「昼顔」「不機嫌な果実」「紙の月」など、最近は略奪婚・不倫をテーマとしたドラマや映画が増えてきて、毎回話題となっていますよね。

実際にできる・できないは置いとくとして、あんな恋愛に憧れたなんて人達も実はたくさんいらっしゃったんじゃないですか?でも略奪婚って要は結婚している人を奪ってしまうということ。

良く言えばそれほど相手を深く好きになってしまったということだけど、悪く言えばいろんな人を傷つけてまで手に入れる恋愛……果たしてそんな風にして結ばれた相手と本当に上手くやっていけるんでしょうか?ドラマや映画でも、恋愛をして結ばれるまでは描かれていますが、その後どうなったか?なんてことは描かれていませんよね。

そこで今回は略奪婚が本当に上手くいくのか、メリット・デメリットを見ながら検証していきたいと思います。

略奪婚・不倫をテーマにした作品のご紹介などもしていくので、そちらもぜひ参考にしてみてくださいね。

️略奪婚のメリット・デメリット

果たして略奪婚をすると一体どんなメリット・デメリットが生じるのでしょう?結ばれるまではドロドロがいっぱいで悪いイメージしかありませんが、結ばれた後は2人で良い関係を築けるのでしょうか?これを読んで略奪婚が本当に良いものか悪いものか、あなたなりに考えてみてくださいね。

略奪婚のメリット


まずは略奪婚のメリットについてご紹介していきたいと思います。

既に結婚していた相手を好きになって、いろんな苦労を乗り越えて手に入れた幸せなわけですから……やはりその分喜びや良いことも多いようですね。

では具体的に見ていきましょう。

欲しいものが手に入る

略奪婚の大きなメリットといえば、やはり欲しくてたまらなかった相手を手に入れられるということですよね。

欲しいものが手に入るというのはやはり人にとって喜びになります。

しかも略奪婚の場合は簡単には手に入れられない最愛の人をやっと自分のものにできるわけですから、その喜びも比べものにならないくらい大きなものでしょう。

大抵は相手の前夫・前妻との長いドロドロを乗り越えてやっと結ばれるものなので「やっと手に入れた」という達成感もあるでしょうし、その分「これからこの家庭を大切にしていこう」という気持ちもより強いものになるはずです。

ただ略奪婚の中には手に入れたという時点で満足して、その後一気に気持ちが冷めてしまうなんて人もたまにいたりするんですよね。

せっかく苦労して欲しい相手を手に入れたわけですから、その喜びをずっと忘れず、2人でいつまでも幸せに暮らしていってもらいたいものです。

好きな人とずっと一緒にいられる

好きな人とずっと一緒にいられる。

これも略奪婚の大きなメリットと言えるでしょう。

修羅場を乗り越えて結ばれた相手と毎日一緒にいて同じ時間を過ごせるようになるわけですから、これ以上の幸せはありませんよね。

しかも略奪婚の場合は大抵不倫から始まることが多いので、これまでは会える時間が限られていたり外で堂々と会うなんてことができていなかったはず。

人によっては連絡すら頻繁に取れていなかったかもしれません。

なので誰に気兼ねすることなく自由に一緒の時間を過ごせるというのは開放感もいっぱいで本当に嬉しいことのはずです。

何か特別なことをしなくても、家でのんびり過ごしたりご飯を食べたり…そんな些細な時間を一緒に過ごせるだけでも幸せを実感できるのではないでしょうか。

相手が妻/夫に抱く不満を事前に知れる


先程もお話したとおり、略奪婚というのは大抵の場合不倫から始まります。

なので相手がまだ結婚している状態で付き合い始めるわけです。

そうなると家庭のことや奥さん/旦那さんのことも当然話したりするわけですよね。

中には愚痴などを話してくる人もいたりするんじゃないでしょうか。

つまり相手が奥さん/旦那さんに対してどんな不満を持っているか、どんな家庭を望んでいるのかなどを事前に知っておくことができるわけです。

そしてそれを参考に相手の理想の妻/夫になり、理想の家庭づくりをしていけば結婚後も上手くいくはずです。

まぁ人には元々の性格や生活スタイルなどがありますし、相手の100%理想通りにするというのはなかなか難しいかもしれませんが、せめて「こうならないようにしよう」「こういうところに気を付けよう」という心構えができて、余計なケンカやストレスを防げるようになるかもしれませんよね。

