あなたは自分自身を想像した時に、受け入れたくない自分自身というものが存在していると感じていますか?

人は誰しもが理想の自分という存在を持っているかと思いますが、残念ながらすべての人が理想の自分になれているか?と問われると、そうではありません。

中には理想の自分になることができず、理想の自分と現実の自分のギャップに対して落胆してしまっている人もいるはずです。

しかしながら、それが当たり前であり、理想の自分や完璧な自分になることなどはとても難しいことなのです。

実際に、大部分の人が理想の自分にならずに現実の世界を生きているといえます。

ただ、受け入れたくない自分が存在している場合、それが大きなストレスになってしまったりして、弊害になってしまったりすることなどもあります。

それは決して、精神的に良いことではないといえます。

そこで、今回は精神的な面を表現する言葉である、コンプレックスという言葉をテーマにして、コンプレックスの意味や乗り越える方法についてご紹介していきたいと思います。

もしもコンプレックスを抱えているのであれば、この機会にコンプレックスとおさらばする方法を身に着けてみてくださいね。

コンプレックスは誰でも持っているもの!

あなたは自分自身で自分はコンプレックスを抱えている人間であると感じますか?

おそらく、割合としては自分自身に対してコンプレックスを抱えていると感じている人の方が圧倒的に多いと思います。

言い換えてみれば、今の自分に対して満足できていると感じている人の割合は少なくなるということになります。

なぜならば、人はどうしても人と比べて物事を考えてしまう生き物でもあります。

様々なことを人と比べた時に、それらが周りよりも高い水準になれば自信を持ち、胸を張って言えるかもしれません。

ただ、現実として総合的にすべての分野で優っている人間という存在はあまり存在していないものです。

なので、相対的にコンプレックスを抱えている人は多くなるという考え方になるのです。

ただ、それも人によって考え方が全く違います。

大きなコンプレックスだったとしても、本人がそこまで気にしなければそこまで大きなストレスを感じたりはしないものなのです。

その反対に、小さいコンプレックスでも、常に本人が大きく気にしているのであれば、本人にとっては大きなストレスになってしまう要因になりえるのです。

つまり、コンプレックスはだれでも持っているものであり、自分自身の考え方に依存するもの、そして自分自身の精神的な面に関して大きな影響を及ぼすものであると考えられます。

もしもあなたが大きなコンプレックスを抱えている存在があるのであれば、この機会にそれを解消できる考え方を身に着けてみましょう。

そうすることで、これからの人生が生きやすくなるはずです。

コンプレックの意味は?


これまでにコンプレックスという言葉を見たり聞いたり、使ったりした経験がある人はとても多いと思います。

それくらい、一般的な言葉として認知されるようになっていますが、中には初めて聞くという方もいるかもしれませんね。

なので、簡単にコンプレックスという言葉の意味についてご紹介していきたいと思います。

コンプレックスとは「精神分析による感情の複合、現実の意識に反する感情が押さえつけられたまま保存され、無意識のうちに現実の意識に混じり込んでいるもの」という意味です。

