「自分からキスをする」というと、お付き合い前であれば、男性の方が機会が多いと思います。

と言う事は、良いキスになるかどうかは男性次第。

そして、男性がキスしたくなる雰囲気に持っていけるかは女性次第…

海外の人みたいに挨拶がわりにできたらどんなに楽でしょう…

キスするタイミング…考えちゃうと意外に難しいですよね!

キスするタイミングって難しいですよね

なかなか勇気を出しにくい

ムードや雰囲気を作りながら、相手の心理状態を読み取り一連の流れを自然にこなす…

文章にするとロマンチックでもなんでもなくなってしまいますが、

キスに持っていくのが上手い方というのは、コミュニケーション能力が高い人が多いのではと思います。

海外では頬をすりあわせたり、挨拶としてキスが当たり前の様な国もありますが…

小さな頃からスキンシップが当たり前の海外の方たちに比べて、スキンシップという習慣があまりない中で、日本でのキスってなかなかハードルが高いですよね。

それでもやっぱりキスがしたい!

キスほど幸せになれる行為ってないような気がします。

タイミングを逃すと台無しなキスに

がしかし、無理やりでもキスさえしてしまえば、もう彼女(彼氏)は自分の虜!!

なんていうくらいテクニックがある人は別として、キスの仕方やタイミングで相手の事を嫌になったりする事…あるんですよね…

相手の気持ちを理解してるか、自分よがりかで、結果は天国にもなり地獄にもなり得ます。

技術的な事は努力で何とでもなりますが、キスがしたいと思った時に一番難しいのがタイミング、きっかけ、雰囲気作りです。

と言っても全て自分がプロデュースする必要はありません。

相手が自分とキスしたいと思っているのか…

それが分れば問題なしです!

一番最悪なのが、相手がキスしたい。と思ってくれていたのにそれに気づかずリードできなかったとき…

最近は草食男子も多く、今日は何かある!と期待してデートした女性にとって、何もなかった日というものほど意味のない日もありません。笑

特に口下手さんの場合は「彼(彼女)は自分の興味ないのかな…」と自身喪失してしまい、次のデートがなくなってしまう可能性もあります。

デートのあと連絡がなくなってしまうときって、自分に興味がない時だけではないんですよね。

自分に興味を持ってもらえなかった…そう思ってしまった場合も諦めの意味で連絡がなくなることもあります。

相手が「キスしたい」と思っているか知りたい!

キスしたい相手がいるという事はとっても良いことです。

とにかくキスがしたい!

相手が自分をどう思っているか、そして生理的に、本能的に自分はOKなのか…

判断できる方法があるととっても助かりますよね。

この広い世界の中で、出会えて相手の事を好きになれた…

その縁と奇跡を大切にして…

キスまでいけるように頑張ってみましょう♪

気付いてないだけ!相手は兆候を送っている


犬は嬉しいとき、尻尾を振っていますよね。

猫は興味がある人間にスリスリしてきますし、インコは甘えたいとき甘噛みします。

言葉がなくても行動で把握できることって沢山ありますよね。

人間も動物です。

言葉や表情である程度の事は理解できますが、好意のある人に初めてキスする時に

「今からキスしていいですか?」

って聞く人って中々いないですよね!

そんな時は相手の行動をじっくり観察してみましょう!

動物達と同じように人間も思ったことは自然に行動に現れているはず!!

兆候を捉えれば素敵なキスが出来る

初めて会った人とその日にキスして愛を確かめ合う人もいれば、何年好意を持っていても出来ない人もいます。

またお付き合いを始めてから手をつないで、そしてキスと順番を守りたい人もいれば、

友達関係で何とも思っていなかったのに、キスされて意識して好きになったという人もいます。

キスというのは相手に好意を伝える為の一番手っ取り早い手段であり、その人の事が好きかどうかというのが確認できる行為でもあります。

キスする前ってなんかそういう雰囲気になるんですよね。

それは、キスしたい側があえてそういう空気やオーラをかもし出しているからなのです。

私たちは、占い師でもオーラがみえるカウンセラーでもありません。笑

相手がキスしたいと思っているか、キスができるかどうかは全ては経験、知識、そして相手を知ろうとする努力にかかっているのです!

