CoCoSiA(ココシア)

顎がないのはコンプレックス?本人と周りが感じることと整形やファッションでの改善方法とは?


顔立ちは、ひとりとして同じではなく、目鼻立ち・肌の色・輪郭など、それぞれに個性があります。

こうした顔の特徴は、チャームポイントにもなれば、ウィークポイントにもなるもの。

その点、“顎がない”と言うのは、よい印象でしょうか、悪い印象でしょうか。

皆さんはどちらだと思いますか?

今回は、顎がないのはコンプレックスなのか、本人や周りの意見、改善方法をご紹介していきます。

️顎がない…これってコンプレックス?

“顎がない顔”、“顎がある顔”と聞いても、イマイチどんな状態なのかピンとこない人もいるでしょう。

きっとそのような人は、顎に対するコンプレックスが無いという証拠。

『顎がないって嫌だよね!』『顎がある人って羨ましいよね!』と共感できる人は、きっと、顎周りに悩みを持っているのでしょう。

実は、世の中の人が顔のパーツのなかで、コンプレックスに感じている部位の第4位にランクインしているのが“顎”。

この他、上位3位は目・輪郭・鼻の順に並んでいます。

たしかにどのパーツも、顔の印象を大きく左右する重要な部分です。

しかし、中でも顎はメイクで誤魔化すことが難しパーツのひとつ。

メイク技術を駆使して、どんなに目を大きくしても、鼻や輪郭をシェーディングで誤魔化しても、顎はどうにもすることができません。

輪郭のようにヘアスタイルを工夫して隠せるものでもありませんので、ずっとコンプレックスを瀑け出していることになります。

顎のコンプレックスといえばしゃくれ


顎の悩みといえば、まず思いつくのは“しゃくれ”。

下の歯が上の歯よりも前に出てしまっていることから、顎が突出して見えてしまうものです。

本来、鼻から顎にかけてのラインは、横顔で見た時に斜めの直線になっているのが美しい顔の特徴と言われています。

しかし、しゃくれている人は、三日月のように鼻と顎がアーチを描くようになっているのです。

しゃくれていると、どうしても輪郭がゴツめの印象になってしまい、スッキリとした三角のフェイスラインとはいきません。

しゃくれてしまう原因は、主に歯並びなので、小さい頃に矯正をするなどして、整えることも可能です。

顎がなさすぎて悩むこともある

顎の悩みは、何もしゃくれだけではありません。

別に太っているわけでもないのに、どうしてなのか“顎がない!”という人。

『スッキリしたフェイスラインに憧れる!』『口が前に出てる気がする…』なんて悩んではいませんか?

これは“顎がない”ということが原因かも知れません。

顎のない顔というのは、正面から見ると極端に顎が短く、輪郭がハッキリしない印象。

特にその特徴は、横顔を見れば明らかなります。

例えるならば、太っている人の二重あごのような状態です。

口から顎先までの長さが短く、顎と首との境目がほとんどありません。

本人の気持ちと周りの目線を見てみよう

顎がない顔について、本人的に感じている気持ちと、周りから客観的に見た気持ちでは、どんな見解の違いがあるのでしょうか。

本人が気にしている部分と、まわりの人が見ている部分は一致しているのか。

感じ方には違いがあるのか。

顎のない顔立ちにコンプレックスを感じている人にとっては気になる部分だと思います。

️顎がない本人の気持ち

顎が無いことを気にしている人は、自分の顔立ちについて、どんな気持ちを抱いているのでしょうか。

顎だけに限った事ではありませんが、自分のコンプレックスとを目の当たりにして、いい気分になる人はいないはずです。

コンプレックスが、顔にある場合、どうしても毎日目に入ります。

その部分が、日頃の悩みの種になっている人からしたら、どうにかこうにかして、現実から目を逸らしたいと思うようなこともあるでしょう。

それぞれ、コンプレックスとの向かい方や、対処法は異なります。

果たして顎周りにコンプレックスがある人はどうしているのか、リアルな声を集めてきました。

鏡を見たくない


顎がないということは、顔にコンプレックスがあるということ。

顔は、朝起きて顔を洗う時、化粧をする時、電車の窓に映る自分の顔を見た時、毎回目に入ってくる部分なので、嫌でも向き合わなくてはいけません。

目を逸らしたところで、けっして何が変わるという話ではないのですが、できる限り鏡を見たくない、見ないようにしよう、と悪足掻きしてしまうのが人の性。

とは言っても、1日鏡を見ないというのは不可能に近いことです。

人としての身だしなみを整えるためにも、鏡を見るのはマナー。