既婚者なのに好きな人ができてしまった場合、どの様な対処をすれば良いのでしょうか。

ただ好きな人ができたという事であれば、その人にアプローチをかけたり、告白をする事ができると思います。

しかしながら既婚者という場合にはそうはいきません。

今回はそんな既婚者の人が好きな人ができてしまった場合の対処法をご紹介していきます。

既婚者なのに好きな人ができた!

既婚者なのに好きな人ができた!と聞くと、周りからは良い印象をもたれません。

何故なら既に結婚している相手がいるのにも関わらず、他に好きな人ができてしまうなんて大問題なのです。

結婚をしている状態という事は、相手と共に過ごすことを誓っていたという事になりますよね。

しかしながらふとしたきっかけで、別の人のことを好きになったという人もいるかもしれません。

これは男女共に言えることですが、結婚を簡単に考えているような人が多いです。

既婚者という立場を考えるのであれば、一般的には他の人のことを好きになるというような事はNGな事です。

しかしながら現状に満足していない人や、今の相手ではないと考えている人というのは、既婚者でありながら好きな人ができてしまう可能性があるのです。

そのため、ここで大事なのは、「既婚者なのに好きな人ができてしまったのは何故か」という事を考えなくてはいけません。

そして仮に好きになった場合、自分のことだけでなく、周りにどのような影響を与えるのかを考えましょう。

既婚なのに好きな人ができてしまった時の7個の対処法


ではそんな既婚なのに好きな人ができてしまった!という人のために、いくつかの対処法をご紹介します。

1.責任を考える

まずはしっかりと責任を考えましょう。

ここで重要なのは「既婚者なのに好きな人ができてしまった」という点です。

これが「独身だけれど好きな人ができてしまった」という事であれば何の問題は無いという事になりますよね。

しかしながら既婚者、つまり結婚をしているからこそ責任を考えなくてはいけなくなってしまうのです。

責任を考えるというのはその好きな人に対してではありません。

結婚をしている相手に対しての責任です。

結婚をしたということは、生涯を共に歩んでいこうと約束した相手です。

そしてただの恋人ではなく、自分の大切な家族になったということなのです。

結婚相手だけでなく、子供や相手の家族などもあなたの家族です。

好きな人ができたということは、それを自らが壊す形になってしまうのです。

それほど結婚しているということは、重要なことになるのです。

しっかりリスクを知る

責任を考え、そして好きな人ができることのリスクを知る必要があります。

簡単に言えば結婚をしている状態で、好きな人と会う際にはどの様なことになってしまうのか?家族はどうなってしまうのか?というような事を考えなくてはいけません。

まず不倫をしていると思われるかもしれませんよね。

結婚相手から不倫をしているのではないかと疑われてしまい、家族崩壊をする恐れがあります。

また他にも子供が不安がるというような事もあるでしょう。

喧嘩のな様子を見てしまったり、離婚をするかもしれないと感じ不安になってしまう子供も多いです。

離婚という言葉を知らなくても、離れるという感情を捉えてしまい不安になるような子供も多いので、しっかりとリスクを知る必要があるのではないかと思います。

自分が家族に果たす責任は?

好きな人とどうしても付き合いたいとなった場合、自分が家族に果たす責任というのを考えましょう。

例えば好きな人ができたからと言って直ぐに離婚を持ち出す人もいますが、それだけでは責任を果たしてはいませんよね。

いわゆる逃げている状態です。

もしも本当に好きな人の方に気持ちが傾いているのなら、家族を不幸にしてしまうことは間違いありません。

傷付けないことは不可能ですが、どれだけ自分が家族に対して責任を果たすことができるのかを考えて、納得してもらえるようにしなければなりません。

2.友人に相談する、聞いてもらう

もし自分一人で解決できないようなら、友人に相談する、聞いてもらうのも良いでしょう。

困った時には相談できる友人がいるのであれば、その友人に今の現状を伝えてみてはどうでしょうか?

