アラサーの記事一覧

アラサーに関する記事一覧です。

アラサーになると結婚に対しての焦りが出てきたり、将来のことを真剣に考えたりと20代の頃とは考え方も価値観も変わってきます。

恋愛、生活、仕事について、アラサー世代に読んでほしい記事を集めました。

アラサーとは?

アラサーはアラウンドサーティ(aroundthirty)の略で、30歳前後の人を指す言葉です。

その始まりは2005年創刊の女性誌と言われていますが、今では女性に限らず30歳前後の人の総称となっています。

そこから派生して2008年にはアラフォー(40歳前後)、そしてアラハタ(20歳前後)という言葉も生まれました。

アラサーと関連した上位検索ワードは「独身」「結婚」「合コン」「メイク」「肌」「髪型」など恋愛や顔周りの変化に関するものが多く、10代はほとんどが「ファッション」、20代が「転職」「求人」「金儲け」「生活費」など仕事とお金関係が多いのとは大きく異なっています。

ある程度仕事も落ち着いて恋愛から結婚までを本気で考え出したり、独身を貫く意志を固めるような期間といえるでしょう。

また、30代になると「ついに大台に乗ったかー!」なんて言われるので他者からの目、認識の変化というのも要因にありそうです。

何歳から当てはまるの?

定義はまちまちですが、四捨五入理論で25歳が「ついにアラサーです」と言うと周囲から鋭い目を向けられてしまうので、概ね±3歳の27~33歳が該当するといわれています。

人によっては27歳の人が「アラサー」というのも許さないらしいので28~32歳とする±2の説もありました。

別の角度から見てみると「新卒3年神話」も関係しているようです。

大学卒業を22歳とした場合、23歳の年から25歳まではまだ新卒扱いの期間とされるため、25歳ではアラサーと呼ぶにはまだ1人前ではないという認識が広まっており、26歳という助走期間を経て27歳でアラサーに踏み込むということです。

そんなわけで、もう若い子扱いもされないけれども貫禄のある年齢でもないという、どこか宙ぶらりんな気持ちを抱えやすい時期がアラサーです。

転職が多くなる年齢でもありますし、女性の結婚平均年齢は29.4歳、男性は31.1歳ということもあって同期の人たちの環境も大きく変化していきます。

自分にも何か人生の分岐点が訪れるはずだという期待や不安が押し寄せる年齢といえます。

アラサーになると感じる、20代前半との違い

気持ちの面だけでなく明らかに20代前半とは違いが出てきます。

ポイントは周囲の反応と自分自身の体です。

周りから

よく引き合いに出されるのが論語の一節です。

ザックリいうと「15歳で学問を志し、30歳で自立、40歳で迷いが消えて50歳で天命を知り、60歳で色んな人の話が聞けるようになって70歳は欲望のままに振舞っても道を踏み外さなくなる」というもの。

昔から30歳は自立する歳とされていたことがわかります。

さて、自立する歳ともなると、さまざまな場面で「若い」ことが武器にならなくなってきます。

27歳くらいならギリギリ可愛がってもらえるかもしれませんが、それは持ち味のキャラクターによる部分が大きいです。

まず仕事の面では上司や先輩にフォローしてもらっていた状態からフォローする側に回るようになりますし、ある程度のことは自分でできないと評価が露骨に下がります。

責任ある仕事を任されるようになるのでストレスもたまりやすいです。

恋愛においても、それまでは「可愛いさ」「率直さ」が売りになっていたとしても「落ち着き」「頼りがい」が求められるようになります。

アラサーにもなって自分の身の周りのことすらできない人は恋愛対象外に落ちていくでしょう。

そして、フリーの場合は会話において「恋愛」という言葉が「婚活」にすり替わっていくことが多く、長く付き合っている相手がいる場合には「そろそろ結婚しないの?」と問われることが増えていきます。

体の不調

まず徹夜ができなくなってきます。

学生時代朝まで飲み明かしていた日々が嘘のようにすぐ眠くなったり酔いが回るのが早くなったり、そもそも徹夜をする体力がありません。

そして、オールAだった健康診断結果にBやらCやら、ときにはDまで混ざってくるのがアラサーです。

血がドロドロ、肝臓や腎臓の数値が思わしくない、尿酸値が高いなどなど、20代前半と変わらぬ生活をしているのになぜかどんどん結果が悪くなっていきます。

体の代謝が落ちて行くのはもちろん理由のひとつですが、ストレスも理由としては大きいです。

収入は転職で業種変えをしていない限り多くの場合20代と比べて上がっているものの、これらの体調の変化から保険への加入、老後の積立を検討し始めます。

食生活も脂っこいものが減って栄養素を考慮したものが増え、お酒の量や睡眠時間への意識も高まっていくはずです。

体の不調とは言わないまでも、肌の水分と油分のバランスも変わっていくので20代前半までは落ち着いていたニキビが再び出現することもあるでしょう。

いわゆる大人ニキビというもので思春期ニキビとはできるメカニズムも異なっています。

もっと先にはアラフォーが待ってる!

