CoCoSiA(ココシア)

秘密主義な人の21個の特徴と心理


あなたの周りにも自分のことを多く語らず、ポーカーフェイスな人はいませんか?

身近にいたら何を考えているか分からず、不安になってしまう人もいるかもしれません。

このような「秘密主義」と呼ばれる人は、一体何を考えているのでしょうか?

ここでは、秘密主義な人の特徴や心理を解説したいと思います。

秘密主義な人と仲良くなりたい人も必見です!

この記事の目次

秘密主義な人の21個の特徴と心理

それでは、秘密主義な人の特徴と心理を詳しく説明していきます!

孤独を好む

秘密主義な人は孤独を好む人が多いです。

人と群れるのが苦手で、1人でいる方が居心地がいいと感じています。

特に大勢の人がいる場所だと、その場から立ち去ってしまうことも…。

クールでミステリアス

クールでミステリアスな人ってかっこいいですよね。

秘密主義な人はこのような雰囲気を纏っていることが多く、逆に魅力的に見えることもあります。

自分の素を滅多に出さない

素を出すと「嫌われてしまうのではないか?」と考えてしまい、なかなか本来の自分の姿を相手に見せることができない人もいます。

秘密主義な人は繊細で傷つきやすい一面を持ち合わせている人も多いでしょう。

人に対して警戒心がある

なかなか本来の自分を出せない理由は、人に対して警戒心があることも考えられます。

相手のことが信用できず、人が怖いと感じてしまうことも。

過去の嫌な出来事がなかなか忘れられない

人に対して警戒心があるのは、過去の嫌な記憶を引きずっている場合もあるでしょう。

秘密主義な人は繊細で傷つきやすい人が多いため、過去の嫌な記憶がなかなか消化できないことも。

その出来事のインパクトが大きい程、消化するのが難しいのかもしれません。

仕事に関係ないことは極力話さない

秘密主義な人は仕事に関係ないことは極力話さず、プライベートを余り見せません。

業務外のことを聞かれたら素っ気ない対応をしてしまうことも。

そのため、近寄りがたいと感じてしまう人もいます。

見つめられると目をそらしてしまう

目を合わせるのが苦手で、じっと見られていると目をそらしてしまいます。

警戒心が強いため、見つめられるとどうしていいか分からなくなってしまうことも。

人付き合いは狭く深く

秘密主義な人は「狭く深く」の人間関係を好みます。

人に心を開くのに時間がかかるため、たくさんの人と交流することが苦手です。

心を許せる人とじっくり話し、落ち着いた時間を共有することを好む人が多いでしょう。

心を開いた人には本音も話す

警戒心が強いですが、心を開いた人には自分の本音を話すことも。

プライベートのことを話し始めたら、あなたに心を開いている可能性が高いです。

あっさりした人間関係を好む

人とずっと一緒にいることが苦手で、あっさりした人間関係を好みます。

1人の時間を大切にしたいため、つかず離れずの関係に居心地の良さを感じるでしょう。

しかし、場合によっては冷たい人と思われてしまうこともあります。

グイグイ来られると引いてしまう

根掘り葉掘り聞かれると警戒してしまい、心を閉ざしてしまう可能性も。

もし、何か聞きたいことがあったら、無理に聞き出そうとしない方がいいかもしれません。

失敗を恐れる余り慎重になる

秘密主義な人はよく考えてから行動する人が多いです。

失敗するのが怖く、リスクを回避するため慎重に行動します。

もしかしたら、過去の失敗を引きずっているために、失敗が怖いと感じてしまう可能性もあるでしょう。