子供を持つ親であれば必ず通るであろう道が、子供の思春期だと思います。

どんな大人になるかどうかを決める大事な時期なので、親としての接し方に悩むお父さんお母さんが多いのも事実です。

また、中でも女の子の場合は、同性としてもなかなか難しいところがあるのではないでしょうか。

女の子は、小さい頃から男の子よりもどこかませていたり、大人と同じようにしたがったりしますよね。

思春期でも、男の子よりも女の子のほうが色々と感じやすく、あの手この手を使ってくるので、苦労することが多いんだそうです。

なので、今回は思春期の子供でも、女の子に着目して、思春期の少女の特徴や、子供が考えている気持ちについてご紹介していきます。

ママさん必見!もしかしたら思春期かも?

子育てをしていく上で大きなタイミングとなるのが思春期ですよね。

自分を思い返してみると、この頃思春期だったなと思える時期があったと思います。

しかし、いざ自分が親の立場になってみると、どう接することが正解なのか、子供を傷つけないようにするにはどうしたらいいのか不安に思うお母さんも多いはずです。

今まではなかった攻撃的な言葉やあれもこれも秘密にしたがったりするなど、それまでとの違いにお父さんお母さんも動揺しますよね。

でも、お子さんはそれ以上に自分の気持ちの変化や身体的な変化にぶち当たり、コントロールできずに戸惑い、後悔をしていたりするのです。

少しでも子供の置かれている状況や戸惑いを理解し、なるべく上手に親子で思春期と向かい合って、きちんと乗り越え、素敵な大人になれるよう手助けしてあげましょう。

思春期ってなに?


思春期とは、子供から大人へ成長していくためにとても大切なことです。

それまで親の言うことにただ従って選択していた状態から、一人の人間としての自立した価値観が生じはじめます。

また、自立をしたいと思うのと同時に、心にも身体にも様々な変化が起こるのです。

そういった心身の変化に戸惑いを感じつつ、自分の感情を上手くコントロールできずにイライラしてしまうので、思春期には喧嘩がとても増えます。

親はどう対処したらいいの?

思春期の際に起こる喧嘩のほとんどは、おそらく小さなことでしょう。

しかし、思春期の子供は理由もなくイライラしています。

こんなときに話し合いで解決しようとするのは、なかなか困難だと思います。

なので、こういった場合、話し合いは翌日にしたり、時間がある程度経ってからにしましょう。

きっとなんであんなに喧嘩になったの?と思うほど落ち着いて話せるはずです。

そして、親として大切なことは思春期を迎えて戸惑っている娘の気持ちを理解してあげることです。

親としてどうしても叱らないといけない場面もあるでしょう。

しかし、何もかも否定せず、しっかりと肯定してあげて、一人の人間として認めてあげることが大切です。

女子はいつ頃から思春期になる?

女の子の思春期は、一般的に10歳程度だといわれているようです。

小学校高学年にあがり、友達関係なども複雑化してくるのもこのあたりからではないでしょうか。

ちなみに男の子は11歳くらいから始まると言われているようなので、女の子のほうが早く思春期に突入するんだそうです。

思春期女子の特徴9選


ここからは、悩める思春期の女の子に表れる特徴を紹介していきます。

身体の変化も心の変化も、実に多く出てきます。

みなさんの思春期を思い出してみると、ほとんどのものが当てはまると思います。

いま子供が置かれている状況を考え、少しでも理解してあげ、この思春期を乗り越えていきましょう。

体に起こる特徴

まずは身体の変化からです。

子供から大人に変わっていくこの時期は、幼少期には抑えられていら女性ホルモンが活発化するので、子供から大人の体型に変化していきます。

自分の身体が大人っぽくなることに戸惑いや恥ずかしさを感じる女の子も多いと思います。

こんなときには、一番近くにいる大人の女性、、つまりお母さんの存在が重要になってくるのです。

丸みを帯びた体つきになる

身体の変化の中で一番目に見える部分として、女性らしい丸みを帯びた体つきに変わってくることが挙げられます。

それまでは男の子も女の子も似たような体つきだったのが、女性らしいふっくらした体つきに変わってくるのです。

しかし、この頃は体つきが変わってくると同時に、周りの目が気になったり、美意識が芽生えてくる時期です。

きっと周りの子とり太ってきたと感じたり、お尻が大きくなったりすることに不安を覚えると思います。

そして、この頃から胸が出てくる子も多く、男の子からそうした部分をからかわれたりすることもあるので、難しい時期ですがいち早く変化に気が付いてあげるよう心がけましょう。

