人の印象とは実に様々ですが、世の中には怖いと思われる人が存在します。

また、その怖さの中にも種類があり、人によって感じる印象は異なります。

今回はそんな怖い人だと周りから思われる人の特徴についてまとめてみました。

「怖いなぁ」と感じる人・思われてる人いませんか?

あなたの周りにも「怖いなぁ」と感じる人はいませんか。

また、自分が周りから怖い人と思われてい側の人もいるかも知れませんね。

怖い人と聞くと、何となく近寄りがたいイメージがあり、あまり関わりたくないのでなるべく目を合わせないように・・・と思ってしまう人も多いのではないでしょうか。

見た目が何となく怖いと感じる人もいれば、根拠は無いのに何となく雰囲気が怖いと感じる人など、怖い人にも様々な印象があります。

自分は「怖い人」と思われやすいかどうか、診断で見てみませんか?【詳細はこちら →】

本当は怖くないのに誤解されがち…

第一印象って意外と鮮明に残っているものですよね。

特に学校や職場など、新しい環境になった時には、新しい出会いの場面があります。

そんな時にも怖いと感じる人が一人位いるものですよね。

しかしながら、それはあくまでもこちら側の勝手な思い込みであり、相手の人柄までは分かりません。

仲良くなった後に「初対面の時は正直怖かった」という笑い話もよくある事です。

怖いと思われる立場の人からすれば、そんなつもりはなく、他人から誤解される事が多くて損していると感じているのかも知れません。

本当は怖く無いのに誤解されがちな人は意外と世の中にたくさんいるものです。

怖い人だと思われる人の8個の特徴

よく他人から怖い人だと思われる人には一体どんな特徴があるのでしょうか。

ここからは一般的によく見られる怖い人の特徴についてご紹介します。

1、無表情でいる

見た目で怖いと感じる人の中でも顔が無表情でいる人は近寄りがたい存在です。

無表情である事から、何となく感情が無いように映りますし、一体何を考えているのか分からないという印象も受ける事から怖い人と感じる人が多いようです。

また、無表情でいる人は愛想が無く、どこか不機嫌な印象もあるので、自ら周りの人間を遠ざけているような雰囲気さえあります。

冷たい印象を受ける

また、無表情でいる人には笑顔が無いせいか、何となく冷たい印象を受けます。

人間味が無くて、人としての温かさのようなものが感じられないのです。

その為、話しかけても返事をしてくれないのではないか、機嫌が悪くなるのではないかという不安を感じる人も多いようです。

また、口元は笑っていても目が笑っていないという人にも、心から笑っていないのではないかという不信感があり、怖いと感じる事もあるようです。

【無表情を直す方法は、こちらの記事もチェック!】

2、人付き合いが苦手

怖い人に見られる特徴の一つとして、人付き合いが苦手というものがあります。

集団の中にいても、決して中心になる事が無く、話し掛けられても素っ気ない態度を取るような人です。

他人と関わりを持つ事を避けるような行動が、どこか近寄りがたいイメージを与えます。

人見知りも激しく、自分から進んで他人に接する事も苦手なタイプの人なので、周りの人間からは浮いている存在に見られます。

苦手意識が表情に出る

例え人付き合いが苦手であったり、口下手であまり会話を自ら進んでしないような人でも、笑顔で頷いてくれるだけで大分印象は変わりますよね。

しかしながら、このようなタイプの人は、そんな苦手意識が表情に出てしまう為、他人から見るといかにも避けているような印象を与え、怖い人と思われがちです。

本人はただ人付き合いが苦手なだけなのかも知れませんが、口数が少ない事もあって他人からは理解されにくい人です。

3、リアクションが薄い

こちらから元気に挨拶をしているのにリアクションが薄い人っていませんか。

このようなリアクションが薄い人も怖い人に見られる特徴の一つです。

電話やメールでも、一言二言くらいで会話を済ませてしまうような事もあります。

特に集団の中でもその場の雰囲気に溶け込むような事が無く、何か別の事でも考えているかのようにも見えてしまいます。

誤解を招きやすい

多くの人は感情をできれば仲間同士で分かち合いたいと思うものですが、リアクションが薄い人には同じ気持ちはあっても、表情や言葉でそれを示す事が苦手である可能性があります。