不倫は決して良いことではありませんが、相手の前の家庭の事情を知ることができるという意外なメリットがあったんですね。

自分を選んでくれたことで自信がつく

最愛の人を手に入れることができる、というのも略奪婚のメリットではありますが、反対に相手に自分を選んでもらえるというのもまた大きな喜びですよね。

なぜなら相手は前の妻/夫と自分の間で散々悩み、結果的に自分を選んでくれたわけですから、これは相手にとって自分の方が魅力的だったという証拠になります。

大きな達成感にもなりますし、自分には魅力があるんだという自信にも繋がるのではないでしょうか。

しかも不倫の間はどうしても前の家庭が優先で、自分はずっと2番手のような扱いを受けていたわけですから。

なんだか最後の最後に逆転して大勝利をした気分で、喜びや自信もさらに大きなものになりますよね。

人は自信がつくと更に輝くようになりますし、もしかしたら略奪婚が今後の生き方や価値観を変えるキッカケにもなるかもしれません。

輝くパートナーを見れば相手も更に嬉しくなり、より幸せな家庭を築いていけるようになるかもしれませんね。

略奪婚のデメリット

それでは今度は反対に略奪婚のデメリットについてご紹介していきたいと思います。

略奪婚は結婚している相手を前の奥さん/旦那さんから奪ってしまうという、やはり道徳的には許されないことですから。

結ばれた後もそれなりのリスクや悪い面が出てくるのではないでしょうか?早速見ていきましょう。

相手の家庭を壊す

略奪婚の最大のデメリットと言えば、やはり相手の家庭を壊してしまうというところでしょう。

最愛の人と結ばれるという大きな幸せが手に入れられるものの、その分相手の前妻/前夫、最悪子供まで傷つけてしまうという大きな罪まで犯すことになってしまうわけですから、決して気持ちの良いものではありません。

今後直接的な関わりがないとしても相手の家族からはなかなか許されないと思いますし、もしかしたら一生消えないような深い傷を負わせてしまうかもしれませんしね。

自分自身も相当の罪悪感を抱え、長い間苦しむことになるかもしれません。

恋愛というのは理屈ではないですし、人を好きになってしまうのは仕方ないのかもしれませんが……その恋愛が誰かを深く傷つけてまで手に入れるほど本当にメリットがあるのか、既婚者と恋愛をしている人はよく考えて行動をするべきですね。

世間の目

略奪婚には周囲の人から冷たく見られてしまうという大きなデメリットもあります。

やはり略奪婚や不倫というのは世間からすると”人の相手を奪ってしまう”というモラルに反する行為ですからね。

理解できないという人や最低に思う人も多いわけです。

中にはそういう恋愛に賛成という人もいたりしますが、まだまだ圧倒的に反対派という人が多いはずです。

そのため略奪婚をしたら世間や周囲の人達との付き合い方にも相当の覚悟が必要となってくるでしょう。

あまり人前で2人の幸せを堂々とアピールはできませんし、もしかしたら批判・中傷してくるような人だっているかもしれません。

ひょっとしたら親や友人など、あなたがこれまで大切に思ってきた人達からも軽蔑され、縁を切られてしまうなんてことだって有り得るかもしれないんですよ。

そうなってもいいという覚悟があった上で相手と結ばれるというのなら良いですが、それほどの気持ちがないのなら、やはり諦めた方が賢明と言えるのかもしれません。

不倫じゃなきゃ燃えない

1度略奪婚や不倫を経験するとそういった恋愛にハマってしまい、今後普通の恋愛ができなくなってしまうという人も多かったりします。

つまり不倫じゃないと燃えられないという考え方で、相手がいる人ばかり好きになってしまうというタイプの人です。

不倫は確かに良い行いではありませんが、相手がいる人と恋愛するというスリル・ドキドキ、相手の恋人や家族より自分の方が上という優越感など、不倫だからこそ得られる感情も色々あるわけです。