相手にもっと好きになって貰える

言葉より行動…なんて言葉がありますが、どれだけお互いの事が好きでも、会話だけでは愛は育む事はできません。

人の良さや性格、見た目、相手の事を好きになる基準は沢山ありますが、最終的に本能です。

口下手で思いを伝えるのが苦手な人でも、頭で考えて色々悩んでしまう人でも、キス1つで分ることも沢山あります。

実際私も、色々悩んだり考えたりしてしまう性格で、恋愛が上手にいかない時に、恋愛上手で常に恋人がいる友人から

「あれこれ考えず、この人とキスしたいって思ったらしてみて付き合うかどうか決めたらいい。キスしたら好きかどうか分る。」

とアドバイスをもらったことがありました。

そのアドバイス…まんざら間違ってませんでした!

沢山キスすればするほど相手の事を好きになれるし、幸せを感じる事ができますよね。

今もし貴方に気になる人と会うなんて約束がある場合…

二人で会う事ができるということ自体、相手は自分に多少でも興味がある事は確かです。

そんな状態で、キスしないこと自体がもったいないと私は思います!!!

キスしてOKな10個の兆候

と、少しヒートアップしてしまいましたが、

何度も言いますが自分だけがキスしたいと思ってても意味がないのです。

大事なのは相手もキスがしたいと思ってくれているかどうか…

今からキスしようと、この記事を見て下さっている方はおそらくキスのタイミングに興味がある、勉強したい、失敗したくない方々ではないかと思われます。

(キスするタイミングバッチリ!百戦錬磨!って方はおそらく見てないですよね笑)

そんな、貴方の為に…

今回は相手が「キスしたい」と思っているかもしれない10の兆候をご紹介したいと思います。

1、さりげなく身体を近づけてくる

皆さん、【パーソナルスペース】という言葉はご存知でしょうか。

社会心理学的…というとちょっと難しくなりますが、人間は心理学的に心にも縄張りを持っています。

相手の事を信用しているほど、好きであればあるほど、この距離は近くなっていくんですね。

その心の距離を本当に測ってしまったのがこの「パーソナルスペース」です。

一般的には4つの距離があって

1・密接距離(0~45cm)…家族や恋人、好きな人やペットなどがこの距離にいても居心地は良いけど嫌いな人だと離れたくなったり、露骨に嫌なのが顔に出ます。

2・固体距離(45cm~120cm)…手を伸ばせば届く距離。友達との距離はこれ位が一番しっくり!まだ親密になっていない付き合い始めのカップルなんかのパーソナルスペースでもあります。

3・社会距離(120cm~350cm)…仕事中、会社の上司レベルの仲の人に取る距離です。身体に直接触れることはできないけれど、相手と会話ができ、表情も判断できるくらいの距離です。

4・公衆距離(350cm以上)…沢山の人が見渡せ、1対複数で面会するときや、公演するときの距離です。憧れのあの人のコンサート、でも所詮、赤の他人…寂しいですがそのくらいの距離感です。

気になる彼女と貴方の距離はどうでしょうか?

彼女の方からそっと近づいてきて「密接距離」になった時はかなりチャンスかもしれません。

逆に彼女の縄張りに貴方が入って表情を見た時に、嫌悪感や目をそらす、挙動不審になる…などの状態になってしまったら…

そっと離れてあげてください…笑

基本的に男性は女性よりパーソナルスペースが広い、と言われています。

女の子がそばに寄ってきて「俺の事好きかも??」と勘違いしてしまうのは、男性のパーソナルスペースが広いからなんですね。笑

また男性のパーソナルスペースは楕円形であると言われています。

なので、女性が男性に興味を持ってもらいたい場合は目の前で勝負です。

反対に、男性が女性に興味を持ってもらいたい場合は女性の横にぴったりくっついてみましょう。

【パーソナルスペースについては、こちらの記事もチェック!】

2、急に無口になる


これは、当たり前と言えば当たり前のことですよね!

