節約というと、無駄遣いを止めて我慢することと考えています。

同じような意味で、倹約という言葉があります。

どちらも無駄を省くことは同じですが、倹約という言葉はお金にまつわる無駄を省くことを指すようです。

逆に、節約とはお金だけでなく、「水の節約」や「時間の節約」、「エネルギーの節約」などのように合理的に無駄を見直す意識が強いようです。

そして、無駄を見直して節約する時に、その人の考え方が出てくるのです。

それは、自分の今の現実的な無駄だけに着目して使用を止める考えと、その節約によってどんなに社会や自分自身に役立つかと考える考え方です。

前者の場合は、お金を遣うことを我慢して嫌悪感や劣等感を味わうことになり、貧乏臭く感じてしまいます。

後者の場合は、石油や電気を節約することで地球温暖化の防止に少しでも貢献できるという前向きな考え方と、それによってもちろん無駄な出費も減らせるのです。

お金持ちの考え方は後者に近いようで、価値の低い物にはお金を使わず節約をしておいて、そのお金は大事なもののために残しておくのです。

そして、必要な時に欲しいものを買うのが効果的な節約と考えているのです。

決して、バーゲンで衝動買いはしないのです。

では、節約の方法について考えてみましょう。

【無駄な事のなくし方については、こちらの記事もチェック!】

節約を楽しもう

毎月、無駄遣いが多いと感じていても、なかなか改善しようとは思わないものです。

つい、安売りの広告を見てしまったり、ネット通販での特別販売などの心を引きつける宣伝文句につられて購入してしまったりするものです。

月末の請求書を見て、こんなに買ってしまったのかとため息をつく時もあるのです。

こういったことを無くして、楽しく節約するには、どうしたら良いのでしょうか。

1. 節約をする目的を明確にしよう


節約をしようと思った時には、何かを買うために資金を貯めようと決心したのではないでしょうか?つまり、何のために節約するのか、目的がはっきりしているのです。

その目的のものは、あなたにとってとても大切なもので、今の手持ちのお金だけでは足らないのです。

結婚しているなら大切な家族との旅行を考えていたり、自家用車を大きな車に買い替えたいとか、日頃から計画しているのです。

独身生活を謳歌していた男性が、交際している彼女と結婚することを決めると、その日のために急に節約すると言い出して堅実な生活を始めたという噂はよく聞く話です。

結婚式までに、少しでも資金を貯めておきたいという目的が明確なのです。

このように、単に無駄遣いは良くないので控えようと漠然と思うよりも、目的が明確な方が意志も強固になって良いと思います。

節約を続けていると、時には気持ちがイライラとする時があります。

たまには、節約せずに気持ち良く使ってみたいと思うものです。

これでは、節約する意志が途中で折れてしまいます。

だから、何かを買うために頑張って節約しようと決めると、長続きするのです。

いつまでにどれだけという明確な目標は大事なのです。

2. 節約していることはなるべく内緒にしよう

親しい人にも内緒にしておくことは、何か罪悪感が生まれるものです。

人によっては、それは無理と
いう人がいて、我慢ができない性分らしいのです。

内緒にしている人には目を合わせられないとか、妙にソワソワしてしまうそうです。

こんな調子では、とても隠し続けることはできないでしょう。

逆に考えると、こんな人は誠実で生真面目な人で、信用できる人と思いますが、内緒で節約はできないかも知れません。

しかし、大好きな家族と、絶対に海外旅行したいと思ったならば、心を鬼にして取り組むしかないのですが、もしもバレてしまっても家族みんなで取り組むことになっても、それはそれで素敵なことだと思います。