そういったものに楽しみを感じるようになってしまった人が大概不倫にハマってしまい、今後不倫以外の恋愛ができなくなってしまうんですね。

また女性の場合は「またときめきが欲しい」「もう1度燃えるような恋愛がしたい」というドラマチックを期待する気持ちから再び不倫に走る人も多かったりするようです。

1度ハマったらなかなかやめることができない。

略奪婚や不倫にはそんな意外なデメリットもあるんですね。

浮気癖が治らない

先程の「不倫じゃないと燃えない」というお話にもちょっと似ていますが、1度略奪婚や不倫をするような人は浮気癖が付いてその後なかなか治らないという人も多かったりします。

まあ不倫や浮気をするような人の中には最初から元々浮気癖があったという人も結構いたりするんですが、中には先程言ったような不倫や浮気でしか得られない楽しみにハマって浮気癖が付いてしまうという人もいたりするんですね。

また1度不倫や浮気が成功した人は「案外バレないんだな」という安心感を覚えてしまい、それから繰り返すようにもなってしまいます。

罪悪感も繰り返すごとに段々薄くなっていってしまうので、最悪な人は浮気が悪いことなんて思わなくもなりその内平気でするようになってしまうんですね。

略奪婚や不倫も本気ならまだ納得できる部分があるかもしれませんが、こんな浮気癖のある人が軽い気持ちでやってしまったら、本当にただの最低で悲しい行為にしか思えなくなりますよね。

また略奪されるかもしれない不安

実は略奪婚には「成功したら今度は自分が奪われる側になる可能性がある」という大きな盲点もあったりします。

なぜなら先程もお話したように、1度略奪婚や不倫をした人にはまた同じことを繰り返す可能性が十分有り得るからです。

またどこかで不倫をしてその人と本気になって、今度は自分が捨てられてしまうということが全くないとは言い切れないんですよね。

実際略奪婚をした夫婦の中には、相手に再び不倫をされたという理由で破局をしてしまうという人達が多かったりするんですよ。

また実際に不倫をしないとしても、略奪されてしまうかもという不安を感じ始めたらなかなか消えず、相手に対して不信感を抱くようにもなってしまうのではないでしょうか。

自分が1度経験したことがある分、その不安も余計にリアルで大きなものになってしまいそうです。

拭えない不信感

こちらも先程のお話とほぼ同様ですが、略奪婚をした夫婦の中には「相手がまた不倫するかも」「今度は誰かに略奪されてしまうかも」という不安を感じる人も多く、相手に不信感を抱くようになってしまうんですね。

相手が1度自分と不倫をして家庭を裏切っているので、自分にも同じことをするんじゃないかという疑いが生じてしまうんです。

100%相手に対して安心することができないので、自然と行動や発言も信用できなくなってくるでしょう。

最悪の場合は不倫に関係なく、相手の全てに対して不信感を感じるようになってしまうかもしれません。

しかもこういう不信感というのはなかなか簡単に拭うことができるものではないので、1度感じてしまうとその後長い間辛い思いをしてしまいそうですね。

せっかく苦労を乗り越えて一緒になれた2人なのに、こんな疑ってばかりの関係になってしまったら本当に悲しいことですよね。

慰謝料や養育費の支払い

略奪婚は相手と自分が不倫をして、前の家庭を壊してしまうという行為。

つまりこちらが原因で離婚に追い込んでしまうわけなので、人によっては慰謝料を支払わなければならないというデメリットも生じてしまいます。

しかも多額の慰謝料を請求される場合も考えられますし、もしも子供がいる家庭だったら今後生活費や養育費まで支払わなければならないですよね?そうなったら長い間高いお金を支払い続けなければならないので、よっぽど稼ぎがないと自分達の生活が苦しくなってしまうわけです。

なによりお金を支払い終えるまでいつまでも前の家族に縛られるということになってしまうんですよね。

自分達が勝手なことをして前の家庭をバラバラにしてしまったので、もちろん支払いをして償っていくのは当然のことですが、いつまでも自由になれずお金を支払い続けていかなければならないというのはやはり辛いものがありますね。

️略奪婚って実際あるの?