このままでは少し難しい意味合いになってしまいますので、簡単にわかりやすくご紹介していきたいと思います。

コンプレックスという言葉は別の言葉で言い換えると劣等感という言葉で表現することができます。

劣等感とは、自分が人よりも劣っていると感じることを意味している言葉として使われています。

つまり、自分の周りの人と自分を比べて、特定の物事や対象に対して自分が周りの人よりも劣っていることを感じることを意味しています。

例えば、周りの人と比べて学歴があまりよくないということがあった場合、言い換えてみると学歴に対する劣等感を感じていると表現することができます。

また、さらに別の言葉で言い換えると学歴コンプレックスという言葉で表現したりすることもできます。

このように周りの人と比べて劣等感を感じたりすることがコンプレックスという言葉で表現されたりするということを覚えておいてください。

意味を理解してみると、おそらく自分の中でコンプレックスに感じていることが一つくらいは自分自身で想像することができるようになると思います。

もしもそれが大きなストレスを感じさせているのであれば、このまま野放しにせずに、そのコンプレックスを解消できる行動を今日から取りましょう。

コンプレックスの種類

コンプレックスという言葉の意味合いを理解いただけたところで、ここからはコンプレックスという言葉の複数の種類についてご紹介していきたいと思います。

コンプレックスという言葉に関しては、今現在では様々なコンプレックスの種別に分けて考えることができます。

これはどういうことかと言いますと、先ほどお伝えした通りコンプレックスという存在に関しては自分自身の精神状態によって大きく変化する存在です。

自分自身がコンプレックスだと感じなければストレスを感じることがありませんし、小さいことでも自分が大きい劣等感だと感じれば大きなストレスがかかるようになります。

そして、それは劣等感だけではなく、様々な精神状態において発症するものであると考えられています。

つまり、ただ劣等感を感じることだけをコンプレックスという言葉で表現するのではなく、様々な種類が存在し、その症状によって呼び名が変わるということになるのです。

なので、この機会に複数のコンプレックスの種類についてご紹介していきますので、自分が抱えているコンプレックスがどれに該当するのか自分自身で判断してみてください。

劣等コンプレックス


まずはじめにご紹介するコンプレックスの種類の一つとして「劣等コンプレックス」があげられます。

劣等コンプレックスはコンプレックスの中でもかなり一般的な存在として知られています。

では、劣等コンプレックスとはどのようなコンプレックスなのかと言いますと、これは自分が他人に対して劣っていると感じるようなコンプレックスに区分されるようになります。

