。

自分を信じる


自分で自分を信じてあげなければ、人から信じてもらうことはできないかもしれません。

「私なんかにできるわけない」「どうせ俺なんか」そう思うことは、自分を信じていないからですよね。

自分を信じていないということは、自信喪失にも繋がります。

自分を信じるということは、自分に自信をもつということです。

自信がもてれば、今まで諦めてしまっていたことを出来るかもしれません。

今まで挑戦したことのなかったことにも、挑戦してみようという気持ちも湧いてきます。

自分を信じて行動にでれば、可能性がどんどん広がっていくのです。

まずは自分のことを信じてみましょう。

自分の力量を把握しておく

自分には何ができるのか。

何が得意で、何が苦手なのか。

自己分析できていますか?就職活動をしたことがある方は、自己分析をしたことがあると思いますが、きちんと自分のことについて考える機会というのはあまりないですよね。

自分のできるラインというのをあらかじめ把握しておくことで、仕事を頼まれたときなどに、自分自身にガッカリすることが減っていきます。

「これ以上のことは無理だな」と思うのであれば、そのラインまで頑張ることができますし、自分でできるラインを越えたときに成功すれば、「もっと上を目指すことができる人間なんだ」という自信に繋がります。

誰にでも得意、不得意がありますよね。

しかし「これが出来たから、次はこれをやってみよう」と前向きに捉えて、できることをどんどん増やしていくことも大事ですね。

2.後ろ向きになる要素を消す

あなたが、後ろ向きに考えてしまう時はどんな時ですか?特定の話題に関して後ろ向きになる人もいれば、自分の行動全てにおいて後ろ向きに捉えてしまう人もいることでしょう。

なぜ後ろ向きに考えてしまうのかということを考えたことはありますか?そこには、何か不安なことがあったり、自信がもてない理由があると思います。

その不安や、自信をもてない理由を明白にして、ひとつひとつ消していきましょう。

ため息をつかない

気付けばいつもため息をついているという方、いるのではないでしょうか。

ため息をつくと、幸せが逃げていくと聞いたことはありませんか?ため息はどうしてもマイナスなイメージがありますよね。

自分が話をしているときに、相手にため息をつかれたら嫌な気分、悲しい気分になりますよね。

ため息をつくことで気持ちが切り替えられる場合もあるかもしれませんが、憂鬱なときに出てしまうことが多い行動でもあるので、ため息をつきやすい方は深呼吸に変換してみるのがおすすめです。

「はあ…」と声に出そうになったら、息を思い切り吸い込んでみてください。

ため息ではなく深呼吸に変換すれば、気持ちもリフレッシュできるはずです。

心配事には即行動をする

誰しも心配事というのは持ち合わせていますよね。

心配なことは、早めに対処することで、解消することがあります。

日にちがどんどん経っていくにつれ、余計に心配が増していった経験はありませんか?どうしても頭で考えてしまうと、心配なことがどんどん浮かんできてしまうものです。

例えば仕事でミスをしたかもしれないという時、「どうしよう、どうしよう」と一人で心配になっているよりも、今できることを行動に移した方が気持ちが楽になるのも早いはずです。

心配なことを考えているとどうしても気持ちが後ろ向きになり、暗い気持ちになってしまうんですよね。

心配事には即行動で、不安を解消していきましょう。

幸せなことを探す

「今、幸せだな」と感じる瞬間はありますか?幸せなことが多ければ多いほど、精神も安定しますよね。

どうしても後ろ向きなことばかりを考えがちですが、自分が幸せになれることを探してみましょう。

動物が好きな方は、動物と戯れる時間をたくさん作るのも良いでしょう。

スイーツが好きな方は、スイーツを食べに行く計画を立てるのも良いでしょう。

自分が幸せになれることを見つけ、それに向かって行動するところを想像しているだけでも幸せな気分に包まれてきませんか?幸せだと感じることをしているときは、“セロトニン”という物質が分泌されています。

