2011年の統計によると、シングルファーザーの世帯は約22万世帯にも及んでいることが分かりました。

シングルマザーが124万世帯なのに比べると少数派と呼ばれるシングルファーザーですが、その実態はどのようなものになっているのでしょうか。

なってみなければならない、シングルファーザーの苦労と、これからシングルファーザーになる方への心得をご紹介します。

シングルファザーはやっぱり大変?

シングルファーザーの1年間の平均年収はどれくらいかというと、平均で360万円、世帯では455万円と一見高額に見える数字が出ています。

これなら余裕があるとは言えなくても、苦労があるとまではいかないのではないかと思いがちですが、

シングルファーザーの平均年収は、児童のいる世帯の平均年収の約70%しかありません。

約90%のシングルファーザーが働いている状況で、そのうちの70%が正規職員・自営業、つまり残りの30%は不正規職員になるわけです。

誰かに育児や家事のサポートを受けられないシングルファーザーは、残業ができない状況なので、

給料UPや昇格は諦めざるをえない為、シングルファーザーの半数が親と一緒に暮らしているんです。

シングルマザーに比べて、シングルファーザーは職場での理解がまだ十分得られない中で、他の男性と対等に戦っていかなくてはなりません。

仕事で「ここぞ」という時に、家に帰らないと・・・という具合になってしまうのが辛いところなんですね。

シングルファザーになってしまう理由

シングルファーザーになってしまう理由は多岐にわたります。

妻との死別で仕方がない方や、結婚後に妻と上手くいかなかったケース、妻が一方的に浮気をしていなくなってしまったケース、

子供が生れた後に妻が育児放棄してしまったケース、妻が多額の借金を背負い込んで家族が崩壊しかけたケース、などなどです。

いづれも悲しい内容であるということが共通しています。

妻との死別

妻との死別によりシングルファーザーになるケースは全体の17%に及びます。

事情を良く知らない世間からは「妻に逃げられたのかも」とか「妻が浮気して離婚したんじゃないか」なんて思い込まれるケースが多いのだそう。

いちいち「うちは死別でシングルファーザーになりました」なんて言うわけにもいかないですし、これはこまった問題の一つですよね。

浮気による関係破綻

浮気による関係破綻した夫婦と言えば、辻仁成・中山美穂夫妻が有名です。

離婚後、浮気をした中山美穂さんにはネガティブなイメージがつき、逆に子供に献身的だった辻仁成さんの好感度はうなぎ登りでした。

子供を必死に守るシングルファーザーの姿を見て世間からは

「かっこいい」「素敵な旦那様」「シングルマザー以上に大変なこともあるのに、率直に凄いなと思う」という声が集まりました。

その他特別な事情

離婚してシングルファーザーになる理由ベスト5は次の通りです。

ベスト5「妻が親との同居に応じてくれなかった」

結婚する前や結婚直後は相手の親と同居を考えていた妻も、

結婚後に相手の両親と折り合いが悪くなってしまって、一緒に住む気が失せてしまうというケースがあります。

家にいる時間が多い・家事や育児を担当する女性にとって姑との同居はかなりきついことです。

それでも結婚前は夫婦の愛が頂点にあるからこそ「私結婚しても同居します!」なんて気になってしまうもんなんですよね。

でもいざ結婚してみると「え?現実ってこんなにも悲惨なの?」「お金が足りない」なんて問題が浮上し、

口うるさい姑や舅との同居なんて我慢の限度を超えたところにあるものになってしまいます。

いくら妻や旦那様に非がなかったとしても、口うるさい・性格の悪い姑・舅との同居は続けることが不可能なほどきつい出来事。

自分は今後絶対にシングルファーザーになりたくないと思っている方は、この問題には細心・最大の注意を払うべきです。

ベスト4「妻の浪費癖」

いくら旦那様が頑張ったとしても、どうにもならないのが「ブランドものを買いまくる・クレジットカードを限度額ぎりぎりまで使う」といった浪費癖のある奥さんです。

「いい加減にしろよ」「家族が崩壊するだろ」と何度注意しても、一度始まった妻の浪費癖はなかなか止めることができないのだそう。

半年で300万円も使い込まれたある旦那さんは「一体こんな高額なお金、どこに使ってるっていうんだ。子供がいるのに何を考えているんだ。」

と思いながらも半年は根気よく妻を説得し続けたのだそう。

しかし結局しまいには最も恐れていた別の男の影が見えてしまい、「もうこれ以上は無理だな」とシングルファーザーの道を選んだのだそう。

子供を守る為の苦渋の決断としか言えませんよね。

ベスト3「子供への愛情が感じられない&家族に対するDV行為」

昔は旦那が妻に暴力を振るうという構図が一般的でした。

でも最近では妻が夫に暴力を振るうケースが増えているのだそうです。

気弱な草食男たちは、結婚前に本性を隠した恐ろしい女性に捕まらないようにご注意下さい。

一度暴力を振るわれてしまうと「また殴られてしまうんじゃないか」という強迫観念に襲われてしまい、次第に本音が話せなくなってしまうんだそうです。

対等な関係を築けなくなって来たら、あなたもシングルファーザー予備軍かもしれません、要注意を。

ベスト2「妻の浮気」

芸能界でも戦々恐々とした話題になっているのが「浮気問題」ですよね。

これも昔は「浮気をするのは決まって旦那側」と言われていましたが、

最近では肉食系女子が増えてきたこともあり、妻が浮気をするケースが増え続けています。

その原因の多くが結婚後にレスになる夫婦が多いことがあげられます。

結婚すると「あまりそういう気になれない」という旦那様が多いようですが、

努力や工夫をしておかないと、欲求不満になった妻が他の男性に奪われてシングルファーザーになってしまうかもしれません。

ベスト1「性格の不一致」