つまり、一般的なコンプレックスの意味合いに最も近い存在のコンプレックスであると考えることができます。

例えば、一般的にはコンプレックスを抱えているということは、周りに比べて劣っているからこそ気になるような存在であるといえます。

例えば、足が遅いということがコンプレックスに感じるようになるのは、周りよりも足が遅いという事実が存在するからこそ気になるような存在になるものです。

もしも周りよりも足が速かったり、平均的な足の速さであるならば、そこまで強く劣等感を抱いたりすることはあまりないはずです。

なので、コンプレックスを感じやすくなる理由としては、周りよりも劣っていることがコンプレックスの原因につながると考えることができます。

そして、コンプレックスの中でも劣等感が起因になっていることに関しては、劣等コンプレックスという種類に区分されるということを覚えておきましょう。

メサイアコンプレックス

次にご紹介するコンプレックスの種類の一つとして「メサイアコンプレックス」があげられます。

メサイアコンプレックスは別名で、キリストコンプレックス、もしくはメシアコンプレックスという名前でも呼ばれたりすることがあります。

では、メサイアコンプレックスとはどのような存在なのかといいますと、「救世主妄想と呼ばれる個人が救済者になること運命づけられているという信念を抱く心の状態」です。

難しい意味合いになるので、解釈が難しいかもしれませんが、言い換えてみれば「自尊心の低さを他者を助けることからくる自己有用感で保証する人々」だと言い換えれます。

まず、メサイアコンプレックスの人は自分は不幸であるという感情を抑圧しているため、その反動である自分は幸せだという強迫的な思い込みを行います。

例えば、自分自身が他人を助けてあげることによって、他人を助けてあげられる自分は幸せな人間であり、存在価値がある人間であると考えるようになります。

それは一種の自分を必要な存在だと認めるような行動を行っていると考えることができます。

一見すると、相手を助けてあげるという行動自体が悪いことでもありませんので、問題がないようにも見えてしまいます。

しかし、メサイアコンプレックスの人の人を助ける行為というものは、必ずしも相手を満足にさせるものではない可能性があります。

なぜならば、自分の本心から相手を助けてあげたいという気持ちではなく、単純に自己満足のための援助であることが多いからです。

その結果、助けてもらった相手は必ずしも助けた人に対して良い印象を持つわけではなく、思い通りの結果にならなかった場合に不機嫌になったりすることなどもあります。

また、思い通りの結果に対して強くこだわろうとしてしまったりしたり、逆にすぐにそれをあきらめてしまうようなことなどもあります。

なので、メサイアコンプレックスとは言い換えてみれば偽善者であると考えることができ、その結果周りからは違和感を感じられてしまうということになってしまいます。

これもコンプレックスの一つであり、精神的な問題を抱えている一つの状態であると考えることができます。

エディプスコンプレックス

次にご紹介するコンプレックスの種類の一つとして「エディプスコンプレックス」があげられます。

エディプスコンプレックスとは一体どのようなものなのかといいますと、ジークムントフロイトが提示した概念として知られています。

意味合いとしては「男根期に生じ始める無意識的葛藤」とされており、簡単に言えば母親を手に入れようとし、その父親に対して対抗心を抱く精神的な問題を指し示しています。

もともとの語源としては、ギリシア悲劇の一つであり、父親を殺して母親と結婚したオイディプスになぞらえてその名前が付けられています。

通常では、母親に対して恋愛感情などを持ったりすることなどは考えられないことです。

しかしながら、実は人間は乳幼児から性愛衝動を持っており、異性の親の愛情を得ようとする傾向があります。

しかしながら、これは本来は抑圧されているので、大部分の人はこのような衝動は実際に強く感じることはありません。

ただ、この感情自分自分自身で理解して、何らかの方法で解放しないとそれがしこりとなって自分自身の精神的な面に残ってしまう場合があります。

その場合、エディプスコンプレックスが発症してしまい、重大な神経症として残ってしまう
可能性が考えられます。

ちなみに、これはあくまで男児の場合であり、女児の場合はこの限りではありません。

女児の場合は自分自身に男根がないことに対してのコンプレックスになり、男根がない自分を生んだ母親に対する憎悪を向けるようになります。

そして、男根の代わりに赤ん坊を獲得しようとし、父親の愛情を独占するような考え方になる傾向があります。

一般的にあまりない症状ではありますが、これも一つのコンプレックスの種類として区分されています。

ちなみに、女児の場合は別名でエレクトラコンプレックスとして呼称されているので、似たような症状ではありますが、呼び名は別であると言えます。

ディアナコンプレックス

次にご紹介するコンプレックスの種類の一つとして「ディアナコンプレックス」があげられます。

ディアナコンプレックスとはどのようなコンプレックスなのかといいますと「男性でありたいという女性の抑圧された男根願望のこと」を意味している言葉です。

ディアナコンプレックスは別名、ダイアナコンプレックスとも呼ばれており、同じような意味を持つ言葉として認知されています。

ディアナコンプレックスの語源としては、昔話で登場するダイアナ、もしくはディアナ、アルテミスのことを意味しています。

もともとアポロンの双子の姉である彼女は女性の狩猟の神として認知されており、生涯処女を貫いたとされています。

なので、女でありながら男性のようになりたかった心理を持っているとされ、この言葉が使用されています。

しかしながら、ディアナコンプレックスは勘違いされやすい言葉の意味を持っているので、注意が必要です。

例えば、ディアナコンプレックスは女性が男性になりたい心理と解釈されがちですが、これは間違っています。

これはどういうことかと言いますと、ディアナコンプレックスは女性でありながら男性には負けたくないという感情を表してる言葉です。

つまり、男性そのものになりたいというわけではなく、男性に負けたくないという感情が強いことを意味しています。