比較的我慢できるのは、自分が欲しいものを絶対に買おうと思って節約を始めた時には、内緒で節約ができるものです。

こんな時は、目的が明確で自分自身の欲望のためですから、きっちりと内緒にできるのです。

ご夫婦なら、ご主人にもきっちりと秘密を押し通せるのです。

決してイライラしたリ途中で諦めたりはしません。

それよりも、目標の額を睨みながら、ワクワクしているのかも知れません。

最近では、日常の生活には直接関係しませんが、家族にも黙って趣味の仲間との交流を続けている時に、アニメキャラのコスプレにハマってしまったりして、コスプレの小道具代を工面するために内緒で節約していたりすることもあるようです。

コスプレイベントに出かけて、仲間とポーズを取ったりすることを夢見て節約するのは楽しいものです。

このように、親しい人と楽しく過ごすことを目的に節約することは、ポジティブな節約です。

ポジティブな節約は、内緒にだってできるものです。

3. ケチケチした節約はダメ


節約の仕方にも大きく分けると、2種類あるようです。

一番多いのは、食材は毎日コツコツと安売り品の広告を確認してそのお店に買いに走り、電気や水道はこまめに止めて無駄な出費を抑えるようにする節約です。

もちろん、ご主人が晩酌で飲むお酒は特売の発泡酒で、家族での外食は控えて消費期限が近い食材を使って食費を抑えるのです。

でも、この調子でコツコツと節約しているとストレスも溜まるので、つい立ち寄ったバーゲンコーナーで無駄なものを衝動買いしてストレスを発散させるのです。

このようなケチケチした節約は、貧乏くさい節約と言えます。

こんなケチケチした節約方法は、数えるとキリがありません。

私が驚いたのは、夏場の35℃以上の酷暑の時期に、部屋のエアコンをつけずに扇風機で節約して作業をしていたのですが、熱中症で倒れてしまって長期入院後も体調がすぐれずに医者通いを繰り返している人もいます。