その際に注意をすることは、今の現状と今の気持ちを素直に伝えることです。

いけない事というのは十分承知の上で、相手にこの様な悩みがあるのだけれどという事を伝えなければいけないという事です。

友人に相談する際にはいろいろな人に相談をするのではなく、人数を絞るという事が大事になります。

心から信頼できる人に

心から信頼できる人に相談をすることで、少しでも自分の気持ちに整理がつくでしょう。

既婚者だけれど好きな人ができたというのはとても辛い悩みですよね。

どうすれば良いか分からないという人は多くいるはずです。

そんな時に心から信頼できる人に相談をすることで、その悩みというものが少しでも解決できるようになるかもしれません。

3.何もしない

一番無難なことですが、対処法の中で最も安全なものです。

「何もしない」というのは、好きな人ができたとしてもただ何もしない事が一番なのではないかとも思います。

言うのであれば会う事や声をかける事もしないようにして、何もしないようにするのです。

好きな人がいるのに何もしないというのは、つまり芸能人を好きになるというような事と同じような状態になるという事です。

何かアクションを起こすことで近づけるかもしれないというチャンスを、何もしないで終わらせるなんてという考えを持つ人もいるかもしれません。

ですが、自分の人生を壊したくないのなら、これが一番安全な方法です。

ただ眺める

好きな人ができても、ただ眺めるだけなら誰にも文句を言われません。

家族にも迷惑をかけませんし、周りから変な目で見られることもないでしょう。

学生時代に憧れの先輩を遠くから見つめるだけでよかったように、憧れの気持ちで止めておきましょう。

4.想うだけで留める

想うだけで留めるという方法もあるでしょう。

想うだけということは、好意があることを周りの誰にも打ち明けてはいけません。

誰かに言ってしまえばたちまちウワサが広がって、結婚相手の耳に入ってしまう可能性があります。

不倫はしていないにしろ、他に好きな人ができたなんて知られてしまったら、結婚相手を傷付けることになってしまいます。

そのため行動をせずとも、自分の中だけで妄想するのです。

例えば、好きなアニメのキャラクターと付き合えたらな…というように、頭の中で想っているだけにしておくのです。

5.諦める

素直に諦めることも大切です。

今の家庭を壊したくないという思いが少しでもあるのなら、好きな相手との進展は諦めるべきです。

同時進行は絶対にいけません。

もし不倫をしてしまったら、家庭崩壊するばかりではなく、好きな人にも迷惑をかけます。

慰謝料を請求される可能性もありますし、好きな人もあなたも社会的に信用をなくすでしょう。

もし結ばれたとしても、周りの人は祝福してくれません。

仮に本気で相手のことが好きで関係を築きたいのであれば、きちんと離婚をしてからです。

6.自ら強い意志で想いを断ち切る

自ら強い意志で想いを断ち切ることができるのなら、一番良い方法でしょう。

難しいかもしれませんが、成功をすれば良い結果になるかもしれません。

好きな人ができても想いを断ち切ることができたのなら、今結婚している人を一筋で愛する事にも繋がるのではないかと思います。

二度と会わない

それには好きな人とは二度と会わないことが重要です。

仮に会ってしまえば浮気にも繋がってしまい、想いを断ち切ることはなかなかできません。

一時期は辛いかもしれませんが、今後のお互いの幸せや家族の幸せを思えば小さな悩みです。

あの時会わないようにしてよかったと心から思える日が必ずくるはずです。

7.時間をかけて考える

時間をかけて考えるというのも1つの方法でしょう。

今すぐに結論を出せないという人は、少し時間をかけて考えてみましょう。

もちろんその間に好きな人と関係を持ってしまうのはよくありません。

相手とは何も関係を持たずに考えるのです。

もしかしたら、少し経った頃に一時の気の迷いだと思うかもしれません。

本当は家族が一番大切なんだと気付くことができるかもしれません。

今すぐに好きだという感情だけで行動してしまえば、後々後悔することは目に見えています。

一度冷静になって考えてみましょう。

この先何があるのか

仮に好きな人と付き合えたとしても、その先には何があるのかを考えてみましょう。

その人と上手くいったとして、また結婚して家庭を築けますか?

死ぬまで一緒にいたいと思いますか?

また、結婚する前に別れてしまう可能性も十分にあるでしょう。

もし好きな人を選んだ場合、この先何が待っているのかじっくり考えることが大切です。

得るもの失うものは何か

そして何を得るのか、何を失うのかということも考える必要があります。

得るものは新しい恋愛ですが、失うものというのはまさに「家族」ですよね。

せっかく築き上げてきた関係や家族を失うというのはとても辛いことです。

また一から家族を築き上げるのも簡単なことではありません。

一度結婚相手と出会った時の気持ちを思い出してみましょう。

もしかしたら当時の気持ちが蘇ってくるかもしれません。

何を得て何を失うのか、よく考えてから決断をするべきです。

自分がどうしたいのか

自分がどうしたいのか、という事も重要です。

一番いけないのは欲張ることや不倫をすることです。

自分がどうしたいのかをしっかりと考えて、白黒ハッキリさせることが重要です。

そのままズルズルと引きずるような関係というのは一番いけないことです。

相手の幸せとは何か

相手の幸せとは何かを考えたことはありますか?

相手には相手の将来や生活というものがありますよね。

そこに無理やり入り込んでしまって良いのでしょうか?

既婚者の自分と関係を持って辛くなるのは相手も同じです。

相手の幸せが何かということを知る必要があるでしょう。

選択は自分次第(まとめ)

いかがでしたか?

今結婚している相手や家族のことはどの様に思っているのか、ということを再確認する必要があるのではないかと思います。

アドバイスをもらうというようこともあるかもしれませんが、最終的に決めるのは自分次第だという事を覚えておきましょう。