結婚をしなかったり、処女を貫くという行為自体は男性に負けてしまうという考え方によるものからその行動が来ているのです。

なので、男性そのものになりたいという解釈はまちがっている解釈になるので注意して解釈するようにしてください。

カインコンプレックス

次にご紹介するコンプレックスの種類の一つとして「カインコンプレックス」があげられます。

カインコンプレックスとはどのような言葉なのかと言うと「兄妹姉妹の間で起こる憎しみや嫉妬などの葛藤のこと」を意味しています。

兄弟や姉妹がいる人ならばわかると思いますが、当然ながら兄弟や姉妹と一緒に育ってきた場合喧嘩をしたり互いに劣等感を感じながら育っていくことが当たり前です。

しかしながら、そのように育ったとしても通常は親がそれを納めてバランスよく導いたりすることが本来あるべき理想の形だといえます。

ただ、それを納める親が子供を比較してしまったり、差別してしまったりするようなことは残念ながら存在しています。

そのようにして幼少期を過ごした場合、当然ながら愛情を受けていない子供が親に愛されていないと自然と感じてしまうようになります。

もしも学校の先生であったり、近所の人や親戚など、親に代わる存在があり、その存在が自分を認めてくれているのであればまだ精神的なバランスを保つことは可能です。

しかしながら、そのような存在がいてくれなかった場合、大きなしこりとなりやすく、より兄弟や姉妹との葛藤を生み出しやすくなってしまうのです。

これがカインコンプレックスが発症してしまう原理であるといえます。

マザーコンプレックス

次にご紹介するコンプレックスの種類の一つとして「マザーコンプレックス」があげられます。

マザーコンプレックスとはどのような存在なのかといいますと「母親に対して子供が強い愛着や執着を持つ状態のこと」を意味している言葉です。

もともとこれは正確な心理学用語ではなく、和製英語の一つとして認知されています。

では、マザーコンプレックスに該当する症状としてはどのようなものがあるのか簡単にご紹介していきます。

症状としては母親に対してやたらと優しかったり、母親に対して不自然なまでに尊重してしまったり、世話になってしまっていたりすることを指しています。

もちろん、子供が自分の親に対して優しくするということは当たり前のことであり、コンプレックスと定義されるようなことはありません。

しかし、マザーコンプレックスに関しては異常なまでに優しくしてしまったり、尊重してしまったりするような場合が該当します。

何かの選択を決める際には、当然大事な人の意見を聞いたりするのは当然ですが、マザーコンプレックスの人は母親にすべてを決めてもらったりするような傾向があります。

大人になっても母親に依存して、母親の料理でないと食べられないとか、母親の言うことを絶対に守るといったようなことも該当します。

では、なぜマザーコンプレックスになってしまうのかという原因についてもご紹介していきます。

マザーコンプレックスになってしまう原因としては潜在意識に母親に対しての価値観が植え付けられたことが最大の原因だと言われています。

元々子供の時には自分自身で全て行うことができませんので、当然ながら母親が近くに寄り添って様々なことを行ってくれたりする場合が多いです。

それが過剰になってしまうと、母親に対して頼りきりになってしまったり、母親の言うことしか聞かなくなってしまったり、母親が絶対な存在になってしまう場合があります。

このようになってしまうと、母親に対して依存してしまっている状態になるので、マザーコンプレックスになりやすくなってしまうといえます。

なので、母親に対して執着心や依存心を持っているかどうかということがマザーコンプレックスの分かれ目になるといえます。

シスターコンプレックス

次にご紹介するコンプレックスの種類の一つとして「シスターコンプレックス」があげられます。

シスターコンプレックスとはどのような意味合いなのかと言いますと「女姉妹に対して強い愛着執着を持った状態のこと」を意味しています。

つまり、簡単に言えばマザーコンプレックスの女姉妹バージョンであると考えるととても分かりやすいと思います。

ちなみに、これが男性兄弟であった場合はブラザーコンプレックスという名称で呼称されています。

シスターコンプレックスは同じ前に対して強い愛着や執着を持った状態になるので、恋愛感情を持つ場合、そして自分のものにした独占欲の二つに分かれるようになります。

では、どのような状況下においてシスターコンプレックスが発症してしまうのかということについてご紹介していきます。

元々男児は母親に対して性愛を向けようとすしますが、次第にそれがかなわないことを理解したり、父親に対して愛情を向けていることを悟ります。

なので、母親に対する愛情は抑圧されるようになりますが、その対象が同じ女性である姉や妹に対して向けられるようなことがあります。

このような場合、シスターコンプレックスになってしまう可能性が高まります。

また、別のケースとしては女性が強い権力を家庭内で持っている場合に発症してしまったりする可能性があります。

これは、自分自身の姉が強い言動で自分を叱ったり、支配してしまうことによっておこるとされており、この場合は姉に対して支配されてしまうようになります。

その結果、女性に対して積極的になれなかったり、姉の言いなりになってしまうようになるといえます。

なので、現実的なシスターコンプレックスは笑いごとにはならないような、残酷なケースもあるということを覚えておいてください。

ファーザー・コンプレックス

次にご紹介するコンプレックスの種類の一つとして「ファーザー・コンプレックス」があげられます。

ファーザー・コンプレックスは、その名前の通り「父親に対して子供が強い愛着や執着を持つ状態」のことを意味している言葉です。

ファーザー・コンプレックスも正確な心理学用語ではなく、和製英語として知られています。

一般的にはファーザー・コンプレックスと聞くと父親のことが大好きな娘を想像してしまいがちになると思います。

しかしながら、現実のファーザー・コンプレックスは全く違う側面を持っている場合が多いです。

そもそも、ファーザー・コンプレックスを発症しやすい場合としては父親と距離を置くような厳格な家庭で育つ場合な度が多いです。

また、厳しい父親から表面的な愛情表現をされないまま幼少時代を過ごしてきたような人に対して発症しやすいコンプレックスです。