電気代を節約していたのですが、体調不良になってしまって、今では高額な治療費が負担となっているようなのです。

つまり、必要な時にはお金は使うことが大事で、節約の仕方が偏っていると悪い節約と言わざるを得ません。

節約をこまめに頑張っているのだが、なかなかお金が貯まらないという人は、一度節約生活の仕方を変えてみることも必要なのではないでしょうか。

今の生活を切り詰めて切り詰めて節約することは、大事なことにお金を使うことを見失うことになって、悪い節約のスパイラルにはまってしまうのです。

家族や自分の大切なゆとりまでも節約で失うのです。

大事なご主人には、思い切って安い発泡酒を買うのを止めて美味しいビールを買ってあげて、食事に飲んでもらうのです。

そのために、何かをまた節約することになりますが、大事な気持ちは節約せずに差し出すのです。

すると、仕事を頑張って収入が増えることだってあるのです。

靴も背広も、必要な時には安物を買わずに良いものを着せてあげるのです。

仕事の流れも変わって、金運も上がってくるかも知れません。

そして、月に一度はそろってレストランに行くとか、年に2回は旅行に行くとか、目標を決めておけば節約も楽しくなってきます。

ケチケチした節約だけでは、続かないのです。

節約ブログを読むならおすすめのブログ20選

では、みなさんはどのように節約をしているのか探ってみたいと思います。

1. かなえのデキる節約家計簿。

http://profile.ameba.jp/dekisetsu/
このブログ主は、双子の小学生を持つ主婦です。

大事な旦那さんとの4人家族です。

節約しながら「楽しく無事に生きている」のです。

この「楽しく無事に生きる」というフレーズは、ブログ主がお金について短く説明した時の説明です。

節約する目的は、楽しく無事に生きるためのアイテムであるお金を貯えることです。

このお金の用途は、人によって様々でそれで良いのです。

ブログ主の節約のひとつの目的は、年間に2~3回予算は合計で100万円ほどで旅行をすることです。

そして、それをキチンと実行しているところがポジティブな思考の節約と思います。

継続できているのは、節約をしながら楽しむことができているからでしょう。

2. ちょこ子の節約ライフ

http://ameblo.jp/raas2828/
ブログ主は、私立幼稚園に通わせている息子(5歳)と娘(3歳)と会社員の夫を持つ主婦です。

スーパーの大安売りを狙って買い物をしたリ、ポイントサイトを利用して商品をゲットしたりと努力をしている。

それでも支出が多くなって赤字になるので、4月の赤字の家計簿までブログに公開するほど節約に対する執着心を燃やしています。

毎月の節約のやりくりを細かく綴ったブログです。

3. ズボラ主婦の節約奮闘日記

http://pancponc.seesaa.net/
ブログ主は、アラフォーの主婦です。

夫が急に会社を辞めて失業状態になったそうです。

そこで、さっそくパートに出たのですが、家のローンも残っており苦しい毎日。

そこで収入を増やすために数種類の100%ポイント還元サービスを活用して無料の商品を手に入れたりしてやりくりしている。

お小遣いサイトは複数登録して、赤字を埋める財源にして節約している。

4. ミニマリストは世界を変える!

http://www.meguminimal.com/
北海道でご主人と2人暮らしのアラフォーでミニマリストなのです。

ミニマムで合理的な生活に徹して、ブログを通して好きなことをして稼いでいるようです。

ブログでは、ミニマリストの暮らしぶりを一部公開しています。

食器類も、必要最小限の物しか置いていないようです。

ブログによると、日常的に使うものだけを残していたら食器の数は31個になって、その食器棚の写真も公開しているのです。

料理の時間を節約するために、冷凍庫にカットした食材を常備しているそうです。

不要なものを
置かないで整理し、必要なものは効率よく活用して、ブログのアフェリエイトでも稼ぐミニマリストなのです。

5. ノマド的節約術

https://nomad-saving.com/saving/
お金を使わずに日常生活を続けていくコツをまとめた節約術のブログです。

お金を使わずにお金を貯める方法や、節約術の知識を身につけることで、普段と同じことをしてもコストを下げる、つまり節約できるのです。

交通費、通信費、クレジットカードでの節約など、カテゴリー別に具体的な節約術をまとめているので、参考になります。

6. 節約女子の東京ひとり暮らし貯金ブログ

http://ameblo.jp/haruka—life/
都内で1人暮らしをしているOLの節約ブログです。

毎日地味に節約して貯金し、貯えたお金で欲しいものを買うという考え方ではないようです。

こういう方法では、何か貧乏くさい後ろ向きなイメージを持つので、好きではないのです。

欲しいものを我慢しないために、自分にとって無駄なことを省いていって、無理なく「本当に欲しい自分」を手に入れて可愛く生活しながら貯金して行く「欲張り貯金応援ブログ」なのです。

物価の高い東京で、彼氏もゲットして7年間で貯金300万円も達成したOLさんです。

その方程式は、断捨離×小さな暮らし×美活(女磨きや女子力up)なのです。

スマホで副収入もゲットしているようです。

アクセス数でもデイリーランキング1000以内に入るノウハウも持っているのです。

欲張りな貯金応援ブログです。

7. やりくりななえ.com

http://8ri9ri-nanae.com/
20代の息子2人を持つ50代のご夫婦の主婦のブログです。

ご主人が何度か転職を繰り返しネガティブな気持ちになった時に、この節約ブログを書き始めたのです。

(2013年8月)現在は、ホームセンターでパートで働いています。

年金暮らしの準備期間として、50代の暮らしをブログに記録して行ったのです。

楽しかった遊びの記録、使ってみて良かった物、買わなければよかった物や本やTVで得たお徳情報などを書き留めたものです。

日常の節約のために、どんな目線で周りを見ているか参考になると思います。

8. 節約生活はじめました

http://setsuyaku-blog.info/

月に3万円を節約することを達成したことから、節約を楽しみながらお金を管理しているのです。

収入を増やすのは大変ですが、節約なら楽しみながらお金も浮くのです。

時代と共に節約の考え方も変わってきます。

その考え方とは、「見栄より利益」ということです。

ブログ主の主張とは、20年前ににドリンク剤のCMのキャッチコピーに「24時間戦えますか?」とありましたが、このようにむやみに猛烈に働き続けることは、体力的にも経済的にも問題が多いということが分かってきたのです。