その為、人によっては誤解を招きやすく「こっちはこんなに喜んでいるのに・・・」と思われる事がしばしばあります。

決して悪気が無くてもそのような態度が周りの人間からはマイペース、暗い、何を考えているのか分からないなどという印象を与え、集団の中でも浮いてしまう存在になってしまいがちです。

4、服装が厳つい・怖い

外見的に怖い人と思われる特徴として、服装が厳ついというものがあります。

特に、初対面の時では見た目の印象は強く残りますし、そこから相手の性格を想像してしまいますよね。

その為、いくら中身に自信がある人でも、外見で損をしてしまっている人が存在しているのも事実です。

特に、周りの人間を威嚇するかのような厳つい服装は、男性であれば野性的に見えるかも知れませんが、万人受けするとは思えません。

多くの人からは怖い人という印象の方がどうしても強くなりがちです。

具体的には全身真っ黒な服装や、スーツにサングラスの組み合わせ、派手なアクセサリーなどを身につけている人には少々近寄りがたい存在です。

また、露出の多い服装から見える派手なタトゥー、スキンヘッドやヒゲなども男性のオシャレである部分が裏目になって怖い人という印象を与えてしまいます。

怖い印象を持たれやすい

怖い人と思われる人の服装に共通している事はいずれにしても「悪そう」というイメージがあります。

日本で言えばヤンキーや暴走族、外国で言えばギャングやマフィアを彷彿させる為に、近づけばトラブルに巻き込まれるのではないかという不安も感じさせます。

人は見た目で全て判断すべきではありませんが、せっかくのオシャレアイテムもほどほどにしておかないと他人から怖い印象を持たれやすいのも事実です。

5、テンションが低い

仲間同士でワイワイ楽しんでいる時でも、あまり盛り上がっていない人っていますよね。

このように、テンションが低い人も怖い人と思われる特徴の一つです。

しかしながら、大抵の場合は本人にテンションが低いという意識が無く、無理にテンションを下げているという事ではありません。

元々、他人と比べてテンションが低いというだけなのですが、集団の中では少数派になりがちな為、一人だけテンションが低いところが冷たい印象を与えてしまったり、暗い印象を与えてしまいます。

話しかけづらい

テンションが低いと誤解されやすいのが「どこか機嫌が悪いのか」という印象も与えてしまうところです。

その為、他人の立場から見るとどこか話しかけづらいと思われてしまう事も少なくありません。

実際に話し掛けてみたらやっぱりテンションが低かったというのもこのようなタイプの人にはよくある事です。

まるで目には見えないバリアのようなものを張られているような雰囲気を放っている人なので、進んで近づこうとする人はあまりいないのかも知れません。

6、目つきがキツイ

目は口ほどに物を言うという言葉があるように、目つきによってその人物の印象をガラリと変えます。

その為、目つきがキツイ人からはまるで周りの他人を全て威圧するかのような印象を受けます。

いわゆるガラの悪い人が周囲を威圧するような時は、大抵目つきがキツくなっているものです。

逆に、一見強面の人であっても、目つきが優しい場合はそれほど威圧感を感じる事はありません。

常に怒っているように見える

目つきがキツイ人に遭遇してしまった時って、何となく反射的に目を逸らしてしまいますよね。

常に怒っているような印象があり、もし目が合ってしまったらこちらに近づいてくるような気さえしてしまいます。

しかしながら、もしかしたら視力が悪くて目を細めているだけだったり、眩しいものを見てしまった為に、一瞬目つきがキツくなってしまっただけなのかも知れないので、必ずしも怒っているとは限らないので場合によっては誤解されてしまう事もあります。