なので、ファーザー・コンプレックスになる人は父親のことが大好きというよりかは、父親の愛情不足の成長後の補償と考えることができます。

その結果、父親と同年代の男性と不倫を繰り返したりするような場合なども生まれるので、決して良い精神状態ではないといえます。

なので、ファーザー・コンプレックスもひとつの重大な精神的なコンプレックスの一つであると考えられます。

コンプレックスの解消方法

ここまではコンプレックスの様々な種類についてご紹介していきました。

コンプレックスと聞くと一般的には劣等コンプレックスという意味合いで用いられたりすることが多いです。

しかしながら、実際には数多くの種類が存在するということがお分かりいただけたと思います。

また、コンプレックスは小さいものを含めると、誰もが持っている存在であると考えることができます。

なので、自分自身の中に存在しているコンプレックスを解消したいと考えている人は少なくないと言えます。

そこで、ここからはコンプレックスを解消するための具体的な方法についてご紹介していきたいと思います。

もしも自分の中で解消したいコンプレックスが存在しているのであれば、この機会にコンプレックスを解消するための考え方や習慣を取り入れてみてください。

コンプレックスを受け入れる

まずはじめにご紹介するコンプレックスを解消するための方法として「コンプレックスを受け入れる」ということが挙げられます。

これはどういうことかといいますと、そもそもコンプレックス自体が自分にとって受け入れがたい事実であるということは言うまでもありません。

例えば、足が遅いという言葉言い換えてみれば自分が周りよりも劣っているという事実であるため、自分自身にとって不都合な事実であると考えることができます。

そのため、それを受け入れるということは自分自身にとって大きなストレスにつながるといえます。

しかしながら、それを受け入れなければいつまでたってもそのコンプレックスを解消することができません。

そのコンプレックスも含めて自分自身であるとまず考えなければ、前向きな考え方ができませんし、それを解消するための行動を移すこともできません。

なので、まず自分自身の中でコンプレックスを受け入れる考え方を身につけることが大切であるといえます。

また、コンプレックスの中には自分自身方だと思い込んでいるだけであり、一般的に考えるとそこまで重大な事実ではないようなことなども多く存在しています。

そのような場合に関しては自分自身を苦しませる思い込みに気づき、それを無効化するためのマインドを手に入れることができればコンプレックスは解消できるはずです。

なので、コンプレックスを解消するためにはまずそのコンプレックスを自分自身の中で受け入れる考え方を身につけることが大切であるといえます。

コンプレックスを糧に変わる努力をする

次にご紹介するコンプレックスを解消するための方法として「コンプレックスを糧に変わる努力をする」が挙げられます。

これはどういうことかと言いますと、単純にコンプレックスを逆にバネにして、そのコンプレックスを解消するための努力を行うということになります。

先ほどもお伝えした通りコンプレックスは自分自身にとって不都合な事実であると考えることができます。

また、言い換えてみればそれは自分自身にとっての弱点であると考えることもできます。

なので、それを悔しいという感情に変えて、それをなくすために自分を奮い立たせて改善するための努力の源にするという考え方になります。

例えば、足が遅いのであれば、足が速くなるように努力をする、足が遅いということを悔しいという感情に変えて自分の努力の根源にしなさいということです。

当然ながら、努力をすれば必ず多少なり現実は変わるようになります。

その結果少しでも努力が目に見えるような形で現れれば、自然と自分に自信を持てるようになったり、逆にそれが得意になれば自分の強みにすることができます。

こうしてコンプレックスを解消することができるようになるので、コンプレックスを糧に変わる努力をすることはコンプレックスを解消する方法だといえます。

好きな人を作る

次にご紹介するコンプレックスを解消するための方法として「好きな人を作る」が挙げられます。

これはどういうことかと言いますと、好きな人を作ることによって、自然と理想の自分を得られるように努力をすることができるようになるからだと言えます。

例えば、自分にとって認めたくないような特徴があった場合、それは言い換えてみれば格好悪い自分であると表現することができます。

つまり、好きな人には見せたくない部分であると考えることができますよね。

なので、好きな人を作ることによって、それを解消しようとする危機感を持つことができるようになります。

そうなることによって、自然とコンプレックスを解消するために真剣に自分自身と向き合うことができるようになります。

また、性に関するコンプレックスにおいても、好きな人を持つことによってその対象を変化させることができるようになります。

なので、マザコンやシスコン、ファザコンなどの問題が解決に導かれる可能性が高まります。

なので、好きな人を作るということはコンプレックスを解消するための方法として考えることができると言えます。

コンプレックスは解消できる!(まとめ)

今回はコンプレックスをテーマにして、コンプレックスという言葉の意味や使い方、コンプレックスの種類や解消方法についてご紹介していきました。

誰もがコンプレックスはひとつくらい持っていると思いますが、大きなコンプレックスは自分自身にとって大きな弊害になってしまいやすい可能性もあります。

自分自身の可能性を狭めてしまうマイナスな考え方の一つにもなってしまいやすい特徴を持っていますので、早い段階で改善することが求められる存在にもなります。

なので、もしも自分にとって大きいコンプレックスが存在しているのであれば、まずはそのコンプレックスと向き合い、それを受け入れられるようにしてください。

そして、具体的にそのコンプレックスを解消するための努力を継続的に行えば、必ずそのコンプレックスを解消できるようになるはずです。

コンプレックスが大きければ大きいほど努力をすることが苦痛が伴うようになりますが、それが一番の解決の早道であるということを忘れないようにしてください。