CoCoSiA(ココシア)

既婚者だけど好きな人ができた時の7個の対処法


既婚者なのに好きな人ができてしまった場合、どの様な対処をすれば良いのでしょうか。

ただ好きな人ができたという事であれば、その人にアプローチをかけたり、告白をする事ができると思います。

しかしながら既婚者という場合にはそうはいきません。

今回はそんな既婚者の人が好きな人ができてしまった場合の対処法をご紹介していきます。

既婚者なのに好きな人ができた!

既婚者なのに好きな人ができた!と聞くと、周りからは良い印象をもたれません。

何故なら既に結婚している相手がいるのにも関わらず、他に好きな人ができてしまうなんて大問題なのです。

結婚をしている状態という事は、相手と共に過ごすことを誓っていたという事になりますよね。

しかしながらふとしたきっかけで、別の人のことを好きになったという人もいるかもしれません。

これは男女共に言えることですが、結婚を簡単に考えているような人が多いです。

既婚者という立場を考えるのであれば、一般的には他の人のことを好きになるというような事はNGな事です。

しかしながら現状に満足していない人や、今の相手ではないと考えている人というのは、既婚者でありながら好きな人ができてしまう可能性があるのです。

そのため、ここで大事なのは、「既婚者なのに好きな人ができてしまったのは何故か」という事を考えなくてはいけません。

そして仮に好きになった場合、自分のことだけでなく、周りにどのような影響を与えるのかを考えましょう。

既婚なのに好きな人ができてしまった時の7個の対処法


ではそんな既婚なのに好きな人ができてしまった!という人のために、いくつかの対処法をご紹介します。

1.責任を考える

まずはしっかりと責任を考えましょう。

ここで重要なのは「既婚者なのに好きな人ができてしまった」という点です。

これが「独身だけれど好きな人ができてしまった」という事であれば何の問題は無いという事になりますよね。

しかしながら既婚者、つまり結婚をしているからこそ責任を考えなくてはいけなくなってしまうのです。

責任を考えるというのはその好きな人に対してではありません。

結婚をしている相手に対しての責任です。

結婚をしたということは、生涯を共に歩んでいこうと約束した相手です。

そしてただの恋人ではなく、自分の大切な家族になったということなのです。

結婚相手だけでなく、子供や相手の家族などもあなたの家族です。

好きな人ができたということは、それを自らが壊す形になってしまうのです。

それほど結婚しているということは、重要なことになるのです。

しっかりリスクを知る

責任を考え、そして好きな人ができることのリスクを知る必要があります。

簡単に言えば結婚をしている状態で、好きな人と会う際にはどの様なことになってしまうのか?家族はどうなってしまうのか?というような事を考えなくてはいけません。

まず不倫をしていると思われるかもしれませんよね。

結婚相手から不倫をしているのではないかと疑われてしまい、家族崩壊をする恐れがあります。

また他にも子供が不安がるというような事もあるでしょう。

喧嘩のな様子を見てしまったり、離婚をするかもしれないと感じ不安になってしまう子供も多いです。

離婚という言葉を知らなくても、離れるという感情を捉えてしまい不安になるような子供も多いので、しっかりとリスクを知る必要があるのではないかと思います。

自分が家族に果たす責任は?

好きな人とどうしても付き合いたいとなった場合、自分が家族に果たす責任というのを考えましょう。

例えば好きな人ができたからと言って直ぐに離婚を持ち出す人もいますが、それだけでは責任を果たしてはいませんよね。

いわゆる逃げている状態です。

もしも本当に好きな人の方に気持ちが傾いているのなら、家族を不幸にしてしまうことは間違いありません。

傷付けないことは不可能ですが、どれだけ自分が家族に対して責任を果たすことができるのかを考えて、納得してもらえるようにしなければなりません。

2.友人に相談する、聞いてもらう

もし自分一人で解決できないようなら、友人に相談する、聞いてもらうのも良いでしょう。

困った時には相談できる友人がいるのであれば、その友人に今の現状を伝えてみてはどうでしょうか?

その際に注意をすることは、今の現状と今の気持ちを素直に伝えることです。

いけない事というのは十分承知の上で、相手にこの様な悩みがあるのだけれどという事を伝えなければいけないという事です。

友人に相談する際にはいろいろな人に相談をするのではなく、人数を絞るという事が大事になります。

心から信頼できる人に