7、口数が少ない

普段から口数が少ないという人も、怖い人と思われる特徴の一つです。

口数が少ない人は、それだけ感情を伝える手段が少ない為、周囲の人からもどのような人柄なのか分からず、近寄りがたいタイプの人です。

口数が少ないという事は、それだけ表情の変化も少なくなりがちなので、どこか暗くて不気味な印象も与えてしまいます。

挨拶も自分からしない

学校や職場などでは人と顔を合わせる時に、挨拶を交わすのはよくある光景ですよね。

そんな時、相手もこちらに気付いているはずなのに、すれ違っても知らんぷりされたという経験はありませんか。

こちらから挨拶すれば返してくれる事はあっても、決して自分から挨拶はしないような人は、普段から口数が少ない傾向があります。

悪気があるわけではなく、人見知りであったりシャイな性格である場合もありますが、他人からは不気味がられしまう事も少なくありません。

8、怖い顔つきをしている

残念ながら怖い顔つきをしてる人を見れば、誰でもちょっと距離をおきたいと思ってしまうのも仕方ありません。

大抵の人は怖い顔つきの人を見ると、意地悪そうに見えたり、暴力的に見えたり、機嫌が悪そうに見えたりするものです。

いわゆる悪人面タイプの人です。

しかしながら、ただ怖い顔つきというだけで内面も怖い人であるかを判断するのは非常に危険です。

元々、顔つきが怖く見える人でも表情で人の印象は変わりますし、必ずしも本来の姿であるというわけではありません。

【怖い顔をすべきではない理由は、こちらの記事もチェック!】

特に目の印象で怖く感じる

そんな誤解をされがちな怖い顔つきの人ですが、特に目の印象で怖いと感じる人が多いようです。

鋭い目つきで睨まれると、いかにもこちらに対して怒りを露にしているかのようで、怖さは倍増しますし、相手に自分の心をの中まで見透かされているかのような気分にもなってしまいます。

尚、怖い顔つきや目つきの人は、男性に限らず女性にも存在しています。

9、口調がキツイ

人と会話をする時に、口調がキツイという人も怖いと思われる人の特徴の一つです。

特に初対面の相手が口調がキツイ人であったら、とても不快に感じますよね。

相手の話し方によって、相手から受ける印象にかなり違いが表れると言われているほど、口調は人とのコミュニケーションにとって重要なポイントです。

人に何かを頼まれた時に、丁寧な口調でお願いされたら気分を悪くする事なくやってあげようと思えるものですが、同じ言葉でも乱暴な口調でお願いされると、こちらとしても嫌々やってあげるような気持ちになってしまいますし、八つ当たりをされているようで怖い印象もあります。

また、怒鳴り声をまき散らすような人は、周囲を緊迫した空気にさせるので、多くの人を怖がらせてしまう可能性があります。

淡々と話をする

会話の中で、淡々と物事を話す人っていませんか。

顔に表情が無いように、言葉に強弱が無く、最初から最後まで一定の高さで話をするような人は、まるでロボットのようで人間味が感じられず怖いと思われる事があるようです。

また、仕事をミスしてしまった時などで謝罪を述べる時も、淡々と話をするような人は、感情がこもっていないようで本当に反省しているのかと疑われてしまう事もあります。

10、美人すぎて近寄りがたい

自分よりもなぜ美人じゃない女性が自分よりもモテているのかと感じた事はありませんか。

驚いた事に世の中には美人すぎて男性が寄ってこないという女性も存在しているようです。

女性にとっては何とも贅沢な悩みですね。

一般的に、男性の方から女性にアプローチをかける事が多いと言われていますが、相手の女性が美人すぎる場合は話が少々変わってきます。

自分なんかじゃ相手にされないんじゃないか、ツンツンしていて性格がキツそうという勝手なイメージを持っている男性も実際多く、二の足を踏んでしまう事もあるのだとか。

もし、そんな男性のイメージに心当たりがあるのであれば、敢えて女性の方から声を掛けてみてはいかがでしょうか。

案外、普通だったと安心されるかもしれませんよ。

クールで上から目線に感じる

一言で美人といっても色々なタイプの美人がいますよね。

また、男性と女性がイメージする美人が必ずしも一致しているというわけでもありません。

男性から見た場合、中でも美人な女性は顔立ちがはっきりしているせいかクールなイメージがあり、周りから浮いている存在に見えるという人も多いようです。

その為、どこかお高くとまっていて誰に対しても上から目線のような印象がある事から、近寄りがたいと思われてしまう事があります。

どうすれば怖い人と思われなくなれるの?

