近頃では世界的にLGBTが認知されはじめて、世の中には様々な愛の形があるのだという事への理解が広まってきましたよね。

そんな中、貴方は圧倒的マイノリティであるノンセクシャルという趣向をご存知でしょうか?ここでは、なかなか認知が進まないノンセクシャルについて解説していきます。

ノンセクシャルとは?

ノンセクシャルという言葉を貴方は聞いた事がありますか?

殆ど世間には認知されていない他、勘違いされたり自分自身がノンセクシャルであるという自覚がなく苦しんでいる方も世の中には少なくありません。

ノンセクシャルについて正しい認識を持つ事はとても大切な事なのです。

非性愛のこと

ノンセクシャルは非性愛者の事を指す言葉です。

文献によっては世界人口の1%の人がノンセクシャルに当たると書かれている物もあります。

ここでよく勘違いされがちなのが、無性欲、性的嫌悪、性的欲求低下障害、純潔愛、禁欲などです。

これらは、個人の思想などによる行動である為ノンセクシャルとは分類されないとされています。

元は子どもをさす言葉だった


ノンセクシャルは、性知識を持たず男女分け隔てなく接している思春期以前の子どもを指す用語としても使われる事があるそうです。

子どもは男女に関係なく「◯◯君が好き」「◯◯ちゃんが好き」と好意を示しますよね。

好きという気持ち以外には何も無いと考えられている為ノンセクシャルが当てはまります。

次第に思春期を経て恋愛観を確立しているのですが、ノンセクシャルについては恋愛観を確立した後に自覚する事の方が多い様です。

ノンセクシャルは恋愛観の一種

ノンセクシャルは、同性愛、異性愛、両性愛などの恋愛観と同質であるとされています。

ノンセクシャルは、かなり幅広く使われる場合が多く個人によって認識は全く違う場合も多いです。

ただ、全てに共通するのは人によって恋愛感情は抱く事がある。

しかし性的欲求はないという事です。

恋愛感情はあったとしても恒久的に性的欲求がないこと

人は相手のジェンダーに関わらず、人を愛し恋愛感情となると自然と性的欲求が生まれます。

しかし、ノンセクシャルの人は恋愛感情になっても性的欲求が生まれる事はなく「手を繋ぐ」「抱き締める」などの接触ですら必要無いと考える人も存在します。

ここで勘違いしがちなのが、性的欲求がなくとも性的行為を行える場合があるという事です。

認識としては恋愛において心の繋がりを最重視し、体の繋がりを求めない人と言っても良いでしょう。

性的接触を嫌悪している訳ではない

ノンセクシャルは性的欲求を持ちませんが、性的接触自体を嫌悪している訳ではありません。

ただ漠然と「必要ない」と感じているだけなのです。

その為、人によってはパートナーの為に性的関を持てる人も居れば、必要ないのだからと性的接触を拒否する場合もあり人それぞれだという事になります。

基本的には性的な事に無関心である場合が大半を占めているとも言われています。

他人との接触を嫌う訳ではない

どこからが性的接触になるのかという点が最も難しく、人によっては全く恋愛感情を抱かない人となら触れ合えるが恋人とは触れ合いたくないと感じる人もいるようです。

その感覚は個々によって全く違うので、定義を作る事は難しくノンセクシャルである本人に伺うしかありません。

しかし、多くのノンセクシャルは人と触れ合う事を嫌う訳では無いし友人と肩を抱き合ったり手を握っても何も感じない人が殆どと言えますね。

アセクシャルとは

ノンセクシャルと特に混同されやすいのがアセクシャルというマイノリティです。

アセクシャルと呼ぶ場合もあります。

ノンセクシャルとアセクシャルは似ているようで全く違うものなので、本人以外が無闇に使うべきでは無い言葉なのかもしれませんね。

