近年、子育てにパパが参加するという家庭が増えている傾向があります。

これは子供たちにとって、とても良いことなのです。

なぜなら、パパという存在は、育児の中でかなり重要な役割である事が最新科学で明らかになってきているのです。

パパが子育てに参加すると、子供の自尊心が高まったり、IQの高い子になったり、言語能力や社交性が向上するというメリットが多数あるからです。

ママだけが子育てをするよりも、パパが子育てに参加するという事は、とても大切なことなのです。

父親は仕事、母親は育児というような社会の考え方が一気に覆されるような情報ですよね。

しかし、子どもはママが好きで、パパが嫌いだから育児に上手く参加できないという方も少なくないのではないでしょうか。

ママに抱っこされると泣き止むが、パパが抱っこすると大泣きするという事が発端となり、そこから、どんどん子どもとの距離が遠くなってしまうケースもあります。

また、子供が小さい頃は懐いていたのにも関わらず、大きくなるにつれて、嫌われていっているような気がするパパも少なくないでしょう。

世の中のパパ必見!子供たちに好かれる努力してますか?

子供とパパの問題はパパの努力次第で大きく変わります。

パパは子供に好かれていない、子供はママが好きだという事を理由に、育児から遠ざかってはいませんか?

でも心のどこかでは我が子ですから、子供に好かれたいという気持ちもありますよね。

子どもはパパの行動や言動をよく見ています。

この記事をみていただくと、現在自分はパパとして子供に好かれる努力をしているのか、好かれるパパと嫌われてしまうパパの違いなども気づくことができます。

現在好かれる努力をしていないパパも安心してください。

子供に好かれる為にすべき努力が多数ありますので、是非参考にしてみてくださいね。

【家族は大切なものです。その大切さをもう一度実感したい人は、こちらの記事もチェック!】

パパが子供たちのために努力すること22選


パパが子供たちのために努力することを紹介していきたいと思います。

小さい頃からできる努力や成長した子供に対してできる努力など、どんなパパでも好かれるパパになれることでしょう。

小さい時からコミュニケーションをとる

まだ子供が生まれたばかりや1,2歳の小さなお子様である場合、コミュニケーションをとるという事を意識してみましょう。

この時期の小さい子供は人見知りをします。

子供が人見知りをする心理としては、ママに見守られて日々を過ごして育っていく中で、ママは自分にとって信頼できる自分を守ってくれる人だと感じていきますね。

しかし、人の区別がつくようになると、ママ以外の人を見ることで、本能的に警戒心を感じ、人見知りしてしまうのです。

小さい頃から、子どもとのコミュニケーションの中で信頼関係を築き、子供がパパもママと一緒で、自分を守ってくれる人、安心して接することができる存在の人なのだと思ってもらうことで、子供は自ずとパパを好きになってくれます。

