人生において好きな人とする初キスはとても大事なものかと思います。

初キスは何年経っても記憶に残るものです。

大したことないと思われる人もいると思いますが、本当は胸キュンする初キスで成功させたいですよね!

そんなキス未経験の方の為に、初キスを成功させる為のポイントと注意点をご紹介していきます!

初めてのキスはとても大事

大好きな彼氏と初めてのキスは大緊張しますよね。

いつどこで、どんなシチュエーションでキスしたらいいのか。

キスは断ったら嫌われちゃうかも。

なんていう不安が多々あります。

今から、そんな様々なキスの疑問に答えていきますのでお読み下さい!

初キスは手を繋ぐ次に緊張するもの

告白するのが一番の緊張だと思っていたかもしれませんが、付き合ってからのほうが緊張することが増えていきます。

だってデート中の手繋ぎすら死ぬほど緊張するのに…キスだなんて!って思いますよね。

ですが、初キスのステップを踏むのは、みんなの通る緊張の道なのです。

絶対に失敗したくない!


初めてだからこそ失敗しないかと不安になってしまいます。

まず、絶対に失敗しない為のひとつに『イメトレ』が成功の秘訣です。

例えばクマのぬいぐるみなどを彼女に見立てて、クマとキスの練習をしてみてください。

また鏡にキスをしてみて、自分の顔が変顔になってないかや唇が乾燥していないか確認するようにしましょう。

初めてのキスは分からないことだらけ

初めてのキスって不意打ちだったり、予告がある訳ではないので、いつするのか分からないものです。

2人っきりの時に見つめあってキスするのが良いかな。

なんて思いませんか?

あなたの中で理想なキスのシチュエーションを考えてみましょう!

どうすれば良いのかタイミングさえも分からない


もしもキスのタイミングが分からなかったら、彼氏にまかせましょう。

あなたが緊張して肩の力が入ってしまうと、せっかくのデートも楽しめません。

お互いがリラックスして、キスしたいという気持ちになりましょう!

また、キスをするタイミングも気を使うようにしましょう。

相手が悲しんでいる時などにキスをされてしまうと、あまり良い気持ちで臨めません。

そんな時にキスをするのではなく、楽しい時や何も考えてない時にキスをしたほうが雰囲気の良い初キスになるでしょう。

2人の思い出に残るキスにしたい!

それでも初キスはお互いにとって大事だからこそ、できたら思い出に残るキスにしたいですよね。

思い出に残るキスといったら、ディズニーランドや夜景の綺麗な所での初キスは素敵だと思います。

私の思い出に残ったキスは、夜の誰もいない公園でのキスです。

ありきたりですが、静けさのある場所でのキスは、2人だけの空間になれてリラックスもできました。

ぜひ思い出に残るキスをしていきましょう!

初めてのキスを成功させるために気を付けてほしい12個のポイント

好きな子との初めてのキスには心の準備が必要と言えるでしょう。

心の準備には、キスまでの期間やキスのエチケットなども含まれてます。

そんな初めてのキスを成功させるための気をつけてほしい12個のポイントを紹介していきます!

1、付き合う前にキスしない

どんなに好きでも、当たり前ですが付き合ってもないのにキスはしてはいけません。

付き合ってもないのにキスをされては、相手は遊ばれているのかと思い、怒らせてしまいます。

大人として、しっかりと段階を踏むようにしましょうね!

一方的な気持ちを押し付けない

自分の気持ちを抑えれなくて、無理矢理キスをしたりするのは絶対にやめましょう。

また、付き合ってほしいからといい無理強いをしてキスを迫るのもやめましょう。

下手したら犯罪になりかねません。

2、1回目のデートでキスしない

初めてのデートは手を繋いでみたりして、ドキドキ感を味わいましょう。

1回目のデートからキスをしてしまうと、お互いの気持ちによっては早いと思うかもしれません。

まして、初キスならば1回目のデートですることはおすすめしません。

なぜなら、彼女に心の準備ができてないかもしれないからです。

彼女の気持ちを確かめながら、キスのタイミングをうかがわせましょうね。

また、自分気持ちもピークに達した時にキスをすることが重要だと思います。

3回目がベストなタイミング

何回かデートを重ねてからのキスだと、お互いの気持ちも高ぶり成功しやすいです。

特に3回目ぐらいのデートだと、彼女も受け入れやすいでしょう。

3、口臭ケアを怠らない

初キスはレモンの味なんて言いますが、実際はしません。

初キスは初々しい気持ちの表現として、レモンに例えているのでしょう。

実際は無味無臭だったり、タバコの味が多いのではないでしょうか。

デート前の歯磨きはもちろんですが、食後のキスは、特に臭いが気になります。

食後の口臭予防に、常にブレスケアやミンティアを持ち歩きましょう。

またトイレに行くついでに、携帯歯磨きで歯を素早く磨くのも手でしょう。

男性の場合ヒゲも気を付ける

女性の場合は濃い口紅やベッタリなグロスをつけてると、相手の口にもついてしまうのでやめましょう。

適度なリップクリームが丁度良いと思われます。

男性の場合は口周りのチクチクなヒゲや乾燥唇に気をつけましょう。

ヒゲが顔に当たることを嫌がる女性は多いです。

男女共に、キスをする時のエチケットは忘れずにしましょう!

4、いきなりディープキスしない

好きな人との、初キスは忘れられないものです。

それなのに、無理矢理キスをしたり、舌を入れられたら、初キスが台無しになってしまいます。

特にキスをしたことがない彼女に、急なキスのテクニックを披露してしまうと後々、引かれてしまいます。

例えばディープキスは慣れてきたらするようにして、最初はフレンチキスくらいにとどめたほうな無難です。

嫌われる可能性大

初キスは唇と唇が合わさるだけですが、やはりドギマギとしてしまうものです。

唇を離したいのに無理に吸い付いたりしてしまったら、自分本位な人と思われるてしまいます。

だからこそ、彼女のペースに合わせるようなキスをしましょう。

5、タイミングを計る

初キスのタイミングっていつなんだろうと考えることが多いです。

初キスのタイミングにおすすめなのが、特に帰り際といえるでしょう。

楽しかったデートの帰りってなんとなく寂しくなりますよね。

そんな時に帰り際に初キスをしてくれたら、寂しさも吹っ飛びます。

仲が良ければ良いほど、初キスのタイミングは自然に訪れやすいでしょう。