最近なんだかついてないなって思うことありませんか?誰しもいいときと悪いときはあるものです。

でも悪いときにはその悪運を出来る限り早く退治したいものですね。

ただ流れにまかせるだけではなかなか運気はアップしてくれません。

もちろん時間がすべて解決してくれるまで待たなくてはいけないときや、事柄もあるのは事実ですがそんなときでもできることってありますね。

あんまりあたふたしても仕方ないですが、私はなんだかついてないなと思ったときにはまず心と体を休めるということをしながら自分なりの運気アップ法を見つけてきたような気がします。

運気をアップさせるきっかけはたくさんあるのです。

1. 占いや風水に頼るの?

占いや風水が好きな人は多いようですね。

特に女性はかなり凝る人もいます。

依存症にまで発展するような人もみられます。

私も嫌いではなかったです。

占いは統計学。

けっこうためになることもありました。

風水も信じすぎるのは良くないとは思いますが、たとえば「玄関はその家の顔だからいつもきれいにしておきましょう」なんていわれると、
なるほどって思いますよね。

なんとかこの運気をアップさせたいと思ったとき、占いに頼ってしまう気持ちはわかります。

占い師は仕事ですから占って、アドバイスをくれ、ときには優しげに慰めてもくれます。

それが心の癒しになって元気になれるならいいのかもしれませんが、でも思いませんか?
「だから・・・・?」
「これからの長い人生、ついていないときや悩むことも出て来るでしょう。そんなときいつも占いをしてもらうの?そして、占いで、あなたの運は〇〇ですと言ってもらって、だからどうすればいいの?」

占い師さんの中には、どうしたほうがいいというところまでアドバイスをくれる人もいるでしょうが、それを信じられるかというと疑問だし、信じられたとしてもその通りしてどうなるのでしょうか?自分の人生の責任は自分にあるのに。

大きな悩みを抱えているとき、運気が下がっているとき、なんだか最近ついていないとき、 すぐの解決をのぞみたいのはやまやまですが、運気アップへ向けて今自分ができることをやってみるうち徐々に、そして知らぬ間に青空が見えていたというのが結局一番の近道のような気がします。

2. 運気の良し悪しは、結局は自分の心次第


宿命は変えられないけれど、運命は変えられるといいますよね。

宿命は、日本に生まれたことや女性に生まれたこと、この親に生まれたこと、次女に生まれたことなど、自分ではどうしても変えられません。

いまさら長女が良かった、フランス人に生まれたかったといっても無理です。

でも運命は、命を運ぶのですから、運ぶ側次第で大きく変わってきます。

それじゃあ、運ぶ側の何次第で大きく変わってくるのでしょう?それはずばり、「心」次第ですね。

心を美しく、正しく、なんていいません。

いえ、いたいけれどそこから始めるとおかしなことになってしまうと思うのです。

たとえば美しくない考えや、ちょっとずるいことをしてしまうことがあったとき、心を美しく正しくするという基準で律しようなんて考えていたら、自己嫌悪に陥るのが関の山なのではないでしょうか?自分の心をがんじがらめにしてしまいかねないと思ったのです。

ちょうど、荒れたお肌の上から一生懸命濃いメイクを施しているみたいな感じです。

私のおすすめは、「 心には力がある 」です。

どんな力かといえば、命を運ぶ力があるということですね。

命を運ぶ力といえば?運命を変える力があるということです。

私にとっては心を美しくしようとか正しい思いを持とうとかいうのは、心には力があるということ、力のある心というものを信じた結果でした。

かんたんにいえば、運気の良し悪しは、結局は自分の心次第だということに気づくと、それだけで気持ちが晴れて、希望や勇気が湧いて来たのです。

もし不運に嘆いている人が、自分には何もすることがない、この運は自分ではどうすることもできないという受け身でいたなら、ずっとそのまま何も変わらないという絶望感に押しつぶされかねませんね。