キスする寸前まで、マシンガントークしている人ってあまりいません。

ドラマみたいにしゃべっている途中でいきなりキスで口を塞がれるなんてこと、普通に生活している限りで経験ないです。笑

無口な人が終始無口だったらどうしていいか分りませんが、男性はあまり一度に色んな事を考えられる動物ではありません。

話をしているときは、相手を楽しませたい、退屈させたくない、相手を知りたい、自分を知ってほしいと考えています。

しかし、一度キスしたいと思ったら、頭の中はキスの事でいっぱいです。

男性が少し無口になったら、何かアクションがある前かもしれません。

反対に女性が無口になった時は…

・恋愛経験のある女性であれば、キスをする雰囲気を作っている

・恋愛経験があまりない女性なら、話すことがなく戸惑っている

・早く帰りたい

・具合が悪い

など、無口には様々な原因があるので表情を見ながら、察知、色々声がけしてあげてください。

3、唇を見てくる

目は口ほどにものを言う…ではないですが、正直な人ほど目を見るだけで何でも分っちゃいます。

とにかくキスがしたいと思ってあからさまに唇をガン見する人ってまれだと思います。

しかし、男性は相手の事をもっと知りたいとき、今より親密な仲になることを期待している時、自然と女性の口元を見てしまうそうです。

特に口紅やグロスで魅力的に見えるときなんて更に目がいっちゃいます。

反対に女性が男性の唇を見るとき…

それは目を見るのが恥ずかしかったり、彼の唇の色が悪い、ヘルペスがあって体調が心配、又は皮向けしてるのが気になるなどかもしれません。笑

4、顔や髪に触れる

これ、スキンシップの第一歩としてよくあるシュチュエーションですが、人って好きな人にとにかく触りたいんですよね。

理由つけて触りたいんです。

一番多いのが、「ホコリついてた」「髪、ついてる」本当は付いてないんです。(本当に付いてる場合もあり笑)

ただ触りたいだけなんです。

好意がない人にゴミが付いてたら…「ゴミ、付いてるよ。」って教えてあげるだけですよね。

取って上げるのはよっぽどの世話好きか貴方に好意がある証拠です。

更に欲求が抑えられなくなった場合、やってしまうのが

「頭ぽんぽん、頭なでなで」です。

好きな相手が自分より年上の場合はしにくいかも知れませんが、頭を触るという行為は、自分が相手を愛しいと思っていないとできません。

それに、相手が自分を嫌っていると思っていたら絶対できない行為です。

ですから頭を触られたら「相手は自分好意があるし、相手も自分の事を好きと思っている」と考えても問題はないと思います。

5、上目づかいをする


上目遣い…これは本当に女性の本能です。

好きな人を見つめる時に見下す女性っていませんよね。

上目遣いの深層心理は相手に頼りたい。甘えたい。可愛く見られたい。

女性として男性に愛されたいというアピールが隠されています。

女性同士で会話している時に上目づかいされることってあまりないですが

男性と話している時上目づかいの女性って結構多いですよね。

客観的に見ていても「あの人彼の事が好きなんだろうな」って分ります。

男性が女性に上目づかい…はあまり聞かないですが、普段カッコイイ彼が上目使いで甘えてきたら…

女性の母性本能にスイッチが入ってキスしたくなるかもしれません。

6、歩いてる時、袖などを引っ張る

女性の立場からするとこれは確かに、相手に興味がないとできません。

手をつないだりしたいけど、できない時、触れたいけど勇気がない時、甘えたい時、かまって欲しいとき、もっと自分を見て欲しい時…

袖って有効ですよね!