近年、離婚の原因の一つとして増え続けているのが、夫婦の性格の不一致です。

旦那側・妻側、双方ともに最も多い離婚の理由になっています。

恋人の期間中にはわからなかったような考え方や価値観などの違いが、結婚生活を続けて行くうちに見えてくるのだそう。

その理由の一つには「食べ物の好みが違う」なんていう一見直せそうにも思える理由が、根深い夫婦間の溝を作り出しているケースがあります。

「うちは大丈夫」なんてあぐらをかいていると、突然離婚をつきつけられて、シングルファーザーになってしまうかもしれませんよ。

シングルファザーの先輩方の言葉


やはり何事も経験者から話を聞くことが、最もいいアドバイスになることって良くありますよね。

実際にシングルファーザーになった方からの貴重なご意見をまとめてみました。

言葉1

「どんな境遇におかれても幸せになれる子」を目指す、男の子二人を持つ・課長シングルパパからのアドバイスです。

「あっ、中3長男が塾から帰宅しました。本人が選んだ道もあって、公立高校を目指してます。私立!?そもそもお金ない(^_^;)私は、自分を貧しいと思っていない。いまあるもので満足しているだけなんだ。私が質素でいるのは自由でいたいからなんだ。お金のかかる生活を維持する為に働くより、自由を楽しむ時間が欲しいんだ。by ウルグアイ元大統領ムヒカ」

http://ameblo.jp/realtonbi/から引用

ブログの写真を見る限り、長男君はとっても幸せそうです。

高いお金を払って通う私立の名門も良い部分がありますが、小さいうちからお金の大切さを覚えておく程、勉強になることはありません。

さすが課長パパ、きっと長男君は立派な大人になるはずです!

言葉2

時々テレビにも出演されているシングルファーザー、熱意上げ郎さんからのアドバイスです。

※さくらんぼさんは長女で高校生です。

「 さくらんぼは、毎日、上げ郎が買ってストックしてる冷凍食品を駆使してw 朝、お弁当作って、高校行ってますよー。 玉子焼きだけは、自分で作ってるようですけど♪ んで、さくらんぼのお弁当の残り物を上げ郎がお弁当に詰めて持って行くwみたいな♪」

 http://agepapahunntouki.seesaa.net/article/439548058.htmlから引用

熱意上げ郎さんの家は男手一人と思春期の3人娘が暮らす賑やかなご家庭です。

お弁当の中身はほとんど冷凍食品でも、できる分だけはなるべく手作りにする。

このほんの些細に見える心がけが将来いい奥さんを作る種になるんですよね。

お金を節約しながら生活するという意味・ベストな状態でなくともなんとなく形にしていくという知恵、それらはきっと社会に出てどこかの会社に就職した時にも役立つことでしょう。

さくらんぼさんは将来男性からモテモテになるくらいいい奥さんになるはずです、がんばれさくらんぼさん!

それにしても思春期の娘と仲良く暮らす熱意上げ郎さんは流石です。

現代社会では両親そろっていてもこんなに楽しく暮らす家族はそう多くないのかもしれませんね。

言葉3

高校生の子供を育てるシングルファーザー・晴れ時々曇りさんからのアドバイスです。

「ビビンバ炒飯、ワンタンスープ、納豆、温泉卵、スーパーのお惣菜でした。炒飯にはまったのか日曜日も炒飯にしてくれと珍しくリクエストされましたので昨日の晩御飯も炒飯です。^_^;」

http://ameblo.jp/tbai/から引用

何気ない日常での出来事。

高校生を育てるシングルファーザーの悩みは尽きないけれど、

それでも毎日愛情を掛けてご飯を作っていれば、リクエストが来るといううれしいサプライズが起きるというわけですね。

難しい年頃は父親に感謝してても中々それを言葉や態度に現わせないものです。

でもあと何年かすれば一緒にお酒が飲めるようになったり、たまには美味しいものを食べに出かけることだってあるかもしれません。

その日を待ち遠しく思いながら、一緒に夕飯が食べられる残り少ない日々を楽しんで行きたいものですよね!

難しい年頃の子供の心を理解しながら、程よい距離感で接する晴れ時々曇りさんにあっぱれです!その優しさは将来何倍にもなって返ってくるはずですよ。

シングルファザーの心得:児童扶養手当を忘れるな

児童扶養手当とは父母が離婚することなどによって、

父または母のどちらか一方からしか養育を受けられない一人親家庭などの為に、地方自治体から支給される手当のことをいいます。

シングルファーザーになればこのお金が受け取れることになります。

うっかり忘れて「受け取っていなかった」なんてことがないようご注意下さい。

2013年5月現在では、109万769人が児童扶養手当を受給しています。

その内訳はシングルマザー世帯が99万3345人、父子世帯が6万5415人です。

従来は審査事務を都道府県が担っていたのですが、2002年からは地方分権として、市に事務が移管されました。

また2008年には、受け取る人の増加が顕著となり、これ以上支払い切れないと判断され、

子供が3歳になってから5年以上受給している世帯は、最大で半額まで減額されることが決定されました。

しかしこの法律の施行は延期となり、事実上凍結状態にあります。

最大40000円以上

児童扶養手当の金額は、所得に応じて支給停止額から決定されます。

基本の額は、児童扶養手当の第5条と児童扶養手当法施行令第2条の2に定められている通り、毎年改定が行われます。

児童が1人の場合➡月額は42000円
児童が2人の場合➡月額は47000円
児童が3人の場合➡月額は50000円
以後、児童が1人増えるごとに毎月3000円が追加されます。

これは意外にも大きな金額ですよね。

シングルファーザーになった・なりそうになったことで、焦って受け取っていなかった!なんてことにならないようご注意下さい。

市町村によって他の手当もあり