怖いと思われる人には幾つかの特徴がある事が分かって頂けたかと思いますが、もしかしたら自分にも心当たりがあるという人もいるのではないのでしょうか。

勝手に周りから怖い人と思われてるなんて、何だかショックですよね。

「自分は本当は怖い人じゃないのに・・・」と思っている人も大丈夫です。

努力次第で周囲の人たちから受ける印象を変える事ができます。

ここからは怖い人の印象を変える方法についてまとめてみましたので、是非試してみて下さいね。

笑顔の練習をする

上の記事でもご紹介した通り、怖いと思われる人は、感情が顔の表情にあまり出ない傾向があるようです。

普段から無表情や仏頂面をしてばかりでは、周りから怖い人と思われても仕方がありませんね。

最近笑顔になった時の事を覚えていますか。

その時、何がきっかけで笑顔になったのかよく思い出してみましょう。

自分で笑顔が少ないなと感じる人でも、日頃から笑顔を作る練習をすればきっと自然に笑顔になれる日が来るはずです。

微笑むだけでガラリと変わる

怖いと思われる特徴についての記事でもご紹介した通り、表情次第で人の印象は変わるものです。

つまり、顔つきや目つきだけが他人に怖い印象を与えているのではないのです。

例えば、名悪役と言われる俳優や女優が映画やテレビドラマではなく、トーク番組などに出演している時は演技をしている時とは印象が違って見えますよね。

むしろ、悪役を演じている時の表情が良いギャップとなって、少し微笑んだだけでも意外と人が良さそうな印象に見えたりするものです。

仮に、元々顔つきが怖い人だとしても、笑顔を見せるだけで印象はガラリと変わります。

恥ずかしくてできないという人も、鏡の前で少し口角を上げる練習から始めてみましょう。

それだけでも十分効果が表れるはずですよ。

眉の手入れをする

面倒だからと眉の手入れを怠っていると、伸びてボサボサになったり、ゲジゲジ眉になって良い印象にはなりません。

最近では男性でもオシャレで眉を手入れをする事も、珍しくありませんが特に女性にとって眉はメイクの一部でもあり、人に与える印象を左右する重要なポイントです。

普段、あまり眉を気にしていない人や、いつも同じような眉の手入れをしてしまっている人は、これを機に見直してみましょう。

尚、女性の場合は眉の角度が高すぎたり、左右の眉の感覚が狭すぎるとキツイ顔立ちに見えてしまうので注意しましょう。

メイクで変化させるのも◎

女性であれば眉の手入れだけでなく、メイクで変化させてみるのも良い方法です。

毎日メイクするのは面倒くさいと思う女性もいるかも知れませんが、仕事の時やプライベートで外出する時などでもメイクに気を遣ってみましょう。

また、メイク次第では顔の印象が驚くほど変わるものです。

いつもメイクをしているから心配ないと思っている人も、一度見直してみてはいかがでしょうか。

普段やっているメイクが自分が気づいていないだけで、もしかしたら相手にキツイ印象を与えてしまっているかも知れませんよ。

特に元々顔立ちがはっきりしている人は、あまり濃いメイクをするのは控えましょう。

余計にキツイ印象を与えてしまいます。

目元をくっきり見せようとアイラインを太くしてしまうのも厚化粧に見えるのでNGです。

