CoCoSiA(ココシア)

娘と仲良くするために父親が気をつけて欲しい8個のこと


昔はあんなに仲が良かったのに、思春期になった娘と仲が悪い日々が続いているというお父さん。

父親と思春期の娘が仲良く過ごせる日々を取り戻すために、少しだけ頑張ってみませんか?

実は思春期の娘に嫌われる原因を知らず知らず作ってしまっている可能性があります。

また、仲良くするためには、ある8つの事に気を付ければ、きっと仲良くなれますよ。

嫌われてしまう原因と仲良くするために気を付ける要点をご紹介しますので参考にしてみてください。

この記事の目次

娘と仲良くするために父親が気を付けて欲しい8個のこと

1.ダサいファッションをしない

娘と仲良くする為にダサいファッションはやめましょう。

シワシワのTシャツ、黄ばんだ服、また年齢に合わないような派手なアイテムなどのふぁTションではダサいと思われてしまいます。

まずはかっこよく好印象な父親になるために、自分の体型に合う服を選びましょう。

細身なのにダボダボの服、太めなのにピチピチの服はダサいです。

自分にフィットしている服を選ぶようにしてみてください。

また、ファッションは全身コーデです。

おしゃれな時計、おしゃれな靴を履いただけではダサさがぬぐえません。

一部分をおしゃれにするのではなく、全体との兼ね合いを見てコーディネートしましょう。

特にポロシャツ、チノパン、スニーカー類は無難におしゃれなファッションに変身できるのでおすすめです。

奥さんに頼んで一緒に見てもらったり、家族で出かけて娘に選んでもらうのも良いでしょう。

1.ある程度お洒落に気を遣うこと


また、現在ではインターネットなどの情報量がかなり進歩し大量に掲載されているため、おしゃれな父親になるための全身コーデや最新の流行などもすぐに調べられます。

どんな服を着たらよいのか分らないと言った場合などは、少しインターネットで検索し見てみるだけで、おしゃれなファッションに近づくはずです。

ファッションは気にかければすぐに取り入れることはできますが、どうせ、無理だ、面倒だと諦めてしまえばすぐにダサい父親になれてしまいます。

少しでも日々気を遣うだけで見違えるように変わることができるでしょう。

2.母親に上手く間に入ってもらおう

父親と娘が直接接すると上手くいかないという場合、そのまま頑張って近寄ってもうまく行きません。

油と水のようなものです。

頑張って混ぜ合わせようと思ってもうまく混ざりませんよね。

そこで洗剤かわりのように母親に手伝ってもらいましょう。

父親と子供が泣かが悪いよりも良い方が母親もうれしいはずです。

娘と上手く折り合いがつかない事、昔のように仲良くしたいという気持ちを話せばきっと協力してくれますよ。

1.父親が娘のために頑張っていることをそれとなく話してもらう


まずは母親に父親が頑張っていることをそれとなく話してもらいましょう。

母親は一緒に家計を支えている仲間です。

父親の頑張りにはきちんと気づいて感謝しているでしょう。

そこで、仕事に早く出勤しなければいけない日は、仕事が大変だという事や、遅い帰宅の日は仕事が長引いているのだという事を話してもらうのです。

また、少し仕事の内容についても話してもらっても良いですね。

これだけすごい仕事を任されている、こんなに頑張っているという事を父親が直接話すとウザイと思われてしまいうかもしれませんが、母親が「おとうさん大変そうだね。」という体で話すことで、娘も聞き入れやすいでしょう。

しかし、ここで注意点ですが、自分から「仕事が忙しいんだ!」と言ったり、帰宅後疲れた様子やイライラした様子を見せるのはやめましょう。

仕事が忙しいからって・・・。

仕事ばっかりと思われてしまうだけです。

忙しいのに帰宅すれば笑顔で明るいお父さんの方が娘の心にグッとくるものがあるでしょう。

仕事が忙しくても家族の事を心配してくれているお父さん、娘に疲れを見せないお父さんの方がかっこよく見えますよ。

仕事の愚痴は子供の前ではなく、いないところで妻に聞いてもらったほうが良いですね。

思春期に差し掛かった娘なら仕事の話を母親から聞いて、受け入れ考える力があります。

少し父親の見方が変わるはずです。

2.母親が父親を褒めていれば良好な関係が築ける

母親が父親を貶せば、自分を一番知ってくれている一番の味方のような人が嫌う人を一緒に嫌うのは当たり前です。

母親も父親に感謝している、尊敬している、好きだという気持ちを娘に知ってもらう事はとても大切です。

要は自分が信頼している人間が嫌っている人の事を好きになるのは大人でも難しいですよね。

信頼している人を傷つけるという事は何らかの原因が相手にあるのだという思考になります。