セロトニンは幸せホルモンとも呼ばれる物質なので、この物質が多く分泌されると精神も安定し、前向きに物事を考えることができるはずです。

幸せだと感じられることをたくさんストックしておきましょう。

3.前向きな気分にする

考え方を前向きな方向にもっていくことも大事ですが、気分を前向きにすることもとても大事です。

形から入るタイプの方などは、取り入れやすいのではないでしょうか。

あなたは気持ちの切り替えが早い方ですか?どうしても物事をネガティブに捉えてしまいがちな人は、気持ちの切り替えもゆっくりな傾向にあります。

寝て起きたら気持ちの切り替えが出来ているという人もいますし、引きずってしまう方もいますよね。

後者の方にこそやってほしいのが気分を変えるということです。

幸せな気分、楽しい気分、わくわくする気分、ドキドキする気分、そんな前向きな気分にしてくれる何かを探してみましょう。

気分の上がる音楽を聴く

自分にとっての応援歌のようなものをもっていると良いですね。

この曲を聴くと自然と元気が出る、気分が上がるそんな音楽はありますか?私自身経験のあることですが、とても落ち込んでいたときにたまたま耳に入ってきた曲が、今の自分の心情にぴったり当てはまり心の奥にスッと入ってきたことがあります。

今でもその曲を聴くと元気がでますし、気分があがります。

音楽でそのときの記憶が蘇るという人もいると思います。

「この曲懐かしいな~あの頃は中学生だったかな」なんて記憶が呼び起される方もいるのではないでしょうか。

自分が嫌な気持ちになる曲ではなく、明るい記憶で彩られている音楽を聴くようにしましょう。

なんだか自然に踊りたくなるという曲ってありますよね。

心躍らされる曲というのでしょうか。

そういう気分にさせてくれる音楽と巡り合えただけでも幸せです。

よくアスリートの方たちが、試合前に好きな音楽や気分があがる音楽を聴いていると言いますよね。

そういった曲をひとつでも持っていると気持ちが前向きになれますよ。

前向きな言葉を聞く

好きな言葉はありますか?好きな言葉を思い出して気持ちを前向きに切り替えることも大切です。

好きな言葉は本であったり、漫画であったり、アニメであったり、ドラマの中のセリフであったり。

何でも良いのですが、前向きなセリフをチョイスするようにしましょう。

聞いていて気分がよくなる言葉や、心に入ってくる言葉というのがありますよね。

誰かに言われた言葉でも良いですし、自分にとって幸せだと感じる言葉をメモしておくのも良いでしょう。

最近は、格言集のような書物や、メディカルサポート的な書物もたくさん出ていますよね。

今の自分の状況にあった言葉を聞くというのは、心を安定させるためにも有効です。

「こういうネガティブな考えを持っているのは自分だけではないんだ」と思えるかもしれませんし、「こうすれば前向きに考えられるんだ」とヒントを得ることができるかもしれません。

ネガティブな言葉ばかりと接していると、気持ちが暗くなるのは当たり前のことです。

植物などに、綺麗な言葉をかけて育てたものは綺麗に咲き、罵倒して育てたものは枯れてしまったという話を耳にしたことはありませんか?科学的な証明はされていないようですが、前向きな言葉や美しい言葉をかけられた方が花の状態も良くなるんですね。

人間も同じですよね。

好きなことをして気持ちを落ち着かせる

好きなことをしている状態というのは興奮状態にあったり、リラックス状態にあったりしますね。

セロトニンという物質が分泌される話をしましたが、好きなことをしている時は幸せな状態でもありますよね。

そのため好きなことをしているときも、このセロトニンという幸せホルモンが多く分泌されることでしょう。

脳や体というのは不思議なもので、好きなことに対しては気持ちも高まり、幸せで気持ちが落ちつくのを感じますよね。

実際に自分が今していることが幸せなのかどうなのかわからないという時もあると思います。

そういう時はただ横になっているだけでも良いんです。

眠ることが幸せな人もいますし、食べることが好きな人もいますよね。

自分で好きだと思えることを見つけ、それに没頭できる時間を一日の中で取り入れるようにしてみましょう。

前向きな人の思考は?