ここまでは略奪婚のメリット・デメリットについてご紹介してきましたが、では実際に略奪婚というのはどれくらい起こっているものなのでしょう?略奪婚・不倫のドラマはよく目にしますが、実際にあんな恋愛をしている人達ってどれくらいいるものなのでしょうか?

恋愛の自由化

そもそも近年は恋愛や結婚の自由化が進む一方だと考えられています。

最近は恋愛の形式も様々なものが生まれていますし、恋愛自体しようとしない若者が増えたり、男性に頼らず自立して生きている女性の姿なども多く見られるようになりましたからね。

また昔は恋愛をしたら必ず結婚、そして子供を産む…というように結婚のパターンも決まっているものでしたが。

ここ数年は恋愛をしても結婚まではいかない、結婚しても子供を産まない、というような選択をする人達も多くなってきました。

とにかく多くの人が従来の恋愛や結婚の形に縛られず、自由な選択をできるようになったんですね。

ただこの自由化は晩婚化・少子化などといった深刻な事態の原因とも言われているので、実は良いことだらけとも言い難いのですが……。

不倫・浮気の増加

恋愛・結婚の自由化が進んできた。

一見良いことのように思えますが実はこれが近年、不倫・浮気の増加の原因になっているとも考えられています。

自由な選択ができ縛られることが少なくなってきたので、奔放な考え方をする人が増えてきたんですね。

また最近は不倫・浮気をテーマにしたドラマや映画も多くなってきていますが、これも影響を与えていると考えられています。

特にこういった作品を見る既婚者の女性達が大きな影響を受けていて、実際に不倫・浮気に走ってしまう人も急増しているんです。

あるアンケートでは既婚者の女性の内の約7割が「女性の浮気はOK」と、不倫・浮気に賛成の意を示しているんですよ。

昔から不倫・浮気は男性のものと考えられてきましたが、女性がこういう考え方をするようになってきたことで数字にも表れるようになってきたんですね。

離婚率も上昇中

不倫・浮気の増加が進んできたことで、当然離婚率も上昇するようになってきました。

また恋愛・結婚の自由化により離婚への考え方が変わり、離婚をすぐに決めてしまう人が多くなったので、不倫・離婚がバレる=即離婚という選択がされやすくなってしまったんですね。