手を握るってよっぽど男の人に慣れてないとできませんが、袖ってちょっと奥ゆかしいですよね。

少し勇気があればできます。

袖、握ってみましょう。

反対に男性だと、女性の袖を持つのは難しいかもしれませんね。

そんな時、男性は何を引っ張るのでしょう…

そう、袖ではないですが、例えば女性がが車道側を歩いている場合、引き寄せて歩道側に引っ張る人…。

意外に貴方の事、女性としてみていると思います。

だって車から守りたいんですもの!!!

もしくは重そうな荷物を持っている場合…持ってあげたいと思います。

だって女性はか弱いんですもの。

そう、男性は袖以外でも持たなければいけないものが沢山あるのです!

7、ジッと見つめてくる

一時期「好き避け」なんて言葉が流行りましたよね。

好きだからこそ直視できない、話してもそっけない態度を取ってしまう。

好きの気持ちが強ければ強いほどその傾向にある人もいるようですが、今回の目的は「キスをすること」です。

いつまでも目をそらしていたらキスどころではありません。

好き避けしている人たちでも本気で貴方に好きになってもらいたい場合本能で行ってしまうことがあります。

それが「見つめる」です。

人は見つめあう時間が長ければ長いほど、回数多ければ多いほど、親密になりやすいと言われています。

人が気になる異性の目を見る時間は「3秒」と言われています。

よく「3秒ルール」なんて言われるのですが、3秒につめると相手に自分を意識させる事ができると言われています。

好きな相手がいる時は3秒しっかり見つめてみてください。

逆に気になる相手からじっと見つめられている時は、好意のサインです。

キスできる一歩手前のサインかもしれません!

8、ソワソワし始める

無口になったり、触ったり、見つめたり、そわそわしたり…

一回のデートでこんなに態度がコロコロ豹変すると、情緒大丈夫かなって思ってしまいますが。笑

人は相手への表現方法があればあるほど、相手に対しての想いが沢山あると言われています。

以前、私の友人である男性がこんなことを言っていました。

「男は好きな人の前ではかっこ悪くなってしまうんですよ。」

確かに、相手に良いところを見せようと思えば思うほど、空回りしたり、思い通りにいかないことって良くありますよね。

そわそわなんてまさしくかっこ悪い態度の一つ。

だけど相手だって好きでソワソワしているわけではありません。笑

少しかっこ悪くても、男性が自分の前でそわそわしている場合は可愛いなって笑顔で見守ってあげましょう。

逆に貴方が落ち着いていて目の前の気になる女性がそわそわしているときってどうなんでしょう…

女性のソワソワも、好きな人が目の前にいて意識している時と言われています。

女性の場合はそわそわというより、髪を触ったり、ストローで遊んだり…手遊びをしている状態ですね。
(私は好きな人の前だとドキドキしておしぼりで遊んでしまいます笑)

ここは表情も大事なのですが、顔がウキウキしている、目がキラキラしている状態で「手遊び=意識」

ですが、明らかに目が死んでいる、疲れている表情での「手遊び=退屈」ですので男性は十分注意して相手を見てくださいね!