前向きな人の考え方はどういうものなのでしょうか。

あなたの周りに前向きな人はいますか?たまに「なんでこの人こんなに明るいんだろう」「いつも前向きで羨ましい」と思える人がいませんか?前向きな人は自分に自信をもっているので、それが表情や言動にも表れていますよね。

考え方もそうですが、容姿に関しても前向きに捉えることでおしゃれを楽しんでいたり、毎日が輝いているように見えます。

例えば風邪をひいて熱が出たとき。

熱が出てしまったときは気持ちも落ち込み、寝込んでしまうことがありますよね。

そういうときはどうにも前向きに物事を考えるのが難しくなってしまいます。

ネガティブに捉えがちな人は常に風邪をひいた状態になっていませんか?風邪の状態から抜け出し、新たな気持ちで思考を切り替えてみると、物事を前向きに考えられるようになるかもしれませんね。

前向きになる方法を知っている

前向きな人は、自分がどうしたら前向きになるかを知っています。

それこそ上記であげた3つの習慣を自然に取り入れているということもあります。

自己分析ができていると、自分の好きなこと、苦手なことがはっきりとしますよね。

それにより自分が暗い気持ちになってしまうことを自らやりに行こうとはしません。

もしそういう場面に立ち会ってしまったとしても、どうすれば回復できるのかを把握しています。

方法というと難しい感じがしてしまいますが、リフレッシュの仕方や、ストレス発散の仕方を知っているのです。

自分ではなかなか方法が見つからないという人は、周りにいる前向きな人にレクチャーしてもらい、参考にさせてもらっても良いでしょう。

失敗を恐れない、引きずらない

失敗をしてしまったらどうしようと、やる前から不安になってしまうこともありますよね。

しかし不安ばかりが先行してしまうとやる前から暗い気持ちになってしまいます。

「失敗しても良い」「失敗したらまた次がある」と前向きに考えるようにします。

もしも、失敗をしてしまっても、必ずまた機会が訪れると信じることも大切です。

失敗したことを引きずっていると「また失敗してしまったらどうしよう」「失敗したくないから、やらない」という気持ちが芽生えてしまいますね。

しかし失敗は誰にでもあることなのです。

あなただけが失敗しているわけではないですし、失敗から学ぶことだってありますよね。

「失敗することは決して恐いことではない」と割り切って物事に取り組んでいきましょう。

悪いところより良いところを探す

前向きに考えられる人は、物事の悪いところよりも、良い所を見つけるのが上手です。

自分のことでもいいですし、人のことでももちろんOKです。

人の良いところを見つけるようにすると、自分の心の中も綺麗になっていくのを感じられると思います。

どうしても自分のことや人の悪い面を見て叩く人もいますよね。

今はネットの中で炎上というのがよく起きていますが、あれもそうですよね。

あげ足をとろうとする人が群がることで大炎上にもまで発展してしまうこともあります。

そうしたことを繰り返していくうちに自分の心が荒ぶり、どんどん黒くなっていってしまいます。

人に対する考え方も、自分に対する考え方も卑屈にならずに、素直になって物事を柔軟に考えるということが大事です。

良いところを探した方が、自分のためにも人のためにもなりますよね。

壁にぶつかった時は方法を探る

あなたは壁にぶつかった時、どのように対応していますか?自分一人で乗り越えられる壁もあれば、人の協力が必要な壁もありますよね。

ネガティブに捉えがちな方は、一人で悩み抱え込む傾向にあります。

しかし前向きに考える人は、どうにかして今の状況から一刻も早く抜け出そうと方法を探ります。

自分一人で解決できそうもない案件に関しては、どんどん周りの人の意見を聞いてみましょう。

自分では考えつかなかった方法を探ることができるでしょう。

前向きに考える人は、壁にぶつかったときに落ち込むのではなく、まず這い上がる方法を考えるんですね。

落ち込んでいる暇があれば、少しでも早く抜け出したいと思うのです。

時には立ち止まることも必要ですが、深く潜り込んでしまう前に、早めに方法を探る行動にでるのが良いですね。

後ろ向きな人の思考は?