恋愛感情も性的欲求もないこと

アセクシャルとは恋愛感情と性的欲求のどちらも必要としない人の事を指します。

ノンセクシャルと聞いて「冷たい人」と感じる人がいるのだとすれば、このアセクシャルと勘違いしている場合が殆どと言えます。

しかし、それすらも思い込みにしか過ぎずアセクシャルであっても人との繋がりを求める人は大勢います。

ただ、それが恋愛感情まで発展する事はなく友情で止まってしまうだけの事なのです。

ノンセクシャルな人の10個の特徴

恋愛感情を抱く事はあっても、性的欲求を抱く事が無いというノンセクシャルの人はLGBTよりも圧倒的にマイノリティです。

そんなノンセクシャルな人の10個の特徴をご紹介していきます。

1.感情が湧かない

性的欲求とは私達が思っているよりも幅広い意味を持っています。

例えば、好きだから相手と手を繋ぎたい、抱きしめられたいという感情すらも突き詰めれば性的欲求とみなされます。

実は性的欲求は直接的なアクション以外にも私達の身近に溢れているものなのです。

その為、ノンセクシャルの人は好きになっても無関心で冷たい印象を持たれてしまいがちです。

それだけ、私達の中で「付き合ったら手を繋ぐのが当たり前」「好きなんだから抱きしめたいと思うのが普通」と強く思い込んでいるという事でもあります。

好きという感情だけ

ノンセクシャルの人は好きという感情のみしかなく、好きで付き合う段階までいってもその後の進展を望む事はありません。

ただし、この好きという感情が複雑で「好きだからこそ相手を満足させてやりたい」という気持ちから性的接触を行える人も居れば「好きでもそれは無理」と性的接触を拒む人もいるのです。

単純に「ノンセクシャル=性的接触をしない人」という訳では無い事を理解しておきたいものですね。

2.結婚したいと思わない

ノンセクシャルを自覚している人は、それと同じくして自分が圧倒的にマイノリティであると自覚している為結婚をしたいと思わない人も少なくありません。

やはり圧倒的大多数の人の中では「結婚=性的接触」は不可欠なものであり避けられないものである為ノンセクシャルの人からすれば望まない関係でもあると考えている人も少なくないようです。

結婚願望がない

性的接触を望まないノンセクシャルの人は、相手にそれを求めるのは不可能であると感じている人が多く、元から結婚願望を持たない人も少なくありません。

だからといって、生涯一人で過ごしたいと思っている訳でもなく「ノンセクシャルを受け入れてくれる相手が居ないから結婚を望まない」といった方が正しいのかもしれません。

中には結婚している人もいる


ノンセクシャルの人には、自分の性癖を相手に伝えて「友情婚」という形で結婚している人も少数ながら存在します。

性的欲求が無いだけで、絶対的に性的接触を行えない訳では無いので血のつながった子供が居る場合もあるのです。

しかし、それに至るにはパートナーのノンセクシャルに対する深い理解が必要不可欠な為ごくごく僅かな例であると言えます。

3.愛情はある

ノンセクシャルであろうと、愛情を感じる事は当たり前にあります。

相手を愛おしいと思うし好きだと感じる事もある為、同じ時間を過ごしたい、一緒に居たいと思う事もあるので簡単に他人をノンセクシャルかどうか判断するのは限りなく難しい事であると言えるでしょう。

愛情が性的欲求には繋がらない

圧倒的大多数の人は愛情を感じるからこそ、性的欲求が芽生える事が多いですがノンセクシャルにおいてはその思考に繋がる事が無いのです。

「愛情はある、しかし触れ合いたいとは思わない。楽しく話をしているだけで十分」と感じる人も居る為、大多数の人からは「愛情がない」「恋人なのに無関心すぎる」と言われてしまう事も少なくないようですね。