でも変えられるという希望を持つためには「心には力がある」ということを信じることですね。

心には力があるというのは、力のある心になんとかしてもらうという受け身ではなくて、あくまで心の使い手は自分自身にあるということです。

自分はパワフルな心を操縦する操縦者だと思うようになりました。

心の力を意識すればするほど、どんどん心の力を感じるようになるのが不思議です。

美しい心、正しい心を持つという成人君主的な考えがあまり好きではない私ですが、結果として
自分なりの美しい思いや正しい考えかた 、心を持っているときのほうが運が良いことを実感することがふえていき、よこしまな考えや、濁った心でいては自分が損だと思うようになったのです。

自分にとって損になることは誰でもしたくないですよね。

そうして、損得勘定だけにとどまらず、結局、悪しき心でいると気分も良くないということがわかるようになっていきました。

悪しき心でいることは不幸というのはあたりまえのように思うかもしれませんが
自分の不運がどこか別の世界から自分のところにやってきて自分を不幸にしていると考えていると、不幸だから心が濁ったり不幸せなんだと思うのですが、逆の場合がほとんどだと気づくのです。

心が濁っているから不幸なんだ、に変わって行きました。

そうはいっても落ち込んだり、元気のないとき、自分の責任ではないような気がするけどなんだかトラブル続きだというときもあります。

そんなときには積極的に運気アップ法を実践しています。

運気アップをするためにやりたい25個の方法

運気をアップさせるためにおすすめの方法をご紹介します。

1. ネガティブな思考回路を捨てる


「心には力がある」を合言葉に、力のある心に幸せな命を運んでもらえるように、ネガティブな思考回路は捨てるようにします。

ネガティブな思考回路というとどういうものでしょうか?それは最終的には「だからいったでしょ!結局失敗になるのよ」とか「ほら不幸な結末で終わるでしょ!」というところに何が何でも持って行く思考回路です。

些細なことでも、悪いほう悪い方へ考えてしまったりまるで自分が幸せになってはいけないかのような思考回路といえますね。

ところで、失敗を回避するために、物事を成功に導くためには、最悪の状態を想定しておくというのは大切です。

まずやらなければいけないことかもしれません。

ここでいうネガティブな思考回路を捨てるということとはまた別の話になります。

最悪の状態を想定しておくということは、最悪の状態になった場合こういう可能性がある、自分はこういう生活、状態になりうると覚悟を決めることです。

その覚悟があるからこそ、そうならないために自信を持って行動でき、ポジティブな思考回路でがんばれるのです。

ネガティブな思考回路を捨てるということと、最悪の状態を想定するということはまったく別な物です。

2. いろいろな物に常に感謝をする

感謝できるものが何もないという人はこの世にはいませんね。

どんな人でも必ず何か感謝に値するものを持っています。

屋根がある家に住んでいて雨をしのげる。

毎日ごはんが美味しい、つまり健康。

私は今、この記事を書くことができている。

もし自分が感謝に値するものを何も持っていないという人がいるなら、そこには人との比較をしているからですね。

人と比較すれば、すべてが足らないということに行きついてしまうかもしれません。

自分は貧しいから持ち家を持てない。

自分の取り柄は健康だけで、才能もないから貧乏だ。

いつもこんなことばっかりいっている人がいますが、そんな人が幸せになれるとは思えません。

感謝の念を持つときの気分はどうでしょうか?私はとても幸せです。

何がなくても感謝の思いだけであれほど幸せになれるのはすごいと思いました。

「感謝の思い」に感謝したいと思うくらいです。

感謝の念というのはとても波動が高いらしいですね。

感謝の思いを持てるということで幸せだと思います。

考えてもみたら、この世の中は不思議だらけです。

数えたらきりがないくらい私たちの周りには不思議とも思える恩恵があると思いませんか?