そして、この頃の記憶は大きくなってからも鮮明にではないものの、心に大きく残るのです。

パパとの時間が長ければ長いほど、パパを好きという気持ちが強まり、成長してもパパが好きという状態は続く事でしょう。

子供が抱っこすると泣く場合、パパが嫌いなのではなく、抱っこの仕方がママと異なるため、居心地が悪く泣いている場合もあります。

泣かれてもまだ嫌われているわけではありません。

ママに我が子が好きな抱っこの仕方を伝授してもらうと良いですね。

しかし、抱き方を教えてもらっても、お腹の中で2人で1つの体を過ごしてきたママのニオイや感触、あやし方や声で、赤ちゃんは安心します。

パパで安心するようになるまでには、少々時間がかかってしまうという覚悟をしておきましょう。

諦めずに接し続けることで、赤ちゃんも徐々にパパを安心できる存在だと、認識してくれますよ。

幼いころからコミュニケーションを取ってこられなかったパパもまだ大丈夫です。

次の項目からの努力でも、子供に好かれるチャンスはまだまだあります。

妻に感謝の気持ちを述べる


子供に好かれたいと思うパパさんは、子供に対しての何かしらの努力をしなければいけないと思いがちです。

しかし、妻との関係が良好であることも、子供に好かれる為には必要です。

子供に嫌われていると感じるパパは、子供がママの事の方が好きだから、自分は嫌われていると感じますよね。

育児に参加してこなかった旦那さんの妻は、パパに対してイライラする日もあったことでしょう。

妻が旦那を嫌いだと思っていると、子供はママの気持ちを察し、ママが嫌いな人は自分も嫌いだと思うようになりがちです。

子供に好かれる前に、妻好かれるという事もとても大切なのです。

さらに、育児に参加してこなく、パパとコミュニケーションを取る機会が少なかった子供は、信頼している人がママとなります。

したがって、パパには見せない素直な行動や気持ちがたくさん隠されています。

子供が好きな遊びや性格を知ることは、子供に好かれる為に必要な知識となりますが、ママに聞かなければ、わかりません。

そんな時、急に子供に好かれたいからと言って、子供の事を聞き始めても、快くあげようと思うことができない場合もあります。

まずは、これまで子供を1人で育てるために、毎日頑張ってくれていることなどを感謝し、労うような気持ちを伝えてみましょう。

唐突に子供の事を知りたがられるよりも、妻も気持ちよく子供の事を知ってもらおうと思ってくれるでしょう。

妻との関係を良好に保つためにも、子供の事を詳しく知るためにも、妻に監査の気持ちを伝えるという事はとても大切ですね。

最悪の場合、妻と仲が悪くなり、子供と出て行かれてしまったら、本末転倒です。

妻の作る料理を美味しく食べる

子供にとって、ママはとても大切な存在です。

ママを傷つける人は、子供は嫌いになり、ママを守るためにと敵視します。

自分が大好きなママが作ってくれた料理に対して、常に文句を言ってママが落ち込んだり怒ったりしている姿を見たら、子供はどう思うでしょうか。

子供の目にはママを傷つける人、困らせる人として映ってしまうことでしょう。

ママの料理を一緒に美味しく食べてみてください。

なぜか子供も笑顔になります。

自分のママが褒められることが、子供にとってもうれしいことなのですね。

また、食事中の雰囲気は子供の成長にも大きく影響します。

家族での食事の時間に、ママとパパに険悪なムードが漂っていると、食卓の雰囲気は一気に悪くなってしまいます。

楽しくない食事の時間は、子供が食事をとりたくないという気持ちになってしまう原因となります。

一方、家族全員で食事を楽しくすることで、食べることに対して子供は楽しいと思うようになり、好き嫌いも少なくたくさん食べてくれる子供になるのです。

妻の作る料理を、家族全員で美味しく楽しく食べましょう。

文句は控える

この項目も、ママとパパの関係を良好に保つという事に繋がり、子供がパパを好きになるか嫌いになるかに大きく影響します。

そして、ママ対してパパが文句を言っているところを子供は良く見ていますよ。

大好きなママに優しいパパは、子供も心を開き、好きになります。

ママは育児中、気持ちは完全に子供のママです。

子供のために精一杯頑張る日々です。

パパの文句を聞き入れ、改善する余裕は残されていないと言っても過言ではありません。

ママだって家庭を壊さないようにと、パパへの文句をママは我慢しているかもしれませんよ。

どうしても文句を言いたいときは、言葉を選び優しく伝えるようにしてみてください。

当たり前の家事を手伝う

ママは、パパのママではありませんよね。

自分も妻になんでもしてもらうという事が普通だと思っていませんか?

パパとなり、育児に協力するという事は、子供のお世話をするだけではなく、子供の事で忙しいママの負担を軽減するという事も立派な育児への協力だと考えられます。

子育てで忙しいママは、家事を溜めこんでしまったり、家が汚くなってしまっていたり、パパの仕事の準備を手伝えないという事などがあるでしょう。

また、共働きの家庭も増えている中、ママだけに家事を任せ、尚且つ文句を言っているパパは、生活スタイルを見直してみてください。

共働きでありながら、ママが家事も育児もこしていたら、ママは疲れてしまいます。

全てを両立し、完璧にこなすことは極めて難しいことなのです。

家事と育児を分担してみましょう。

できることを少しだけ手伝うだけでも、ママはとても嬉しく、とても助かります。

自分の脱いだ服を洗濯機に入れて回す、掃除機をかけるくらいは、家事が苦手なパパでもできるのではありませんか?