真っ赤なルージュも派手に見えてしまうので、普段は軽め色にしたりグロスを使ってみるのも良いでしょう。

ファンデーションの塗り過ぎも白さが目立って不自然に見えてしまいますので、ほどほどにしておきましょう。

健康的で自然な印象に見えるようになります。

これを機に自分の顔立ちにあったメイクを探してみるのも良いかも知れませんね。

無口でも挨拶だけはする

幾ら人見知りで無口という人でも、人と顔を合わせた時に挨拶だけはするようにしましょう。

例え見た目の印象が良い人でも、挨拶ができない人はそれだけでかなり悪い印象を与えてしまうものです。

普段から無口な人であれば尚更そう思われても仕方がありません。

無口な人は人付き合いが苦手だったり、挨拶するのもつい億劫になりがちです。

しかしながら、挨拶はコミュニケーションのを図るのに重要な役割を持っています。

挨拶があるからこそ、相手の顔色が分かり、会話が生まれる雰囲気を作るのです。

印象が変わってくる

他人同士の場合であれば、挨拶無しで会話が弾む事はなかなかありませんよね。

また、挨拶をしてくれる人にはそのような気配りが自然にできる人と思われ、好印象に繋がるのです。

その為、挨拶をするのは相手の事だけではなく、結果的に自分にも良い事になるのです。

最初は慣れないかも知れませんが、挨拶する事を日頃から意識しておきましょう。

普段から無口な人が挨拶をしてくれれば、それまで怖いと思われていた印象も変わってくるはずです。

そして何より元気の良い挨拶をされた方は勿論ですが、挨拶をした方も案外気持ちが良いものですよ。

少し高い声を意識する

声のトーンが低いという人は、少し高い声を意識してみるのも良いかも知れません。

もしドスの聞いたような低い声であれば周りの人から恐れられてしまいます。

特に男性の低い声は、一般的に相手を威嚇する効果があります。

無意識に発している声が、実は周りの人に怖いと感じさせている可能性があるのです。

とは言え、声の高さは人によって好みもあるので、あからさまに高い声を意識する事はありません。

気持ち高くしてみるくらいでも印象は変わってきます。

気になる人は、一度自分の声と周りの人の声を聞き比べてみましょう。

明るい声で明るいイメージに

男性でも女性でも声が明るい人って何となく人柄まで明るいイメージがありますよね。

大抵そのような人の声は良く通りますし、少し高めの声だったりするものです。

逆に声が低い人は、何となく元気が無さそうで暗いイメージがあります。

声はその人の性格や人柄まで印象を変えるので、本当に落ち込んだり、気分が悪い時で無い限りはなるべく明るい声で話す事を心掛けましょう。

人と話すときも、顔を上げて相手の方を向いてハキハキしている方が、相手も聞きやすくて好印象に感じますし、自分の気持ちも明るくなります。

明るい感じの服装に変える

見た目で怖いと思われてしまう人は、普段身に着けている服装について見直してみるのも良いかも知れません。

上の記事でご紹介した厳つい服装であったり、全身地味な色で統一していたり、グレーや黒っぽい服装ばかりという人は、周りの人から怖い人や暗い人と思われてしまう可能性があります。