ブラック企業とも後ろ指を指され、実は猛烈に働かせることで売り上げは増えても諸経費が高騰して結局は利益が減るという悪循環なのです。

このような仕組みは理解しているとは言え、日常ではついつい安いことから粗悪品を購入したリ、家の片づけをしていないので大量に購入していたプリンターのインクのことを忘れていたりと、節約家と言えないような失敗も繰り返しているのです。

9. 節約術から学ぶ節約生活ブログ

http://setuyaku-study.com/

公開されているたくさんの節約術の中から節約術を学んで、より良い節約生活を送るためのブログです。

多様な節約術を紹介していますので、この中から有益な節約術を見つけて実行することができます。

節約をしようと思っても、何をどうやって節約したら良いのか分からないという人も多いので、節約初心者の方に分かりやすいブログだと思います。

ただし、初心者の人に対して、いきなり節約をやり過ぎないように注意を促しています。

節約生活を続け過ぎると生活がカツカツになってしまい、精神的に疲れてしまうからです。

このブログで、精神的にも苦にならなくて生活のリズムを壊さない節約術を学んでください。

10. 毎日楽しく幸せに貯金・節約ブログ

http://behappylife.net/

ブログ主は、30代後半のご主人で、妻と子供3人の5人家族です。

このブログは、2015年9月から節約に着目した「毎日楽しく幸せに節約」にリニューアルしました。

ちょっとした節約の心掛けや工夫で、幸せに過ごせることが分かったそうです。

これまでは、ハードな仕事ですとれすが溜まり、その反動で買い物や外食、海外旅行と派手に浪費して生活していたそうです。

その後、転職によって経済的にも厳しくなって、お金について考え方を探り、今では節約をすることで毎日楽しく幸せに過ごせる方法を見つけたそうです。

同じような境遇の人に、参考になるブログです。

11. ~身の丈暮らし~

http://minotakegurasi.blog.fc2.com/

このブログとは別に、「~その日暮らし~」というブログで、日々の生活、旦那さんや姑の愚痴、パート先の噂話などを書いてストレス発散をしています。

その後、ブログに写真をupすることを覚えて、このブログを始めたそうです。

そのきっかけは、節約を続けることで大事なことをおろそかにしていたそうです。

それは、節約を続けることで50歳を越えると体調を崩してしまったそうです。

そこで気が付いたことは、節約も大事だが健康的な生活を確保することも大切なことと理解したのです。

そこで、普段通りの生活と食卓を写す主婦の視点から見たブログなのです。

旦那さんや自分の食事の写真をupして、節約生活を紹介しています。

12. 節約生活、楽しんでます。

http://setsuyakutanoshi.blog.fc2.com/

北海道でのんびりと自営業を楽しんでいます。

楽しみながらの節約生活を日記に仕上げています。

「今日の節約行動」というタイトルの書き出しで、その日の節約行動を詳細に報告しているのです。

具体的には、「節約その1」「節約その2」・・・という項目で、その日の節約額を計算しています。

そして今年の年間の目標額を設定(今年は24万円)していて、毎日の節約額の合計から目標の金額までの残りの額を表示して気持ちを持続させているようです。

最近の事例では、トイレの水を残り湯で再利用した節約金額やコヒーフィルターを節約した額などを1円単位で計算して、細かく表示しています。

また、クーポンを利用したリスーパーの見切り品を購入して調理したリと、節約行動も多岐に渡ります。

毎日の節約行動を楽しんでいるのです。

13. 誰にも言えない秘密の節約生活

http://ecoecosecret.blog.fc2.com/

