メンヘラという言葉をご存知でしょうか?

元々は心の健康という意味のある「メンタルヘルス」が語源の言葉です。

2チャネルなどでこのメンタルヘルスという言葉がメンヘルと訳され、そこから人物を表す英語のerと合わせた「メンヘラ」という言葉が生まれました。

精神障害や精神疾患を持つ人のことを表していますが、より軽い感覚で用いられています。

そのため必ずしも悪い意味でとらえている訳ではなく好意的な意味で使われることもあります。

メンヘラとはどんな人

具体的にはメンヘラとはどんな人の事をいうのでしょうか?障害と呼べるほどの重度の精神障害がある訳ではないのですが、言葉や行動が普通の人よりも変わっていて、特に感心がある相手に自分に対して構ってもらいたい、いつも気にかけていてほしいと強いアピールをする傾向にあります。

しかし、自分に関係のない相手や関心のない相手にはまったくの無関心な態度をとります。

関心のある相手を振り向かせるためには自虐的な嘘をつくこともあり、周りが振り回されることになりがちです。

メンヘラ女の特徴14個


男女ともにメンヘラと呼ばれる人はいるのですが、女性に多くいる傾向があります。

ここではメンヘラ女と呼ばれる人の性格や行動の特徴について具体的にお伝えしてゆきます。

もしあなたの周りに思い当たる人がいれば参考になると思います。

また自分がメンヘラ女かも知れないと思う人にも参考になると思います。

それではメンヘラ女の14個の特徴についてお話してゆきます。

1.寂しがり屋

基本的にメンヘラ女は寂しがり屋です。

そのため常に愛情に飢えているといってよいでしょう。

いつも自分に関心を持ってくれる相手を探しています。

しかし、あからさまに自分の寂しさを相手にぶつけると引かれてしまうことを分かっている場合が多いので、恋人関係になってから段々と寂しがり屋の本音を出してくることが多いです。

いつも寂しさを解消しようとしているのでメンヘラ女の彼氏になった人は彼女のケアに縛られることになります。

それが可能であればよいのですが、度を越した寂しがり屋の場合はケアも大変なものにってきます。

2.極度のかまってちゃん

メンヘラ女はとても寂しがり屋のため、常に自分にかまってほしがっています。

自分が意識されている感覚を常に求める極度のかまってちゃんなのです。

大人になってからもその特徴は変わりません。

多くの場合、その原因は子供の頃の家庭での愛情不足といわれています。

メンヘラ女の彼氏は、彼女と一緒にいる時は常に彼女にかまい続けなくてはなりません。

ちょっと彼女の話を聞いていない風であったり、彼女の会話中に他に少しでも関心がいくと怒られたりします。

この極度のかまってちゃん体質もメンヘラ女の特徴のひとつです。

3.自分を大切にしてくれる人に懐く

メンヘラ女は自分に関心を持たれたい、気にかけて欲しいと常に思っているため、自分に優しい人には懐く傾向にあります。

よく相手を見て判断しないで盲目的に懐くことが多いので、結婚詐欺の標的にされる可能性もあります。

そのため自分がメンヘラ女だと思う人は注意が必要なのですが、根本の原因である自己肯定感や自己重要感が満たされないと解決は難しいでしょう。

少しくらいの依存は気にしない、包容力がある優しい人と出会うことが出来れば懐いても受け入れてくれるので問題ない場合もあります。

自分に優しい人に甘える

些細なことで優しくされてもその人に甘えることがメンヘラ女の特徴です。

相手にとって特別メンヘラ女である人に優しくした訳ではないのに自分だけに優しくしてくれていると勘違いして甘えることもあります。

このことからも愛情に飢えている内面がうかがえますが、度を越さなければ上手くいく場合もあり、愛情に満たされてゆけばメンヘラ女特有の度を越した甘えが軽くなる場合もあります。