私はかつて不幸な気分に陥っているとき、人が「自分たちに与えられている恩恵や感謝できることを数え上げたら悩みなんて大したことない、贅沢な悩みだ」というようなことを聞くにつれ、憎らしく思ったものです。

悩んでいる人にとってはどんな言葉を並べられても、今の自分の悩みしか見えないものだということは誰よりも知っているつもりです。

でもそんな私も同じことを言いたいです。

ほんとうに感謝できることが世の中には一杯あって、小さなものに、小さな事柄に感謝できるとき、そこに不幸は入りこむ余地はないとさえ思えるのです。

3. 汚い言葉を使わない

言霊(ことだま)といいますよね。

キリスト教では、はじめに言葉ありきともいいます。

言葉というのはとても大切です。

言葉には魂が宿っているのです。

目に見えるところから、耳に聞こえるところから変えて行きましょう。

急に言葉づかいを変えるのは難しいものです。

昨日までの言葉づかいと急に変わってしまったら周囲の人もびっくりしてしまいますよね。

そこで最初は汚い言葉を使わないということから始めてみましょう。

女性は、美しくなりたいならまず美しい言葉を使うところから始めてみるべきです。

お金もかからず心もきれいになり、きっと表情もきれいになります。

4. 家の中を常に綺麗に整頓する

幸運は清浄な空間に宿るのです。

常に家の中を綺麗に整頓しておきましょう。

私は、この頃なんだか上手くいかないな、疲れているなと思う時には、まず部屋の掃除や整理整頓をします。

出したら戻す、物の定位置を決めるということを徹底しているので、大きく部屋が散らかるということは今ではほとんどありませんが、それでも心の汚れは身の回りの汚れやごちゃごちゃに出ます。

家の中の美しさは心の余裕です。

物の定位置を決める
床に物を置かない
いらない書類は捨てる
物を持ちすぎない

家の中をすっきりさせると気持ちもすっきりします。

5. 無表情をやめる

テレビを見ていてとても素敵だなと思う女優さんは決まって、表情の美しい人です。

若い時は誰でも綺麗ですね。

女優さんともなると、もともとの素材が上質な人ばかりなので美しいのはとうぜんなのですが、その中でもひときわハッとさせられるのは決まって表情が美しい人、とくに笑顔の素敵な人です。

そして年齢を重ねても色あせずいつまでもチャーミングな人は笑顔が素敵ですね。

幸せな人は必ず幸せそうな顔をしているものです。

なら、先に幸せそうな顔で生きると決めてみてはどうでしょう!?
幸せが後からついてきます。

結局、運気アップというのは、運気アップしたときになっているであろうことを先取りするということですね。

6. 明るめの色の服やワンポイントを取り入れる

「黒い花はない」、「黒い花を摘もうとは思わない」
ということをよく聞きます。

女性を花にたとえて黒い服はあまり着ないほうがいいということをいっています。

実際はどうなのでしょうか?黒がとても映える女性もいますよね。

でもやっぱり、あまり毎日黒ばっかりというのはやめたほうがいいと思います。

黒はシャットアウトの色です。

まず黒ばっかり着ていると自分の気持ちがキリッとしすぎます。

黒でなくても、暗い色やくすんだ色というのは女性の顔色をくすんで見せます。

明るめの色の洋服を着て、もし洋服が暗い色や黒っぽいものの場合はワンポイントに明るいものを取り入れるなど工夫してみましょう。

パステルカラーなんていいですね。

日本人の肌によく似合います。

気持ちが晴れやかになるような色を身につけたほうが運気アップになります。

7. 服装に気を抜かない

おしゃれも家の中と同じように、その人の在りようを如実に表します。

いつも着飾ってきれいにしているけれど、家の中はぐちゃぐちゃという人もいますが、そんな人のおしゃれや外見はやっぱりどこかちぐはぐだったり、きれいにはしているけれどいま一つ魅力を感じられなかったりするものです。

でも服装にむとんちゃくよりはまだましですね。

人からどう扱われるかは自分が自分をどう扱うかにかかっています。

人目を気にして服装に気を抜かないのではなく、大切な自分を美しいものとして丁寧に扱ってあげるという意味で服装に気を抜いてはダメです。