息子はアメリカの大学に行き、娘は高校生で2人で節約生活をしているようです。

ブログ主はかなり行動的で、何ごとにも挑戦することが好きな性格です。

サンフランシスコに娘と出かけて、現地で息子と合流する旅行でも、ホテルや食事にも節約して過ごしたりすることもできるような頑張り屋さんなのです。

秘密の節約生活とは、自分の節約方法を娘にも内緒にするなど気を使っているためだと思います。

しかし、最近のブログでは自身の生理の量が多くて体調が思わしくなく、婦人科で診察を受けると子宮筋腫の疑いも見られるとのこと。

検査費も高額であったので、日々の節約生活もむなしく思えるとのコメントもあります。

節約と健康は両立できれば良いのですが、思わぬ出費が節約の効果の足を引っ張るようです。

節約主婦目線で書いているブログです。

14. 少ないお金で楽しく暮らす♪

http://setuyakuseikatu766.blog.fc2.com/

自営業の旦那さんと再婚を機に、節約生活を研究している主婦のブログです。

同居は、猫とセキセイインコです。

生活費を補うために、ネットでの収入を得て暮らしているようです。

食費の節約には力を入れているようで、安くて簡単で美味しい食事を研究しているのです。

自分では、手抜き料理と言っていますが、写真で料理の詳細を説明していて、簡素な食事を見て気が楽になってくれる人がいたらという気持ちなのです。

味的にはどれも美味しい物ばかりなので、料理を工夫している人にとっては参考になるブログです。

15. 節約や家計管理のコツと確実に貯金する方法

http://chokinkibou.blog.fc2.com/

老後の生活を考えると、今不必要な費用を節約して、ムダを無くしておくことが大切と考えています。

そのためにいろいろと検討すると、節約できることが多いことが分かってきました。

大きな節約は住宅ローンの借り換えで、月々の支払額が2万5千円も減ったそうです。

さらに日常で利用するスマホ通信費や保険料も見直してみる。

ドコモから楽天でんわに乗り換えると毎月4000円の節約だし、息子にはスマホを与えてLINEでやり取りをすれば、電話回線も節約できます。

維持費は月に600円台で激安になる。

高速通信でないベーシックプランでは、通信が低速だが通信料に上限が無いなどのメリットもあります。

画質は悪いのですがそれを我慢すればかなりの節約になるのです。

毎月の保険も、収入と家族構成に見合っているか、専門家に見直しを依頼するなどで、効果の大きな見直しを実行しているのです。

金額の多いローンなどの見直しの参考になると思います。

教育費、老後資金、光熱費、食費、へそくり等、主婦のやりくりが明らかになるのです。

16. 楽ラクせつやくLife

http://setuyakuokayukayu.com/

節約主婦のおかゆかゆのブログです。

読めば得できるブログを目指して毎日更新しています。

節約の方法とお小遣い稼ぎの方法が中心です。

節約法としては、ポンタやnanacoでポイントを稼いで節約に回しています。

ポンタではお菓子代と酒代の節約に活用し、nanacoは光熱費と税金の支払いでポイントをGETしています。

nanacoにチャージするには、現金以外にもクレジットカードからもチャージができるし、クレジットカードの中にはチャージでもポイントがつくものがあるようです。

金額が大きい固定資産税の支払いもnanaco払いで行けるようです。

ポイントを溜めて楽ラク節約する生活です。

お小遣いを得るには、ネットでの「お友達紹介」と「アフェリエイト」の活用です。

ブログを持っている人向けのアフェリエイトは、経験が必要ですがポイントサイトよりは多くの収入を得ることができるのです。

節約と収入の両面でのLIFEの紹介ブログなのです。

17. 楽しく節約する!専業主婦と仲間たち!