この辺りは人それぞれですので一概にはいえません。

恋人でもないのにやけに甘えてくる場合はメンヘラ女である可能性があります。

4.ヒステリック

メンヘラ女は普通の人よりも感情的でヒステリックな傾向にあることも特徴のひとつです。

普通の感覚では分からないタイミングで突然キレて叫び出したりします。

公共の場でもお構いなしに叫び出す場合もありますので周りの人は疲れてしまうでしょう。

特にメンヘラ女が自分に感心がむけられていない、愛情を感じられないと思った時に感情を抑えきれなくなり爆発してしまうのです。

怒れば周りが言うことを聞くと思っている場合もあり、精神的に幼い部分が多いこともヒステリックになる原因のひとつです。

理性より感情で動くタイプ

普通の人も自分をかまってほしい気持ちや、時には怒りたい気持ちにも当然なるのですが、その場の状況や相手との関係などを理性的に判断をしてコントロール出来るものです。

しかしメンヘラ女の場合は理性よりも感情で動くことが多いのです。

そのため多くのトラブルを招く恐れがあります。

うまくストレスや我慢した感情を解放できないのでその場で感情をストレートに出してしまうのです。

5.虚言壁がある


虚言癖があることもメンヘラ女の特徴です。

嘘の過去や自分の家族なども偽りの家族構成を話したり、自分のプロフィールも嘘で固める場合もあります。

それは自分に自信がなかったり、正直に話して傷ついた過去があるからです。

また、相手に嫌われたくない、自分をよく見せて注目を集めたいという思いから嘘をつく場合もあります。

とにかく相手の関心を引いて自分にかまっていてもらいたいのです。

それがメンヘラ女にとってとても大切なことなので、そのためには平気で噓をついてしまうのです。

一種の構ってほしいアピール

嘘をつかれた周りの人たちはその嘘で混乱してしまうでしょう。

あまりにもその嘘がひどい内容であったり、常に嘘をつき続けられればどんどんと人は離れて行ってしまいます。

そこで自分の非に気付けばよいのですが、メンヘラ女はますます噓をつくことになる傾向があります。

この悪循環が状況を悪化させるのですが、根本的な原因はメンヘラ女の構ってほしいアピールなのです。

構ってほしいがために嘘をついてしまう心理がメンヘラ女の心の中にはあるのです。

6.ネガティブ

メンヘラ女は思考がネガティブで内向的な傾向にあります。

時にヒステリックになり叫ぶこともありますが、基本的に考えは後ろ向きで暗いことが多いのです。

彼氏と連絡が取れないと自分は捨てられたんじゃないかなどと極端な思考をします。

また、一人でいると自分には価値が無いと思い、出口のないネガティブループに落ち込むこともあります。

前向きな思考の切り替えや気分転換がメンヘラ女には難しいのです。

自分に自信がない

その原因には自分に自信がないことがあげられます。

自分に価値が無いと思い込んでいるため、自分に自信が持てないでいるのです。

可哀そうではありますが、本人の自覚と変わるための努力も必要です。

運よく優しく見守ってくれる人に出会えれば愛情に満たされて自信も持ち出し、回復することもあります。

7.SNS更新頻度が多い

FacebookなどのSNSの更新頻度が多いこともメンヘラ女の特徴のひとつといえます。

この特徴だけでメンヘラ女とはいえませんが、彼女たちはSNSの更新を頻繁にすることが多いことも事実です。

更新する内容は大体が私楽しんでいます!というような幸せをアピールするものが多い傾向にあります。

時にネガティブな内容の記事を投稿することもありますが、基本的には自分に価値や魅力があると思ってもらいたいので楽しそうな内容の記事を投稿します。

現実の彼女とSNS上の彼女があまりにも違う場合はメンヘラ女である可能性が高いといえるでしょう。

寂しさを紛らわせたい

メンヘラ女が頻繁にSNSに投稿する理由は、自分をよく見せたい願望の他にも寂しさを紛らわせたい気持ちもあります。

ネット上で誰かと繋がることで孤独感を癒したいのです。

そんな気持ちは誰にでもありますが、メンヘラ女にはその気持ちが強く表れてきます。

SNSでは不特定多数の人からコメントをもらえたり、チャットなどで会話も出来るので寂しさを紛らわすにはうってつけの手段になります。

寂しさを紛らわせたい心理もメンヘラ女が頻繁にSNSを更新する理由になります。

8.「わたしなんて・・・」という自虐的なSNS投稿が多い

自分をよく見せたい心理が働く場合、先にお話した様に自分がいかに幸せかを嘘の記事を投稿してアピールすることがありますが、メンヘラ女の場合自虐的な投稿が多いタイプもいます。