そのため離婚後そのまま不倫・浮気相手とくっつき、結果略奪婚になったという人も少なくはないようです。

また反対に不倫・浮気をしている側の妻/夫が離婚前から既に本気で相手に心変わりをして、簡単に離婚を決めてしまうなんてケースもあるようですね。

今や3人に1人が離婚する時代などとも言われていて、裁判所で扱う離婚件数や離婚を専門とした弁護士の数なども以前よりかなり増えてきています。

つまり略奪婚は実際ある

恋愛・結婚の自由化。

不倫・浮気の増加。

そして離婚率の上昇。

この3つの要因により、略奪婚も実際に起きてしまっているんです。

先程もお話したように、不倫・浮気がバレて離婚する人が増えたことで、そのまま不倫・浮気相手と再婚するという人が多くなってきているんですね。

しかもその数は予想以上の多さ。

略奪婚なんてドラマ・映画の中だけのお話でそんなに起こるものではないと思っていたけど、結構たくさんの人が経験していることなんですよね。

最近も不倫・浮気をテーマとした新しい作品が続々と登場していますし、影響を受けてしまう人がますます増えてしまうのではないでしょうか。

【離婚については、こちらの記事もチェック!】

️略奪婚や不倫をテーマにした作品

それではここからは略奪婚・不倫をテーマにしたドラマ・映画・小説をご紹介していきたいと思います。

世間の多くの女性達に実際に影響を与えたのは一体どんな作品になっているのか?どんな魅力があるのか?内容や出演者など色々見比べながら見てみてくださいね。

ドラマ編

「昼顔~平日午後3時の恋人たち」

笹本紗和はスーパーのパートタイマーとして働く主婦。

優しい夫の俊介と2人で仲良く暮らしていたが、平凡すぎる毎日といびつな幸せに若干の物足りなさを感じていた。

そんなある日紗和はある事件がキッカケで高校教師の北野裕一郎に出会うが、なぜか初対面から彼に心惹かれ、その後も会うごとに彼への思いを強めていく。

一方の北野も紗和のことがだんだんと気になり始め、2人は次第に強烈に惹かれていくようになるが……。

実は北野にも乃里子という妻がいたのだった。

こちらは上戸彩さん・斎藤工さん・吉瀬美智子さん出演で、2014年に放送されたドラマ。

平日に不倫をする妻、つまり昼顔妻をテーマにした作品で、社会現象を巻き起こすほどの大ヒットとなりました。

また上戸彩さん・斎藤工さんの不倫関係がセクシーで美しいということでも大きな話題に。

今年2017年6月10日には続編となる劇場版も公開予定で、そちらも今から話題となっていますよ。

「奪い合い、冬」

池内光は同じ会社で働いている恋人・奥川康太にプロポーズを受けて婚約をすることになり、充実した毎日を送っていた。

が、ある日かつて激しく愛し合っていた元彼・森山信と突然の再会をすることに。

信は既に結婚をしていて蘭という綺麗な妻がいたが、かつての愛が再燃し再び信へと心惹かれるようになる光。

そして信もまた光に惹かれていくが、そんな2人の様子に気付いた康太と蘭は段々と嫉妬に狂うようになっていき……。

こちらは今年2017年の1月に放送されたばかりのドラマ。

主人公の池内光を演じたのは倉科カナさん。

さらに三浦翔平さん・大谷亮平さん・水野美紀さんと人気のキャストが勢揃いしていました。

このドラマは光と信がどうなるのかも気になるところですが、もう1つ嫉妬に狂って光を追い詰めていく康太と蘭の様子が見どころ。

三浦翔平さんと水野美紀さんの迫真の演技も「怖すぎる」と世間で話題になっていましたよね。

「不機嫌な果実」

32歳の水越麻也子は結婚して6年目になるが、自分を女として扱わない夫・航一との生活に不満を募らせていた。

そんな時昔の恋人である野村と再会し不倫を重ねるようになるが、野村には他に若い愛人もいて関係はすぐに終了。

その後麻也子はふとしたことから音楽評論家の工藤通彦と知り合い、再び不倫をするようになる。

次第に麻也子と通彦は本気で愛し合うようになり、麻也子はついに航一との離婚を決意するが。

こちらは林真理子さん執筆の人気小説で、1997年に石田ゆり子さん・岡本健一さん出演、2016年に栗山千明さん・市原隼人さん出演で、2度ドラマ化されました。

最初は従順で良い妻だった麻也子が段々と不倫に溺れ、女としての喜びを見出していく様子が見ていて面白いのではないでしょうか。

映画編

「紙の月」

銀行員の梅澤梨花は正義感の強い平凡な主婦。

仕事ではそれなりの評価を受け、安定した生活も送っていたが、唯一自分に関心を持とうとしない夫に不満を抱えていた。

そんな中梨花は顧客相手の孫である平林光太と出会い、不倫関係に溺れていくようになる。

そしてそのことで梨花の日常と金銭感覚は少しずつ歪んでいき、顧客のお金にまで手を出すように。