後、終電の時間、バスの時間を気にして帰らなければいけなくてソワソワしている場合もあるので、そんな時は、気遣いの声がけを忘れずに…。

どうしても一緒にいたい場合は

「ご飯ご馳走するから帰りはタクシーで帰ってね。」

「帰り危ないから送るよ。」

の一言があれば女性の不安のソワソワはなくなると思います。

9、肩などに腕をまわす

これは、キスに到達するまでのスキンシップの中でやられるほうもやるほうも、難易度が高いものではないでしょうか。

好きでもない人にやられると、嫌悪感しかない行動です。

女性が男性の肩に腕を回すことはあまりないと思いますが、男性から腕を回された時、避けたりする事なく、身をゆだねていれば完全にキスOKです。

反対に男性も、好きな女性でない限り肩に腕を回すことなんてないですよね。

相手のパーソナルスペースに入って、キスする前の最終段階です。

もうドキドキが止まらない状態です。

落ち着いて次のステップに行きましょう。

ただ女性がシュッとすり抜けて逃げてしまった場合は、キスする気分ではありません。

今日のキスは諦めましょう。

10、顔と顔の距離が近い

彼女を引き寄せる事ができたら(彼から引き寄せられたら)後はもう、キスするだけ。

一連の流れをスマートにできれば問題ないのですが、ここでも、やっぱり本当にキスしていいのか…

少し躊躇してしまう場合があります。

そんな時はそのまま顔を近づけてみましょう。

勢いでキスしてしまう男性も多いと思いますが、ここで一瞬、間があると、女性はすごくキュンとしちゃいます。

大好きな彼が顔を近づけてきたら、女性は目をつぶるはずです。

「キスして大丈夫だよ。」のサインです。

緊張して目がパッチリ開いてる場合は「目つぶって」とエスコートしてあげてください。

ここまできたら後はキスをするだけです!!

初めてのキスは何味がいいかなんて考える余裕がある人は、キスする前にエチケット、タブレット、アメなどで口腔内のケアもお忘れなく…

言葉や服装などからも読み取れる

もちろん、態度だけでなく、分りやすく言葉や服装、メイクなんかで相手に好意を伝える、アプローチする方法も沢山あります。

とくに女性はそういうアプローチの方が得意なのではないでしょうか。

女性誌なんか見てるとそんな特集が多いですよね。

という事で、最後は女性が好きな男性に行いがちなアプローチ方法をご紹介させていただきます。

「寄り道しよう」と提案する

好きな人と一緒にいるとき、「早く帰りたい。」と思う人っていませんよね。

特に次の日学校や仕事がお休みの日なんて言うのは仲を深める絶好のチャンスです。

逆に、明日が仕事や学校でも、恋愛初期ってなんだか元気のアドレナリンがでていませんか?