http://sensyunaka.seesaa.net/

楽しく節約しているのは、アラフォーの専業主婦です。

中学生1人と小学生2人と旦那さんの5人家族の主婦です。

節約に取り組んだキッカケは、旦那さんの給料が減ったことと、住宅ローンや教育費の負担が大きくなってきたので、節約とお小遣い稼ぎで生活を支えているのです。

節約の定番ははやはり衣服の断捨離で、買取店に50点程を持ち込みました。

これの買取価格は計1,359円とか。

余分なものは買い取ってもらうのが一番です。

次には、1週間のおうちごはんですが、食費の目標額を決めていて、実際にかかった費用を差し引いた額は、へそくりとして貯金していくのです。

ある週の結果では、目標金額よりも439円少なくて済んだので、これがへそくりの額となりました。

こんな調子でへそくりを溜めていきながら、楽しく節約していく過程をブログで公開しているのです。

公開していくことで、頑張って継続できるのです。

18. おさるの節約生活

http://osaru3osaru3.blog.fc2.com/

50代の主婦の節約ブログです。

あと3年で老後資金を貯めるブログなのです。

もちろん、賞与とか退職金はありません。

節約のポイントは、まずは食費の管理です。

毎月3万円以内に抑えるのが目標なのです。

今年の4月はギリギリでした。

それ以外にも、ガス、電気、水道、灯油、通信費などの必要経費がありますが、これら支出を全て足すと、11万2千円と目標の10万円を超えて赤字です。

こんな感じで毎月をやりくりしながら、まずは老後の資金300万円を目標に節約で貯えているのです。

19. あすみんの楽しく節約~使える情報~

http://asumin914.blog111.fc2.com/

仕事を持つ主婦のブログです。

節約に関すること、節約レシピ、お得な情報、美容情報などを提供しているブログです。

生活を豊かにするお役たち情報集では、ブログ主が実践しているプチ稼ぎやクレジットカードの紹介など、まとめて紹介しています。

お小遣い稼ぎでは、稼げるアンケートサイト、アフィリエイト、げん玉攻略法、nanacoカード攻略法、お得なアプリ、お得なポイントサイト、お徳にコスメをゲットする方法などを解説しています。

20. 質素な暮らしで生きていく。

http://ikinobiyou.blog.fc2.com/

節約生活の中に、ちょっとした充実を見つけて、のんびり暮らしたいと考えるブログ主です。

ちょっとした充実というよりは、ちょっとした工夫をしているのです。

例えば、100円のスリッパを2足用意して、毎日スリッパを交互に履き替えてみたり、キッチンにタオルハンガーがないけれども洋服のハンガーで代用したリして暮らしているのです。

スリッパはいつも履いているので中が蒸れてきます。

交互に履くと中が乾燥して履き心地が良くなったり、乾燥させると長持ちするようです。

タオルハンガーも買えば良いのですが、節約してあるもので代用しているのです。

濡れた手を拭くだけですから、機能は問題なしとのこと。

このように、質素を楽しんで節約をしているブログです。

節約を失敗しないために

節約は我慢すれば誰でもできると思ってはいませんか?何かを買う時に、これは無駄だ!とか今はいらない!とか、あちらのお店の方が同じものを安く売っている!と判断して、節約したように思ってしまいます。

しかし、その時だけの節約では、効果が少ないのです。

毎日、この節約を続けていくことが大事なのですが、途中で心が折れてしまい、今回だけは贅沢にしようとお金を使ってしまうとこの快感が身についてしまって、節約するという行為は気休めの言葉になってしまうのです。

気が付くと、無駄なことにもついつい大金を使ってしまうことになって、大きな赤字を生み出してしまいます。

すると、もうダメです。

節約生活は破綻してしまい、節約は失敗に終わるのです。

そして、「来月からしっかりと節約生活をするわ!」と節約を先送りしてしまうのです。

まさに、ダイエットをする時の心境になってしまいます。

目標の減量までたどり着くまでに、挫折するのです。

では、節約をするために気を付けることはどんなことでしょうか?