更にその後も梨花の行動はエスカレートし、ついには横領を繰り返すようにまでなってしまった。

こちらは2014年に公開された映画で、主人公の梅沢梨花を宮沢りえさん、不倫相手となる平林光太を池松壮亮さんが演じました。

平凡な主婦が不倫に溺れ、更には犯罪にまで手を染めていくというまた違った不倫の形が描かれています。

また宮沢りえさんが美しい横領犯になっていく姿も見どころの1つになっているのではないでしょうか。

「卒業」

主人公のベンジャミンは大学卒業の祝賀パーティーで出会った年上の女性・ロビンソン夫人に誘惑され、次第に逢瀬を重ねるように。

が、ロビンソン夫人と関係を続けていてもどこか満たされないベンジャミンは、親の勧めもあって今度はロビンソン夫人の娘であるエレーンとデートをすることになった。

最初は渋々デートをしていたが、清純で可憐なエレーンに惹かれていき、本気で愛するようになったベンジャミン。

しかしそんな2人の様子を見てロビンソン夫人は激しく嫉妬するようになり……。

こちらは1967年に公開されたアメリカの映画で、主人公のベンジャミンをダスティン・ホフマンが演じました。

途中から主人公は人妻の娘を本気で愛するようになるので、従来の不倫映画とはまたちょっと違った展開ですが、人妻が嫉妬に狂い2人の関係を壊そうとするというちょっとヒヤヒヤな展開が見どころかもしれませんね。

小説編

「恋愛中毒」

主人公の水無月は離婚歴のある中年の女性。

ある時彼女は長年ファンだった小説家・創路と出会い、そのうち愛人関係を結ぶようになる。

離婚という痛手を受け恋愛に臆病になっていた水無月は、「もう他人を愛しすぎない」と誓いながらも創路との不倫関係を続けていくが……後々、実は彼女が重度のストーカーで、過去犯罪を犯していたということが判明。

次第に彼女の狂気が垣間見えるようになっていく。

こちらは小説家・山本文緒さんの代表作とも言える作品で、「恋愛小説の最高傑作」と評価する人がいるほどの一作。

恋愛に不器用な女性が不倫に溺れていくという一見ありがちな切ない話かと思いきや、途中から女性の恋愛に対する狂気に焦点を当てた、少し怖い話になっています。

しかしただ怖いだけでなく、この女性の恋愛にのめり込んでいく姿には共感できる部分も多いはず。

読む人、年齢、恋愛経験などによって捉え方が変化してくる作品とも言えるのではないでしょうか。

「東京タワー」

大学生の透は母の友人で人妻の詩史と出会い、関係を持つように。

不倫ながらも甘く穏やかで幸せな詩史との関係に透は酔いしれ、次第に本気で詩史を愛するようになっていく。

一方透の友人である耕二も透の話に影響を受け、女子大生の恋人がいながらも、人妻の喜美子との不倫関係に夢中になっていく。

喜美子との肉体関係に……。

人妻と大学生の不倫。

同じ境遇でありながら、相反する恋愛観を持った2組の恋人たちの結末とは果たして―――?
こちらは江國香織さん執筆の恋愛小説で、2005年には黒木瞳さん・岡田准一さん主演で映画化もされました。

透と詩史の純粋で切ない不倫。

一方耕二と喜美子の欲望に溺れていく不倫と、全く対極する2つの不倫を楽しむことができる作品になっています。

映画も非常に美しい作品となっていてオススメですよ。

️今どき略奪婚はアリ?

恋愛が自由化してきたことや、ドラマ・映画などの影響により、近年は略奪婚・不倫をする人が本当に増えてきているんですね。

昔は絶対に有り得ないことと言われていましたが、今は「略奪婚はアリ」という考え方の人の方が多いのかも……。

でも勘違いしてはいけません。

みんながしているからといって決して略奪婚は良いことではないんです。

相手の家庭を壊すことになってしまいますし、いろんな人を傷つけてしまう行為ですから。

本気で相手のことを好きになってしまい、本気で結ばれたいという強い思いがあるのなら良いですが……決して軽い気持ちでやっていいことではないんですよ!また今回略奪婚のメリット・デメリットについてもご紹介してきましたが、読んで分かるとおり100%上手くいくものとも限りません。

最愛の人を手に入れることができるという大きな喜びは得られますが、その分様々なストレスも抱えますし周囲との関係も変化していきますからね。

もしも今、既婚者の人を好きになって不倫関係になってしまっている…なんて人がいたら、その恋が例えたくさんのものを失ってでも手に入れる価値があるものなのか、1度冷静になってよく考えてみましょう。

もしもそこまで強い思いがないのなら、誰かを傷つける前に早めに諦めた方が賢明だと思いますよ。

自分を大切に、本当に幸せになれる恋愛を選択するようにしてくださいね!