どうせ私なんて、と自分をさげすむ投稿を多くアップして見る人の同情を誘おうとします。

周りが助けてあげようとしても、実は本人の目的が人の気を引いて注目を浴びることにあるので自虐的な投稿を止めることはありません。

余り深入りして関わり過ぎるとその人に依存してくる可能性もありますので注意が必要です。

9.男に依存する

メンヘラ女は男性に依存する傾向が強くあります。

恋愛関係になった男性には四六時中連絡を求め、それが叶わないとヒステリックになったり職場や学校にまで押しかける場合もあります。

万が一メンヘラ女から見て愛情が感じられない場合、気を引くために自殺未遂や大げさな嘘をついてくることもあります。

付き合い始めた当初はあまりそういった面を見せない場合もありますが、慣れてくると本性を現して依存してくることも多くありますので、付き合い始めてしばらく経ち、慣れてきた頃が彼女がメンヘラ女かどうかが分かる時期になることが多いでしょう。

異常な愛情表現を求めてくる

メンヘラ女は異常な愛情表現を求めてくる特徴があります。

一緒に死ねる?と聞いて来たり、実際に心中の真似事をするように迫られた例もあります。

常に自分を見つめることを強要したり、離れている時は最低一時間に一度はLINEなどで愛情表現のコメントを遅らせるなど端から見たら以上に思える行為を平気でしてくるようになります。

最初は大目に見ていた男性も、度重なる異常な愛情表現の求めに参ってしまうでしょう。

適度な距離を置くことが出来ない特徴がメンヘラ女にはあります。

10.嫉妬心が強い

嫉妬心が強いことも特徴のひとつです。

自分に自信がないため、彼氏や好きな人が他の女性に取られるのではないかといつも気にしているので彼を束縛したがります。

また自分をいつも見てもらいたがり、気にしてほしいと思っているため、他の人へ彼氏の関心がいくと強い嫉妬心を抱きます。

自分に彼を振り向かせるために嘘をついたり自傷行為を行ったりするので、メンヘラ女との交際には相当の覚悟が必要になります。

11.スマホが友達

段々と周りがメンヘラ女だと気づいてくると、話が合わなかったり行動が異常なことがあるため人が離れて行ってしまいます。

そのため孤独を癒すためにスマホを友達のように扱い長時間利用するようになります。

複数のSNSで多くの投稿をしたり、生放送の配信で他人とのコミュニケーションを取ったりとスマホが離せない生活になるのです。

誰かと繋がっていたい

その背景にはやはり誰かと繋がっていたいという思いがあるのです。

孤独が人一倍嫌いで愛情に飢えているがためにますます孤独になるというとても可哀そうな状況です。

本人が自覚して感情をコントロールする努力や自分の得意分野を磨いて社会で活躍できる準備をするなどの努力をすればメンヘラ女から普通の女性へ変われる可能性もあると思いますので、いかに気付くかが大切なことだと思います。

12.夜行性


メンヘラ女は一般的な社会生活に馴染めない場合が多いので、仕事も夜間のアルバイトや不規則なものになりがちです。

またネット依存にも陥りやすいのでどうしても夜行性になり勝ちです。

夜の方が静かで落ち着き、またネットユーザーも増えるので彼女たちには都合が良いのです。

夜行性の生活の延長でそのまま引きこもってしまうこともありますのでますます孤独に陥ってしまいます。

理解のある人へ助けを求めるか、専門の治療が必要な場合もあります。

不規則な生活

感情や収入が不安定になると生活も不規則になります。

多くのメンヘラ女も不規則な生活をしています。

夜は遅くまで起き、朝は遅くに起きる生活が日常化している場合が多いので、深夜に知人や彼氏に突然電話を掛けるなどの行動を取ることもあります。

驚いて電話に出てもとりとめのない話をするばかりだったりするので周りには迷惑です。

この夜行性で不規則な生活も、多くのメンヘラ女の特徴になります。

13.自分を傷つける

自分を傷つける自傷行為もメンヘラ女の特徴になります。

自分に価値が無いという思い込みからくる嫌悪感から自分を傷つける場合と、他人の気を引くため、特に好きな人の気持ちを自分に向けたいがために自分を傷つける場合があります。