1. 安物買いの銭失いになっていないか

節約を意識していると、つい安いものを買ってしまいます。

最近では、100円均一の商品の販売店舗があちこちにできています。

品物を見てみると、これが100円?というような物もたくさん並んでいます。

ひと昔と比べると、品数も品質もかなり向上しているように思えます。

しかし、安く販売しているということは、この販売価格でそのお店の商売が成り立っているのです。

つまり、仕入原価は販売価格より安いのです。

そのお店の営業経費と利益はきっちりと稼いでいるのです。

このことは、品物の質はそれほど良くはないのです。

ですから、使い続けていくと壊れやすくなります。

物によって、消耗品と考えると良いかもしれません。

だから、耐久性を期待するのであれば、少々高くても実績のある物を、正規のお店で買うことが必要です。

安い電球は切れるのが早いし、安い靴は靴底のゴムの質が悪くて、直ぐにツルツルに消耗して滑りやすくなったり、底の接着剤が剥がれて隙間ができてしまったりと問題が出てきます。

すると、また買い替えが必要で、結局はまたお金を使ってしまい、かえって浪費することにもなるのです。

中年の人は、靴が足に合っていないと歩行時の姿勢が悪くなり、ひどい時には膝を傷めたり、足がむくんでしまいます。

身体のバランスが崩れると、健康にも悪影響を及ぼして体調不良になり、病院通いで医療費が増えたりもすることがあります。

大事なものには、やはりそこそこのお金をかけるべきです。

2. 節約するのに時間がかかっていないか

節約しようと決心し、毎月とか毎年の節約額の目標を立てて頑張るケースが多いようです。

節約生活の第一歩は食費の節約です。

しかし、節約を始めてみると、スーパーで買い物をする時も悩んで計算して購入しますが、節約できる金額は微々たる物です。

たまには美味しいものを食べようとか、仲間や親戚が集まって食事でもとなると、ついつい余分な出費が増えるものです。

こうなると、その月は目標額の達成は無理になります。

食事で節約することは、かなり切り詰めた生活をすることになり、精神的にも我慢比べ的な感じになるのです。

節約額も少ないので、時間がかかってしまいます。

すると、食材を少なくしたり食べないことも選択肢に上がります。

なかには3食を2食に減らす人も出てきます。

食べたいのを我慢していくとストレスも溜まり、食品から摂取する栄養素も減るのです。

すると、身体は衰えていき免疫力も低下し、イライラして落ち着かなくなるのです。

風邪をひいても治りにくくなるし、体調が悪くなっていきます。

治療するための医療費も増えてしまい、節約も吹っ飛んでしまうのです。

節約するのに時間がかかったり、健康を害する方法は好ましくありません。

3. 時間がかかる節約はやめて副業した方がマシ

節約ブログを見ていくと分かるのですが、多くの方は節約と副収入で収入を増やすことを並行して実施している場合が多いようです。

節約対象は、食費の節約に重点を置くよりも、もっと高額の節約が期待できる住宅ローン、スマホなどの通信費、保険料などの分野も見直してみることも大事です。

お小遣い稼ぎでは、ネットでポイントを稼いだり、得意な人はアフィリエイトにチャレンジしているようです。

食費の節約には、メリハリをつけて、日頃は質素なご飯でも時にはレストランで美味しいものを食べるとか、楽しく暮らすことも大切です。

4. 定期的に自分にご褒美を

節約の意識を持って家計をやりくりしながら、頑張ったと思う節目の時には、自分にご褒美を与えることも気分転換の上から大事です。

日頃から欲しいと思っている洋服やバッグなどを、その時にご褒美として購入するのです。

無駄なものを買わないことで節約して行けば、ご褒美も許される範囲です。

ご褒美の内容は、その後の節約に意欲を与えるような効果的なものが良いでしょう。

そして、さらに節約意識を持って、無駄を省き質素に徹するのです。

いわゆるご褒美を認めるプチ節約です。

週末には好物の美味しいものを食べるとか、月に1回は小旅行に出かけるとか、定期的にご褒美を用意しておくのも良いかもしれません。

それぞれの環境に合わせて、節約をすることは楽しいものです。

【節約については、こちらの記事もチェック!】