アラサーと同じ枠でいうとアラフォーは37~43歳です。

その間にアラサーでもアラフォーでもないインターバルの34~36歳が存在します。

3年間もありますから「もっと先」としましたが、成人式から今日までがあっという間に過ぎ去ったように、3年なんて気づけば過ぎてしまいます。

中学校3年間の時間の流れ方とはわけが違うのです。

ちなみに、アラフォーと一緒に検索されることが多い単語は「ファッション」関連が大半を占めており、仕事や恋愛絡みの検索ワードも極端に少なくなります。

この結果から見えてくることは、仕事も恋愛もある程度落ち着いて気になるのは服くらいといったところでしょうか。

落ち着いたアラフォーを迎えるためにアラサーのうちにできることはしておいた方が良さそうです。

アラサーのうちにやっておきたいこと

仕事の面では、アラフォーに向けて収入を安定させるべく、できることなら出世か昇給をしておきたいところです。

ただ、ここはパワーバランスが難しいので要注意。

正直に言えば簡単に追い抜けそうな先輩社員がいても20代後半で露骨に追い抜いてしまうと、やっかみを受けて思わぬ被害をもたらされる恐れがあります。

こういった人間関係のバランスも上手いこと乗り切れる力をアラサーのうちにつけておきましょう。

生活リズムは見直しておくのが吉です。

アラサーぐらいだと「まだいける!」と徹夜などの無理を通す人が多いですが、アラサーのうちに無理をしているとアラフォーにかけて体にドカッとツケが回ってきます。

また暴飲暴食、睡眠時間のリズムが狂っている状態だと健康診断で怯えるハメになるのでアラサーのうちに見直しましょう。

恋愛においては、とくに結婚を焦っていないならそのままで構いませんが、結婚を考えているならそろそろ飛び回る恋愛をやめて落ち着いた恋愛に入っておきたい年齢です。

飛び回る恋愛も楽しいですが、そういうことは20代のうちに済ませましょう。

また、将来設計を立て直すというのもアラサーのうちにやっておきたいことです。

結婚しているかどうかに関わらず、貯金や保険などが適正かどうか、将来予測される出費に耐えられる設計になっているかをしっかり把握しておくことが大切です。

アラサー女子・アラサー男子でありがちなこと

恋愛したくても周囲がみんな既婚者なんてことはよく聞く話です。

同僚や友達の結婚ラッシュの期間でもあるためご祝儀だらけで出費が増大したり、周囲が既婚者になることで気軽に遊びに誘える友達が減ったりします。

一方で、1人でも趣味などを楽しめるようになっているので精神的にはアラフォーに向かって落ち着いていき、行動範囲も限定されていく人が多い傾向にあります。

仕事で責任のある立場になりストレスがたまっているので休日くらいのんびりしたいという気持ちもあるからです。

女性はスキンケアで選ぶ商品が変わってきますし、男性も保湿ケアを始めます。

体調の変化を感じて意識的に運動を始める人も多いでしょう。

大きな変化が多いアラサーですから、今までの生活や考え方を見直す時期といえます。

「アラサー」のおすすめ記事を6件中、1〜6件目を表示

大人可愛い髪型14選。アラサー以上でもかわいくなれる!

アラサーになると、髪型に迷うんですよね。 可愛いが許されるのは20代半ばまでだし。 アラサーになると、可愛い髪型はイタイ女に見られそうだし。 と、若さを意識した髪型をすると、それが逆に仇になるのがアラサー世代。 でも、ア・・・

アラサー婚活を成功させるための10個の鉄則

アラサーの婚活は20代前半までの売り出し文句ではうまくいきません。 なぜなら、男性から見てもう「若い子」ではないからです。 若い内の無知は教えてあげようという父性本能をくすぐりますが、アラサーになってからの無知は痛いだけ・・・

アラサーとは何歳から?20代とどう違うの?

アラサーと聞いて「あ~あ、アラサーの年齢になってしまった」と思いますか? アラサーはお姉さんというよりもオバさんという域に達してしまう、でもそれは自分自身の思い方につきること。 アラサーになると何が変わるんだろう 10代・・・