勿論、誰でも自分に似合う服装がありますし、好みの色合いがありますが、その中に少しでも明るい服装を取り入れてみてはいかがでしょうか。

服装は、その人の性格を表しているとも言われ、明るい服装をしている人は、性格も明るくなるのだとか。

是非試してみましょう。

近づきやすい服装を目指す

明るい服装をしていると運気も舞い込んでくるという効果があるとも言われています。

明るい服装をしている人には、性格も明るそうであったり、魅力的に見えて人が自然と集まってくるからなのかも知れませんね。

しかしながら、その逆に暗い雰囲気の服装をしている人は、一般的には近寄りがたいイメージが強いようです。

必ずしも、似合っているからといっても暗い感じの服装が良い印象を与えるというわけではないという事です。

自分の事を客観的に見る事も時には大切です。

服装で損をしているなと感じる人は、人が近づきやすい服装を目指して少しイメチェンをしてみましょう。

明るい服で運気も上がれば一石二鳥です。

柔らかい態度をとる

いつもニコニコしていたり、人と接している時の態度が柔らかくて優しい雰囲気の人は、一緒にいるだけでこちらの気分も穏やかになるものですよね。

このような人は、例え嫌な事があって機嫌が悪い時でも他人や物に八つ当たりなどせず、人前では笑顔を絶やさずにしています。

このような行動は周りに不快な思いをさせないようにと、自然な気配りができている証拠です。

自分の事だけではなく、常に周りの事を気に掛けられる人は誰からも好かれますし、しっかりとコミュニケーションが取れる人でもあります。

言葉遣いも意識する

外見的な印象では、主に顔の表情や仕草などの見た目が大半を占めますが、人との会話でも話し方や言葉遣いでも相手の印象が強く残ると言われています。

会話をする時に相手の顔を見ずにぶっきらぼうに話す人は、自分勝手でいい加減な印象がありますし、言葉遣いが荒い人は威圧感があって怖い印象を受けます。

見た目が好印象だったのに話してみたらガッカリされてしまっては勿体ないですよね。

その為、人と会話をする時も相手の事を考えて、言葉遣いには注意するようにしましょう。

かと言って、無理に会話を盛り上げようとする必要はありません。

肝心なのは話の内容よりも話し方や言葉遣いが重要です。

話が面白いと言われる人は、話し方に抑揚をつけたり、聞きやすいテンポがあったりと話し方が上手なのです。

小さい声で早口で話すような人は、落ち着きが無くて相手にもあまり良い印象を与えません。

どうしても早く話したい事があっても、慌てずに話相手の事を考えてあげる意識をするようにしましょう。

どんな時も柔らかい態度で相手を気遣える人になれれば自然に人が集まってきます。

表情が硬くならないように気を付ける

初対面の時などでは、緊張して顔の表情が硬くなってしまいがちですが、あまり硬すぎると機嫌が悪いようにも見られ、相手から怖い人と思われてしまいかねません。

真面目な話をしている時でも、表情が硬いかなと感じたら、少し口角を上げてみましょう。

怒っているような表情には見えなくなるはずです。

また、自然な笑顔を作るのが苦手という人も、相手が笑顔で話しかけてくるような時には、せめてこちらも笑顔で答えてあげられるようにしましょう。

それだけでも、相手には話を聞いてくれているという安心感を与える事ができます。

会話にジェスチャーも取り入れてみる

会話には「質」というものがあります。

よくつまらない会話と言われているのは、つまり会話の質が悪いとも言えます。

会話には相手の印象や人柄が強く表れます。

例えば、就職活動の面接では、人事担当者が志望者の人柄もよく見ているのはよく知られていますよね。

人との会話の度に、何を話そうかと考える事は現実的に難しいですが、質の良い会話ができる人にはそれなりのテクニックや経験を生かしているものです。

そんな会話に自信が無くて苦手という人でも、ジェスチャーを取り入れるという方法があります。

身振り手振りで会話をする事によって話に抑揚がつきますし、相手の印象にも残ります。

但し、あまりオーバーなジェスチャーは返って、攻撃的に映ってしまう事もあるので、あくまで自然なジェスチャーを意識してみましょう。

意識して直せば印象は良い方向に変わっていく

これまで怖い人と思われる人の特徴についてまとめてきましたがいかがだったでしょうか。

今回の記事が少しでも参考になって頂ければ幸いです。

人の印象とは意外なところに表れている事をお分かり頂けたかと思いますが、自分も心当たりがあるという人も、決してあきらめる事はありません。

意識して直せば、そんな悪い印象も良い方向へ変えていく事も可能です。

仮に第一印象が悪くても、後で挽回すれば良いのです。

また、身近に怖いと感じる人がいるという人は、今回の記事を参考にして頂き、怖いと思われてしまう側の気持ちも汲んであげられるようにして下さいね。

自分が怖いと感じる人の全てが、必ずしも本当に怖い人であるというわけではありません。

怖いと思われてしまう人は、人付き合いが苦手だったり、人見知りであったり、恥ずかしがり屋なところがあったりなどといった性格な人が多いと言われています。

人よりも少しだけ感情を表現する事が苦手であり、自分を客観的に見られないところがあるのです。

怖いと思われる人も、これを機に自分の性格や見た目を見直してみてはいかがでしょうか。

印象がガラリと変われば、もしかしたら、学校や職場の人気者になれるかも知れませんよ!