4.異性を意識しない

基本的に恋愛対象の性別の人でも性的な目で見る事が無い為、ノンセクシャルの人は人と交流する際に異性を意識する事はありません。

例えるならば、性を意識する前の幼い幼児と同じように男性も女性も関係なく「好きだから」という感情だけで人と接する事ができる人であるとも言えます。

好きにはなるけど接触したいとは思わない

幼児と同じように感情のままに人と接する中で「特別に好き」という感情は勿論芽生える事があります。

しかし「それだけ」なのです。

特別に好きな相手ですら自ら接触したいと思う事はなく、好きだと伝える事があってもそれは特別な存在で居たいという独占欲のようなもので留まる事も少なくありません。

ノンセクシャルとLGBTを併せ持つ人も居る

他人を性的な物差しで測らない事から、ノンセクシャルの人はLGBTの要素を併せ持つ場合も少なくありません。

大多数の人は異性に対して性的欲求を感じる為に、異性を恋愛対象として見る場合が多いですが性的欲求を持たないノンセクシャルな人は同性でも異性でも「その人自身」を好きになって恋愛感情を抱く事が少なくありません。

そのためLGBTとノンセクシャル、二つの恋愛観を併せ持つのは何ら珍しい事では無いのです。

5.愛情表情が性的なものではない

ノンセクシャルな人は、愛情表現が性的なものでは無いだけで至って普通に愛情をアクションに起こしてくれる事もあります。

例えば、パートナーを喜ばせる為に贈り物をしたいと思ったり、パートナーに好かれたいと思い自分自身のファッションを変える事など大多数の恋愛観と何ら違いは無いのです。

他にもたくさんすることはある

こういった恋愛観の話となると、性的接触をしないのに恋愛感情を持つという事を理解しがたい人がいるのも仕方の無い事ですが日常的に全員が性的欲求を持ってパートナーと過ごしているという訳では無い事を忘れてはいけません。

同じ物を食べて、同じ事をする時間を愛おしく幸せだと感じている事に、性的欲求は存在していません。

そういった当たり前の事でノンセクシャルの人は愛情表現をしているのです。

ノンセクシャルだから「冷たい」というのは大きな間違いである事がよく分かりますよね。

6.周りからの発言が辛い

世界人口の1割は存在するとも言われているノンセクシャルですが、実は自覚している人が少なく潜在的にノンセクシャルである人も居ます。

大多数の人はノンセクシャルの人に対して「相手が悪かっただけ、きっともっと触れ合いたいと思える人は存在する」などと恋愛観を無意識に押し付けてしまい、その発言自体がノンセクシャルの人を苦しめてしまう事も少なくないのです。

「恋愛=性的接触」と考える人からすれば当たり前の事かもしれませんが、ノンセクシャルの場合においてはどんな相手であっても、どれだけ好きであっても性的欲求は生まれないという事は、自覚もしにくければ理解もされにくく周りからの発言で辛い思いをしている事も多いと言えます。

理解できない等と言われることも

LGBTであれば、「恋愛対象が同性、もしくは両性である」などのある意味分かり易い定義が存在しますがノンセクシャルとはとても曖昧なものです。

ノンセクシャルだからといって性的接触が出来ない訳でもなければ、出来ないという人も居る。

大多数の人からすれば「わがまま」のように見えてしまい「理解できない」等と言われてしまう事も少なくありません。

全てが自分次第である為に、ノンセクシャルの人は他人の言葉に傷付けられてしまう事が度々あるのです。

7.生きていくには苦労しない

ノンセクシャルだからといって、対人関係に問題がある訳でもないので生きていくには苦労する事はありません。

同性にも異性にも友人はできますし、家族仲だって人それぞれという点は大多数の人と変りありません。

ノンセクシャルというだけであるというだけで、異性が嫌い、人間嫌いなどと称される事もありますが、全くそんな事はないのです。

恋愛以外では不自由はない

恋愛以外においては、一般的な感覚と何も変わらず不自由もないノンセクシャルの人は多いと言えます。

日常生活に支障をきたす事もなければ、友人関係、会社などでの上下関係も全く問題ありません。

寧ろ恋愛においても「性的欲求がない」事以外には何も不自由に感じている事は無いのです。

もしも、貴方の身近な人でノンセクシャルを告白した人が居たとしても、それはノンセクシャルな人と恋愛関係に無い人にとっては何の問題も無い些細な事であると認識しても良いでしょう。