家事をすることは恥ずかしいことではありません。

時代の背景とともに、家の事に手を出さない亭主関白のようなパパは、受け入れがたい状態となっています。

亭主関白という考えを通したいのであれば、妻からも子供からも嫌われることを覚悟する必要がありますね。

パパが協力することで、ママも笑顔が増え、家庭が明るくなり、子供の笑顔もたくさん見ることでしょう。

家事を分担して素早く終わらせれば、家族のコミュニケーションをとる時間も増えますよね。

ニオイに気を遣う

少々悲しい気持ちになるかもしれませんが、ニオイが臭いと家庭内では煙たがられる存在となってしまいます。

汗をかいて帰ってきたときに、子どもや妻に臭いと言われてしまったら、「こっちは頑張ってきているのに」と腹立たしい気持ちになることもあるでしょう。

しかし、少し気を使うだけで、いい匂いで大好きなパパと思われるのであれば、嫌われるより良いですよね。

仕事終わりに着替えたり、子どもや妻と接する前に入浴したりするだけでも、ずいぶん違います。

加齢臭が気になる場合は、加齢臭用の消臭スプレーなどを使用してみるのも良いですね。

タバコのニオイも子供は敏感に感じるので、気を付けてくださいね。

身だしなみに気をつける

身だしなみも子供に好かれるためのポイントとなります。

もし一緒に家の外を歩くパパが、少々汚れている白のTシャツにクシャクシャになったジーパンなどを履いていたら・・・。

嫌ですよね。

だからと言って、別に流行を気にしておしゃれをする必要はありません。

重要視すべき点は清潔感です。

服だけではありません。

髪型や髭を整えることで。

清潔な雰囲気漂う、パパに見えますよ。

ファッションに困った時は、ファミリー提案型ショップに足を運んでみると、どんな服装が良いか知ることができます。

トイレやお風呂をキレイに使う

特に問題なのはトイレです。

男性は立って用を足すという習慣がありますが、自宅の洋式のトイレで立ったまましてしまうと、周りに結構飛び散ってしまいます。

用を足した後に、自分で周辺を拭くのなら、問題はありませんが、常に座った状態で用を足せば、拭き忘れることも拭き残してしまうこともありませんよね。

飛び散った便座や床を見た子供は、パパが使った後のトイレは嫌と思うようになり、次第にパパ自体を嫌うようになるでしょう。

トイレは綺麗に使ったほうが、子どもからももちろん妻からも、嫌われません。

そしてお風呂ですが、パパが入ったあとの湯船に、垢屋怪我浮いていると、パパが入ったお風呂に入りたくないと思われるようになり、その後パパが嫌いと言う状態に至ってしまう可能性が高いでしょう。

湯船に入る前に、入念に体を洗う、上がるときは毛などが浮いていないか確認し、浮いていたら桶などを活用し、すくってから上がると良いですね。

柔軟な対応をする

子供の意見にしっかりと耳を傾けていますか?

頑固親父と称されるような対応では、子供はパパを嫌い話すことすらしなくなってしまう可能性があります。

変なプライドで、自分は正しい、子供は間違えている、正してあげなければいけないと思い、子供の意見を聞かないような対応は避けましょう。

俺の意見は絶対だ!!なんて父親は今やあまり受け入れられません。

広い心を持ち、子供の意見に耳を傾け、できる限り応じてあげることで、子供がパパを嫌う事はなくなっていくでしょう。

また、常に子供の意見を聞かないスタイルを取り続けてしまうと、子供はパパに本当に大切な事も伝えなくなってしまいますよ。