CoCoSiA(ココシア)(旧:生活百科)

思春期の少女の9個の特徴。親に知ってほしい女性の気持ちの状態

子供を持つ親であれば必ず通るであろう道が、 子供の思春期 だと思います。

どんな大人になるかどうかを決める大事な時期なので、親としての接し方に悩むお父さんお母さんが多いのも事実です。

また、女の子は小さい頃から男の子よりもどこかませていたり、大人と同じようにしたがったりしますよね。

思春期でも男の子よりも女の子のほうが色々と感じやすく、あの手この手を使ってくるので苦労することが多いようです。

そこで今回は思春期の子供でも特に女の子に着目して、思春期の少女の特徴についてご紹介していきます。

母親・父親としての対応方法や、してはいけないNG行動なども一緒にご紹介するのでぜひ参考にしてみてくださいね。

ママさん必見!もしかしたら思春期かも?

子育ての中でも誰もが壁にぶつかるのが思春期ですよね。

自分を思い返してみても、「あの頃は思春期だったな」と思える時期があると思います。

しかしいざ自分が親の立場になってみると、 どう接するのが正解なのか、子供を傷つけないようにするにはどうしたらいいのか 不安に思うお母さんも多いはず。

今まではなかった攻撃的な言葉やあれもこれも秘密にしたがったりするなど、それまでとの違いにお父さんもお母さんも動揺しますよね。

でもお子さんはそれ以上に自分の精神的・身体的な変化にぶち当たり、コントロールできずに戸惑い後悔することもたくさんあります。

少しでも子供の置かれている状況や戸惑いを理解し、なるべく上手に親子で思春期と向かい合ってきちんと乗り越え、素敵な大人になれるよう手助けしてあげましょう。

思春期ってなに?

思春期とは、子供から大人へ成長していくためにとても大切な時期です。

それまで親の言うことにただ従って選択していた状態から、 一人の人間としての自立した価値観 が生まれ始めます。

また自立をしたいと思うのと同時に、心や身体にも様々な変化が起こるのです。

そういった心身の変化に戸惑いを感じつつ、自分の感情を上手くコントロールできずにイライラしてしまうので、思春期には親とぶつかることも多々あるでしょう。

親はどう対処したらいいの?

思春期の際に起こる喧嘩のほとんどは、おそらく小さなことでしょう。

しかし思春期の子供は 理由もなくイライラ しています。

こんなときに話し合いで解決しようとするのはなかなか困難なこと。

なのでこういった場合、話し合いは翌日にするなど時間がある程度経ってからにしましょう。

きっと「なんであんなに喧嘩になったんだろう」と疑問に思うほど落ち着いて話せるはずです。

そして親として大切なことは、思春期を迎えて戸惑っている娘の気持ちを理解してあげること。

親としてどうしても叱らないといけない場面もあると思いますが、何もかも否定せずきちんと肯定し一人の人間として認めてあげることが大切です。

女子はいつ頃から思春期になる?

女の子の思春期は一般的に10歳からだと言われています。

小学校高学年に上がり、友達関係なども複雑化してくるのもこのあたりからではないでしょうか。

ちなみに男の子は11歳くらいから始まると言われており、 女の子のほうが早く思春期に突入する ことが分かります。

思春期女子の特徴9選

ここからは、悩める思春期の女の子に表れる特徴を紹介していきます。

思春期に入ると、身体の変化も心の変化も実に多く出てきます。

自分が思春期だった頃を思い出してみても、ほとんどのものが当てはまるのではないでしょうか。

いま自分の子どもが置かれている状況を考慮して少しでも理解し、この思春期を一緒に乗り越えていきましょう。

体に起こる特徴

子供から大人に変わっていくこの時期は、幼少期には抑えられていた 女性ホルモンが活発化する ので、子供から大人の体型に変化していきます。

自分の身体が大人っぽくなることに、戸惑いや恥ずかしさを感じる女の子も多いと思います。

こんな時は一番近くにいる大人の女性、つまりお母さんの存在が重要になってくるのです。

1.丸みを帯びた体つきになる

ページトップ