8.恋愛においては理解されにくい

好きなのに性的欲求が湧かないというのは、実は単純に見えて大多数の人からは理解しがたい感覚であるとも言えます。

付き合っていても友人関係と大差なく、進展も無い。

ただただ凪のような付き合いの末に人によっては子供を設けたいという希望すらも無いのです。

いくらノーマルの人が「理解するから」と言っても、徐々に歪が出来てしまい理解されないのが現実とも言えます。

相手に求められてしまう

ノンセクシャルの人は自分自身で自覚があって、付き合う前からカミングアウトする人も居れば、自覚が無く付き合ってみて相手に求められてしまった時に初めて自覚してしまうという人も居ます。

多くの人は付き合った延長線上に体の関係を求めるのが普通と思っている為に、相手を求める事も普通だし相手に求められる事も普通と思ってしまう為どちらにも非がなく心苦しい思いをしてしまう事も多いです。

しかし、ノンセクシャルと言えども人によっては肉体関係を持てる人も居ます。

ノンセクシャルだから絶対に肉体関係を持てないと決めつけるのも違うし、ノンセクシャルでも肉体関係を持てる人は居るのに、と責めるのも違いますよね。

相手のマイノリティを認めて受け入れる事は難しくもあり、不可能な事でも無いという事を忘れないで居たいですね。

9.恋愛感情があるだけに苦労することも

ノンセクシャルの人の中には「いっその事恋愛自体をしない方が良い」という人も少なくありません。

それは、恋愛感情があるからこそ相手を満足させてあげられない事に苦悩してしまうからです。

マイノリティも、そうでない人も、近頃ではそれぞれの恋愛観にある程度の理解がありますよね。

だからこそ、大多数の人が「恋愛=肉体関係」という恋愛観を持っている事をノンセクシャルの人も十分に理解しているのです。

好きだと思う気持ちと、自分が根本的にそれを受け入れられない事で苦労する事が多いと言えますね。

好きだけど踏み込めない

ノンセクシャルの人との恋愛は、その他大多数の人からすると関心が薄く愛情を感じる場面が少ないものと感じてしまう事が少なくありません。

プラトニックな関係と言えば聞こえが良いかもしれませんが、どちらかがノンセクシャルであると理解していると好きだけど踏み込めない状態に陥ってしまうのです。

この一線を越えれば肉体関係に繋がってしまうかもしれない、とノンセクシャルな人が躊躇してしまうのと共に、パートナーもこの一線を越えてしまえば相手が嫌がってしまうかもしれない。

と中立でお互いに心地よいと思えるポイントを見つける事ができるまでは、ギクシャクした関係になってしまう事もありますね。

10.相手に対する申し訳ない気持ち

恋愛感情があっても性的欲求が湧かないという事を一般的な恋愛として受け入れられにくい事を理解しているからこそ、相手に対して申し訳ない気持ちを抱いてしまう事も少なくありません。

多くの人が恋愛感情を抱いた末には肉体関係に発展する事を望む事を前提として、恋人として付き合いだす為に、ノンセクシャルの人は自分のマイノリティをカミングアウトする必要があります。

自覚があればカミングアウトをする事もできるかもしれませんが、自覚が無い人は、肉体関係を求められて初めて自覚し、それが原因で破局を迎えてしまう事も少なくありません。

その為、生産性の無い「恋愛」という感情自体を諦めてしまう選択をする人もいるでしょう。

告白された場合に断らなければならない

ノンセクシャルの人を完全に理解する事は、同じノンセクシャルの人でないと難しいでしょう。

どこからが、性的欲求と判断されるのか?どこまでが、ノンセクシャルである本人にとって受け入れられるのか?個人によって定義が無い為、ストレスなく付き合う事自体に障害が現れやすいです。

だからこそ、告白された場合ノンセクシャルである事を自覚しているのであればカミングアウトする必要がありますし、自分のマイノリティを隠しておきたいと思う人は告白を断らなければいけないという思いになってしまう事もあります。

理解して欲しいと願いつつも、それが難しい事も理解している為、悲しい選択を取る人も居ます。

ノンセクシャルの人にカミングアウトされたら?