夜中まで長電話して睡眠不足になっても、次の日目覚めが良かったり、眠っていないのに肌の調子が良かったり…

恋のパワーは絶大です。

昔って今みたいに無料通話なんてなかったので、長電話すると携帯の料金がめちゃくちゃ高くなってしまってよく親に怒られたものでした…

今ってコミュニケーションの手段が山あって便利ですが、便利すぎてスキンシップというコミュニケーションを取るのが下手な人が多いのも事実です。

彼女とのデートでいくつか行く所を考えておくのもベストですが、相手の気持ちが知りたいときは、素直に

「まだ時間ある?行きたい所があったら教えて。」

と伝えてみましょう。

相手が貴方に好意がある場合は、行きたいところがなくても一緒にいたい事をそれとなく伝えてくるはずです。

声のトーンが変わる

女性って、好きな人の前や、好意がある人の前だと自然に声のトーンが高くなってしまいます。

発している本人は無意識なことが多いのですが、好きな人と一緒にいると楽しくて自然に口角が上がるんです。

人は口角が上がるといつもより高い声が出ると言われています。

後は緊張感がある場合、声帯が細くなり高くなるとも言われています。

確かに男性もそうですが、家族と話している時と、トーンが違う人っていますよね。

人は印象を良く見せようと思うと、声が高くなってしまうんですね。

家族と話している時の声のトーンが低いのであれば反対に「信頼している。落ち着いてリラックスしている。」現れかも知れません。

友達と話している時、家族と話をしている時、そして自分と話をしている時…

恋の始まりのうちは、相手の声のトーンにもしっかり耳を傾けてみましょう。

ボディタッチが増える

先ほども説明しましたが、キスをする前って、確実にボディタッチが増えます。

1メートル先にいた相手がいきなり近寄ってきてキス…

なんて事はあまりないですよね。

キスする前の好意の確認、準備としてボディタッチはなくてはならない行動なのです。

好きな人に触れたいと思うのは当たり前の事です。

ボディタッチに慣れればなれるほど、リラックスしてキスがしやすくなります。

特に男性の場合、気になる女性にボディタッチされて嫌な気持ちはしません。

それに、全く興味がなかった女性に触れられて、意識するようになり好きになってしまったという話もよく耳にします。

そう、男性は単純なのです。

貴方にもし好きな男性がいて話ができたり、デートができるような仲であれば、さりげなくボディタッチをしてみましょう。

相手を呼ぶときに身体をトントンと叩いたり、耳元でヒソヒソ話、少しハードルは高いですが、手のひらを合わせて大きさを比べあいっこなんかもよいかもしれません。

意味もなくベタベタ触ってしまうと不快感を与えてしまうこともあるので

なるべく自然にできるボディタッチから試してみて下さい。

褒め言葉が増える

これもあからさまですが…

相手がまだ自分の事をどう思っているか分らない時、自分に好意を持っているとき、そして「好き」と言う勇気がない時。

人は相手の事を一生懸命誉めだします。

心の中では「私、貴方の良い所、事こんなに知ってるんだよ!誰よりも見てるんだよ!好きなんだよ!」

と叫んでいるかもしれませんね!

相手に好意がある場合、「ありきたりなお世辞」ではなく、本当に貴方を見た上での「誉め言葉」を伝えてきます。

誉める=貴方のことを良く思っているという証拠です。

誉められて悪い気はしませんし、誉めてくれた人の事を嫌いになる人っていうのも滅多に居ませんよね。

誉められたら、自身をもってもっともっと相手と仲良くなっていきましょう。

雰囲気作りをし始める

たまーに電車のホームや公衆の面前で、キスしているカップルを見かけます。

しかし、おそらく日本では大多数の人がキスする時、人から見られる事のないような場所で集中してキスがしたいと思うのではないでしょうか。

沢山の人がいるご飯屋さんから個室の居酒屋さんへ…

帰り道、人気がない公園で…

ドライブ中の車の中で…

二人がキスをしたいと思ったとき、できる場所って結構いくらでもあるんですよね。

こんな時、芸能人じゃなくて良かったって思います。

だってスクープされること、ありませんもんね。笑

キスができる場所を探せるか、上手くエスコートできるかどうかで、今日キスできるかどうか運命が変わってきます。

しっかりキスができる空間を作って雰囲気作りをしていきましょう。

期待に応えれないと熱が冷める

女性はとってもメルヘンな生き物です。

少女マンガを読む男性なら理解できるかも知れませんが、常にキュンキュン(ときめき)を求めています。

数あるスキンシップの中で、一番胸がときめくのってキスするかしないか…っていうこのもどかしい時期の時ではないでしょうか。

男性はただ好きだからキスがしたいと思うだけかも知れませんが、女性は

「大切にされている実感、愛される実感、そしてロマンチック」

をとっても望みますし、愛情を表現されたがります。

いざ、キスをする時に、彼女の期待にそえなかったら…

せっかく好意があっても貴方の思いは一切つたわらず、これまでの関係が一気に台無しになってしまうことも無きにしも非ずです。

ただ、意識して相手を察すれば見抜きやすい兆候もたくさんあります。

経験がなくても、相手を理解しようとする事、学ぶこと、そしてイメージトレーニングで最高のキスのタイミングを手に入れることができるはずです!!

相手の思いをしっかり感じ取って思い出に残るキスにしましょう。

お互いにキスしたいタイミングを見逃すな

以上がキスがしたい人が知っておくべき兆候やシグナルでした!

実際、好きな人を目の前にすると、ここに書いた全ての事を実践したり、一つ一つ確認するのって難しいことかもしれませんが、

自然とその流れがつくれる人、キスがしたいというOKの兆候を見抜ける人はモテる人が多いのも事実です。

実践も大切ですがイメージトレーニングも大切ですよ!

妄想でも良いので記事を読みながら練習してみて下さい!