上記で前向きな人の思考を見てきましたが、次は後ろ向きな人の思考も見ていきましょう。

後ろ向きな人の思考はどういったものなのでしょうか。

自身が後ろ向きだという人は、「当てはまるな」と思いながら見ていただき、再び上記に戻って、後ろ向きな思考から抜け出す方法を試してみてください。

後ろ向きな思考が決して悪いわけではありませんが、後ろ向きに物事を捉えてしまうと心が疲れてしまいます。

心が風邪を引いた状態だと体も元気に動かなくなってしまいますよね。

後ろ向きな人であっても、思考は変えることができます。

もし今後ろ向きに考えてしまうことに嫌気がさしてしまっていたら、新たな自分を探すきっかけだと思って見てみてください。

前向きになる方法を知らない

後ろ向きに考えがちな人は、前向きになる方法を探ったことがないという部分があります。

気付いたらいつも後ろ向きに物事を考えてしまっているため、前向きに考えるということをしてこなかったということもありますね。

物心ついたころには、前向きな人間なのか、後ろ向きな人間なのかある程度分類することができますよね。

しかし、それは今置かれている状況により左右する部分があります。

いじめを受けていたりするとどうしても前向きに考えることができなくなりますし、家族の仲が悪くて物事を前向きに考えられないなど、生活環境によっても大きく左右されます。

性格や考え方は自分で作るだけではなく、周囲の人の影響というのもありますよね。

だからと言って、「私が前向きに考えられないのはあいつのせいだ」などと人のせいにするのではなく、前向きになるにはどうしたら良いのかということを考えるようにする方が有意義に生きられると思いませんか。

失敗するのが怖い

失敗をすることはこわいことだと考える人が多いですよね。

失敗を恐れて何もできなくなってしまうのが、後ろ向きな考えの人の特徴です。

後ろ向きな考えの人にあるのが、一度失敗をした経験があり、また失敗をしてしまったらどうしようと予期不安による恐れです。

また、新たな環境に飛び込み失敗するのがこわいという場合もありますね。

状況、環境の変化や、予期不安によるおそれというのが大きいのでしょう。

前向きな人も失敗がこわくないわけではありません。

頭で考えるよりも先に行動してしまおうというのが前向きな人の考え方であり、行動するよりも頭の中でシュミレーションを入念に行いこわくなってしまうのが後ろ向きな人の特徴でもあります。

行動を起こすまでに頭の中で悪い状況ばかりを考えてしまうことで、こわさが増してしまうんですね。

シュミレーションを行うことは大事なことですが、一人で考えていることと、実際に行動に起こしたときは差がでてくるものです。

少しの勇気で状況は変化するので、失敗を恐れずに行動したいものですね。

悪いところばかりを見てしまう

人に対しても、物事に対してもついつい悪いところばかりを見てしまうのが、後ろ向きな人によくあることです。

また、これは自分に対してもそうなんですよね。

自分の悪い部分ばかりを切り取ってしまい、「私は何でこんなこともできないのか」「なんであの子みたいに可愛くないんだろう」と人と比較してしまうこともあるのです。

人と比較をすると更に後ろ向きな考えに引っ張られていきます。

そして「どうせ私なんて」「俺なんかが何をやってもダメ」という考えに発展していってしまいます。

自分の悪いところや黒い部分というのは、あまり人に晒したくないですよね。

自分のことを卑下して見ているときは、他人への評価があがります。

とは言え、他人の悪いところに目を向けているときに自分の評価があがるわけでもありません。

後ろ向きに考えるため、自分が人の上に立つという想像はあまりすることができず、常に自分は人よりも劣っていると考えてしまうのです。

壁にぶつかったときに落ち込む

壁にぶつかったときに、誰しもが一度どうしようかと考えるものですよね。

そこで這い上がるのか、落ち込むのかで思考回路が異なるというわけです。

後ろ向きな人は後者を選びがちなんですよね。

壁の登り方というのはわかってはいても、恐いという気持ちや、これ以上ひどくなることを恐れてなかなか登れずにいたりもしますね。

前向きな人は、「これも自分の試練だ」「この先に良いことがあるはず」と信じて登り始めます。

前向きな人は行動力もあるため決断するのが早いんですね。

後ろ向きな人はここでも頭で考えてしまいます。

「もうだめかも」「これ以上状況が悪くなったらどうしよう」そう考える方が多いのです。

落ち込むことで自分が冷静になれるという部分もありますが、とことん落ち込んでしまうと這い上がるのには体力も気力も必要です。

しかし下まで落ちてしまえば、あとは登るしかないので、後ろ向きな人にとっては選択肢が一つしかないということが功を奏する可能性もありますね。

後ろ向きな時にオススメ!