恋愛関係に至らなくても、友人や知人としてノンセクシャルの人と出会う事があるかもしれません。

世界人口の1割にノンセクシャルが存在するのであれば、既に出会っている可能性も少なくありません。

もしも、あなたが他人にノンセクシャルであるという事をカミングアウトされたらどう付き合っていけば良いのでしょうか?

否定しない

ノンセクシャルは人によっては性的欲求が無くても体の関係を持てる人もいれば、そうで無い人も居ます。

その為ノンセクシャルの人は「あなたが選り好みしているだけ」「違う人なら体の関係も持てる筈」「そんな人にまだ出会っていないだけ」と、自分のマイノリティを否定されて悩む人は少なくありません。

他人の感情や感覚を100%理解するのは不可能な事です。

その他多くの一般論を押し付けて相手を否定するような事は控えましょう。

理解しようとしなくていい

ノンセクシャルは、レズビアンやゲイ、バイセクシャルのように自分で決定的であると自覚できる人が少ないのが特徴です。

心のどこかでは「もしかしたら自分が受け入れられる人が居るかもしれない」と不安に感じている事も多いのです。

「ノンセクシャルだから、あなたはこう感じているんでしょう?」と相手の感情を決めつけるような発言は控えましょう。

相手がノンセクシャルであろうが、そうでなかろうが貴方には何も関係の無い事なのです。

マイノリティとは、本人や同じマイノリティを持つもの同士にしか理解できない感情である事を踏まえて「何か困った事や悩みがあったら聞くからね」と無理に干渉するでもなく、離れる訳でも無い反応の方がカミングアウトした本人もホッとする事でしょう。

相手が聞いて欲しい事を聞く

マイノリティをカミングアウトするという事は、あなたを信頼しているからこそです。

どうでも良い人に自分がマイノリティである事をわざわざカミングアウトする人はいませんよね。

あなたは相手にとって頼れる人であり信頼できる人であるという事です。

ただし、カミングアウトするからと言って、相手がノンセクシャルを理解して欲しいと思っているかどうかは別だと言えるでしょう。

大抵の場合、ノンセクシャルである事で困った事や悩みを相談したい為にカミングアウトしています。

相手がノンセクシャルである事を受け入れた上で受け身の姿勢で力になってあげる事が必要ですね。

他人に話さない

自分のマイノリティを、他人が本人の意思とは関係なくカミングアウトしてしまう事をアウティングと言います。

これは相手をとても傷つける行為となってしまう上に、場合によっては名誉棄損に当たる事もあります。

LGBTについてはアウティングの危険性が度々取り上げられているものの、ノンセクシャルについては「ノーマルなんだし、別に知られても問題ないでしょう」と軽く捉えてアウティングしてしまう人が居ます。

どんなマイノリティであろうと、本人が望まないアウティングは絶対にしてはいけない事を理解しておきましょう。

万が一、相手を深く傷つけてしまった場合取り返しのつかない事になる事もあるのです。

無意識のアウティングにも気を付けて

ノンセクシャルについては、認識がまだまだされていない事もあり何気ない会話の中で「あなたは性欲が無いもんね」等と無意識にアウティングされてしまうという事が多々あるそうです。

話している本人にアウティングしている自覚がなくても、ノンセクシャルである事に悩んでいる人からすると、そのアウティングで受ける傷の深さは計り知れないものです。

もしも、カミングアウトをされる事があれば、それと同時にアウティングしてしまわない事をキチンと意識する事が大切です。

ノンセクシャルの恋人と付き合うには

好きな人に告白された際に、ノンセクシャルである事をカミングアウトされた、または付き合っている内に相手がノンセクシャルである事を自覚した場合には、一般的な恋愛観を持つパートナーはどうすれば良いのでしょうか?