どちらも精神的に内面を傷つける時と肉体的に傷付ける時の2パターンがあります。

内面的に傷つける

自分に対して自分は価値が無いと言い聞かせてどんどん自分を自分で追い込んでいくパターンです。

そのためどんどん雰囲気は暗くなり内向的になってゆきます。

自分で自分の心を傷つけてゆくので、ひどい場合は精神分裂のような症状になることもあります。

主な原因は幼いころに両親など身近な存在から悪い暗示を受けて育ったり、虐待を受けて育ったことがあげられます。

とても可哀そうですが、症状が重い場合は専門の治療が必要なこともあります。

肉体的に傷つける

リストカットや頭を壁に打ち付けるなど肉体を自分で傷付けるパターンもあります。

こちらも内面的に傷つけるパターンと同じく自分を責めている場合と人の気を引こうとしている場合の2つの動機が考えられます。

中には彼氏に自殺をほのめかして自傷する場合もありますが、目的は彼の気を引くことにあるので傷は深くはつけないことが普通です。

どちらにせよ周りには迷惑が掛かります。

本人は迷惑をかけている意識はなく、自分が被害者である意識が強いのでやっかいな特徴です。

14.体調不良をアピールしてくる

同じ様にメンヘラ女が人の気を引くパターンとして、体調不良を訴えることもあります。

体調不良を理由に周りの同情を買い、自分の構ってほしい欲求を満たそうとするのです。

とても幼稚な行動に思えますが、メンヘラ女にとっては大切な欲求を満たすための行動なのです。

精神的なものから体調不良だと勘違いしている

この体調不良の訴えですが、根本の原因はメンヘラ女本人の愛情不足や自己肯定感の不足からくる他人へのアピールであることが多いのです。

中には反無意識にこの体調不良の訴えを起こすので、本当は精神的なものが原因であるのに肉体的な体調不良だと勘違いしている場合もあります。

この場合、本人が周りに十分構ってもらったと満足すると嘘のように症状が治まります。

もちろん本当の体調不良の時もあるでしょうが、頻繁に体調不良の訴えがあり、周りの人や彼氏が構うと治る場合は振り回され過ぎない様に注意が必要です。

メンヘラな女性と付き合う時の注意点


今までお話しして来た様に、メンヘラ女と呼ばれる女性と付き合うには注意が必要です。

軽いとはいえ精神的な問題を抱えているのでその点をしっかり意識をして付き合うことが大切です。

中には医師より薬を処方されている女性もいるので、薬の服用はしっかりとすべきです。

そして時には人前で恥をかく覚悟も必要になります。

長く付き合えば慣れも出てくると思いますが、付き合う側がメンヘラ女の女性に振り回され過ぎない様に距離をおくことも大切です。

あまり構いすぎると自分も精神的に疲れてしまい参ってしまうからです。

適度な距離とメンヘラ女と付き合う際の注意点ンを守ることがお互いのために必要になります。

具体的にメンヘラ女と付き合う際に起きる代表的なケースごとに注意点をまとめましたので、参考にされてください。

構わないと怒る

やはりメンヘラ女には構わないと怒り出す特徴があります。

その際になだめたり反対に怒り返してもその怒りは収まらないでしょう。

理屈ではなく精神的に満たされていないために怒っているからです。

普通の人の場合、構ってもらいたい場合は相手の立場や状況を考慮してお願いが出来るのですが、メンヘラ女は感情をコントロール出来ないのでそのままストレートに怒りをぶつけてきます。