性毛が生えてくる

身体が大人になってくるということは、毛も生え揃うということを意味します。

小学校高学年になると、女の子同士の話題の中に“体毛”の問題はでてくると思います。

近年では、小学校のうちからエステでムダ毛処理をする女の子までいるようですから、驚きです。

腕や脚、わきなど様々な部分の毛が気になりますが、中でも気になるのは性毛かもしれません。

こういったデリケートな話題は、男の子のほうが気軽に話題にしやすいかもしれませんが、この性毛が生え始める時期に、ちょうど修学旅行などでクラスの女子全員でお風呂に入る機会が出てきたりしますよね。

そのため、周りの女の子の成長を確認して、安堵する子もいれば不安になってしまう子もいると思います。

そんなときは、大人になればみんなそうなるのよ。

と伝えてあげるといいかもしれませんね。

月経が始まる

身体の変化の中でも大人に変わってきていると子供自身が実感するのが、月経だと思います。

月経が始まる目安というのは、身長が150cm、体重が40kg、体脂肪率が15%程度だといわれ、年齢だと12歳になったあたりだそうです。

学校でも、授業の一環として女の子だけ集められ、身体についてや月経のこと、月経用品の使い方などを説明する時間を設けているところも多いんだとか。

月経というのは、昔から大人への変化ということでお赤飯を炊いてお祝いしたりしますよね。

子供の頃はピンときませんでしたが、親になると気持ちが分かる人もいるのではないでしょうか。

月経が始まったばかりの頃は周期が安定しなかったり、月経痛が重かったり、子供は戸惑うことばかりでしょうから、サポートが大切です。

また、いきなり月経が始まっても焦ってしまったりしないように教えておいてあげることも必要ですね。

思春期女子の心の特徴

次に心の変化の特徴について見ていきましょう。

身体の急な変化だけでなく、心にも大きな変化が起こってくるのです。

それまで全然気にも止めなかった友達や親の言動が気になって仕方なくなったり、自分自身の感情を上手くコントロールできないことに、女の子はとても困惑します。

そして、幼少期には抑えられていた女性ホルモンが働くことで、不安定な心理状態になってしまい、意味もなくイライラして反抗的な態度にでてしまったりするんだとか。

突然反抗するようになったり、身だしなみに気を使いはじめたりすると、親としても戸惑うこともあると思います。

どうしてもイライラして怒ってしまったり、異性関係や友達との関係を心配してしまったりする人もいるかもしれませんが、思春期によるもののことが多いはずなので、しばらくはぐっと堪え、頑張れと応援してあげるくらいの気持ちでいましょう。

ひねくれることが多くなる

思春期に入ると、親の意見に理由もなく腹が立ったり、気に食わなかったりしてしまいます。

これは、大人への成長の過程で、自我が芽生え始めたことからくるものです。

親が干渉することを嫌がり、反抗的な態度をとって自立しようと考えるのだそうです。

ですが、現実的には自立できる状況ではなく、自立と依存の狭間にいるので、葛藤を抱えることが多いです。

そして、その葛藤がストレスや不満などの心理状態になり、それがまた親への反抗へと繋がってしまうといわれていることもあります。

友人関係を意識するようになる

自分のことを客観視するようになってきたり、友達から認められたいという承認欲求がでてきたりすることも思春期の特徴です。

また、この頃の友人関係は、思春期の不安定な心理状態の上に成り立っているため、本音を話さなかったり、派閥ができたり、それまでの友人関係よりも複雑し、様々な問題がでてきたりします。