よく話し合う

これまで解説してきたように、ノンセクシャルである人と付き合っていくのは障害が多く難しい事でもあります。

ノンセクシャルと知っても、付き合っていきたいと思うのであればまずはしっかりと話し合う事が必要です。

「何をされると嫌なのか?」「どこまでなら大丈夫なのか?」「将来的にどうしていきたいのか」と相手の気持ちを聞くのと同時に、「自分はここまでなら我慢できるけど、これは譲れないと思っている」など自分の意思を相手に伝える事も必要です。

未来の事は、その時その時で変わる事もあるでしょう。

とにかく「今」あなたとパートナーが、どのような関係に落ち着くのかを話し合う事が大切です。

大切で特別な相手であるからこそ誠実に対応するのが一番良い方法と言えるでしょう。

特別視しない

何かをする度に「もしかしてこの行為は嫌なのかも」と不安になる事はあるでしょう。

しかし、あまりに特別視してしまうとそれがお互いのストレスになってしまう事がよくあります。

「もし普段の行動の中で、嫌な事なんかがあればその都度言ってね」と一言添えておき、あなたが普段と同じ態度で居てくれる事こそがノンセクシャルの人にとって嬉しい事なのです。

友情婚て何?ノンセクシャルの結婚観

恋愛感情は持てても、性的欲求を持たないノンセクシャルの人は結婚についてどう考えている事が多いのでしょうか?

そして、ノンセクシャルの間で話題の友情婚とは?ノンセクシャルの結婚観について一部をご紹介していきます。

ノンセクシャルでも結婚願望のある人は居る

性的欲求を持てないという事は結婚しても性生活をせずに、子供も持たず家族として過ごして行くという事です。

これだけを見ると一般的な家庭でも子どもを持たない選択をする夫婦も最近では珍しくないですし、婚姻関係にあるという事で受けられる公的援助なども自治体によって存在します。

その他、ノンセクシャルを隠している人やカミングアウトしても理解して貰えない人の中には周りからの「結婚しないの?」といった疑問や、未婚である事を心配する両親を安心させたいという気持ちから結婚願望を持つ人も少なくありません。

普通に恋愛結婚をして子どもを設けている人も

ノンセクシャルでも人によって、結婚して自分の子どもを持ちたいと思っている人は居ます。

ノンセクシャルは、特に対人関係で人に触れられる事が受け入れられないのではなく「性的欲求」を持てないだけなので育児等には全く何も問題ありません。

パートナーの理解を得た上で結婚し、子供を作るために体の関係を持てる人も居ますし中には体外受精や人工授精などの医学の力を借りて子供を持つ人も今では珍しくありません。

友情婚って何?

友情婚とは、そこに性的関係はなくお互いの利害を一致させる為の婚姻関係と言っても良いでしょう。

友達以上として一緒に過ごせるけれども、性的関係を持てないノンセクシャルの間では珍しくありません。

中には、ノンセクシャル同士で友情婚をして夫婦関係になっている事もあります。

ノンセクシャルとLGBTの結婚

次に多いのが、ノンセクシャルとLGBTのマイノリティが結婚する場合です。

人間としてお互い嫌いでは無いけれども、ノンセクシャルの人と恋愛対象の性別では無いLGBTの人が婚姻関係を結ぶ事も少なくないのです。

そうすれば、お互いに性的欲求は沸かないですしお互いにメリットがあるという事で夫婦となっているようですね。

夫婦関係とは別のパートナーを許容し合う事も

この場合、ノンセクシャルな人に性的欲求が無くともLGBTの人には恋愛対象の性別の相手であれば性的欲求があります。

日本では、一夫多妻や多夫一妻は認められていませんが暗黙の了解として別のパートナーの存在を受け入れて生活している場合も少なくないようですね。

まとめ

LGBTよりもマイノリティであるノンセクシャルのほんの一部を紹介させて頂きましたが「そういったマイノリティを持っている人がいるんだ」という認識を持ってもらえれば幸いです。

全てを理解する事は難しく、「自分はノンセクシャルを理解しているから」と無責任に言い放つ事を勧める訳ではありません。

ただ、そんなマイノリティに思い悩んでいるという事を知っておくだけで、心救われる人も居るという事を知って貰えれば今後あなたがノンセクシャルの人と出会った際に、相手を傷付けないヒントとなる事でしょう。