まずはその特徴を理解して何故そのように怒るのかを知る必要があります。

精神的に不安定なので満たされたい


構ってあげないと怒る一番の理由はメンヘラ女自身が精神的に不安定なので満たされたいと思っているからです。

そしてそのために自分の魅力を上げることや状況をわきまえることを知らないため怒り出すのです。

精神的に未熟な面もあるので理屈が通用しないことの方が多く、そのため孤立することにつながります。

そんなメンヘラ女の女性と付き合うには怒り出すことを受け入れるか、根気よく諭すことが必要になります。

また、可能な限り構ってあげることが怒ることをなくす方法のひとつですが、相当な努力が必要になります。

普通の人からしたら十分満足だと思える状況でも満足しないことが多々あるからです。

構う側の人が先に参ってしまわない程度の距離を置きつつ対応することが必要になってきます。

攻撃的になることがある

突然暴力的になったり、物を投げてくるなど攻撃的になることもあります。

それまで親しげに話していたのに突然態度が変わるので、周りはとても驚きます。

知らず知らずのうちにメンヘラ女の怒りに触れる言動をしたことが原因ですが、その理由は分かりにくいことが多く、また分かったとしても理解することが難しいために防ぐことが困難です。

攻撃的になった場合は同調して怒らず静かに収まることを待つ方が早く静まります。

抑えようとすると更に反発して攻撃を仕掛けてくることがありますので注意が必要です。

この攻撃の原因になるメンヘラ女本人の怒りですが、外に向かうと攻撃的な性格になり、内側に向かうと自傷行為を始める原因にもなります。

どちらの方向で現れても周りには迷惑が掛かるので、メンヘラ女と付き合う場合はその問題に直面する覚悟が必要になります。

自分を守ろうとする

この怒りから来る攻撃や自傷行為には自分を守ろうとする心理が働いています。

過去の虐待経験などのトラウマや精神的な弱さから自分を守ろうとしているのです。

そのためこの問題を解決するにはメンヘラ女を落ち着かせて自分を過度に守る必要はないのだと教えてあげる必要があります。

軽い症状の場合は落ち着かせてあげるだけで収まる場合もありますが、トラウマが深く心にある場合には専門の治療やカウンセリングを受ける必要もあります。

一般の人がメンヘラ女と付き合う場合は、メンヘラ女が突然攻撃的になった時には自分を守ろうとしている心理の表れだと思い、安全な距離を保つことが大切です。

何気ない一言で傷つく

メンヘラ女は他人の何気ない一言で傷つくことがあります。

例えば、褒めたつもりで「髪型変えたんだね」などと話しかけても、変な髪形だって言いたいの?と否定的に捉えられたりします。

日常の些細な出来事で傷ついてしまうことが多々あるのです。

そのため感情の浮き沈みが激しく、本人も周りも疲れてしまいます。

またその様なことが重なると、周りもどの様に話しかけて良いかが分からなくなりメンヘラ女から離れて行ってしまいます。

突然怒り出したり攻撃的な面を見せる反面、とても繊細で傷つきやすい心の持ち主でもあるのです。

自分を守る心の殻が弱い

メンヘラ女は精神的な弱さを普通の人よりも強く持ち合わせています。

そのため自分の心を守る心の殻が弱く、すぐに傷ついて不安に陥ってしまいます。

普通の人でも社会に出れば傷つく事や逆境にさらされることもあります。

そんな時はくじけないで頑張ったり友人や家族に励まされて元気を取り戻したりするものですが、メンヘラ女の場合はすぐに傷ついてしまいます。

そのまま引きこもったり自分を責め続けたりとネガティブな方向へ進んでしまうのです。

メンヘラ女と付き合う際はなるべく本人が傷つかないような言動を取ることが必要になりますが、普通の人よりも簡単に傷ついてしまうので注意が必要です。

愛情と専門的なケアの2つが必要

メンヘラ女には色々な特徴があり、普通の付き合い方が難しいことも分かりました。

軽いとはいえ精神的な問題があり、普通のコミュニケーションでは対応出来ない面があるからです。