その中には、わざと自分より弱い立場の子に意地悪してしまったり、何人かでまとまっていじめをしてしまったりして、自分の立場や力を友達に見せつけようとする傾向にもあるようです。

大きな身体の変化に戸惑う

思春期による身体の変化は、男の子よりも女の子のほうが顕著に表れます。

そのため、女の子本人の身体的な変化による戸惑いは大きいとされています。

また、男の子を異性として意識し始めたり、男の子も女の子を異性として意識し始めるとても不安定で難しい年頃なので、男の子に身体の変化をどう見られているのか気になり、友人関係も複雑になり、周りの目を意識するので、思春期が早く、身体の変化が大きい女の子は、戸惑いも多くなるでしょう。

相手によって態度を変えることがある

思春期の女の子に多く見られることですが、自分の好き嫌いだけであからさまに接し方を変える傾向にあります。

好きな先生の授業は積極的に受けたり、話しかけ仲良くなろうとしますが、嫌いな先生に対してはそっけない態度をとったりシカトしてしまう場合もあるほど、冷たい態度をとってしまうそうです。

また、これは異性に対してや友人関係においても例外ではありません。

昨日まで仲が良かったのに、いきなり仲が悪くなってしまったと悩むことが出てくる可能性もあるとおもいます。

周りの視線を気にし始める

客観性が身に付いてもくる思春期には、周りから自分が一体どういうふうに見られているかという意識が強くなります。

この客観性がついてくることにより、異性の目が気になったり友人関係が複雑になったりするそうです。

周りに影響されやすくなる

自立と依存の間で揺れ動いている思春期の子供は、周りの影響をとても受けやすいといえます。

しかしそれは親に対してではなく、心を許した友人や異性、部活や学校の先輩などの親しい関係です。

そのため、仲の良い人たちがタバコやお酒、万引きなどをすると、同じようにやってしまい、親を困らせることも。

また、友達が誰かを標的にいじめていたりすれば、同じように自分も理由なくいじめてしまったりします。

良いこと悪いことの判断がついていたとしても、思春期ならではの連帯感を求めてしまう傾向にあります。

これは、価値観が定まっていない思春期だからこその行動ともいえるでしょう。

仲の良い人たちが勉強を頑張っていたり、部活に一生懸命であれば、それも同じように連帯感を求め、真似をするので、周りの人によっては良い方向にも悪い方向にも傾きます。

思春期女子に接する親の対応とは?

思春期の女の子が抱えている身体や心の大きな変化には、数多くのものがあると分かっていただけたと思います。

大人になるために必要なことですが、この時期に思春期が悪い方向に傾いてしまうか、良い方向へと流れるかが決まるので、親の対応方法も気をつけなくてはなりません。

それまでのように頭ごなしに叱ったりするわけでなく、話し合いをする機会もでてくると思います。

しかし、お酒やタバコなどやってはいけないことはしっかり叱って正しい方向に変えてあげることも必要になってくる時期です。

また、思春期を境に新しい親子の関係性を考える合図でもあります。

子供の考えを尊重、見守る

子供というのは、日々の中で様々な経験を重ねて、悩んだり迷ったり、ときには傷ついたりする中でだんだんと大人へと成長していきますよね。

なので、まずは子供の考えを尊重して、何かあったときに助けてあげられるよう見守ってあげることが大切です。

大人からしたら、未熟な結論だったとしても、子供にとっては何度も悩んで出した結論なので、納得がいかなかったり、失敗してしまうかもと思っても、見守ってあげましょう。

そして、その結論に至るまでの経緯をしっかりと聞き、アドバイスや違う選択、気が付いていないことや情報を提示し、子供が色々な角度から物事を考えられるようにしてあげることも必要にあなってきます。

その結果、人として間違っていることや一般的に間違っていることもあるでしょう。

そんなときは頭から否定してしまわず、子供の意見などを踏まえて、受け止めた上で軌道修正してあげるようにすることがおすすめです。

そうして、何度も話し合いをしながら子供の自主性を伸ばし、自立した立派な大人へと成長していくのだといえます。