もともと後ろ向きに物事を考えてしまう方も、「いつもは前向きだけれど今日はちょっと後ろ向きかも…」なんて人もいますよね。

天候によって体調が左右されることがあるように、気持ちの変化は毎日同じではありませんよね。

誰にでも波があり、良いときもあれば、悪いときもあります。

それをどう乗り越えるかがポイントになるわけですが、自分一人では乗り越えられないときもありますよね。

そういったときにおすすめなのが、前向きになれるものを見つけることです。

目で見て感じることもあれば、耳から入ってくることで気持ちが前向きになれることもありますよね。

あなたに合った方法が何なのかを見つけてみましょう。

前向きになる音楽

前向きになれる音楽ってありますよね。

音楽には人の心を動かす力がありますよね。

それが歌詞によるものなのか、曲によるものなのか、はたまた声によるものなのか。

前向きになるために、音楽を聴いて涙を流してスッキリするのか、それとも明るい曲を聴いて踊ってスッキリするのか。

ひとつの曲をとっても人それぞれ感じ方が異なりますよね。

今あなたが置かれている状況、悩んでいること、悲しいこと、辛いこと、気分が晴れないそんな日に効いて欲しい音楽をご紹介します。

聞いたことのある曲かもしれませんが、今あなたがいる状況によって音楽は全く違う聞こえ方をします。

少しでもあなたの心が前向きになれますように。

「何度でも」/DREAMS COME TRUE

ドリカムは名曲が多いですよね。

励まされたり、元気をもらったりしたことがある方も多いのではないでしょうか。

そんな中でも「何度でも」は、ドラマの主題歌に使われていたので聞いたことがあるという方も多いはず。

この「何度でも」は、メッセージソングとも言われ、歌詞が心にズバッと入ってくるのを感じます。

この歌は初めから終わりまで、「なんでこんなに私の気持ちがわかるの?」と自分の今いる状況とリンクしてしまう人が多いのではないでしょうか。

自分の応援歌としておさえておきたい一曲です。

「RPG」/SEKAI NO OWARI

この「RPG」のサビは、メンバーの2人が大ゲンカをして仲直りをしたときに浮かんだ歌詞だと言われています。

歌詞が作られた背景を知ったうえで聞くと、友情に亀裂が入った時や、仲間内で揉め事があり悩んでいるときなどに聞きたくなる曲でもありますね。

特に思春期などの、学校行事などでこの曲を選ぶと力が湧いてきそうですよね。

自分は一人じゃないんだと励ましてもらえる曲です。

「ハピネス」/AI

コカコーラのCMに起用されていた「ハピネス」は、多くの方の耳に残っているのではないでしょうか。

AIの力強い歌声と、真っ直ぐな歌詞が心に響く元気の源となる曲です。

自分一人では何もできないかもしれない、でもあなたがいてくれることで救われる人がいるというような、自分は必要とされているのだろうかと後ろ向きになったときに聞きたくなる曲です。

落ち込んでいる友達に向かって歌ってあげるのも良いですね。

ついつい手拍子をしたくなる曲調なので、自然と体がリズムを刻み、明るい気持ちになれることでしょう。

「明日はきっといい日になる」高橋優

「明日はきっといい日になる」もCMに起用されていたので、知っている方も多いことでしょう。

曲名となっている「明日はきっといい日になる」このフレーズが何度も繰りかえされ、口ずさんでいるうちに明日はきっといい日になるだろうと思えてくるのがこの曲のチカラですね。

どんなことがあっても、明日はきっといい日になる、今日がダメでも明日があるという気持ちにさせてくれるので、気持ちの切り替えがうまくいかない時にぜひ聞いてみてください。

まとめ

前向きになるための3個の生活習慣をご紹介してきましたが、いかがでしたか。

ここを見ている方の多くが自分は後ろ向きだと自覚しているのではないかと思います。

しかし、後ろ向きな性格であっても、今ここで前向きになりたいという気持ちがあるからこそ、ここを見ているのではないかと思います。

まずは行動に移すことがとても大事です。

後ろ向きに考えてしまう人が一歩踏み出すのと、前向きな人が一歩踏み出すのとでは、その重さが変わってきますよね。

人の目を気にしてしまったり、どうしても前向きになれない理由が人それぞれあると思いますが、思考は変えられます。

自分が変わりたいと思った瞬間から少しずつ変化が起きているのですから、諦めないでくださいね。

前向きな思考になれば、今まで見えていなかった部分が見え、新たな自分に出会えるかもしれません。