その問題の多くは子供の頃の愛情不足や虐待の経験、両親がいなくて寂しい思いをしたなどの心の傷が原因で起こっています。

とても可哀そうな人たちでもあるのです。

しかし、一般の人が彼女たちメンヘラ女の治療をすることは困難です。

最初は優しく接することが出来ても段々と予想外の彼女たちの言動に付いていけなくなることが多いのです。

優しい人ほど何とかしてあげたくて深夜の電話にも付き合ったり休みの日も付きっきりで構ってあげたりするのですが、メンヘラ女である女性はますます依存してその人を離さないようになります。

そのうち構ってあげていた人も疲れや苛立ちから、最終的には自分も病んでしまうか離れてしまうことが多いのです。

もちろん、メンヘラ女たちは基本的に愛情に飢えているために依存をしてくるわけですが、精神的な疾患があるためにいくら構ってもらっても中々満足できないのです。

構ってくれている人と会っている時は良くても別れるとすぐに精神が不安定になり連絡を取り続けたり、連絡が取れないとLINEで自殺をほのめかしたりと相手をうんざりさせてしまうのです。

本人に悪気がないので気づいて改善してもらうことが出来ません。

また日常生活を送ることは出来るために最初は中々彼女たちのおかしな言動に気づけません。

深い仲になってからメンヘラ女と気づくこともあるのです。

そしてそうなると四六時中依存されてしまうこともあり、付き合っている相手の方も疲れてしまうのです。

この様にメンヘラ女と付き合い、もし彼女たちのことを治してあげたいと思うのであれば、愛情のある接し方と、専門の医師やカウンセラーの治療やカウンセリングの2つのケアが必要になります。

ただし、彼女たちメンヘラ女の多くは自分の事を精神的な疾患があるとは思っていないので、病院に行こうというと怒り出すかもしれません。

彼女たちの家族や知人と協力して診断を受けさせる努力が必要になります。

専門的な治療やカウンセリングを

専門的な治療には精神科に通う方法と心理カウンセラーに通う方法があります。

どちらが良いという言い方は出来ないのですが、精神科の医院へかかる場合は症状によっては薬の処方をされることもあります。

薬で精神の安定を図るのですが、薬を手放せなくなる可能性もあります。

ただし、人によっては劇的に効く場合もありますので最初は様子を見ながら、効くようであれば続けてゆくと良いでしょう。

そして薬で落ち着いている際に後でお話しする周りの愛情がプラスアルファの効果を生むのです。

心理カウンセラーの場合は医師のような治療行為を行うというよりは効果的な質問や会話を通じて相手の心を開放して行く手法をとります。

そして過去の心の傷を癒すためのメソッドや心理的なテクニックでメンヘラ女になった原因を特定し、その部分を本人の心の中で解消できるように働き掛けるのです。

心の傷の種類や状態は人それぞれなので、効果の出方には個人差があります。

一番大切なことはカウンセラーとの相性でしょう。

相性が良ければ心を開きやすくなり、カウンセリングの効果も表れやすくなるからです。

評判の良い医師やカウンセラーを訪ね、実際の雰囲気や治療方針が合うかどうかを同行者と確かめてから治療やカウンセリングを始めましょう。

最後は周りの愛情が大切

先のお話で優しさや構ってあげることでメンヘラ女を満足させて治すことは難しいとお話したと思います。

しかし、その周りの愛情や優しさは決して無駄なものではありません。

むしろメンヘラ女が一番欲しがっているものなのです。

彼女たちが寂しがりで突然怒ることも、異常な依存心を持っていることも、嫉妬深いことも裏を返せば愛情を欲しているからその様な行動をとってしまうのです。

ですが、愛情や優しさを受けても根本の原因である心の傷が癒えていないためにその愛情を信じることが出来ずにいるのです。

適切な治療や薬の服用、有効なカウンセリングを受けながら周りの愛情を受ければ、その愛情がやがて彼女たちメンヘラ女の心にしっかりと届く日が来るはずです。