CoCoSiA(ココシア)

キス顔ブスの9個の特徴と可愛いキス顔になるためのコツ


「キス顔ブス」と言われたことはありますか?

実際に言われたことはなくても思われている可能性もありますよね…

自分ではキス顔を見れないので、どう思われているか不安という人もいるでしょう。

大好きな彼氏にはキス顔も可愛いと思ってもらいたいのが女心だと思います。

そこで今回は、キス顔ブスの特徴や可愛いキス顔になるためのコツをご紹介します。

可愛いキス顔になるためのコツを押さえ、彼氏をキュンとさせちゃいましょう!

女の子にとっては怖い事実!男は目を瞑ってくれない

色々な調査を並べてみたところ、男性は3~4割程度しかキスのときに目を瞑ってくれないことがわかりました。

逆に言えば、6~7割は女の子のキス顔をめっちゃ見てるということです。

瞑ってくれればこっちも悩まないのに、全く困ったもんですよね。

男性の本能らしい

人間がまだ動物っぽい暮らしをしていた時代に遡ります。

性的な行為をするときは男女ともに無防備になるのですが、そのとき男女ともに脳内お花畑だと天敵に殺されてしまいますよね。

そのため、男性は性的な興奮状態にあっても周囲の環境に目を凝らしていようと思うのだそうです。

同じような理由で、女性は男性と一緒に寝ると安心してぐっすり眠れる人が多い一方、男性は本能的に彼女を守らなくちゃと思う意識が潜在的にはたらいてぐっすり眠れないのだとか。

彼氏が目を瞑ってくれないのは守ってくれようとしていると解釈して受け入れるしかなさそうです。

キス顔ブスの9個の特徴

自分のキス顔がなんとなくブスな気がする程度だと、どこをどう直したらいいのかわかりません。

確かめるために、キスする妄想をしてキス顔を作ってみましょう。

それを携帯のカメラで撮ってみれば客観的に眺めることができます。

では、写真を用意したらキス顔ブスの特徴に該当するか、チェックスタートです。

1.唇がとんがりすぎている

いわゆる“たこちゅー”“ひょっとこ”の顔。

引くというか、笑っちゃいます。

ロマンチックなムードどころではありません。

「酸っぱいもんでも食ったのか?」と思われるような唇は回避しましょう。

また、唇がとんがりすぎているということは、かなり力が入っている状態です。

触ってみるとわかりますが、フニフニした感触は消えうせて、筋肉の硬さが出てしまいます。

なんとかブスなキス顔には眼を瞑ってキスができても「うわ、硬ぇな」って感じで全く気持ちが盛り上がりません。

2.大きく口を開けすぎ

最初から口を大きく開け過ぎていると、めちゃくちゃアホっぽい顔になります。

軽いキスから盛り上がってディープキスに発展するなら口も大きく開いてはきますし、行為中なら叫んだ口を彼氏が塞ぐ…なんてこともあります。

その場合も彼氏が彼女の表情を認識できる距離に戻るときには口は閉じられているものです。

キスする直前あるいは直後など、相手の顔と自分の顔が5cm以内にあるときは顔が見えないのでどんな顔をしてても良いですが、それ以上離れた距離に顔があるのに口を大きく開けているのは意味がわかりません。

3.最初から舌を出している

…そんな人います?妖怪だよ。

垢ナメとかのやつ。

もしこれに該当するなら自撮りするまでもなく、さすがに自分でわかるでしょと言いたくなります。

なんで舌出ちゃうんだろう…わからないけど解説します。

エロ漫画やAVなんかでは舌を出してキスをねだるというシーンもありますが、“メス豚”感がすごいので現実だとちょっとヤバイです。

あと、ベロ出して可愛い子って本当に一握り。

女子人口の1%くらいじゃないのかなと思います。

口を大きく開け過ぎなのと一緒で、相手にキス顔を認識される距離から舌を出しておくのは意味不明です。

舌を出すのはキスが盛り上がったとき、至近距離かつ呼吸に合わせて行いましょう。

4.鼻の下が伸びている

これも、なんで?と思いつつ、鼻の下が伸びるのは口の閉じ方を間違えるとなってしまうようですね。

上唇を下唇に収納するような閉じ方というとわかりやすいでしょうか。

原因としてはおそらく緊張のしすぎ。

普段なら絶対出てこないはずの表情がキスのときに出てくるなんてもったいないので、もう少しリラックスしましょう。